近年、製品カテゴリーが細分化している掃除機。従来のキャニスター型はもちろん、スティックタイプやハンディタイプだけでなくロボット掃除機も徐々に普及し始めています。ユーザーのニーズは多様化しており、それに応える形で各メーカーはさまざまな商品をリリースしていますが、掃除機における「布団クリーナー」もそのひとつです。

そこで今回はおすすめの布団クリーナーをご紹介します。気になっている方はしっかりチェックして、購入の際の参考にしてください。

布団クリーナーとは?

By: amazon.co.jp

布団クリーナーとは、ダニやハウスダスト対策のために考案された掃除機です。韓国の「レイコップ」の登場が日本では印象的ですが、国内においては、PM2.5の影響で天日干しに懸念が生まれたのが発端。これまでは晴れた日に布団叩きで対応できましたが、外的要因の影響で”布団をキレイにする方法”を見つめ直したのが布団クリーナー普及のきっかけです。

布団クリーナーのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

布団クリーナーのメリットは、手軽に布団をキレイにできることです。布団を干す際は天候に左右されるのはもちろん、布団を持ち上げる作業は重労働。特にシニア層にとっては体にこたえるので、布団をキレイにすることを習慣化できるのが特徴です。

デメリット

By: dyson.co.jp

布団クリーナーのデメリットは、布団以外の掃除には適さない点です。ハンディクリーナーとして使えるモデルもありますが、他の掃除でヘッド部分が汚れていることが多いので、布団にゴミや菌などを付着させてしまう恐れがあります。布団クリーナーは基本的に布団専用の清掃家電と考えてください。

布団クリーナーと普通の掃除機との違い

By: amazon.co.jp

普通の掃除機はあらゆる場所で使う一方、布団クリーナーは布団を掃除する専門機なので、それに特化すべく使い勝手が考慮されています。布団を掃除しやすいように扁平ボディやローラーが採用されていたり、ダニ対策に効果があると謳うUV照射を採用したり、ハウスダストをかき出す叩き機能を搭載したりと、製品によってさまざまです。

布団クリーナーの選び方

専用か兼用か

By: amazon.co.jp

布団を掃除する際は掃除機と兼用のモノよりも専用モデルの布団クリーナーの方がおすすめ。前述した通り、布団を掃除するのに特化した設計や機能を採用しているためです。

なお、通常の掃除機やハンディクリーナーを使う場合は、それらに対応した布団用のクリーナーヘッドを用意する必要があります。フローリングやソファ、車内清掃で使ったヘッドを使うと、ダニやハウスダストを移転してしまい逆効果となるので注意しましょう。

集塵方式

By: amazon.co.jp

現在市場に流通している布団クリーナーには、主にフィルター式・紙パック式・サイクロン式の3つの集塵方式があります。フィルター式は、手入れが簡単ですがゴミがつまると吸引力が低下します。紙パック式は、ゴミ捨ては簡単ですが紙パックの交換に追加の費用がかかります。サイクロン式は、吸引力が低下しにくく紙パックのような交換も不要です。

機能性

By: amazon.co.jp

布団クリーナーのなかには、ダニ対策に効果があると謳うUV照射をウリとする製品や振動して布団叩きの効果が期待できる機種などがあります。また、吸引力のあるモデルは掃除能力の高さが期待できますが、その分布団にダメージを与えてしまう恐れもあるので注意しましょう。

さらに、集塵状況を確認できるようにダストカップを見えるようにしていたり、ホコリを検知するセンサーを搭載していたりと、衛生面に配慮した布団クリーナーもあります。なお、コードレスか否かも使い勝手に関わってくるポイントなので、しっかりと確認しておきましょう。

布団クリーナーのおすすめメーカー

レイコップ

By: amazon.co.jp

メディア戦略の妙で話題となり、”布団に掃除機をかける”という習慣を日本に広めた韓国メーカー。ラインナップにはUV照射や叩き機能を搭載しているのがウリで、布団をキレイにしたいと考えているユーザーのニーズを捉えた製品をリリースしています。

ダイソン

By: amazon.co.jp

キャニスター・スティック・ハンディ・ロボットとあらゆる掃除機をリリースしているイギリスのメーカー。国内では2015年発売のV6シリーズから布団クリーナーとして「Mattress」が登場し、さらに付属品がより充実した「Mattress+」もリリースされ、ラインナップを強化しました。なお、同シリーズは現行機種にも継承されています。

ちなみに、デザインはハンディタイプと類似していますが、ホワイトやグリーンを本体カラーの基調としているので見分ける際の目安としてください。

布団クリーナーのおすすめ|吸引力

ダイソン(dyson) V7 Mattress HH11COM

ダイソン(dyson) V7 Mattress HH11COM

コードレスのハンディクリーナーでありながら、高い吸引力を持つダイソンの布団クリーナー。最大で毎分11万回も回転するモーターヘッドとパワーを維持するリチウムイオンバッテリーを搭載し、30分間変わらぬ吸引力を発揮します。

また、独自のミニモーターヘッドを搭載することで、ベッドや布団との密着性をキープ。より多くのほこりやちり、ダニの死骸とフン、ヒトの皮膚を吸引するのに役立ちます。さらに、ポストモーターフィルターにより微細な粒子も99.97%以上キャッチするとため、排出する空気もとてもクリアです。

コードがないのですぐに取り出せる点も便利。手を汚さずにワンタッチでごみ捨てもできるので、使い勝手のよい布団クリーナーです。

東芝(TOSHIBA) ふとんクリーナーTORNEO V cordless VC-CLF1

東芝(TOSHIBA) ふとんクリーナーTORNEO V cordless VC-CLF1

布団1枚をわずか80秒ほどでクリーニングしてくれる、東芝の布団クリーナー。東芝独自の遠心分離サイクロンを採用しており、目詰まりをおこして吸引力が下がるフィルターがないため、吸引力がしっかり持続するのが魅力です。吸い取ったほこりやダニは、2つに分かれたゾーンで遠心分離して圧縮するのでごみ捨て時のほこりの舞い上がりを防ぎます。

また、目に見えないほこりやちりを感知し、ランプで知らせてくれる「ゴミ残しまセンサー」を搭載。よりクリーンな仕上がりにしてくれます。さらに、3つのお掃除モードも搭載しているので寝具に合わせたクリーニングもスムーズにはかどります。

衛生面に配慮したつくりも注目したいポイント。フラボノイドフィルター搭載で抗菌に優れているだけでなく、ウイルスも抑制します。ごみが集まるダストカップは丸ごと水洗いできるので便利。隙間に残りやすいほこりもスッキリ洗い流せます。

電池交換なしで約2,000回も充電して使用できるパワフルなバッテリー付きなので、長く愛用できるコードレス布団クリーナーです。

布団クリーナーのおすすめ|ハウスダスト・ダニ

パナソニック(Panasonic) ふとんクリーナー MC-DF500G

パナソニック(Panasonic) ふとんクリーナー MC-DF500G

紙パック式を採用した、パナソニックの布団クリーナー。サイクロン式に比べ紙パックのランニングコストはかかりますが、ごみ捨て時にほこりの舞い上がりが少ないうえ、フィルター掃除が不要で、ごみ捨ての回数も少ないのはメリットです。

また、吸い込みやすい布団の上でも片手でクリーニングできる、ビートブラシ付きスムースパワーノズルを採用。しっかり叩いてかきあげダニやほこりを取り出すことはもちろん、シーツなどの薄い寝具の上でもスムーズに掃除ができます。

さらに、きれいになったことを確認できる「クリーンセンサー」も搭載。ダニの死骸やフンはもちろん、ハウスダストを高速赤外線センサーで検知し、ランプで知らせてくれます。ダニやハウスダストはアレル物質を含むため、大人はもちろん、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめの布団クリーナーです。

日立(HITACHI) 布団クリーナー PV-FC100

日立(HITACHI) 布団クリーナー PV-FC100

ダニを含むハウスダスト除去率が99.9%と謳う、日立の布団クリーナー。ワイド電動パワフルビーターを搭載しており、布団をたたきながらブラシでちりやほこりをかきだして吸引します。

回転式のビーターなので前進する力をサポート。軽い力で効果的に布団クリーニングできます。ハンドルから手を離せば動作はストップし、持ち上げればパワフルビーターも停止するため、安全性が高いのも魅力。

また、強い気流でダニを衝突死させる仕様のため、ダストケースに吸い込んだダニを死滅させるのに役立ちます。ダストケースは丸ごと水洗いできるので、常に清潔さを保てるのもポイント。コード式なので充電などは必要なく、長く愛用できるアイテムです。

シャープ(SHARP) ふとん掃除機 EC-HX150

シャープ(SHARP) ふとん掃除機  EC-HX150

シャープの徹底したダニ研究から生まれた、熱でダニをはがして吸いとる仕組みの布団クリーナー。ダニに効果的な40℃の温風で必要以上の熱を与えないため、寝具へのダメージは抑えられる他、心地よい温風で布団の湿気も取り除きます。

また、遠心分離サイクロンを搭載しており、ダニはもちろんほこりやちりも強力吸引。吸い込んだ後のダニはダストカップの中で粉々に砕いてくれます。ごみ捨てはワンタッチで簡単なことに加え、ダストカップは丸ごと水洗い可能。

さらに、シャープ独自のプラズマクラスター機能を搭載しているため、温風と一緒にプラズマクラスターイオンを放出することで、枕や寝具の気になる加齢臭のニオイ成分を消臭する効果があります。クリーニングだけにとどまらない、画期的な布団クリーナーです。

レイコップ(RAYCOP) ふとんクリーナー VCEN-100JPWH

レイコップ(RAYCOP) ふとんクリーナー VCEN-100JPWH

布団クリーナー人気の火付け役的存在であるレイコップの製品。本製品はレイコップのなかでも最小・最軽量で、パワフルさを併せ持ったおすすめのモデルです。1分間で1万8,000回も布団をたたくフィンパンチブラシを搭載しており、布団へのダメージを抑えながら強力吸引します。

また、レイコップ独自のUVランプも搭載しているため、99.9%除菌・ウイルス除去が可能と謳っているのもポイント。UVのなかでも特に殺菌効果の高いUV-Cを採用し、寝具表面の菌対策に役立ちます。

さらに、底面には抗菌加工を施してあるため、毎日使っても清潔さをキープ。睡眠環境をいつでも清潔に整えたい方におすすめの布団クリーナーです。

布団クリーナーのおすすめ|価格重視

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団クリーナー IC-FAC2

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団クリーナー IC-FAC2

コスパのよさで選ぶならまずおすすめしたいのが、アイリスオーヤマの布団クリーナーです。ジェネリック家電メーカーらしいリーズナブルな価格を実現しながらも、布団クリーナーに必要な機能をしっかり搭載。1分間に6,000回もの布団たたきをしながら、縦と横の2つのサイクロン気流でダニやほこりを強力吸引します。

また、高感度のダニちりセンサーを搭載し、花粉はもちろんダニのフンまで残った量をランプが知らせてくれます。吸引と同時に温風を送り込むことで布団をふっくらさせるだけでなく、ダニが繁殖しにくい環境づくりに役立つことも特徴です。

さらに、スタンドなしで自立するので収納場所に困らないことや、ダストカップが丸ごと水洗いできる点も嬉しいポイント。最初の1台としてはもちろんサブ機としてもおすすめの布団クリーナーです。

シロカ(siroca) 2WAYハンディ&布団クリーナー stingray SVC-350

シロカ(siroca) 2WAYハンディ&布団クリーナー stingray SVC-350

日本メーカー、シロカの布団クリーナー。高い除菌力を持つUVランプを搭載しているうえ、ダニや花粉の除去にも役立ちます。普段のダニ対策だけでなく花粉の季節にもおすすめ。また、1分間に3,600回の布団たたき機能も採用しているため、布団に潜むハウスダストしっかり吸い取ります。

本製品は2WAY方式を採用しており、ハンディクリーナーとしても使える1台2役の製品です。ワンタッチですぐにハンディクリーナーになるため、手間なく使い分けができます。デスク周りや家具の隙間など、気になった時にすぐに掃除できるので便利。掃除機と兼用のモノを探している方におすすめの布団クリーナーです。

布団クリーナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

布団クリーナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

布団クリーナーはどのくらいの頻度でやるの?

By: amazon.jp

布団クリーナーを使用する回数は、これまで布団を干していた頻度よりやや多めを意識して行うことがポイント。手軽さを十分に活用して、こまめに掃除するのがおすすめです。とはいえ、過剰に掃除すると布団にダメージを与える可能性もあるので、注意しましょう。