中国企業のNetEase Gamesがリリースしている人気TPSゲーム『荒野行動』。100人のプレイヤーが無人島に降り立って、最後の一人になるまで戦闘を繰り広げるバトルロイヤルゲームです。気軽に遊べるiOS版やAndroid版が大ヒット。全世界で2億人のユーザーが遊んでいる人気アプリです。

そこで今回は、荒野行動をプレイするのに便利なコントローラーをピックアップ。選び方やおすすめ製品をご紹介します。スマホ画面ではプレイしにくい方はもちろん、勝率を上げたい方はぜひチェックしてみてください。

荒野行動コントローラーとは?

By: amazon.co.jp

現在、日本版の荒野行動は、家庭用ゲーム機で使われるようなゲームパッドに非対応です。Google playで配信されている「Octopus」という外部アプリを使えばゲームパッドでも遊ぶことはできますが、規約違反に該当する可能性があるので推奨はできません。

そこで、おすすめなのが荒野行動コントローラーです。人気ゲームアプリ『荒野行動』を遊びやすいようにカスタマイズされたアタッチメントで、スマートフォンに装着することで画面をタップしやすくなります。もっとドン勝(最後の一人になるまで生き残ること)したい方におすすめです。

荒野行動コントローラーの選び方

形状で選ぶ

操作性が向上する「クリップ型」

By: rakuten.co.jp

クリップ型とは、スマートフォン本体にボタン付きクリップを装着するタイプのコントローラーです。荒野行動はプレイ中にミスタップをしてしまうことも多いのですが、物理的なボタンを装着することで正確に操作しやすくなります。パーツが小さいのでポケットに入れて持ち運ぶことも可能。電車の中などでサクッと遊びたい方におすすめです。

長時間プレイに便利な「ハンドル型」

By: amazon.co.jp

ハンドル型とは、スマートフォン本体を握りやすくするためのグリップ(にぎり)を装着するタイプ。安定感が増すのはもちろん、長時間プレイしても疲れにくいのがポイントです。ただし、ボタン類は付属していないので、操作性はほとんど変わりません。あくまで持ちやすさだけを向上させるコントローラーです。長時間プレイしたい方は装着時に充電ケーブルを差せるかどうかをチェックしましょう。

ボタンとハンドルを備えた「セット型」

By: amazon.co.jp

ボタン付きの「クリップ型コントローラー」とフィット感を高める「ハンドル型コントローラー」をセットにしたタイプ。操作性と快適性を両立しており、ゲームパッドに近い感覚でプレイできます。腰をすえてじっくりと荒野行動で遊びたい方はもちろん、真剣にドン勝を狙いに行きたいプレイヤーにおすすめです。

荒野行動には不向きな「ホールド型」

By: amazon.co.jp

ホールド型は、PS4やPS4コントローラーの上部にスマートフォンをセットするタイプ。Bluetoothを介してワイヤレス操作できるのが特徴です。荒野行動対応と謳われる製品もありますが、中国版荒野行動のことで、日本語版には対応していないケースがほとんど。ほかのゲームをプレイするのならばよいのですが、荒野行動用としてはおすすめできません。

入力方式で選ぶ

誤射や無駄撃ちを防げる「ボタン式」

By: amazon.co.jp

ボタン式とは、通常のゲームパッドのようにボタンを押し込むことによって、タッチパネルを作動させる入力方式です。ボタンを押してからタッチパネルに触れるまでにタイムラグがあるため、入力速度や連射性能がやや劣ります。ただし、ちょっと触れただけでは認識されないので、誤射を抑えられるのがメリットです。

反応に優れた「感応式」

By: amazon.co.jp

感応式とは、ボタンの代わりに銅などの金属板を使用した入力方式。金属板に指が触れることで微弱な静電気が流れて、センサーに「画面にタッチした」と認識させる仕組みです。タイムラグが少ないのが特徴で、一瞬の遅れで勝敗が決まってしまう荒野行動に向いています。ただし、ちょっとでも触れると作動してしまうため、慣れるまでは誤射が多くなるので注意してみてください。

荒野行動コントローラーのおすすめモデル

トモダ(Tomoda) 荒野行動 PUBG コントローラー SKU-29

ボタンとハンドルを兼ね備えた「セット型」で使用できる、おすすめの荒野行動コントローラーです。グリップ部分は人間工学に基づいて設計されているため、長時間使用できます。

ボタンの入力方法には、感知方式を採用。本当に射撃をしているかのような感覚で銃を発射できます。さらに、より細緻な操作を行うための「指サック」が2個付属しているのもポイント。とっさの移動や、敵へのエイムを正確に行えます。

本体には、4500rpmの回転数を誇る「冷却ファン」を搭載。荒野行動を長時間プレイしてもスマホが熱くなりにくく、安心して使用し続けられるのがメリットです。電源は、リチウムポリマー電池やUSB給電に対応しているため、室内だけでなく、外出先でも快適に楽しめます。

AksBlay 荒野行動 PUBG Mobile コントローラー A-JP-PUBG—02

iOSやAndroidを搭載するスマホ機種のほとんどに対応している、おすすめの荒野行動コントローラーです。本製品は、金属感知による押しボタン式を採用。正確な射撃と高速な射撃の両方を実現できるのが魅力です。

ボタンは両方とも同じ形をしているので、どちらの利き手でも快適に使用可能。本体が端末にしっかりとフィットするため、押下によって画面が傷つきにくい仕様です。

ボタンの素材には透明性の高いクリア素材を使用。画面の視野を邪魔しにくく、快適に荒野行動をプレイできます。射撃性能を向上させたい方におすすめの、荒野行動コントローラーです。

Becamo iPadコントローラー SB-20

iPadへ装着して銃を連射できる、おすすめの荒野行動コントローラーです。搭載する連射ボタンを押せば、1秒間で最大10連射できるのが優れている点。物陰から出てきた敵へ、より多くのダメージを与えられます。

またモード転換スイッチを押せば、単発の射撃へ変更可能。ワンタッチで射撃方法を切り替えられるため、頭のなかでイメージしていた通りの戦い方を実現しやすいのも魅力です。

さらに、搭載する固定ナットと固定ストライカーが、タブレットを強力に固定するため、プレイ中の安定性を高められます。大画面のiPadでドン勝したい方に、おすすめの荒野行動コントローラーです。

BandLede モバイル コントローラー YXSHB-1908-BK

さまざまな機能を利用できる、おすすめの荒野行動コントローラーです。本製品には、吸着性の高い移動用パッドを付属。ゲームパッドのスティックを動かしている感覚で、戦場を快適に移動できます。

本体には、静音性の高い冷却ファンを2つ採用。7000rpmの回転数を誇り、スマホに負荷がかかったときでも効率よく熱を逃がせます。

さらに5000mAhの大容量バッテリーを搭載。冷却ファンの駆動用としてだけでなく、スマホの充電用としても使用できるのが非常に便利です。4段階で調節できるスマホスタンドを使えば、YouTubeなどの動画を長時間快適に使用できます。

MONCH プロのeスポーツ向けコントローラー MONCH-GD-01

本格的に荒野行動へ取り組みたい方におすすめのコントローラーです。ボタンに、静電容量式のキー制御方法を採用しているのが特徴。正確性の高い単発射撃と、途切れにくい連続射撃の両方を実現しています。

キーストロークは1.5mm、押したときの圧力は55gほどです。しっかりとした押し心地と、ソフトな跳ね返りの感覚で操作できます。本製品は厚さ6~9mmまでのスマホに対応。射撃の精度を高めたい方におすすめの、荒野行動コントローラーです。