子供服も、スリッパも、トイレマットもコレにお任せ!

どうしても避けられない家事のひとつである洗濯。洗濯機に入れてボタンを押すだけとはいえ、別洗いしたい洗濯物があったり量が多かったりすると、時間的にも大変なものです。

洗濯機がもうひとつあったら便利ですが、さすがに洗濯機を2つ置くスペースはないですよね。今回はそんなときに活躍する「折りたたみ洗濯機」をレビュー。価格も1万円以内とリーズナブルなので、ファミリーの方や別洗い用の洗濯機が欲しい方はぜひ、チェックしてみてください。

洗濯機を何度回しても足りない……。 そんなときに活躍する「折りたたみ洗濯機」

毎日のように洗う、子供の体操着や水着……。洗濯機で一度に洗えればいいけれど、続くとそうはいかないものです。仕方なく、手洗いをするという方も多いのではないでしょうか。

「もうひとつ洗濯機があったら便利だけど、置く場所がない」。そんなときに便利なのが、今回レビューする「折りたたみ洗濯機」。洗濯機上部に採用されたゴム素材を折りたたむことで、コンパクトに収納することができます。

組立時の大きさは膝下くらい

本製品を組み立てたときのサイズは、幅380×高さ455×奥行き380mm。人が立ったときの膝下くらいの大きさです。(モデル身長166cm)

折りたためば棚に収納できる

折りたたみ時の大きさは、幅380×高さ255×奥行き380mm。使わないときは、ベコッと折りたためば棚や押し入れに収納できます。洗面所などの空いているスペースにサッとしまえるのが便利です!

使い方

1. 洗い

洗濯槽を上に持ち上げて洗濯機を組み立てたら、本体下部にある排水口に付属のホースをセット。次に、排水ホースの先端を本体上部のホルダーに引っ掛けて水がこぼれないようにします。

その後、バケツもしくは給水ホースで洗濯槽に水を入れます。洗濯槽に洗剤と洗濯物を入れたら、タイマーを回して洗濯スタート! 洗いの目安は9分程です。

水ってどのくらい使うの?

洗濯機の内側に「M」と「H」の表記があります。洗濯物が少ない場合は「M」まで、多い場合は「H」まで水を注入。今回は洗濯量が少なかったので「M」まで水を入れました。なお、「M」まで水を入れたときの水量は16Lくらい。8Lのバケツ2杯分くらいの水を使います。

2. すすぎ

洗いが終わったら、排水ホースをホルダーから取り、洗濯槽内の水を抜き水を入れ替えすすぎます。

音の大きさは?

洗濯機を回すときに気になるのが稼働音。特に夜や朝の早い時間帯だと、近隣の迷惑にならないか気になるものです。そこで、編集部でも音に注目して使ってみましたが、特に大きな音が出ることはありませんでした。ごく普通の洗濯機という感じです。

3. 絞る

本製品には脱水機能が搭載されていません。そのため、すすぎが終わったら洗濯物を手で絞ります。

気になる洗浄力は?

折りたためる便利な洗濯機とはいえ、重要なのは洗浄力。特に子供の服は食べ物や泥汚れなど、目立つ汚れが多いもの。そこで今回は、泥汚れやイチゴジャムなどの汚れで洗浄力を検証してみました。

Before

下ろし立ての真っ白な手拭いです。

汚れに使ったのは左から、コーヒー・イチゴジャム・ドロです。

After

左上に少しコーヒーの汚れが残っていますが、それ以外はしっかりと汚れが落ちました。ちなみに、コーヒーの汚れ(ガムシロップやミルクを除く)は基本的に水溶性の汚れに分類されます。

水溶性の汚れは水に溶けやすいので、汚れが付いたらすぐに対処することが大切なのですが、今回は1時間ほど放置してしまいました……。1時間以上放置しても、これだけスッキリと落ちれば申し分ない洗浄力と言えます。

活用シーン

洗面所で

本体サイズかコンパクトなので、洗面所のちょっとした場所に置けます。折りたたむとさらにコンパクトですが、折りたたまなくても小さくて可愛らしいフォルムです。

ベランダで

延長ケーブルを使えば、ダイニングにある電源から給電することも可能。また、別途ポータブル電源を持っていればキャンプ場などでも使えます。

収納できる小さい洗濯機「折りたたみ洗濯機」