スマホを音楽・動画プレーヤーやゲーム機代わりに使う方も増えています。そんなスマホでエンターテインメントを楽しむには、人前で迷惑を掛けにくく、荷物もかさばらないイヤホンの使用がぴったりです。

スマホで使うイヤホンは、マイク付きタイプが特におすすめ。音楽やゲームを楽しんでいる時に着信があっても、イヤホンを外すことなくハンズフリーで通話ができるのが魅力です。そこで今回は、便利なマイク付きイヤホンのおすすめモデルを、選び方とともに種類別にご紹介します。

マイク付きイヤホンの選び方

接続方式で選ぶ

Bluetooth

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続が可能なBluetoothイヤホンは、左右イヤホン間のケーブルを取り去った「完全ワイヤレスタイプ」も登場し、人気を高めています。

Bluetoothは音質劣化の原因となる音声データの圧縮を伴うことと、入力よりもわずかに音声が遅れて聴こえる「遅延」があるのがデメリット。また、有線接続イヤホンとは異なり、イヤホン本体への充電が必要です。

Bluetoothは「コーデック」と呼ばれる伝送方式の違いにより、音質や遅延の程度に違いがあります。高音質で低遅延な「コーデック」を使用するには送信機器側の対応も必要なことに留意しましょう。また、最新で5.1となっている「バージョン」が高いほど、通信範囲が広く通信安定性も高まっています。

「コーデック」「バージョン」「バッテリー持続時間」をチェックしたうえで、音質調整機能、ノイズキャンセリングの有無といった付属機能の必要性で選ぶのがポイントです。

Lightning

By: razer.com

iPhoneをはじめ、アップル社製品で採用しているのがLightning規格による有線接続です。余計な伝送経路を経ないため、高音質で音楽を楽しめるのがメリット。一方、Lightning接続イヤホンは接続機器のバッテリーを消費するので、接続機器の使用時間を短くしてしまうのがデメリットです。

アップルの性能基準を満たしていることを示す「MFi認証」を取得しているLightning接続イヤホンなら、iOSアップデート後の使用にも対応できるので安心。逆にMFi非認証のモノでは、使用できるiOSのバージョンに制約があったり、iOSアップデート後に使用できなくなったりするリスクがあります。

なお、音楽再生と充電を同時にできるLightning接続イヤホンは少数なので、使い勝手を重視する場合はチェックしましょう。

USB Type-C

By: amazon.co.jp

PCやスマホで使用されるUSB規格の新バージョンである「USB Type-C」端子を採用した有線接続です。接続機器から出力されるデジタル信号をイヤホン側で変換・増幅する形態がほとんどで、劣化の少ない高音質を楽しめるのがメリット。この場合、マイク音声の伝送もデジタル方式のため、クリアな通話が可能なのもポイントです。

ただし、使用が可能なUSB Type-Cポート搭載機器については、イヤホンごとに異なるのがデメリット。手持ちの機器で使用できるかをメーカーサイトなどで事前にチェックする必要があります。

また、リーズナブルなUSB Type-C接続イヤホンのなかにはデジタル接続ではなく、ノイズの影響を受けやすいアナログ接続のみに対応するモノも存在。アナログ接続には対応しないUSB Type-Cポート搭載機器もあるので、事前に使用可能かチェックしましょう。

3.5mm端子

イヤホンの接続方式として最もスタンダードなのが3.5mmステレオミニ端子による有線接続です。幅広い価格帯に多数の製品が発売されており、選択肢が多いのが魅力。イヤホン形状や発音方式も幅広くカバーしています。自分の好みや目的を明確にしたうえで、予算に合ったモノを選ぶことがポイントです。

本体の薄さや防水性を確保する点から、3.5mm端子を搭載しないスマホが増え、変換プラグを用いなければ使用できない場合があることに注意しましょう。

ノイズキャンセリング機能をチェック

By: amazon.co.jp

「ノイズキャンセリング」とは、イヤホンの内外に配置したマイクにより、騒音を打ち消す音波を発生させる機能。騒々しい場所でも音楽に集中することができ、音量を上げ過ぎずに済みます。

周囲の環境に合わせた騒音低減効果を選択できる機能や、周囲に注意を払いながら音楽を聴きたい時に有用な「外音取り込み機能」の有無がノイズキャンセリングイヤホンを選ぶポイントです。

なお、ノイズキャンセリング機能は、通常はイヤホン側のバッテリーが切れると使用できません。接続機器から電源を取るLightningやUSB Type-C接続タイプのイヤホンなら、バッテリー切れを気にせずに使えます。

リモコン機能をチェック

By: rakuten.co.jp

マイク付きイヤホンには、通話の応答・終話操作のためのリモコン機能が付属しています。LINEやSkypeなどのSNS通話アプリに対しては、マイクは使えてもリモコンは使えず、応答・終話ができない場合もあるので要注意です。

また、リモコンでは音楽再生操作も可能ですが、できる操作はイヤホンごとに異なるのでチェックしましょう。再生・停止に加え、曲送りや音量調節もできると便利です。

完全ワイヤレスイヤホンのリモコンは小さなイヤホン本体部に搭載されます。そのため、リモコン操作のしやすさや機能性はモデルによって大きく異なるので、操作部の位置やボタン配置もよくチェックしましょう。

特に完全ワイヤレスイヤホンにおいては、リモコンがタッチ式か物理ボタン式かや、操作への反応速度は使用感を左右する要素なのでその点にも注目するのがおすすめです。

マイク付きイヤホンのおすすめモデル|Bluetooth

アップル(Apple) AirPods with Charging Case 第2世代 MV7N2J/A

アップル(Apple) AirPods with Charging Case 第2世代 MV7N2J/A

完全ワイヤレスイヤホンの認知度を高めた「AirPods」の第2世代モデル。独自開発IC「H1チップ」によるiPhoneとの親和性の高さが特徴です。

iPhoneはじめ、iOSデバイスと簡単にペアリング設定や複数台接続の切り替えが可能。また、イヤホンに話しかけるだけで、Siriの起動から、再生する曲を替えたり、電話をかけたりできるのも便利です。

さらに、iPhoneだけでなく、幅広いスマホやタブレットでハンズフリー通話や音楽操作も可能。1回の充電で約5時間の再生ができ、バッテリー内蔵ケースを併用すれば最大24時間も再生可能なスタミナも魅力。15分急速充電機能で急な外出にも対応できます。

アップル製品ユーザーはもちろん、高性能で便利な完全ワイヤレスイヤホンを求める方におすすめの好モデルです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

多機能と高音質が特徴の完全ワイヤレスイヤホン。独自開発の「QN1e」チップと効率的な集音方法を採用し、騒音を強力に低減可能です。また、騒音低減効果と外音取り込み機能を調節可能なため、常に状況に応じたリスニングができます。

サウンド面では、音楽データを補完する「DSEE HX」機能により、CDを上回る高品位である「ハイレゾ」相当の高音質を幅広い音源で楽しめるのが魅力です。

さらに、「左右同時伝送方式」とBluetooth バージョン5.0の採用により、接続安定性の大幅な向上と音声の遅延を抑制しているのもポイント。本体にはカスタマイズ可能なタッチセンサーを搭載し、豊富な機能を耳元で自在に操れます。マイク機能も含め、片耳だけで使えるのも便利です。

本体のみで6時間、付属の充電ケースで合計24時間の再生が可能。10分の充電で90分再生可能な急速充電も可能なので、通勤・通学から旅行まで幅広くおすすめできます。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C300

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C300

国内大手メーカー品ながらリーズナブルなワイヤレスイヤホン。高磁力マグネットを搭載し、高解像度でクリアな中高音とパワフルな低音を再生できるのが魅力です。

コンパクトなマイク付きリモコンを搭載し、ハンズフリー通話や音楽再生操作が可能。SiriやGoogleといった音声アシスタント機能の起動に対応するのも便利です。

また、iPhoneとの組み合わせで、高音質で低遅延なワイヤレスリスニングを実現できるAACコーデックに対応しているのもポイント。さらに、NFC対応機器であればワンタッチで接続できるので、ワイヤレスイヤホン初心者でも簡単に使えます。

約15gと軽量な本体と、ネックバンドスタイルによる快適な装着感もおすすめポイントです。

ジェイピー・ライド(JPRiDE) AAC aptX Bluetoothイヤホン JPA2 Live

ジェイピー・ライド(JPRiDE) AAC aptX Bluetoothイヤホン JPA2 Live

高品位なコーデックへの対応が充実したハイコスパなワイヤレスイヤホン。iPhoneをはじめiOSデバイスで対応しているAAC、Android端末で対応しているaptXという、高音質で低遅延なコーデックに対応。幅広い機器との組み合わせでハイクオリティーなワイヤレスリスニングが楽しめます。

マイク付きリモコンには各種操作や音量調節ボタンも搭載し、接続機器を取り出さずとも快適に再生コントロールが可能。また、周囲の騒音を抑えて、クリアな音声を相手に届けられる「CVC 6.0ノイズキャンセリング」機能により、通話用にも適しています。

スポーツ時の汗や小雨での使用に耐えられるIPX4相当の防水性能も備えているため、屋外での使用にもおすすめです。

フィーオ(FiiO) RC-BT with FH1 FIO-RCBTFH1-J

フィーオ(FiiO) RC-BT with FH1 FIO-RCBTFH1-J

接続方法の多様さが特徴のマイク付きイヤホンです。ケーブルの着脱に対応し、Bluetoothに加え、3.5mm・2.5mmバランスの有線ケーブルが付属。無線・有線問わず、幅広い機器と接続できるのが魅力です。

スピーカー部は、BA型とダイナミック型ドライバー1基ずつによるハイブリッド構成。ハイレゾ対応の広帯域を、繊細かつパワフルな高音質で再生します。

Bluetooth接続時にはケーブル付属のマイク付きリモコンにより、ハンズフリー通話や音楽操作が行えて便利。Bluetooth接続設定を複数台分記憶できる「マルチペアリング」機能も搭載するので、複数のスマホやポータブルプレーヤーを使い分けている方にもおすすめです。

マイク付きイヤホンのおすすめモデル|Lightning

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

アップルが販売しているiPhone純正のLightning接続イヤホン。iPhone 7以降に付属しているモノと同じで、iPhone専用設計による使い勝手のよさが特徴です。 

iPhoneに最適化されたマイクとスピーカーにより、クリアな音声で通話や音楽鑑賞を楽しめるのが魅力。また、多数の人の耳からデータを取って設計したイヤホン形状は耳に装着しやすく、長時間使用でも疲れにくいのもポイントです。

音楽の音量調整や、電話の応答・終話、iPhoneカメラのシャッター操作、Siriの呼び出しなどをイヤホンだけで行える利便性も備えています。

iPhoneユーザーの予備や交換用としてもおすすめの、手頃な価格と完成度の高さが魅力の製品です。

パイオニア(Pioneer) RAYZ Pro SE-LTC7R-B

パイオニア(Pioneer) RAYZ Pro SE-LTC7R-B

付属の変換ケーブルを付け替えることで、LightningとUSB Type-Cの両方で接続可能なイヤホン。USB Type-Cポート搭載のMacBookなどでも使用できるので、活用範囲が広がります。

また、Lightning変換ケーブルには充電用ポートを搭載。接続デバイスを充電しながら通話や音楽を楽しめるのがポイントです。

周囲の雑音をカットし、ユーザーの声を通話相手にクリアに届けられる「ボイスアイソレーション」機能で、通話用にも最適。さらに、ノイズキャンセリング機能も搭載しています。

音楽再生や通話の操作をはじめ、アプリの起動やマイクのミュートも操作できるスマートボタンを備えているのもポイント。各機能やボタンの設定を専用アプリから自由にカスタマイズできるのも魅力です。

レイザー(Razer) Hammerhead for iOS

レイザー(Razer) Hammerhead for iOS

世界的なゲーミングデバイスメーカーによるLightning接続イヤホン。ゲームプレイにマッチする深みのある重低音と、透明度の高い音響再現性が特徴です。また、遮音性の高いバイフランジ型イヤーチップは、ゲームへの没入度を高めてくれます。さらに、専用の「Hammerhead iOS」アプリで好みの音質に調整できるのも魅力です。

インラインリモコンは多くの機能のコントロールが可能。通話やチャットを、クリアな音声で楽しめる高性能マイクもポイントです。きしめんのようなフラットケーブルは耐久性が高く、断線の心配を減らしています。イヤホンをライティングできる機能も、個性的でおすすめポイントです。

オーデジー(AUDEZE) 平面磁界駆動型イヤホン iSINE 20 Lightning &standard cable

オーデジー(AUDEZE) 平面磁界駆動型イヤホン iSINE 20 Lightning &standard cable

平面駆動型ドライバーを採用したLightning接続対応モデル。元信号により正確で歪みの少ない再生が可能なため、音域バランスに優れた高解像度なサウンドが魅力です。

マイク付きリモコンと、48kHz/24bit対応のDAC・ヘッドホンアンプを搭載するLightning接続ケーブルが付属し、iPhoneと直結してハイレゾに迫るハイクオリティーな再生が可能。ケーブルはMFi認証済みなため、安心して使用できます。

3.5mm接続ケーブルも付属するので、幅広い機器と使用することも可能。本体は後面の開口部が大きく音漏れがあるため、人前での使用時には音量に注意しましょう。

マイク付きイヤホンのおすすめモデル|USB Type-C

ソニー(SONY) USB Type-C接続専用ステレオイヤホン STH50C

ソニー(SONY) USB Type-C接続専用ステレオイヤホン STH50C

デジタル伝送による劣化の少ない高品位な再生が可能な、USB Type-C接続専用のイヤホン。最大192kHz/24bitまでのハイレゾ音源が再生できます。

さらに、40kHzまでの超高音再生が可能な新形状の振動板と、低音特性を改善する「ビートレスポンスコントロール」によって、ワイドレンジでメリハリのあるサウンドを聴くことができます。また、ケーブル内外からの電気的影響を遮断するシールド付き独立グラウンドケーブルを採用。ノイズの少ないリスニングを楽しめます。

再生操作や音量調節、通話の応答・終話が可能なマイク付きリモコンは、SiriやGoogleといった音声アシスタントも利用できて便利。異なる硬さのシリコンを使用することで装着感と音質を向上させる「ハイブリッドイヤーピース」もおすすめポイントです。

レイザー(Razer) ゲーミングイヤホン Hammerhead USB-C ANC

レイザー(Razer) ゲーミングイヤホン Hammerhead USB-C ANC

ノイズキャンセリング機能を搭載したUSB Type-C接続専用イヤホン。屋外の騒々しい場所や、乗り物の中でも音楽に集中できます。また、96kHz/24bit対応の高品質DACを採用しているため、再生対応アプリとの組み合わせでハイレゾ音源の再生が可能です。

世界的なゲーミングデバイスメーカーが手掛けているのもポイント。音の立体感や方向性の表現力に優れた音質、クリアで聴き取りやすい通話品位といった、ゲーム用途に適した特徴を備えているのも魅力です。

ソニー(SONY) 2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90C

ソニー(SONY) 2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90C

USB Type-C端子による有線接続と、Bluetoothワイヤレス接続に対応したネックバンド型イヤホン。利用シーンに合わせた使い分けができるのが特徴です。

高性能なDACを内蔵しており、USB Type-C接続で最大192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生が可能。 また、AACとaptXコーデックに対応しているため、iPhoneやAndroidスマホとのワイヤレス接続で、高音質で低遅延な再生ができるのもポイントです。

Siriをはじめ、音声アシスタントに対応したヘッドセット機能を備え、ハンズフリー通話に対応するのも便利。 長時間装着した時に疲れにくい形状の製品です。

エレコム(ELECOM) USB Type-C用イヤホン EHP-UC100M

エレコム(ELECOM) USB Type-C用イヤホン EHP-UC100M

ドライバーユニットの前後にダクトを設けたセミオープン構造を採用したUSB Type-C接続イヤホン。外部との遮音性をあえて低くすることにより、閉塞感を感じにくく、爽やかなサウンドが魅力です。

耳への挿入角度やケーブルの向きをデザインすることで、抜け落ちにくくぴったりとした装着感を実現しているのもポイント。イヤーピースが4サイズと豊富に付属しているので、自分に合ったフィット感を追求できるのも魅力です。

付属のマイク付きリモコンには応答・終話、音量調整ボタンが付いており、スムーズにハンズフリー通話が可能。絡みにくく耐性に優れたエラストマー素材のケーブルで取り回しも良好です。

内蔵DACは48kHz/24bit対応で、JEITA(電子情報技術産業協会)によるハイレゾの定義に準拠。細かな音の再現力に優れた高音質が楽しめるのもおすすめポイントです。

ブルードット(BLUEDOT) USB Type-C接続ステレオイヤホン BEP-TC01K

ブルードット(BLUEDOT) USB Type-C接続ステレオイヤホン BEP-TC01K

リーズナブルなUSB Type-C接続イヤホン。安価ながらも、デジタル伝送に対応したDACを内蔵しているのがポイントです。ノイズを抑えたクリアな音で、音楽も通話も楽しめます。

また、イヤホン形状に軽快な装着感と開放的なサウンドが特徴のインナーイヤー型を採用。長時間使用時に疲れにくいのも魅力です。音量調節や楽曲操作が可能なリモコンを搭載し、内蔵マイクでのハンズフリー通話も可能。シンプルで品位感の高いデザインのおすすめモデルです。

マイク付きイヤホンのおすすめモデル|3.5mm端子

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応イヤホン SE-CH3T

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応イヤホン SE-CH3T

リーズナブルながらハイクオリティーな3.5mm端子接続のイヤホン。ダイヤモンド以上に硬い特性を持つグラフェンコート振動板を採用したダイナミック型ドライバーを搭載し、8Hz〜40kHzもの広い帯域を再生できるのが特徴です。

また、CDを上回る品位のハイレゾ音源に適した再生能力を有することを示す「ハイレゾ対応」認証を日本オーディオ協会から取得。ワイドレンジで情報量の豊富な高音質を手軽に楽しめます。

精密切削によるアルミニウム製筐体もポイント。軽量・コンパクトな円筒形デザインで、軽快に装着できるおすすめのイヤホンです。

グライディック(GLIDiC) ハイレゾカナルイヤホン SE-9000HR SB-EM04-ISSP

グライディック(GLIDiC) ハイレゾカナルイヤホン SE-9000HR SB-EM04-ISSP

携帯キャリアであるソフトバンクが開発した3.5mm端子接続のイヤホン。オーディオ信号とマイク・リモコン信号を完全に分離した設計の採用が特徴です。一つのケーブル内で異なる種類の信号が同居することによる音質劣化の可能性を排除しています。

また、スマホ使用に最適化した110cmのケーブルを採用。マイク付きリモコンの適切な配置も相まって、ケーブルの煩わしさを感じさせにくい快適な使い心地もポイントです。

さらに、イヤホンとケーブル部は着脱が可能なので、不意な引っ張りによる断線を防止できます。iPhoneとAndroidの両方に対応しており、通話操作や曲送り、Siriなど音声アシスタントの起動ができるリモコンも便利。スマホを知り尽くしたメーカーによるユーザーへの配慮が光る、おすすめのイヤホンです。

KZ(Knowledge Zenith) ハイブリッドイヤホン ZSN

KZ(Knowledge Zenith) ハイブリッドイヤホン ZSN

中国の人気イヤホンメーカーによる3.5mm端子接続のモデル。繊細さとパワフルさを兼ね備えた高音質を実現できるハイブリッド構成を、安価に実現しているのが特徴です。

また、不意な引っ張りによる断線を防止できるケーブル着脱機構を採用。手頃な価格の交換用ケーブルをメーカー自らが多数発売しており、ケーブルによる音質の違いも簡単に楽しめます。

クリアカラーの樹脂製ハウジングと、品位感の高いジュラミン素材のフェイスプレートの組み合わせもおしゃれ。シンプルな1ボタン方式のリモコンにはマイクも内蔵されており、ハンズフリー通話が可能です。

フィット感がよく遮音性に優れた付属イヤーピースもポイント。安さと内容のバランスがよいので、「中華イヤホン」の入門機としてもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応イヤホン SE-CH9T

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応イヤホン SE-CH9T

MMCX規格でのケーブル着脱に対応したマイク付きイヤホン。MMCX規格は業界標準規格のため、交換ケーブルが多いのがメリットです。本モデル専用の高音質ケーブルをオプションで用意しているほか、他社のケーブルを付け替えて音質の違いを楽しめます。

新開発の9.7mm径ドライバーユニットを搭載し、高解像度での広帯域再生を実現。筐体の通気部に独自設計のチューブを使用することによる、引き締まった低音も魅力です。

耳の後ろにケーブルを回す装着法にも対応し、耳障りなケーブルのタッチノイズを抑えられるのもポイント。キャンリングポーチが付属するため、収納や持ち運びがしやすい点もおすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones

3.5mm端子接続タイプのノイズキャンセリングイヤホン。イヤホン内外のマイクで外部ノイズを検知・分析・相殺音波の生成という、ボーズが開発したプロセスによって強力に騒音を低減。 騒々しい場所でも自分だけの静寂な空間を手に入れられます。

周囲の音を取り込める「Awareモード」に一瞬で切り替えられるので、急な呼びかけにも対応可能。 豊かな低音を再生できる独自の「TriPortテクノロジー」や、「アクティブ・イコライゼーション」による自然な音質も魅力です。

独自のイヤーチップ「StayHear+」による疲れにくい装着感もポイント。内蔵バッテリーで約16時間使用可能とスタミナも十分です。各種音楽操作やハンズフリー通話が可能なマイク付きリモコンも搭載しています。

なお、iOS用とAndroid用はそれぞれ別モデルなので、自分の持っている端末に対応している方を選んでみてください。