パソコンの冷却性能に関わる「CPUグリス」。特にパソコンを自作している方にとっては、必要不可欠な製品です。パソコンの性能の違いにより使い分ける必要があり、価格や種類もさまざま。

そこで今回は、おすすめのCPUグリスをご紹介します。さらに、製品の紹介だけでなく種類ごとの特徴や選び方についても解説。購入を検討している方やどの製品を選べばよいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

CPUグリスとは?

By: amazon.co.jp

パソコンにはCPUを冷却するためのパーツである、CPUクーラーが搭載されています。そのCPUクーラーとCPUが接触する部分に塗るのがCPUグリスです。CPUグリスは潤滑剤の一種で、素材や性能が異なるさまざまな製品が販売されています。

CPUグリスを塗ることでCPUとCPUクーラーのわずかな隙間を埋められ、より効率よく冷却可能。CPUグリスの性能は、熱伝導率や熱抵抗値で表されます。熱伝導率が高く熱抵抗値が低いほど、より高い冷却性能を発揮します。

また、CPUグリスは塗り替えを行わないと冷却性能が落ちてしまう可能性があるので、注意が必要です。長年使用していてまだ一度も塗り替えたことがない方や、最近CPUの温度が高いと感じている方は、塗り替えを試してみてください。

CPUグリスの選び方

種類をチェック

By: rakuten.co.jp

CPUグリスの種類は、大きく分けてシリコングリス・シルバーグリス・ダイヤモンドグリスの3種類に分けられます。種類によって使用している素材や塗りやすさはさまざま。熱伝導率などの性能も異なってくるので、それぞれの特徴を事前にチェックしておきましょう。

選ぶ際のポイントとしては、パソコンのスペックや用途に合わせた製品を選ぶことが大切です。スペックに合わないグリスを使用しているとCPUが熱暴走を起こしたり、フリーズや起動しなくなったりする可能性もあるので注意が必要です。

シリコングリス

By: rakuten.co.jp

シリコングリスはCPUグリスのなかでも、定番の製品です。リーズナブルで気軽に購入できるのが魅力。耐熱性と耐寒性に優れており、潤滑剤としてさまざまな用途で使用されています。

CPUグリスとしては、標準スペックのパソコンでの使用に最適。文章作成やWebサイトの閲覧など、CPUへの負荷が少ない操作をメインに行う場合には、シリコングリスで十分対応可能です。ただし、今後パソコンのスペックアップを考えている方は、シルバーグリスやダイヤモンドグリスなどのより高い冷却効果を得られる製品がおすすめです。

シルバーグリス

By: rakuten.co.jp

シルバーグリスは「銀」を使用したCPUグリスで、シリコングリスと同様に定番の製品です。銅・金・アルミニウムよりも熱の伝導性が高く、優れた冷却性能を誇ります。標準スペックからミドルスペックのパソコンに適しています。

シリコングリスよりも安定して冷却性能を保つのも特徴のひとつ。長時間パソコンを起動していても快適に使用できます。また、軽めの3Dゲームや簡単な画像編集など、CPUに多少の負荷がかかる操作をする方にもおすすめです。

ダイヤモンドグリス

By: rakuten.co.jp

ダイヤモンド素材を使用したCPUグリス。ダイヤモンドは金属よりも熱伝導率が高いのが特徴です。価格はほかのグリスに比べて高価ですが、長期間保存ができるうえ、固まりにくいのがメリット。

Core i7以上のCPUを搭載したハイスペックなパソコンでの使用に適しています。最も冷却性能が高いCPUグリスなので、動画編集やオーバークロックなど、パソコンに負荷のかかる使い方をしている方におすすめです。

熱伝導率をチェック

By: amazon.co.jp

CPUグリスを選ぶ際、押さえておきたいポイントのひとつが熱伝導率です。この熱伝導率が高ければ高いほどより効率よく冷却することが可能。逆に、高性能なCPUクーラーを搭載していても、熱伝導率の低いCPUグリスを使用していると性能を最大限に発揮できないので注意が必要です。

熱伝導率とは物質の熱の伝わりやすさを表した量のことで、数値が高いほど熱が早く伝わります。単位は「W/m・k」。CPUグリスは、この数値が高いモノを選ぶと性能がよいことになります。製品ページやパッケージなどにも記載されているので事前に確認しておきましょう。

絶縁タイプかどうかチェック

By: rakuten.co.jp

CPUグリスには、絶縁性のモノと導電性のモノがあります。導電性の場合、塗ったときのグリスのはみ出しや液漏れにより、パソコンがショートしてしまう可能性があるので注意が必要です。

絶縁タイプのグリスであればそのような心配はないので安心。初めてグリスを交換する方や塗り慣れていない方におすすめです。また、絶縁タイプのグリスは熱伝導率が高く、粘度が弱めで塗りやすいという特徴があります。

さらに、絶縁が必要な箇所やゴム・プラスチックでできた部品の潤滑剤としても使用可能。CPUグリスとしてだけでなく、幅広い用途で使用できるのも嬉しいポイントです。

塗りやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

CPUグリスを購入するにあたり、塗りやすさも重要なポイントです。製品によって粘度が異なり、冷却性能が高いモノほど粘度が高く塗りにくい傾向にあります。

また、しっかりと均一に塗れていないと冷却性能が低下してしまう可能性があるので、注意が必要です。塗り慣れていない方やCPUグリスを初めて使用する方は、粘度の低いソフトタイプの塗りやすい製品をおすすめします。

シリコングリスは、柔らかく塗りやすい製品が多い傾向にあります。シルバーグリスに関しても、塗りやすい粘度の製品がラインナップされているので安心です。粘度の高いグリスの方が乾燥しにくく長持ちするという特徴がありますが、しっかり塗れていないと意味がないので、よく検討してから購入しましょう。

CPUグリスのおすすめモデル

アイネックス(Ainex) シリコングリス GS-02

価格が安くコスパに優れたシリコングリスです。気軽に購入できるので、自作パソコンだけでなく、メーカー製のパソコンやノートパソコンにも適しています。CPUグリスを初めて使用する方にもおすすめです。

内容量は1gで、手を汚すことなく塗れる注射器型の容器を採用しています。熱伝導率は1.8W/m・k。標準的なスペックのパソコンであれば、十分な冷却効果を得られます。

今までCPUグリスを塗り替えたことがなく、最近ファンの回転音が気になるという方は、リーズナブルな本製品を試してみてください。さらに、本製品は電子機器などの特定有害物質の使用制限に関するEUの法律「RoHS指令」に準拠。環境に配慮されている点も魅力です。

サーマルライト(Thermalright) TFシリーズ Thermal Paste TF8

サーマルライトのなかでも高性能な「TFシリーズ」のCPUグリスです。13.8W/m・kの高い冷却性能を備えているので、Core i7以上のCPUを搭載した、ハイスペックなパソコンへの塗布に適しています。また、絶縁タイプなので、ショートの心配がないのもポイントです。

はみ出しや液漏れを気にせず塗れるので、CPUグリスを使い慣れていない方でも安心して使用できます。容器の形状は注射器タイプで、便利な塗布用のヘラも付属。

本製品には内容量の異なる3タイプがラインナップされています。そこまでの量が必要のない方は、内容量の少ない2gタイプ、頻繁に塗り替える方やオーバークロッカーの方には内容量が約3倍の5.8gタイプがおすすめです。さらに、検証などを行い、より頻繁な塗り替えが必要な方に適した12.8gの大容量タイプも用意されています。

サーマルグリズリー(Thermal Grizzly) 高性能熱伝導グリス Kryonaut TG-K-015-R

オーバークロック用に特別設計されたCPUグリスです。微粒子化されたアルミニウムと酸化亜鉛が、CPUとヒートシンクのわずかな隙間にもしっかりと密着し、熱伝導率12.5W/m・Kの優れた冷却性能を発揮。高性能な冷却システムの能力を最大限まで引き出せます。

80℃の高温でも乾燥が進みにくい、優れた安定性も魅力。長期間硬化せず安定した性能を発揮し続けるので、塗り替えの回数を減らせて経済的です。また、ショートの心配がない絶縁タイプなので、安心して使用できるのもメリット。

内容量は、1gから大容量な37gまでの全4種類がラインナップされています。グリスを最適な量で塗布できる専用のアプリケーターが同梱するのも嬉しいポイントです。さらに、梱包袋にはジッパーが付いているので、余ったグリスを乾燥から守り、長期間保存しておけます。

アークティック(ARCTIC) シリコングリス MX-4

CPUグリスの定番製品のひとつでもある、アークティックのMX-4。熱伝導率は8.5W/m・kと比較的高く、熱抵抗値も低いので、優れた冷却性能を発揮します。主にミドルスペックのパソコンへの塗布に適しています。

絶縁タイプなので、はみ出しや液漏れしてしまってもショートの心配がなく安心。また、粘度が低く、やわらかいのもメリットのひとつです。塗りやすいので、初心者の方でも気軽に扱えます。内容量は、比較的リーズナブルながらも大容量な4g。コスパに優れたおすすめの製品です。製造年によりパッケージが異なる場合があるので、その点は注意しておきましょう。

コルセア(Corsair) TM30 パフォーマンスサーマルペースト CT-9010001-WW

自作PC用のパーツなどを数多く取り扱うコルセアのCPUグリスです。粘度の低い「酸化亜鉛」を採用しているのが特徴。注射器タイプの容器を採用しているので、塗りやすいのが魅力です。塗布面の微細な溝なども、きれいに埋められます。

また、乾燥やひび割れにも強いため、頻繁に塗り替える必要がなく長い期間安定した放熱効果を発揮。長期間の保存にも適しています。熱伝導率は3.8W/m・kで、熱抵抗値も低いので優れた冷却性能を有しています。

さらに、非導電性かつ非毒性の素材を使用しているなど、安全性に配慮されているのもメリットです。内容量は3gで、価格は比較的リーズナブル。頻繁に塗り替えるのが面倒だと感じる方や、安心して使えるCPUグリスを探している方におすすめのアイテムです。

親和産業 OC Master SMZ-01R

日本のオーバークロックの第一人者であり、プロのオーバークロッカーである清水貴裕氏と親和産業が共同開発した本製品。常用環境でのオーバークロックに特化しており、優れた冷却性能を有しながらも、粘度が低く塗りやすいように設計されているのが特徴です。

伸びやすい素材が使用されているので、塗布直後の馴染みもよく、しっかりと薄く塗り広げられます。低粘度ながらも13.2W/m・kという優れた熱伝導率を有しているのも魅力です。

容器は注射器型で、内容量は2g。絶縁タイプなので、はみ出しや液漏れを気にすることなく使用できます。また、「RoHS指令」に準拠しているため、環境にやさしいのもポイント。初心者から上級者まで幅広く使用できるおすすめの製品です。

StarTech.com 金属酸化物入りシリコングリス SILVGREASE1

金属酸化物を含む金属ペーストタイプのCPUグリスです。一般的なシリコングリスよりもザラザラしており粘度も高めですが、優れた熱伝導性を有しているのが特徴。内容量は1.5gで、1.93W/m・k以上の熱伝導率を実現します。

本製品1本で、約4~6回の塗布が可能。再密封が可能な注射器型を採用しているため、長期間保存しておけます。完全な絶縁タイプではありませんが、導電性は低いので、塗り慣れていない方でも使用可能。

価比較的価格が安くコスパに優れた製品なので、予算を抑えたい方にもおすすめ。パソコンをオーバークロックさせて使用している方や高性能なCPUを使用している方、古くなったCPUグリスとの交換を考えてる方に適した製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 銀入りシリコングリス TK-P3S

放熱効果を高めるために、熱伝導性の高い「シルバー」が入ったシリコングリス。リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさも魅力です。

熱伝導率は6.5W/m・kと比較的高いので、標準スペックからミドルスペッククラスのパソコンへの使用に適しています。内容量は2gなので、本製品1本で複数回使用可能。

容器は手を汚すことなく塗布しやすい注射器タイプで、使用量が把握しやすいようにメモリが書かれているのもポイントです。また、粘度が低いソフトタイプなので、塗りやすく簡単に薄く広げられます。ただし、導電性は少ないですが絶縁タイプではないので、はみ出しや液漏れには注意が必要です。

アイネックス(Ainex) シルバーグリス Arctic Silver 5 AS-05

CPUグリスのなかでは人気の高い、定番のシルバーグリスです。価格も標準的なので、CPUグリス選びに迷った際の選択肢としてもおすすめ。一般的なシリコングリスよりも熱伝導性に優れたシルバーグリスタイプのため、ハイスペックなCPUを搭載したパソコンでの使用にも適しています。

熱伝導率は9.0W/m・kと高く、高密度かつナノサイズの微粒子がより多くの面に接着することにより、安定した放熱効果を発揮。絶縁タイプなのでショートの心配がないうえ、分離しにくく滲みにくいのもメリットです。

また、特殊オイルを使用することにより、長期間硬化しにくくなっているので、余った分は安心して保存しておけます。容器は注射器型で、ピンスト棒を最後まで押し込むと使い切ったことが分かるように設計されているので便利です。

サーマルグリズリー(Thermal Grizzly) 液体金属 Conductonaut TG-C-001-R

スズ・ガリウム・インディウムをベースに、特別な配合で作られた液体金属タイプのCPUグリス。73W/m・kという極めて高い熱伝導率を有しているのが特徴です。長期間冷却効果を持続でき、安定性も良好。Core i7以上の高性能なCPUを搭載したパソコンに使用したい方や、オーバークロックさせて使用している方に適しています。

容器は注射器型で、先端が細い針金でできた専用のアプリケーター「マイクロティップ」が付属。液体金属を適切な分だけ滴下できるので便利です。包装袋には、再封可能なジッパーが取り付けられているため、余った分は劣化を抑えつつ長期間保存できます。

ただし、本製品は高性能な分、取り扱いの難易度が高いのが難点。CPUグリスを使い慣れた上級者向けのアイテムです。また、導電性でもあるため、塗布の際は、はみ出しや液漏れがないように注意を払う必要があります。より優れた冷却性能を求める方や自作経験が豊富な方は、チェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ナノダイヤモンドグリス TK-P3D

ナノダイヤモンドパウダーを配合することにより、優れた冷却性能を実現。高性能なCPUを使用している方やパソコンに負荷のかかる作業を行う方におすすめです。

内容量は2.8gですが、ダイヤモンドグリスは固まりにくいので、余った分は劣化を気にせず長期間保存できます。導電性は低くなっていますが、塗布の際は回路やリード線などに付着しないように注意しながら使用しましょう。

熱伝導率は8.3W/m・kで、熱抵抗値が低いため、効率よく冷却可能。また、「RoHS指令」に準拠した環境にやさしい製品なので、安心して使用できます。

アイネックス(Ainex) ナノダイヤモンドグリス JP-DX1

主成分にナノダイヤモンドとシリコンを採用したCPUグリスです。高純度熱伝導素材を用いることにより、優れた冷却性能を実現。化学的安定性・非腐食性・抗酸化性・非毒性・不揮発性・不燃性・非皮膚刺激性に優れているので、安心して使用できます。

さらに、16W/m・kの高い熱伝導率を有しているため、高性能な自作PCも効率よく冷却可能。絶縁タイプなので、多少のはみ出しなどを気にせず安心して塗布できるのもメリットです。

高性能な分、少し高価ではありますが、内容量は3gと多いので複数回使用できます。また、硬化しにくいので長期間保存しておくことも可能。塗布用のヘラも付属します。

JOUJYE ナノ・ダイアモンドサーマルグリス OC7

粒子サイズ20nm以下の微細なダイヤモンドパウダーを使用することにより、優れた熱伝導率を発揮。CPUの熱を効率よくヒートシンクに伝えられます。12.56W/m・kの優れた熱伝導率を有しているので、ハイスペックなパソコンで使用したい方におすすめです。

また、CPUが高負荷な状態になり発熱が急上昇したときに、より優れた熱伝導性能を発揮するので、CPUクーラーの性能を最大限まで引き出せます。

内容量は約4gで、ショートの心配がない絶縁タイプ。オーバークロックなど、CPUを酷使するような環境でパソコンを使用している方に適したアイテムです。

アイネックス(Ainex) セラミックグリス Céramique 2 AS-04A

酸化アルミ・酸化亜鉛・立方晶窒化ホウ素の超微粒子が主成分のセラミックグリスです。熱伝導率は5.1W/m・kで、高密度かつナノサイズの微粒子が接触面を多くし、優れた放熱効果を発揮します。

従来品よりも熱性能と安定性が向上しており、分離したり滲んだりしにくいのも特徴のひとつ。内容量は2.7gで、ショートの心配がない絶縁タイプです。

容器は扱いやすい小型の注射器型で、ピストン棒を最後まで押し込むと使い切ったことが分かるようになっています。塗り替えの際は、イソプロピルアルコールなどで簡単に拭き取り可能。価格も比較的リーズナブルでコスパに優れたおすすめの製品です。