小ぶりで可愛らしい音色が鳴らせる「ウクレレ」。ギターやベースと同じ弦楽器のひとつですが、コンパクトで弦も4本だけなので気軽に演奏できます。価格もほかの弦楽器と比べてリーズナブルで手を伸ばしやすいため、楽器初心者の方にも最適です。

そこで今回は、ウクレレのおすすめモデルをご紹介します。サイズや使用している木材の種類など、ひとくちにウクレレといってもさまざまなタイプのモデルがあるので、自分に合うモノを見つけましょう。

ウクレレの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソプラノ

ウクレレの中で最もコンパクトかつスタンダードなのがソプラノサイズ。抱えて演奏しやすいため、手が小さい方でもラクに扱えます。ウクレレらしい軽やかな音色を鳴らせるのが特徴。バリエーションも非常に多いので、最初の1本を探している方はソプラノサイズのモデルを探してみてください。

コンサート

ソプラノサイズのウクレレと比べて深みのある音色を鳴らせるのがコンサートサイズです。大きさはソプラノサイズよりもひと回りほど大きくなります。

ソプラノサイズは本体が小さい分、どうしても軽やかな音色に偏ってしまうため、ウクレレでもしっかりと芯のある音色を鳴らしたい方はコンサートサイズのモデルが最適。また、手が大きい方は初めからコンサートサイズのウクレレを選ぶのもおすすめです。

テナー

ウクレレの中では大きめのテナーサイズ。太くて豊かな音色を鳴らせるため、迫力のある演奏を楽しみたい方に最適です。なお、テナーサイズのウクレレはブリッジからヘッドまでの距離が長いぶん、弦の張りも強くなるので、ある程度ウクレレを弾き慣れてから選ぶようにしましょう。

バリトン

とても太く力強い音色が鳴らせるバリトンサイズ。ウクレレの中で最も大きいタイプです。ソプラノサイズ・コンサートサイズ・テナーサイズのウクレレと異なり、バリトンサイズのみギターと同じ音でチューニングを合わせるため、ギターのようなサウンドが楽しめます。低音域が強いウクレレを探している方は、バリトンサイズの中から選んでみてください。

木材で選ぶ

ハワイアンコア

By: amazon.co.jp

ウクレレに使われる定番の木材が、ハワイで採れるハワイアンコアです。ウクレレらしい軽やかな音色が鳴らせるため、スタンダードな1本を探している方におすすめ。色もウクレレらしく赤褐色のモデルが揃っています。

ただし、ハワイアンコアは希少な素材なので、同木材を採用したウクレレは価格が高くなりがち。そのため、ハワイアンコア製ウクレレの購入を検討している方は、ある程度予算に余裕を持たせておくのがおすすめです。

マホガニー

By: amazon.co.jp

マホガニーもウクレレによく使われる木材。ハワイアンコアが軽やかな音色を鳴らせるのに対し、マホガニーは甘くて柔らかな音色を鳴らせるのが特徴です。

音の伸びもよいので、ハワイアン系をはじめさまざまなジャンルの曲で活躍してくれます。リーズナブルな価格のウクレレが多いため、入手しやすいのも魅力です。

マンゴー

By: amazon.co.jp

柔らかな木材で丸みのある音色が鳴らせるマンゴー。音に温かみを感じられるため、優しいメロディを奏でたい方に適しています。見た目は淡黄色もしくは薄茶色の独特な杢目が特徴。色のムラがとても多いので、同じ型番でも杢目が異なる個性的な木材です。

メイプル

By: amazon.co.jp

エレキギターに使われる木材として知られているメイプル。とても硬い素材なので、マホガニーやマンゴーと異なり、ハッキリとした音色を鳴らせます。そのため、ザクザクと歯切れのよいストロークを楽しめるのが特徴です。見た目は白っぽい色合いで、上品な雰囲気を演出してくれます。

スプルース

By: amazon.co.jp

スプルースはアコースティックギターの素材として使われることが多い木材。音の響きがよいため、ダイナミックなサウンドを楽しめます。輪郭もハッキリとしているので、心地よくストロークすることが可能。ウクレレというよりは、アコースティックギターのような音色が鳴らせる独特な木材です。

形状で選ぶ

スタンダード

By: amazon.co.jp

ギターのようにくびれているのがスタンダードタイプのウクレレ。くびれがあることで抱えやすくなり、ウクレレ初心者でもラクに演奏できるのが魅力です。

音色のバランスが取れており、さまざまなジャンルの曲で使えるのもポイント。どの形状にしようか悩んだら、スタンダードのウクレレを選んでおくと安心です。

パイナップル

By: amazon.co.jp

パイナップルタイプのウクレレは、くびれのないふくよかなフォルムが特徴。ボディの面積が大きいと音の響きも大きくなるので、豊かな音色を鳴らせます。ストローク演奏をする機会が多い場合は、パイナップルタイプのウクレレを選ぶと心地よく響くためおすすめです。

ペグの種類で選ぶ

ギアペグ

By: amazon.co.jp

ウクレレを選ぶときは、弦を巻き取る「ペグ」の種類も要チェック。ウクレレ初心者の方であれば、細かく正確にチューニングができるギアペグを搭載したモデルが適しています。この後説明するストレートペグと比べて弦が緩みにくいため、1度チューニングを合わせれば狂いにくいのが特徴です。

ストレートペグ

By: rakuten.co.jp

ギアを使用しておらず、直接弦を巻き取るのがストレートペグ。ギアペグのような細かいチューニングには向いていませんが、スピーディーに巻き取れるためすぐに弦を張れます。

ギアペグよりも軽量でヘッド部分が重くなりにくいのも特徴。ただし、チューニングが狂いやすく、ペグのネジを定期的に締める必要があるので注意しましょう。

ウクレレのおすすめメーカー

フェイマス(Famous)

By: amazon.co.jp

フェイマスは1955年に誕生した国産ウクレレメーカー。価格は少々高めですが、品質が非常に安定しているため演奏しやすいのが特徴です。さまざまなモデルが展開されており、豊富なバリエーションの中から選べるのも魅力。ウクレレを初めて持つ方にもおすすめのメーカーです。

カマカ(KAMAKA)

By: amazon.co.jp

ウクレレの代名詞ともいえるカマカは、100年以上の歴史を持つ老舗メーカーです。人気の高いソプラノウクレレ「HF-1」をはじめ、質にこだわったモデルを揃えているのが魅力。プロのウクレレ奏者であるジェイク・シマブクロ氏にも愛されています。

コアロハ(KoAloha)

By: amazon.co.jp

1995年創業の新しいメーカーでありながら、ハワイの定番ウクレレメーカーとして親しまれているコアロハ。おにぎり型の独特なサウンドホールと王冠デザインのヘッドが特徴です。

フチに丸みを持たせた加工が施されており、演奏しやすいだけではなく、腕に跡がつきにくいのもポイント。弾きやすさを追求したおすすめのメーカーです。

ウクレレのおすすめモデル

フェイマス(Famous) ソプラノウクレレ FS-5G

強度と薄さを両立させている3層構造のソプラノウクレレ。弦を張ったときの高さもしっかり調節されているため、コードを押さえやすいのが特徴です。

木材はハワイアンコアの合板を採用しており、バランスの取れた音色が鳴らせます。各パーツを目視で確認していたり、フレットをひとつずつ調節していたりとこだわりを持って作られているおすすめの1本です。

フェイマス(Famous) コンサートウクレレ FC-4

背面に丸みを帯びたラウンド加工が施されており、音の響きがよいコンサートウクレレ。音に深みがあるため、味のある演奏を楽しみたい方におすすめです。

「Famous marron」と呼ばれる柔らかいナイロン弦が張られているので、押さえやすいのが魅力。また、ネックが丸みを帯びており、握ったときに安定感があります。演奏しやすいコンサートウクレレを探している方はぜひチェックしてみてください。

フェイマス(Famous) ソプラノウクレレ パイナップル型 FS-4PG

丸い見た目が可愛らしいパイナップルタイプのソプラノウクレレ。ヘッド部分もパイナップルを思わせるデザインに仕上がっています。15フレット仕様なので、演奏の幅を広げられるのが特徴。コンパクトで抱えやすいため、パイナップルタイプのウクレレを初めて持つ方にもおすすめの1本です。

カマカ(KAMAKA) ソプラノ ウクレレ HF-1

ハワイアンコアの単板を採用しているソプラノウクレレ。木の模様が引き立つラッカー仕上げが施されており、美しい杢目を楽しめるのが特徴です。

音の抜けがよいため、ウクレレらしい明るい音色を鳴らすことが可能。高音の響きも優れているので、ストロークはもちろんアルペジオでもキレイな音を鳴らせます。ゴトー社の高品質なギアペグを採用しており、正確にチューニングできるのもポイントです。

カマカ(KAMAKA) テナー ウクレレ HF-3

太くて安定感のある音色が好みの方に適したテナーウクレレ。カマカ独自のハワイアンコア材が採用されており、低音域の響きに優れていながらもクリアで抜けのよいサウンドが鳴らせます。

音にボリュームがあるため、迫力のあるストローク演奏を楽しめるのが魅力。ソプラノウクレレやコンサートウクレレである程度弾き慣れた中級者の方におすすめの1本です。

コアロハ(KoAloha) ソプラノ ウクレレ KSM-00UG

おにぎり型のサウンドホールと王冠デザインのヘッドが特徴的なコアロハのソプラノウクレレ。ボディにハワイアンコア材、指板にローズウッド材を採用することで、ウクレレらしい軽やかなサウンドと深みのある中低音域を両立させています。ペグはストレートタイプなので、チューニングを素早く行いたい方におすすめです。

コアロハ(KoAlana) テナー ウクレレ KTA-0010

マホニというインドネシアマホガニー材を採用しているテナーウクレレ。ボリューミーなサウンドを鳴らせるため、ダイナミックな演奏が楽しめます。それでいてウクレレらしい明るい音色も鳴らせるので、音のバランスが取れているのが魅力です。

ギアペグを採用しており、正確にチューニングできるのも特徴。初めてテナーウクレレを持つ方でも扱いやすいおすすめの1本です。

エスヤイリ(S.Yairi) ウクレレ コンサート YU-C-01K

アコースティックギターのメーカーとして知られる「エスヤイリ」のコンサートウクレレ。ボディのトップはもちろん、サイドとバックにもハワイアンコア材を採用しているのが特徴です。これにより明るくてハッキリとした音色が鳴らせます。

イタリアのブランド「アクィーラ」の弦があらかじめウクレレに張られているため、ウクレレ本体はもちろん、弦にもこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

カラ(KALA) ウクレレ Solid Spruce Top Mahogany Series バリトン KA-SBG

低音域を力強く鳴らせるバリトンタイプのウクレレ。音がしっかりと響くスプルース材を採用しており、アコースティックギターのような音色が楽しめます。大きめのボディで演奏するのにコツがいるため、ウクレレ中級者〜上級者の方におすすめ。白っぽいシンプルな見た目のトップも特徴です。

アラモアナ(AlaMoana) ソプラノウクレレ UK-260PG/MH

軽量コンパクトで気軽に演奏できるパイナップルタイプのソプラノウクレレ。木材はマホガニーの単板を採用しており、豊かで味のある音色が鳴らせます。音に丸みがあるのも特徴です。

ソプラノタイプながら、中低音域にもしっかりと芯を感じられるため、ほかのソプラノウクレレと比べて深みのある演奏が楽しめます。ウクレレ初心者の方はもちろん、中級者や上級者にもおすすめの高品質な1本です。

アイバニーズ(Ibanez) エレキトリックウクレレ UEW12E

エレキギターやエレキベースのメーカーとして人気が高い「アイバニーズ」のエレキウクレレ。アンプに接続することで、ウクレレの音色を大音量で楽しめます。

メイプル材を採用しており、歯切れのよいクリアなサウンドを鳴らせるのも魅力。本体に搭載されているウクレレ専用のプリアンプを操作すれば、低音域・高音域の調節ができるため、自分好みの音を見つけて演奏してみてください。

Big Island Ukulele HONU ウクレレ コンサート U-MO-CTS

ハワイアンマンゴー材を採用しているコンサートウクレレ。甘くて柔らかい音色を鳴らせるので、バラードなどの優しい曲を演奏したいときにおすすめです。

ハワイアンコアやマホガニーなどほかの木材と比べて、杢目が大きく出るため個性もアピールできます。見た目も音色も唯一無二の高品質なウクレレを探している方は要チェックです。

ウクレレの初心者向けおすすめセット

エルビス(ELVIS) ウクレレ ソプラノサイズ U100S UKULELE

チューナー・ピック・ソフトケースなど、ウクレレを始めるときに最低限必要なモノが揃った初心者向けセット。教則本やコードの一覧表も付属しているので、ウクレレを全く触ったことがない方でも安心して弾き始められます。

教則本にはJ-POPやアニメソングなどの有名曲を多数掲載。ウクレレ本体はマホガニー材を採用した高品質なモノがセットになっており、温かみのある音色を鳴らせるのが特徴です。

Donner コンサートウクレレ 初心者セット DUC-1

素材にこだわった手触りのよいコンサートウクレレと、ソフトケース・チューナー・ストラップなどがセットになった初心者向けモデル。アタックの強い音が鳴らせるカーボン弦も付属しています。ウクレレ本体は薄めに加工された合板が採用されており、効率よく響くためボリューミーな音色を鳴らせるのが魅力です。