音楽配信サービスを手軽に再生することができる「ネットワークオーディオプレーヤー」。CDに代わる再生機器としてはもちろん、さまざまなファイル形式のサウンドをハイクオリティに再生できるのが魅力です。

そこで今回は、ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめ機種をご紹介。据え置きタイプで高音質を楽しめる製品をピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ネットワークオーディオプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーは基本的にDLNAないしUPnPという共通規格を利用して、家庭内の同一ネットワーク上にあるストレージ(HDDなど)/サーバー(PC、NASなど)内にある各種音楽ファイルを再生する機能を持ちます。接続は有線が基本ですが、最近はWi-Fiによる無線LAN接続にも対応する機種が増えています。

ちなみに、ネットワークオーディオプレーヤーはいわゆる単品オーディオコンポのひとつなのでアナログ音声出力があり、従来のCDプレーヤーやチューナー、アンプなど、外部周辺機器と接続することが可能です。

ネットワークオーディオプレーヤーのメリット

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーのメリットとして、NASやHDDと直接繋げることができるので、PCを立ち上げなくてスムーズに音楽再生が可能です。また、アプリ対応モデルであれば、スマホやタブレットでリモート操作やライブラリーの管理ができます。

また、利便性もさることながら、オーディオメーカーがそれぞれ培ってきた技術やノウハウが製品に注ぎ込まれているので、高音質な音楽を聴けるのは大きな魅力です。

ネットワークオーディオプレーヤーの選び方

対応入力方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーは有線LANによる接続はもちろん、Wi-Fiによる無線LAN対応モデルやBluetoothによるワイヤレス入力に対応したモデルもあります。ただし、有線接続に比べて音質が劣化する傾向にあるため、利便性より音質重視の方は注意が必要です。

接続方式の種類のほかに、USBポートによる各種入力に対応しているかどうかも重要なポイント。USB-DACとしてPCやUSBメモリなどと接続できるモデルや、USB接続型の外付けHDDと直接接続できるモデルもあるため、よりさまざまな記録媒体の音楽を再生したい方は、入力の豊富さを確認しましょう。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ出力は通常のRCAケーブルで接続するタイプに加えて、XLRバランスタイプを備える機種もあります。業務用機器で使われる規格ですが、高級オーディオにも採用されることが多く、ノイズに強い傾向にある接続端子です。音質を求める方は入力の種類も確認するようにしましょう。

対応ファイルのスペックやフォーマットで選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーが再生可能なファイル形式(フォーマット)と対応可能スペックは機器ごとに異なります。ハイエンドクラスの製品ほど汎用性も広がる傾向にありますが、一概には言えないので製品のスペックは購入前にあらかじめチェックしておきましょう。

数年前はDSDに対応しない機種がありましたが、現行機ではほとんどのモデルが対応しています。基本的にはFLAC・WAV・DSD・ALAC・AIFF・AAC・WMA・MP3フォーマットに対応しているモデルが一般的です。

この上で、PCM系(FLAC/WAVが代表)で192kHz/24bit以上、DSD 5.6MHz以上に対応しているかどうかを確認しておきましょう。また、さらなるクオリティを求める方は新フォーマットであるMQAへ対応しているかも重視したいポイントです。ほかにも、インターネットラジオやSpotify Connectといったネットストリーミングサービスに対応するかも気になる方は要チェックです。

コンポとしての付加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ音声出力が付いているだけではスピーカー(パッシブ型)から音を出すのに別途アンプ(プリメインアンプ)が必要です。なかにはプリメインアンプを内蔵しているネットワークオーディオプレーヤーもあります。ヘッドホンで楽しみたい方にはヘッドホンアンプ内蔵型がおすすめです。

また、数は少ないですがCDプレーヤーが内蔵されたモデルもあります。なかにはCDプレーヤーもアンプも内蔵した便利な機種もあるので、すでに持っている機器と被らないように効率のよい付加機能の選択をするのがポイントです。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル

オンキヨー(Onkyo) ネットワークオーディオプレーヤー NS-6130

オンキヨー(Onkyo) ネットワークオーディオプレーヤー NS-6130

リーズナブルなネットワークオーディオプレーヤー。PCM系で最大192kHz/24bit、DSD 11.2MHzまでに対応する十分なスペックも備えつつ、価格もリーズナブルなので、オーディオ初心者にもおすすめです。

オンキヨー自らが運営するハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」との連携性も特徴。スマートフォンなどから「e-onkyo music」で購入したハイレゾ音源を、PCを立ち上げることなくHDDへダウンロードできます。

USB接続タイプの外付けHDDから直接音楽ファイルを再生できるのも便利。フロントパネルには剛性の高いアルミ材を使用しているので、高級感があるのも魅力です。

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー DNP-730RE-SP

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー DNP-730RE-SP

高級単品コンポに定評のあるデノンによるエントリーモデル。リーズナブルなロングセラーながらもアップデートにより最新のストリーミング環境にも対応する多機能性が魅力です。

ハイレゾ音源再生はPCM系で最大192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまでに対応しているほか、同社の高級CDプレーヤーで培った回路技術を活かした、高性能DACの採用やアナログ回路の刷新を行っています。また、光デジタル出力を搭載しているので、高価な外部DACを併用することでさらなる音質の向上も可能。単体でも楽しめる上、拡張しても楽しめるプレーヤーとしておすすめです。

デノン(DENON) ワイヤレスプリアンプ HEOS LINK

デノン(DENON) ワイヤレスプリアンプ HEOS LINK

サイズは155×150×74mm、重量1.3kgのコンパクトボディが特徴のモデル。一般的なネットワークオーディオプレーヤー機能に加え、独自のネットワーク機能「HEOS」に対応しているのがポイントです。

スマホ・タブレット用「HEOSアプリ」によってセットアップと遠隔操作が可能。同一ネットワーク上にある複数の端末を同時操作でき、プレイリストの編集や共有など多彩な楽しみ方ができる機能性が魅力です。

Bluetoothによる無線接続やインターネットラジオ・各種音楽ストリーミングにも対応する汎用性も備えます。置き場所を取りたくない方に適したおすすめモデルです。

オラソニック(Olasonic) ネットワークプレーヤー NANO-COMPO NANO-NP1

オラソニック(Olasonic) ネットワークプレーヤー NANO-COMPO NANO-NP1

小型で軽量、シンプルなモデル。本体サイズは149×39×160mm、重量は830gと据え置き型ネットワークオーディオプレーヤーとしてはコンパクトなモデルです。

アナログ音声出力を有しておらず、光・同軸デジタル出力のみという構成なので、外部の単体DAC機器と接続しての使用が前提となります。同社の「NANO-COMPO」シリーズには本機とサイズ、デザインを揃えたDAC内蔵アンプが用意されており、組み合わせて使用するのに最適です。

スマホ用アプリ「ナノコントローラー」にて簡単に再生操作ができるので、ネットワークオーディオ初心者にもおすすめ。高音質の単体DACと組み合わせることで、合理的なシステム構築ができるおすすめモデルです。

リン(LINN) ネットワークプレーヤー Selekt DSM-S

リン(LINN) ネットワークプレーヤー Selekt DSM-S

リンは2007年に世界で初めてネットワークオーディオプレーヤーを発売したイギリスのメーカーとしても知られています。高級オーディオメーカーならではの高音質設計だけでなく、独自のコントロールアプリ「Kazoo」による直感的な操作が可能で、トータルでの完成度の高いモデルがラインナップされています。

「SELEKT DSM」はリンのネットワークオーディオプレーヤーにおける最新モデル。DAC部のグレード、アンプの有無によって4種類をラインナップしているため、ユーザーの要望に沿ったモデルが選べます。また、背面に装備されたスロットに追加モジュールを装着することで、機能を追加することも可能です。

Spotify Connect・Room・AirPlay・ネットラジオなどのストリーミングに対応するほか、デジタル・アナログ・HDMI・USB、さらにレコード再生用のフォノMM/MCなど、合わせて10の入力を搭載し、幅広い音源での再生に対応しています。

ソニー(SONY) ハイレゾ音源対応HDDオーディオプレーヤー HAP-Z1ES

ソニー(SONY) ハイレゾ音源対応HDDオーディオプレーヤー HAP-Z1ES

本体内に1TBのHDDを内蔵したネットワークオーディオプレーヤー。音楽ファイルをあらかじめ、PCやNASからコピーして再生する独自の方法を採用しています。これにより、ネットワーク再生に関する面倒な設定なしで簡単に使えるのがメリットです。

再生可能ファイルはPCM系で最大192kHz/32bit、DSD 5.6MHzまでに対応します。圧縮音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE技術」に加え、あらゆる音源をDSD 5.6MHz信号として拡張再生する「DSDリマスタリングエンジン」を搭載。DSD特有の自然で滑らかな音質で、さまざまな音楽ファイルで楽しめます。

大容量の電源部や高剛性シャーシといった、アナログ音声出力を向上させる伝統的な技術も採用し、XLRバランス出力も備えているのもポイント。発売からやや時間が経っていることもあり、機能や入力は絞られていますが、シンプルに高音質を実現している実力モデルとしておすすめのネットワークオーディオプレーヤーです。

マランツ(Marantz) ネットワークオーディオプレーヤー NA6006

マランツ(Marantz) ネットワークオーディオプレーヤー NA6006

マランツならではの、ヘッドホンアンプに注力したネットワークオーディオプレーヤーです。また、アナログ回路にオリジナルの高速アンプモジュール「HDAM」を搭載しており、繊細でクリアなサウンドが特徴です。

本機のヘッドホンアンプ部は高性能オペアンプとオリジナルの「HDAM-SA2」高速電流バッファアンプを組み合わせた回路を搭載。音の増幅を表すゲインを3段階で切り替えられ、ハイインピーダンスの高級ヘッドホンも鳴らせる実力を備えます。

Wi-Fi・AirPlay2・Bluetoothなど、各種音楽ストリーミングに対応するのもポイント。ヘッドホンで幅広いデジタル音源を楽しみたい方におすすめです。

ティアック(TEAC) ネットワークオーディオプレーヤー NT-505

ティアック(TEAC) ネットワークオーディオプレーヤー NT-505

ティアックは高級CDプレーヤーの世界的メーカー。ネットワークオーディオプレーヤーにおいてはCDプレーヤー設計で得られたノウハウを活かした高音質で人気があります。

本製品は、音質を変化させて楽しめるデジタルフィルター切り替えとアップコンバート機能が特徴のネットワークオーディオプレーヤー。高級CDプレーヤーやDACにしか搭載されない外部クロック入力を備えているのはティアックならではの魅力です。

再生はPCM系で最大768kHz/32bit、DSDで22.5MHzまでに対応しているほか、ハイレゾ新フォーマットのMQAにも対応します。入力はLAN端子やUSBのほか、光/同軸デジタルとアナログも対応。出力は、ヘッドホンのほか、XLRバランスとRCAアンバランスの端子を搭載しており、プリアンプとしても利用できます。Wi-FiやBluetoothやストリーミングには対応しないので、有線接続での利用を考えている方におすすめです。

デノン(DENON) DNP-2500NE

デノン(DENON) DNP-2500NE

ヘッドホンアンプ部に最新デジタルアンプ技術「DDFA」を採用したネットワークオーディオプレーヤーです。入力からヘッドホン出力まで全行程をデジタルで高精度に処理するため、劣化を抑えた高音質を楽しめます。

デノンがCDプレーヤー全盛時代から培ってきた技術も投入されているのもポイント。全てのPCM系信号を32bit信号に変換するとともに、高音の補完も行って高音質化する「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載し、音の繊細さと厚みを両立した伝統の「デノンサウンド」を楽しめます。

USB入力ではネットワーク入力よりもハイスペックな信号を再生できるので、USB入力を重視する方にもおすすめできます。

メリディアン・オーディオ (MERIDIAN AUDIO) デジタル・プリアンプ Meridian 218

メリディアン・オーディオ (MERIDIAN AUDIO) デジタル・プリアンプ Meridian 218

最新のハイレゾフォーマット・MQAの開発元であるメリディアン・オーディオによるネットワークオーディオプレーヤー。最大の特徴はMQAへの対応の幅広さです。ネットワーク経由でのMQA再生に加え、外部CDプレーヤーからの光デジタル入力によるMQA-CDの再生に対応しています。

従来CDにMQA信号を加えたMQA-CDは、CDとしての互換性を維持したうえで、手軽にハイレゾファイルを入手できるのが魅力。その再生にはMQA対応DACに加え、CDリッピングが必要な煩わしさがありましたが、本機ならCD再生と同じ操作感でMQAを簡単に楽しめます。

さらに、海外ではすでに開始されているMQAファイルのストリーミング再生にも対応。MQAを中心にハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめのモデルです。

マランツ(Marantz) ネットワーク対応CDプレーヤー ND8006

マランツ(Marantz) ネットワーク対応CDプレーヤー ND8006

CDプレーヤー内蔵のネットワークオーディオプレーヤー。CD音源をネットワークオーディオで聴くためには、あらかじめPCやNASに取り込んでおく必要がありますが、本製品ならその手間がありません。

外付けUSB-HDD・USBメモリからの直接再生、Bluetooth・AirPlay 2・Spotifyなどの音楽ストリーミングに対応するなど単体プレーヤーとしても充実しています。Amazon EchoをはじめとするAlexa搭載デバイスからの音声コントロールに対応するのも便利です。

PCM系は最大192kHz/24bitまで、DSD 5.6MHzまでの再生に対応しており、プリアンプ機能やヘッドホンアンプが搭載されているのもおすすめポイントです。

カクテルオーディオ(Cocktail Audio) ネットワーク対応オーディオプレーヤー X50Pro

カクテルオーディオ(Cocktail Audio) ネットワーク対応オーディオプレーヤー X50Pro

CDプレーヤーを搭載したネットワークオーディオプレーヤーです。本体背面に記録媒体用のスロットを2基装備し、それぞれ6TBまでのSATA3.5インチ/2.5インチHDDドライブ、または2.5インチSSDを搭載可能で、最大12TBまで拡張できるのが特徴。自宅の音楽をひとまとめに保存しておけるミュージックサーバーとしても動作できます。

フロントパネルには7型ディスプレイを搭載しているため、音源情報を確認しやすいのもポイント。専用のリモコン操作アプリを利用することで、手軽に操作できます。大量の音源を所有し、複数のネットワークオーディオプレーヤーを使いこなすようなヘビーユーザーにおすすめの多機能モデルです。

ヤマハ(YAMAHA) CDプレーヤー CD-S2100

ヤマハ(YAMAHA) CDプレーヤー CD-S2100

SACDプレーヤー内蔵のネットワークオーディオプレーヤー。現在のSACD再生対応プレーヤーの多くはネットワークオーディオプレーヤーも内蔵した映像プレーヤーか、オーディオ専用機が一般的ですが、映像系プレーヤーの多くはアナログ音声出力を持たず、オーディオ専用機ではネットワークオーディオプレーヤー機能を持たないという不便さをそれぞれ抱えます。本機なら1台でSACDの高音質再生とハイレゾ音源再生の利便性を簡単に両立できます。

シルバーヘアライン仕上げのアルミパネルをフロントに配した高級感のある外観も魅力。底面には、外部からの振動を抑制するほか、安定した設置設置を安定させる足がついており、スパイク・パッドを好みで選択できます。

マランツ(Marantz) ハイレゾ音源対応CDレシーバー M-CR612

マランツ(Marantz) ハイレゾ音源対応CDレシーバー M-CR612

CDプレーヤーに加え、プリメインアンプも搭載したオールインワンタイプのネットワークオーディオプレーヤー。PCM系は最大192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで再生でき、Wi-Fi・Bluetooth・AirPlay 2・音楽ストリーミングに対応しているほか、さらにFM/AMチューナーも搭載するなど、さまざまな機能を備えているのが特徴です。

幅290mmのコンパクトボディにパワーアンプ出力を4端子分用意。これにより、2系統のスピーカーを同時に鳴らすことができるので、バイワイヤリング接続のスピーカーにも対応できます。

さらに、内蔵アンプをフルに使ってシングルワイヤ接続スピーカーをパワフルに駆動できる「パラレルBTLドライブ」機能を搭載しているのもポイント。内蔵アンプを活かした低音再生を得意としており、高音質の再生が楽しめるおすすめモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークオーディオレシーバー R-N303

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークオーディオレシーバー R-N303

リーズナブルなプリメインアンプ内蔵ネットワークオーディオプレーヤー。PCM系192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで再生対応可能なスペックと、定格出力80W+85Wのハイパワーを備えながらも、安価に購入できるのが魅力です。アナログ・フォノMM・光/同軸デジタル入力も備え、プリメインアンプとして本格的に使える機能性を有しています。

加えて、「Spotify Connect」によるストリーミング再生やWi-Fi・Bluetoothを利用したワイヤレス再生にも対応できるのもポイント。サイズは幅435mmなので置き場所を選びますが、コスパ重視で選ぶならおすすめの一台です。

オンキヨー(Onkyo) プリメインアンプ INTEC R-N855

オンキヨー(Onkyo) プリメインアンプ INTEC R-N855

幅275mmのコンパクトサイズながら、多機能なプリメインアンプ内蔵ネットワークオーディオプレーヤーです。アンプ部には大出力を小型に実現できるD級増幅を採用した独自の「VL Digital」を採用。実用最大出力85W+85Wとハイパワーなので、大音量再生もこなします。

音源再生はPCM系で最大192kHz/24bit、DSD 11.2MHzまでの対応。外付けUSB-HDD、5GHz/2.4GHzのデュアルバンドWi-Fi、Bluetooth入力にも対応。アナログ・フォノ・デジタルの豊富な入力も備え、小型ながら豊富な音源で再生が可能です。アルミパネルの高級感のある外観も魅力。スタイリッシュで扱いやすい実力機としておすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスストリーミングアンプ WXC-50

ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスストリーミングアンプ WXC-50

コンパクトなボディに高度な機能性を詰め込んだ製品です。有線LANによるネットワークオーディオ再生やWi-Fi・Bluetoothによるワイヤレス音楽再生に対応しています。さらに、ヤマハ独自の「MusicCast」に対応しており、スマホやタブレットのアプリを経由して簡単に操作できるのが魅力。対応機器間で音楽ソースをやりとりできるのも特徴です。

アナログ、光デジタル入力を搭載し、可変ライン出力を持つので、プリアンプとしても活用できます。リモコンも付属するので手元で操作できるのも便利。アクティブスピーカーや小型のパワーアンプとの組み合わせがおすすめです。

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30

HDMI入出力端子を搭載したネットワークオーディオプレーヤーを内蔵したステレオアンプ。HDMI入出力はAVアンプでは必ず搭載されている一方、ステレオアンプでは搭載しているモデルは少ないため、貴重なモデルです。テレビや映像レコーダーからのデジタル音声を高音質でステレオ再生できます。

マルチチャンネル用のアンプと回路を搭載していないため、スリムで軽量なのもポイント。サラウンド再生を行わない環境でHDMI入出力を重視したい方に向いています。

PCM系は最大24bit/192kHz、DSD 5.6MHzまでの再生に対応。Wi-FiやBluetoothにも対応し、インターネットラジオ機能やGoogle Cast機能にも対応するなど、ネットワークオーディオプレーヤーとしての機能は十分です。

マランツ(Marantz) 7.2chAVレシーバー ハイレゾ音源対応 NR-1609

マランツ(Marantz) 7.2chAVレシーバー ハイレゾ音源対応 NR-1609

ネットワークオーディオプレーヤーを内蔵したAVアンプ。通常、複数チャンネルのアンプを内蔵するAVアンプはステレオアンプに比べて大型化しやすいものですが、本モデルでは効率のよい独自設計により、ステレオアンプ並みの薄型・軽量化を実現しているのが特徴です。

ネットワークオーディオプレーヤーとしてもマランツの単体機並みの多機能さとスペックの高さを備えています。サラウンド再生にも対応しているため、場所を取らずにホームシアターとネットワークオーディオを両立したい方におすすめです。

ネットワークオーディオプレーヤーのAmazonランキングをチェック

ネットワークオーディオプレイヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。