日本・海外を問わず、多くの有名人が愛用していることでも知られるビーツ(Beats)のイヤホン。ファッションアイテムとしておしゃれなだけではなく、ヘッドホン並みの高音質やApple製品との高い親和性、機能的なデザインなどが人気の理由です。

そこで今回は、ビーツのイヤホンが持つ魅力や特徴と合わせて、おすすめの機種をピックアップ。ワイヤレスモデルと有線モデルに分けてご紹介します。

ビーツのイヤホンの魅力

By: beatsbydre.com

「Beats by Dr. Dre」(通称ビーツ)は、米国Apple傘下のBeats Electronics社が展開する、世界的なヘッドホン・イヤホンのブランドです。伝説的なヒップホッパーで音楽プロデューサーのドクター・ドレが、Apple Musicの幹部であるジミー・アイオヴィーンと2006年に立ち上げました。その後、2014年にAppleによって30億ドルで買収されています。

現社長を務めるルーク・ウッドもミュージシャンとして活動をしていた経歴の持ち主。立ち上げから現在まで、音楽界に深く関わる人たちによって運営されています。

優れた音質もビーツの魅力のひとつ。音楽に携わるプロたちが、普段から親しんでいる音質を、一般の音楽ファンにも広めることを目的としたメーカーであるため、本格的な高音質の音楽を楽しめます。

ビーツのイヤホンはデザインがおしゃれなのもポイント。人間工学に基づいて設計された機能性の高いデザインと豊富なカラーバリエーションで、ファッションとして楽しめるのも魅力です。

ビーツのイヤホンの特徴

重低音に特化している

By: beatsbydre.com

通常耳にする低音は振動数が20〜30Hzほどですが、それ以下の振動数を持つ低音が重低音です。音というよりは「ドッドッドッ」と体の内側に響く振動に近い性質を持っています。

ビーツのイヤホンは、この重低音に特化しているのが特徴。通常イヤホンで重低音を出すのは難しいのですが、ビーツでは独自技術によってヘッドホン並みの重低音再生が可能にしています。

ヴォーカルの中高音が隠れるほど低音域が強調されるため、ヒップホップ・EDMなどの重低音を重視する音楽ジャンルのリスニングにおすすめ。音楽ファンのニーズもしっかり満たしてくれます。

ワイヤレスタイプのイヤホンでは無線接続に使用するBluetooth規格の影響によって、有線タイプと比べると重低音はやや控えめ。しかし、一般的なBluetoothイヤホンに比べると、イコライザで音質をいじらなくても、低音域が響く臨場感の高い音楽が気軽に楽しめます。

Apple製品との相性のよさ

By: beatsbydre.com

ビーツのイヤホンはApple製品との親和性が高いのも特徴。Apple傘下になってから発売された機種の大半には、Appleによって開発された「Apple W1チップ」が搭載されています。

W1チップを搭載したイヤホンはiPhoneなどのApple製品とのペアリングがスムーズです。イヤホンをiPhoneに近づけるだけで認識されるので、接続の手間がかかりません。また、iPhoneのほかにMac・Apple Watchなどを所有していても、機器間の接続切り替えが簡単に行えます。

スポーツシーンで使いやすい

By: beatsbydre.com

ビーツのイヤホンはApple製品との親和性が高いのも特徴。Apple傘下になってから発売された機種の大半には、Appleによって開発された「Apple W1チップ」が搭載されています。

W1チップを搭載したイヤホンはiPhoneなどのApple製品とのペアリングがスムーズです。イヤホンをiPhoneに近づけるだけで認識されるので、接続の手間がかかりません。また、iPhoneのほかにMac・Apple Watchなどを所有していても、機器間の接続切り替えが簡単に行えます。

Bluetooth接続が安定している

By: amazon.co.jp

ビーツのワイヤレスイヤホンは音が途切れにくいのも特徴。ワイヤレスイヤホンは再生機器との接続にBluetoothを使用しますが、稀に遅延による音声の中断が起こってしまうのが難点です。

ビーツはBluetooth機器の電波強度(つながりやすさ)について、「Power Class」という規格を使用しています。一般的なワイヤレスイヤホンでは中位規格である「Class 2 Bluetooth」が使われていますが、ビーツのワイヤレスイヤホンでは最上位規格である「Class 1 Bluetooth」を採用しストレスのないつながりやすさです。

Class 1 BluetoothはClass 2 Bluetoothと比較して、電波の到達範囲が最長100mまで届き、出力に関しても40倍となる最大100mWまで向上しているのが特徴。ただし、日本では電波法の制限によりClass 1 Bluetooth対応機器であっても最大出力が10mW以下に抑えられています。

しかし、それでも一般的なClass 2 Bluetooth対応イヤホンと比べて4倍も高出力なBluetooth接続が利用できるので、音飛びを抑えたリスニングが可能。ワイヤレスでも安定した再生環境で音楽を楽しみたい方におすすめです。

ビーツのイヤホンおすすめ|ワイヤレス

ビーツ(Beats) 密閉型ワイヤレスイヤホン BeatsX

ビーツ(Beats) 密閉型ワイヤレスイヤホン BeatsX

ビーツのエントリーモデルである密閉型ワイヤレスイヤホンです。ビーツは重低音に強い傾向がありますが、本製品は例外的に低音から中高音までフラットな音質なのが特徴。価格が手頃なのも人気の理由です。

AppleのW1チップを搭載しているため、機器間の接続切り替えがスムーズ。また、バッテリー駆動時間の向上にも貢献しており、フル充電で最大8時間の連続再生が可能です。急速充電機能Fast Fuelにも対応しているため、わずか5分の充電で約2時間の再生ができるので、朝充電し忘れても空き時間に軽く充電するだけで使えます。

Apple製品の遠隔操作やSiriによる音声コントロールが可能な「RemoteTalk」にも対応しているのも魅力のひとつ。左右のイヤーバッドにはマグネットが搭載されているため、不使用時は首でまとめておけます。

ビーツ(Beats) 密閉型ワイヤレスイヤホン Powerbeats3 Wireless

ビーツ(Beats) 密閉型ワイヤレスイヤホン Powerbeats3 Wireless

ハードなワークアウトにも対応できる左右連結式の密閉型ワイヤレスイヤホンです。耐汗・防沫設計なので、トレーニング中に汗を激しくかいたり急な雨に見舞われたりしても、故障を気にせず使い続けられます。また、高い耐候性も持っているので、ウィンタースポーツやアウトドアなどのシーンでも高音質な音楽が楽しめるのもポイントです。

安定した装着感が得られるのも特徴。イヤーフックは柔軟性に優れており、耳の形に応じてしっかりとフィットするので、ワークアウトに集中できます。また、連結ケーブルは巻き取り用クリップでまとめておけるので、余ったケーブルが邪魔になりません。

Apple W1チップを内蔵しているのでApple製品間の切り替えがスムーズ。1回のフル充電でバッテリーは最長12時間持ち、Fast Fuel機能によって5分の充電で約1時間の再生ができます。デュアルドライバー音響の採用によりダイナミックなサウンドを楽しめるのもポイントです。

ビーツ(Beats) 密閉型完全ワイヤレスイヤホン Powerbeats Pro

ビーツ(Beats) 密閉型完全ワイヤレスイヤホン Powerbeats Pro

アスリートのために進化を遂げた、密閉型の完全ワイヤレスイヤホンです。動きを制限するケーブルが一切ないのが特徴。調節可能なイヤーフックと絶妙なフィット感のイヤーピースによって耳にしっかりと固定されるので、ダンスやボルタリングなどの複雑で激しい動きにも対応できます。耐汗・防沫機能を備えているのもポイントです。

迫力の高音質サウンドも魅力。密閉性の高いイヤーピースによって音漏れを防ぎつつ外界のノイズを遮断する「ノイズアイソレーション」機能を搭載しており、集中力が妨げられないので、音楽を聴きながらワークアウトにのめり込めます。

新開発のApple H1チップを採用。iCloudに紐付けた機器間の切り替えが前世代のW1チップと比較して、2倍以上速く行えます。バッテリーはイヤーバッド単体で最長9時間の連続再生が可能で、付属の充電ケースを使用すれば24時間以上の再生が可能です。

ビーツのイヤホンおすすめ|有線

ビーツ(Beats) 密閉型イヤホン urBeats3

ビーツ(Beats) 密閉型イヤホン urBeats3

快適なフィット感で高音質な音楽が楽しめる、有線タイプの密閉型イヤホン。人間工学に基づくデザインが採用されているため、長時間装着しても耳が疲れにくいのが特徴です。異なるサイズに対応する4種類のイヤーピースが付属するので、使用者に合わせた最適なフィット感が得られます。

細やかな音響設計によってワンランク上の高音質が体感できるのも魅力。イヤホンの限られたスペースにも関わらず、低音域と中高音域をそれぞれ担当するドライバーを配置することで、デュアルドライバーを実現しています。ヒップホップやEDMなど低音域を重視する音楽ジャンルのリスニングに最適です。

加えて、収納が簡単にできるのも特徴。イヤーバッドにはマグネットが搭載されているため、不使用時は左右のバッドをコンパクトにまとめておけます。また、フラット構造ケーブルを採用しており、絡まりにくいのもポイントです。

ビーツ(Beats) 密閉型イヤホン urBeats3 Lightningコネクタ付き

ビーツ(Beats) 密閉型イヤホン urBeats3 Lightningコネクタ付き

接続端子にLightningコネクタを搭載した、有線タイプの密閉型イヤホンです。2016年に発売されたiPhone 7以降の機種は、小型化、防水性能の維持のためにイヤホンジャックがiPhone本体から省略されています。

そのため、通常の3.5mmプラグを搭載するイヤホンを使用する場合、3.5mmプラグをLightningコネクタに変換するアダプタが必要。しかし、本製品はLightning端子を採用しているので、最新のiPhoneにもアダプタ不要で接続可能です。

Apple機器の遠隔操作が可能なRemoteTalk機能を搭載しているのもポイント。リモコンのボタンを使って通話への応答や音楽の操作ができ、内蔵マイクを使えば通話やSiriを呼び出してショートカットの使用も可能です。

また、低音域・中高音域をそれぞれ担当するデュアルドライバーを配置しているため、低音域を十分に楽しめます。加えて、コードはフラット構造ケーブルになっており、絡まりにくいのも魅力のひとつです。