子供を抱っこするときに使う「抱っこ紐」。目が離せない赤ちゃんや幼児と一緒に行動でき、素手の抱っこに比べて腕や腰にかかる負担を軽減できます。子供の大きさや利用シーンによってさまざまなアイテムをチョイスすることが可能です。今回はおすすめの抱っこ紐と選び方をご紹介します。

抱っこ紐の種類

対面抱きタイプ

By: amazon.co.jp

抱っこ紐のなかでもっとも一般的なのが赤ちゃんと向かい合って抱っこする対面抱きタイプ。子供の顔を目の前で見られるため、体調や機嫌の変化にすぐに気がつけます。また、両手が開くので、抱っこしながら買い物や家事も可能です。

体が密着するため、夏は暑く汗をかきやすいことに注意が必要。スタンダードで長く使える製品を探している方におすすめです。

横抱きタイプ

By: amazon.co.jp

横抱きタイプの抱っこ紐は主に首の据わっていない新生児を横向きに寝かせるときに便利。赤ちゃんの自然な寝姿勢を保ちながら抱っこできるので、寝ている時間が長い赤ちゃんと無理なく移動できます。

抱っこしている人の両手が空かない上に、横幅が出るので、移動の際は赤ちゃんの頭や足をぶつけないように注意しましょう。新生児を連れて外出する方におすすめです。

前向き抱きタイプ

By: amazon.co.jp

前向き抱きタイプは抱っこしている人と子供が同じ方向を見られることが特徴。外出する際に、景色などを一緒に楽しめることがメリットです。

このタイプは子供の股関節部分に負担がかかることもあるため、長時間の使用の際や、体重が重くなってきた子供を抱っこするときは注意しましょう。

ヒップシートタイプ

By: amazon.co.jp

腰に巻きつけてウエストポーチのように使うヒップシートタイプの抱っこ紐。肩ベルトや背あてがないため抱っこする人の負担が少なく気軽に使え、ムレを防ぎます。

ヒップシートタイプは子供を抱っこする腕の負担は減るものの、子供を支えるために片手が塞ることや、長時間の使用だと抱っこする人の腰に負担がかかることには注意が必要。着脱が簡単なのでちょっとした外出や室内での使用におすすめのタイプです。

スリングタイプ

By: amazon.co.jp

布を体に巻きつけるようにして使うスリングタイプの抱っこ紐。子供と体が密着するように抱っこできる上に、ベルトや肩あてなどのかさばる部分が少なく、コンパクトに身につけられることが魅力です。

使い方によっては赤ちゃんの股関節に負担がかかることがあるので、説明書をよく読んで使用しましょう。新生児から使える製品も発売されているため、新生児から月齢の低い赤ちゃんを抱っこする際におすすめです。

抱っこ紐の選び方

赤ちゃんの大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

抱っこ紐は赤ちゃんの大きさにより使う製品や抱っこの仕方が異なり、首の据わる前後で使うモノが分かれます。首の据わらない赤ちゃんを連れて公共交通機関で帰宅する場合や外出する場合には横抱きができる抱っこ紐や、横抱き用のオプションが付属している製品を選びましょう。

首の据わった赤ちゃんの場合はさまざまな抱っこの方法を選べるので、使用シーンや機能に合わせて選ぶのがおすすめです。

利用シーンで選ぶ

By: amazon.co.jp

対面抱きタイプは子供との距離が近く、比較的長く使えるので、外出時・室内用両方におすすめです。ある程度大きくなり、首が据わった赤ちゃんと外出する際は、景色が見られて腕や足を動かしやすい前向き抱きタイプやヒップシートタイプが便利。また、おんぶタイプなら体の前部分が空くので、洗濯や掃除などの家事をする場合にも動きやすさを確保できます。

赤ちゃんと2人きりで外出するときなどシチュエーションを考えて、ひとりで装着したり降ろしたりしやすい製品を選びましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

抱っこ紐のなかには数種類の抱き方に対応したタイプの製品もあります。バックルの付け替えやベルトの長さを調整しつつシーンや子供の成長に合わせて使えることが魅力です。

また、毎日使う抱っこ紐は丸洗いできて、すぐ乾くかどうかも重要。メッシュ素材の製品は通気性がよいのですぐ乾き、汗をかきやすい夏場も快適に使えるのでおすすめです。

抱っこ紐のおすすめメーカー・ブランド

エルゴベビー(ergobaby)

By: amazon.co.jp

エルゴベビーは2003年にハワイ・マウイ島で誕生したベビーキャリアなどのベビー用品を主に展開するブランド。抱っこする人の抱きやすさと赤ちゃんの快適性を追求したデザインが魅力で、まるで赤ちゃんを身に付けるように抱っこできます。また、服装を選ばないスタイリッシュなデザインもおすすめのポイントです。

ベビービョルン(BABYBJORN)

By: amazon.co.jp

ベビービョルンはスウェーデンに拠点を置くベビー用品ブランドです。3歳までの子供たち向けたベビーキャリアやバウンサーなどを展開しており、細部に到るまで考え抜かれた耐久性と安全性が魅力。新生児から幼児まで長く使える高品質なアイテムを探している方におすすめです。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

1947年の育児器具製品の開発・販売を行う日本メーカー。専門家とともに行う「赤ちゃん医学」や「育児工学」の研究がものづくりに生かされています。アップリカの抱っこ紐は新生児から使え、抱っこの方法もさまざまなタイプから選択可能。外出から室内での使用まで幅広く使えるおすすめメーカーです。

抱っこ紐のおすすめモデル

エルゴベビー(ergobaby) ADAPT

対面抱き・腰抱き・おんぶの3WAYの抱き方ができる抱っこ紐。子供のお尻を支えるシートの幅を9段階で調節しながら、新生児から4歳くらいまで使用できる製品です。

子供の首部分を支えるヘッド・ネックサポートがついており、首の据わっていない新生児もインサートやオプションなしで抱っこができる上に、日除けとしても活躍。また、「ベビーウエストベルト」がついているため、もしもの時の落下を防ぐ配慮がされていることもポイントです。

クロスしての装着もできる肩ストラップと腰サポート付きウエストベルトがついており、抱っこする人の負荷を軽減。子供との密着度を重視したい方や、小柄な方にもおすすめのアイテムです。

ベビービョルン(BABYBJORN) ベビーキャリア MINI 021056

新生児を抱きやすい対面抱き・前向き抱きに対応した抱っこ紐。首の据わっていない新生児のお尻から後頭部までを包み込むように支え、抱っこする人の胸に添わせるように高い位置で抱っこできます。

ベルトと本体は取り外せるようになっており、赤ちゃんが寝てしまっても起こさずにベッドへ寝かすことが可能です。成長に合わせて本体サイズの変更にも対応。また、首が据わったら前向き抱きで外出を楽しむこともできます。

ウエストベルトは55〜120cmまで調節可能です。さまざまな体型にフィットします。シンプルな構造なので、かさばらずコンパクトに抱っこできることも魅力。オムツ替えや授乳などで抱っこと寝かしつけが頻繁な新生児の抱っこにおすすめの製品です。

アップリカ(Aprica) コランハグ リュクス 39434

対面抱き・前向き抱き・おんぶなど4WAYで使える抱っこ紐。別売りの「新生児シート」を買えば新生児から使えます。シート部分は赤ちゃんの足が開きすぎないように設計されており、自然な姿勢を保つことで股関節への負担を軽減します。

メッシュ生地を使った本体の背中部分には通気孔が開いており、夏場の使用も快適。また、子供の頭を覆うように付けられる「おやすみカーテン」は眠っている子供の首を支え、日除けとしても活躍します。洗えるよだれパッドも付属しており、清潔に使えることも魅力です。

肩ベルトや腰ベルトは日本人の体型に合わせて作られており、長時間の抱っこでも疲れにくいこともポイント。また、使わないときは小さく丸めてバッグに入れられます。3歳ごろまで長く使えて持ち運びにも便利なおすすめの製品です。

グレコ(GRACO) Roopop 67331

首据わり後から3歳くらいまで使えて対面抱きとおんぶができる抱っこ紐。赤ちゃんの足を内側から支えるレッグホルダーがついており、赤ちゃんのずれ落ちを防止。また、背中部分にはメッシュ素材を広く使うことで夏場も快適です。

本体はおよそ395gと軽量な上、腰と肩のベルトで子供の体重を分散しながら抱っこができます。腰と肩のバックルを留めるだけで装着できるので、急いで出掛けたいときや外出先での使用も簡単です。使わないときは化粧ポーチほどの大きさに丸めて収納できます。

動きが活発で体重が重くなってきた子供を素早く、快適に抱っこできるおすすめの製品です。

エルゴベビー(ergobaby) OMNI360

インサート・オプションなしで新生児から使える高機能な抱っこ紐。対面抱き・前向き抱き・おんぶ・腰抱きの4WAYに対応しており、体重およそ20kgまで使用できます。シート部分が3段階で調整でき、子供の成長に合わせて無理のない姿勢で抱っこができることが魅力です。

メッシュ素材を使用しているので、通気性が保たれる上に洗濯後にすぐ乾くことも魅力。また、赤ちゃんのずり落ちを防ぐウエストベルトや収納用の専用ポーチが付属しており、便利かつ安全に使えます。

抱っこする人の肩と腰にベルトを巻きつけるので重さが分散し、長時間使用しても疲れにくく外出時も安心。また、赤ちゃんの頭を支えるクッション入りのネック・ヘッドサポートがついているので、子供が寝てしまったときも両手が空きやすくおすすめです。

コンビ(Combi) ジョイン EL-E

首据わり後から3歳ごろまで使える抱っこ紐。対面抱き・おんぶ・腰抱きに対応しており、別売りのインファントシートを使えば新生児から使用できます。内側には子供の落下を防ぐホールドベルトとホールドカバーがついており、しゃがんだときやかがんだときも安心です。

取り外し可能な「おやすみフード」は眠ってしまった子供の頭を支えたり、日差しが強いときの日除けとして利用したりできて便利。また、背中の部分にはポケットがついており、ガーゼやティッシュなどをすぐ取り出せるところに収納できます。

肩ベルトは幅8.5×厚み1.5cmと重さを軽減できるように太めになっており、肩が痛くなりにくい設計。子供が動いてもずれ落ちにくく、安全に使える製品を探している方におすすめです。

ベッタ(Betta) キャリーミー! プラス

肩紐の長さを変えながら多用途で使える抱っこ紐。新生児の寝姿勢を崩さない横抱きをはじめ、対面抱きや前向き抱きなど、さまざまなポジションで抱っこできます。肩紐の長さは子供の大きさや抱き方に合わせて42〜63cmの間で調整可能です。

素材は綿でできているので通気性がよく、四季を通して快適に使えることも魅力。また、使わないときは折り畳んで小さく収納できます。ベルトの対応胸囲はおよそ65〜100cm。購入前にサイズを確認しておきましょう。さまざまな抱き方ができる、比較的安価なアイテムを探している方におすすめです。

TIANCAIYIDING ベビーキャリア

さまざまな抱き方ができる抱っこ紐。横抱き・対面抱き・おんぶなどに対応しています。家事や外出の途中で短時間抱っこする場合にはヒップシートタイプにして使うのがおすすめです。シートは赤ちゃんの足を締め付けにくいソフトな設計になっています。

子供の頭を保護するキャップがついており、眠っているときや日差しが強いときの外出も安心。また、肩ベルトについたよだれカバーは取り外して洗えるので清潔に使い続けられます。

肩ベルトは5cmと幅広で重さを分散。腰ベルトと2箇所で支えるので安定して抱っこできます。汚れたら丸洗いできることもおすすめのポイントです。

ベビービョルン(BABYBJORN) ONE KAI Air 098004

通気性がよく、赤ちゃんの体にフィットする抱っこ紐。ハイ・ローポジションの対面抱き・前向き抱き・おんぶに対応しており、3歳くらいまで使用できます。素材には2種類のメッシュが使われており、通気性や速乾性にも優れていることが魅力です。

子供の頭と胴体、お尻までを包み込むように密着し、首の座っていない新生児も抱っこする人の体に近づけて高い位置で抱っこできます。子供の頭と首に当たる部分には、首が外側に落ち込むのを防ぐサポーターがついており、子供の大きさに合わせて位置を調節することが可能です。

シート部分と同じくメッシュ素材を使用したウエストベルト・ショルダーベルトにはクッションが入っており、長時間の使用も快適。子供の成長に合わせて長く使えることはもちろん、装着感にもこだわったおすすめの製品です。

日本エイテックス サンクマニエルプレール 01-097

赤ちゃんの成長やシーンに合わせて5WAYで使える抱っこ紐。新生児を寝かせたまま横抱きにする際には付属のピローを使って首を支えられます。腰ベルトがないタイプなので、足が動かしやすく、子供の股関節に負担がかかりにくいことも魅力です。

シートの内側には「アクアドライ」と呼ばれる吸水速乾性に優れた素材を使用し、汗っかきな赤ちゃんも快適。本体の重さは380gと軽く、ハンドバッグやマザースバッグにコンパクトに収納できます。

装着時は子供の胴体にセーフティベルトを締め、両側の肩ベルトを固定する背中のプリッジベルトをつけるだけ。シンプルな構造のため1人でも簡単に装着でき、赤ちゃんと2人でちょっとした外出をするときや家事をするときにおすすめの製品です。

HarnnHalo 抱っこ紐

対面抱き・前向き抱き・おんぶに対応できる抱っこ紐です。シートとベルトはマジックテープとバックルで2重に留められるため、安定することが魅力。月齡の低いおよそ3.5kgくらいの赤ちゃんからおよそ12kgまでの幼児に使用可能です。

肩ベルトは幅が広めのクッション入りタイプ。重さを軽減し、長時間の使用でも疲れにくいこともポイント。新生児を抱っこする場合は対面抱きのみで使用し、頭がぐらつかないように支えるのがおすすめです。

ベビービョルン(BABYBJORN) ベビーキャリア Mini Air

通気性のよさが魅力の新生児から使える抱っこ紐。赤ちゃんのお尻から後頭部までを包み込むようにサポートするので、首が据わる前の赤ちゃんから使用できます。抱っこする人の胸部に沿うように密着させて高い位置で抱っこすることが可能です。

首が据わったら前向き抱きにも対応。ショルダーベルトとシート部分は取り外しでき、頻繁に抱っこと寝かしつけを繰り返す新生児にも使いやすいことが魅力です。

3Dメッシュ素材を使用しており、空気穴から外部の空気を取り入れ、中の熱を放出することで夏場も快適に使えます。四季を通して快適に使える製品を探している方におすすめです。

アップリカ(Aprica) コアラ メッシュプラス 2049492

新生児から3歳ごろまで長く使える抱っこ紐。対面抱き・横抱き・前向き抱き・おんぶに対応しています。付属のホールディングパッドを使えば新生児の寝姿勢を崩さずに抱っこすることも可能。「あしらくサポート」と呼ばれる股幅が調整できる機能がついており、自然な足の角度を保ちます。

シートやベルトも全てメッシュ素材で作られている上に、通気孔があるため、汗っかきな赤ちゃんも快適。また、丸洗いした後に比較的短い時間で乾きます。

先に腰・肩ベルトをつけてから赤ちゃんを入れる構造のため、1人で装着しやすいことも魅力。肩と腰のパッドにはもっちりとしたクッション性の高いパッドが使われており、肩や腰にかかる負担を軽減します。1人でも使いやすい高性能な製品を探している方におすすめです。

ミニモンキー(minimonkey) スリング MSU001

新生児から体重およそ15kgまでの赤ちゃんに使えるスリングタイプの抱っこ紐。赤ちゃんをスリングに座らせるように対面抱きをすることで自然な脚の角度が保てます。ほかにも横抱きや腰抱きなど複数の抱き方に対応。内側にはセーフティストラップがついており、赤ちゃんの滑り落ちを防ぎます。

ストラップの幅が広いので、肩が疲れにくく、ホールド感が強いことも魅力。また、綿製の本体は重さがわずか265gと軽く、コンパクトに収納できます。スリング部分は広げられるので、外出先での授乳時にはケープとしての利用も可能。月齢の低い赤ちゃんと外出する機会が多い方におすすめです。

日本エイテックス Carry free 01-108

コンパクトに持ち運べて子供がぐずった時にも素早く装着できる抱っこ紐。対面抱きとおんぶに対応しており、首が据わった赤ちゃんから3歳ごろまでの子供に使用できます。ウエストベルトがないタイプのため、抱っこする人の服装を選ばず、装着がしやすいことが魅力です。

ショルダーベルトはクッション入りで幅が広く、肩が疲れにくいように設計されています。内側にはセーフティベルトもついているので、かがんだときに子供が落ちてしまうのを防ぐことが可能です。

使わないときは背中の部分についているポケットに本体を収納できます。本体カラーは複数の種類から好みに合わせて選べることもポイント。外出や旅行にもおすすめのコンパクトなアイテムです。

ビーベアー(bebear) Bebamour

ヒップシート単体でも使える抱っこ紐。ヒップシートの座面には低反発のクッション、表面には滑り止めを施すことで安定して抱っこできます。ヒップシートと背中を支えるパッドをファスナーで連結させれば、縦抱き・おんぶ・前向き抱きにも対応可能です。

縦抱き時に頭のぐらつきや落ち込みを防ぐフードや取り外せるよだれカバーも付属。さまざまなシーンで使える上に清潔に使い続けられることが魅力です。

抱っこする人の手元やヒップシート部分にはポケットがいくつかついており、ガーゼなどの小物を入れて置くのに便利。3歳ごろまで長く使えて、さまざまなシーンに対応できるおすすめのアイテムです。