パソコンの冷却性能に関わる「CPUグリス」。特にパソコンを自作している方にとっては、必要不可欠となる製品です。パソコンの性能の違いにより使い分ける必要があり、価格や種類もさまざま。

そこで今回は、おすすめのCPUグリスをご紹介します。さらに、製品の紹介だけでなく種類ごとの特徴や選び方についても解説。購入を検討している方やどの製品を選べばよいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

CPUグリスとは?

By: amazon.co.jp

パソコンにはCPUを冷却するためのパーツである、CPUクーラーが搭載されています。そのCPUクーラーとCPUが接触する部分に塗るのがCPUグリスです。CPUグリスは潤滑剤の一種でゼリー状になっており、素材や性能が異なるさまざまな製品が販売されています。

CPUグリスを塗ることでCPUとCPUクーラーのわずかな隙間を埋められ、より効率よく冷却可能。CPUグリスの性能は、熱伝導率や熱抵抗値で表されます。熱伝導率が高く熱抵抗値が低いほど、より高い冷却性能を発揮するので覚えておきましょう。

また、CPUグリスは塗り替えを行わないと冷却性能が落ちてしまう可能性があるので、注意が必要です。高価な製品でなければリーズナブルに購入できるのも嬉しいポイント。長年使用していてまだ一度も塗り替えたことがない方や、最近CPUの温度が高いと感じている方は、塗り替えを試してみてください。

CPUグリスの選び方

種類をチェック

By: rakuten.co.jp

CPUグリスの種類は、大きく分けてシリコングリス・シルバーグリス・ダイヤモンドグリスの3種類に分けられます。種類によって使用している素材や塗りやすさはさまざま。熱伝導率などの性能も異なってくるので、それぞれの特徴を事前にチェックしておきましょう。

選ぶ際のポイントとしては、パソコンのスペックや用途に合わせた製品を選ぶことが大切です。スペックに合わないグリスを使用しているとCPUが熱暴走を起こしたり、フリーズや起動しなくなったりする可能性もあるので注意が必要です。

シリコングリス

By: amazon.co.jp

シリコングリスはCPUグリスのなかでも、定番の製品です。リーズナブルで気軽に購入できるのが魅力。耐熱性と耐寒性に優れており、潤滑剤としてさまざまな用途で使用されています。

CPUグリスとしては、標準スペックのパソコンでの使用に最適。文章作成やWebサイトの閲覧など、CPUへの負荷が少ない操作しかしない場合には、シリコングリスで十分対応可能です。

ひとくちにシリコングリスといっても伝導性の高い製品や低い製品があり、性能はさまざま。種類も豊富で幅広い選択肢があるので、本記事を参考にして目的に合った製品を選びましょう。ただし、今後パソコンのスペックアップを考えている方は、シルバーグリスやダイヤモンドグリスなどのより高い冷却効果を得られる製品がおすすめです。

シルバーグリス

By: amazon.co.jp

シルバーグリスは「銀」を使用したCPUグリスで、シリコングリスと同様に定番の製品です。銅・金・アルミニウムよりも熱の伝導性が高く、優れた冷却性能を誇ります。標準スペックからミドルスペックのパソコンに最適です。

シリコングリスよりも安定して冷却性能を保ってくれるのも特徴のひとつ。長時間パソコンを起動していても快適に使用できます。また、軽めの3Dゲームや簡単な画像編集など、CPUに多少の負荷がかかる操作をする方にもおすすめです。

ダイヤモンドグリス

By: rakuten.co.jp

ダイヤモンド素材を使用したCPUグリス。ダイヤモンドは金属よりも熱伝導率が高いのが特徴です。価格はほかのグリスに比べて高価ですが、長期間保存ができるうえ、固まりにくいというメリットがあります。

Core i7以上のCPUを搭載したハイスペックなパソコンでの使用に最適。もっとも冷却性能が高いCPUグリスなので、動画編集やオーバークロックなど、パソコンに負荷のかかる使い方をしている方におすすめです。

熱伝導率をチェック

By: amazon.co.jp

CPUグリスを選ぶ際、押さえておきたいポイントのひとつが熱伝導率です。この熱伝導率が高ければ高いほどより効率よく冷却することが可能。逆に、高性能なCPUクーラーを搭載していても、熱伝導率の低いCPUグリスを使用していると性能を最大限に発揮できないので注意が必要です。

熱伝導率とは物質の熱の伝わりやすさを表した量のことで、数値が高いほど熱が早く伝わります。単位は「W/m・k」。CPUグリスは、この数値が高いモノを選ぶと性能がよいことになります。製品ページやパッケージなどにも記載されているので事前に確認しておきましょう。

絶縁性かをチェック

By: amazon.co.jp

CPUグリスには、絶縁性のものと導電性のものがあります。導電性の場合、塗ったときのグリスのはみ出しや液漏れにより、パソコンがショートしてしまう可能性があるので注意が必要です。

絶縁タイプのグリスであればそのような心配はないので安心。初めてグリスを交換する方や塗り慣れていない方におすすめです。また、絶縁タイプのグリスは熱伝導率が高く、粘度が弱めで塗りやすいという特徴があります。

さらに、絶縁が必要な箇所やゴム・プラスチックでできた部品の潤滑剤としても使用可能。CPUグリスとしてだけでなく、幅広い用途で使用できるのも嬉しいポイントです。

塗りやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

CPUグリスを購入するにあたり、塗りやすさも重要なポイントです。製品によって粘度が異なり、冷却性能が高いモノほど粘度が高く塗りにくい傾向にあります。

また、しっかりと均一に塗れていないと冷却性能が低下してしまう可能性があるので、注意が必要です。塗り慣れていない方やCPUグリスを初めて使用する方は、粘度の低いソフトタイプの塗りやすい製品をおすすめします。

シリコングリスは、柔らかく塗りやすい製品が多い傾向にあります。シルバーグリスに関しても、塗りやすい粘度の製品がラインナップされているので安心です。粘度の高いグリスの方が乾燥しにくく長持ちするという特徴がありますが、しっかり塗れていないと意味がないので、よく検討してから購入しましょう。

CPUグリスのおすすめモデル

アークティック(ARCTIC) シリコングリス 絶縁タイプ MX-4

アークティック(ARCTIC) シリコングリス 絶縁タイプ MX-4

アークティック絶縁タイプのシリコングリス。おもに標準スペックのパソコンでの使用に最適。絶縁性のグリスで、マザーボードにグリスをはみ出して塗ってしまってもショートする心配がないので、安心して使用できます。

熱伝導率は8.5W/m・kと比較的高く、熱抵抗値も低いので効率よく冷却可能。内容量は4gあるので、環境にもよりますが約3回程度使用できます。塗るときに便利なヘラと指サックが付属しているのも嬉しいポイントです。

本製品は粘度が低いソフトタイプなので、塗りやすいのも魅力のひとつ。高性能ながらもコスパに優れた扱いやすい製品で、初めて使用する方や塗り慣れていない方にもおすすめのCPUグリスです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) シリコングリス TK-P3S

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) シリコングリス TK-P3S

サンワサプライのシリコンタイプのCPUグリス。シリコンタイプですが、シルバーが入っているので高い冷却効果が期待できます。導電性は低いですが、完全に絶縁できるタイプではないので、液漏れやはみ出しに注意しましょう。

熱伝導率は6.5W/m・k。標準的なスペックのパソコンに最適です。容量はこの価格にしては比較的大容量な2gです。本製品は注射器タイプになっているので、手を汚すことなく塗布できるのも嬉しいポイント。加えて、メモリが書かれているので便利です。

ソフトタイプで塗りやすくなっているので、CPUグリスを使用し慣れていない方にも最適。価格もリーズナブルなので、少しでも予算を押さえたい方におすすめの製品です。

MoneyQiu シリコングリス HY-883

MoneyQiu シリコングリス HY-883

シルバー入りのシリコンタイプのCPUグリス。熱伝導率は6.5W/m・kで内容量は2g。高負荷な操作をしない方や標準的なスペックのパソコンでの使用に最適です。

絶縁タイプなのでショートの心配がなく、初めてCPUグリスを使用する方や使い慣れていない方にもおすすめ。容器は小型の注射器型なので使いやすいのが魅力です。また、塗布用のヘラが付属するのも嬉しいポイントです。

スターテック・ドットコム(StarTech.com) CPU用熱伝導シリコングリス 1.5g SILVGREASE1

スターテック・ドットコム(StarTech.com) CPU用熱伝導シリコングリス 1.5g SILVGREASE1

シリコンタイプのCPUグリス。本製品を販売しているスターテック・ドットコムは、おもにコネクタなどの接続パーツを取り扱う企業です。1985年にカナダで設立され、現在ではカナダ・アメリカ・イギリス・日本など世界13か国で事業を展開しています。

1.93W/m・k以上の熱伝導率を誇り、金属酸化物を含む金属ペースト仕様のグリスです。一般的なシリコンタイプのグリスよりも熱伝導性に優れているのが特徴。導電性に関しては非常に低くなっているので、多少のはみ出しや液漏れが発生しても安心です。

容器は注射器タイプで内容量は1.5g。使用環境にもよりますが、本製品1本で約4~6回使用できます。また、一度開封しても再度密封可能なシリンジアプリケーター仕様になっているのも嬉しいポイントです。

アイネックス(AINEX) シルバーグリス AS-05

アイネックス(AINEX) シルバーグリス AS-05

高い熱伝導率を誇るシルバータイプのCPUグリス。アイネックスは東京に本社を置き、パソコンパーツやパソコン周辺機器などを取り扱っています。CPUクーラーなども幅広く取り揃えているので、自作パソコンを組んでいる方にはおなじみのメーカーです。

シリコンオイルを使用していないシルバータイプのグリスで、熱伝導率は9.0W/m・kと高い冷却性能を誇ります。高密度でナノサイズの微粒子が含まれているので、さらに高い冷却性能を発揮可能。内容量は3.5gと大容量です。

本製品は特殊なオイルを使用しているので長期間硬化せず、分離や滲んだりすることもありません。容器は小型の注射器タイプで、最後まで使い切ったことがわかるように設計されているのも嬉しいポイントです。

アイネックス(AINEX) ナノダイヤモンドグリス JP-DX1

アイネックス(AINEX) ナノダイヤモンドグリス JP-DX1

アイネックスのナノダイヤモンドタイプのCPUグリス。ロシアと台湾のナノテクノロジー技術を採用した、新開発のダイヤモンドグリスです。微細な粒子が詰まっており、高い冷却性能を誇ります。また、細かな場所にもしっかりと塗ることが可能。

熱伝導率は16W/m・kと高いので、Core i7以上を搭載したハイスペックなパソコンや、動画編集・3Dゲームなどの高負荷な操作をする方におすすめです。熱抵抗にも優れ、固化しにくく長期間保存できるのも嬉しいポイント。

内容量は3gで容器は注射器タイプになっており、塗布する際に便利なヘラが付属します。非導電性なのではみ出しや液漏れが起こっても安心。そのほか、非腐食性・抗酸化性・非毒性・不揮発性・不燃焼性・非皮膚刺激性などに優れたおすすめの製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) CPUグリス ナノダイヤモンド TK-P3D

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) CPUグリス ナノダイヤモンド TK-P3D

サンワサプライのナノダイヤモンドタイプのCPUグリス。ナノダイヤモンドパウダーを配合した、優れた冷却性能を誇る製品です。導電性は少ないですが、完全な絶縁タイプではないので湿布時は、マザーボードになるべくはみ出さないよう注意しましょう。

熱伝導率は8.3W/m・kで熱抵抗は非常に低くなっているので、ハイスペックなパソコンや高負荷な処理が必要となるような操作をする機会が多い方におすすめ。また、EUの法律で定められている「RoHS指令」に準拠した環境に配慮した製品です。

内容量は2.8gで、容器は扱いやすい注射器タイプです。適度な粘度で塗りやすいのも嬉しいポイント。安心の国内ブランドで取り扱いもしやすい製品なので、初めてダイヤモンドタイプのCPUグリスを使用する方にもおすすめです。

JOUJYE ナノダイアモンドサーマルグリス OC7

JOUJYE ナノダイアモンドサーマルグリス OC7

JOUJYEのダイヤモンドタイプのCPUグリス。超微粒子の人口ナノダイヤモンドパウダーを40%使用しています。これによりCPUの熱を効率よくヒートシンクに伝えることが可能。

熱伝導率は12.56W/m・kと高い冷却性能を誇ります。高性能なCPUを搭載したハイスペックなパソコンでの使用に最適。また、絶縁タイプなので、はみ出しや液漏れが発生してもショートの心配がないので安心です。

内容量は4gと十分な容量。EUの法律で定められている「RoHS指令」に準拠した環境に優しい製品でもあります。高負荷時に優れた冷却能力を発揮するCPUグリスなので、CPUをオーバークロックして使用している方にもおすすめの製品です。

サーマルライト(Thermalright) 高性能CPUグリス TF8

サーマルライト(Thermalright) 高性能CPUグリス TF8

サーマルライトの高性能なCPUグリス。本製品の内容量は2gですが、5.8gと12.8gの大容量モデルもラインナップされています。頻繁に塗り替えを必要としない方は、価格もリーズナブルな本製品がおすすめです。

熱伝導率は13.8W/m・kと高い数値を示しているので、ミドルスペックからハイスペックなパソコンでの使用に最適。ショートの心配がない絶縁タイプなので安心して使用できます。容器は注射器タイプで塗布用のヘラが付属するのも嬉しいポイントです。

サーマルグリズリー(Thermal Grizzly) オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス TG-K-015-R

サーマルグリズリー(Thermal Grizzly) オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス TG-K-015-R

サーマルグリズリーのオーバークロック用に設計された高性能なCPUグリス。オーバークロックとはCPUを本来の性能を上回る周波数で動作させることです。より高速で動作させることが可能ですが、その分高い負荷がかかります。

本製品はそのような超高負荷な状態での使用に最適。もちろんオーバークロックしていないパソコンでの使用も可能です。価格を抑えた1gの製品から、大容量の37gの製品までラインナップされているので、用途に合ったものを選びましょう。熱伝導率は12.5W/m・kと高いのでハイスペックなパソコンでの使用に最適。

絶縁タイプなので、液漏れやはみ出しが起こっても問題ありません。また、80℃の高温でも乾燥が進まない特別な配合となっており、高性能ながらも柔らかく塗り広げやすいのも嬉しいポイント。ほかのCPUグリスと比べると価格は高いですが、高い冷却性能を誇るおすすめの製品です。

コルセア(CORSAIR) CPU&GPU向けハイパフォーマンスグリス TM30 CT-9010001-WW

コルセア(CORSAIR) CPU&GPU向けハイパフォーマンスグリス TM30 CT-9010001-WW

コルセアの酸化亜鉛を採用したCPUグリス。絶縁タイプなので、マザーボードへのはみ出しや液漏れが発生しても安心です。初めてCPUグリスを使用する方にもおすすめ。

熱伝導率は3.8W/m・kと標準的な性能ですが、熱抵抗が非常に低くなっているので高い放熱効果を実現しています。粘度が低く柔らかいので細かな溝でも埋められ、塗りやすいのも嬉しいポイントです。

内容量は3gで容器は塗りやすい注射器タイプ。乾燥とひび割れに強いので長期的に安定した冷却性能を誇ります。頻繁に塗り替える必要がないおすすめのCPUグリスです。

サーマルライト(Thermalright) SILVER KING 3g

サーマルライト(Thermalright) SILVER KING 3g

サーマルライトの高性能なCPUグリス。79W/m・kと非常に高い熱伝導率が特徴で、ハイエンドのパソコンや3Dゲームなどの高負荷な処理が必要となる操作を行う方におすすめの製品です。

本製品は非金属添加物を含まない100%の液体金属合金仕様。手に触れても安心な無害のCPUグリスです。ただし、液体金属グリスはアルミニウムを腐食させるので、接触面がアルミニウムタイプのCPUクーラーを使用している方は注意が必要です。

本製品は3gと比較的大容量。使用可能温度範囲は-3~140℃までと幅広く、かなりの高温でも耐えることが可能。容器は注射器タイプになっており、塗布用綿棒・ハケ・アプリケーター・除去用シートが付属しているのも嬉しいポイントです。

クライオリグ(CRYORIG) 高性能サーマルグリス CRYO-PASTE CP5

クライオリグ(CRYORIG) 高性能サーマルグリス CRYO-PASTE CP5

クライオリグの高い冷却性能を誇るCPUグリス。用途に合わせた3種類の製品がラインナップされています。本製品はそのなかで最も性能が高く、ハイスペックなパソコンを使用している方や冷却性能重視の方におすすめです。

熱伝導率は9.3W/m・kで内容量は4g。一般的なCPUグリスと比べて粘度が高いのが特徴ですが、粒子の密度も高く、優れた冷却性能を発揮します。CPUをオーバークロックして使用している方にも最適。

容器は注射器型で、専用にペーストスプレッダーが付属します。カードサイズで塗りやすくなっているので、きれいにむらなくグリスを広げることが可能。また、もともと付いていたグリスを掃除するためのアルコールパッドが付属しているのも嬉しいポイントです。

親和産業 高耐久熱伝導グリス OC Master SMZ-02S

親和産業 高耐久熱伝導グリス OC Master SMZ-02S

親和産業から発売されている耐久性の高いCPUグリス。CPUをオーバークロックさせて競う競技のプロである、オーバークロッカーの清水貴裕氏と親和産業が共同開発して生み出した製品です。

前モデルの「SMZ-01R」と比較して、本製品は耐久性を重視したモデルになっています。長期間使用しても乾燥による性能の低下が少ないのが特徴。そのため、メンテナスがしにくい水冷式のCPUクーラーを搭載したパソコンや、長時間高負荷な状態で稼働する業務用のパソコンでの使用に最適です。

熱伝導率は11.7W/m・kで、耐熱温度は-50~250℃。内容量は2gです。絶縁タイプなのでショートする心配もなく安心。梱包やデザインなど性能に関係のない部分のコストを切り詰めているので、コスパに優れているのも嬉しいポイントです。