ヒゲ剃りに欠かせないアイテムといえば、カミソリ。T字カミソリや電動シェーバーなどさまざまな種類のカミソリがあり、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いはずです。

そこで今回は、T字カミソリの特徴や電動シェーバーとの違い、自分に合ったカミソリの選び方を解説。おすすめ製品と合わせてそれぞれのメリットをご紹介します。

T字カミソリと電動シェーバーのメリット・デメリット

T字カミソリのメリット

By: amazon.co.jp

T字カミソリは肌に直接刃を当てられるので、電動シェーバーよりも深剃りできます。ヒゲをしっかり捉え根元から深剃りすることで、剃り残しが気にならないツルツル肌に仕上がるのが魅力です。電気シェーバーのように大きな音がしないのもポイント。

また、T字カミソリは一般的に電動シェーバーよりもヘッドが小さいため、細かい部分が剃りやすいという特徴もあります。鼻の下などの細かい部分にも使えるカミソリを探している方は、T字カミソリがおすすめです。

さらに、電動シェーバーに比べるとT字カミソリは価格が安く、気軽に使いやすいことも魅力です。丸洗いも可能なのでいつでも清潔な刃を使うことができます。

T字カミソリのデメリット

By: amazon.co.jp

T字カミソリのデメリットは替え刃の交換頻度が高いことです。メンテナンスを怠っていると刃の切れ味が悪くなっていることに気づかず、肌を傷つけてしまうこともあります。また、濡れたままでは錆びやすいので使った後しっかり乾燥させることも大切です。

さらに、電動シェーバーに比べて深剃りできる分、それだけ肌の負担が大きいのもデメリット。特に乾燥肌の方は髭剃り後に十分なスキンケアが必要です。

電気シェーバーのメリット

By: amazon.co.jp

電気シェーバーは刃を肌に直接あてるのではなく、ヒゲをキャッチしてカットする2段階方式。剃ると言うよりは”切る”に近いので、T字カミソリに比べて肌を傷めにくいのが特徴です。

電動シェーバーは刃が直接肌にあたらない上、乾いた状態で使用するので歯の切れ味が落ちにくく、T字カミソリほど刃の交換頻度が高くありません。交換は1年に1回ほどと1度買ってしまえばコストが安いのが魅力です。最近のモデルは防水仕様のモノもあるのでお風呂で剃ったり水洗いできたりと使いやすさが上がっています。

電気シェーバーのデメリット

By: amazon.co.jp

電気シェーバーのデメリットは初期投資の高さ。安くても5,000円前後から高級品では数万円するモノもあります。自分に合った使い心地かどうかは使ってみないとわからないので、なかなか手が出せずにいる方も多いはずです。

また、深剃りができないので、剃った後にT字カミソリほどのつるつる感がないのもデメリットのひとつ。さらに、T字カミソリに比べ手入れの手順が多い上、1回の充電で剃れるのは2~3回程度と頻繁なメンテナンスも必要です。

T字カミソリは飛行機に持ち込める?

カミソリは眉毛用やひげ剃り用のモノであれば機内に持ち込める場合がほとんどです。電動シェーバーはほとんどの場合条件なしで持ち込み可能で機内でのヒゲ剃りに困ることはありません。たとえば、ANAではT字剃刀や、化粧用で先端の尖がっていない刃体が4cm以下の剃刀であれば機内持ち込み可能です。

機内持ち込み品のルールは国内線・国際線、航空会社によって異なる場合があるので、事前にチェックしておきましょう。もし不安な方は、預入荷物に入れる、もしくはあらかじめ手持ちのカミソリのサイズを測っておくと安心です。

T字カミソリの選び方

電動か手動かで選ぶ

By: amazon.co.jp

T字カミソリには、手動タイプと電動タイプの2種類があります。一般的に使われることが多いのは手動タイプで、力の入れ具合によって剃る深さを調整できるのがメリット。リーズナブルかつ、手軽に使えるカミソリを探している方におすすめです。

一方、電動タイプは刃に振動を与えることでヒゲを剃るT字カミソリです。手動タイプよりも価格は高くなりますが、強い力を入れなくてもきちんとヒゲを剃れるというメリットがあります。肌を傷つけたくない方や力加減の調節が上手くできない方には、電動タイプのT字カミソリがおすすめです。

刃の枚数で選ぶ

3枚刃以下

By: amazon.co.jp

3枚刃以下のT字カミソリは、しっかり深剃りできるのが魅力。ヒゲが濃くしっかり剃りたい方におすすめです。

また、刃の枚数が少ないほどヘッド部分も小さいのが特徴。もみあげやフェイスラインなど細かい部分も快適に剃れます。さらに、刃の隙間が広めなので剃ったヒゲが詰まりにくく、手入れも簡単。3枚刃以下のT字カミソリはシンプルな構造なので、使い捨てや安価なモノに多いタイプです。

ただ、1枚刃は力の加減がダイレクトに伝わるので刃の角度や力加減が難しく、横滑りするとスパッと切れることもあるので注意が必要。T字カミソリに慣れていない方はまずは2枚刃以上がおすすめです。圧力が分散できるうえ、前の刃の剃り残しを後ろの刃がカバーしてくれます。

4枚刃以上

By: amazon.co.jp

T字カミソリは刃の枚数が増えるほど1枚の刃にかかる圧力が分散され、肌への負担が軽減されます。より安全にヒゲを剃りたい方におすすめです。

例えば5枚刃なら、1枚の刃にかかる圧力は5分の1。1枚の刃が剃る力は弱いものの、後の刃がヒゲを起こしながら剃り残しをカバーしてくれるのでよりキレイな仕上がりです。テクニックを必要とせずラクに剃れるため、T字カミソリを使い慣れていない方は刃の枚数の多いモノがおすすめです。

スムーズな切れ味と剃った肌への負担が少ないのが魅力の4~5枚刃ですが、替え刃の価格が1〜3枚刃に比べて高めなのがデメリット。また、刃の枚数が多いほどヘッドが大きいため細かい部分が剃りにくいことが難点です。

使い捨てかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

T字カミソリには、刃の切れ味が悪くなるたびに本体ごと捨てる使い捨てタイプと、刃だけを交換する付け替えタイプがあります。どちらを選んでも定期的な交換は必須なので、使いやすさや価格などを総合的に考慮し、どちらを選ぶか決めましょう。

T字カミソリの刃を交換する目安時期は2週間と言われています。T字カミソリの切れ味が悪くなっているのにそのまま使用を続けると、肌に何度も刃を当てることになり肌荒れの原因です。無理に使用を継続せず、適切な時期に刃を交換しましょう。

付加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

T字カミソリの中でも比較的高価なモノにはさまざまな付加機能が搭載されています。「首振り機能」はハンドルとヘッドが別々に動き、フェイスラインやあご下など目で確認しづらい部分もしっかり剃れます。脇などボディのムダ毛処理にも便利です。

また、刃の枚数が多いモデルでは、剃りやすさを重視しているモノもあります。ヘッドの上部が動き、ヘッドのサイズを小さくできる「フリップ式トリマー」や背面に小さな刃を装備してある「ピンポイントトリマー」など製品によって工夫はさまざま。

ヘッドのサイズが大きいT字カミソリでは剃りにくい、鼻下やもみあげ部分も快適に剃れるモノも多いので付加機能にも着目して選びましょう。

T字カミソリのおすすめランキング|付け替えタイプ

第1位 ジレット(Gillete) プロシールド

ヒゲ剃り市場の世界シェアがトップクラスのジレット。プロシールドは、名前の通りとことん安全性を追及したT字カミソリです。

ジェルスムーサーが刃の前後に配置されているのでヒゲを剃る前と後の2段階で肌を保護してくれます。また、フェイスラインに密着するフレックスボールを搭載しており、前後はもちろん左右にも自在な動きが可能。横滑りを予防します。

ジレットのカミソリの中でも最も薄い5枚刃は、肌あたりが優しいだけでなく引っ掛かりを極限まで抑えているのが特徴。さらに、背面の小さな刃、ピンポイントトリマーで細かい部分も自在に剃れます。替え刃も9個付属しているので、上位モデルながらリーズナブルなおすすめのT字カミソリです。

第2位 フェザー(FEATHER) サムライエッジ

国内メーカー、フェザーのT字カミソリ。「羽のような肌あたり」を目指した社名と同じく、非常に優しい剃り心地が特徴です。

本製品は3枚刃ですが、1枚ずつ刃が独立して動く仕組み。刃・ヘッド・替え刃本体とそれぞれが自在に動く高い首振り機能が魅力です。フェイスラインはもちろん、小鼻付近など凹凸が多いところも多彩な動きで滑らかに剃れます。

また、刃は耐久性を高めるためにセラミックコーティングが施されているので切れ味のよさを長く保てるのもポイント。刃の枚数が多いT字カミソリでもしっかり深剃りしたい方におすすめのモデルです。

第3位 シック(Schick) ハイドロ5

ヒゲ剃り市場の国内シェアトップクラスのシック。ハイドロ5は同メーカーの中でも実用性とコスパに優れたT字カミソリで非常に高い人気がある製品です。

ヒアルロン酸を含むモイスチャージェルを採用しており、シェービングしながらうるおいをキープする効果が期待できます。ヒゲ剃り後のヒリヒリ感や乾燥を軽減するのが魅力。さらにスキンガード付きの5枚刃は、肌を抑えながら剃れるので余分な摩擦を防ぐのもポイントです。

スムーサーを後方に下げられる「フリップ式トリマー」を採用しており、ヘッドサイズを変えられるので細かい部分も快適に剃れます。高い安全性と確かな切れ味がありながら17個の替え刃付きなのでコストパフォーマンスに優れた製品です。

第4位 ジレット(Gillete) プログライド フレックスボール パワー

肌への優しさとしっかりとした切れ味を両立させたジレットのT字カミソリ、プログライドシリーズ。本製品は電動タイプです。「摩擦モーター」を搭載しており、微細な振動を肌に伝えるので力を入れなくても剃れます。力加減が難しくないのでつい力を込めて剃ってしまう方やT字カミソリを使い慣れていない方におすすめです。

また、フェイスラインに密着するフレックスボールを搭載しているので剃り残しを防ぎます。さらに、本体は防滴加工を施してあるため、お風呂での使用も可能。ただし本体を水に沈めると故障する恐れがあるのでバスタブ内で使うのは控えましょう。

第5位 ソリモ(SOLIMO) T字カミソリ

Amazon専用ブランド、ソリモのT字カミソリです。シックの親会社であるエッジウェルパーソナルケアと共同開発しているので、手に取りやすい安価な価格ながら高品質な製品。

5枚刃と自在に動く首振りヘッドを採用しているため、快適な剃り味が特徴です。アロエとビタミンEを配合したスムーサーを採用しており、背面には安全ガードのある1枚刃付きなのでもみあげなどの処理も行えます。

シンプルなデザインながらしっかりと重量感のあるハンドルなので剃りやすいのもポイント。替え刃も比較的安価なのでコストパフォーマンスに優れた製品です。どこのブランドにするか迷っている方は、各社のよいところを網羅したソリモをぜひ候補に入れてみてください。

T字カミソリのおすすめランキング|使い捨てタイプ

第1位 ジレット(Gillette) カスタムプラスEX

使い捨てのT字カミソリでありながら、柔軟な首振り機能を搭載したジレットのT字カミソリ。ヘッドが肌の凹凸に合わせて柔軟に動き、あごのラインのヒゲやおでこ周辺のムダ毛もしっかり剃り上げます。6本と10本入りがありますが、コスパの優れた10本入りがおすすめ。

細いハンドルは手になじみやすく、縦滑りを防ぐ深い溝付きなので女性でも使いやすいタイプです。性別を問わないので、家族やカップルで分けても使いやすい製品。2枚刃でしっかり深剃りできますが、スムーザー付きで肌あたりが優しく剃った後のヒリヒリ感を軽減してくれます。

ヘッドの取り外しはできませんが、裏面から水を注げば刃に挟まったヒゲも流しやすいセルフクリーニング仕様。スーパー銭湯やスポーツジム用に、1パック持っておくととても重宝するT字カミソリです。

第2位 シック(Schick) プロテクター ディスポ

使い捨てT字カミソリにありがちなのは鋭利な切れ味で肌が切れてしまうこと。本製品はマイクロセーフティワイヤーを採用しているので不意の横滑りによる怪我を防ぎます。ワイヤーによって刃が肌に食い込むのを防ぐので、剃っているときも優しくガードできるのがポイント。

また、首振り機能付きなので顔やボディの局面にもしっかりフィットし、剃り残しを防ぎます。ただし安全な一方で刃のあたりを最小限にするため、2枚刃のしっかりした深剃りを求めている方にはやや物足りないかもしれません。肌を痛めたくない方におすすめの安全性を高めたT字カミソリです。

第3位 貝印 クロスフィット

使い捨ての清潔さと、替え刃タイプの高性能さを併せ持つ新タイプのT字カミソリです。ハンドルと替え刃4つで2か月使い切りタイプ。ハンドルが水垢で白くなったり、カビっぽくなったりしてしまう前に交換できるので清潔さをキープできます。

替え刃式カミソリと同じ高性能な替え刃を採用し、ハンドル部分は使い捨てカミソリと同等の手軽さが特徴です。ハンドル部位のプラスチック使用度を極限まで少なくしており、環境にも配慮しています。

使い切りタイプながら首振り機能を搭載した5枚刃なので肌にフィットさせながら剃り残しを防げるのもポイント。使い捨てタイプと付け替えタイプのよいところを兼ね備えたT字カミソリです。