「真空管アンプ」とは、かつては電気製品に広く使われていた真空管を使ったオーディオ用アンプのことです。サウンドは柔らかく”真空管にしかない音”が出せるので、根強い人気があります。

そこで今回は真空管アンプのおすすめモデルをピックアップ。特徴や選び方、おさえておくべきメーカーについてもご紹介するので、オーディオにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

真空管アンプとは?

By: amazon.co.jp

真空管アンプとは、オーディオコンポであるアンプの増幅に「真空管」を使用したモノ。アンプはCDプレーヤーなどから受け取った小さな電気信号を大きな音でスピーカーを鳴らせるように増幅するのが役目です。

アンプはボリューム調整や音質調整に関わるプリアンプ部とスピーカーを鳴らすために大きな電力を扱うパワーアンプ部に分かれますが、双方ないし一方に真空管を増幅素子として使用するものが、真空管アンプとなります。なお、一般的なアンプは増幅素子にトランジスタ(半導体)を使用しているので、混同しないようにしましょう。

真空管アンプの特徴

音質面

By: amazon.co.jp

真空管アンプの特徴は、なによりもその音質。一般的なアンプ(トランジスタアンプ)と比べて、温かみのある柔らかくて滑らかな音が特徴です。

この理由として、真空管アンプは信号増幅時に偶数次の歪みが多く付加されることが挙げられます。偶数次の歪みは、超高音がカットされたCD音源には含まれない一方、自然の音には含まれる高音の倍音が発生することを意味し、まろやかな響きが付加された好ましい音になるというものです。

一方、トランジスタアンプは音の情報量は多く、ノイズは少なめで、広範囲の音域をカバーします。ただ真空管アンプと比べると、どことなく冷たく、耳にきつい音と表現されることがあります。

特性面

By: amazon.co.jp

物理特性の数値では真空管アンプはトランジスタアンプに比べて下位。偶数次の歪みについても本来ならば余計な歪みです。その他、ノイズの少なさ、周波数範囲の広さなど、オーディオにおいて重視される要素でも劣ります。この違いが両者の音の違いの一因です。

ところが、特性面の優劣がそのまま音の優劣に結びつかないところがオーディオの妙。また、部品は大きく場所を取る上、真空管自体には寿命があるため、いずれ交換が必要になるといった実用面でのデメリットはあります。

見た目

By: amazon.co.jp

真空管はガラス管の中を真空にして、その中でヒーターを使って電極を温めて動作します。ガラス管の外見そのものと動作時にほんのりと明るく光る様子は、ノスタルジックなレトロ感のある雰囲気です。何十年も前にはよく見られた光景ですが、現在は見かける機会が減っているのが現状です。

この見た目を生かすため、多くの真空管アンプは真空管が前面に露出するようになっているのも特徴。真空管アンプはトランジスタアンプにはない、独特な音と見た目の魅力を併せ持ったおしゃれなオーディオ機器とも言えます。

真空管アンプってどんな方におすすめ?

By: amazon.co.jp

真空管アンプは、オーディオ機器に物理特性の優秀さではなく、音の生々しさや魅力的な音色を、より追求したい方に向いています。細かな音の情報量よりも楽器の溶け合いや場の雰囲気の再現に優れるので、音楽をリラックスして聴きたい方にもおすすめです。

ただ、真空管アンプは熱を持ちやすく真空管の交換もいずれ必要など、置き場所や使いこなしに一定の知識と理解が必要。半導体アンプに比べてスピーカーも選ぶ傾向があるので、アンプ以外の機器への配慮もできる方は導入を検討してみてください。

真空管アンプの選び方

アンプ形式で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的にアンプと言えば、プリアンプとパワーアンプが一体化したプリメインアンプのこと。再生機器とスピーカーがあれば音が出るので使いやすいのが特徴です。真空管アンプでもプリメインアンプが主流。メーカーや価格の選択肢も複数あります。

真空管アンプは出力が価格の割に小さい傾向があるので、ハイコスパに大出力を得たいならプリアンプのみを真空管式にする方法もあります。なお、真空管式プリアンプには小型で安価なものもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

比較的オーディオ上級者向けなのが真空管パワーアンプ。真空管では難しい大出力を高価格に設定することで実現しているものも多く、ハイクラスの真空管を使用したモデルも見られます。

真空管アンプで高度な再生を目指すには向いていますが、予算だけでなく、知識、経験も要求される面もあることを知った上で検討してください。

真空管の種類と回路

By: amazon.co.jp

真空管アンプは使用する真空管の種類、回路の方式によってさまざまな製品があります。オーディオ用真空管のおおまかな種類は形状で分類され、おもにST管、GT管、MT管の3つ。そこからさらに細分化されます。なお、ST管の「300B」、GT管の「6CA7(EL34)」「KT88」が人気です。

回路方式としては、シングルアンプとプッシュプルアンプがあります。シングルアンプは出力管を左右1本ずつ使用した回路で、出力は低いものの真空管アンプならではの音が出やすいのがメリットです。

プッシュプルは左右2本ずつ使う回路で、シングルの2倍以上の出力が取り出せるので、大きな出力が出せるのがメリット。出力をさらに増やすためには、3本、4本と、増やしていきます。ただ、増やすほど高価で大型になり、真空管らしい音の特徴も薄まるのがデメリットです。

なお、真空管アンプはほかにも、接続方法(三極管接続、UL接続)、帰還方法(帰還、無帰還)による種類もあります。

出力の大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

真空管アンプは総じて、シンプルな回路は小出力ですが、より真空管らしい音、複雑で大規模になると大出力ながら真空管らしい音は後退する、といった大まかな傾向があります。

シングルアンプは数W程度の出力しかありませんが、真空管アンプには多いタイプです。価格や大きさからを考慮すると、まずはシングルアンプから入ることをおすすめします。この場合、一般的なスピーカーを大音量で鳴らすのは難しいので、使い方に工夫が必要です。

例えば、デスクトップにスピーカーを置いて、1m以内に近づいて聴く方法。また、少し大きめの音でスピーカーを鳴らしたいならスピーカーの能率が85dB、できれば88dB以上のモノから選ぶのがおすすめです。スピーカーを離れた場所から大音量で鳴らしたいなら10W以上のアンプを検討するとよいでしょう。

真空管アンプのおすすめメーカー

ラックスマン(LUXMAN)

By: amazon.co.jp

1925年に大阪で創業した日本の老舗オーディオメーカー。真空管がアンプ用増幅素子の主流だった時代からの長い伝統があり、日本の真空管アンプと言えばラックスマンという存在です。

木製のキャビネットとアルミ削り出しのフロントパネルが特徴の真空管プリメインアンプ「SQ-38」(1964年)といった数々の名機を送り出しています。

音に艶がありながらも自然で爽快感のあるサウンドは「ラックストーン」と呼ばれて親しまれてきました。真空管アンプを発売し続けており、音を追求し続けているのも魅力です。

マッキントッシュ(McIntosh)

By: rakuten.co.jp

アメリカで1949年に創立されたアンプメーカー。真空管アンプと言えばマッキントッシュと言われるほどの存在です。50年以上前の製品である真空管パワーアンプ「MC275」真空管プリアンプ「C22」は歴史に残る逸品と言われ、現在でも復刻版が発売されているほどの意欲作です。

艶やかで厚みのある独特なサウンドは「マッキントーン」と呼ばれ、オーディオ愛好家を魅了してきました。真空管への興味に関わらず1度は聴いておきたい名門です。

トライオード(TRIODE)

By: amazon.co.jp

1994年に埼玉県で創業した日本のオーディオメーカー。高音質で高品位な真空管アンプを手頃な価格でラインナップしているのが特徴で、オーディオ初心者でも使いやすい内容や見た目を意識した製品をラインナップしています。

半完成品のキットや高級機も手掛け、上級オーディオ愛好家の要求にも応えらえる懐の深さも魅力。国内メーカーならではのアフターフォローのよさもおすすめポイントです。

真空管アンプのおすすめ人気モデル

イーケイジャパン(ELEKIT) 真空管アンプキット TU-8100AS

低価格でも本格的、しかもコンパクトさにより真空管プリメインアンプ屈指の人気モデルです。オーディオ用に開発された複合管、PCL86(14GW8)を2本採用。内部基板上のジャンパーを切り換えるだけで、ヒーター電圧が異なるECL86(6GW8)を使用でき、音の違いも楽しめます。

シングルアンプ回路により出力は2W+2Wと小ぶり。小型スピーカーを近接聴取するのに向いています。

低価格たる所以は一部をユーザー自身で組み立てるキット方式を採用しているため。とは言っても、面倒なシールド配線やワイヤー配線は一切なく、真空管工作が初めての方でも簡単に組立てができるよう配慮されています。工具は別途必要となるので、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

日本を代表する電子工作キットメーカー製なだけに完成度、アフターフォローもハイレベル。真空管アンプの内部や仕組みに興味のある方におすすめです。

トライオード(TRIODE) 真空管プリメインアンプ Ruby

レッドカラーの塗装がおしゃれな真空管プリメインアンプ。女性の使用も意識した、スタイリッシュでおしゃれなアンプとして開発されました。

使用真空管は MT管の「6BQ5」×2、「12AX7」×2。シングルアンプ回路として出力は3W+3Wです。小音量でも高品位な音が楽しめる純A級回路を採用しているのも特徴。ヘッドホン端子の装備も便利です。

音もさることながら、4本の真空管がほんのり明るくなる様子が映えるデザインが秀逸。インテリア性の高いアンプを探している方におすすめです。

イーケイジャパン(ELEKIT) USB-DAC内蔵真空管アンプ TU-8100DACAS

真空管プリメインアンプ「TU8100」の完成品にUSB-DACも組み込んだ多機能モデル。キットの組み立ては避けたい方やPCの音楽も真空管アンプで楽しみたい方に向いています。

真空管に「PCL86(14GW8)」を2本使用し、2W+2Wの出力といったアンプとしての内容はTU8100同等。Windows PC/MacとのUSB接続により、最大16bit/48kHzのデジタル音源再生が可能です。

電源供給方式と電源回路の工夫により、デジタル音源に大敵のノイズを抑制しているので、クリアで快適なサウンドを楽しめます。

トライオード(TRIODE) 真空管プリメインアンプ TRV-35SER

トライオードの真空管アンプの代表モデル。リーズナブルだけど高音質で本格派というトライオードの評価を決定づけた「TRV-34SE」の現行版になります。

真空管はプリアンプ部に「12AX7」×1、「12AU7」×2、そしてパワーアンプ部に「EL34」×4を使用。AB級動作によるプッシュプル回路により35W+35Wもの大出力を誇ります。

価格は10万円台ですが、真空管らしい柔らかな音と細やかな表現力もしっかり備えます。真空管アンプでは弱点とされる物理特性も優秀で、隙のないおすすめ品です。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管プリメインアンプ LX-380

レトロな外観ながらも多機能性を備えたハイパフォーマンスな真空管プリメインアンプです。

出力用真空管にはGT管の「6L6GC」×4。プッシュプルアンプ回路として20W+20Wと出力は十分。パワー感と艷やかで厚みのある音質を両立しており、1970年代の名機を受け継いだ木箱入りのレトロデザインも魅力です。

一方、ボリューム部に技術を集約したLECUAを搭載。音量位置での音質変化、経年劣化、左右バランスの変化の少ない超高精度ボリュームで、往年の名機には不可能な高音質に直結しています。

フォノMM/MC対応、トーンコントロール、リモコン対応もポイント。真空管アンプという枠にとらわれず、現代の高性能アンプとして幅広くおすすめできるモデルです。

トライオード(TRIODE) 真空管プリメインアンプ TRV-88SER

トライオードの人気モデルです。真空管はプリアンプ部に「12AX7」×1、「12AU7」×2、そしてパワーアンプ部に人気の「KT88」×4使用。AB級プッシュプル回路により45W+45Wとかなりの大出力です。

高精度抵抗器や高品位なカップリングコンデンサーを採用するといった現代的な設計により、周波数特性が10Hz~100kHzの超広帯域、S/N比も90dBの低ノイズぶりと、トランジスタアンプに迫る高性能もポイントです。

キャロットワン(Carot One) プリメインアンプ ERNESTOLO EX

大出力でも低価格、コンパクトを実現した真空管プリメインアンプです。真空管はプリアンプ部のみに使用。パワーアンプ部は小型高効率のD級増幅を使用するハイブリッド方式を採用しています。これにより、手のひらサイズながら、15W+15Wの大出力です。

真空管は「ECC802S」×1。音のよさと安定感の高さに定評のある名品。真空管らしい柔らかな音色を十分に楽しめます。オレンジ色の筐体の上に、ちょこんと真空管が1本乗ったかわいらしいデザインも特徴です。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管パワーアンプ MQ-88uC

伝統と現代性をうまくミックスした真空管パワーアンプです。出力管には力強く厚みのある音色が定評のGT管「KT88」×4使用。出力は25W+25Wのハイパワーです。実績のあるムラード型回路のドライバー段と真空管らしい音質を引き出す3極管接続を採用。伸びやかで自然な音色を鳴らします。

真空管アンプにおいて、音質や性能を決定付ける重要な役割を持つ出力トランスについても往年の名機に搭載されてきたアルミ・ダイキャストケース入り出力トランスを再設計して搭載。長年培ってきた技術とノウハウが注ぎ込まれた逸品です。

見た目も往年の名機をイメージしたレトロなものながら、内部配線は最新設計による短縮化を徹底し、鮮度の高い音を実現するといった現代性も備えます。国内メーカーを代表する真空管パワーアンプとしておすすめです。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管プリアンプ CL-38uC

機能性を備えた真空管プリアンプです。使用真空管は「ECC83S」×3、「ECC82」×5。音声入力にアナログRCA×3、レコード用のMC対応フォノ入力に加えて、アナログXLRバランスを1系統装備しています。XLR接続は伝送時のノイズを抑えられ、最近のUSB-DACやアンプでも採用が増えていますが、真空管アンプでは対応機が少ないので注目点です。

一方、レコードのMCカートリッジ用に注力したフォノ回路の装備も特徴。こちらは、レコード再生を高品位にできる真空管アンプが現在は少ない点からして特筆ものです。1970年代のアンプをモチーフにしたレトロデザインなから時代に則した高性能モデルです。

ラックスマン(LUXMAN) 真空管ステレオパワーアンプ MQ-300

ST管の「300B」を採用した真空管パワーアンプ。「300B」は直熱3極管という真空管の原理に近いシンプルな構造を持ちます。このため、真空管らしい柔らかな音に加え、純度が高くきめ細かい魅力的なサウンドに仕上がっています。

ただし、出力が小さいのが弱点。だからといって大出力設計では「300B」の音の魅力を引き出せないので、「300B」を使い音質的魅力と幅広いスピーカーを鳴らせるパワーのバランスを考慮しています。

国産の高槻電器工業製の「TA-300B」をシングルで使用し、無帰還構成として「300B」としては異例の8W+8Wという高出力。電源、パーツ、シャーシなどにも徹底的にこだわり、繊細さと力感を両立した生々しいサウンドを聴かせます。価格は100万超えと大変高価ですが、使いこなせる環境、技量のある方におすすめしたい逸品です。

CAVジャパン(CAV) 真空管プリメインアンプ T-5

T-5は真空管に「12AX7」×1、「12AU7」×4、「5881(6L6)」×8使用。大出力が得られるUL接続のプッシュプルアンプとして20W+20Wの大パワーを持ちます。欧州ブランドが同様の内容であれば数十万はしかねないところ、10万円少しというリーズナブルな価格は大きな魅力です。

鏡面ピアノ塗装仕上げの外装と最大10mm厚のアルミパネル筐体も豪華。繊細さとパワフルさのバランスに優れた高音質なので、コスパを求める方にもおすすめです。

オーブ(ORB) 真空管プリメインアンプ JADE Soleil

キューブ状の筐体に真空管を備えたデザインが特徴的な真空管アンプです。真空管はプリアンプ部のみにMT管の「6922(E88CC)」を1本使用し、パワーアンプ部には小型・大出力のD級増幅を採用しています。これにより、外形寸法139×171×171mmのコンパクトながら35W+35Wもの大出力です。

ヘッドホンアンプ部にも注力し、インピーダンス16~600Ωという幅広いヘッドホンに対応できるのもポイント。見た目のかわいらしさがありながら、しっかりと実力を備えているのも魅力の製品です。

ラディウス(radius) 真空管式ステレオインテグレーテッドアンプ RA-VT11

ハイレゾ対応の真空管プリメインアンプです。CDを上回る高精細で広帯域が魅力のハイレゾ音源。その再生には40kHzを超える広帯域再生能力がアンプにも求められます。真空管では難しい要件をクリアしている本機はそれだけでも優秀です。

使用真空管はプリアンプ部に「2C51」、パワーアンプ部に「6L6G」を使用した本格派。AB級シングルプッシュプルで出力は15W+15Wと十分です。

そのサウンドは真空管らしい温かみの一方、真空管では難しい透明感の高さや歪み感の少なさも兼ね備えたもの。真空管の音に違和感や物足りなさを感じていた方にもおすすめできます。

カイン(Cayin) 真空管ヘッドホンアンプ HA-1A MK2

中国メーカーの真空管プリアンプです。真空管は「EL84EH」×2、「12AU7」×2と「12DT5」×1使用。ヘッドホン出力をいかに良くするかに注力し、10年をかけて開発したという意欲作です。

インピーダンスは8Ωから最大で600Ωまで対応し、600Ω時でも2,100mW+2,100mWという大出力を実現。幅広いヘッドホンを滑らかかつパワフルに鳴らします。木製のサイドパネルも美しく、デスクトップに置けるインテリア志向のプリアンプとしてもおすすめです。

マッキントッシュ(McIntosh) 真空管パワーアンプ MC75

50年以上前に発売された「MC75」の復刻版。オリジナル「MC75」はその高音質で真空管パワーアンプの代名詞となった歴史的名機です。

往年の外観はそのままに現代的な再設計によりパフォーマンスを向上。使用真空管は「12AX7」×1、「12AT7」×2、「KT88」×2で出力は75Wです。2台1組でステレオ使用します。艶と厚みのある「マッキンサウンド」を幅広いスピーカーで楽しめます。より完成度の高い音のためには同社の真空管プリアンプとの併用がおすすめです。

マッキントッシュ(McIntosh) 真空管プリアンプ C22

1962年に発売された「C22」の復刻版。オリジナル「C22」は真空管プリアンプを代表する名機です。本機も外観はオリジナル同様ながら、新たにバランス入力に対応するなど内容、機能は現代的に再設計。使いやすさも増しています。

真空管はフォノ回路とプリアンプ部に「12AX7A」を2本ずつ搭載。高精度の電子パーツを使用し、厚みと輝きのある音を低ノイズに楽しめます。ブラックガラスを配したフロントパネルはマッキントッシュの顔と言えるデザインです。

上杉研究所(UESUGI) 真空管式モノラル・パワー・アンプ U-BROS-2011M

数多くの真空管オーディオアンプを市場へ導入している上杉研究所。本モデルはプリアンプ部にはフィリップス製「6189W」、パワーアンプ部にはGE社製「6CA7」と真空管全盛時代に生産された貴重な高品質管を使用しているのが特徴です。

また、増幅段の低インピーダンス化と各段での適正な負帰還により、高いスピーカー駆動力を実現。出力管の動作形式を出力重視のウルトラリニアーと音質重視の三極管動作の選択が可能で、スピーカーや好みに合わせて柔軟にシステム構築できます。

やや高価ではありますが、アフターフォローのよさも含めて、真空管全盛期のサウンドに触れてみたい方におすすめします。

バトラー(BUTLER) DAC内蔵・真空管式プリメインアンプ Vacuum 6W DAC

ハイレゾ対応の高性能USB-DACを搭載した真空管プリメインアンプです。PCとのUSB接続により、最大24bit/96kHzのハイレゾ音源を再生できます。

真空管は「EL84(6BQ5)」×2、「ECC83(12AX7)」×1を使用。パワーよりも質を重視するA級動作により出力は3.5W+3.5Wと小ぶりですが、周波数特性は20Hz~50000Hzとハイレゾ音源に十分対応できるハイスペックです。小型スピーカーをPC脇で音量を欲張らずに鳴らすスタイルに向いています。

オクターブ(OCTAVE) 真空管プリメインアンプ V40SE

ドイツのオクターブ社の真空管アンプメーカーです。ブランドとしての特徴は真空管を過去のデバイスとしてではなく、現在も最先端で通用するアンプ素子としてとらえた設計にあります。そのための革新的な半導体エレクトロニクス技術も多数開発。新古の融合により、方式を超えた高音質アンプを生み出しています。

本製品は真空管に「6550WE」×4使用。五極管プッシュプルというパワー重視型の回路により50W+50Wの大出力を得ています。独自のバイアス調整機能により「KT88」、「EL34」、「6L6」といった人気のある真空管に簡単に交換して楽しめるのもポイントです。

真空管を使いながらも音の情報量や分解能に優れたサウンド。新しい高級オーディオに組み込んでも違和感のないアンプとしてもおすすめです。