ベルギーで盛んに造られているランビックビールは、独特の酸味が特徴的なお酒です。伝統的なスタイルで造られており、特定の地域でのみ醸造されています。一般的なランビックビールのほかに、フルーツを漬け込んだものもあるため、お酒を飲み慣れない方でも楽しめるビールです。

そこで今回はおすすめのランビックビールをピックアップ。あわせて、ランビックビールの特徴や製法についてもご紹介します。

ランビックビールとは?

ランビックは16世紀頃にブリュッセル近郊のパヨッテンラント地域で生まれたビール。当時から醸造製法はほとんど変わっておらず、ビールの原型に近いスタイルを守り続けているのが特徴です。

原料の一部として、パヨッテンラント地域のゼンネの谷に自生する野生酵母とバクテリアを利用。使用される野生酵母の生息地が限られているため、ランビックビールを名乗れるのはパヨッテンラント地域の醸造所で造られたビールのみです。一時期は大手ビールメーカーの台頭により、ランビックビールの醸造所が淘汰され、存続が危ぶまれていました。しかし、その伝統的な醸造方法と希少価値の高さが注目されるようになり、現在に至ります。

チーズのような香りが特徴なので、飲むときはジョッキではなくチューリップグラスがおすすめです。縁が内側にカーブしたチューリップグラスは香りがこもりやすいため、ランビックビールの個性を最大限に引き出してくれます。

ランビックビールの製法

By: pexels.com

ランビックビールの原材料は発芽させていない小麦と大麦、そして3年以上寝かせた古いホップです。一般的にホップは苦味や香りをつけるために使われますが、ランビックビールはホップを酸化防止剤として使用するため、寝かせた古いものを使います。

また、ランビックビールは木樽の中で発酵させて醸造するのもポイント。炭酸ガスが木を通して空気中に逃げてしまうので、発泡性がほとんどないビールに仕上がります。

ランビックビールのおすすめ銘柄

カンティヨン(Cantillon) カンティヨン グース

カンティヨン(Cantillon) カンティヨン グース

片手にビールを持った小便小僧のラベルが特徴的なランビックビール。それぞれ熟成期間の異なる3種類のランビックビールをブレンドしたのち、瓶の中で二次発酵を行って造られています。

見た目は、オレンジがかった明るいアンバー色をしており、レモンやオレンジのような柑橘系の香りとシャープな酸味が特徴。さわやかな味わいなので、リフレッシュしたいときなどにおすすめの銘柄です。

リンデマンス(Lindemans) リンデマンス ペシェリーゼ

リンデマンス(Lindemans) リンデマンス ペシェリーゼ

醸造の途中で桃の果汁が加えられたフルーツタイプのランビックビール。濃厚な桃の甘味とフルーティーな香りが特徴です。リンゴやアプリコットのようにフルーティーな香りのなかに、オレンジのような柑橘系の香りが混ざり合っています。

ランビックビール特有の酸味と桃の甘味のバランスがよく、味わいはまるでピーチジュースのように軽やか。アルコール度数も2.5%と低いため、お酒が苦手な方にもおすすめです。

デ・トロフ醸造所 シャポー・バナナ

デ・トロフ醸造所 シャポー・バナナ

バナナの風味が楽しめるランビック。香りも口当たりもバナナが前面に出ているため、バナナジュースのような味わいなので、特に女性に人気があります。

ランビック特有の酸味は若干ありますが、苦味は少なく後味は軽やかです。ベースとなるランビックの個性を引き出したい方は、自宅で熟成させてから飲むと、さらに美味しく飲めます。

ブーン(BOON) ブーン・フランボワーズ

ブーン(BOON) ブーン・フランボワーズ

綺麗なピンク色をしたフルーツタイプのランビックビール。きめ細かな泡立ちが特徴です。ラズベリーの甘さとランビックの酸味が見事に調和しており、香りの高さと味の豊かさから「フルーツビールの女王」と呼ばれています。

アルコール度数は5%で、飲み頃の温度は8~12℃と少し高めです。18ヶ月間熟成させた古いランビックと、熟成の若いランビックに木苺を加えたモノをブレンドし、オーク樽の中で6週間から1年間漬け込んで造られます。食前酒におすすめのランビックビールです。

カンティヨン(Cantillon) カンティヨン クリーク

カンティヨン(Cantillon) カンティヨン クリーク

サクランボの木が描かれたラベルが特徴のランビックビール。しっかりと熟成させたランビックにサクランボを漬け込み、さらに若いランビックをブレンドして瓶内発酵して造られます。

色は美しく明るいルビー色。サクランボの香りのほかに、ナッツのような香りも感じられます。味わいは、サワーチェリーの甘酸っぱさと、強い酸味が特徴。初心者には酸味がかなり強く感じられますが、飲み慣れると癖になるような味です。

ブーン(BOON) ブーン クリーク

ブーン(BOON) ブーン クリーク

国際的なビールのコンペティションである「ワールド・ビア・カップ」において2014年度の金賞を獲得したランビックビール。ランビックにサワーチェリーを漬け込み、瓶内で2次発酵させて造られます。ランビック特有の酸味とサワーチェリーの甘さがマッチした、爽やかな味わいです。

色はやや茶色がかった濃いルビー色。香りは、カラメルのような甘い香りです。口に含むと強い酸味とともにチェリーの旨味が感じられる、バランスのよい仕上がりになっています。すっきりしていて飲みやすいため、ランビックビールの初心者にもおすすめです。

ドゥリー・フォンティネン(3fonteinen) ドゥリー・フォンティネン・キュベ・アルマン&ガストン

ドゥリー・フォンティネン(3fonteinen) ドゥリー・フォンティネン・キュベ・アルマン&ガストン

本銘柄は泡持ちのよさが特徴的なランビックビール。ややオレンジがかった濁りのあるアンバー色で、青りんごや白桃、アプリコットを混ぜ合わせたようなフルーティーな香りがするのが特徴です。

飲み頃温度は8~12℃と少々高め。アルコール度数は5.2%で、酸味と甘味のバランスがよく、ランビックビールの初心者にもおすすめです。

ドゥリー・フォンティネン(3fonteinen) ドゥリー・フォンティネン・クリーク

ドゥリー・フォンティネン(3fonteinen) ドゥリー・フォンティネン・クリーク

熟したチェリーを、種ごと若いランビックに漬け込んで作られたフルーツランビックビール。色は濁りのある濃いルビーレッドです。チェリーの香りのなかにシナモンやナッツ、桜餅のような複雑な香りが混ざります。

チェリーの甘酸っぱさとレモンのようなフルーティーな酸味があり、バランスのよい爽やかな味です。飲み頃温度は8~12℃と少々高め。爽やかで飲みやすいため、初心者にもおすすめのランビックビールです。

デ・カム(De Cam) デ・カム・フランボワーズ

デ・カム(De Cam) デ・カム・フランボワーズ

木苺を種つきのまま漬け込んだフルーツランビックビール。色は透き通った美しいルビーレッド。泡立ちはあまりありません。木苺の香りのなかにアーモンドのような香り、シナモンのようなスパイシーな香りも混ざっています。

酸味はほどよく、フレッシュでフルーティーな旨味があり、なめらかなタンニンとのバランスがよいランビックビールです。

デ・カム(De Cam) デ カム・トロースベッス

デ・カム(De Cam) デ カム・トロースベッス

国内外で非常に評価が高く、入手困難なランビックビール。オレンジがかった薄いピンク色をしており、ロゼワインのような色合いが特徴です。泡立ちはあまりありません。

アセロラや白桃、アプリコットが混ざったようなフルーティーな香りのなかに、干し草や木のような香りも持ち合わせています。シャープな酸味のなかにほのかな甘味があり、バランスのよい味わいです。

リンデマンス(Lindemans) リンデマンス・クリーク・キュヴェルネ

リンデマンス(Lindemans) リンデマンス・クリーク・キュヴェルネ

ランビックにサクランボを漬け込み、発酵・熟成させたランビックビール。甘みはほとんどなく、フレッシュな旨味とランビック特有の強い酸味が感じられます。色は濃い赤紫色。香りは、チェリーやカシスのように赤ワインを思わせるような仕上がりです。味は柑橘系の酸味と心地よい渋味が特徴。全体のバランスがよく、柑橘系の酸味が余韻として残ります。

アルコール度数は7%と高めですが、口当たりはすっきりしているので、飲みやすいのもポイント。ゆっくりお酒を楽しみたい際におすすめのランビックビールです。

ティルカン(Tulquin) オード クエッチ・ティルカン・ア ランシエンヌ

ティルカン(Tulquin) オード クエッチ・ティルカン・ア ランシエンヌ

スモモの1種であるクエッチを使用したフルーツランビックビール。1年ものと2年もののランビックをブレンドし、クエッチを4ヶ月以上漬け込んで造られます。クエッチを漬け込んだあと3ヶ月以上瓶内熟成させる必要があり、手間がかかるため生産量が少ない銘柄です。

見た目はピンクがかったオレンジに近い、濁りのある淡いアンバー色をしており、泡立ちはあまりありません。プラム・リンゴ・洋梨のようなフルーティーな香りのなかに、オーク樽由来の木の香りが感じられます。味わいは、スモモやプラムのようなフルーツ系の甘酸っぱさがメインで、酸味はやや強め。ランビックビールを飲み慣れた方におすすめの銘柄です。

リンデマンス(Lindemans) リンデマンス・アップル

リンデマンス(Lindemans) リンデマンス・アップル

ランビックにリンゴの果汁を加えたフルーツランビックビール。青リンゴの爽やかな香りが感じられます。すっきりとした甘みとランビックビール特有の酸味がバランスよく混ざりあった、甘酸っぱい味わいです。

色は、やや濁りのある明るいゴールド。味わいは爽やかで飲みやすく、アルコール度数も抑えられているため、アルコールが苦手な方にもおすすめです。