布団は、洗濯した後にしっかりと干すことで消臭効果・殺菌効果・ダニ予防などが期待できます。また、ふかふかな布団に戻しやすいのもポイント。しかし、背丈ほどの大きさがある布団を干すのは大変です。

そこで今回は、使い勝手がよいおすすめの布団干しをご紹介します。一度に何枚も干せるアイテムや室内干しに便利なモノもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

布団干しの選び方

タイプで選ぶ

スタンドタイプ

By: amazon.co.jp

スタンドタイプは、比較的コンパクトサイズなのが特徴。そのため、室内干しをしたい方やベランダで使用したい方、一人暮らしの方などにおすすめです。また、折りたためるタイプが多いので、使用後もコンパクトに収納できます。

扇形タイプ

By: amazon.co.jp

扇形タイプは、四角い枠を横に開くと扇状になる布団干し。広いスペースを確保できなくても、一度に複数枚の布団を干せるので便利です。また、重い布団を高い位置まで持ち上げずに、ポールの脇から差し込むように掛けることもできます。

そのほか、布団を干し終わった後は、折りたたんですっきり収納できるのも魅力です。ただし、ポールの幅が比較的短めなので、布団の幅を事前に確認してみてください。

布団干し竿タイプ

By: rakuten.co.jp

布団干し竿タイプは、つっぱり棒を設置して、フック部分に竿を取り付ける布団干し。ベランダや軒下などに固定するのがおすすめです。

長めの竿を使用すれば、シングル〜ダブルまで幅広いサイズの布団に対応します。また、スペースに余裕があれば、布団だけでなく衣類などの洗濯物も同時に干せるのが魅力です。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

布団干しは、通常の物干し竿よりも丈夫な作りをしていますが、製品によって耐荷重が異なります。そのため、布団のおおよその重さを事前に確認しておきましょう。

布団は、サイズ・素材によって重さが違うのが特徴。羽毛布団は比較的軽めですが、木綿布団だとシングルサイズで約4~6kgの重さがあります。また、湿気を含むとさらに重さが増すので、その点も考慮してみてください。

布団の幅に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

布団干しを選ぶときは、前もって布団の幅をチェックしておくのがおすすめです。メーカーによって若干の差はありますが、シングルは約100〜150cm・セミダブルは約120〜170cm・ダブルは約140〜190cmを目安にしてみてください。

また、幅が固定されている布団干しだけでなく、ポールが伸縮するモノもあります。幅を調節することで、さまざまなサイズの布団を干せるので便利です。

折りたためるかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ベランダや室内で布団を干したい方は、折りたためるタイプがおすすめです。使用後はコンパクトに折りたたむことで、洗濯機脇の隙間や部屋の隅などへ収納できるので、邪魔になりにくいのが魅力。

なかでも、展開が簡単で、すぐ使えるモノが便利です。また、布団だけでなく、ほかの洗濯物も一度に干したい場合は、扇形タイプが適しています。

ただし、軽量すぎるモノは風などで倒れやすいので、ある程度の重量がある布団干しを選んでみてください。

錆びに強い材質かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

屋外に布団干しを設置する場合は、雨に強く錆びにくい素材のモノを選びましょう。主にアルミ・スチール・ステンレスの布団干しがおすすめです。

アルミ製の布団干しは錆びにくいほか、比較的軽いので移動させやすいのが特徴。一方、防サビコーティングが施されたスチール製やステンレス製は重量があるので、強い風が吹いても安定しやすい傾向にあります。

また、ジョイント部分がプラスチックなどでカバーされていると、さらに錆びにくいので安心です。

布団干しのおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団干し FSA-100

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団干し FSA-100

1枚の布団を干せるコンパクトなスタンドタイプで、ベランダや室内干しにおすすめです。サイズは高さ111×幅103×奥行66cm、耐荷重は5kgなのでシングルサイズの布団に対応しています。

折りたたむと奥行きは7cmに縮むため、スッキリ収納しやすいのがポイント。また、重量は約2.7kgなので持ち運びもラクにできます。軽量ながら、ストッパーが付属しているので安定して自立するのも魅力です。そのほか、布団だけでなく、ハンガーを追加すれば服やタオルなど普段の洗濯物も干せます。

モリ工業 ステンレス室内布団干し FC-07

モリ工業 ステンレス室内布団干し FC-07

室内やベランダなどの狭いスペースでも使用できる1枚布団干しです。下段のバーを回転させると、内側にできた空間で通気性よく布団を干せるのが魅力。また、2つのバーがあるので、普段の洗濯物を二手に分けて干すことができます。

使用時のサイズは高さ121×幅122×奥行50cmですが、奥行7cmに折りたたむことができるため収納時に便利。重量は約2.7kgなので、持ち運びが簡単です。

ベルソス(VERSOS) X型物干し VS-R011N

ベルソス(VERSOS) X型物干し VS-R011N

布団を広げて干せるので、裏面にも風を通しやすいX型の布団干し。湿気が多い雨の日の室内干しにもおすすめです。また、バーの幅は96〜155cmに伸縮可能なので、シングル〜セミダブルまでの布団に対応できます。

また、X型は2つのバーがあるので、普段の洗濯物もたくさん干せるのが魅力。さらに、バーの下にはタオル掛けが4本備えられているため、フェイスタオルなら8枚干せます。耐荷重は約15kgと頑丈なのもポイントです。

そのほか、使用後はコンパクトに折りたためるので、省スペースで収納できます。

エカンズ(ekans) 伸縮式多機能布団干し EX-701W

エカンズ(ekans) 伸縮式多機能布団干し EX-701W

布団の内側に風を通しやすいダブルバーの布団干し。枕やクッションなどもバーに乗せて干せます。サイズは高さが94〜130cm、幅が121〜200cm、奥行が79.5cmで、高さや幅を調節できるのが魅力です。

高さを低く調節すれば、重い布団も干しやすいのがポイント。また、幅を最大限に広げれば、たくさんの洗濯物を干せます。そのほか、ハンガー掛けを採用しており、風が吹いても干している洗濯物が片寄る心配がないのも魅力のひとつです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 洗濯物干し CX-240

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 洗濯物干し CX-240

コンパクトに折りたためるX型布団干し。耐荷重はバー1本当たり約10kgで、合計約20kgです。また、バーの幅は240cmまで伸縮可能なので、シングルサイズだと最大4枚の布団を干せます。

バーの角が丸く布団が引っ掛かりにくいため、スムーズに干せるのも魅力。そのほか、重量は約5kgで、室内からベランダなどへの持ち運びもラクにできます。

天馬(Tenma) ポーリッシュ 組立式伸縮布団干し 3連型 PS-08K

天馬(Tenma) ポーリッシュ 組立式伸縮布団干し 3連型  PS-08K

確保できるスペースによって、サイズを高さ101〜125、幅81〜130、奥行22〜119cmに調節できる布団干しです。また、3連型の並列タイプだけでなく、横に倒せば扇形タイプでも使用できます。

一部のバーには波状パイプが搭載されているので、ハンガーが横ズレしないのも魅力。風が吹きやすいベランダで、普段の洗濯物を干すときも安心です。そのほか、使用後はコンパクトに折りたたんで、すっきり収納できます。

タンスのゲン すのこマット シングル 天然桐

タンスのゲン すのこマット シングル 天然桐

2つ折りにして立てれば、布団干しとしても利用できる天然桐のすのこマット。立てるときは、マジックテープで簡単に固定できます。

すのこは、1本ごとにリブ加工を施されているため、通気性に優れているのが特徴。湿気が多い梅雨や冬の時期でも、ダニやカビなどの増殖を防ぐ効果が期待できます。また、耐荷重は約180kgと頑丈なので、分厚い布団を干す際にも便利です。

オークス アルミ折りたたみ布団干し W52

オークス アルミ折りたたみ布団干し W52

軽量かつ錆びにくいアルミ製の布団干し。重量は約2.7kgなので、女性でもラクに持ち運びできます。屏風型のため、確保できるスペースに合わせて、角度を自由に変えられるのも特徴です。

また、重い布団を持ち上げずに、横からスライドして掛けられます。折りたためば、奥行約7cmのコンパクトサイズにできるので、狭い場所にも収納しやすいのが魅力です。

モリ工業 コンパクト扇形布団干し 4枚干しタイプ FC-15

モリ工業 コンパクト扇形布団干し 4枚干しタイプ FC-15

布団を一度に4枚干せる扇型の布団干しです。伸縮アームが採用されているため、干したい布団の幅に合わせて、最大110cmまで調節できます。また、幅74cmまで縮小し、省スペースで普段の洗濯物を干せるのも魅力です。

さらに、360°に開けるので、採光性や通気性に優れているのも特徴。そのほか、コンパクトサイズに折りたためるため、すっきり収納できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 洗濯物干し SVI-275NR

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 洗濯物干し SVI-275NR

錆びにくいステンレスを使用したベランダ用の物干しつっぱり棒。マンションやアパートなどの比較的狭いベランダでも設置可能です。サイズは高さが210〜275cm、奥行が33.5〜58cmで、幅は別売りの物干し竿によって自由に変えられます。

組み立ては、天井につっぱり棒を突っ張り、竿受けを固定するだけなので簡単です。竿受けは、上下移動と360°回転ができるため、段違いに干したり、洗濯物の長さに合わせて干したりできます。耐荷重は全体で30kgほどと、重い布団もしっかり干せるのがポイントです。

エカンズ(ekans) ステンレス物干し KSB-100

エカンズ(ekans) ステンレス物干し KSB-100

風で倒れにくいよう、接地面にブローベースが採用されている屋外用の布団干し台。ブローベースは樹脂製なので運ぶときは軽く、そこに水や砂利を入れることでしっかり安定します。

高さは105〜165cmまで調節することができ、布団を干す場合は高くまで持ち上げずに掛けられるのが魅力。また、アームの向きも洗濯物に合わせて変えられます。