掃除機は、スティックタイプやハンディタイプ、ロボット掃除機など、さまざまなタイプが各メーカーから発売されています。「布団クリーナー」もそのひとつで、布団の清掃に特化したタイプの掃除機です。毎日の睡眠を快適にするために、布団は常にキレイにしておきたいもの。布団クリーナーがあれば、気がついたときにすぐに布団の掃除ができます。

そこで今回は、布団クリーナーの選び方とおすすめモデルをご紹介。気になっている方はぜひチェックして、購入する際の参考にしてみてください。

布団クリーナーと掃除機の違い

By: amazon.co.jp

布団クリーナーは、吸引力やヘッドの構造が、布団の掃除がしやすいように設計されているのが特徴。そのため、モコモコとした布団の上でもスムーズに動かしやすく、快適に埃やダニの死骸を吸い取ることが可能です。

一般的な掃除機では、布団カバーを吸い込んでしまったり、やわらかい布団の上で動かしにくかったりと、掃除がはかどらない場合もあります。布団をしっかりとお手入れしたい場合は、布団クリーナーを使用するのがおすすめです。

布団クリーナーのメリット

By: amazon.co.jp

布団クリーナーのメリットは、布団を日干しできない梅雨や花粉の時期でも手軽に布団のお手入れを行えること。雑菌やダニの死骸、埃などを吸い上げて、布団をキレイな状態に保てます。

布団クリーナーは、マンションのルールで布団を日干しできない方や、冬は布団を日干しできない寒冷地に住んでいる方におすすめのアイテム。また、布団を干すのが大変なシニア世帯の方にもぴったりです。布団を上げ下げする必要がないので、体に負担をかけずラクに布団の掃除を行えます。

さらに、布団クリーナーを掃除機とは別に用意することで、より衛生的に掃除できるのもポイント。通常の掃除機で布団を掃除すると、ヘッドに付着した雑菌や埃で布団を汚してしまう恐れがあります。清潔な睡眠環境を保つためにも、布団クリーナーの購入を検討してみてください。

布団クリーナーの選び方

専用か兼用かをチェック

By: amazon.co.jp

布団クリーナーは布団の掃除に特化した「専用タイプ」と、ハンディ掃除機としても活用できる「兼用タイプ」が存在します。専用タイプは布団掃除に不要な機能が省かれており、シンプルで扱いやすいのが魅力。頻繁に布団を掃除したい方や、より衛生的に布団クリーナーを使いたい方におすすめです。

兼用タイプはヘッド部分のアタッチメントを付け替えることで、さまざまな場所の掃除に使えるのがメリット。小回りのきくハンディ掃除機として、布団のほかにソファやクッション、車の座席なども手軽に掃除できます。ただし、よりスムーズに布団の掃除ができるのは専用タイプなので、目的に応じてチェックしてみてください。

集塵方法をチェック

紙パック式

By: amazon.co.jp

手軽に布団クリーナーを使いたい方には、紙パック式がおすすめ。専用の紙パックにゴミを集塵し、溜まったゴミを紙パックごと捨てられます。そのため、フィルターの掃除が不要で、周囲に埃が舞いにくく衛生的にゴミ捨てを行えるのがメリットです。

デメリットは、機種専用の紙パックを用意する必要があること。ランニングコストがかかってしまいますが、お手入れの手間なく使える布団クリーナーを探している方におすすめです。

紙パックレス式(フィルター式)

By: rakuten.co.jp

紙パックレス式やフィルター式は、フィルターを通してダストボックスにゴミを溜める方式で、紙パック式よりも細かなゴミまでしっかりキャッチできるのが魅力。ダストボックスを水で丸洗いできるモデルも多く、本体のお手入れが簡単に行えます。ゴミ捨ての度に紙パックを購入する手間やコストがかからないのもメリットです。

デメリットは、フィルターが目詰まりを起こすと吸引力が低下しやすいこと。フィルターは、定期的にお手入れを行う必要があります。ランニングコストが低く、微細なゴミまでしっかりと吸塵できる製品を探している方は、ぜひ検討してみてください。

サイクロン式

By: amazon.co.jp

サイクロン式は、遠心力によって吸塵したゴミと空気を分離し、ゴミを固めてダストボックスに溜める方式です。吸引力が落ちにくいので、長期間、快適に掃除できるのが魅力。溜まったゴミをワンタッチで捨てられるモデルも多く、手を汚さずにゴミ捨てを行えるのもメリットです。

ただし、吸引力が低下したり、フィルターやダストボックスが汚れたりした場合はお手入れが必要。なかには、フィルターとダストボックスが水洗いできるモデルも存在します。手軽にお手入れできるモデルを探している方は、あわせてチェックしてみてください。

コードの有無をチェック

布団クリーナーには、コード式とコードレスの充電式が存在します。充電式は連続で稼働できる時間が決まっているため、一度に掃除する布団の枚数に応じてコードの有無を選ぶようにしましょう。

布団が1〜2枚の場合は取り回しのよいコードレスタイプ、3枚以上なら稼働時間に制限のないコード式が便利。ちなみに、コード式のモデルの多くは4〜5m程度のコードを搭載しているので、布団やベッドのサイズが大きくても安心です。

また、布団クリーナーは布団の上でゆっくりと動かして使うため、充電式を購入する場合は連続駆動時間の長さも確認しておきたいところ。目安として、2枚の布団を掃除するなら20分以上駆動できるモデルがおすすめです。

ダニ対策にはUVや温風機能がおすすめ

By: amazon.co.jp

ダニ対策に使える布団クリーナーを探している方は、UV照射機能や温風機能を搭載したモデルがおすすめです。UVを照射することで、ダニや雑菌が繁殖しにくい環境作りにつなげることが可能。また、温風が布団の湿気を取ることにより、衛生的な状態を保ちやすくなります。

UV照射機能や温風機能が搭載されていれば、布団を日干しできないときも手軽にダニ対策を行うことが可能。ただし、布団クリーナーで全てのダニが除去できるわけではないので、より効果的にダニ対策をしたい場合は、布団乾燥機などを併用するのがおすすめです。

布団クリーナーのおすすめメーカー

レイコップ(RAYCOP)

By: amazon.co.jp

韓国の内科医が開発した、布団クリーナーメーカー。UV照射やたたき機能などが搭載された特徴的な布団クリーナーを展開しており、さまざまなユーザーニーズを捉えた製品がラインナップされています。

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

スティックタイプやハンディタイプ、ロボットタイプなど、さまざまな掃除機を発売しているイギリスのメーカー。布団クリーナーとしては「Mattress」や、付属品が充実した「Mattress+」が発売され、製品ラインナップを強化しています。

布団クリーナーは同社のハンディタイプとデザインが似ていますが、布団クリーナーはホワイトやグリーンを本体カラーの基調としているので、見分ける際の目安にしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマの布団クリーナーは、低価格ながら優れた吸引力を備えているのが魅力。集塵方法にサイクロン式を採用しているモデルが多く、パワフルな吸引力で埃・ダニ・ハウスダストをしっかり集塵できます。

また、独自の「ダニちりセンサー」を搭載しているのもポイント。ランプの色でハウスダストの量を表示するため、汚れている箇所が分かりやすくスムーズに掃除を進められます。コストを抑えた製品が多いので、エントリー機を探している方にもおすすめです。

布団クリーナーのおすすめモデル

レイコップ(RAYCOP) レイコップRN VCEN-100JP

レイコップ(RAYCOP) レイコップRN VCEN-100JP

コンパクトで高性能な布団クリーナー。ラバー素材を使用した「フィンパンチブラシ」を搭載しており、毎分18000回のたたき機能で布団を傷めずにゴミをたたき出せます。ハウスダストや髪の毛、埃などをしっかり集塵可能です。

ハンドルの形状や重心のバランスにこだわっているのもポイント。重量が1.9kgに軽減されているため、ラクに操作できます。また、本体上部には、空気を逃す「フロントグリル」を搭載。吸引力を適切な強さに保てるので、布団生地にダメージを与えにくく快適に動かせます。

集塵方法はフィルター式で、空気清浄機などにも採用される高性能な「HEPAフィルター」を内蔵。排気がクリーンなのも魅力です。さらに、ハウスダストや菌の対策ができるUV照射機能も搭載しています。初めての1台におすすめの人気モデルです。

レイコップ(RAYCOP) レイコップPRO RS3-100JPWH

レイコップ(RAYCOP) レイコップPRO RS3-100JPWH

ダニ対策に特化した、パワフルなコード式布団クリーナーです。約60℃の温風を放出する「ドライエアブロー」機能を搭載。布団表面のダニ対策ができ、布団の湿気を取り除くことで、ダニが繁殖しにくい環境を作れます。

UV照射機能を搭載しているため、菌やハウスダストの対策にもおすすめ。布団の衛生面が気になる方に適しています。また、毎分28800回のたたき回転を行う「アクティブパンチブラシ」を搭載しているのも魅力です。布団に微振動を与えてゴミをたたき出し、効率よく集塵できます。

集塵方法はフィルター式で、高性能な「マイクロHEPAフィルター」を搭載。フィルターとダストボックスは手軽に水洗いできるので、お手入れも簡単です。

ダイソン(dyson) Dyson V7 Mattress

ダイソン(dyson) Dyson V7 Mattress

サイクロン式のパワフルな布団クリーナーです。特許技術の「2 Tier Radial サイクロン」を採用しており、強力な遠心力でゴミを捕集。また、密閉性の高い製品設計と「ポストモーターフィルター」によって、微細な粒子をしっかりキャッチします。ハウスダストや埃をしっかり除去したい方におすすめです。

豊富なアタッチメントが付属しているのもメリット。ブラシ付きの「ミニモーターヘッド」や、布団やマットレスを掃除できる「フトンツール」のほか、「隙間ノズル」や「ミニソフトブラシ」などを用途に合わせて使い分けられます。

重量が1.76kgと軽く、コードレスタイプなので、取り回しも容易です。連続駆動時間は最長30分で、吸引力が低下しにくいのもポイント。吸引力に優れた、兼用タイプの布団クリーナーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ふとんクリーナー KIC-FAC3

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ふとんクリーナー KIC-FAC3

安い価格で人気の布団クリーナーです。毎分約7000回の高速振動を行い、布団の繊維に潜んだダニや埃を浮き上がらせることが可能。集塵方法にはパワフルなサイクロン式を採用しており、ハウスダストまでしっかり吸い取ります。

吸引と同時に温風を放出する、温風機能を搭載しているのもポイントです。また、「高感度ダニちりセンサー」を内蔵しているため、布団に付着しているダニの死骸やフン、ハウスダストなどの量をチェックしながら使用可能。効果的にダニ対策がしたい方におすすめです。

コードの長さは4mで、重さは1.6kgと軽量なので、ラクに操作できるのもメリット。ダストボックスは水洗いでき、簡単にお手入れできます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式ふとんクリーナー IC-FDC1

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式ふとんクリーナー IC-FDC1

お手頃価格で使いやすい、充電式の布団クリーナーです。取り回しがしやすいコードレスタイプで、3.5時間の充電で約20分の連続駆動が可能。布団やマットレスなどの寝具はもちろん、ソファやクッションにも幅広く活用できます。収納時は立てて置けるので、スペースを取らずに片付けられるのもメリットです。

集塵方法にはパワフルなサイクロン式を採用しており、ハウスダストや微細なゴミをしっかり吸い取ります。また、毎分約6000回のたたき運転で、布団内部のダニや埃を吸引可能。「ダニちりセンサー」を内蔵しているため、ハウスダストの量を確認できるのもポイントです。UV照射機能も搭載しているので、除菌やダニが気になる方にも適しています。

さらに、チャイルドロック機能に対応しているため、小さな子供がいる家庭にもおすすめ。手軽に使えるコードレスモデルとして、人気の高い布団クリーナーです。

シャープ(SHARP) サイクロンふとん掃除機 EC-HX150

シャープ(SHARP) サイクロンふとん掃除機 EC-HX150

ダニ対策におすすめの、「ヒートサイクロン」を搭載した布団クリーナーです。集塵方法はサイクロン式で、本体底面でモーターの熱を循環させることにより、約40℃の温風を放出。また、「たたきハイパワーブラシ」が毎分約12000回振動するため、ダニや埃をたたき出してしっかり吸い取ります。

フィルターには、「高性能プリーツフィルター」と「Ag+アレルディフェンスフィルター」を搭載。微細なハウスダストやアレル物質を捕集します。さらに、パワフルな「フルパワーモード」や静音性に優れた「デリケートモード」など、シーンに応じてモードを使い分けられるのも魅力です。

ダストボックスを本体から取り外せば、ワンタッチでゴミ捨てを行えるのもメリット。高性能な専用タイプの布団クリーナーとして、ぜひチェックしてみてください。

エレクトロラックス(Electrolux) エルゴラピード・パワープロ ZB3414AK

エレクトロラックス(Electrolux) エルゴラピード・パワープロ ZB3414AK

コードレスで使える、兼用タイプの布団クリーナーです。独自の「シールド・ノズルシステム」によって本体の密閉性を向上させているため、パワフルな吸引力で快適に掃除できるのが魅力。さらに、表面積が広く目詰まりしにくいフィルターを採用しており、微細な粒子もキレイに吸い取ります。ハウスダストや花粉などのアレル物質が気になる方におすすめです。

ヘッド部分のアタッチメントが多数付属するのも魅力。「布団ノズル」のほかに「布ノズル」「ロング隙間ノズル」「ブラシノズル」などが同梱されています。用途に合わせて、さまざまなシーンで活用可能です。また、一度の充電で最長約48分の連続駆動が可能なのもポイント。充電切れを気にせず使えるので、家族の人数が多い方にも適しています。

パナソニック(Panasonic) ふとん掃除機 MC-DF500G

パナソニック(Panasonic) ふとん掃除機 MC-DF500G

手軽に使える、紙パック式の布団クリーナー。ゴミ捨ての際に埃が舞い上がりにくいため、衛生的に使えます。「ビートブラシ」を搭載しており、毎分約6000回の高速振動を行うのがポイント。浮き上がらせた埃やアレル物質を、強力なモーターがしっかりと吸引します。

本体は布団の上でも動かしやすい形状なので、なめらかに操作可能。また、約20μmまでのハウスダストを検知する「クリーンセンサー」を搭載しているのも魅力です。ハウスダストがなくなるとランプの色が赤から青に変わるため、汚れている箇所を重点的に掃除できます。お手入れが簡単な布団クリーナーを探している方におすすめです。

日立(HITACHI) ふとんクリーナー PV-FC100

日立(HITACHI) ふとんクリーナー PV-FC100

自動運転停止機能を搭載した、便利な布団クリーナー。手をハンドルから離すと運転を停止する「ecoアイドリングストップ」を搭載しています。また、本体を持ち上げるとたたきブラシが自動で回転を停止し、布団の掃除をスムーズに進めることが可能です。

「ワイド電動パワフルビーター」によって、毎分約10000回のたたき運転が行われるのもポイント。布団をたたいてハウスダストをかき出し、しっかり捕集します。ダニや花粉などの対策ができるのもメリットです。

ツカモトエイム(Tsukamoto-Aim) UVクリーナー HEAT α AIM-UC21

ツカモトエイム(Tsukamoto-Aim) UVクリーナー HEAT α AIM-UC21

パワフルな温風機能を搭載した、人気の布団クリーナーです。約60℃の温風を広範囲に放出し、布団をふっくらと仕上げられます。ダニが繁殖しにくい環境作りにつながるため、ダニのフンなどのアレル物質が気になる方にもおすすめです。

本体底面の「たたきブレード」と「パワーブラシ」が回転することで、ゴミを強力にかき取れるのもポイントです。また、「排気クリーン構造」により、吸引したゴミを逃さず溜めることが可能。高性能なフィルターが微細な粒子をしっかり捕集するので、キレイな空気を排出します。さらに、ダストボックス内のゴミにUVランプを照射する「UV除菌システム」が搭載されているのも魅力です。

布団クリーナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

布団クリーナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。