天気の悪い日や梅雨の時期、花粉が気になる季節などに布団を掃除できる「布団クリーナー」。小さな子供がいる家庭でも手軽に使用でき、布団を清潔にして快適に過ごせます。

そこで今回は、布団クリーナーの選び方やおすすめモデルをご紹介。機能をしっかりと把握して、自分にぴったりの布団クリーナーを選んでみてください。

布団クリーナーとは?

布団クリーナーとは、主に布団やマットレスの掃除に使用するハンディタイプの掃除機。髪の毛やホコリ、ダニの死骸、ハウスダストを吸い取る効果が期待できます。また、布団クリーナーは天日干しできない場合はもちろん、天日干し後の仕上げとしても活躍するアイテムです。

布団クリーナーと掃除機の違い

By: amazon.co.jp

一般的な掃除機と布団クリーナーには、「吸引力」と「ヘッドの構造」に違いがあります。一般的な掃除機は、床やカーペットへの使用に考慮されていることから、布団への吸引力はやや強め。布団クリーナーは布団の掃除に適したパワーで掃除ができるので、使いやすいのが特徴です。

また、布団クリーナーには、布団に沿いやすい平たいボディやローラーが搭載されているモノが多いのもポイント。さらに、「UV照射」など、ダニ対策に特化した機能が搭載されたモデルがあるのも、布団クリーナーの特徴です。

布団クリーナーの選び方

布団を毎日きれいにしたいなら「専用タイプ」がおすすめ

By: irisohyama.co.jp

布団を頻繁に掃除したい方には、「専用タイプ」の布団クリーナーがおすすめです。ヘッド部分のアタッチメントを付け替える必要がなく、楽に扱えます。また、ほかの場所を掃除したあとのゴミを布団に持ち込まないのもメリットです。

さらに、専用タイプの魅力として、機能が布団の掃除に特化しているため、シンプルな操作で使用できる点が挙げられます。

布団以外にも使いたいなら「兼用タイプ」を

By: amazon.co.jp

布団クリーナーをさまざまな場所で使いたい方は、「兼用タイプ」がおすすめです。兼用タイプは、アタッチメントの付け替えが可能。ソファやカーペット、カーシートなど、布団以外の場所でも手軽に使えます。

布団クリーナーとしてだけでなく、キャニスター掃除機やハンディクリーナーとして、多用途で使用できるのが魅力です。

集塵方法をチェック

ゴミ捨てが簡単な「紙パック式」

By: amazon.co.jp

ゴミ捨ての手軽さを重視するなら、紙パック式がおすすめです。溜まったゴミを専用の紙パックごと捨てられ、ゴミが周辺に散らかるリスクを軽減できます。

また、フィルターを掃除する手間がかからないのも魅力のひとつ。機種専用の紙パックを購入する必要はありますが、簡単にゴミ捨てを行いたい方に適したタイプです。

経済的に使える「紙パックレス式」

By: souyi-japan.com

布団クリーナーを経済的に使いたい場合には、フィルターを装着して使う紙パックレス式が便利です。紙パックのように使い捨てではないため、専用のパックを購入する必要がありません。

一方で、フィルターの目にゴミが溜まると吸引力が落ちるので、こまめにお手入れが必要。頻繁にお手入れするのが苦にならない方に適しているタイプです。

掃除機でも人気の「サイクロン式」

By: amazon.co.jp

吸引力の持続を重視する場合には、サイクロン式が便利です。サイクロン式は、空気とゴミを遠心力で分離してダストボックスへ蓄積させるため吸引力が落ちにくく、掃除を快適に行えます。

溜まったゴミをワンタッチで捨てられるモデルもあり、手を汚さずに済むのもメリット。なかには、水洗いできるモノもあるため、清潔さを保ちながらパワフルに掃除を行いたい方はチェックしてみてください。

ゴミが舞わず衛生的に使える「水フィルター」

ゴミ捨ての際にホコリが舞うのが気になる方には、水フィルター式が便利です。水フィルター式は、タンク内の水にホコリを取り込むため、ゴミ捨ては水をさっと流すだけで完了します。ただし、生産されているモデルが少ないのが現状です。

コード式かコードレスか

By: amazon.co.jp

布団クリーナーを購入する際には、一度に掃除したい布団の枚数を把握して、コードの有無を選ぶようにしましょう。布団が3枚以上の場合、コード式がおすすめ。稼働時間を気にせず、一度に長時間使用できます。なお、多くのコード式布団クリーナーは4m以上のコードを搭載しているので、布団が大きくても安心です。

一方、布団が1〜2枚の場合には、コードレスタイプがおすすめ。コードレスタイプは取り回しやすく、手軽に使えるのが特徴です。なお、コードレス式を選ぶ場合には、充電によって使用できる連続稼働時間の長さも確認しておきましょう。

ダニ対策には「UV照射・温風機能」

ゴミの集塵に加えてダニ対策も行いたい場合には、UV照射や温風機能が搭載されたモデルがおすすめです。UV照射搭載のモデルには、ウイルスの除菌効果などが期待できると謳われたモノが多くあります。

また、温風が出るモデルは、ジメジメとした布団の湿気取りにも便利。頻繁に天日干しできない環境で使いたい方に適した機能です。ただし、すべてのダニを除去できるわけではないため、布団乾燥機などと併用することをおすすめします。

センサー機能があると便利

布団の中にはホコリや花粉など、微細な汚れがたくさん付いています。しかし、小さなホコリは目に見えにくいため、汚れをしっかり掃除するには、センサー機能を搭載した布団クリーナーがおすすめです。

ホコリや花粉などを検知するセンサーを搭載したモデルなら、目には見えない汚れも簡単に確認可能。ホコリを検知するとランプが光るなどして、掃除が不十分な箇所を知らせます。

布団クリーナーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

国内の大手電機メーカー「パナソニック」は、家電などの電気製品のほか、住宅設備分野や車載分野などにも重点を置いている企業。スタイリッシュかつ機能性に優れた家電が多く、人気の高いメーカーです。

パナソニックの布団クリーナーには、「クリーンセンサー」や「赤外線センサー」など、掃除をサポートする機能が搭載されています。「たたき機能」などの、基本的な機能が充実しているのもポイントです。

レイコップ(RAYCOP)

布団クリーナーで知名度の高いメーカー「レイコップ」。ホコリやダニの死骸を叩き出す効果が期待できる布団叩き機能や、UV照射機能などの便利な機能が充実しています。また、ユーザーニーズを細かく捉え、機種によって搭載されている機能が異なるのも魅力です。

ダイソン(dyson)

ダイソンは、さまざまなタイプの掃除機を発売しているイギリスの人気メーカー。ハンディタイプやキャニスタータイプ、ロボットタイプなど、使いやすさに合わせた豊富なラインナップが特徴です。

ダイソンの掃除機は吸引力に定評があり、布団クリーナーはアタッチメントの装着によって使用できる兼用タイプを展開。価格はやや高めですが、付属のアタッチメントで汎用性を高められるのが魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: irisohyama.co.jp

アイリスオーヤマは、家電からインテリア、キッチン用品、ペット用品など幅広い製品を展開するメーカーです。

布団クリーナーは、高い機能性と優れた吸引力を兼ね備えているうえ、価格が安い点がメリット。「ダニちりセンサー」をはじめとした、便利な機能が充実しています。コストを抑えて、便利な布団クリーナーを購入したい方はチェックしてみてください。

布団クリーナーのおすすめモデル|専用タイプ

パナソニック(Panasonic) 紙パック式ふとんクリーナー MC-DF500G

フィルターの掃除が不要なのでお手入れの手間を省きたい方にもぴったり

ゴミの状態を確認できる、紙パック式の布団クリーナー。キレイになったら青く点灯する「クリーンセンサー」が内蔵されており、掃除できているかの目安になるのが特徴です。

また、ゴミ捨ては本体のフタをあけて紙パックを取り出すだけで完了。ホコリの舞い上がりを軽減できます。ダストボックスの内部やフィルターの掃除も不要なため、お手入れの手間を省きたい方にもぴったりです。

さらに、毎分約6000回で高速振動する「ビートブラシ付きスムースパワーノズル」を搭載。「スムースプレス」により、突起によって布団を押さえやすいのもポイントです。高性能な布団クリーナーを探している方は、チェックしてみてください。

レイコップ(RAYCOP) ふとんクリーナー VCEN-100J

99.9%の除菌とウイルス除去の効果が期待できる

軽くてスリムな布団クリーナーを探している方におすすめの製品。本体の高さを抑えて重心を下げているため、手に負担がかかりにくく楽に操作できます。ハンドルの長さや太さ、位置を人間工学の観点から設計し、グリップ性能を高めているのもポイントです。

また、布団生地に与えるダメージを抑えながら、ハウスダストや髪の毛をキャッチする「フィンパンチブラシ」を搭載。1分間で布団を18000回叩いてゴミを吸引します。UVランプを搭載しており、99.9%の除菌とウイルス除去の効果を期待できるのも魅力です。

レイコップ(RAYCOP) ふとんクリーナー RAYCOP PRO RS3-100JP

ダニが繁殖しにくい環境を作れる

ダニ対策にこだわった、コンパクトな布団クリーナーです。約60℃の温風「ドライエアブロー」が搭載されており、布団を掃除しながら、表面付近のダニ対策をする効果が期待できると謳われています。温風によって布団内部の水分を抑え、ダニが繁殖しにくい環境を作れるのもメリットです。

さらに、「アクティブパンチブラシ」で布団に振動を与える「パワフルたたき」機能や、UVランプが搭載されているのも魅力。底面の上部には「フロントグリル」が設置されており、吸引口から適度に空気を逃すことで布団の吸い込みすぎを予防します。

そのほか、握りやすいスマートなハンドルや分かりやすい表示窓など、使いやすさも十分。機能性と操作性を兼ね備えている布団クリーナーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ふとんクリーナー IC-FAC3

ハウスダストを軽減すると謳われている、サイクロン式布団クリーナー。「サイクロンストリームヘッド」による縦回転サイクロン気流と、本体内部の横回転サイクロン気流の組み合わせで、強力な吸引力を実現しています。

1分間に約6500回の高速叩きをする「超ワイドたたきパッド」を搭載。優れた吸引と叩き機能の相乗効果によって、よりパワフルに掃除します。また、「高感度ダニちりセンサー」でゴミを検知し、3色のイルミネーションで確認できるのもポイントです。

さらに、握りやすいハンドルと低重心設計で、快適な使い心地。ヘッドは可動式で取り回しやすく、自立するのですっきりと収納できます。コンパクトに片付けたい方にもおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式ふとんクリーナー IC-FDC1

充電式の布団クリーナーです。コンセントからの距離を気にせずに使えるのがメリット。約3.5時間の充電で、約20分間使用できます。ヘッドは可動式になっているので、場所に合わせてヘッドの角度を調節しやすいのもポイントです。

1分間に約6000回振動することで、ダニやちりを叩き出して吸引します。ハウスダスト除去率は95%以上と謳っているのもポイントです。ダストカップは水洗いでき、清潔に保てます。

また、UV照射機能を搭載しており、除菌効果が期待できるのも魅力。「ダニちりセンサー」を搭載しているので、見えないホコリを対策したい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) サイクロンふとん掃除機 EC-HX150

サイクロンの熱を活用した布団クリーナー。遠心分離サイクロンのモーターの熱を掃除機内で循環させ、約40℃の温風をダニに吹きかけます。

また、複数枚の「たたきブレード」で、1分間の振動数は最大で約12000回。さらに、「高性能プリーツフィルター」と「Ag+アレルディフェンスフィルター」を搭載しているのもポイントです。

「フルパワーモード」「デリケートモード」「自動モード」の3つの運転モードが内蔵されており、シーンに合わせてパワーを選択できるのもメリット。昼夜問わず使いたい方におすすめです。

日立(HITACHI) ふとんクリーナー PV-FC100

軽い操作性で手軽に使える、サイクロン式の布団クリーナーです。「ワイド電動パワフルビーター」によって、布団を叩いてゴミをかき出します。叩き・かき出しは1分間に約10000回。ビーターが回転するので、スムーズに前へ動かせるのもポイントです。

また、吸収したハウスダストがLEDライトの点灯によって可視化しやすいのも魅力。ハンドルから手を離すと自動で運転が停止する「ecoアイドリングストップ」機能や、持ち上げるとパワフルビーターが自動で停止するなど、安全面も優れています。シンプルで使いやすい布団クリーナーを探している方におすすめのモデルです。

ドリテック(DRETEC) ふとんクリーナー クリンスリープ FC-201

広い範囲のホコリやちりをしっかり吸引できる布団クリーナーです。毎分約9600回の振動でほこりやちりを叩き出すと謳われています。回転パワーブラシを採用し、布団の上を往復させてしっかりホコリを集められます。

また、吸い込み口が約16cmと大きいので、一度に広い面積を掃除できるのもメリット。コードは約5mと長いため、コンセントから離れた場所にあるマットレスの掃除にも使えます。UVランプ機能を搭載しており、除菌効果が期待できるのも魅力です。

ソウイ(SOUYI) 温風ふとんクリーナー SY-062

コンパクトで高性能な布団クリーナー。約50℃の温風や6WのUVランプでしっかり掃除します。1分間に4000回振動するタップが搭載されており、布団に絡みついた髪の毛やホコリなどが浮きやすいのも特徴です。

ダストカップには、しっかり集塵する「HEPAフィルター」と「ステンレスメッシュガード」が搭載されており、排気が汚くなりにくいのもポイント。HEPAフィルターとステンレスメッシュガードは水洗いが可能なので、衛生面も安心です。

布団クリーナーのおすすめモデル|兼用タイプ

パナソニック(Panasonic) 紙パックレス式ふとんクリーナー MC-DF110C

ゴミやダニを検知する、紙パックレス式の布団クリーナーです。ノズルの内部に「赤外線センサー」が搭載されており、ゴミを検知すると赤く点灯。掃除の進行具合が、視覚から確認しやすい仕様です。

本体は約1.9kgと軽量設計。アタッチメントの「ロングホース」使用時は、ノズル先までが長いため、本体を持たずに手軽に掃除できます。「小型ノズル」や「すきま用ノズル」も付属されており、ハンディタイプの掃除機として布団以外の場所で使いたい方におすすめのモデルです。

ダイソン(dyson) Dyson V7 Mattress HH11COM

コードレスながら、最長30分間稼働できる布団クリーナーです。特許技術のサイクロンで、空気からゴミを分離し集塵します。また、静音性が高いので小さな子供がいる家庭にもおすすめ。集合住宅に住んでいて騒音が気になる方にも適しています。

さらに、布団用の「フトンツール」のほかに、「隙間ノズル」「ミニソフトブラシ」「延長ホース」など付属のツールを使えば、さまざまな場所の掃除に役立てられるのも魅力。掃除道具をなるべく増やしたくない方は、ぜひチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) フィルターレスサイクロン トルネオV VC-SG920X

パワフルにゴミを吸引するキャニスター型のクリーナー。付属の「電動ふとんブラシ」を装着すれば、布団クリーナーとして使うことが可能です。ダニの死骸やフン、ホコリなどを叩き出し、布団1枚を短時間で掃除できます。

また、目の届かない場所のゴミを知らせる「ゴミ残しまセンサー」で、じゅうたんやベッド下なども掃除しやすいのが特徴。ヘッドを浮かせると約6秒後に一時停止し、約60秒後に完全停止するので、電気の無駄を省けます。

さらに、手が届きにくい場所の掃除に便利な「ロングアタッチメントセット」や、壁と家具の間など狭いところにも届きやすい「すき間ノズル」など、付属のアタッチメントが充実しているのもポイントです。

シロカ(siroca) 2WAYハンディ&布団クリーナー stingray SVC-350

布団クリーナーとしてもハンディクリーナーとしても使用できる、1台2役のクリーナーです。UV照射機能や叩き機能が搭載されており、しっかり掃除できます。叩き機能は1分間に3600回転で、リーズナブルながら高性能なのがポイントです。

本体重量は約2.1kgと軽量なため、取り回しやすいのも魅力。布団クリーナーからワンタッチでハンディクリーナーに変えられ、使い勝手がよいのもメリットです。デスク回りやソファの隙間などの細かい部分を気になったときにサッと掃除できます。こまめに掃除したい方におすすめのアイテムです。

iRoom コードレスサイクロンクリーナー D10

さまざまなシーンで使いやすい、5つのアタッチメントが付いている掃除機です。布団ツールが付いているので布団クリーナーとしても使用可能。そのほか、隙間ノズルやフレキシブルホースなど、便利なアタッチメントが用意されています。

コードレスタイプなので、コンセントから離れた場所でもコードの長さを気にせず手軽に使えるのもメリット。また、排気が顔や手に当たりにくい設計で、快適に使用できます。

布団クリーナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

布団クリーナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。