音楽配信サービスを手軽に再生できる「ネットワークオーディオプレーヤー」。CDに代わる再生機器としてはもちろん、さまざまなファイル形式のサウンドをハイクオリティに再生できるのが魅力です。

そこで今回は、ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめ機種をご紹介。据え置きタイプで高音質を楽しめる製品をピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ネットワークオーディオプレーヤーとは?

By: rakuten.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーとは、家庭用のLANネットワークを使って音楽ファイルを再生できる機器のこと。同一ネットワーク上にあるHDDなどのストレージと、PCやNAS(ネットワークハードディスク)などのサーバーからの再生が可能です。

ほとんどの場合、有線のアナログ音声出力を搭載しており、従来型のオーディオ用単品コンポとしてアンプやCDプレーヤーなどと接続して使用できます。

なお、NASを使用する場合は、メーカーの異なる機器間の相互接続を容易にするガイドラインである「DLNA規格」に準拠したモノを用意する必要があるので注意しましょう。

ネットワークオーディオプレーヤーのメリット

By: rakuten.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーのメリットとして、NASやHDDと直接繋げられるので、PCを立ち上げなくてもスムーズに音楽再生が可能。アプリ対応モデルであれば、スマホやタブレットでリモート操作やライブラリの管理ができます。

また、利便性もさることながら、オーディオメーカーがそれぞれ培ってきた技術やノウハウが製品に注ぎ込まれているので、高音質な音楽を聴けるのが大きな魅力です。

ネットワークオーディオプレーヤーの選び方

対応入力方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーは有線LANによる接続はもちろん、Wi-Fiによる無線LAN対応モデルや、Bluetoothによるワイヤレス入力に対応したモデルもあります。ただし、有線接続に比べて音質が劣化する傾向にあるため、利便性より音質重視の方は注意が必要です。

接続方式の種類のほかに、USBポートによる各種入力に対応しているかどうかも重要なポイント。USB-DACとしてPCやUSBメモリなどと接続できるモデルや、USB接続型の外付けHDDと直接接続できるモデルもあるため、よりさまざまな記録媒体の音楽を再生したい方は、入力の豊富さを確認しましょう。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ出力は通常のRCAケーブルで接続するタイプに加えて、XLRバランスタイプを備えた機種もあります。業務用機器で使われる規格ですが、高級オーディオにも採用されることが多く、ノイズに強い傾向にある接続端子です。音質を求める方は入力の種類も確認するようにしましょう。

対応ファイルのスペックやフォーマットで選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーが再生可能なファイル形式(フォーマット)と、対応可能スペックは機器ごとに異なります。ハイエンドクラスの製品ほど汎用性も広がる傾向にありますが、一概にはいえないので製品のスペックは購入前にあらかじめチェックしておきましょう。

数年前はDSDに未対応の機種もありましたが、現行機ではほとんどのモデルが対応しています。基本的にはFLAC・WAV・DSD・ALAC・AIFF・AAC・WMA・MP3フォーマットに対応しているモデルが一般的です。

また、PCM系(FLAC/WAVが代表)で192kHz/24bit以上、DSD 5.6MHz以上に対応しているかどうかを確認しておきましょう。さらに、さらなるクオリティを求める方は新フォーマットであるMQAへ対応しているかも重視したいポイントです。ほかにも、インターネットラジオやSpotify Connectといったネットストリーミングサービスに対応しているかも気になる方は要チェックです。

コンポとしての付加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ音声出力が付いているだけのモノはスピーカー(パッシブ型)から音を出すのに別途アンプ(プリメインアンプ)が必要です。なかにはプリメインアンプを内蔵しているネットワークオーディオプレーヤーもあります。ヘッドホンで楽しみたい方にはヘッドホンアンプ内蔵型がおすすめです。

また、数は少ないですがCDプレーヤーを内蔵したモデルもあります。なかには、CDプレーヤーやアンプを内蔵した便利な機種もあるので、すでに持っている機器と被らないように効率のよい付加機能を選択するのがポイントです。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル

パイオニア(Pioneer) ネットワークオーディオコンポーネント N-30AE(S)

ハイレゾ音源に対応したオーディオネットワークプレーヤーです。ファイルフォーマットは192kHz/24bitのWAV・FLAC・Apple Lossless・AIFFに対応。11.2MHzまでのDCM音源で楽しむこともできます。

また「e-onkyo ダウンローダー」機能を搭載。「e-onkyo music」上で購入した楽曲を、本体の外付けHDDへ直接保存できるので非常に便利です。面倒なファイル移動を省き、ハイレゾ音源の楽曲をより手軽に楽しめます。

Wi-Fiの通信方式はデュアルバンドに対応しているため、電波干渉によるストレスが少ないのもポイント。また、USB端子を使えば、フラッシュメモリ内に保存された楽曲の再生もできます。シンプルに使える初心者におすすめのオーディオネットワークプレーヤーです。

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30(S)

スリムボディが特徴的なネットワークオーディオプレーヤーです。幅約435×高さ約78×奥行330mmとコンパクトなので、小さなラックへも設置できるのが魅力。シルバーカラーは、お部屋のどんなインテリアにもなじみやすくおすすめです。

また、パイオニアの高効率なDアンプを搭載。パワーアンプ部とパワーサプライ部の設定を最適化し、低インピーダンスかつ大容量を実現しています。

さらに、デジタル信号処理部には、ノイズを大幅に低減できる「6層デジタル基盤」を採用。また、音場補正機能「MCACC」は、あらゆる要因を判定し、スピーカーの種類を限定せずに快適に楽しめます。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークレシーバー R-N602(S)

本格的なプリメインアンプが内蔵されたハイレゾ音源対応のネットワークオーディオプレーヤーです。音量の調節はもちろん、音質を変化させたりバランスを調節したりできるのが魅力。

サンプリング周波数やビットレートは、AIFF・WAV・FLACといったファイルフォーマットで192kHz/24bit、Apple Losslessでは96kHz/24bitと良好です。モバイルデバイスやNASといった機器を繋げて、高品質な音楽を楽しめます。

また、デジタルからアナログへ変換したときに発生するジッターノイズを、最小限に抑えているのが特徴。ハイレゾ音源を最大限に活かして、臨場感あふれる音を楽しめます。

さらに、Spotifyやradikoといったストリーミングサービスを楽しめるのもうれしい点。1台で万能に使えるおすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークレシーバー R-N303(B)

PCやスマホ、NASなどに保存したハイレゾ音源をハイクオリティで聴けるネットワークオーディオプレーヤーです。「Spotify Connect」「Deezer HiFi」のストリーミングサービスをはじめ、「radikoプレミアム」などのストリーミング再生に対応しています。

またワイドFM・AMチューナーを活用すれば、最大40局のなかからお気に入りを楽しむことが可能。ファイルフォーマットは、5.6MHzのDSDや192kHz/24bitのAIFF・WAV・FLAC 、96kHz/24bitのApple Losslessに対応しています。さまざまな機器を高音質で再生したい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ハードディスクオーディオプレーヤー HAP-Z1ES

DSD音源をはじめ、ハイレゾ音源や圧縮音源を楽しめるネットワークオーディオプレーヤーです。原音の音質をほとんど劣化させることなく、臨場感あふれる音源を活用できます。

ファイルフォーマットは、不可逆圧縮のMP3・AAC・WMA・ATRACをはじめ、ロスレス圧縮やリニアPCMなどに対応しているのが魅力。搭載する高音質信号処理技術によって、CDやMP3といった音源までもオリジナルに近い高音質で楽しめます。高品質なネットワークオーディオプレーヤーを探している方におすすめです。

マランツ(Marantz) ネットワークオーディオプレーヤー ND8006

さまざまな接続方式を利用できるネットワークオーディオプレーヤーです。USB-DAC・USBメモリをはじめ、AirPlay 2やBluetooth、Amazon Prime Music、Spotifyなどのストリーミングサービスにも対応。また、Amazon Alexaを接続すれば、音声でコントロールできます。

CDドライブを内蔵しているのも魅力。お気に入りのCDアルバムをセットして、そのまま楽しめるのがポイントです。また「HEOSテクノロジー」を搭載しており、ネットワーク利用の安定性を向上させています。専用アプリをダウンロードすれば、簡単な設定を行った後にインターネットラジオやストリーミングサービスを楽しめます。

マランツ(Marantz) ネットワークオーディオプレーヤー NA6006

多彩な無線接続に対応したネットワークオーディオプレーヤーです。Wi-Fi経由のAirPlay 2やAmazon Alexa音声コントロール、Bluetooth接続に対応しています。

搭載するDACの「ES9016K2M」は、122dBのダイナミックレンジかつ低ジッターを実現。表現力豊かなサウンドをストレスなく楽しめます。

さらに、デジタルフィルターの「Marantz Musical Digital Filtering」を採用。PCM信号の入力時に、インパルス応答と非インパルス応答の2種類のフィルターを選択できます。手軽に迫力あるサウンドを楽しみたい方におすすめの、ネットワークオーディオプレーヤーです。

デノン(Denon) DNP-2500NE

デノンの独自技術を集約させた高品質なネットワークオーディオプレーヤーです。DLNA 1.5に準拠した製品なので、安心してNASと接続できます。

また、WAV・AIFF・ALAC・DSD・FLACといったファイルのギャップレス再生に対応。曲間が途切れにくく、スムーズに鑑賞し続けられるのがメリットです。

さらに、192kHz/24bitのハイレゾ音源をはじめ、5.6MHzのDSD音源で楽しめます。専用のアプリ「Denon Hi-Fi Remote」をダウンロードすれば、スマホやタブレット上から、あらゆる操作を遠隔で行えるのもおすすめです。

S.M.S.L DP3 HIGH-FIDELITY MUSIC PLAYER DP3

XLRバランス伝送に対応したネットワークオーディオプレーヤーです。Bluetooth 4.0に対応しているため、ワイヤレスイヤホンで音楽を楽しんだり、「HibyMusic」アプリを使って、スマホやタブレットからスムーズに本体を操作したりできます。

ファイルフォーマットは、MP3・WAV・WMA・ISO・APE・FLAC・ALAC・AIFF・DFF・DSDに対応。本体にはmicro USB端子が付いているので、USB-DACを接続して、簡単にアナログ信号へ変換できます。安価なので、初めて購入する方におすすめのモデルです。

オラソニック(Olasonic) NANOCOMPO ネットワークオーディオプレーヤー NANO-NP1

小型なデザインが特徴的なネットワークオーディオプレーヤーです。サイズは幅149×高さ39×奥行160mm。主張しすぎることなく、すっきりとラックに収まります。

コンバータには、TIの「Burr-Brown」ブランドのモノを採用。ジッターフリー設計なので鑑賞中のストレスが少ないほか、アップサンプリング機能を使って、最大192kHzまでサンプリング周波数を高められるのも魅力です。

またスマホやタブレットで使える専用アプリ「ナノコントローラー」を使えば、初心者でも簡単に操作できるのがうれしいポイント。基本性能が充実したおすすめのネットワークオーディオプレーヤーです。

デラ(DELA) N100 N100-H10-J

コンパクトで設置しやすいネットワークオーディオプレーヤーです。サイズは幅215×高さ61×奥行269mm。ラックだけでなく、卓上へ置いても使用しやすいサイズ感です。

また、ヘッドホンアンプやハイレゾスピーカーを接続するだけで、高品質な音楽を聴けるのがポイント。搭載するHDDの容量は1TBと十分なので、お気に入りの楽曲を本体内に多く保存できます。

パイオニア(Pioneer) Stellanova APS-WF02JBR

別売のDACアンプユニットに接続することで、ハイレゾ音源やCDの楽曲を無線で再生できるネットワークオーディオプレーヤーです。Bluetoothの150倍のデータ量を伝送できるとされているのが特徴。音質が劣化しにくく、臨場感あふれるサウンドを楽しめます。

専用アプリ「Wireless Hi-Res Player ~Stellanova~」をダウンロードすれば、HDDやCDに入った楽曲の操作をスマホやPCから直接行えるのもおすすめのポイントです。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークプレーヤー NP-S303(S)

お気に入りのアンプやスピーカーと組み合わせて使用できるハイレゾ対応のネットワークオーディオプレーヤーです。Wi-FiやBluetooth接続を使って、NASやPC、スマホなどさまざまな機器に保存されている楽曲を再生できます。

またモバイル端末で快適に遠隔操作を行える「MusicCast」に対応。専用アプリの「MusicCast CONTROLLER」をダウンロードすれば、プレイリストの作成や音量調節などを直感的に行えます。

ソノス(Sonos) SNS-PORT1US1BLK PORT1US1BLK

手持ちのオーディオアンプ機器と接続し、Apple Musicなどのストリーミング再生を快適に楽しめるネットワークオーディオプレーヤー。Apple AirPlay 2または専用のSonosアプリを使って、気軽に再生したり曲送りをしたりできます。

また、Sonosスピーカーを別々の部屋に置いておけば、CDなどに保存された楽曲を直接ストリーミングすることが可能。iPhoneやiPadを使っている方におすすめのモデルです。

ラトックオーディオラボ(RATOC Audio Lab) ネットワークオーディオトランスポート RAL-NWT01 PLUS

USBオーディオ機器に接続して再生できる、おすすめのネットワークオーディオプレーヤーです。本製品は、「Raspberry Pi CM3+」を採用しているのが特徴。マザーボードには外部ノイズを低減できるオーディオ用のモノを、プロセッサには高性能な「Raspberry Pi Compute module 3+」を搭載しています。

また「Roon Bridge endpoint」が標準設定されているので、PCに「Room Core」がインストールされていれば、すぐに音楽を再生できるのが魅力です。

USBポートは合計で4つ搭載。USB-DACをはじめ、キーボードやストレージなどさまざまな機器を接続できるのがメリットです。USB機器の入力だけでなく、ネットワークルーターを経由したLAN接続もできます。

ネットワークオーディオプレーヤーのAmazonランキングをチェック

ネットワークオーディオプレーヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。