記念に全員で記念撮影。そんなときに活躍するのが古典的な三脚や最近流行の自撮り棒。でも三脚は置ける場所が限られるし、自撮り棒ではアングルが限られてしまい、どこかありがちな写真に。そこで、そんなマンネリ写真を脱却できる高性能な三脚「Pakpod」がクラウドファンディングに登場です!

このPakpodのウリは、どんなところにでも設置することができるというところ。三脚は平らな地面でないとというイメージがありますが、Pakpodならでこぼこな石の上でも、さらさらな砂浜でも、フェンスや天井にまで設置可能。

その秘密は、三脚の足先についている杭。この向きと角度が自由に変えることができる杭のおかげで、芝生や砂地では杭を地面に差し込んで、そして傾きのある地では杭の角度を変えることで三脚を安定に保つことができるというわけなんです。

他にも、1本ずつ長さを変えることができる脚や180度まで開閉可能な付け根部分のおかげで、でこぼこした足場での撮影はもちろん、フェンスや天井への設置も可能にしているというから驚きですね。

また、Pakpodは防水性なので、こんなふうに水中での撮影やサーフィンなどに取り付ければ撮影の幅はぐっと広がりますね。下の写真のように人に取り付けることも可能です。さらにカメラやスマホだけでなくGoProも取り付け可能なのでユニークな動画撮影も可能。取り付けるカメラは、脚を伸ばした状態だと2.5kg、脚を畳んだ状態だと5kgまで対応可能です。

現在このアイテムはクラウドファンディングサイトKickstarterにて資金調達を開始しています。1台79ドルから出資が可能です。