プリメインアンプとは音声に特化したアンプのことで、これ1台でオーディオプレーヤーとスピーカーをつなぎ、サウンド環境をコントロールできるアイテムです。幅広い価格帯でさまざまな種類の製品があり、近年はハイレゾに対応した機種もラインナップしています。

そこで今回は、プリメインアンプのおすすめ人気モデルをご紹介。選び方のポイントや主要メーカー、他のアンプとの違いについても解説するので、興味がある方は購入時の参考にしてみてください。

プリメインアンプとは

YAMAHA-A-S301

By: amazon.co.jp

「プリメインアンプ」とは、役割の異なる「プリアンプ」と「パワーアンプ」が一体化したアンプのこと。プリアンプとは、各種入力の切り替えと音量や音質の調整、電圧の増幅を行うアンプです。このプリアンプの信号を増幅させ、パッシブタイプのスピーカーへ送るアンプをパワーアンプと呼びます。

つまり、CDプレーヤーやレコードプレーヤーといった各種再生機器とスピーカーを接続し、入力切替・ボリューム・音質調整機能を備え、パッシブタイプのスピーカーを鳴らすまでの全てを1台で担えるのがプリメインアンプの魅力です。

DACやポータブルヘッドホンアンプとの違い

By: amazon.co.jp

最近注目されている”DAC”(ダック)こと「D/Aコンバーター内蔵アンプ」や、”ポタアン”こと「ポータブルヘッドホンアンプ」。プリメインアンプは「パッシブスピーカーを直接鳴らせる」という点でこれらの機器と全く異なります。

通常のDAC内蔵アンプはプリアンプであり、メインアンプとしての出力を持っていません。パッシブスピーカーを鳴らせる出力を有しているモノは「DAC内蔵プリメインアンプ」と言えます。デジタルオーディオ機器の普及により、最近はDAC内蔵プリメインアンプが増加。DACとアンプを別々に買うよりもコスト面で有利な上、場所も取らないため人気が高まっています。

一方、”ポタアン”とはイヤホンやヘッドホンを鳴らすのに特化したポータブル使用可能なバッテリー駆動型アンプのこと。中にはDACを内蔵した製品もあります。ポタアンは端子も規格も異なるため、パッシブスピーカーを鳴らすことはできません。

ちなみに、プリメインアンプの多くもヘッドホン端子を持つので「ヘッドホンアンプ」とも言えますが、ポータブル使用できるプリメインアンプというモノはなく、ポタアンとは全く異なります。これは、プリメインアンプが電力を多く消費するため、バッテリー使用できるポータブル機が存在しないためです。

プリメインアンプの選び方

必要な入力や機能を確保しよう

DENON_PMA-390RErea

By: amazon.co.jp

プリメインアンプは、CDプレーヤーやカセットデッキなどのアナログ音声出力に対応したアナログ入力を装備することが基本です。それに加えて、従来はレコード再生に必要な「フォノ入力」を持つモノが一般的でした。

最近では、CDに加えてブルーレイなどのデジタル音声出力機器の増加により、デジタル入力を持つモノやパソコンを使ったハイレゾオーディオにも対応するためのUSB入力、ネットワーク入力を持つモノも登場しています。したがって、自分の目的や必要性に応じた入力を備えたプリメインアンプを見極めることが大切です。

必要な出力(パワー)や大きさを確認しよう

By: amazon.co.jp

プリメインアンプは高価になるほど出力が大きく、本体も大きく重くなる傾向があります。ただし、「とにかく高価なモノを買えばよい」というわけでもありません。

パソコンを使ったハイレゾ音源再生の盛り上がりにより、デスクトップでオーディオを楽しむ方も増えています。デスクトップオーディオ環境では聴取位置とスピーカーの距離が近いため、スピーカーから必要な音量を出すのに大きな出力は必要ありません。10W+10W程度で足りる場合もあります。

また、デスクトップには大きく重い筐体は邪魔になるので、コンパクトで軽量なほうがおすすめです。反対に、大空間で大きなスピーカーを思い切り鳴らしたい方には、大型の大出力モデルが適しています。

動作方式による違いにも注意

GS-01

By: amazon.co.jp

プリメインアンプは、主にパワーアンプの増幅素子や動作方式の違いによって種類が分かれます。それぞれの方式で音質傾向などに違いがあり、これが機種ごとの個性にもつながる要因です。

たとえば、増幅素子に真空管を採用した場合、出力は小さく電気的な効率も低めですが、温かみのある音が出るといった傾向があります。増幅素子としては、半導体を使用した「ソリッドステート方式」が一般的です。

また、動作方式による分類がA級・B級・AB級・D級といった分類です。A級・B級・AB級はアナログ方式と呼ばれ、A級とB級のよい点を併せ持ったAB級が最も広く使用されています。D級はデジタル方式と呼ばれる方式です。

プリメインアンプのおすすめメーカー

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

日本を代表する老舗オーディオメーカーです。NHKと共同でデジタル録音の世界初実用化を実現するなど、極めて高い技術力を誇ります。1990年代には独自の高音質素子「UHC-MOS」を開発。以降も進化を続けており、歴史に裏打ちされた質の高い音が魅力です。

繊細さと力強さが両立した豊かなサウンドは”デノントーン”とも呼ばれるほどの人気ぶり。最新のハイレゾにも対応した高度なDACを搭載した新機種を展開するなど、不動の名門ブランドとしておすすめです。

ラックスマン(LUXMAN)

By: amazon.co.jp

ラックスマンは1925年創業の日本最古の老舗オーディオメーカー。プリメインアンプをはじめとするアンプ類を主力とし、”ラックストーン”と呼ばれる温かみのある滑らかな高音質が持ち味です。

真空管アンプやA級アンプといった趣味性の高い製品に強みがあります。また、伝統がありながらも新しい技術開発にも意欲的で、最新式のボリュームや回路の開発により、よりニュートラルな音質傾向も手に入れ、ユーザー層を広げているメーカーです。

マッキントッシュ(McIntosh)

By: amazon.co.jp

世界中に愛好家を持つアメリカの老舗人気オーディオメーカーです。漆黒のガラスパネルと”ブルーアイズメーター”と呼ばれる、青い照明つきの出力メーターによるデザインがトレードマーク。独特の艶やかさと厚みのある音が人気の理由で、半世紀以上前の機種も未だに多数使われ続けています。

真空管式と半導体式のアンプ両方に強いメーカー。また、インピーダンス変動に強く、広帯域の音声を劣化させない独自の出力トランスを装備しています。高価な製品が多く、誰にでもおすすめというわけにはいきませんが、一度は持ってみたいオーディオ界の憧れの存在です。

DAC内蔵型プリメインアンプのおすすめ

デノン(DENON) USB-DAC搭載プリメインアンプ PMA-60

多機能・高性能・コンパクト・高音質が揃ったプリメインアンプです。イギリスのクアルコム社が開発した、D級増幅の1種である高性能フルデジタルアンプ技術「DDFA(Direct Digital Feedback Amplifier)」を搭載。同技術を世界で初めて搭載した高音質アンプとして話題を呼んだ2015年発売の「PMA-50」後継機です。

さらに高性能・高音質化した新しい「DDFAチップ」を搭載。デジタル入力はスピーカー出力直前まで全てデジタル処理されるため、透明感や分解能に優れた鮮度の高い音での再生が可能です。

USB DACとしてはDSD 11.2MHzまで、PCMは384kHz/32bitまでに対応するハイスペック。ハイインピーダンスのヘッドホンにも対応する高性能ヘッドホンアンプ部も魅力です。幅200mmのコンパクトさで50W×2ch(4Ω)というハイパワーも驚き。デスクトップからリビングでの本格システムまで対応できる新世代のアンプとしておすすめです。

ティアック(TEAC) プリメインアンプ AI-503

Bluetooth入力にも対応したプリメインアンプ。幅290mmとコンパクトでも大出力、そして省電力のD級増幅デジタルアンプを採用しています。定評のあるデンマークのブランド「ICEpower」製モジュールを採用し、40W+40W(4Ω)のハイパワーです。

また、SBC・AAC・aptX・LDACコーデックまで幅広くカバーするBluetooth入力も特徴。特にハイレゾ相当の高音質伝送が可能なLDAC対応アンプはおすすめポイントです。USB入力はDSD 11.2MHzまで、PCMは384kHz/32bitまで対応します。

600Ωまで対応する高品位ヘッドホンアンプも特筆もの。Bluetoothや高級ヘッドホンを多用する方におすすめのプリメインアンプです。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークレシーバー R-N303

ネットワークオーディオプレーヤー機能を内蔵したプリメインアンプ。パソコン・モバイル端末に保存しているDSDやNASをはじめ、各種ハイレゾ音源を再生できます。NASからの再生ではパソコンや端末を立ち上げなくて済むところが利点。無線LAN接続できるのも便利です。

最大192kHz/24bit対応のデジタル音声入力を装備し、各種デジタル機器とも接続可能。「シングルプッシュプル出力段」採用のディスクリート構成AB級パワーアンプを搭載し、80W×2(6Ω)の大出力が魅力です。幅広い環境でさまざまなスピーカーに対応します。価格もリーズナブルなので、ネットワークオーディオを試してみたい方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) インテグレーテッドアンプ KA-NA7

軽量でコンパクトなプリメインアンプ。本体サイズは110×179×50mm、重量は430gとラクラク手の平にも乗ります。このサイズにUSB入力、Bluetooth受信、光デジタル入力、アナログ音声入力、ヘッドホンアンプ、スピーカー用アンプを詰め込みました。

入力段からスピーカー出力まで、フルデジタル処理を採用した独自のD級増幅デジタルアンプを採用。アナログ変換を経ないことで信号変化の影響を排除しています。

出力は10W×2ch(4Ω)とさすがに控えめ。デスクトップで小型スピーカーを近接聴取するといった使い方に向いています。プリメインアンプの存在感を消したい方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30

D級増幅を採用することで高さわずか78mmという薄さを実現したプリメインアンプです。放熱スペースの確保は必要ですが、高さのないラックの隙間にも置けるほどコンパクト。有線ネットワークとUSB入力経由で、5.6MHzまでのDSDをはじめとする各種ハイレゾ再生に対応しています。

光・同軸デジタル入力端子に加え、ステレオタイプのプリメインアンプでは珍しいHDMI入出力端子を備え、テレビやブルーレイレコーダーとも接続可能。HDMI入力機能が欲しい方におすすめの人気モデルです。

デノン(DENON) プリメインアンプ PMA-2500NE

デノンを代表するプリメインアンプ「PMA-2000」の流れを継ぐフラッグシップ機です。デノンが独自開発した大電流型の出力素子「UHC-MOS」の最新バージョンを搭載。ハイレゾ時代に相応しい豊富な音の情報量が加わっています。

USBをはじめとする豊富なデジタル入力も装備。160W+160W(8Ω)の大出力で幅広いスピーカーに対応しています。他の高価なアンプと比較したコスパの高さでもおすすめです。

マッキントッシュ(McIntosh) プリメインアンプ MA7900

マッキントッシュ伝統の出力トランスを装備するとともに、伝統のブルーアイズ・デザインを踏襲したモデルです。アナログ入力とフォノ入力に加え、PCM 192kHz/32bitまでに対応したハイレゾ対応USB入力を含む各種デジタル入力も装備。現代的な機能性も十分です。

200W+200Wの大出力も特徴。しかもインピーダンスに関わらず一定なので、どんなスピーカーも安定してドライブします。さまざまな使い方に対応しますが、やはり大型スピーカーを広い空間で鳴らすのがおすすめです。

マランツ(marantz) プリメインアンプ HD-AMP1/FN

入力端子の豊富さが特徴のプリメインアンプ。アナログと光デジタルの入力端子がそれぞれ2系統ずつ搭載されているのに加えて、同軸デジタル入力端子が1系統、さらにDSDとハイレゾ音源に対応したUSB入力端子が備えられています。

情報量の多いサウンドを楽しめる「ポストフィルター回路」が採用されているのも魅力。また、「Hypex UcD」と呼ばれるスイッチングパワーアンプモジュールを搭載することで、低音域から高音域までの歪みを軽減してくれます。クリアな音を楽しみたい方におすすめです。

オラソニック(Olasonic) DAC内蔵プリメインアンプ NANOCOMPO NANO-UA1a

CDジャケットと同じくらいの幅と奥行きで比較的コンパクトなプリメインアンプ。アルミダイキャストを用いたシームレス構造が採用されており、質の高い音質とスタイリッシュなデザインを両立させているのがおすすめポイントです。大出力での動作に対応しているので、高級ヘッドホンを繋げてもしっかりと音を聴き取れます。

カラーバリエーションはシルキーブラックとプラチナホワイトの2種類。本体は横置きでも縦置きでも使用できます。

DAC非内蔵型プリメインアンプのおすすめ

デノン(DENON) プリメインアンプ PMA-390RE

3万円前後で購入できるエントリークラスにしてプリメインアンプの定番機。出力は50W+50W(8Ω)と十分です。

アナログ入力とフォノ入力に対応しているほか、音質調整機能を装備。また、リモコンが付属しているなど内容・機能ともに充実しています。デノン上級機から受け継ぐ大電流設計による、パワフルさと繊細さを併せ持ったバランスのよい高音質が魅力です。

本機は大きめのスピーカーを大音量で鳴らすのにも対応します。音楽ジャンルも選ばないので幅広い方におすすめできる名機です。

パイオニア(Pioneer) インテグレーテッドアンプ A-10

国内メーカー製のフルサイズ機としてはリーズナブルなプリメインアンプ。1万円台という価格からは信じられないほど機能が充実しています。

幅は約430mm。パワーアンプ部を左右独立構造にし、立体的な音場を構築する「シンメトリカル・パワーアンプ」を搭載しています。音が左右で混ざり合うことを防ぐため、明瞭で広がりのある高音質なサウンドが魅力。音楽信号を効率よく伝え伝送ロスを低減する「ダイレクトエナジー」設計による鮮度の高い音も特徴。

アルミパネル使用の外観で高級感があります。フォノまで対応する多様な入力端子や各種機能、付属リモコンなども魅力。30W+30W(8Ω)の出力なので、無理のない範囲でのスピーカー使用がおすすめです。

オンキヨー(Onkyo) プリメインアンプ A-9010

2万円台とリーズナブルな価格ながら、音質にこだわったプリメインアンプ。3万円以下のプリメインアンプとしては突出した音質の高さが魅力です。入念な音質チューニングを施し、厚みのある中域を中心にクリアでエネルギッシュな音色に仕上げています。

実用最大出力85W+85W(4Ω)のハイパワーで、周波数特性10Hz~100kHzの超ワイドレンジもポイント。ハイレゾ音源を広い部屋で大音量で鳴らすのにも十分な能力を備えます。ハイコスパな大音量対応アンプとしておすすめのモデルです。

トライオード(Triode) プリメインアンプ Ruby

真空管式プリメインアンプの中では比較的リーズナブルなモデル。温かみのある音と独特の雰囲気を持つビジュアルが魅力です。本機は女性も意識したというおしゃれなコンパクト機。サイズは188×130×175mmで置き場所を選びません。

印象的な赤をバックに真空管が並ぶ姿は幻想的。アンティーク風のインテリアとしても活躍しそうですが、8W+8W(8Ω)の出力でしっかりとスピーカーを鳴らせます。

サイズ(scythe) デジタルオーディオアンプ SDAR-2100

D級増幅を採用したプリメインアンプ。1万円以内とリーズナブルな価格のため、エントリーモデルとしておすすめです。

低価格ながら完成度が高く、ヤマハ製チップ「YDA138」を使用したことによる自然な高音質もポイント。また、2種の給電方法に対応しているなど利便性にも優れています。サブ機にもおすすめのプリメインアンプです。

エヌモード(Nmode) プリメインアンプ X-PM7

高音質な「PDM変調D級増幅」を採用したプリメインアンプ。本方式は、ほとんどのD級アンプに採用される「PWM変調」に比べ自然の音波に近い動作を行うため音質に優れているのが魅力です。

エヌモードブランドを手がける株式会社リリックは新興メーカーながら、大手企業シャープでPDM変調の開発に携わった布村常夫氏が創業者。その音質の高さで多くのオーディオ愛好家や評論家から高い評価を受けています。従来のアンプの音とはひと味違うモノを求める方におすすめです。

ラックスマン(LUXMAN) プリメインアンプ L-550AXII

滑らかな音質が特徴のA級増幅を採用したプリメインアンプ。温かみがあってまろやかなサウンドが魅力です。

音質劣化要因を徹底的に排除できる高性能ボリューム「LECUA」やハイレゾ対応の広帯域再生をスムーズに行える独自回路「ODNF」により、現代的な情報量を備えた高音質が特徴のプリメインアンプです。

ライトアップされた出力メーターを備えたデザインは、インテリア性があっておしゃれ。老舗オーディオメーカーの伝統に裏付けられた信頼性の点でもおすすめです。

プリメインアンプのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プリメインアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。