音楽配信サービスを手軽に再生することができる「ネットワークオーディオプレーヤー」。CDに代わる再生機器としてはもちろん、さまざまなファイル形式のサウンドをハイクオリティに再生できるのが魅力です。

そこで今回はネットワークオーディオプレーヤーのおすすめ機種をご紹介。据え置きタイプで高音質を楽しめる製品をピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ネットワークオーディオプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーは基本的にDLNAないしUPnPという共通規格で、家庭内の同一ネットワーク上にあるストレージ(HDDなど)/サーバー(PC、NASなど)内にある各種音楽ファイルを再生する機能を持ちます。接続は有線が基本ですが、最近はWi-Fiによる無線LAN接続にも対応する機種が増えています。

ちなみにネットワークオーディオプレーヤーはいわゆる単品オーディオコンポのひとつなのでアナログ音声出力があり、従来のCDプレーヤーやチューナー、アンプなど、外部周辺機器と接続することが可能です。

ネットワークオーディオプレーヤーのメリット

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーのメリットとして、NASやHDDとの接続であればPCを立ち上げなくてスムーズに音楽再生が可能。また、アプリ対応モデルであれば、スマホやタブレットでリモート操作やライブラリーの管理ができます。

また、利便性もさることながら、オーディオメーカーがそれぞれ培ってきた技術やノウハウが製品に注ぎ込まれているので、高音質な点は大きな魅力です。

ネットワークオーディオプレーヤーの選び方

対応入力方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーは有線LANによる接続はもちろん、Wi-Fiによる無線LAN対応モデルやBluetoothによるワイヤレス入力に対応する機種であれば、よりスマートなオーディオ環境を構築することができます。とはいえ、データを飛ばす容量にも関係してくるところなので、利便性より音質重視の方は懸念すべきポイントです。

なお、USBポートによる各種入力の対応性もポイント。USB-DACとしてPCやUSBメモリなどとの接続に加え、USB接続型の外付けHDDと直接接続できるとPCを起動する必要がなくなり、より手軽に音楽を再生することができます。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ出力は通常のRCAタイプに加えてXLRバランスタイプを備える機種もあります。業務用機器で使われる規格ですが、高級オーディオにも採用されることが多くのでサウンドクオリティを求める方は要チェック。デジタル出力があると高価な単体DACと接続して一層の高音質を体感することができます。

対応ファイルのスペックやフォーマットで選ぶ

By: amazon.co.jp

ネットワークオーディオプレーヤーが再生可能なファイル形式(フォーマット)と対応可能スペックは機器ごとに異なります。ハイエンドクラスの製品ほど汎用性も広がる傾向にありますが、一概には言えないので製品のスペックは購入前にあらかじめチェックしておきましょう。

数年前はDSDに対応しない機種がありましたが、現行機ではほとんどが対応。基本的にFLAC、WAV、DSD、ALAC、AIFF、AAC、WMA、MP3フォーマットに対応するのが標準となっています。

この上でPCM系(FLAC/WAVが代表)で24bit/192kHz以上、DSD 5.6MHz以上に対応すれば一般的には十分です。最新情報としては新フォーマットMQAへの対応がポイント。さらなるクオリティを求める方やMQAファイルを使う方はしっかり確認しておきましょう。また、インターネットラジオやSpotify Connectといったネットストリーミングサービスに対応するかも気になる方は要チェックです。

コンポとしての付加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ音声出力が付いているだけではスピーカー(パッシブ型)から音を出すのに別途アンプ(プリメインアンプ)が必要になります。プリメインアンプを内蔵しているネットワークオーディオプレーヤーもあります。ヘッドホンで楽しみたい方にはヘッドホンアンプ内蔵型がおすすめです。

CDも聴きたいという方には、数は少ないですがCDプレーヤー内蔵型もあります。なかにはCDプレーヤーもアンプも内蔵した便利な機種もあるので、すでに持っている機器と被らないように効率のよい付加機能の選択をするのがポイントです。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル6選

オッポ(OPPO) Sonica DAC

高音質なハイコスパ機として発売以来人気のネットワークオーディオプレーヤーです。ハイエンドクラスの性能を持つ高級DACチップ「ES9038PRO」を搭載。大型電源部や入念な回路設計も相まって、クオリティの高いサウンドを聴かせます。

Wi-Fi(無線LAN)やAirPlay対応のネットワーク入力は24bit/192kHzまでのPCM系およびDSD 2.8MHzに対応。USB入力は最大32bit/768kHzのPCM、最大DSD 22.6MHzに対応するハイスペックです。

アナログ出力もXLRバランスも装備。幅254mmのコンパクトサイズで置き場所を選ばないのもポイントです。充実したオーディオシステムを組みたい方はぜひ購入を検討してみてください。

オンキヨー(ONKYO) ネットワークオーディオプレーヤー NS-6130(S)

オンキヨー自らが運営するハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」との連携が特長のネットワークオーディオプレーヤー。「e-onkyo ダウンローダー」機能により、スマートフォンなどから「e-onkyo music」で購入したハイレゾ音源を、家庭内ネットワークと接続した本体にUSB接続したHDDへダウンロードすることが可能です。

USB接続タイプの外付けHDDから直接音楽ファイルを再生できるのも便利。DSD 11.2MHzやPCM系 192kHz/24bitまでに対応する十分なスペックも備えつつ、価格はリーズナブルなので、オーディオ初心者にもおすすめできる機種です。

ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスストリーミングアンプ WXC-50

スマートなオーディオ環境を整えたい方におすすめの製品。ネットワークオーディオ再生やWi-Fi、Bluetoothを利用したワイヤレス音楽再生に加え、ヤマハ独自の「MusicCast」に対応しており、スマホやタブレットのアプリ経由で操作できるのが特長です。

さらに、対応機器間で音楽ソースをやりとりすることも可能。USB端子(USBメモリからの再生に対応)、光デジタル入力、RCA入力端子も装備しているほか、プリアウトを持つので幅広い入力に対応するプリアンプとしても使えます。

デノン(DENON) ネットワークオーディオプレーヤー DNP-730RE-SP

比較的リーズナブルなオーディオプレーヤー。それでいて、PCM系は24bit/192kHz、DSD 5.6MHzまでに対応する十分なスペックを要しているのが特長です。

2014年発売のロングセラー機でありながら、アップデートによりSpotify Connectにも対応しており、最新のストリーミング環境も楽しめます。光デジタル出力も持つので、高価な外部DACを併用することでさらなる音質の向上も可能。サブ機としても活躍してくれるおすすめモデルです。

デノン(DENON) ワイヤレスプリアンプ HEOS LINK

155×150×74mm、重量1.3kgのコンパクトボディが特徴のネットワークオーディオプレーヤー。USBメモリやネットワーク上のハイレゾ音楽ファイルの再生ができる従来型の機能に加え、メーカー独自のネットワーク機能「HEOS」に対応しているのが特長です。

セットアップと操作はiOS/Android/Kindle Fire対応の「HEOSアプリ」で対応。同一ネットワーク上の複数の端末で同時操作もでき、プレイリストを家族や友人などで編集し、お気に入りの音楽をシェアすることも可能です。インターネットラジオや各種音楽ストリーミングにも対応しているので、汎用性の高さも魅力の1台です。

テクニクス(Technics) ネットワークオーディオプレーヤー ST-C700

By: technics.com

ノイズ対策に重点を置いたネットワークオーディオプレーヤー。デジタル信号を扱うオーディオ機器はアナログ音声信号へのノイズ流入が起こり、音質を損ねやすいという宿命的な問題を抱えていますが、本機ではUSB入力に加え、有線LAN入力にまで入念なノイズ対策を施しているのが特長です。

さらにAC電源からのノイズも低減する「バーチャルバッテリーオペレーション」も採用。音源のポテンシャルを十分引き出してくれるおすすめ機種です。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル|ヘッドホンアンプ付き4選

パイオニア(Pioneer) ネットワークオーディオプレーヤー N-70AE(S)

ヘッドホンアンプ付きネットワークオーディオプレーヤーの定番機として知られている「N-70A」。本製品「N-70AE(S)」はその後継機で、新たに384kHz/24bitまでPCM系音源や11.2MHzまでのDSD再生に対応するほか、MQAもカバーしているのが特長です。

メイン基板をはじめとする設計を一新することで音質を改善。より低音の圧力の感じられるサウンドになっています。ヘッドホンアンプ部は600Ωまでのハイインピーダンス機。HDDからの再生に対応するのも便利なポイントです。

マランツ(Marantz) ネットワークプレーヤー NA6005

マランツはネットワークオーディオプレーヤーが広がる前から積極的に取り組んできたメーカー。特に2010年に発売した「NA7004」は評判となり、ネットワークオーディオプレーヤーの普及に貢献した機種として知られています。

今回紹介する「NA6005」はその「NA7004」よりもリーズナブルなモデル。独自の高速アンプモジュール「HDAM」と「HDAM-SA2」による繊細で情報量の多いサウンドで魅了します。無線LAN対応やアプリでの簡単操作など、トータルバランスの優れた製品としておすすめです。

ティアック(TEAC) ネットワークオーディオプレーヤー NT-505

ティアックは高級CDプレーヤーで世界的に知られたメーカーですが、近年はネットワークオーディオプレーヤーにも注力しており、CDプレーヤー設計で得られた高品位DAC部のノウハウを生かした高音質で人気があります。

音質を好みに変えられる豊富なデジタルフィルター切り替えとアップコンバート機能が特長。高級CDプレーヤー/DACにしか装備されない外部クロック入力を備えているのもポイントです。

PCM系が768kHz/32bitまでDSDが22.5MHzとハイスペック。MQAにも対応します。入力はLAN端子やUSBのほか、光/同軸デジタルとアナログも採用。出力は、ヘッドホンのほか、XLRバランスとRCAアンバランスを装備しており、プリアンプとしても利用できます。

デノン(DENON) DNP-2500NE

デノンは長年にわたり「デノントーン」と呼ばれる厚みのある艶やかなサウンドが特長のメーカー。また、CDプレーヤー販売累計世界一の実績が示すように、デジタルオーディオにおける実力も業界トップクラスです。

本機はそんなデノンの単品コンポの歴史の流れを汲む高音質モデル。代名詞とも言える「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載し、ハイクオリティサウンドを聴かせます。

他と比較しての特長は最新デジタルアンプ技術DDFAを世界で初めて採用したヘッドホンアンプ部。入力からヘッドホン出力までフルデジタルで高精度処理するため、高音質で表現します。

ネットワークではPCMは最大192kHz/24bitのWAV、DSDは5.6MHzと控えめなスペックですが、USB接続では最大384kHz/32bitのPCMおよび、11.2MHzのDSD音源再生に対応しているのもポイントです。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル|CDプレーヤー内蔵タイプ5選

マランツ(Marantz) ネットワーク対応CDプレーヤー ND8006

マランツのフルサイズコンポとしてはじめてネットワークオーディオプレーヤー/USB-DACにCDプレーヤーを統合した機種。従来別々であったCDプレーヤー「SA8005」とネットワークオーディオプレーヤー「NA8005」をひとつに集約した上で、価格はそれぞれの一台分と同じというお買い得なモデルです。

外付けUSB-HDDからの直接再生、Bluetooth、AirPlay、Spotifyなどの音楽ストリーミングに対応する汎用性の高さも魅力。同メーカーとして初めてDACチップにESS製「ES9016K2M」を採用し、これまで以上に精細感の高いサウンドを体感できます。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークCDプレーヤー CD-N301(S)

リーズナブルな価格が魅力のCDプレーヤー内蔵ネットワークオーディオプレーヤー。ネットワーク部はPCM系のみの対応で、192kHz/24bitまでの再生をカバーします。AirPlayや専用アプリにも対応しており、使い勝手も良好です。

単体CDプレーヤーとしてもかなりお値打ち価格ながら、シルバーヘアライン仕上げのアルミフロントパネルやアルミ製ロータリーノブなどを採用しており、高級感があるのもポイント。DSD非対応なのは残念ですが、ネットワーク機能はおまけ程度でもよいと割り切れる方にはおすすめの製品です。

ティアック(TEAC) ネットワーク/CDプレーヤー ハイレゾ音源対応 CD-P800NT

DSDに対応したCDプレーヤー内蔵ネットワークオーディオプレーヤー。PCM系は最大192kHz/24bit、DSDは5.6MHzまでの再生に対応します。

USBメモリからの再生にも対応するのは便利。radiko.jpをはじめとしたインターネットラジオのストリーミング再生にも対応するので、手持ちのメディア以外にも音楽を存分に楽しめます。高品位オペアンプ「NJM8901」採用によるアナログ出力の音のよさもポイントです。

マランツ(Marantz) CDレシーバー Bluetooth・Airplay対応 M-CR611

CDプレーヤーに加え、プリメインアンプも搭載したオールインワンタイプのネットワークオーディオプレーヤー。DSDは2.8MHz、PCM系は192kHz/24bitまで再生でき、Wi-FiやBluetooth、AirPlayに対応するのが特長です。

サイズは幅290mmとコンパクトで、重量は3.4kg。このサイズにして最大60W×4ch(6Ω)ものパワーを発揮するのがポイント。バイワイヤリング(2組同時接続可能)対応スピーカーや2組の別々のスピーカーを鳴らすといった使い方ができます。

オンキヨー(ONKYO) ネットワークCDレシーバー CR-N775-S

CDプレーヤーも搭載したオールインワンタイプ。サイズの幅は215mmとコンパクトに仕上がっているのが特長です。PCM系は24bit/192kHzまで、DSD 5.6MHzまでに対応するのは小型機としてかなりのハイスペック。Bluetooth機能に加え、アプリ「Onkyo Music App」での操作もでき、スマートフォンから手軽にワイヤレス再生が可能なのも便利です。

メーカー独自開発のパルス変換技術「3-state Bitstream」による新型デジタルアンプは歪みを抑えた微細な再現力も魅力の製品です。

ネットワークオーディオプレーヤーのおすすめモデル|プリメインアンプ内蔵タイプ5選

デノン(DENON) ネットワークレシーバー DSD/ハイレゾ音源対応 DRA-100

幅280mm、重量4.8kgと軽量コンパクトながらネットワークオーディオプレーヤー。最新デジタルアンプ技術DDFAを採用することにより、70W+70W(4Ω)と大出力で、大型スピーカーを広い空間で鳴らせたい方におすすめです。

PCM系は24bit/192kHzまで、DSDは5.6MHzまでの再生に対応。Wi-FiやBluetooth、AirPlayにも対応します。豊富なデジタル入力と可変アナログ出力を備えるのもポイントです。

パイオニア(Pioneer) ネットワークステレオレシーバー SX-S30(S)

他と比較して豊富な入力が特徴のプリメインアンプ内蔵ネットワークオーディオプレーヤーです。PCM系は24bit/192kHzまで、DSD 5.6MHzまでの再生に対応。Wi-FiやBluetoothにも対応します。

レコードプレーヤーを接続できるPHONO入力、さらに、HDMIの入出力端子を備えているのも特長。テレビや各種映像レコーダー、プレーヤーとも高音質での接続が可能です。インターネットラジオ機能やGoogle Cast機能にも対応しています。

オンキヨー(ONKYO) プリメインアンプ INTEC R-N855

幅275mmのコンパクトサイズながら多機能が特長のネットワークオーディオプレーヤー。アンプ部にはオンキヨーの独自技術「VL Digital」を採用したデジタル式で実用最大出力が85W+85Wとハイパワーなところも魅力です。

PCM系192kHz/24bit、DSD 11.2MHzまでの対応もハイスペック。外付けUSB-HDD、5GHz/2.4GHzのデュアルバンドWi-Fi、Bluetooth入力にも対応。アナログ、フォノ、デジタルの豊富な入力も装備します。

5mm厚のフロントパネルやボリューム周りの曲面加工による高品位な外観仕上げも魅力。リビングに置いても映えるスタイリッシュさもおすすめポイントです。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワークHiFiレシーバー R-N803(B)

設置環境に合わせてスピーカー再生音を最適に自動調整する「YPAO」機能を搭載しているのが特長。120W+120Wの定格出力は強力なので、大型スピーカーでサウンドを聴きたい方におすすめです。

「Spotify Connect」によるストリーミング再生やメーカー独自の「MusicCast」機能も装備。Wi-FiやBluetoothを利用したワイヤレス再生にも対応します。アナログ、フォノ、光/同軸デジタル入力も備え、幅広い音源を1台で再生できる汎用性の高さも魅力です。

ソニー(SONY) ハードディスクオーディオプレーヤーシステム HAP-S1

本体内に500GB大容量HDDを内蔵したネットワークオーディオプレーヤー。音楽ファイルをあらかじめ、内蔵HDD内にコピーして再生する独自の方法を採用しています。これにより、DLNAに関する面倒な設定がなく簡単に使えるのがメリットです。

最大出力40W+40Wの広帯域パワーアンプによりコンパクトながらパワフルにスピーカーを鳴らします。再生可能ファイルはPCM系で192kHz/24bit、DSD 5.6MHzまでに対応。音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE技術」も搭載します。CDやMP3を高音質で聴きたい方におすすめです。

ネットワークオーディオプレーヤーのAmazonランキングをチェック

ネットワークオーディオプレイヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。