プリメインアンプとは音声に特化したアンプのことで、これ1台でオーディオプレーヤーとスピーカーをつなぎ、サウンド環境をコントロールできるアイテムです。幅広い価格帯でさまざまな種類の製品があり、近年はハイレゾに対応した機種もラインナップしています。

そこで今回は、プリメインアンプのおすすめ人気モデルをご紹介。選び方のポイントや主要メーカー、ほかのアンプとの違いについても解説するので、興味がある方は購入時の参考にしてみてください。

プリメインアンプとは?

YAMAHA-A-S301

By: amazon.co.jp

「プリメインアンプ」とは、役割の異なる「プリアンプ」と「パワーアンプ」が一体化したアンプのこと。プリアンプとは、各種入力の切り替えと音量や音質の調整、電圧の増幅を行うアンプです。このプリアンプの信号を増幅させ、パッシブタイプのスピーカーへ送るアンプをパワーアンプと呼びます。

つまり、CDプレーヤーやレコードプレーヤーといった各種再生機器とスピーカーを接続し、入力切り替え・ボリューム・音質調整機能を備え、パッシブタイプのスピーカーを鳴らすまでの全てを1台で担えるのがプリメインアンプの魅力です。

DACやポータブルヘッドホンアンプとの違いは?

By: amazon.co.jp

最近注目されている”DAC”(ダック)こと「D/Aコンバーター内蔵アンプ」や、”ポタアン”こと「ポータブルヘッドホンアンプ」。プリメインアンプは「パッシブスピーカーを直接鳴らせる」という点でこれらの機器と全く異なります。

通常のDAC内蔵アンプはプリアンプであり、メインアンプとしての出力を持っていません。パッシブスピーカーを鳴らせる出力を有しているモノは「DAC内蔵プリメインアンプ」と言えます。デジタルオーディオ機器の普及により、最近はDAC内蔵プリメインアンプが増加。DACとアンプを別々に買うよりもコスト面で有利な上、場所も取らないため人気が高まっています。

一方、”ポタアン”とはイヤホンやヘッドホンを鳴らすのに特化したポータブル使用可能なバッテリー駆動型アンプのこと。中にはDACを内蔵した製品もあります。ポタアンは端子も規格も異なるため、パッシブスピーカーを鳴らすことはできません。

ちなみに、プリメインアンプの多くもヘッドホン端子を持つので「ヘッドホンアンプ」とも言えますが、ポータブル使用できるプリメインアンプというモノはなく、ポタアンとは全く異なります。これは、プリメインアンプが電力を多く消費するため、バッテリー使用できるポータブル機が存在しないためです。

プリメインアンプの選び方

入力端子で選ぶ

DENON_PMA-390RErea

By: amazon.co.jp

プリメインアンプは、CDプレーヤーやカセットデッキなどのアナログ音声出力に対応したアナログ入力を装備することが基本です。それに加えて、従来はレコード再生に必要な「フォノ入力」を持つモノが一般的でした。

最近では、CDに加えてブルーレイなどのデジタル音声出力機器の増加により、デジタル入力を持つモノやパソコンを使ったハイレゾオーディオにも対応するためのUSB入力、ネットワーク入力を持つモノも登場しています。したがって、自分の目的や必要性に応じた入力を備えたプリメインアンプを見極めることが大切です。

出力端子で選ぶ

プリメインアンプは出力端子が少ないことが、HDMI端子など多くの出力端子を搭載するAVアンプと大きく異なる点です。プリメインアンプの標準的な出力端子はライン出力やスピーカー端子、そしてヘッドホン出力が挙げられます。ライン出力端子数はモデルによって差が大きいので、接続予定の機器数を確認して、アンプの端子数をチェックしておくと安心です。

スピーカーターミナル(スピーカー端子)は、AとBの2系統を搭載したモデルが主流。スピーカーセレクターダイヤルを切り替えれば、2組のスピーカーをそれぞれ使用することも、同時に鳴らすことも可能です。1組のスピーカーを2組のケーブルで接続するバイワイヤリング接続をしたい場合は、2系統以上のスピーカーターミナルが必要になります。

ヘッドホン出力端子数は、通常1つです。なお、ヘッドホンで聴くことが多い方は、ヘッドホン出力専用アンプを搭載したプリメインアンプをチェックするとよいでしょう。

増幅素子と動作方式で選ぶ

GS-01

By: amazon.co.jp

プリメインアンプは、主にパワーアンプの増幅素子や動作方式の違いによって種類が分かれます。それぞれの方式で音質傾向などに違いがあり、機種ごとの個性にもつながる要素です。

たとえば、増幅素子に真空管を採用した場合、出力は小さく電気的な効率も低めですが、温かみのある音が出るといった傾向があります。増幅素子としては、半導体を使用した「ソリッドステート方式」が一般的です。

また、動作方式による分類がA級・B級・AB級・D級といった分類です。A級・B級・AB級はアナログ方式と呼ばれ、A級とB級のよい点を併せ持ったAB級が最も広く使用されています。D級はデジタル方式と呼ばれる方式です。

Bluetooth対応の有無で選ぶ

スマホやパソコン内の音楽ファイルを聴く方は、Bluetooth対応プリメインアンプがおすすめ。ワイヤレスで手軽に接続でき、スマホを一度登録しておけば、毎回ペアリングする必要がありません。

Bluetoothで送受信される音楽ファイルは、圧縮されているのがポイント。プリメインアンプによって、対応コーデック(圧縮形式の規格)が異なるので、チェックしておくと安心です。ちなみに、標準的なコーデックが「SBC」。より高音質な「AAC」、そのほかにも「aptX Low Latency」などのコーデックが一般的です。

Bluetooth対応アンプで便利なのが、「Bluetoothオフ」機能。無線通信はノイズ発生源となることがあるので、音質重視の方は通信をオンオフできるかどうかチェックしておくとよいでしょう。また、スマホからアンプ本体の電源をオンにできる「Bluetoothスタンバイ」機能を搭載したモデルもラインナップしています。

プリメインアンプのおすすめメーカー

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

日本を代表する老舗オーディオメーカーです。NHKと共同でデジタル録音の世界初実用化を実現するなど、極めて高い技術力を誇ります。1990年代には独自の高音質素子「UHC-MOS」を開発。以降も進化を続けており、歴史に裏打ちされた質の高い音が魅力です。

繊細さと力強さが両立した豊かなサウンドは「デノントーン」とも呼ばれるほどの人気ぶり。最新のハイレゾにも対応した高度なDACを搭載した新機種を展開するなど、不動の名門ブランドとしておすすめのメーカーです。

ラックスマン(LUXMAN)

By: amazon.co.jp

ラックスマンは1925年創業の日本最古の老舗オーディオメーカー。プリメインアンプをはじめとするアンプ類を主力とし、「ラックストーン」と呼ばれる温かみのある滑らかな音質が持ち味です。

真空管アンプやA級アンプといった趣味性の高い製品に強みがあります。また、伝統がありながらも新しい技術開発にも意欲的で、最新式のボリュームや回路の開発により、よりニュートラルな音質傾向も手に入れ、ユーザー層を広げているメーカーです。

マッキントッシュ(McIntosh)

By: amazon.co.jp

世界中に愛好家を持つアメリカの老舗人気オーディオメーカーです。漆黒のガラスパネルと”ブルーアイズメーター”と呼ばれる、青い照明つきの出力メーターによるデザインがトレードマーク。独特の艶やかさと厚みのある音が人気の理由で、半世紀以上前の機種も未だに多数使われ続けています。

真空管式と半導体式のアンプ両方に強いメーカー。また、インピーダンス変動に強く、広帯域の音声を劣化させない独自の出力トランスを装備しています。高価な製品が多く、誰にでもおすすめというわけにはいきませんが、一度は持ってみたいオーディオ界の憧れの存在です。

DAC内蔵型プリメインアンプのおすすめモデル

マッキントッシュ(McIntosh) プリメインアンプ MA5300

マッキントッシュのエントリークラスのニューモデル。DSD256などのデジタル入力に対応したのが、前機種との大きな違いです。DSD(ダイレクトストリームデジタル)はSACD(スーパーオーディオCD)で用いられている高音質の記録方式。

さらに、「新DA1デジタルモジュール」を採用しているのも大きなポイントです。スロットインモジュールを交換するだけで、将来の新たなデジタルフォーマットに対応できます。そのため、長く愛用できるのがメリットです。

デジタル入力はUSB端子と、SACDを接続できるMCT端子を各1系統。それぞれDSDに対応しています。そのほかにも、同軸デジタルと光デジタル端子を各2系統搭載。一方、アナログ入力はMMカートリッジ対応フォノ入力のほかに、5系統備えています。定格出力は100W+100Wと充分な能力。高級ブランドのマッキントッシュ入門用プリメインアンプとしておすすめです。

マランツ(Marantz) プリメインアンプ HD-AMP1

DACを搭載した、ハイレゾ対応のコンパクトなマランツ製プリメインアンプです。ハイレゾ音源に対応したUSB入力端子を2系統搭載。1つはフロントパネルに配置されているので、パソコンやスマホなどと接続しやすいのがメリットです。

iPodとのデジタル接続にも対応しており、iPodへ充電もできます。デジタル入力端子は同軸デジタル1、光デジタル入力が2系統、そしてアナログ入力端子も2つ搭載。音声出力端子はヘッドホン用、サブウーハー用を各1系統備えています。

定格出力は35W+35W。ブックシェルフタイプのスピーカー駆動用としては、充分の出力です。コンパクトモデルながら、ヘッドホン出力専用アンプを搭載しているのもポイント。ヘッドホンのインピーダンスや能率に応じて、3段階のゲイン切り替えができます。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークレシーバー R-N803

高品質コンバーターで定評があるESS社製DACを搭載した、ヤマハのハイレゾ対応ネットワークレシーバー。DSD5.6MHzのほか、192kHz/24bitのAIFFやWAVそしてFLAC、さらにはApple Losslessなど、多彩なハイレゾファイルを再生できるのがメリットです。

ネットワークはWi-FiとBluetoothに対応。ヤマハ独自のネットワークモジュールを搭載しているのがポイントです。ネットワーク再生する時に生じやすい、ジッターの発生を大幅に低減。ハイレゾファイルのデリケートな音の違いを、そのまま再生可能です。

デジタル音声入力端子は、光および同軸端子を計4系統搭載しています。アナログ音声入力は計5系統で、MMカートリッジ対応のフォノ入力端子も備えているのもポイント。ハイレゾ音源を中心に、幅広い音楽ソースで鑑賞する方におすすめのプリメインアンプです。

ヤマハ(YAMAHA) プリメインアンプ A-S301

実勢価格2万円前後とリーズナブルなヤマハのベーシックモデルです。定格出力は60W+60Wで、回路のレイアウトは上位機同様に左右対称のシンメトリカル構造を採用しており、音楽信号経路の最短化が図られています。そのため、信号の劣化が少ないのがメリットです。

192kHz/24bit対応のDACを内蔵しており、デジタル入力は同軸デジタルおよび光デジタル各1系統を搭載。一方、アナログ入力は、MM型対応のフォノ入力をはじめ、計6つの端子を備えています。出力端子はヘッドホンやサブウーファーなど5系統搭載。エントリーモデルとしては機能が充実しています。

小型スピーカーを使用する方や、あるいは夜間に小音量で再生することが多い方に便利な機能が、「コンティニュアス・ラウドネス」。一度設定しておけば、音量に合った最適な低音と高音のバランスで再生してくれる機能です。

パイオニア(Pioneer) インテグレーテッドアンプ A-70DA

プリアンプ部とパワーアンプ部、そして電源を分割した「プリ/パワーセパレート構造」を採用した、パイオニアのプリメインアンプハイエンドモデルです。

各ブロック間のノイズや共振を最小限に抑えるとともに、信号経路の最短化により、信号劣化を抑制しているのがメリット。さらに、3mm厚鋼板を底面に配置することで低重心化を徹底しているほか、ボディ剛性が高いので、共振ノイズが軽減されています。

192kHz/32bitのハイレゾ音源を再生可能なDACを搭載しているのもポイントです。アナログ音源再生時には、コンバーター部の電源を遮断。アナログ再生時の音質への悪影響がありません。また、MMおよびMC双方に対応したフォノ端子も備えているので、レコード派にもおすすめです。

デジタル・アナログともに高品質なデジタルアンプ。レコードやCD、そしてハイレゾ音源など幅広い音源の音楽を鑑賞する方におすすめのモデルです。

オンキヨー(Onkyo) ネットワークステレオレシーバー TX-8250

チューナーそしてDACを搭載しており、幅広い音楽ソースを再生できるオールインタイプのレシーバーです。ワイドFMに対応したFM・AMチューナーは、FM40局をプリセットできます。DACはDSDダイレクト再生に対応しているので、DSDファイルをPCMに変換することなく再生可能。また。ハイレゾファイルはFLACをはじめ、WAVやApple Losslessにも対応しています。

デジタル音声入力端子は、光デジタル、同軸デジタル各2系統。MM型フォノ端子のほかに、アナログ入力も6系統搭載しています。

無料の専用アプリ「OnkyoController」を利用すれば、iPhoneやAndroidスマホをリモコンとして利用できるのが特徴。そのほかにも、テレビやCDプレーヤーなどから光デジタル入力があると、自動で電源オンになる「デジタル入力スタンバイ」など、便利な機能も充実したモデルです。

DAC非内蔵型プリメインアンプのおすすめモデル

デノン(DENON) プリメインアンプ PMA-30

スペースが限られた場所で、高音質の音楽を楽しみたい方におすすめのプリメインアンプです。サイズは幅200×高さ86×奥行き258mm、重量2.7kgと軽量コンパクト。縦置き対応しているので、デスクトップやテレビの横などでもスペースを取りにくく、レイアウトしやすいアンプです。なお、ディスプレイ表示は、ボディの向きに合わせて自動で回転します。

本モデルは定格出力20W+20Wのデジタルアンプ。デジタル音源再生時には、すべてのプロセスをデジタルで処理するため、ノイズの影響が少ない点がポイントです。入力端子はアナログ入力1系統、デジタル音声入力端子として同軸デジタルを1つ、光デジタルを2系統搭載。最大192kHz/24bitのハイレゾファイル入力にも対応しています。

さらに、Bluetooth機能、およびヘッドホン出力専用アンプを備えているのも特徴。デジタル機器からの音楽を鑑賞することが多い方におすすめのプリメインアンプです。

ラックスマン(LUXMAN) プリメインアンプ L-505uXII

日本の老舗オーディオブランド、ラックスマンのロングセラーアンプ最新モデルです。アンプ動作は、現在主流のAB級を採用しています。AB級アンプは、歪みが少なく安定した増幅ができるA級と、効率性が優れるB級双方のメリットを活かせるのがポイント。定格出力は100W+100Wです。

プリアンプ回路出力部には、同社製コントロールアンプのハイエンドモデルC-900uと同等のディスクリートバッファー回路を搭載。音楽信号を劣化させることなく、パワーアンプ部に引き渡します。そのため、立ち上がりが鋭くスケール感ある音で再生できるのが魅力です。

また、音量調節が88段階と多いのも特徴。きめ細かいスムーズな音量調節が可能です。レコードプレーヤー用のフォノ入力端子はMMおよびMCに対応しています。オーソドックスなピュアオーディオタイプのプリメインアンプを探している方におすすめのモデルです。

マランツ(Marantz) プリメインアンプ PM-12

定格出力200W+200Wと大出力の、マランツ上位モデルです。大型スピーカーでも、余裕をもってドライブできるのがメリットです。

従来、大きなスペースを占めていたパワーアンプ部を小型化。プリアンプ部のために空間を広げています。その結果、音質重視のレイアウトが可能になり、プリアンプ専用の大容量電源を搭載。電源には2重のシールドを施してあるので、回路への悪影響も抑制しています。

ボリューム部分に、JRC製の「リニアコントロール・ボリューム」を採用しているのもポイント。機械式ボリュームで発生しやすい、左右チャンネル間の音量差が生じないのが特徴です。また、可変抵抗体を使用していないので、パーツの劣化による音質の変化もありません。

入力端子およびスピーカー出力には、純銅削り出しのパーツを採用。導電性が高いので、力強く安定感ある再生ができます。長く愛用できるプリメインアンプを探している方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ステレオアンプ STR-DH190

実勢価格1万円台とリーズナブルながら、機能が豊富なソニーのエントリーモデルです。FM30局プリセットが可能なFM・AMチューナーを搭載した、レシーバータイプのプリメインアンプ。スマホやタブレットなどと連携しやすいBluetoothに対応しているのもポイントです。

MMカートリッジ対応のフォノ入力など、アナログ入力端子は計5系統を備えています。出力端子は1系統のアナログ出力ほか、ヘッドホン端子を搭載。スピーカーターミナルも2系統備えています。新開発の高剛性シャーシを採用したことにより振動が抑えられているので、歯切れのよい音がポイントです。

本モデル最大の魅力は、コストパフォーマンスの高さ。実用最大出力100W+100Wと、出力も充分な性能です。CDプレーヤーやテレビ、そしてブルーレイレコーダーと接続して、手軽にハイクオリティなサウンドを楽しみたいという方におすすめします。

パイオニア(Pioneer) インテグレーテッドアンプ A-30

リーズナブルなエントリーモデルながら、基本性能が充実したパイオニアのプリメインアンプです。内部レイアウトが左右対称の「シンメトリカル・パワーアンプ」を搭載。全帯域にわたり各チャンネルを分離することで、歪みが少ない音響を左右のスピーカーで再生可能です。

パワーアンプ部・プリアンプ部、そしてコントロール部の3系統に、それぞれ独立した電源回路を搭載。信号の相互干渉を抑制しています。また、コントロール部電源に、ノイズの少ないショットキーバリアダイオードを採用しているのもポイント。パワーアンプ部電源にノイズが少ないクリーンな電力を供給しています。

スピーカーターミナルは2系統搭載。欧米製品に多い、インピーダンス4Ωのスピーカーに対応しているのもポイントです。また、MM用フォノ端子も備えているので、レコードも高音質で再生可能。基本を抑えた、オーソドックスなプリメインアンプを探している方におすすめします。

ケンブリッジオーディオ(Cambridge Audio) TOPAZ AM5

ケンブリッジオーディオは1968年に設立されたイギリスのオーディオブランド。「Nothing added, nothing taken away.(何も足さず、何も引かない)」。原音に忠実な音作りをモットーとしています。

本モデルは、エントリークラス最高の音質を目指して開発されたプリメインアンプ。音の解像度が高い一方で、聴き疲れしない柔らかな音が魅力です。定格出力は25W+25W。出力を敢えて抑えめにすることで、バランスのとれた音質を実現しています。

入力系統は背面に4系統。フロントパネルには、ポータブルプレーヤー用の入力端子に加え、携帯音楽プレーヤーと接続できる3.5mmジャックを備えています。

ケンブリッジオーディオは、ブリティッシュロックなどのポップス系音楽を用いて、機器をチューニングしているのがポイント。そのため、特にロックやポップス、さらにはR&Bなどの音楽と相性がよいことで定評があります。ポップス系音楽好きの方におすすめのリーズナブルなプリメインアンプです。

プリメインアンプのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プリメインアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。