ベルギーで造られる「ランビックビール」は、独特の酸味が特徴的なお酒です。伝統的なスタイルで造られており、特定の地域でのみ醸造されています。一般的なランビックビールのほかに、フルーツを漬け込んだモノもあるため、お酒を飲み慣れない方でも楽しめるビールです。

そこで今回はおすすめのランビックビールをピックアップ。あわせて、ランビックビールの特徴や製法についてもご紹介します。

ランビックビールとは?

ランビックは16世紀頃にブリュッセル近郊のパヨッテンラント地域で生まれたビール。当時から醸造製法はほとんど変わっておらず、ビールの原型に近いスタイルを守り続けているのが特徴です。

原料の一部として、パヨッテンラント地域のゼンネの谷に自生する野生酵母とバクテリアを利用。使用される野生酵母の生息地が限られているため、ランビックビールを名乗れるのはパヨッテンラント地域の醸造所で造られたビールのみです。一時期は大手ビールメーカーの台頭により、ランビックビールの醸造所が淘汰され、存続が危ぶまれていました。しかし、その伝統的な醸造方法と希少価値の高さが注目されるようになり、現在に至ります。

チーズのような香りが特徴なので、飲むときはジョッキではなくチューリップグラスがおすすめです。縁が内側にカーブしたチューリップグラスは香りがこもりやすいため、ランビックビールの個性を最大限に引き出します。

ランビックビールの製法

ランビックビールの原材料は発芽させていない小麦と大麦、そして3年以上寝かせた古いホップです。一般的にホップは苦味や香りをつけるために使われますが、ランビックビールはホップを酸化防止剤として使用するため、寝かせた古いモノを使います。

また、ランビックビールは木樽の中で発酵させて醸造するのもポイント。炭酸ガスが木を通して空気中に逃げてしまうので、発泡性がほとんどないビールに仕上がります。

ランビックビールのおすすめ銘柄

ブーン(BOON) グーズ

ランビックビールの醸造を専門とする、ブーン醸造所の代表銘柄です。「グーズ」とは、年代の異なるランビックをブレンドしたモノ。市場に流通しているランビックビールの多くはこのブレンドタイプです。

本銘柄は18ヶ月程度発酵させたランビックと、3年間発酵させたランビック、そして若いランビック5%をブレンド。ランビック特有の強い酸味はありますが、フルーティーな香りとまろやかな甘みが溶け合い、バランスのよい味わいに仕上がっています。料理との相性も良好で、チーズや煮込み料理と一緒に味わうのがおすすめです。

カンティヨン(Cantillon) グーズ

異なる年代のランビックをブレンドした、グーズタイプのビールです。カンティヨン醸造所は、「ブリュッセル・グース博物館」として、ブリュッセルの観光名所にもなっている老舗醸造所。伝統的な製法で、本格的なランビックビールを造り続けています。

強い酸味と複雑な香り、ほのかな苦みが特徴の銘柄で、ランビックならではの刺激的な味わいが魅力。飲むにつれてフルーティーな香りや豊かな旨みも感じられます。オレンジがかった黄金色の美しいカラーと、重厚感のあるラベルデザインもポイント。ランビックビールそのものの味わいをじっくりと楽しみたい方におすすめです。

リンデマンス(Lindemans) グーズ

まろやかな甘みが特徴のランビックビール。比較的酸味が抑えられており、フレッシュで爽やかな口当たりが魅力です。バランスのよい味わいで、初めてランビックビールを飲む方にもおすすめ。すっきりとした飲み口で食事に合わせやすく、特に魚介料理との相性は良好です。

リンデマンス醸造所は、果物を使用したフルーツランビックや、甘みを加えたファロなど、さまざまなランビックビールを醸造しています。本銘柄は、若いランビックと熟成させたランビックをブレンドしたグーズで、シャンパンを連想させるクセの少ないクリアな味わいが魅力です。

デ・カム(De Cam) オードグーズ

デ・カムは1997年にベルギーの小さな村、ゴイックにあるブレンダーです。ブレンダーとは、複数のランビック醸造所で購入した麦汁を、自らの設備でブレンドする生産者のこと。本銘柄は、1・2・3年モノのランビックをブレンドした、フレッシュで爽やかなフルーツの香りが感じられる銘柄です。

強い酸味に、グレープフルーツの内果皮のような、ほどよい苦みと渋みが加わった豊かな風味も魅力。少量生産のため、ベルギー国内でも手に入りにくいといわれている希少価値の高い銘柄です。本格的なランビックビールを味わいたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ドゥリー・フォンティネン(3fonteinen) オード・グーズ

ドゥリー・フォンティネン醸造所は、ブリュッセルの南方、ベールセルという町に位置する醸造所。複数の麦汁を購入してブレンドするブレンダーであり、麦汁を造る醸造所でもあります。本銘柄は、ドゥリー・フォンティネン、ブーン、リンデマンスで造られた3種類のランビックをブレンド。強い酸味と、柑橘系フルーツのような爽やかな香りが楽しめます。

強い発泡で泡持ちがよく、キレのあるのど越しも魅力。フルーティーな香りだけでなく、新木や干し草、バニラのような複雑な香りも感じられ、長い余韻も楽しめます。ボリューム感のある力強い味わいで、ランビックを飲み慣れた方にもおすすめの銘柄です。

オード・ベールセル(Oud Beersel) オード・グーズ

伝統的な製法によって醸造されたランビックビール。上質な酵母によって引き出された、香ばしく、複雑な香りが堪能できる銘柄です。酸味はありますが、飲み口はまろやかで、ほのかな甘みと苦みが感じられます。泡立ちはきめ細かく、色はやや赤みのある黄金色。グラスに移し、見た目の美しさを楽しみながら飲むのがおすすめです。

強めの発泡でのど越しがよく、ランビック初心者にもおすすめの1本。しっかりとした旨みもあり、長く続く余韻も楽しめます。

リンデマンス(Lindemans) ファロ

「ファロ」とは、ランビックにキャンディーシュガーやカラメルを加えた低アルコールビールです。アルコール度数は4.5%。ランビック特有の強い酸味がキャンディーシュガーの甘みで緩和され、アルコールが苦手な方にも飲みやすい、バランスのよい味わいに仕上がっています。

色はやや赤みがかっており、泡立ちはほとんどありません。甘く、爽やかな香りで口当たりがよく、食事との相性も良好。さっぱりとした肉料理や、魚料理などと一緒に味わうのがおすすめです。

ブーン(BOON) クリーク

伝統的なランビックに良質なさくらんぼを漬け込んだフルーツランビック。さくらんぼのフレッシュな香りとフルーティーな味わいが魅力で、しっかりとした甘みがありながら、爽やかなのど越しが楽しめます。アルコール度数は4%。軽い口当たりで苦みや渋みが少なく、ビールが苦手な方にもおすすめです。

ボトルネックにあるラベルの年代は、さくらんぼの収穫年を表しています。ワインと同様、その年ごとに違った味わいが楽しめるのもポイント。濃いルビー色は華やかで、乾杯用やホームパーティー用にもぴったりのランビックビールです。

ティママン(Timmermans) クリーク

オーク樽で寝かせたランビックにさくらんぼを漬け込み、さらに6カ月ほど発酵させたフルーツランビック。一般的なクリークに比べてやや控えめな果実味で、ランビック特有の複雑な風味もしっかりと感じられます。アルコール度数は4%。心地よい酸味とフルーティーな香り、ほのかな苦みが調和したバランスのよい味わいが魅力です。

製造するティママン醸造所は、現存する世界最古のランビック醸造所として知られています。伝統的なランビックビールはもちろん、フランボワーズやピーチなどを使用した上質なフルーツランビックもラインナップ。飲み比べをするのもおすすめです。

デ カム(De cam) フランボワーズ

種付きの木苺を、若いランビックにそのまま漬け込んだフルーツランビック。ランビック1Lあたり約300gの木苺を使い、果実味溢れる豊かな味わいに仕上がっています。瓶内発酵を最小限に抑えているため、泡立ちは控えめ。フルーティーで華やかな香りのなかに、ナッツやスパイスのような複雑な風味も感じられます。

バランスのよい苦みと渋み、余韻まで続くシャープな酸味も特徴。カラーは透明感のある美しいルビーレッドで、テーブルを華やかに演出します。軽めの口当たりながら、しっかりとした飲みごたえも感じられるフルーツランビックです。

カンティヨン(Cantillon) クリーク

約20カ月間熟成させたランビックに、1Lあたり約200gのトルコ産サワーチェリーが加えられたフルーツランビック。瓶内での二次発酵を経て、爽やかな酸味と甘み、フルーティーな香りが引き出されています。

苦みの少ない、なめらかな口当たりも魅力。アーモンドや柑橘系フルーツを思わせる複雑な風味もあり、ランビック初心者から上級者までおすすめの銘柄です。色は濃く明るい赤色で、泡立ちは少なめ。常温に近い12~15℃程度で飲むと、豊かな風味がより引き立ちます。

カンティヨン(Cantillon) フランボワーズ・ロゼ・ド・ガンブリヌス

スペイン・アンダルシア州のセビリア産ラズベリーを使用したフルーツランビック。強い酸味とフルーティーな香り、ラズベリーの上品な甘みが溶け合った、爽やかな飲み口が特徴です。

ランビックビール1Lに加えられるラズベリーは約200g。ランビック特有の酸味と、甘酸っぱさを特徴とするラズベリーの風味がバランスよく調和しています。

テーブルを華やかに彩る淡いルビー色は、ホームパーティーなどにもおすすめ。フルーティーな風味に加え、ランビックらしい複雑な味わいも堪能できる、飲みごたえのあるランビックビールです。

リンデマンス(Lindemans) カシス

ランビックにストレートのカシス果汁を加えて熟成させたフルーツランビック。栓を開けた瞬間に広がる、カシスの豊かな香りが魅力です。赤みがかった紫色と、ほのかに赤く色づいた泡との美しいコントラストもポイント。控えめな甘さと爽やかな酸味が調和した口当たりのよいランビックで、食前酒としてもおすすめです。

ビールそのものの味わいをじっくりと楽しめますが、デザートとの相性も良好。特にチーズケーキや果物とよく合います。アルコールに強くない方も気軽に楽しめる飲みやすさが魅力のランビックビールです。

ティルカン(Tulquin) オード クエッチ・ティルカン・ア ランシエンヌ

ベルギーのワロン地方に位置する、ナミュールで収穫された「クエッチ」を使用。クエッチとはすももの一種で、爽やかな酸味と甘みが特徴です。ランビック1Lあたり約250gのクエッチを漬け込み、4カ月ほどステンレスタンクで熟成。さらに3カ月以上の瓶内熟成を経て、華やかな香りとシャープな酸味が特徴のフルーツランビックが完成します。

しっかりとした泡立ちでのど越しがよく、柑橘系フルーツのピールを思わせるほのかな苦みが特徴。ランビックならではの深いコクと力強い酸味に、フルーティーな香りが調和しています。食事にも合わせやすく、さっぱりとした魚介料理とともに味わうのがおすすめです。

デ・トロフ(De Troch) シャポー・バナナ

さまざまなフルーツランビックを醸造している、デ・トロフ醸造所。本銘柄は、バナナシロップを使用したユニークなフルーツランビックです。強い甘みが特徴ですが、口当たりはなめらかで、ジュースのような感覚でゴクゴク飲めます。アルコール度数は3.5%で、お酒が苦手な方にもぴったり。飲み始めはバナナの風味が強く、後からランビック特有の酸味も感じられます。

濃厚な味わいながら軽い飲み口で、食後酒としてもおすすめです。色はやや濁りのある淡い黄金色。バナナが描かれた、レトロな雰囲気の可愛らしいラベルもポイントです。