ベランダや窓ガラス、そして外壁などは一見キレイに見えても意外と汚れているもの。砂や土、さらにはカビやコケなど、さまざまな汚れを手作業で落とすのは、手間がかかる作業です。

そんなときに「高圧洗浄機」があると便利。力作業が不要で、時間も大幅に短縮可能です。そこで今回は、おすすめの高圧洗浄機を家庭用と業務用に分けてご紹介。選び方も合わせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてください。

家庭用と業務用の高圧洗浄機の違い

家庭用高圧洗浄機の特徴

By: kaercher.com

家庭用高圧洗浄機は、コンパクトで静音性が高くリーズナブルなので手軽に使えるのが特徴です。

また、家庭で使用することを想定して販売されているので、住宅や車を洗浄するときに使いやすい付属品が揃っています。業務用に比べ家庭用洗浄機の洗浄力は弱く、洗浄力を表す「吐出圧力」は10MPa以下程度。しかし、吐出圧力が20MPaほどになると、外壁や金属の塗装、表面加工を削りとって傷つけてしまう恐れがあるため、使用用途に合わせて選びましょう。

業務用高圧洗浄機の特徴

By: kaercher.com

業務用高圧洗浄機は、洗浄性能および耐久性が高いのがメリットです。使用電圧200Vモデルの中には吐出圧力が25MPaと、コンクリートの表面を薄く削りとってしまうほどのパワーを有するモノもあります。

また、業務用高圧洗浄機は頻繁に使用することを前提として作られているので、細かいところまで高品質なパーツを使用。そのため耐久性の高さが特徴です。

ただし、価格が高く重量もあるので、業務用高圧洗浄機を検討される方は使用頻度を考慮して選びましょう。

水流を使った洗浄の基礎知識

By: kaercher.com

水流を当ててキレイにする洗浄方法は、水圧によって「シャワー洗浄」「スプレー洗浄」「ジェット洗浄」に分かれます。水圧の単位は「MPa(メガパスカル)」。高圧洗浄機の「最大吐出圧力」などもMPaで表されます。

シャワー洗浄は0.2MPa程度で、食器やシャワーで髪の毛を洗う時と同程度。2MPa以下の水圧で洗うのがスプレー洗浄で、業務用食器洗い機などに用いられています。2MPa以上の水圧で洗うのがジェット洗浄で、高圧洗浄のこと。家庭用高圧洗浄機は10MPa以下程度の水圧が一般的です。

水圧が20MPaになると、ペンキ剥離ができるため、外壁や金属などの表面を傷つける恐れもあります。25MPa以上では舗装道路の表面を薄く削りとってしまうほどの圧力です。

高圧洗浄機の選び方

静音性をチェック

By: kaercher.com

高圧洗浄機は、自宅の屋外で使用する機会が多いので、大きな騒音を出すモデルは避けた方が安心です。ご近所と無用なトラブルを起こさないためにも静音性はチェックしたいポイント。特にマンションや住宅街にお住まいの方は静音設計のモデルがおすすめです。

騒音を発生する大きな要因は高圧洗浄機の「動力」と「冷却機構」。高圧洗浄機で用いられる動力は「インダクションモーター」「ユニバーサルモーター」「エンジン」の3タイプです。そして冷却機構は「水冷式」「空冷式」があります。

動力別の騒音はインダクションモーター・ユニバーサルモーター・エンジンの順に小さく、水冷式の方が空冷式より静かです。空冷式は冷却するために外部から空気を取り込む必要があるので空気穴があり、空気穴からモーターの作動音が外部に漏れて騒音が発生します。そのため静音性を重視される方は、「インダクションモーター」を搭載して「水冷式」の高圧洗浄機がおすすめです。

動力をチェック

インダクションモーター

By: amazon.co.jp

日本の電力は東日本と西日本では周波数が異なります。東日本が50Hz、西日本は60Hz。インダクションモーターはそれぞれの周波数に特化したモーターなので、東日本50Hz用のインダクションモーターを用いた高圧洗浄機は、60Hzの西日本では使用できません。

その代わり、2つの周波数に対応する必要がないので構造がシンプル。コイルが磁力によって浮いて回転するので、パーツ同士が接触して摩擦を起こすこともありません。この構造により、静音性と耐久性に優れているのがメリットです。

インダクションモーターを用いた高圧洗浄機は、家庭用・業務用ともに数多くラインナップされています。東日本と西日本をまたいだ転勤や引越しをしない方におすすめのタイプです。

ユニバーサルモーター

By: amazon.co.jp

インダクションモーターと違い、東日本の50Hzと西日本の60Hzに対応したモーターです。日本中どこでも使えるのがメリット。

しかし、両周波数に対応するため構造が複雑で、内部パーツ同士の摩擦が発生します。そのため、インダクションモーターと比べて高音の雑音が発生するとともに、耐久性にも影響が出てしまうのがデメリット。転勤や引越しが多い方におすすめです。

エンジン

By: kaercher.com

エンジンを動力源としている高圧洗浄機は、ハイパワーで吐出圧力・吐出水量も大きいのが特徴。また、電源を必要としないので、屋外でも利用しやすいです。

しかし、比較的重量があり、燃料を注入する手間がかかります。さらに燃料のガソリンは、消防法で定められた専用の「ガソリン携行缶」で運ばなければなりません。爆発を起こしかねない危険物なので取り扱いに注意を要します。

また、エンジン式の高圧洗浄機は基本的には業務用。農業や建設現場での使用を前提として作られているので、静音設計ではないのが一般的です。静音性では住宅街やマンションでの使用には適していません。

洗浄力の目安となる吐出圧力と水量をチェック

By: kaercher.com

高圧洗浄機の洗浄力を表す指標の「洗浄効率」は、「吐出圧力×吐出水量」で表され、この数値が大きいほど洗浄力が高くなります。

したがって、吐出圧力および吐出水量をチェックしておくと安心。吐出圧力の単位はMPa、吐出水量は1時間あたりのリットル数L/hで表記されます。特に、外壁や塀、あるいは玄関先アプローチのコンクリートなど広い面積をキレイにしたいと考えている方は、汚れの落ち具合や作業時間に大きな差が出るのでしっかりチェックしておきましょう。

重さとサイズをチェック

By: kaercher.com

比較的コンパクトで軽い家庭用高圧洗浄機ですが、重さとサイズはモデルによってさまざまです。軽量モデルであれば6kg程度、重いモノでは20kgほどのモデルもあります。使い勝手に大きく差が出るので、女性や年配の方はあらかじめ確認しておくと安心です。

また、サイズは家庭用高圧洗浄機でも1mほどの高さがあるモデルもあります。収納性に影響するので、念のためにチェックしておきましょう。

許容水温および洗浄剤対応をチェック

By: kaercher.com

車のタイヤやホイールまわりのオイル汚れなどは、水温が高いほど、そして洗浄剤を使用すると汚れが早く落ちやすくなります。そのため、使用できる水温や洗浄剤対応を確認しておくと安心。

高圧洗浄機は使用できる水の水温がモデルごとに決まっているので「許容水温」をチェックしておきましょう。多くの家庭用洗浄機では40℃程度が一般的です。

また、モデルによっては洗浄剤を加えて水を噴射できるモノもあります。特に、高圧洗浄機を洗車に利用しようと考えている方は、洗浄剤対応かどうかも確認しておきましょう。

アタッチメントや付属品をチェック

By: kaercher.com

高圧洗浄機は、水の噴射口のノズルに回転ブラシや平面用のクリーナーなどのアタッチメントを取り付けて使用します。洗浄する場所に適したアッタチメントがあらかじめ付属していると、汚れも早く落ちて作業効率が上がるのもメリット。

あとから追加購入もできますが割高になる場合が多いので、アタッチメントや付属品もチェックしておくと安心です。上位モデルほど価格は高くなりますが、付属品が充実しています。

高圧ホースなども、上位モデルは下位モデルに比べて長いモノが付属している場合が多く、あとから延長ホースを購入するより上位モデルの方がお得なケースもあるので、アタッチメントや付属品は確認しておきましょう。

高圧洗浄機のおすすめメーカー

ケルヒャー(KARCHER)

By: kaercher.com

ケルヒャーは、業務向けの洗浄清掃関連製品の分野において世界トップクラスのドイツの企業。日本においてもホームユース用の高圧洗浄機やスチームクリーナーで定評があります。

家庭向け高圧洗浄機は、使いやすいモデルを多くラインナップしているのが特徴。ホームキットやカーキットなど、目的や用途に応じたセット商品もリリース。ユーザー目線の商品構成がうれしいおすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

家電や寝具、インテリア、食品まで幅広いジャンルのモノを展開する「アイリスオーヤマ」。各ジャンルにおいてリーズナブルなモノが多く、高圧洗浄機に関しても比較的お手頃価格で購入できます。

また、オプションパーツの種類も豊富。低価格の基本セットにオプションパーツを付けることによって、さまざまな用途で使えます。気軽に使える高圧洗浄機を探している方におすすめです。

日立工機(HiKOKI)

By: amazon.co.jp

日立工機は国内の大手電動工具メーカー「工機ホールディングス」が展開する電動工具ブランドです。日立工機が展開する電動工具は、世界50カ国以上で使用されており、その技術は世界でも最高レベル。

高圧洗浄機には「高効率ブラシレスモーター」が採用されたものがあり、家庭での作業効率を上げたい方におすすめです。

高圧洗浄機のおすすめ人気モデル|家庭用

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K5 サイレント カー&ホームキット 50Hz

ケルヒャー家庭用高圧洗浄機のハイエンドモデルです。東日本の50Hzに対応しており、西日本向けの60Hzモデルもラインナップ。住宅や車を洗浄するのに便利なアタッチメントが豊富に付属しているセットです。

付属の「テラスクリーナー」は、外壁など広い面積の洗浄時に便利なアタッチメント。水圧調整ができるので素材と汚れに応じた洗浄できて便利です。頑固な汚れには「サイクロンジェットノズル」が便利。高圧の水を回転しながら噴射して頑固な汚れも落とせ、洗浄剤にも対応しているので洗車にも使用できます。

最大吐出圧力は12MPa、最大吐出水量430L/hと家庭向けの高圧洗浄機としては最強クラスのハイパワー。さらに、水冷式静音モーターを搭載して従来モデルからモーター音を約50%カットした静音性の高さが魅力です。12mの長い高圧ホースも付属して利用シーンが広がります。家庭用におすすめの高圧洗浄機です。

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K2 ホームキット

ケルヒャーのエントリークラス高圧洗浄機。住宅清掃に便利なアタッチメントや付属品が充実しており、外壁やベランダ、車を簡単にキレイにできます。

2種類のノズルを標準装備。圧力調整できる「バリオスプレーランスノズル」は、破れが心配な網戸や傷つけたくない車のボディなどを洗浄するときに便利です。外壁などの頑固な汚れには、水を回転させながら高い圧力で噴射できる「サイクロンジェットノズル」が適しています。

さらに、洗浄剤に対応している点も魅力。洗浄剤吸引ホースを使って簡単に洗浄剤を利用でき、さまざまな汚れに強い洗浄剤「ユニバーサルクリーナー」も付属しています。

洗浄能力は最大吐出圧力9MPa、吐出水量は最大360L/hと家庭用として充分な実力です。最大40°Cまでの水を給水できます。ハンドルとタイヤが大型なので持ち運びも快適。リーズナブルな価格が魅力の高圧洗浄機です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 高圧洗浄機 温水対応 タンク式 SBT-512

水道が遠い場所での使用に便利なタンク式の高圧洗浄機です。別売りの水道ホースを購入すれば、水道からも吸水可能。静音タイプなので、家庭での使用にもおすすめです。

温水や中性洗剤を活用することで、洗浄効果を高められます。分割してコンパクトに収納できるのもポイント。本体を分割してタンクに入れれば、高さ約29cmの大きさにまとめられます。

日立工機 14.4V コードレス高圧洗浄機 AW14DBL

鮮やかなグリーンカラーが特徴のコードレス式高圧洗浄機。圧力可変機能付きなので、網戸や車などの洗浄はもちろん、庭の手入れや農機具の洗浄など、さまざまな用途に使えます。

作業効率を上げる「ブラシレスモーター」が採用されているのもポイント。作業時間は14.4V、5Ahで1充電につき約30分です。最大吐出圧力は最大で約2.0MPa。ポータブルな上に、パワフルなおすすめの高圧洗浄機です。

高圧洗浄機のおすすめ人気モデル|業務用

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 HD 4/8 C 50Hz

業務用高圧洗浄機としてはコンパクトなケルヒャーの高圧洗浄機です。サイズは380×360×930mmと家庭用のハイエンドクラス。ハンドルをボタン操作で短くできるので、持ち運びや収納の際に便利です。家庭用洗浄機並にコンパクトでありながら、最大吐出圧力は11MPa、常用吐出圧力は8MPaと高い洗浄力がメリット。

水の噴射を操作するトリガーには「EASY!Forceトリガーガン」を採用しており、操作性に優れているのが魅力です。狭い場所で使いやすい「ダイレクトコネクター」を装着すれば、至近距離の洗浄も快適。

カバーは耐衝撃性プラスチック製で、モーターやポンプといった主要部品をしっかりガードします。過圧力を逃す保護機能を搭載するなど耐久性が高く、家庭用としてもおすすめの高圧洗浄機です。

ケルヒャー(KARCHER) 業務用エンジン式高圧洗浄機 HD6/12G

By: kaercher.com

ケルヒャーの業務用高圧洗浄機。動力にエンジンを使用しているので、電源のない場所でも使えて洗浄力もハイパワーです。吐出圧力は12MPa、吐出水量600L/hと充分な実力。農業や建設現場で使われることを前提として設計されています。定格連続使用時間が約1時間と野外でも長く使用できるのもメリット。

ポンプには洗浄力と耐久性が高い「クランクシャフトポンプ」を採用しており、水道がなくても給水できる自吸式。池や用水路があれば給水できるので利用シーンが広がります。大容量フィルターを装備してゴミ詰まりを防いでいるのも安心。

本体重量が約45kgと重いですが、大型タイヤと押しやすい約1mの高めのハンドルを装備しているので移動は比較的簡単です。