独特な見た目で可愛らしい印象の「オカリナ」。息を吹くだけで音が鳴るので、楽器初心者の方でも気軽に始められるのが魅力です。柔らかくて温かみのあるサウンドになるのも特徴で、優しい音色で演奏をしたい方に適しています。

そこで今回は、オカリナのおすすめをご紹介。素材やデザインなど選び方に関しても解説するので、オカリナを始めようと考えている方はぜひチェックしてみてください。

オカリナの選び方

まずは「アルトC管」を選ぶのがおすすめ

By: .amazon.co.jp

オカリナは、担当する音域によって「ソプラノ」「アルト」「バス」の3種類に分けられます。その中でも「G管」「F管」「C管」と調によって分類されているのが特徴。オカリナ初心者の方は、音域のバランスが取れており、音階も分かりやすい「アルトC管」を選ぶのがおすすめです。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

陶器製

オカリナを選ぶときは素材をチェックするのも大切です。陶器製のオカリナは、音程が安定しておりキレイな音色を鳴らせるのが魅力。そのため、自宅での練習から演奏会まで幅広いシーンで活躍してくれます。プラスチック製と比べて割れやすいというデメリットはありますが、本格的な演奏を楽しみたい方はぜひ陶器製のオカリナを選んでみてください。

プラスチック製

プラスチック製のオカリナは、陶器製と比べてリーズナブルな傾向にあるため、気軽に入手できるのが魅力。また、重さも陶器製のオカリナより軽いのでラクに持ち運べます。落としたときに割れにくいのもメリットです。

ただし、プラスチック製のオカリナの中には音程があまり安定しないモノもあるため、注意して選ぶようにしましょう。しっかりとピッチが調整されているオカリナをチョイスすると安心です。

見た目で選ぶ

By: amazon.co.jp

オカリナは色のバリエーションが豊富な楽器なので、見た目で選ぶのもおすすめです。特に陶器製のオカリナは、色によってさまざまな表情を見せてくれるため、音色だけではなくデザインでも楽しませてくれます。自分の好みに合うオカリナを選べば、演奏するときのモチベーションにもなるので、ぜひ見た目も重視してみてください。

オカリナのおすすめ

ナイトバイノーブル(NIGHT by Noble) オカリナ

ナイト(NIGHT by Noble) オカリナ

音程が安定しているプラスチック製のオカリナ。精度と軽さが両立したモデルを探している方におすすめです。現在主流のピッチ(442〜443Hz)に調節されているため、ソロで演奏するのはもちろん、ピアノやほかのオカリナと合わせて演奏する際も違和感がないのが魅力です。

クリアな音色を鳴らすことができ、オカリナを吹くときに難しいとされている高音域をキレイに演奏できるのもポイント。また、NIGHT式トーンホールと呼ばれる穴の配置を採用しており、無理せずラクに押さえられます。表面はラバー仕上げと光沢仕上げの2種類が用意されているので、好みに合わせて選んでみてください。

ナイト(NIGHT) Pla Ocarina

ナイト(NIGHT)  Pla Ocarina

カラフル&スケルトンで可愛らしい見た目のオカリナ。価格がリーズナブルなので、気軽にオカリナを始めたい方に適しています。

重さが95gほどで軽いため、ラクに持ち運びができるのはもちろん、長時間の演奏時でも負担を感じにくいのがメリット。また、落としたときに割れにくいので安心して使用可能です。プラスチック製ながら、陶器製オカリナの音色をしっかりと再現しており、優れた品質に仕上がっています。

ティーエヌジー(TNG) オカリナ

ティーエヌジー(TNG) オカリナ

台湾のオカリナメーカー「ティーエヌジー」が展開しているモデル。塗装を少なくすることで、音を響かせやすくしているのが特徴です。そのため、しっかりとした音量で演奏ができます。低音域が安定しており、豊かな音色を鳴らせるのもポイントです。

ほかのオカリナと比べて価格は少々高めですが、高音から低音までのバランスが取れておりその品質は確かなので、オカリナで本格的な演奏を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

ティアーモ(TiAmo) オカリナ

ティアーモ(TiAmo) オカリナ

手工芸的な技法でひとつずつ作られており、素材の温もりを感じられる陶器製オカリナ。穴の周辺が少し凹んでいるため、指がフィットしてラクに押さえられます。穴が小さめで塞ぎやすいのも魅力。正確にピッチが合わせられているので、キレイな音色で演奏が可能です。

シンプルな素焼きカラーのほか、ブルー・グリーン・ピンクなど色のバリエーションが豊富に揃っているため、ぜひ好みに合わせて選んでみてください。

ポポロ(POPOLO) オカリナ S-AC

ポポロ(POPOLO) オカリナ S-AC

弱い息でもキレイな音色が鳴らせる初心者におすすめの陶器製オカリナ。低音域から高音域まで全体のバランスが優れており、演奏のジャンルを問わないのが特徴です。

焼成過程にこだわりを持っているのもポイントで、徹底した温度管理により安定した音程を実現。また、シンプルな形状を採用しているため、持ちやすくラクに穴を押さえられます。

オオサワオカリナ(Osawa Ocarina) iシリーズ PI-AC

オオサワオカリナ(Osawa Ocarina)  iシリーズ PI-AC

“少ない息で楽に吹けたら”をコンセプトに展開されているオカリナ。弱い息でもしっかりと音色を鳴らせるため、オカリナ初心者の方におすすめです。持ちやすい形状を採用しているほか、穴が小さくて塞ぎやすいのでラクに演奏できます。プラスチック製で落としたときに割れる心配が少ないので、持ち運ぶ機会が多い方でも安心です。

ジンセルフ(JINSELF) デザインオカリナ

吹いてから鳴るまでのレスポンスが早い陶器製オカリナ。音色のバランスが優れており、低音域から高音域までキレイに鳴らせるのが特徴です。音の響きもよいので、ボリュームのある豊かな演奏が楽しめます。

クッション素材を採用した専用の保護ケースが付属しており、持ち運びたいときも安心。さらに、オカリナを首から下げられるストラップが付いているのもポイントです。

色はアイボリーのほか、グリーンやピンクなどオカリナとしては珍しいパステルカラーが揃っているため、優しい見た目のオカリナを探している方はぜひチェックしてみてください。

アケタ(AKETA) オカリナ S-5C

アケタ(AKETA) オカリナ S-5C

小ぶりなフォルムで、手が小さい方でも演奏しやすい陶器製オカリナ。穴の周りに突起が付いており、吹くときに押さえやすいため、オカリナ初心者の方でもキレイな音色が鳴らせます。優しい弱めの息で吹けるのも特徴。演奏しやすいオカリナを探している方におすすめです。