足首に巻きつけるだけで筋肉に負荷をかけられる「アンクルウェイト」。ウォーキングやジョギングなどのスポーツシーンでおすすめの筋トレ用品です。通勤時に装着すれば”ながらトレーニング”ができることから、ビジネスパーソンからも人気を集めています。

そこで、今回はアンクルウェイトのおすすめ製品をご紹介。選び方も合わせて解説しているので、初めて購入する方はぜひチェックしてみてください。

アンクルウェイトの選び方

レベルに合わせて重量を選ぶ

By: amazon.co.jp

アンクルウェイトの重量はさまざま。軽いモノだと250g程度から、重いモノだと5kg以上と幅広くラインナップされています。いきなり重いアンクルウェイトを装着すると体を痛めてしまう恐れがあるので、初心者は500gからスタートするのがおすすめです。慣れてきたら1kgや2kgと徐々にステップアップしましょう。

体力に自信がある場合は、ウェイトを調節できる可変タイプがおすすめです。おもりの数や量を増減することで、自分のレベルに合わせた重さに変えられます。トレーニングメニューに合わせて重さを変更できるため、長く使えるのもポイントです。

おもりの素材をチェック

By: amazon.co.jp

フィット感が高い「鉄砂タイプ」

バンドの中にきめ細やかな砂状の鉄が入っているタイプです。足のラインにフィットするので、動きやすいのが特徴。ランニングのような激しい運動をすると型崩れする場合がありますが、ストレッチやヨガなどのゆっくりした運動をする方におすすめです。

重さを調節しやすい「鉄棒・鉄板タイプ」

バンドの中に棒状または板状の鉄が入っているタイプ。型崩れしにくいので激しい運動にも対応できます。また、重さ調節に対応した製品が多いのも特徴。トレーニングメニューや筋肉のコンディションに合わせて負荷を増減したい方におすすめです。

型崩れしにくい「鉄玉タイプ」

バンドの中に小さな鉄球がたくさん入っているタイプ。鉄砂のように足にフィットしやすいのが特徴です。鉄玉のひとつひとつにしっかりとした重さがあるので、重量に対して厚みが少ないのもポイント。衣服の下に装着するなど、目立ちにくいアンクルウェイトを探している方におすすめです。

伸縮性の高いモノがおすすめ

By: alinco.co.jp

体を動かしやすさを重視するならば、伸縮性の高いアンクルウェイトがおすすめです。表面素材にゴム素材やメッシュ素材を使用したモノは、特に伸縮性が良好。ヨガ・ピラティス・ストレッチといったシーンでの装着を考えている場合は合わせてチェックしてみてください。

ベルトの長さは15cm以上が目安

By: alinco.co.jp

アンクルウェイトは体に装着したまま運動をするため、フィット感が重要。固定が甘いとおもりがずれて、体を痛めてしまう恐れがあります。足首にしっかりと固定するためにも、ベルトの長さをチェックしましょう。ベルトは最低でも15cm以上、大柄な方は20cm以上のモノがおすすめです。

日常使いしたい方は薄さを重視

By: rakuten.co.jp

スポーツシーンだけではなく、日常シーンでも装着できるのがアンクルウェイトの魅力。通勤や通学時に装着すれば、移動中も筋トレの効果を期待できます。アンクルウェイトを日常使いしたい場合は、薄さをチェックしましょう。衣服のシルエットを崩さずに装着できるのでおすすめです。

お手入れがしやすいと清潔に使える

アンクルウェイトは、中材の鉄が錆びてしまうことから、水洗いに対応していないモデルが多いので注意しましょう。ゴムのように水を弾く素材を使られているモノ、おもりを外してバンド部分だけ洗えるモノはお手入れが簡単。衛生的に使えるのでおすすめです。

アンクルウェイトのおすすめ

アディダス(adidas) トレーニング アンクル・リストウェイト 1.0kg 2個セット

手首と足首の両方に対応したアンクルウェイトです。表面素材には、ネオプレーンと呼ばれるゴム素材を使用しているのが特徴。スキューバダイビングのウェットスーツにも使われる柔らかい素材で、フィット感に優れています。

ベルトはマジックテープ式になっており、足首の太さに応じて調節できるのもポイントです。0.5kg×2個セット、1kg×2個セットの2種類をラインナップ。初心者におすすめのアンクルウェイトです。

ナイキ(NIKE) アンクルウェイト 1.13kg 2個セット AT8009

足首にフィットしやすいように、人間工学に基づいて設計されたアンクルウェイトです。アスリート向けのスポーツウェアにも採用されている「DRI-FIT」素材を使っており、通気性に優れているのが特徴。長時間の運動にも対応できます。

ナイキロゴの主張も控えめで、スタイリッシュなデザインもポイント。足首用のためリストウェイトとして使うことは難しいのですが、下半身を中心にトレーニングしたい方におすすめです。

秦運動具工業 ガウリアンクルウェイト 0.5kg 2個セット 25W5002

表面素材に、ポリウレタンレザーを採用したアンクルウェイト。本革のような高級感のある見た目で、通気性と柔軟性に優れています。マジックテープの面積が広めで、手首や首に固定しやすいのもポイント。中材には粒状のウェイトが入っており、フィット感も良好です。

また、金具を使用していないので、床などにぶつけてもキズが付きにくいのも特徴。ウォーキングはもちろん、フィットネスのような室内トレーニングにもおすすめのアンクルウェイトです。

MTG シックスパッド アンクルウェイト 1kg SS-AO03S

EMS機器で有名なSIXPADブランドのアンクルウェイト。本製品には電気による筋肉トレーニング機能は搭載されていませんが、同ブランドの人気製品「Abs Belt」のようなスタイリッシュなデザインを受け継いだトレーニングツールです。

足首専用に設計されており、ワンタッチで簡単に装着可能。面積が広いマジックテープによって、しっかりと固定できます。おしゃれで機能的なアンクルウェイトを探している方におすすめです。

アルインコ(ALINCO) リストアンクルウェイト 2.0kg 2個セット WB308

手首に装着するリストウェイトとしても使えるモデル。裏地には、伸縮性に優れたネオプレーンゴム素材を採用しています。ストレッチのようなゆったりした動きはもちろん、ランニングのような激しい動きにも対応可能です。

固定方法は、マジックテープ式を採用。足首の太さに合わせてサイズを調節できるほか、簡単に取り外せます。また、2個セットながらリーズナブルな価格もポイント。コスパに優れた安いアンクルウェイトを探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) Vit Fit リスト&アンクルウェイト 1.5kg 2個セット UR-843

アウトドア用品で有名なキャプテンスタッグのアンクルウェイトです。伸縮性と耐久性に優れたネオプレーンゴムを使用。中材には砂鉄が使われているため、ストレッチのような柔軟体操にもおすすめです。

0.5・1・1.5kgの3サイズをラインナップ。コスパが高いことで知られるキャプテンスタッグだけあって、価格も安めに設定されています。初めてウェイトトレーニングをする方におすすめのアンクルウェイトです。

カワセ(KAWASE) 鉄人倶楽部 メッシュ リスト&アンクルウエイト 1.0kg KW-504

表面にメッシュ素材を使用しているアンクルウェイトです。通気性に優れているのが特徴で、汗をかいても接触部が蒸れにくいのがポイント。長時間の運動をする際におすすめです。

また、水洗いに対応しているのも魅力。中に入っている砂袋は着脱可能で、取り外した状態ならば本体を洗えます。汚れやニオイを抑えたい方におすすめのアンクルウェイトです。

ラヴィ(La-VIE) 耐久性で選ぶアンクルリスト2.0kg 3B-3223

耐久性を重視しているアンクルウェイト。表面には、軽くて丈夫なポリエステル素材を使用しています。摩擦に強いのが特徴で、擦れても毛羽立ちにくいのがポイント。ウェイトを取り外せば水洗いにも対応できます。

また、重さを調節できる可変式を採用。約330gのおもりが6個入っており、数を調節することで筋肉への負荷を変えられます。ウェイトトレーニングの初心者から中級者におすすめです。

InField アンクルウェイト 1kg

中材に小さな鉄球を採用したアンクルウェイト。体のラインにフィットしやすく、激しい運動にも対応できます。表面には合成ゴム素材を使用。生地も1.5mmとやや厚めで、破けにくいように工夫が施されています。

重さは0.5kgから3kgまでとラインナップが豊富。マジックテープで2~3個ほど繋げれば、腰回りにも装着できます。足腰のトレーニングをしたい方におすすめのアンクルウェイトです。