「真空管アンプ」とは、かつて電気製品に広く使われていた真空管をオーディオに適用したアンプのことです。サウンドは柔らかく、真空管にしかない音が出せるので、根強い人気があります。

そこで今回は真空管アンプのおすすめモデルをピックアップ。特徴や選び方、おさえておくべきメーカーについてもご紹介するので、サウンドクオリティにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

真空管アンプとは?

By: amazon.co.jp

真空管アンプとは、オーディオコンポであるアンプの増幅に「真空管」を使用したモノ。アンプはCDプレーヤーなどから受け取った小さな電気信号を大きな音で鳴らせるように増幅するのが役目です。

アンプはボリューム調整や音質調整に関わるプリアンプ部と、スピーカーを鳴らすために大きな電力を扱うパワーアンプ部に分かれますが、双方ないし一方に真空管を増幅素子として使用するモノが真空管アンプとなります。

なお、一般的なアンプは増幅素子にトランジスタ(半導体)を使用しているので、混同しないように注意しましょう。

真空管アンプの特徴

音質面

By: amazon.co.jp

真空管アンプの特徴は、なによりもその音質。一般的なアンプ(トランジスタアンプ)と比べて、温かみのある柔らかくて滑らかな音が特徴です。

その理由として、真空管アンプは信号増幅時に偶数次の歪みが多く付加されることが挙げられます。偶数次の歪みは、超高音がカットされたCD音源には含まれない一方、自然の音には含まれるもの。真空管アンプによって人間が好む倍音を増加させることができます。

一方、トランジスタアンプは音の情報量は多く、ノイズは少なめで、広範囲の音域をカバー。真空管アンプと比べると、どことなく冷たく、耳にきつい音と表現されることがあります。

特性面

By: amazon.co.jp

真空管アンプは部品が大きく場所を取るほか、真空管自体に寿命があるため、いずれ交換が必要になるといった実用面でのデメリットがあります。

また、物理特性の数値では真空管アンプはトランジスタアンプに比べて下位。ノイズの少なさ、周波数範囲の広さなど、オーディオにおいて重視される要素でも劣ります。この違いが両者の音の違いの一因です。とはいえ、特性面の優劣がそのまま音の優劣に結びつかないので、その点は留意しておきましょう。

見た目

By: amazon.co.jp

真空管はガラス管の中を真空にして、その中でヒーターを使って電極を温めて動作します。ガラス管の外見そのものと動作時にほんのりと明るく光る様子はノスタルジックで、レトロ感のある雰囲気を楽しめます。何十年も前にはよく見られた光景ですが、現在は見かける機会が減っているのが現状です。

多くの真空管アンプは真空管が前面に露出するようになっているのも特徴。真空管アンプはトランジスタアンプにはない、独特な音と見た目の魅力を兼ね備えたおしゃれなオーディオ機器とも言えます。

真空管アンプってどんな方におすすめ?

By: amazon.co.jp

真空管アンプは、オーディオ機器に物理特性の優秀さではなく、音の生々しさや魅力的な音色を、より追求したい方に向いています。細かな音の情報量よりも楽器の溶け合いや場の雰囲気の再現に優れるので、音楽をリラックスして聴きたい方にもおすすめです。

ただ、真空管アンプは熱を持ちやすく、真空管の交換もいずれ必要となります。置き場所や使いこなしに一定の知識と理解が必要となるので、その点は注意が必要です。また、半導体アンプに比べてスピーカーも選ぶ傾向にあるので、アンプ以外の機器を買い揃えることも考えられます。真空管アンプを導入する際は予算に余裕を持っておきましょう。

真空管アンプの選び方

アンプ形式で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的にアンプと言えば、プリアンプとパワーアンプが一体化したプリメインアンプのこと。再生機器とスピーカーがあれば音が出るので使いやすいのが特徴です。真空管アンプでもプリメインアンプが主流。メーカーや価格の選択肢も複数あります。

真空管アンプは価格のわりに出力が小さい傾向にあるので、ハイコスパに大出力を得たいならプリアンプのみを真空管式にする方法もあります。なお、真空管式プリアンプには小型で安価なものもあるので、幅広くチェックしておきましょう。

真空管アンプのなかでも、比較的オーディオ上級者向けなのが「真空管パワーアンプ」。高価格帯ではあるものの、真空管では難しい大出力を発するのが特徴です。真空管パワーアンプにはハイクラスの真空管を使用したモデルも見られます。真空管アンプで高度な再生を目指すには向いていますが、予算だけでなく、知識や経験も要求されるので、購入する際は慎重に検討してください。

真空管の種類と回路

By: amazon.co.jp

真空管アンプは使用する真空管の種類、回路の方式によってさまざまな製品があります。オーディオ用真空管のおおまかな種類は形状で分類され、おもにST管、GT管、MT管の3つ。そこからさらに細分化されます。なお、ST管の「300B」、GT管の「6CA7(EL34)」や「KT88」が人気です。

回路方式としては、シングルアンプとプッシュプルアンプがあります。シングルアンプは出力管を左右1本ずつ使用した回路。出力は低いものの、真空管アンプならではの音が出やすいのがメリットです。

プッシュプルは左右2本ずつ使う回路で、シングルの2倍以上の出力を発します。出力をさらに増やすためには、3本、4本と増やしていくことになりますが、増せば増すほど高価で大型になるだけでなく、真空管らしい音の特徴も薄まるので、その点は注意しておきましょう。

出力の大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

真空管アンプは総じて「シンプルな回路は小出力だが真空管らしい音」を堪能できる一方、構造が複雑で大規模になると「大出力ながら真空管らしい音は後退する」といった傾向があります。

シングルアンプは数W程度の出力しかありませんが、真空管アンプには多いタイプです。価格や大きさからを考慮すると、まずはシングルアンプから入ることをおすすめします。この場合、一般的なスピーカーを大音量で鳴らすのは難しいので、使い方に工夫が必要です。

例えば、デスクトップにスピーカーを置いて、1m以内に近づいて聴く方法。また、少し大きめの音でスピーカーを鳴らしたいならスピーカーの能率が85dB、できれば88dB以上のモノから選ぶのがおすすめです。スピーカーを離れた場所から大音量で鳴らしたいなら、10W以上のアンプを検討するとよいでしょう。

真空管アンプのおすすめメーカー

ラックスマン(LUXMAN)

By: amazon.co.jp

1925年に大阪で創業した日本の老舗オーディオメーカー。真空管がアンプ用増幅素子の主流だった時代から知られており「日本の真空管アンプと言えばラックスマン」と言われるほど、業界を牽引しています。

木製のキャビネットとアルミ削り出しのフロントパネルが特徴の真空管プリメインアンプ「SQ-38」(1964年)といった数々の名機を送り出しているのも特徴。音に艶がありながらも自然で爽快感のあるサウンドは「ラックストーン」と呼ばれて親しまれてきました。真空管アンプを発売し続けており、音を追求し続けているのも魅力です。

マッキントッシュ(McIntosh)

By: rakuten.co.jp

アメリカで1949年に創立されたアンプメーカー。50年以上前の製品である真空管パワーアンプ「MC275」真空管プリアンプ「C22」は歴史に残る逸品と言われ、現在でも復刻版が発売されているほどです。

艶やかで厚みのある独特なサウンドは「マッキントーン」と呼ばれ、多くのオーディオ愛好家を魅了。サウンドにこだわりがある方はぜひ1度聴いてみてください。

トライオード(Triode)

By: amazon.co.jp

1994年に埼玉県で創業した日本のオーディオメーカー。高音質で高品位な真空管アンプを手頃な価格でラインナップしているのが特徴で、オーディオ初心者でも扱いやすい製品をラインナップしています。

半完成品のキットや高級機も手がけており、オーディオ愛好家の要求にも応えらえる懐の深さも魅力。国内メーカーならではのアフターサービスも充実しています。

真空管アンプのおすすめ人気モデル

イーケイジャパン(ELEKIT) 真空管アンプキット TU-8100

イーケイジャパン(ELEKIT) 真空管アンプキット TU-8100

リーズナブルながら本格的、しかも場所も取らない真空管プリメインアンプ。オーディオ用真空管、PCL86(14GW8)を2本使用。内部基板上のジャンパーを切り換えるだけで、別売りのCL86(6GW8)に交換もでき、音の違いも楽しめます。出力は2W+2Wと小さめ。小型スピーカーを近接聴取するのに向いています。

安さの理由はユーザーが一部を組み立てるキット式のため。ドライバーやはんだごてなどの工具が必要ですが、初心者にも簡単に組み立てられる設計と詳細な説明書の配慮があるのでハードルは決して高くはありません。日本を代表する電子工作キットメーカーのおすすめ製品です。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管プリメインアンプ LX-380

ラックスマン(LUXMAN) 真空管プリメインアンプ LX-380

ラックスマンが培ってきた長年のノウハウと技術が融合した、ハイパフォーマンスな真空管プリメインアンプです。出力用真空管にはGT管の「6L6GC」×4を使用。プッシュプルアンプ回路による20W+20Wの大出力に対応しており、幅広いスピーカーを十分な音量で鳴らせます。

独自の「LECUA」回路ボリュームを搭載。音量位置での音質変化・経年劣化・左右バランスの変化の少ないデバイスで、往年の名機にはないアドバンテージをもっています。

フォノMM/MC入力対応、トーンコントロール、リモコン対応の多機能性も魅力。艷やかで厚みのある真空管ならではの音質を存分に楽しめます。名機の系譜を受け継ぐ木箱入りのレトロデザインもおすすめポイントです。

トライオード(Triode) 真空管プリメインアンプ Ruby

トライオード(Triode) 真空管プリメインアンプ Ruby

レッドカラーの塗装が目立つ真空管プリメインアンプ。女性の使用も意識したおしゃれでコンパクトなアンプとして開発されました。

使用真空管は MT管の「6BQ5」×2、「12AX7」×2。シングルアンプ回路として出力は最大3W+3Wです。デザインに注力していても、そこは真空管アンプに定評のあるトライオード。小音量でも高品位な音が楽しめる純A級回路を採用し、オーディオ愛好家も満足できる高音質を備えます。

ヘッドホン端子も搭載。4本の真空管がほんのり明るくなる様子の美しさは格別で、インテリアとしても映えるおすすめモデルです。

Nobsound 真空管プリメインアンプ Mini 6N6+6N2

Nobsound 真空管プリメインアンプ Mini 6N6+6N2

真空管をプリ/パワーアンプの両方に採用した真正の「真空管プリメインアンプ」。破格とも言えるリーズナブルなモデルですが、安価な「真空管アンプ」がプリ/パワーのいずれかに半導体を使用しているタイプとは一線を画します。

真空管は「6N2」×1 、「6N6」×2を使用し、10W+10Wの出力。小型スピーカーを中心に音量も十分確保できます。124×175×150mmのコンパクトサイズもポイント。高価な本格機とは異なり、電源部の簡素化は価格相応と言えますが、真空管ならではの滑らかで奥行きのある音を手軽に楽しめるのがおすすめです。

トライオード(Triode) 真空管プリメインアンプ TRV-35SER

トライオード(Triode) 真空管プリメインアンプ TRV-35SER

トライオードを代表するモデル「TRV-34SE」の後継機である「TRV-35SER」。リーズナブルでも高音質で本格派というトライオードの評価を決定づけた名機の流れを汲んでいます。

真空管はプリアンプ部に「12AX7」×1、「12AU7」×2、そしてパワーアンプ部に定番の「EL34」×4を使用。AB級動作によるプッシュプル回路を採用し、35W+35Wと大出力を発します。「EL34」の持ち味である高音の伸びやかさを備えつつ、バランスのよいサウンドが特徴です。

MM対応フォノ入力、ヘッドホン端子搭載、リモコン付属と機能面も充実。真空管アンプでは弱点とされる物理特性も優秀。オーディオ初心者から上級者までおすすめできるモデルです。

バトラー(BUTLER) 真空管式ステレオ・プリメインアンプ Vacuum 6W MK2

バトラー(BUTLER) 真空管式ステレオ・プリメインアンプ Vacuum 6W MK2

パワーよりも質を重視するA級動作を採用した真空管プリメインアンプです。真空管は「EL84(6BQ5)」×2、「ECC83(12AX7)」×1で使用。出力は3.5W+3.5Wと小さめですが、周波数特性は20Hz~50000Hzとハイレゾ音源にも十分対応できる現代的なハイスペックを備えています。

幅20cmとコンパクトなので、デスクトップシステムでの近接聴取もおすすめ。ポータブルプレーヤーも接続できるステレオミニ入力も便利。ヘッドホン端子も搭載されているので、集中してお気に入りのサウンドを楽しみたい方におすすめです。

キャロットワン(Carot One) ERNESTOLO 50K EX

キャロットワン(Carot One) ERNESTOLO 50K EX

真空管をプリアンプ部のみに使い、パワーアンプ部にはトランジスタを使ったハイブリッド方式のプリメインアンプ。「キャロットワン(Carot One)」は イタリアのメーカーで、パワーアンプ部に高効率で小型のD級増幅を採用したコンパクトでおしゃれなデザインのアンプをリリースしているのが特徴です。

本モデルもオレンジ色の印象的なアルミボディに、ガラスブロックで真空管を覆う特徴的なデザインを採用。オブジェのような佇まいが魅力的です。

プリアンプ部に真空管「ECC 802 SG」を採用。出力は25W+25W(4Ω)と十分で、幅広いスピーカーを難なく鳴らします。コンパクトなので置き場所も選びません。真空管らしい柔らかな音色と現代的な安定感を両立したアンプとしてもおすすめです。

ノースフラットジャパン FX-AUDIO- 真空管プリアンプ TUBE-01J

ノースフラットジャパン FX-AUDIO- 真空管プリアンプ TUBE-01J

リーズナブルでコンパクトな真空管プリアンプ。「FX-AUDIO-」はオーディオ機器を取り扱う「ノースフラットジャパン」の自社ブランドで、中国製アンプをベースに、高品位部品への変更や内部の再設計により、ハイコスパで高音質なモデルを多数送り出しているのが特徴です。

本機は高精度軍用真空管を2本使用し、真空管らしい滑らかで温かみのあるサウンドと、機器としての信頼性を備えます。

なお、電源用ACアダプターは別売りなので、その点は注意が必要。なお、パワーアンプやDACを用意する際はサイズ・デザイン・音質マッチングの点から同ブランド品で揃えるのがおすすめです。

ELEGIANT Bluetooth真空管プリメインアンプ/ヘッドホンアンプ

ELEGIANT Bluetooth真空管プリメインアンプ/ヘッドホンアンプ

リーズナブルなハイブリッド方式のプリメインアンプ。プリアンプ部のみに真空管を使用し、パワーアンプ部にはD級増幅を採用し、コンパクトサイズながら50W+50Wの大出力を発します。高音・低音の調整機能が搭載されているのもポイント。好みの音質を追求できます。

Bluetooth入力が備わっているのも魅力。スマホなどからワイヤレスで再生できるので便利です。ヘッドホン端子も用意されているので、夜間など大きな音を出せない時も楽しめます。本製品は6000円台と格安。真空管の交換にも対応するので、真空管アンプを初めて導入したいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

イーケイジャパン(ELEKIT) 300Bシングル真空管アンプキット TU-8600R

イーケイジャパン(ELEKIT)  300Bシングル真空管アンプキット TU-8600R

ST管の「300B」を使用する回路を採用した真空管プリメインアンプ。「300B」は直熱3極管という真空管の原理に近いシンプルな構造を持ち、真空管らしい柔らかな音に加え、純度が高くきめ細かいサウンドが持ち味です。

「300B」を使用したモノはかつて真空管アンプの代表格としてオーディオ愛好家を中心に人気がありましたが、真空管の衰退とともに減少。また、高度な設計ノウハウが必要なため、現行品の多くは高額となっています。

本モデルは真空管を別売り、さらに組み立てキット方式を採用することで価格は10万円と良心的。国内外で大きな反響のあった注目モデルです。

定格出力は9.2W+9.2W。真空管に負荷をかけにくい高耐久設計と低ノイズ仕様なども魅力です。真空管の真髄に触れたいオーディオ愛好家の方はぜひ購入を検討してみてください。

soundfun 真空管ハイレゾアンプ SFD225HRHB

soundfun 真空管ハイレゾアンプ SFD225HRHB
現代的な音声入力に対応した真空管プリメインアンプです。PCとのUSB接続により、最大24bit/96kHzのハイレゾ音源を再生することが可能。また、AACコーデックにも対応するBluetooth入力も搭載しています。

使用真空管はMT管の「6N3(5670)」で出力も25W+25Wと十分。幅150mm、重量590gのサイズ感も魅力です。アルミダイキャストの美しい質感と真空管の淡い光の組み合わせはデザイン性も良好。インテリアとしても映えるおすすめ製品です。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管プリアンプ CL-38uC

ラックスマン(LUXMAN) 真空管プリアンプ CL-38uC

多機能性を備えた真空管プリアンプ。使用している真空管は「ECC83S」×3、「ECC82」×5で、アナログXLRバランス入力を搭載しています。伝送時のノイズを抑えられるバランス接続に対応しているのもポイントです。往年の名機も含め真空管アンプではバランス接続に対応機器が少ないので、その点で本製品は注目されています。

また、レコードのMCカートリッジ用回路に注力したフォノ入力に対応しているのも特徴。音質調整機能やリモコンも付属しているので、使い勝手は良好です。1970年代風のレトロなデザインに仕上がっているのも魅力。満足度の高いオーディオ機器を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管ステレオパワーアンプ MQ-300

ラックスマン(LUXMAN) 真空管ステレオパワーアンプ MQ-300

オーディオ用真空管の代表格である「300B」を使用したパワーアンプです。「300B」の音色を生かせるシングル構成は確保しつつ「300B」としては異例の8W+8Wと高出力。芳醇なサウンドを幅広いスピーカーで堪能できます。

「300B」は「高槻電器工業」による国産品を使用し、高信頼で耐久性に優れる点も魅力です。電源やパーツ、シャーシなどにもこだわり、繊細さと力感を両立した生々しい高音質を聴かせます。価格は100万超えとかなり高価ですが、ハイエンドクラスの逸品を求めている方は検討してみてください。

トライオード(Triode) 真空管パワーアンプ TRX-P88S

トライオード(Triode) 真空管パワーアンプ TRX-P88S

出力管として人気のあるGT管「KT88」をA級シングルで動作させるステレオパワーアンプ。出力は10W+10Wで、通常の音楽鑑賞には十分なパワーです。KT88に由来する音の厚みや密度感を感じさせる力強いサウンドと、A級シングルアンプらしい滑らかさを兼ね備えています。

基本的にはRCA入力1系統のパワーアンプですが、スイッチの切替で、前面ボリュームを使ったシンプルなプリメインアンプとしての使用も可能です。

Little Bear ポータブル真空管ヘッドホンアンプ BLK B4-X

Little Bear ポータブル真空管ヘッドホンアンプ BLK B4-X

ヘッドホンやイヤホンを駆動するためのヘッドホンアンプ部のみで構成されたモデル。低電力で動作可能なため、内蔵バッテリーで最大4.5時間駆動でき、モバイル用途でも使用が可能です。また、コンパクトなので持ち運びもラクラク。真空管は「5899」を使用しています。

ヘッドホン端子は通常のステレオミニに加えて、2.5mm径バランス端子も搭載。より立体なサウンドを楽しめます。価格も安く、スピーカーを持っていない方にも手軽に真空管サウンドに体感できるおすすめモデルです。

イーケイジャパン(ELEKIT) 真空管ハイブリッドポータブルヘッドホンアンプ TU-HP03

イーケイジャパン(ELEKIT) 真空管ハイブリッドポータブルヘッドホンアンプ TU-HP03

単三形乾電池4本で駆動できるポータブルヘッドホンアンプ。真空管には小型で発熱の少ないサブミニチュア管「Raytheon:6418」を採用しているので携帯性にも優れています。音質を左右する重要パーツであるオペアンプの交換にも対応。好みの音質の追求もできます。

真空管アンプで気になりやすい無音時のノイズを、回路の工夫により大幅に減少。静かな場所でクラシック音楽を聴いてもノイズが気になりません。電源オンですぐ使えるのも、立ち上がりの遅い傾向のある真空管アンプとしては特筆もの。モバイル専用と言わず屋内でも使いたい優秀モデルです。

アイファイオーディオ(iFi Audio) iFi micro iTube2

アイファイオーディオ(iFi Audio) iFi micro iTube2

イギリスのオーディオメーカー「アイファイオーディオ(iFi Audio)」による真空管プリアンプ。真空管には音質に定評のある「General Electric 5670」を採用しています。

アンプ部の音色を3つのモードから選択して調整でき、低域を増強する「X BASS+」や音の立体感を向上させる「3Dホログラフィック+」機能など、ボリューム調整だけでなく、音に味付けをする用途を意識しているのが特徴です。

高性能なDACを得意とするメーカーだけに、ハイレゾ音源のような高音質ソースとの相性もばっちり。デジタル音源に真空管の味わいを加えてみたい方にもおすすめです。

城下工業(Sound Warrior) 真空管バッファ付D級パワーアンプ SWD-TA10

城下工業(Sound Warrior) 真空管バッファ付D級パワーアンプ SWD-TA10

長野県に拠点を置く音響機器メーカー「城下工業」による真空管アンプ。「12AU7」真空管をプリアンプ部に用い、パワーアンプ部は小型でもパワーが出せるD級アンプで駆動するハイブリッド構成を採用し、コンパクトながら12W×12Wの出力を確保しています。

現代的な外観に見えますが、使用中はほんのりとオレンジ色に真空管が光る仕様。フロントパネルの窓から確認でき、味わいある雰囲気を楽しめます。サイズとデザインを揃えたCDプレーヤーやDACも用意しているので、気になる方はチェックしておきましょう。

ATTOZEN 真空管アンプ Reisong A10

ATTOZEN 真空管アンプ Reisong A10

人気の出力管「EL34」を使用した真空管プリメインアンプ。真空管は「EL34B」×2、「6N2J」×2、「5Z4PJ」×1 を使用し、6W+6Wの出力を発します。

ステンレスシャーシにカバー付きのトランスが載った外観は高級機レベルの豪華さ。なお、「ATTOZEN」は中国メーカーですが、本製品は日本国内で数時間のランニングテストを行って動作確認を行っています。ハイコスパで信頼性の高いアンプとしておすすめです。

ヤーランド(YARLAND) 真空管プリメインアンプ TJ88/34-P KT88

ヤーランド(YARLAND) 真空管プリメインアンプ TJ88/34-P KT88

さまざまな音が1台で楽しめるプリメインアンプ。標準で「KT88」を出力管に4本搭載。プッシュプル回路の採用により40W+40Wの大出力で、厚みと艶のある真空管サウンドをパワフルに楽しめます。また、音質傾向の異なる「EL34」「6L6」など全5種類の真空管に、難しいバイアス調整なしに交換することが可能なのも特徴です。

XLRバランス入力を備えるのもポイント。天然木から削り出されたフロントパネルやピアノブラック塗装のパーツも魅力です。なお、「ヤーランド(YARLAND)」は中国メーカーながら日本代理店による企画設計とアフターサービスにより、信頼性が高いのもポイント。お得感のあるおすすめ製品です。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管パワーアンプ MQ-88uC

ラックスマン(LUXMAN) 真空管パワーアンプ MQ-88uC

真空管アンプにおいて、音質や性能を決定付けるパーツである出力トランスを重視したパワーアンプです。同メーカーの往年の名機にも搭載されてきたアルミ・ダイキャストケース入り出力トランスを再設計して搭載。出力管にはGT管「KT88」4本をプッシュプルで使用し、3極管接続として25W+25Wのハイパワーを得ています。

自然でクセの少ない低歪みなサウンドを基本に、真空管らしい芯のある表現力と最新音源にも対応できる繊細さを兼備。真空管アンプらしいレトロな外観を楽しみつつも、増幅方式に左右されない高音質を備えた逸品としておすすめです。

マッキントッシュ(McIntosh) 真空管プリアンプ C22

マッキントッシュ(McIntosh) 真空管プリアンプ C22

1962年に発売された真空管プリアンプの名機「C22」の復刻版。同メーカーの顔と言えるブラックガラスのフロントフェイスを採用しているのが特徴です。本モデルはオリジナルの外観はほぼそのままに、内容は現代的に改良しています。

真空管はフォノ回路とプリアンプ部に「12AX7A」を2本ずつ搭載。最新の電子パーツを使用し、厚みと輝きのある「マッキンサウンド」を低ノイズかつ低歪みに楽しめます。オリジナルでは不可能なバランス接続への対応もおすすめポイントです。

マッキントッシュ(McIntosh) 真空管パワーアンプ MC75

マッキントッシュ(McIntosh) 真空管パワーアンプ MC75

1961年に発売された真空管パワーアンプ「MC75」の復刻版。オリジナルモデルは、厚みとパワーを兼ね備えた音で真空管アンプの歴史的名機と称賛されています。

使用真空管は「12AX7」×1、「12AT7」×2、「KT88」×2。この構成で75Wもの大出力を発するのは注目すべき点。音の塊が迫ってくるようなサウンドは、ジャズに最適です。往年の外観はそのままに、現代的な再設計を採用することでパフォーマンスを向上。XLRバランス入力に対応しているのも便利です。

なお、チャンネルごとに筐体が分かれている「モノラル構成」のため電源を2口から取ることになるほか、本体サイズは大型で場所も取ります。音質やデザインマッチングの面からは同じマッキントッシュのプリアンプとの併用がおすすめです。

上杉研究所(UESUGI) 真空管式モノラル・パワーアンプ U-BROS-300AHPS

上杉研究所(UESUGI) 真空管式モノラル・パワーアンプ U-BROS-300AHPS

「上杉研究所」は多くの真空管アンプを手掛けてきた実力派メーカーです。独自の技術を開発し、真空管の可能性を探る意欲作をリリースしています。本モデルでは名品「300B」を交流点火による無帰還シングル回路で使用しています。

交流点火の音質的メリットは知られつつも、真空管毎に固有の調整が必要な困難から現実的ではありませんでした。それを、最新デジタル技術を駆使して克服し採用。低ノイズで力強いサウンドを聴かせます。

「300B」ならではの彫りの深い豊かな表現力も魅力。12W+12Wとパワーも十分です。ハイエンドモデルを求めている方は候補として検討してみてください。

オクターブ(OCTAVE) 真空管プリメインアンプ V16 Single Ended

オクターブ(OCTAVE) 真空管プリメインアンプ V16 Single Ended

「オクターブ(OCTAVE)」はドイツの真空管アンプメーカー。その特徴は、真空管を過去のデバイスとしてではなく、現在も最先端で通用するアンプ素子として捉えている点です。その卓越した技術により発せられるサウンドは、最新スピーカーも鳴らし切れる真空管アンプとして、オーディオ愛好家から高く評価されています。

本モデルは真空管アンプの理想形のひとつながら、設計の難しい「シングルエンドA級方式」を採用。ナチュラルで明瞭、そして魅惑的な音を聴かせます。最新アンプと遜色のない広帯域と低ノイズ性もポイントです。

パワーアンプ部の真空管は、ST管「KT120」を搭載。「KT150」「KT88」「6550」「EL34」等と差し替えが可能なのも大きな魅力。プリアンプ部の真空管は「ECC82」×1、「EF800」×2を使用しています。出力は最大8W+8W。高能率スピーカーとの使用がおすすめです。