クライミングやボルダリングをするのに必須の「チョークバッグ」。滑り止めのチョークを入れておくのはもちろんのこと、機能性が高いモデルが多いので小物を持ち運びするのにも適しています。また、ファッションにも取り入れられるデザイン性の高さも魅力。

そこで今回は、ボディバッグのおすすめブランドとおすすめモデルをご紹介します。選び方も合わせて解説するので、お気に入りのモノを見つけてみてください。

チョークバッグとは?

By: amazon.co.jp

チョークバッグとは、クライミングまたはボルダリングをする際、手の滑りを予防する「チョーク」を入れるためのバッグのことをいいます。

チョークバッグは小さいながらも開口部が広いため、中身が見えやすく手の出し入れがしやすいことが特徴。ドローコードを締めれば、開口部は容易に閉じれるので便利です。

チョークバッグには腰に付けるタイプと床に置いて使用するタイプの2種類があります。腰付けタイプは小物を入れるのにちょうどいいサイズで、両手も空くことからスポーツシーンだけでなくアウトドアやタウンユースでも取り入れられています。

チョークバッグの選び方

腰付けか置き型かで選ぶ

By: rakuten.co.jp

チョークバッグには腰付け型と置き型の2種類があります。使用する用途に合わせてどちらかのタイプを選びましょう。

腰付け型は身に着けたままクライミングできるので、途中でチョークの付け直しが可能。1度の課題で長時間かかるクライミングでは必須のアイテムです。取り付け方法はカラビナやベルトタイプとさまざまですが、ベルトタイプは安定感があるのでおすすめ。

腰付け型は身に着けてのクライミングを想定しているために、置き型よりもコンパクトなぶん、開口部は片手が入るほどの大きさです。ただ、デザイン性にも優れている製品も多いことから、ファッションシーンで小物入れとして使い勝手がいいことも魅力です。

置き型のチョークバッグは、腰付け型よりも開口部が大きめで、両手でもすっぽり入ります。クライミングする前のチョーク付けや、複数人で使用する際に便利です。ただし、腰付け型と違い、身に着けるには不向きの大きさなので、腰付け型と併用して持っておくことをおすすめします。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

チョークバッグの素材は、ポリエステルかナイロン製の製品がおすすめです。どちらの素材も耐衝撃性と引っ張り強度に優れており、シワになりにくいほか、汚れも付きにくい特徴があることからチョークバッグにうってつけの素材。また、吸水性も低いことから湿気やカビに強いことも魅力のひとつです。

ポリエステル・ナイロン以外の素材だと、汚れが付きやすいことからお手入れの頻度が多くなります。しかし、少なからずチョーク汚れは付いてしまうので、汚れ落とし用ブラシを携帯できる機能があるかも確認しておきましょう。ブラシを携帯しておけば、汚れが気になったときにすぐお手入れが可能です。

サイズは大きすぎないモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

腰付け型のチョークバッグはサイズが大きすぎないモノがおすすめ。大きすぎるとクライミングの邪魔になりやすく、重量も増してしまうのでストレスになってしまいます。

チョークバッグは機能面が充実していることも重要ですが、本体のコードや突起物が引っかかりやすい形状のモノは控えるようにしてください。万が一クライミングで何かに引っかかった場合、大変危険です。

巾着タイプが扱いやすい

By: amazon.co.jp

巾着タイプのチョークバッグは片手で開閉操作ができ、口が大きく開くので便利。特に腰付け型だと、クライミングでチョークを付けたいときに、片手が塞がったまま開閉操作を要するため、巾着タイプをおすすめします。

巾着タイプでない場合でも、口が開閉しやすい製品を選ぶようにしましょう。製品によっては開口部を開けたままでも、中身が飛び出しにくいタイプもあります。使用するたびに開け閉めをする必要がないのでおすすめです。

チョークバッグのおすすめブランド

マムート(MAMMUT)

By: mammut.jp

マムートは1862年にスイスで設立したアウトドアブランドです。アウトドア用のウェア・バックパック・フットウェアなど、幅広い製品ラインナップを取り揃えており、世界約40の国や地域で展開しています。製品にはクライミング用に特化したモノが多く、チョークバッグも充分な機能性を持つ製品としておすすめです。

グレゴリー(GREGORY)

By: gregory.jp

グレゴリーは1977年にサンディエゴにて設立された、バックパック類に特化したブランドです。グレゴリーの製品は耐久性・機能性だけでなく、フィット感や快適さも追求しており、高品質なモデルが多いことが特徴。グレゴリーのチョークバッグはデザイン性もよく、タウンユースとしても活躍します。

シェラデザインズ(SIERRA DESIGNS)

By: amazon.co.jp

シェラデザインズは1965年にアメリカで創業した、アウトドア用品を扱うメーカーです。シェラデザインズのチョークバッグは素材にこだわりがあり「60/40クロス(ロクヨンクロス)」と呼ばれる生地を使用しています。これは横糸に綿60%、縦糸にナイロン40%を使用しており、撥水性と通気性を備えた仕上がりが特徴です。

チョークバッグのおすすめアイテム|腰付けタイプ

マムート(MAMMUT) Basic Chalk Bag

マムート(MAMMUT) Basic Chalk Bag

開口部が安定した形状で軽量な、使いやすいチョークバッグです。本体重量は約60gと軽量で、クライミングやボルダリング時の負担になりません。開口部は使いやすさが改善され、締め方が緩くてもチョークボールが飛び出さず使用可能。また、ブラシキャリアも搭載していることから、汚れ落とし用ブラシをいつでも持ち運べます。

素材はナイロンを採用しており、汚れも落としやすく耐久性・耐水性も良好。チョークバッグの内部はフリース素材で、カメラやスマホなどを入れてもキズが付きにくいためタウンユースとしても使えます。

シンプルなデザインで、マムートのシンボルマークがワンポイントになっているため、どんな服装にもコーデしやすいのも魅力のひとつ。カラーバリエーションは、黒・赤・黄緑の3色を取り揃えています。

グレゴリー(GREGORY) チョークバッグ

グレゴリー(GREGORY) チョークバッグ

グレゴリーのバッグパックなどでも使用されている生地を使用したチョークバッグです。カラーバリエーションはブラック・ディープフォレストカモ・ガーデンタペストリーの3色展開。シンプルなデザインの多いチョークバッグですが、ガーデンタペストリーは女性のコーデでも取り入れやすいデザインになっています。

本体側面にはブラシ用ループを搭載しており、汚れが気になった際にもブラシをすぐに使えて便利です。フロント部には小銭用のポケットもあるほか、ショルダーストラップも付属しているので、クライミングに限らず普段使いとしてもおすすめ。本体のメイン素材はナイロンでできており、充分な強度を持ちながらも汚れが比較的付きにくいのも魅力です。

シェラデザインズ(SIERRA DESIGNS) チョークバッグ キャンバス

シェラデザインズ(SIERRA DESIGNS) チョークバッグ キャンバス

シェラデザインズ特有の素材を使用した、機能が豊富なチョークバッグ。本製品は「60/40(ロクヨン)素材」と呼ばれるモノを使用しており、横糸に綿を約60%、縦糸にナイロンを約40%の比率で織り上げられています。このことにより、水をはじくほどの高い撥水性と、湿気を防ぐ通気性を兼ね揃えていることが特徴。

インナー素材はマイクロフリース素材を採用しているので、スマホやカメラのような機器を持ち運ぶのにも最適です。開口部は巾着タイプの仕様になっており、開け閉めがしやすいほか、口を内側に折りこんでおけることから、開けっ放しの状態でも中身が飛び出しにくい構造。500mlのペットボトルがほぼ収まるほどの収納スペースも魅力です。

ショルダーベルトとカラビナが付属しているほか、ベルトループも搭載しているため、ボルタリングでも活躍します。カラーバリエーションはブラックとベージュの2種類で、シンプルなデザインなので汎用性が高いのもおすすめポイントです。

Odoland チョークバッグ

Odoland チョークバッグ

本製品はクライミングとタウンユースどちらにも使用できるチョークバッグです。ジッパー式のポケットが2つ付いており、前ポケットはカード類や小さ目の小物を入れるのに便利。後ろポケットは、5インチほどのスマホなら収納できるほどのスペースがあり、ちょっとしたお出かけにも使いやすい特徴があります。

また、長さ調節が可能なウェストベルトとカラビナを付属しているため、クライミング・ボルダリングでのシーンでも使いやすい性能。チョークバッグの背面も腰にフィットする形状になっているので、より安定感が増します。開口部はドローコードで絞れるので、チョークがこぼれる心配もありません。

素材は本体外部と内部のどちらもポリエステルを採用しています。耐水性や汚れに強く、お手入れにも困りません。重量も約50gと軽量なので、身に着けていても負担になりにくいのも嬉しいポイントです。

MOTTOM チョークバッグ

MOTTOM チョークバッグ

ポケットが豊富で小物をたくさん収納したい方におすすめのチョークバッグです。メインポケットにはカメラやスマホサイズの小物が収納可能。そのほかにも本体側面には2つポケットがあり、ペンなども収納できるのでタウンユースにもおすすめ。

本製品はオックスフォード生地を採用しており、通気性がありながらも強度・防水性も備えており、汚れにも強い性能があります。また、長期間使用しても色褪せにくいことも魅力のひとつ。開口部は巾着タイプで出し入れが簡単、かつゴム製のロープで縛れるので、中身の飛び出しを防ぎます。

チョークバッグの裏側はベルトに取り付けられる構造になっているほか、専用のカラビナを使うことで、ベルトだけでなくカバンにも装着が可能。クライミング以外にも普段使いやキャンプシーンにおすすめです。

チョークバッグのおすすめアイテム|置き型

マムート(MAMMUT) Boulder Chalk Bag

マムート(MAMMUT) Boulder Chalk Bag

複数人でも使い回せる大型の置き型チョークバッグです。本体の底面は、置き型用として安定感のある形状。開口部はロールトップクロージャー仕様になっており、使用時に口を折りこむと大きい面積で広げられるので、両手でも難なく入ります。

ジップ付きポケットも搭載されているので、別途小物を入れることも可能。防塵仕様で汚れが付きにくい仕様ですが、本体には汚れを払うためのブラシを取り付けることもできます。

カラーバリエーションは黒×赤とピンク×黒の2種類です。ピンク×黒はピンクベースに黒の開口部と側面のグレーを合わせた、かわいらしい配色が特徴。どちらのカラーも、マムートのブランドマークがワンポイントとして表示された、使い勝手のいいチョークバッグです。

マムート(MAMMUT) Magic Boulder Chalk Bag

マムート(MAMMUT) Magic Boulder Chalk Bag

本製品は持ち運び用と置き型タイプの使い分けが可能なチョークバッグです。通常時は平たい形状になっており、持ち運びやバッグそのものを収納する際に便利。しかし、置き型チョークバッグとして使用したいときは、ドローコードを引っ張ることで自立する形状に変化します。

開口部はジッパーと巾着タイプの2段階で密閉できます。バッグが不意に倒れてしまっても、ジッパーまで閉めておけば、チョークがこぼれることもなく安心。巾着部は大きく開けるので両手を入れても楽々です。メイン素材はポリエステルを採用。ブラシポケットも完備しているため、汚れは付きにくくて落としやすい特徴があります。

カラーバリエーションはブラック・グレー・黄緑の3種類。デザインはほかのマムートの製品と比べ、ブランドマークが大きめに表示されており、3つの配色で構成されています。置き型のチョークバッグ以外にもアウトドア用の小物入れとしても便利です。

マムート(MAMMUT) Boulder Chalk Can

マムート(MAMMUT) Boulder Chalk Can

チョーク漏れ防止に特化した円錐型の置き型チョークバッグです。本体の内側は巾着、外側はジッパーで開閉する2段階方式になっており、チョークの漏れを防ぎます。蓋は外したあとに邪魔にならないように裏返しにしてバッグの底面に取り付けることが可能。リバーシブルのように裏面の状態で取り付くことから、バッグの表面がチョークで汚れることを防ぎます。

キレイな状態をキープしやすく、お手入れの手間をかけることなく持ち運べる点も魅力です。中身は両手が入るほどのスペースがあるので、ボルダリングのセッションでも使いやすいことが特徴。ただしポケットは完備していないため、小物を持ち運ぶには別途カバンが必要となるので注意しましょう。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) モンドチョークポット BD14237

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) モンドチョークポット BD14237

ブロックチョークの収納や、ボルダリングでのセッションに適した置き型のチョークバッグです。開口部はロールトップかつマグネット式。面ファスナーと違い汚れが残りにくく、開け閉めの際にあまり力を必要としないため、ストレスなく使えます。

本体の前後にはジッパー付きのポケットを搭載しており、さまざまな小物を種類分けして入れるのに便利です。また、ブラシホルダー付きなので気になる汚れもその場でお手入れできる点も魅力。

本製品のカラーはアソートになっているので、好みのカラーを指定しての購入ができない点は注意が必要です。

エーデルリッド(EDELRID) ボルダーバッグ II

エーデルリッド(EDELRID) ボルダーバッグ II

開口部に独自のツイストクロージャーシステムを採用したチョークバッグです。チョークバッグに多い巾着式とは異なり、開口部の生地をクルクルと回すことで蓋をします。開口面積が丸く、広めにとってあるため手を入れやすいのもポイントです。本体側面にはブラシホルダーとポケットも完備。

カラーバリエーションは寒色系と暖色系の2種類なので好みに合わせて選べます。本体側面にあるシンボルマークが配されており、デザイン性が高いことが特徴。加えて特殊な開口部を採用しているため、存在感をより引き立たせます。周りとは一風変わったチョークバッグを使いたい方におすすめです。