オーディオプレーヤーとスピーカーをつなぎ、サウンド環境をコントロールできるアイテム「プリメインアンプ」。音楽に特化したスピーカーなので、よりよい環境で音楽を楽しみたい方におすすめです。最近では製品ラインナップも増え、ハイレゾに対応したモデルも販売されています。

そこで今回は、プリメインアンプのおすすめ人気モデルをご紹介。選び方のポイントや主要メーカー、ほかのアンプとの違いについても解説するので、興味がある方は購入時の参考にしてみてください。

プリメインアンプとは?

By: amazon.co.jp

「プリメインアンプ」とは、役割の異なる「プリアンプ」と「パワーアンプ」が一体化したアンプのこと。プリアンプとは、各種入力の切り替えと音量や音質の調整、電圧の増幅を行うアンプです。このプリアンプの信号を増幅させ、パッシブタイプのスピーカーへ送るアンプをパワーアンプと呼びます。

CDプレーヤーやレコードプレーヤーといった各種再生機器とスピーカーを接続し、入力切り替え・ボリューム・音質調整機能を備えているのが特徴。パッシブタイプのスピーカーを鳴らすまでの全てを1台で担えるのがプリメインアンプの魅力です。

DACやポータブルヘッドホンアンプとの違いは?

By: amazon.co.jp

通常のDAC内蔵アンプはプリアンプであり、メインアンプとしての出力を持っていません。パッシブスピーカーを鳴らせる出力を備えているモノは「DAC内蔵プリメインアンプ」といえます。デジタルオーディオ機器の普及により、最近はDAC内蔵プリメインアンプが増加。DACとアンプを別々に買うよりもコスト面で有利な上、場所も取らないため人気が高まっています。

一方、ポータブルヘッドホンアンプとは、イヤホンやヘッドホンを鳴らすのに特化したバッテリー駆動型のアンプのことでボアタンとも呼ばれています。持ち運びができるため、外出時に音楽を聴く際に便利なアイテムです。

プリメインアンプの選び方

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

プリメインアンプは、CDプレーヤーやカセットデッキなどのアナログ音声出力に対応したアナログ入力を備えているのが基本です。それに加えて、従来はレコード再生に必要な「フォノ入力」を持つモノが一般的でした。

最近では、CDに加えてブルーレイなどのデジタル音声出力機器の増加により、デジタル入力を持つモノやパソコンを使ったハイレゾオーディオにも対応するためのUSB入力、ネットワーク入力を持つモノも販売されています。そのため、自分の目的や必要に応じた入力を備えたプリメインアンプを見極めることが大切です。

出力端子で選ぶ

プリメインアンプは出力端子が少ないことが、HDMI端子など多くの出力端子を搭載するAVアンプと大きく異なる点です。プリメインアンプの標準的な出力端子はライン出力やスピーカー端子、そしてヘッドホン出力が挙げられます。ライン出力端子数はモデルによって差が大きいので、接続予定の機器数を確認して、アンプの端子数をチェックしておくと安心です。

スピーカーターミナル(スピーカー端子)は、AとBの2系統を搭載したモデルが主流。スピーカーセレクターダイヤルを切り替えれば、2組のスピーカーをそれぞれ使用することも、同時に鳴らすことも可能です。1組のスピーカーを2組のケーブルで接続するバイワイヤリング接続をしたい場合は、2系統以上のスピーカーターミナルが必要になります。

ヘッドホン出力端子数は、通常1つです。ヘッドホンで聴くことが多い方は、ヘッドホン出力専用アンプを搭載したプリメインアンプをチェックしておきましょう。

増幅素子と動作方式で選ぶ

GS-01

By: amazon.co.jp

プリメインアンプは、主にパワーアンプの増幅素子や動作方式の違いによって種類が分かれます。それぞれの方式で音質に違いがあり、機種ごとの個性にもつながる要素です。

たとえば、増幅素子に真空管を採用した場合、出力は小さく電気的な効率も低めですが、温かみのある音が出るといった傾向があります。増幅素子としては、半導体を使用した「ソリッドステート方式」が一般的です。

また、動作方式による分類がA級・B級・AB級・D級の4種類に分かれます。A級・B級・AB級はアナログ方式と呼ばれ、A級とB級のよい点を併せ持ったAB級が最も広く使用されています。D級はデジタル方式と呼ばれる方式です。

Bluetooth対応の有無で選ぶ

スマホやパソコン内の音楽ファイルを聴く方は、Bluetooth対応プリメインアンプがおすすめ。ワイヤレスで手軽に接続でき、スマホを一度登録しておけば、毎回ペアリングする必要がありません。

Bluetoothで送受信される音楽ファイルは、圧縮されているのがポイント。プリメインアンプによって、対応コーデック(圧縮形式の規格)が異なるので、チェックしておくと安心です。ちなみに、標準的なコーデックが「SBC」。より高音質な「AAC」、そのほかにも「aptX Low Latency」などのコーデックが一般的です。

Bluetooth対応アンプで便利なのが、「Bluetoothオフ」機能。無線通信はノイズ発生源となることがあるので、音質重視の方は通信をオンオフできるかどうかチェックしておくとよいでしょう。また、スマホからアンプ本体の電源をオンにできる「Bluetoothスタンバイ」機能を搭載したモデルもラインナップされています。

プリメインアンプのおすすめメーカー

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

日本を代表する老舗オーディオメーカーです。NHKと共同でデジタル録音の実用化を世界で初めて実現するなど、極めて高い技術力を誇ります。1990年代には独自の高音質素子「UHC-MOS」を開発。以降も進化を続けており、歴史に裏打ちされた質の高い音が魅力です。

繊細さと力強さが両立した豊かなサウンドは「デノントーン」とも呼ばれるほどの人気があります。最新のハイレゾにも対応した高度なDACを搭載した新機種を展開するなど、不動の名門ブランドとしておすすめのメーカーです。

ラックスマン(LUXMAN)

By: amazon.co.jp

ラックスマンは1925年創業の日本最古の老舗オーディオメーカー。プリメインアンプをはじめとするアンプ類を主力とし、「ラックストーン」と呼ばれる温かみのある滑らかな音質が持ち味です。

真空管アンプやA級アンプといった趣味性の高い製品に強みがあります。また、伝統がありながらも新しい技術開発にも意欲的で、最新式のボリュームや回路の開発により、よりニュートラルな音質傾向も手に入れ、ユーザー層を広げているメーカーです。

マッキントッシュ(McIntosh)

By: amazon.co.jp

世界中に愛好家を持つアメリカの老舗人気オーディオメーカーです。漆黒のガラスパネルと”ブルーアイズメーター”と呼ばれる、青い照明つきの出力メーターによるデザインがトレードマーク。独特の艶やかさと厚みのある音が人気の理由で、半世紀以上前の機種も未だに多数使われ続けています。

同メーカーは、真空管式と半導体式のアンプ両方に強いのが特徴。また、インピーダンス変動に強く、広帯域の音声を劣化させない独自の出力トランスを装備しています。高価な製品が多く、誰にでもおすすめというわけにはいきませんが、一度は持ってみたいオーディオ界の憧れの存在です。

DAC内蔵型プリメインアンプのおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) ハイレゾ音源対応 プリメインアンプ A-S301

ヤマハ(YAMAHA) ハイレゾ音源対応 プリメインアンプ A-S301

比較的リーズナブルながら、内容が充実した人気プリメインアンプ。定格出力60W+60W(8Ω)のハイパワーで、幅広いスピーカーで迫力あるサウンドを楽しめます。信号の最短化と左右対称構造による、鮮度が高く立体感に優れたサウンドが魅力です。

デジタル入力は同軸および光各1系統を搭載し、192kHz/24bitまで対応します。アナログ入力はMM型対応のフォノ1系統をはじめ、計6つの豊富な端子を搭載。ヘッドホン、サブウーファーなど出力端子が充実しているのもポイント。

スピーカー出力も2系統なので、2セットのスピーカーを切り替えて楽しむことや、1台のスピーカーに2系統接続することで高音と低音の干渉を防いで高音質化が図れる「バイワイヤリング接続」も可能。ヤマハの伝統を受け継いだレトロなデザインでもおすすめです。

デノン(DENON) USB-DAC搭載プリメインアンプ PMA-60

デノン(DENON) USB-DAC搭載プリメインアンプ PMA-60

増幅回路に高性能フルデジタルアンプ「DDFA」を採用した小型モデル。スピーカー直前までの全行程でノイズの入り込みにくいデジタル処理されるため、透明感や分解能に優れた再生が可能です。

また、D級増幅による高効率を活かして、幅200mmの小ささで定格出力50W+50W(4Ω)のハイパワーを実現。フロア型スピーカーを大きめの音で鳴らせるほどの実力を備えます。

USB入力でDSD 11.2MHzまで、PCMは384kHz/32bitまでに対応するハイスペック。アナログ入力もデジタル処理し、非ハイレゾ音源も「Advanced AL32 Processing Plus」により、ハイレゾ化するなどあらゆる音源を高精度なサウンドで再現します。

さらに、Bluetooth入力、ヘッドホン出力専用アンプを備えているのも魅力。総じて、デジタル機器からの音楽鑑賞が多い方におすすめのプリメインアンプです。

マランツ(Marantz) ハイレゾ音源対応プリメインアンプ HD-AMP1/FN

マランツ(Marantz) ハイレゾ音源対応プリメインアンプ HD-AMP1/FN

マランツは大型の高級プリメインアンプから低価格のモデルまで、透明度の高い音で評価の高い伝統メーカーです。本機はUSBなどの各種デジタル入力とアナログ入力を装備した多機能な小型機。USB入力のうち1つはフロントパネルに配置されているので、パソコンやスマホなどと接続しやすいのがメリットです。

iPodとのデジタル接続にも対応しているのもポイント。定格出力は35W+35W(8Ω)とコンパクトながら大きく、リビング程度の空間なら幅広いスピーカーを十分に鳴らせます。本格的な専用ヘッドホンアンプも搭載。ヘッドホンでの使用を重視する方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークオーディオレシーバー R-N303

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークオーディオレシーバー R-N303

ネットワークオーディオプレーヤー機能を内蔵したリーズナブルなプリメインアンプです。NAS(ネットワークHDD)やパソコン、モバイル端末に保存しているDSDをはじめ、各種ハイレゾ音源を再生することが可能。NASからの再生ではパソコン、端末を立ち上げなくて済むのがメリットです。

無線LAN接続できるのも便利。 最大24bit/192kHz対応の光/同軸デジタル音声入力も装備し、各種デジタル機器とも接続できます。トランジスタアンプとして実績のあるシングル・プッシュプル出力段採用のAB級パワーアンプを搭載し、定格出力80W+80Wa(6Ω)の大出力を実現。幅広い環境でさまざまなスピーカーを十分に鳴らせる実力も備えます。 ネットワークオーディオを試してみたい方にもおすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応アンプ KA-NA7

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応アンプ KA-NA7

サイズが110×179×50mm、重量430gという手の平サイズの超軽量が特徴のプリメインアンプです。この大きさにUSB・Bluetooth・光デジタル・アナログ入力、ヘッドホンアンプ、そしてスピーカー用アンプを詰め込んでいます。

入力からスピーカー出力まで、フルデジタル処理を採用した独自のD級増幅を採用。アナログ変換を経ないことによる信号変化の影響を排除し、情報量の多いクリアなサウンドを聴かせます。

出力は10W+10W(4Ω)と小ぶり。デスクトップで小型スピーカーに近づいて聴くといった使い方に向いています。オーディオ機器の存在感を消したい方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30(S)

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30(S)

高さわずか78mmという薄型のプリメインアンプ。ラックの隙間にも置くことが可能です。有線ネットワークとUSB入力経由で、DSD 5.6MHzをはじめとする各種ハイレゾ再生に対応。 同軸デジタル・アナログ入力も装備しています。定格出力は80W+80W(4Ω)とサイズ以上のハイパワーです。

さらに、ステレオタイプのプリメインアンプでは珍しいHDMI入出力を搭載しているのもポイント。テレビやブルーレイレコーダーとも音質劣化なく高品位に接続できます。HDMI入力対応のモデルを探している方におすすめのプリメインアンプです。

ティアック(TEAC) プリメインアンプ AI-503

ティアック(TEAC) プリメインアンプ AI-503

Bluetooth入力とヘッドホンアンプ部に注力したコンパクトなプリメインアンプ。定評の高いICEpower製モジュールを使用したD級増幅を採用し、幅290mmの小型ながら最大出力40W+40W(4Ω)のハイパワーを実現しています。

また、SBC・AAC・aptX・LDACコーデックに対応するBluetooth入力を搭載。特にハイレゾ相当の高音質伝送が可能なLDAC対応アンプは少ないため、音質重視の方はおすすめです。

USB入力はDSD 11.2MHzまで、PCMは384kHz/32bitまで対応するハイスペック。 600Ωまで対応する高品位ヘッドホンアンプも内蔵しているので、高級ヘッドホンも多用する方にもおすすめです。

エラック(ELAC) プリメインアンプ EA101EQ-G

エラック(ELAC) プリメインアンプ EA101EQ-G

自動音声補正機能「AUTO BLEND」を搭載したプリメインアンプ。専用アプリを使用してiOS/Androidデバイスで聴取環境を測定し、最適な音質になるように自動で調整してくれます。

幅214mmのコンパクトサイズながら80W+80W(4Ω)の大出力。高効率なD級とAB級増幅の音のよさを併せ持つ独自の「BASHテクノロジー」により実現しています。

USB・同軸デジタル・Bluetooth・アナログに対応する豊富な入力も魅力。ヨーロッパメーカーによる雰囲のあるスタイリッシュなデザインもおすすめです。

マッキントッシュ(McIntosh) プリメインアンプ MA7200

マッキントッシュ(McIntosh) プリメインアンプ MA7200

マッキントッシュ伝統の出力トランスを装備し、代名詞のブルーアイズ・デザインを踏襲した最新機です。低ノイズな伝送が可能なバランス接続も含めたアナログ入力と、MCにも対応するフォノ入力に加え、DSD 11.2MHzや384kHz/24bitまでに対応したハイレゾ対応USB端子を含む各種デジタル入力を装備。現代的な機能性も十分なハイエンドアンプです。

「新DA1デジタルモジュール」を採用しているのもポイント。モジュールを交換するだけで、将来の新たなデジタルフォーマットに対応できます。物量を投入した回路により200W+200Wの大出力。さらに、インピーダンスに関わらず出力は一定なので、どんなスピーカーも安定感を持って楽しめます。

レトロな外観に最新の内容、末永く使える機能性も備えた優秀モデル。オーディオ愛好家にとって憧れの的であるマッキントッシュが持つ風格ある佇まいでおすすめの高級モデルです。

DAC非内蔵型プリメインアンプのおすすめモデル

デノン(DENON) エントリークラス プリメインアンプ PMA-390RE

デノン(DENON)  エントリークラス プリメインアンプ PMA-390RE

ロングセラーの定番・PMA-390シリーズの最新モデル。このシリーズは1991年に初代が発売されて以来、プリメインアンプでは常にトップクラスの人気を誇ってきました。 AB級増幅による出力は定格値50W+50W(8Ω)と十分で、大きめのスピーカーを大音量で鳴らす実力を備えています。

アナログ入力とフォノMM入力に対応。音質調整機能やリモコンなども装備と、内容と機能も充実。デノン上級機から受け継ぐ大電流型トランジスターを採用したシングル・プッシュプル回路による、パワフルさと繊細さをあわせ持ったバランスのよい高音質が魅力です。 音楽ジャンルも選ばないので安心しておすすめできるモデルです。

ソニー(SONY) Bluetooth/フォノ入力対応ステレオアンプ STR-DH190

ソニー(SONY)  Bluetooth/フォノ入力対応ステレオアンプ STR-DH190

1万円台とリーズナブルながら、内容が充実したソニーのプリメインアンプ。この安さで実用最大出力100W+100Wの大パワーを備え、幅広いスピーカーで使えます。広帯域ながらも低ノイズを実現した「リニア広帯域パワーアンプ」により、豊かな低音とクリアなボーカル、自然な空間表現や音色を再現可能です。

MM対応のフォノも含めたアナログ5系統にBluetoothと入力も豊富。FM・AMチューナーも内蔵しているので、本機だけで音楽を楽しめます。出力はアナログ1系統ほか、ヘッドホン端子を搭載。スピーカー端子も2系統備えているので幅広く使えます。スマホからワイヤレスで聴きたい方にもおすすめのモデルです。

トライオード(Triode) 真空管式ステレオ・プリメインアンプ RUBY

トライオード(Triode) 真空管式ステレオ・プリメインアンプ RUBY

温かみのある音と独特の雰囲気を持つビジュアルで、オーディオ好きならずとも心引かれる真空管アンプ。従来は高価な製品も多く、一般的に入手しにくい面もありました。しかし、現在はリーズナブルな真空管プリメインアンプをラインナップすることで、人気を高めている日本のメーカーです。

本機は同社のなかでも特に安い価格で真空管アンプが楽しめる人気モデル。女性の使用も意識したという赤いカラーリングも印象的です。幅188mmのコンパクトサイズで、デスクトップでの使用にも向いています。

入力はアナログのみとシンプル。なお、出力は8W+8W(8Ω)と少ないので、小型スピーカーを近めの距離で聴く、高能率機を選ぶといった工夫が必要です。

ケンブリッジオーディオ(Cambridge Audio) TOPAZ AM5

ケンブリッジオーディオ(Cambridge Audio) TOPAZ AM5

ヨーロッパメーカーながらリーズナブルな価格が魅力のプリメインアンプ。イギリスのケンブリッジオーディオは高度な技術力を持つ世界的なメーカーですが、低価格ながらも音楽性豊かなオーディオ製品にこだわっているのも特徴です。

本モデルは定格出力25W+25W(8Ω)と適度な出力を備え、入念な音質チューニングも相まって幅広いジャンルに合う聴き疲れしにくいサウンドを聴かせます。ポータブルプレーヤーからのステレオミニ入力にも対応する豊富な入力も便利。高さが80mmとスリムなので置き場所を確保しやすい点でもおすすめです。

キャロットワン(Carot One) ERNESTOLO 50K EX

キャロットワン(Carot One) ERNESTOLO 50K EX

プリアンプに真空管、パワーアンプにD級増幅を採用したハイブリッド方式を採用した小型モデル。これにより、滑らかで美しい真空管サウンドと、省電力・省スペースなD級アンプのメリットをいいとこ取りしています。

真空管とガラスブロックで構成されたスタイリッシュでコンパクトなデザインと、印象的なカラーリングもポイントです。インテリアにも映えるおしゃれさでもおすすめ。出力は25W+25W(4Ω)とコンパクトサイズながら迫力あるサウンドを楽しめます。音質だけでなく、デザイン性にこだわる方にもおすすめです。

アキュフェーズ(Accuphase) プリメインアンプ E-270

アキュフェーズ(Accuphase) プリメインアンプ E-270

アキュフェーズはラックスマンと並び日本を代表する高級オーディオ専業メーカー。特にハイエンドクラスのアンプでは世界的に定評があります。

同社アンプのポイントはボリュームです。ボリューム機構で一般的に避けられない、経年劣化や左右の音量差を克服した「AAVAボリューム」を2001年に開発。スムーズな操作感も相まってオーディオ愛好家に絶大な支持を受けています。

また、レコードやハイレゾ再生にも、背面オプションスロットへの別売りモジュール追加で対応できる拡張性も魅力。本機だけでも豊富な入出力を備え、プリアンプ、パワーアンプをそれぞれ単体で使えるので用途も広がります。

音質と効率を両立した、AB級パラレル・プッシュプル回路により120W+120W(4Ω)のハイパワー。内外の高級スピーカーも十分に鳴らせる実力は本物です。

ラックスマン(LUXMAN) プリメインアンプ L-550AXII

ラックスマン(LUXMAN) プリメインアンプ L-550AXII

滑らかな音質が得られやすい、ハイエンドアンプでよく用いられるA級増幅を採用したプリメインアンプ。ラックスマンは名機「L-570」以来、A級アンプを得意としていて同社の代名詞的な存在です。

厚みがあって温かみを感じさせる「ラックストーン」を存分に堪能できます。 音質劣化要因を徹底的に排除した最新の高性能ボリューム「LECUA」や、ハイレゾ対応の広帯域再生をスムーズに行える独自回路「ODNF」により、高音質を実現しているのがポイントです。

出力メーターを備えたレトロなデザインも魅力のひとつ。機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたモデルを探している方におすすめです。

プリメインアンプのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プリメインアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。