音楽配信サービスを手軽に再生できる「ネットワークオーディオプレーヤー」。CDに代わる再生機器としてはもちろん、さまざまなファイル形式のサウンドをハイクオリティに再生できるのが魅力です。

そこで今回は、ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめ機種をご紹介。据え置きタイプで高音質を楽しめる製品をピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ネットワークオーディオプレーヤーとは?

By: biccamera.com

ネットワークオーディオプレーヤーとは、家庭用のLANネットワークを使って音楽ファイルを再生できる機器のこと。同一ネットワーク上にあるHDDなどのストレージと、PCやNAS(ネットワークハードディスク)などのサーバーからの再生が可能です。

ほとんどの場合、有線のアナログ音声出力を搭載しており、従来型のオーディオ用単品コンポとして、アンプやCDプレーヤー、チューナーなどと接続して使用できます。

なお、NASを使用する場合は、メーカーの異なる機器間の相互接続を容易にするガイドラインである「DLNA規格」に準拠したモノを用意する必要があるので注意しましょう。

ネットワークオーディオプレーヤーのメリット

By: rakuten.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーのメリットとして、NASやHDDと直接繋げられるので、PCを立ち上げなくてもスムーズに音楽再生が可能。アプリ対応モデルであれば、スマホやタブレットでリモート操作やライブラリの管理ができます。

また、利便性もさることながら、オーディオメーカーがそれぞれ培ってきた技術やノウハウが製品に注ぎ込まれているので、高音質な音楽を聴けるのが大きな魅力です。

ネットワークオーディオプレーヤーの選び方

対応入力方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーは有線LANによる接続はもちろん、Wi-Fiによる無線LAN対応モデルや、Bluetoothによるワイヤレス入力に対応したモデルもあります。ただし、有線接続に比べて音質が劣化する傾向にあるため、利便性より音質重視の方は注意が必要です。

接続方式の種類のほかに、USBポートによる各種入力に対応しているかどうかも重要なポイント。USB-DACとしてPCやUSBメモリなどと接続できるモデルや、USB接続型の外付けHDDと直接接続できるモデルもあるため、よりさまざまな記録媒体の音楽を再生したい方は、入力の豊富さを確認しましょう。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ出力は通常のRCAケーブルで接続するタイプに加えて、XLRバランスタイプを備えた機種もあります。業務用機器で使われる規格ですが、高級オーディオにも採用されることが多く、ノイズに強い傾向にある接続端子です。音質を求める方は入力の種類も確認するようにしましょう。

対応ファイルのスペックやフォーマットで選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーが再生可能なファイル形式(フォーマット)と、対応可能スペックは機器ごとに異なります。ハイエンドクラスの製品ほど汎用性も広がる傾向にありますが、一概にはいえないので製品のスペックは購入前にあらかじめチェックしておきましょう。

数年前はDSDに未対応の機種もありましたが、現行機ではほとんどのモデルが対応しています。基本的にはFLAC・WAV・DSD・ALAC・AIFF・AAC・WMA・MP3フォーマットに対応しているモデルが一般的です。

また、PCM系(FLAC/WAVが代表)で192kHz/24bit以上、DSD 5.6MHz以上に対応しているかどうかを確認しておきましょう。さらに、さらなるクオリティを求める方は新フォーマットであるMQAへ対応しているかも重視したいポイントです。ほかにも、インターネットラジオやSpotify Connectといったネットストリーミングサービスに対応しているかも気になる方は要チェックです。

コンポとしての付加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ音声出力が付いているだけではスピーカー(パッシブ型)から音を出すのに別途アンプ(プリメインアンプ)が必要です。なかにはプリメインアンプを内蔵しているネットワークオーディオプレーヤーもあります。ヘッドホンで楽しみたい方にはヘッドホンアンプ内蔵型がおすすめです。

また、数は少ないですがCDプレーヤーを内蔵したモデルもあります。なかには、CDプレーヤーやアンプを内蔵した便利な機種もあるので、すでに持っている機器と被らないように効率のよい付加機能を選択するのがポイントです。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー DNP-800NE

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー  DNP-800NE

ネットワークオーディオプレーヤーの人気モデル。PCM系で192kHz/24bitまで、DSD 5.6MHzまでのハイレゾ音源のネットワーク再生に加えて、Amazon MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオにも対応しています。

さらに、AirPlay 2やBluetoothにも対応するので、幅広い音源をワイヤレス接続で聴けるのも魅力のひとつです。スマホ・タブレット用の専用アプリ「HEOS」搭載で、多彩な機能を簡単に操作可能なのも便利。音声アシスタント機能であるAmazon Alexaと連携が可能なのもポイントです。

ヘッドホンアンプとプリアウト出力を搭載しているので、ヘッドホンやアクティブスピーカーと直結して音楽が気軽に楽しめます。光デジタル出力も搭載しているため、外部DACを併用すればさらなる音質の向上も可能。汎用性と機能性を兼ね備えたおすすめのハイコスパモデルです。

マランツ(Marantz) ネットワークオーディオプレーヤー NA6006

マランツ(Marantz) ネットワークオーディオプレーヤー NA6006

 

独自のネットワーク機能「HEOS」に対応しているのが特徴。 セットアップと操作は「HEOSアプリ」で行い、同一ネットワーク上の複数の端末で同時操作もできます。プレイリストを家族や友人間で編集し、お気に入りの音楽をシェアも可能。「HEOS」対応機器を複数台、連携して利用可能です。

また、AppleのAirPlay 2にも対応。Apple Musicの再生や複数のAirPlay 2対応機器によるマルチルーム再生ができます。Apple MusicやiPhoneのライブラリの曲から、Siriによるボイスコントロールでの選曲ができるのも便利です。

さらに、Amazon Music HDやSpotifyなど主要な音楽ストリーミングサービスにも対応しています。「HEOS」対応機能をベースに家庭内のいろいろな場所で音楽を聴いたり、共有したりしたい方におすすめ。Apple製品のユーザーにも最適なプレーヤーです。

ティアック(TEAC) ネットワークオーディオプレーヤー NT-505

ティアック(TEAC) ネットワークオーディオプレーヤー NT-505

ティアックのネットワークオーディオプレーヤーは、CDプレーヤー設計で得られたノウハウを活かした機能が魅力です。本機は、音質を好みに変えられる豊富なデジタルフィルター切り替えとアップコンバート機能が特徴。また、単体クロック機器を接続することでより高音質を追求できる、外部クロック入力を備えているのも魅力です。

PCM系が768kHz/32bitまで、DSDが22.5MHzまで再生できるハイスペックもポイント。さらに、MQAにも対応しています。入力はLAN端子やUSBのほか、光/同軸デジタルとアナログも豊富。出力は、ヘッドホンのほか、XLRバランスとRCAアンバランスを搭載しています。加えて、プリアンプとしても利用できるのも魅力のひとつ。高級オーディオ機器ならではの使いこなしができる上級者向けのプレーヤーとしておすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスストリーミングアンプ WXC-50

ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスストリーミングアンプ WXC-50

ネットワークオーディオ再生やWi-Fi・Bluetoothを利用したワイヤレス音楽再生に加え、ヤマハ独自の「MusicCast」に対応しているのが特徴。 スマホやタブレットで、家の中にある複数のオーディオ機器を操作できます。

さらに、対応機器間で音楽ソースをやりとりすることも可能。ヤマハの機器のみに限られる機能ですが、同社製品を多く持つ方におすすめです。  

USB・光デジタル・RCAと入力が豊富なのもポイント。プリアウトを持つので、幅広い入力に対応するプリアンプとしても使えます。縦置きもできるコンパクトボディで置き場所も選びません。PC脇のような狭い場所に置けるネットワークプレーヤーを探している方は検討してみてください。

ソニー(SONY) ハイレゾ音源対応HDDオーディオプレーヤー HAP-Z1ES

ソニー(SONY) ハイレゾ音源対応HDDオーディオプレーヤー HAP-Z1ES

ロングセラーの人気モデル。本体内に500GBのHDDを内蔵したデジタルオーディオプレーヤーです。同一ネットワーク上の音楽ファイルをあらかじめ内蔵HDD内にコピーして再生する独自の方法を採用。ネットワークオーディオに関する面倒な設定から解放され、簡単に使えるのがメリットです。

再生可能ファイルはPCM系で192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまでに対応。非ハイレゾ音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE技術」も搭載しています。CDやMP3を高音質で聴きたい方にもおすすめです。

ソノーレ(SONORE) ネットワークトランスポート ultraRendu

ソノーレ(SONORE) ネットワークトランスポート ultraRendu

一般的なネットワークオーディオプレーヤーとは異なり、USB音声出力のみを搭載しているモデル。USB入力を備えたDACやアンプ、CDプレーヤーなどと接続して使用します。ネットワークオーディオプレーヤー機能を持たないオーディオ機器をネットワーク対応機器同様に使えるのがメリットです。

また、一般的なDLNAに加えて、利便性の高さから海外を中心に人気を高めているネットワーク再生システム「Roon Ready」にも対応。そのほか、多くのネットワーク再生方式に対応しているのが魅力です。再生スペックは最大でPCM系で 768kHz、DSD 22.4MHzに対応。MQA音源についても、DAC側がMQAデコードに対応していれば利用できます。

USB入力を備えた、少し前のネットワークオーディオプレーヤーを活かしたまま、最新フォーマットに対応できる点でもおすすめです。

メリディアン・オーディオ (MERIDIAN AUDIO) デジタル・プリアンプ Meridian 218

メリディアン・オーディオ (MERIDIAN AUDIO) デジタル・プリアンプ Meridian 218

最新のハイレゾフォーマット・MQAの開発元である、メリディアン・オーディオによるネットワークオーディオプレーヤー。MQAフォーマットで記録された幅広いメディア・音源からの入力に対応しているのが特徴です。

なお、MQA信号を記録したMQA-CDは、CDプレーヤーからのデジタル入力によるMQA再生に対応しています。一般的なMQA-CD再生対応機のように、CDをPCにリッピングする必要がないのがメリットです。

また、海外では開始されており、国内でも普及が期待されるMQAストリーミング再生も可能。MQAフォーマットを中心にハイレゾ音源を楽しみたい方に、将来性も含めておすすめのモデルです。

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー DNP-2500NE

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー DNP-2500NE

デノンの高級単品コンポの流れを汲む高音質機です。デノンの独自機能であるアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載しているのが特徴。幅広い音源をハイレゾ化することにより、豊富な情報量とリアリティーに富んだサウンドで聴かせます。

また、最新デジタルアンプ技術「DDFA」を世界で初めて採用したヘッドホンアンプを搭載。入力からヘッドホン出力までフルデジタルで高精度処理するため、ノイズが少なくクリアなサウンドで音楽を表現します。

PCM系は最大192kHz/24bit、DSDは5.6MHzのネットワーク再生に対応。USB接続ではPCM系で384kHz/32bitのPCM、DSD DSD11.2MHzまでの再生に対応。ハイスペックな音源はUSB接続で聴くのがおすすめです。

マランツ(Marantz) ネットワーク対応CDプレーヤー ND8006

マランツ(Marantz) ネットワーク対応CDプレーヤー ND8006

マランツのフルサイズコンポとしてはじめて、ネットワークオーディオプレーヤーにCDプレーヤーを統合したモデル。従来別々であったCDプレーヤー「SA8005」とネットワークオーディオプレーヤー「NA8005」を一台に集約した上で、価格はそれぞれの一台分と同程度というお買い得機です。

外付けUSB-HDDからの直接再生はもちろん、Bluetooth、AirPlayやSpotifyなどの音楽ストリーミングに対応する多機能性も魅力。DACに高性能チップであるESSテクノロジー「ES9016K2M」を採用し、これまで以上に精細感の高い高音質なのもおすすめポイントです。

マランツ(Marantz) CDレシーバー Bluetooth・Airplay対応 M-CR612

マランツ(Marantz) CDレシーバー Bluetooth・Airplay対応 M-CR612

CDプレーヤーに加えプリメインアンプも搭載したネットワークオーディオプレーヤー。一台に機能を凝縮した利便性の高さから人気があります。幅290mm、重量3.4kgとコンパクトで軽量なのもポイントです。

PCM系は192kHz/24bit、DSD 11.2MHzまで再生可能。洗練された再生機能と操作系を持つ「HEOS」によるネットワーク再生により、快適に音楽を堪能できます。また、Wi-Fi・Bluetooth・AirPlay 2と豊富な入力に対応しているのもポイント。 主要な音楽ストリーミングサービスも楽しめます。

高効率のデジタルアンプの採用により、本サイズにして最大60W×4ch(6Ω)もの大パワーで鳴らせます。1組のスピーカーを大音量で出力できるほか、バイワイヤリング対応スピーカーとの接続や、2組の別々のスピーカーを鳴らすといった使い方も可能。さまざまなスピーカーの使い方を試してみたい方におすすめです。

オンキヨー(ONKYO) ネットワークCDレシーバー CR-N775(S)

オンキヨー(ONKYO) ネットワークCDレシーバー CR-N775(S)

CDプレーヤーとアンプを搭載したオールインワンタイプ。幅わずか215mmのコンパクトさでデスクトップへの設置も簡単です。

独自開発のパルス変換技術「3-state Bitstream」による新型デジタルアンプを搭載しているのが特徴。歪みを抑えた微細な再現力が楽しめます。推奨スピーカー・D-012EXTも用意されているので、初心者でもスピーカー選びに悩まずに済むのもうれしいポイント。従来のミニコンポの買い替えにもおすすめです。

PCM系は192kHz/24bitまで、DSD 5.6MHzまでに対応。USBメモリからの再生もできます。また、Bluetooth機能に加え、アプリ「Onkyo Music App」での操作もでき、スマホから手軽にワイヤレス再生が可能なのも便利です。

デノン(DENON) ネットワークレシーバー PMA-150H

デノン(DENON) ネットワークレシーバー PMA-150H

   

幅280mmのコンパクトサイズながら、最新デジタルアンプ技術・DDFAを採用することにより70W+70W(4Ω)もの大出力で鳴らせるのが特徴。大型スピーカーを用いて広い空間に届かせるほどのパワーを備えています。

ネットワークオーディオプレーヤーとしては、PCM系は384kHz/32bitまで、DSD 11.2MHzまでの再生に対応するハイスペック。PCからの入力とUSBメモリからの再生に対応したUSB入力もポイントです。

光・同軸のデジタル入力やレコード再生にも対応したアナログ入力など、プリメインアンプとしての機能性も魅力。高品位なヘッドホンアンプを搭載しているので、ヘッドホンでの音楽鑑賞が多い方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30(S)

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30(S)

豊富な入力が特徴のプリメインアンプ内蔵ネットワークオーディオプレーヤーです。PCM系は192kHz/24bitまで、DSD 5.6MHzまでの再生に対応。Wi-Fiは5GHz帯と2.4GHz帯に対応したデュアルバンド対応なので、安定したワイヤレス接続が維持できるのが魅力です。USBメモリからの再生もできます。

レコードプレーヤーを接続できるPHONO入力、さらに、HDMIの入出力端子を備えているのがポイント。テレビや各種映像レコーダー、プレーヤーなどHDMI端子を搭載した機器と高音質で接続可能です。また、Bluetoothに加え、インターネットラジオ機能やGoogle Cast機能も搭載しています。新旧織り交ぜた豊富な機器を一台のアンプに集約して聴きたい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークHiFiレシーバー R-N803(B)

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークHiFiレシーバー R-N803(B)

設置環境に合わせてスピーカー再生音を最適に自動調節する「YPAO」機能が特徴のプリメインアンプ内蔵モデル。思うようにスピーカーを設置できない環境でも高音質が楽しめます。120W+120Wとアンプ出力も強力。大型スピーカーを離れて聴くようなスタイルにおすすめです。

Spotify Connectによるストリーミング再生、ヤマハ独自の「MusicCast」機能も搭載。Wi-Fi・Bluetoothを利用したワイヤレス再生にも対応します。アナログ・フォノ・光/同軸デジタル入力も備えており、幅広い音源を一台で再生できるのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) ネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー Technics SL-G700

パナソニック(Panasonic) ネットワーク/スーパーオーディオCDプレーヤー Technics SL-G700

       

ネットワークオーディオプレーヤーにCDプレーヤーを統合した多機能モデル。ディスク再生は音楽CDやPCで作成したCD-R/RW・SACDと豊富に対応しており、ディスク再生も重視したい方におすすめです。

5GHz/2.4GHzのデュアルバンドWi-Fi対応のネットワークオーディオプレーヤーを搭載。ワイヤレス接続でも安定した再生が可能です。また、本体USBポートから、PCおよびUSBメモリ内のファイル再生もできます。

MQAのほか各種ハイレゾ音源フォーマットと豊富な音楽ストリーミングサービスにも対応するのも魅力です。付属リモコンや、専用アプリ「Technics Audio Center」から視覚的かつ簡単に操作できるのもポイント。アナログ出力はXLRバランス接続も備えているので、バランス入力に対応した高級アンプとの組み合わせにもおすすめです。

フィーオ(FiiO) デジタルオーディオプレーヤー M11 Pro

フィーオ(FiiO) デジタルオーディオプレーヤー M11 Pro

中国のフィーオはポータブルオーディオプレーヤー(DAP)を得意とするメーカー。本機は多機能で高性能なのが特徴です。バッテリー駆動ができるので、屋外に持ち出して楽しめます。

一般的なDAPでは対応していないネットワークオーディオプレーヤー機能にWi-Fi経由で対応。PCM系で最大384kHz/32bit、DSD 11.2MHzと据え置き並みのハイスペックなのも魅力です。

AndroidをベースにしたOSを搭載し、Google Playにも対応するため、スマホやタブレット同様にインターネットラジオや音楽ストリーミングサービスが聴取できるのも特筆点。LDAC・aptX HDなど幅広いコーデックに対応する多機能なBluetooth送受信機能もポイントです。

イヤホンジャックは通常の3.5mm径に加え、2.5・4.4mm径のバランス接続端子も搭載。幅広いイヤホンやヘッドホンを、変換プラグなしに接続できます。

ネットワークオーディオプレーヤーのAmazonランキングをチェック

ネットワークオーディオプレイヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。