布団の掃除で活躍する「布団クリーナー」。布団の掃除に特化したモデルなら、奥に入り込んだゴミなどを吸い込みやすいのがメリットです。ただし、さまざまな製品が展開されており、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの布団クリーナーを専用モデルと兼用モデルに分けてピックアップ。掃除機の選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

布団クリーナーと掃除機の違い

By: raycop.co.jp

布団クリーナーとは、布団の掃除に特化した掃除機です。布団に入り込んでいるゴミやホコリなどを吸い込みやすいヘッドを搭載しているのが特徴。一般的な掃除機が床やカーペットを掃除するのに対して、角度などの最適化でシーツを巻き込みにくい構造になっています。

通常の掃除機でも布団を掃除できる場合があるものの、シーツを巻き込んだりよれてしまったりなど掃除しにくいケースも。また、床やカーペットを掃除しているクリーナーでそのまま布団を掃除すると雑菌が付着する恐れがあり、注意する必要があります。

布団クリーナーの選び方

専用モデルか兼用モデルかで選ぶ

布団クリーナーには布団の掃除に特化した専用モデルと、部屋や車内の掃除にも使える兼用モデルの2種類があります。布団の掃除用として用意するなら、専用モデルがおすすめ。布団のゴミや潜んでいるダニなどを吸引しやすい構造になっているほか、専用ならでは快適な使い心地が魅力です。

兼用モデルは、ハンディタイプのクリーナーを布団の掃除に利用するのが一般的。布団の掃除以外にも、デスクまわりやソファなど大きな掃除機では使いにくい場所の掃除で役立ちます。ただし、布団を掃除する際にはヘッドを布団用に交換する手間がある点に留意しておきましょう。

集塵方法をチェック

捨てる時にゴミが舞わない「紙パック式」

By: amazon.co.jp

指定の紙パックをセットするのが紙パック式の布団クリーナーです。吸い込んだゴミを溜めて、そのまま捨てられるのがメリット。布団の細かいチリやホコリ、ダニの死がいなどが舞い上がりにくいほか、ゴミに手が触れず衛生的にゴミ捨てできます。

紙パックの交換も、セットするだけと簡単。フィルターやダストカップを洗う手間がないのもメリットです。ただし、紙パック内にゴミが溜まると吸引力が落ちる場合も。また、専用の紙パックを用意する必要があり、ランニングコストがかかります。

ランニングコストがかからない「サイクロン式」

遠心力によってゴミと空気を分離するのがサイクロン式の布団クリーナーです。フィルターが目詰まりしにくく、吸引力が落ちず持続しやすいのが特徴。ダストカップにゴミを溜める仕組みで、紙パックの交換の手間やランニングコストを抑えやすいのが魅力です。

ただし、ゴミ捨ての際にチリやホコリが舞い上がらないように注意が必要。サイクロン式の布団クリーナーを選ぶ際には、ダストカップやパーツを取り外して丸洗いできるのかをチェックしておきましょう。

重量は2kg前後のモデルがおすすめ

布団を掃除する際には、広範囲で手を動かし続ける必要があります。細かいチリやダニなどをしっかり吸い取るためには、適度な負荷をかけてヘッドを動かさなければなりません。手首や腕に負担をかけないよう、重すぎない布団クリーナーを選びましょう。

重さはモデルによって異なりますが、2kg前後のモデルがおすすめ。重量が軽いと、取り回しやすく快適な掃除をサポートします。ただし、重さだけで操作性が決まるわけではなく、本体の重心や握りやすさなどもチェックしてみてください。

機能をチェック

ダニ対策には「UVランプ」や「温風機能」

布団に潜んでいるダニが気になる場合は、UVランプを搭載しているかをチェックしておきましょう。紫外線を布団に当てて、潜んでいるダニを死滅させるのが特徴。菌やウイルスを除去する効果が期待できるのも魅力です。

また、温風機能を搭載しているモデルにも注目。温風によって布団の湿気を除去すると同時に、ダニの活動を抑制します。また、天日干しと同じような効果を発揮するのもポイント。ダニを吸い込ながらふっくらとした布団の仕上がりも期待できます。

目に見えない小さなゴミも逃さない「ごみセンサー」

By: amazon.co.jp

布団クリーナーのなかには、ゴミを検知する「ごみセンサー」を搭載したモデルが展開されています。布団のなかに入り込んでいる微細なハウスダストを検知して知らせるのが特徴。布団のなかのゴミを目視で確認するのは難しく、ゴミのある場所を集中的にしっかりと掃除するのをサポートします。

ゴミの有無をランプの色で知らせる機能を搭載したモデルも便利。ハウスダストやアレル物質の取り残しを防ぎたい方は、ぜひチェックしてみてください。

布団クリーナーのおすすめメーカー

レイコップ(RAYCOP)

「レイコップ」は、布団の掃除用に特化したデザインと操作性を実現しているメーカーです。「光クリーンメカニズム」を採用しており、布団にUVランプを照射しながら微細なゴミやダニの死がいなどを吸引します。

寝具に吸い付かない絶妙な吸引力を発揮するのも特徴。温風機能を搭載したモデルも展開するなど、専門メーカーならではの機能が充実した掃除機を多数ラインナップしています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

「アイリスオーヤマ」は、家電をはじめ、調理用品・日用品・インテリアなど幅広いジャンルで製品を手がけているメーカーです。布団クリーナーにおいては、高速回転パワーブラシを搭載したモデルを展開。毎分約2000回転のハイパワーモーターにより、細かいチリやホコリを隅々まで吸引します。

AC電源式に加えて、コードレスで使える充電式モデルもラインナップ。比較的リーズナブルな価格で購入しやすいため、コスパを重視する方におすすめです。

シャーク(Shark)

「シャーク」は、アメリカの掃除機メーカーです。コンパクトで使いやすさと吸引力に優れた各モデルは、日本でも高い評価を得ています。布団クリーナーは、専用モデルではなく兼用モデルをラインナップ。布団はもちろん、部屋から車内の掃除までさまざまなシーンで活躍します。

なかでも、ミニモーターヘッドを取り付けて布団クリーナーとして使えるモデルに注目。強力なモーターを搭載しており、布団の奥に入り込んだゴミや髪の毛などをしっかりと除去する効果が期待できます。

布団クリーナーのおすすめモデル|専用モデル

レイコップ(RAYCOP) UV除菌コードレスふとんクリーナー NewStyle RAYCOP RS4-100JP

機能性とデザインにこだわって設計されている、サイクロン式の布団クリーナーです。本体重量約1.4kgと、軽量なのが魅力。さらに、コードレスタイプで握りやすいハンドルを備えているため、扱いやすい専用モデルを探している方におすすめです。

UVランプを搭載しており、紫外線を布団に照射できるのがメリット。また、ブラシレスDCモーターによる強力な吸引力も実現しています。

ヘッドのブラシは着脱式でお手入れしやすいのもポイント。ダストボックス・メタルフィルター・ウォッシャブルフィルタなど、水洗いに対応しているのも魅力です。

レイコップ(RAYCOP) 温風付きUV布団クリーナー レイコップPRO RS3-100WH-C1

約60℃の温風で湿気を取り除く「ドライエアブロー」搭載の布団クリーナーです。温風によって布団を乾燥させて、ダニの繁殖を軽減できるのが特徴。清潔な布団で就寝したい方におすすめです。

たたき回数毎分28800回の「アクティブパンチブラシ」で、ダニの死がいやフンなどをたたき出しながら吸引できるのもメリット。また、握りやすいスマートハンドル搭載など、快適な操作性を実現しているのもポイントです。

レイコップ(RAYCOP) 布団クリーナー レイコップ RN VCEN-100JP

吸引幅165mmで、広範囲を掃除する際に重宝する布団クリーナーです。短時間で効率的な布団掃除を行いたい方におすすめ。加えて、髪の毛やペットの毛まで寝具を傷めずにキャッチする「フィンパンチブラシ」を搭載しているのもポイントです。

空気を逃がす構造のフロントグリルにより、強力な吸引力を維持したままでも布団が吸い付きにくい仕様。また、ハンドルの長さ・太さ・位置を人間工学に基づいて設計しており、優れたグリップ性能を実現しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団クリーナー IC-FAC4

ハウスダスト除去率99%以上と謳っている布団クリーナーです。毎分約2000回転のたたきで髪の毛や糸くず等の繊維ゴミをかき取る「高速回転パワーブラシ」を搭載。さらに、毎分約6000回の高速たたきでハウスダストを浮き上がらせる「超ワイドたたきパッド」を備えているため、パワフルに布団を掃除できるモデルを求めている方におすすめです。

幅300mmのワイドヘッドにより、短時間で一度に広い範囲を掃除できるのもポイント。高感度ダニちりセンサーを搭載しており、ハウスダストの量をランプで知らせます。

本体質量2.2kgの軽さと低重心設計で取り回しやすいのもメリット。また、ダストカップ・フィルターセット・回転ブラシは丸ごと水洗い可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 布団クリーナー IC-FDC1

自立式で省スペースに収納しやすい、コードレスタイプ布団クリーナーです。約3.5時間の充電で約20分使用できるのが魅力。約5枚の布団をまとめて掃除したい方におすすめです。

たたき回数毎分約6000回の高性能ワイドたたきパッドを搭載。ダニの死がいやフンなどのアレル物質をたたき出しながら掃除できます。さらに、ブラシレスヘッドの「サイクロンヘッド」を採用しており、寝具の生地を傷めにくいのもメリットです。

パナソニック(Panasonic) 布団クリーナー MC-DF500G

紙パック式の布団クリーナーです。ゴミ捨ての際にホコリが舞い上がりにくく、清潔に使えるのが特徴。ゴミが溜まったらそのまま捨てるだけどダストカップを水洗いする手間がなく、お手入れしやすいモデルを求めている方におすすめです。

「ごみセンサー」を搭載しており、ダニの死がいやフンなどのアレル物質を検知。ハウスダストを検知すると赤色で点灯し、きれいになると青色の点灯で確認できます。

布団の上でスムーズに動く「ビートブラシ付きスムースパワーノズル」を搭載。毎分約6000回の高速振動により、細かいゴミやアレル物質を除去する効果が期待できるのもメリットです。

布団クリーナーのおすすめモデル|兼用モデル

シャーク(Shark) 充電式 サイクロンハンディクリーナー CH951J

布団の掃除はもちろん、部屋や車内でも活躍するハンディクリーナーです。さまざまなシーンで役立つ兼用モデルで、布団の掃除で使えるコンパクトなハンディクリーナーの購入を検討している方におすすめ。布団の奥に入り込んだゴミを吸引するミニモーターヘッドが付属しています。

コードレスタイプなので、取り回しやすいのもメリット。さらに、充電ドックが付属しており、置くだけで充電できます。サイクロン式で吸引力が持続しやすいのもポイント。ゴミ捨てはボタンを押すだけと、衛生的にお手入れできます。

シャーク(Shark) EVOPOWER EX 充電式ハンディクリーナー WV406J

コンパクトで洗練されたデザインが印象的なハンディクリーナーです。充電式のコードレスタイプで、最長35分の駆動時間を実現。時間をかけてじっくり掃除したいときに役立つおすすめモデルです。

標準モードとブーストモードに加えて、静かな音でゴミを吸い取るエコモードを搭載。布団の吸い付きを軽減して快適な掃除をサポートします。

ダストカップとフィルターは水洗いに対応しているのもポイント。常に清潔な状態をキープしたい方にぴったりです。また、隙間ノズル・マルチノズル・フローリング用延長ノズルなど、付属品が充実しています。

シャーク(Shark) EVOPOWER W30 充電式 ハンディクリーナー WV251J

スリムでコンパクトな充電式ハンディクリーナーです。人間工学に基づいたデザインによる優れた操作性が魅力。布団用ノズルが付属の兼用モデルで、長時間の掃除で腕や手首に負担をかけにくいモデルを探している方におすすめです。

充電ドックが付属しており、置くだけで充電できるのもメリット。また、着脱式のリチウムイオンバッテリーが2個付属しているため、充電が切れても交換すれば長時間の掃除が可能です。

布団クリーナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

布団クリーナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。