静電気を利用してホコリが簡単に取り除ける「静電気ホコリ取り」。展開されている製品も幅広く、掃除する環境に応じて、柄の長さやふさの大きさなどをチェックして選ぶのがポイントです。

そこで今回は、静電気ホコリ取りの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴も詳しく解説するので、ぜひお気に入りの静電気ホコリ取りを選ぶための参考にしてみてください。

静電気ホコリ取りとは?

By: amazon.co.jp

静電気ホコリ取りは、静電気を起こす網状の化繊繊維の穂でホコリをからめ取って掃除するアイテム。静電気のパワーでサッとホコリ掃除をできるのが魅力です。雑巾でホコリ掃除をするよりも手軽できれいに掃除できるので、掃除の時間も短縮できます。

さまざまな形状や大きさの静電気ホコリ取りがあるため、掃除をする場所に合わせて選ぶのがおすすめです。静電気の力でホコリを吸い寄せるので、高い場所や手が届きにくい場所もきれいに掃除ができます。凹凸部分のホコリも簡単に取れるので便利です。

静電気ホコリ取りの選び方

柄の長さをチェック

By: amazon.co.jp

照明器具やエアコンなど、手が届きにくい場所には柄の長いタイプがおすすめ。目安として120cm以上の長さがあれば、身長より高さのある場所も楽に掃除がしやすくて便利です。家具の隙間なども奥まで届きやすくスムーズに作業ができます。

一方、普段から掃除するケースが多い、デスク・本棚・タンス・窓際といった身の回りには、柄が短いタイプがおすすめ。取り回しがしやすく、掃除したいときにすぐ使えます。収納もしやすいなど使い勝手がよいのが魅力です。

ふさの大きさをチェック

By: amazon.co.jp

使用する場所によって、ふさの大きさで使い分けるのがポイント。静電気ホコリ取りのふさは、基本的にS・M・Lのサイズ表記で展開されている場合が多いため、大きさをチェックして選ぶ際の目安にしてみてください。

Sサイズは、隙間などの細かい場所を掃除するのに便利。Mサイズは、棚・タンス・デスクなどの家具に使いやすい大きさです。Lサイズは、面積が広い場所を掃除する際に作業効率を高めます。

ヘッドの角度を変えられると便利

By: amazon.co.jp

照明の傘やエアコンの上などを掃除する場合は、ヘッドの角度を変えられるモノを使うと便利です。ヘッドを曲げることで狭いすき間にも入るため、掃除しにくい場所もきれいになります。吹き抜けの壁や天井のホコリを取るのにもおすすめです。

柄が長くてヘッドが曲げられるモノは、脚立にのらなくても高い場所を掃除できるのがメリット。脚立にのって作業するのが怖い方や、脚立を持っていない方にも適しています。手や足を伸ばさずに比較的楽な姿勢で掃除できるので、体への負担も軽減できるのが魅力です。

使用できる場所をチェック

By: amazon.co.jp

静電気ホコリ取りは、使用できる場所をチェックして使い分けるのも重要です。パソコン・テレビ・オーディオなどの電子機器は、製品によって静電気が悪影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。電源を切ったり、コンセントを抜いたりしてから使用しましょう。

また、家電や精密機器といった電気製品には、除電タイプなど静電気の発生を抑える素材を採用したタイプの使用がおすすめ。パソコンなど電子機器の掃除用に選びたい方はチェックしてみてください。

お手入れの方法をチェック

By: amazon.co.jp

静電気ホコリ取りは、ふさの部分に取り込んでホコリを除去する仕組みです。そのため、使用後にはふさにホコリが付着している状態。ホコリが溜まったまま使用すると、逆に掃除したい場所を汚してしまったりホコリが取りにくかったりするので、定期的なお手入れが必要です。

ふさに付着したホコリを取り除くためには、水洗いできるかをチェックするのがポイント。掃除道具としての機能を充分に発揮できるように、水洗いによってお手入れを行い、ふさ自体をきれいな状態に保つことが大切です。

ただし、水洗いができない製品や、劣化によって機能が低下する場合もあるため、ふさのスペアが付属されているのかもチェックのポイント。なかには交換ができず、本体ごと買い替える必要があるモノもあるので購入前に確認しておきましょう。

静電気ホコリ取りのおすすめ

アズマ(Azuma) エレキャッチスター自在GT AG464

全長が約115~164cmまで伸縮できる静電気ホコリ取り。エアコンや照明器具などの手が届きにくい高い所の掃除に使いやすいモデルです。ヘッドが6段階の角度に調節可能なため、死角になっている場所など、隠れた部分のホコリまで取り除けます。

ふさの素材には、静電気の発生が強いポリプロピレンを採用。ホコリを取り込む力が強く、きれいに掃除がしやすいのも魅力です。また、ヘッドと柄の着脱ができるので、取り外せばハンディタイプとして手元の掃除にも使えます。

さらに、ふさが汚れたら家庭用の中性洗剤を使用して水洗いも可能なため、お手入れのしやすさも良好。利便性が高くて使いやすい、おすすめの静電気ホコリ取りです。

アズマ(Azuma) エレキャッチスター60 AG671

しなる柄を採用しており、使いやすい静電気ホコリ取り。隙間などの狭い部分も掃除しやすくて便利です。網状に編み込まれた繊維の摩擦で発生する静電気によって、しっかりとホコリを絡め取ります。

また、ふさは家庭用中性洗剤で水洗いが可能で、お手入れがしやすく便利です。さらに、ふさの素材には、抗菌加工が施されたポリプロピレンを採用しており、衛生的に使いやすいのもポイント。ブラインドやオーディオをはじめ、家具などを多く配置した細かい箇所の掃除におすすめの静電気ホコリ取りです。

アズマ(Azuma) 高い場所のホコリを取るハタキ US739

手が届きにくい高い場所をきれいに掃除できるホコリ取りです。長さが約75cmなので、エアコンや鴨居の上にスムーズに掃除できます。高い位置にある飾り棚やカーテンレールを掃除するのにも便利です。

静電気の力でホコリを吸い寄せるため、気になる場所を軽くはたくだけで簡単にホコリを取れます。凹凸部分がある照明や家電の掃除にもおすすめ。重さが約50gと軽量なのも魅力です。

汚れが気になった際には、穂の部分を家庭用中性洗剤で洗えます。正しくお手入れすれば繰り返し使えるため経済的です。価格も安いので、静電気ホコリ取りを初めて購入する方はチェックしてみてください。

アズマ(Azuma) 静電天井ハライ 589300750

天井のホコリやすすをきれいに掃除したい方におすすめの製品です。伸縮柄を採用しており、長さを約105~154cmに調節できるのが特徴。天井だけでなく、和室の鴨居や欄間の掃除も可能です。手が届かない照明の上や高い位置にある窓も掃除できます。

穂には静電気が発生しやすいポリプロピレンを採用。ヘッド部をくるくる回して静電気を発生させてから使用するため、ホコリをしっかり集められます。普段の掃除だけでなく年末の大掃除にも活用できる柄の長い静電気ホコリ取りです。

ダスキン(DUSKIN) エレクトロン・エル-E ハンドル付き

独自開発された「固定電荷」の仕組みにより、素早くホコリが拭き取れるホコリ取り。障子や壁紙といった水拭きがしにくい場所の掃除にも適しています。電荷が衰えないので、時間が経っても拭き取ったホコリが落ちないのも特徴です。

また、静電気が発生しにくい導電性繊維を採用しているため、パソコンやオーディオなどの電子機器の掃除にも使用できます。ふさのサイズが大きめで、面積が広い場所のホコリを効率よく除去しやすいのも魅力です。

さらに、カラーはおしゃれなパープルを採用。見た目にもこだわりたい方におすすめのホコリ取りです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) クリーニングブラシ Lサイズ CD-KBR1

全長30cmとコンパクトで、取り回しのしやすい静電気ホコリ取り。身の回りの掃除で便利に使いやすいのが魅力です。重量も65gと軽量なので、長時間の作業も快適に行えます。

ふさの部分は長さ16cmと大きめのLサイズ。大型テレビの画面や机の上など、面積が広い場所も効率よくホコリが拭き取れます。また、柄からふさまでがブラックカラーのため、吸着させたホコリが確認しやすいのも特徴。全体がブラックで使いやすいカラーもおすすめポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) OAホコリキャッチャー CD-BR10BLN

ブラシ部分の長さが6cmと小型のSサイズで、細かい場所の掃除に適した静電気ホコリ取り。パソコンのキーボードにディスプレイなどの周辺部分や、そのほかのOA機器を掃除するのにも便利です。

また、全長は24cmとコンパクトで、重量も40gと軽量。取り回しがしやすく、作業中の負担も抑えます。グリップ側の先端にはフック穴が設けられているので、吊り下げての収納も可能。手軽で使い勝手のよい静電気ホコリ取りを探している方におすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スティックブラシ CD-KBR2

使用時の全長が14.5cmとミニサイズで使いやすい、おすすめの静電気ホコリ取り。ブラシ部分の長さも4.3cmと小さく、パソコンのディスプレイやキーボードなどの細かい部分のホコリを取り除くのに重宝します。

また、スライド式でブラシ部分を収めると、長さ10.2cmと非常にコンパクト。重量は30gと非常に軽量で、収納や持ち運びにも便利です。身の回りの掃除が手軽にできる静電気ホコリ取りを愛用したい方に適しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 除電ブラシ CD-BR14GYN

除電タイプで、電子機器の掃除に使いやすいホコリ取り。導電性繊維が入ったブラシにより、ホコリと一緒に静電気が除去できます。掃除後にホコリが再び付着しにくくできるのも特徴です。

サイズは、全長が26.5cmと柄が短めのコンパクトなタイプで、重量も45gと軽量。取り回しがしやすく、手元の簡単な掃除にも便利に使えます。さらに、長さ7cmのブラシに加え、グリップ側には長さ2cmの隙間ブラシも搭載。隙間ブラシで、キーボードなど繊細な部分のホコリも掻き出せます。

ブラシが汚れた場合には、軽い手洗いも可能。利便性の高さを重視する方におすすめのホコリ取りです。

オーエ(OHE) サッとる2 エレパワーM 67078

テーブルの横などに引っ掛けて収納できるホコリ取りを探している方におすすめの製品です。本製品は柄の先端に穴があり、フックに引っ掛けて収納できます。全長が約28cmとコンパクトなので、ちょっとしたスペースに収納できるのも魅力です。

穂の部分に特殊繊維を採用しており、静電気がホコリをしっかりキャッチします。ホコリが気になる場所を軽くサッとなでるだけで掃除できるため、家事の負担を減らしたい方におすすめ。リビングやダイニングに棚や家電が多くても楽に掃除ができます。

毛先に付いたホコリは戸外で軽く払って落とせるので便利です。汚れが気になる際には家庭用中性洗剤で洗えます。洗うことで繰り返し使えるコスパのよさもポイント。手元で楽に取り回しができる使いやすい静電気ホコリ取りです。

Suyika 羊毛のホコリ取り ウールダスター Sサイズ

ふわふわとした質感の羊毛を採用した、綿菓子を思わせるかわいいデザインのホコリ取り。柔らかいウールにより細かいホコリまで優しくかつしっかりと絡め取ります。軽いタッチでホコリが拭き取れるので、対象物を傷つけにくいのも特徴です。

また、天然の羊毛には静電気が発生しにくい特性もあり、パソコンなどの電子機器にも安心して使えます。さらに、使用後には軽く振るだけで絡め取ったホコリが落とせるためお手入れも簡単。おしゃれで使いやすいホコリ取りとしておすすめのモデルです。

エレコム(ELECOM) 除電クリーニングブラシ ノーマルタイプ KBR-012AS

ディスプレイや電子機器などの掃除に適した、除電タイプのホコリ取り。帯電防止繊維が含まれたブラシにより、静電気を取り除きホコリが再付着しにくくできます。さらに、長くて柔らかい毛をふさに採用しているため、電子機器などを傷つけにくいのもポイントです。

また、グリップ側の先端部分にフック穴が設けられているので、吊り下げ収納もできて便利。穂先にクセをつけずに保管しやすいのもメリットです。なお、同モデルのふさはLサイズのため、面積が広い部分のホコリが効率よく拭き取るのに重宝します。

SサイズやMサイズも展開しており、用途に応じて選びたい方にもおすすめのホコリ取りです。

エレコム(ELECOM) TV用除電クリーニングブラシ 収納ケース付き AVD-TVBR03ASC

サイズが、約幅9×長さ31.5cmと大きめで、テレビ画面や大型の電化製品などの掃除に便利なホコリ取り。ブラシは帯電防止繊維を含んだ除電タイプで、拭き取る際に静電気も除去できるため、ホコリが再付着しにくいのが特徴です。

柔らかい毛を採用しているので、対象物が傷つきにくいのもポイント。さらに、フック穴の搭載により吊り下げ保管ができるうえ、収納ケースつきでホコリを落とさず清潔に保管も可能です。

また、全体がマット調のかっこいいブラックカラーで、おしゃれに保管しやすいのも魅力。デザイン性の高さを求める方にもおすすめのホコリ取りです。

山崎産業 コンドルニュー 除電払い 小 189410

家具や家電に付いたホコリと一緒に静電気も除去できるホコリ取りです。ドアノブやテレビ回りなどを掃除するのに適しています。静電気を除去することでホコリの再付着を軽減できるのもメリットです。

ふわふわの繊維が狭い場所に入り込んで、ホコリをきれいに絡め取ります。ホコリがつきやすいパソコンの画面やキーボードなどの掃除にもおすすめです。出し入れしやすい場所に置いておけば、ホコリが気になったときに手早く掃除ができます。

片手で持って楽に掃除できるコンパクトサイズで、重さが約112gと軽いのもポイント。時間をかけて棚やカウンタ-のホコリ掃除をしても、手にほとんど負担がかかりません。汚れたら水洗いして繰り返し使えるので経済的です。

レック(LEC) 激落ち ほこりが取れる ケース付 ほこりモップ 4903320047952

静電気ホコリ取りを洗うのが面倒な方におすすめの製品です。本製品にはクリーニングスポンジを内蔵したケースが付属しており、掃除後のモップを抜き差しするだけでホコリが取れます。ケースを開いて底に溜まったホコリを捨てるだけでよいので便利です。

モップの汚れが目立つ場合は、掃除機で吸い取ってお手入れができます。クリーニングスポンジの汚れも掃除機やテープで取れるため、お手入れが楽です。モップもクリーニングスポンジも水洗いが不要なので、掃除後の手間をできるだけ軽減したい方に適しています。

モップの部分が適度にしなるため、ソフトな拭き心地で快適に掃除できるのが魅力です。棚や家電の上だけでなく、小物や写真立ての隙間もスムーズに掃除できます。掃除後のホコリを楽に処理したい方はチェックしてみてください。

番外編:静電気ホコリ取りの洗い方

By: azuma-kaitekihyakka.com

静電気ホコリ取りの汚れが気になった際には、きれいに洗っておくと次回も気持ちよく使えます。仕様や説明欄に洗浄可能と書いてある場合は、定期的に洗ってきれいな状態を保ちましょう。

静電気ホコリ取りの洗い方は簡単です。バケツなどに水と家庭用中性洗剤を入れ、穂の部分を入れて優しく揉み洗いします。穂に洗剤が残ると吸着力が落ちる可能性があるので、バケツの水を数回変えてきれいにすすぎましょう。

穂がきれいにすすげたら、タオルで挟んで押し絞り水気をしっかり切ります。よく水を切ったら物干しやベランダに吊るして完全に乾燥させましょう。ホコリが溜まると吸着力が落ちるため、定期的に洗うと長く愛用できます。