音楽配信サービスを手軽に再生できる「ネットワークオーディオプレーヤー」。CDに代わる再生機器としてはもちろん、さまざまなファイル形式のサウンドをハイクオリティに再生できるのが魅力です。

そこで今回は、ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめ機種をご紹介。据え置きタイプで高音質を楽しめる製品をピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ネットワークオーディオプレーヤーとは?

By: yamaha.com

ネットワークオーディオプレーヤーとは、家庭用のLANネットワークを使って音楽ファイルを再生できる機器のこと。同一ネットワーク上にあるHDDなどのストレージと、パソコンやNAS(ネットワークハードディスク)などのサーバーからの再生が可能です。

ほとんどの場合、有線のアナログ音声出力を搭載しており、従来型のオーディオ用単品コンポとしてアンプやCDプレーヤーなどと接続して使用できます。

なお、NASを使用する場合は、メーカーの異なる機器間の相互接続を容易にするガイドラインである「DLNA規格」に準拠したモノを用意する必要があるので、留意しておきましょう。

ネットワークオーディオプレーヤーのメリット

By: rakuten.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーのメリットは、NASやHDDと直接繋げられるので、パソコンを立ち上げなくてもスムーズに音楽再生ができる点。アプリ対応モデルであれば、スマホやタブレットでリモート操作やライブラリの管理ができます。

また、オーディオメーカーがそれぞれ培ってきた技術やノウハウが製品に注ぎ込まれているため、高音質で音楽を聴けるのも大きな魅力です。

ネットワークオーディオプレーヤーの選び方

対応入力方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーは、有線LANによる接続はもちろん、Wi-Fiによる無線LAN対応モデルや、Bluetoothによるワイヤレス入力に対応したモデルもあります。ただし、有線接続に比べて音質が劣化する傾向があるため、利便性より音質重視の方にはあまり向いていません。

接続方式のほかに、USBポートによる各種入力に対応しているかどうかも重要なポイント。USB-DACとしてパソコンやUSBメモリなどと接続できるモデルや、USB接続型の外付けHDDと直接接続できるモデルもあるので、さまざまな記録媒体の音楽を再生したい方はチェックしておきましょう。

出力で選ぶ

By: rakuten.co.jp

アナログ出力には、通常のRCAケーブルで接続するタイプに加えて、XLRバランスタイプを備えた機種もあります。業務用機器で使われる規格ですが、高級オーディオにも採用されることが多く、ノイズに強い傾向がある接続端子です。音質を求める方は、入力の種類も確認しておきましょう。

対応ファイルのスペックやフォーマットで選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーが再生可能なファイル形式(フォーマット)と、対応可能スペックは機器ごとに異なります。ハイエンドクラスの製品ほど汎用性も広がる傾向がありますが、スペックは製品ごとに違うため、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

数年前はDSDに未対応の機種もありましたが、現行機ではほとんどのモデルが対応しています。基本的には、FLAC・WAV・DSD・ALAC・AIFF・AAC・WMA・MP3フォーマットに対応しているモデルが主流です。

また、PCM系で192kHz/24bit以上、DSD 5.6MHz以上に対応しているかどうかも確認しておきましょう。より高いクオリティを求めるなら、新フォーマットであるMQAへ対応しているかも重視したいポイント。そのほか、インターネットラジオやSpotify Connectといったネットストリーミングサービスに対応しているかも要チェックです。

コンポとしての付加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ音声出力が付いているだけのモノは、スピーカー(パッシブ型)から音を出すのに別途アンプ(プリメインアンプ)が必要です。なかには、プリメインアンプを内蔵しているネットワークオーディオプレーヤーもあります。ヘッドホンで楽しみたい方には、ヘッドホンアンプ内蔵型がおすすめです。

また、数は少ないものの、CDプレーヤーを内蔵したモデルもあります。なかには、CDプレーヤーやアンプを内蔵した便利な機種もあるので、所持している機器と被らないように効率よく付加機能を選択するのがポイントです。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル

マランツ(Marantz) ネットワークオーディオプレーヤー NA6006/FN

多彩なスタイルで音楽鑑賞が楽しめる人気のネットワークオーディオプレーヤーです。LAN接続したNASやパソコンの音源に加えて、USBメモリに保存した音源も再生可能。また、BluetoothやAppleのAirPlay 2にも対応するので、Apple Musicなどストリーミングサービスの音源も楽しめます。

比較的手頃な価格ながら、幅広い種類のハイレゾ音源に対応するのも特徴です。DSDは5.6MHzまで、FLACなどのPCM系ファイルはCDの約6倍の情報量である192kHz/24bitまで、ギャップレス再生が可能。クラシック音楽やライブ音楽を曲間で途切れることなく堪能できます。

マランツ(Marantz) ネットワークCDプレイヤー ND8006/FN

さまざまなデジタルコンテンツを自在に再生できるネットワークオーディオプレーヤーです。ネットワーク・ストリーミング・Bluetooth・USB-DACなどの多彩な視聴スタイルに対応。また、CDの再生も可能なので、CDプレーヤーとしても活用できます。

さらに、最上級モデルと同じ特性を有する2種類のデジタルフィルターを搭載。好みに合わせて切り替えが可能です。高性能なD/Aコンバーターが、明瞭な定位と見通しのよい空間表現を実現します。そのほか、「3段階ゲイン切替機能」付きの高音質ヘッドホンアンプを備えているため、ヘッドホンでも適切な音量でリスニングが可能です。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークプレーヤー NP-S303 S

愛用のオーディオシステムと組み合わせて使えるネットワークオーディオプレーヤーです。独自の高精度ロージッタークロックを内蔵したネットワークモジュールを搭載しているので、ハイレゾ音源ならではの繊細な音の違いも表現できます。また、NASやパソコンとWi-Fi接続が可能なのもポイントです。

ストリーミング音源の再生にも対応。「Spotify Connect」を使えばSpotifyも快適に楽しめます。また、インターネットラジオ機能も搭載。エリアフリー聴取が可能な「radikoプレミアム」のほか、厳選された世界中のインターネットラジオ局から好みの放送局を選択できます。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークレシーバー R-N303 S

多彩な機能を備えた高音質なネットワークオーディオプレーヤーです。定格出力80Wのパワーアンプを2基搭載しているのが特徴。アナログ部とデジタル部との相互干渉に配慮した基板レイアウトを採用するなど、高音質設計を実現しています。

デジタル・アナログ共に計4系統の入力端子を備えているのもポイント。デジタル音源のハイレゾ再生はもちろん、アナログレコードプレーヤーなどと接続してプリアンプとしても活用可能です。また、インターネットラジオ機能を搭載しているほか、通常のラジオ放送も受信できるワイドFM/AMチューナーも内蔵しています。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークCDレシーバー CRX-N470

多くの機能を1台に凝縮したネットワークオーディオプレーヤーです。NASやパソコンからのネットワーク再生に加えて、CD・USBメモリ・FMラジオ・AirPlay・Bluetoothなどを通じて多彩な音楽コンテンツが楽しめます。Wi-Fi経由でストリーミングサービスやインターネットラジオが快適に楽しめる「MusicCast」に対応するのも魅力です。

独自のデジタルアンプを内蔵しているのも特徴。CD部とネットワーク部で独立した回路基板の構成を採用することで、相互干渉を抑え、音の純度を損なわない高品位なサウンドを実現しています。

ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスストリーミングプリアンプ WXC-50

2種類のスタイルで使い分けができる、プリアンプ型のネットワークオーディオプレーヤーです。手持ちのオーディオシステムと連携させて本格的なネットワークオーディオ再生が楽しめる「プリアンプ」モードに加えて、単体のネットワークプレーヤーとしても使える「プレーヤー」モードを搭載しています。

モードの切り替えはスイッチで簡単に操作可能。「プリアンプ」モードでは、本体や専用アプリで音量の調節ができます。「プレーヤー」モードでは、有線LAN・Wi-Fi・Bluetooth・AirPlay・USBを使ってさまざまな音楽コンテンツが再生可能。ストリーミング再生やインターネットラジオに対応するのもポイントです。

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー DNP-800NE/SP

高音質と快適な操作性を備えた入門モデルのネットワークオーディオプレーヤーです。上位モデルにも採用されるDSD 5.6MHz・PCM 192kHz/32bit対応のD/Aコンバーターを搭載。リーズナブルな価格ながら、高音質が手軽に楽しめます。

独自のワイヤレスオーディオシステム「HEOS」の技術にも対応。セットアップや各種操作が専用のスマホアプリから簡単に行えるので、初心者でも手軽に導入できます。また、ストリーミングサービスやインターネットラジオのほか、USBメモリ・Bluetooth・AirPlay 2を使った音楽再生も可能です。

デノン(DENON) ネットワークCDレシーバー デノン RCD-N10K

ワイヤレスオーディオシステム「HEOS」の技術を搭載したネットワークオーディオプレーヤーです。セットアップや操作は専用のスマホアプリから簡単に行え、NAS・パソコン・USBメモリ・スマホ・ストリーミングサービスなどの音源を再生可能。また、音声アシスタントのAmazon Alexaによる音声操作に対応するのもポイントです。

Hi-Fiコンポーネント譲りの高音質設計も特徴。65W+65Wのハイパワーアンプを内蔵しているので、大出力で躍動感あふれるサウンドが楽しめます。そのほか、2系統の光デジタル入力を搭載。うち1系統をテレビ入力に設定しておくと、テレビの電源と連動して音声の再生ができます。

デノン(DENON) 7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X1600H

7.2chのサラウンドサウンドが楽しめ、ネットワークオーディオプレーヤーとしても使える製品です。Dolby Atmos・Dolby Atmos Height Virtualizer・DTS:X・DTS Virtual:Xなどのサラウンド技術に対応。最大出力175Wのパワーアンプにより、臨場感あふれるサウンドが再生できます。

本製品は、Amazon Alexaによる音声コントロールにも対応。声をかけるだけで音楽ストリーミングが楽しめる手軽さもおすすめです。

デノン(DENON) ネットワークレシーバー PMA-150H

幅280mmのコンパクトサイズながら、パワフルなネットワークオーディオプレーヤーです。新しいデジタルアンプ技術「DDFA」を採用することにより、70W+70W(4Ω)の大出力を実現。大型スピーカーを大音量で鳴らせるほどのパワーを備えています。

PCM系は384kHz/32bitまで、DSD 11.2MHzまでの再生に対応するハイスペック。パソコンからの入力と、USBメモリからの再生に対応したUSB入力が可能なのもポイントです。

デノン独自のアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載しているのも魅力。幅広い音源をハイレゾ化することにより、リアリティーに富んだサウンドが楽しめます。

光・同軸のデジタル入力やレコード再生にも対応したアナログ入力など、プリメインアンプとしての機能性の高さも魅力。そのほか、高品位なヘッドホンアンプを搭載しているので、ヘッドホンで音楽鑑賞したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム SC-PMX150

CD音源もハイレゾ相当の音質で楽しめる、ミニコンポ型のネットワークオーディオプレーヤーです。高品位なアンプとスピーカーシステムが付属するので、音源さえあれば音楽再生をすぐに楽しめるのが特徴。USB-DAC機能を備えているため、パソコンやHDD内の音源も手軽に再生できます。

CD音源を88.2kHz/32bitのハイレゾ音質に拡張できる「CDハイレゾ リ.マスター」機能も搭載。さらに、スーパーオーディオCDで採用されるDSDの再生にも対応します。同社レコーダーの「DIGA」と「サウンドジャンプリンク」で連携すれば、ハイレゾ音源の購入から再生まで、パソコンなしで操作できるのも魅力です。

パイオニア(Pioneer) ネットワークCDレシーバー XC-HM86 S

ワンランク上の高音質が堪能できるネットワークオーディオプレーヤーです。熟練の技術者が試聴を繰り返し、厳選した高音質パーツを採用。また、劣化の原因となるアナログ回路を短縮し、こだわりの音質チューニングが施されているので、ハイレゾ音源もより高品位なサウンドで楽しめます。

「e-onkyo ダウンローダー」に対応しているのも魅力です。パソコンを使わなくても、ハイレゾ音源の購入から別売HDDへの保存まで、スマホで手軽に行うことが可能。また、Bluetoothによるスマホからの音楽再生や、Wi-Fiによるストリーミングサービスやインターネットラジオの視聴も可能です。

パイオニア(Pioneer) ネットワークオーディオコンポーネント N-30AE

スマホやタブレットで購入した楽曲を、パソコンを使わず直接ダウンロードできるネットワークオーディオプレーヤーです。本製品に外付けHDDを接続しておけば、「e-onkyo music」で購入した楽曲を、ネットワークを通じて簡単に保存可能。曲の購入から再生までをスムーズに行えるのがポイントです。

DSDは11.2MHzまで、PCMは192kHz/24bitのファイルまで対応。高音質なハイレゾ音源も再生できます。また、インターネットラジオの「radiko.jp」「TuneIn」も利用可能。好みの放送局を選んで、手軽に音楽が楽しめます。

本体前面には視認性に優れた3.5インチの大型液晶ディスプレイを搭載。さまざまな情報が確認しやすい点もおすすめのネットワークオーディオプレーヤーです。

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30 S

豊富な入力方法に対応したネットワークオーディオプレーヤー。レコードプレーヤーを接続できるPHONO入力や、HDMIの入出力端子を備えているのが特徴です。テレビ・各種映像レコーダー・プレーヤーなど、HDMI端子を搭載した機器と高音質で接続可能。Bluetooth接続にも対応しています。

また、Wi-Fiは5GHz帯と2.4GHz帯に対応したデュアルバンド対応なので、安定したワイヤレス接続が維持できるのがメリットです。さらに、USBメモリからの再生もできます。

「Chromecast」や「radiko.jp」といったインターネットラジオが楽しめるのもポイント。ネットワークオーディオプレーヤーとしては、PCM系は192kHz/24bitまで、DSD 5.6MHzまでの再生に対応しています。新旧織り交ぜた豊富な機器を、1台に集約できるおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ハードディスクオーディオプレーヤー HAP-Z1ES

難しいDLNA設定なしでハイレゾ再生が楽しめる高級ネットワークオーディオプレーヤーです。本体に1TBのHDDを内蔵しているのが特徴。USB端子を使って外付けHDDやCDドライブ経由で音源を保存することもできるので、サーバーの起動・再生までの待ち時間や音切れなどネットワーク再生の弱点を補いつつ、快適な音楽鑑賞が堪能できます。

ハイレゾ音源のDSD 5.6MHzによるギャップレス再生にも対応するため、曲間で音が繋がるクラシック音楽の鑑賞にもおすすめです。また、独自のアップコンバート機能「DSEE」もポイント。MP3やAACなどの圧縮音源も、圧縮時に失われがちな高音域を補完することで、ハイレゾ相当の音質で楽しめます。

サバジ(Sabaj) ネットワークオーディオプレーヤー WP1

ネットワーク再生が手軽に楽しめる、安価なネットワークオーディオプレーヤーです。本体に接続したUSBメモリやmicroSDカード内に保存した音源を、Wi-Fi経由でスマホやパソコンから再生できるのが特徴。スマホ内ストレージの節約にもおすすめです。

MP3・WAV・FLACなど多彩なオーディオファイル形式をサポート。また、DLNAやAirPlayにも対応するので、Androidスマホやパソコンだけではなく、iPhone内の音源もWi-Fi経由でワイヤレス再生が可能です。高音質なヘッドホンアンプも備えているため、ヘッドホンでも音楽鑑賞が楽しめます。

プリンストン(PRINCETON) ハイレゾ対応デジ像メディアプレーヤー PAV-MP2YTHR

低価格ながら、ハイレゾ音源が再生できるネットワークオーディオプレーヤーです。愛用のオーディオシステムと組み合わせることで、有線LANやUSBケーブルで接続したNAS・HDD・パソコンの音源を再生が可能。192kHz/24bit対応の機器があればハイレゾ楽曲の音楽鑑賞も楽しめます。

テレビに接続すれば、音楽だけではなく写真や動画も迫力の大画面で楽しめるのも魅力。ネットワークに接続すれば、YouTubeもパソコン不要で手軽に視聴できます。また、別売のシガーソケット変換アダプターを使えば、車内での電源供給にも対応。カーナビやリアモニターで音楽や動画の再生が楽しめます。

オラソニック(Olasonic) ネットワークオーディオプレーヤー NANO-NP1/B

小型軽量でシンプルなデザインながら、高音質な音楽鑑賞が楽しめるネットワークオーディオプレーヤーです。CDジャケット約3枚分のコンパクト設計なので、置き場所に困らないのが特徴。また、ジッターフリー設計を採用しているため、音質に優れているのも魅力です。

ハイレゾ音源の再生に対応するほか、アップサンプリング機能も搭載。サンプリング周波数を48/96/192kHzに切り替えできるので、圧縮音源もハイレゾ相当の音質で楽しめます。さらに、ギャップレス再生にも対応するため、クラシック音楽の交響曲など曲間で音が繋がっている楽曲の再生にもおすすめです。

カクテルオーディオ(Cocktail Audio) ネットワークオーディオプレーヤー X45Pro

高音質なネットワークオーディオプレーヤーです。CD音源の再生や、取り込みが可能。さらに、新技術によってマスター品質の音をコンパクト設計のディスクに凝縮した「MQA-CD」もサポートするので、音質にこだわりのある方にもおすすめです。

PCM 768kHz、DSD 512まで対応する最先端のD/Aコンバーターチップを搭載しているのも特徴。高性能オペアンプとの組み合わせで、ダイナミックかつ繊細なサウンドが堪能できます。パソコンがなくても、付属のリモコンで各種操作やプレイリストの編集などが簡単に行えるのも魅力です。

ティアック(TEAC) USB DAC/ネットワークプレーヤー NT-505

次世代のハイレゾ音源にも対応する高級ネットワークオーディオプレーヤーです。DACチップと電源トランスを左右1基ずつ搭載する「デュアルモノーラル構成」を採用。最大でDSD 22.5MHzとPCM 768kHz/32bitに対応するので、ハイレゾ音源もノイズを抑えたよりピュアな音質で堪能できます。

また、Bluetoothレシーバーとしても活躍。AACやaptXなどに加えて、高音質・低遅延コーデックのLDACやaptX HDもサポートするため、Bluetoothヘッドホンでも豊かなサウンドが楽しめます。さらに、入力するファイル形式や音楽のタイプに合わせて選べる、合計7種類のデジタルフィルターを備えているのも魅力です。

ブルーサウンド(Bluesound) ワイヤレスミュージックストリーマー NODE 2i

ストリーミングサービスを積極的に利用したい方におすすめの、ネットワークオーディオプレーヤーです。通常のネットワーク接続に加えて、SpotifyやDeezer HiFiなど多彩なサービスに対応。配信された192kHz/24bitのハイレゾ音源や、新しいフォーマットのMQAも忠実に再生できるので、ワンランク上のストリーミング再生が楽しめます。

電波干渉しにくいデュアルバンドWi-FiやAirPlay 2など、新しいネットワーク機能も充実。Bluetooth接続時はaptX HDコーデックもサポートします。また、専用アプリから操作すれば、家中にある複数のスピーカーに接続できるため、部屋ごとに異なった再生品質で音楽を楽しむことが可能です。

カイン(Cayin) N6ii DAP/A01

ネットワークオーディオプレーヤー機能を搭載した、ポータブルオーディオプレーヤー。バッテリーで駆動するので、屋外に持ち出して楽しめます。有線接続を利用することで、軽量コンパクトな据え置き機器としても使用可能です。

AndroidをベースにしたOSを搭載しており、Google Playにも対応しています。インターネットラジオやストリーミングサービスを利用できるのがメリット。LDACやaptXなど、幅広いコーデックに対応する多機能なBluetooth送受信機能を採用しているのもポイントです。

ネットワークオーディオプレーヤーのAmazonランキングをチェック

ネットワークオーディオプレーヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。