アウトドアや通勤・通学でも、手軽に音楽を楽しめる「イヤホン」。最近では、有線・ワイヤレスに関係なく高音質なサウンドを楽しめるコスパの高いモデルが豊富に展開されています。

そこで今回は、有線・ワイヤレスに分けて5000円以下のおすすめイヤホンをランキング形式でご紹介。ハイレゾ対応の有線モデルや、高音質コーデック対応のワイヤレスモデルも多数ラインナップしているので、イヤホンをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

5000円以下のイヤホンの選び方

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプでは、ケーブルでイヤホンとデバイスを直接つなぎます。音データを加工せずに送信でき、音質の劣化や遅延がないのが魅力。充電も不要で時間を気にせず使用できるのもメリットです。

ケーブルにはデバイスに差し込むためのプラグを搭載。プラグには複数の種類があり、デバイスの規格に合わせて選ぶ必要があります。

最も一般的なのは、直径3.5mmのミニプラグです。同規格のイヤホンジャックを搭載したデバイスで使用できます。ほかにも、iPhone接続に便利なLightningプラグや、Android端末に使えるType-Cプラグを搭載したモノも便利です。

また、変換アダプターをプラグに取り付ければ、規格の合わないデバイスでも使用できます。iPhoneやテレビ、パソコンなど複数のデバイスに接続したい場合は、すべてのデバイスの規格をチェックし変換アダプターを用意しておきましょう。

ワイヤレス

By: rakuten.co.jp

ワイヤレスタイプは、Bluetoothでイヤホンとデバイスを接続します。ケーブルで動きが制限されることがないうえ、デバイスからある程度離れた場所でも使用できるのが魅力です。

初めてデバイスに接続する際は、イヤホンをデバイスに認識させるために「ペアリング」を行う必要があります。ペアリングでデバイスにイヤホンを登録するのは初回のみ。2回目以降からは、イヤホンの電源スイッチをオンにすると自動的に接続できるのが一般的です。

なかには、充電ケースからイヤホンを出し入れするだけで、自動的に電源のオン・オフを切り替えられるモノもあります。また、Bluetooth接続も自動でオン・オフが切り替わって便利。使いやすいイヤホンをお探しの方はチェックしてみてください。

着け心地をチェック

By: amazon.co.jp

耳の形状やサイズは人によってさまざまです。イヤホンの装着部分にもさまざまな形状があり、耳に合わせて着け心地のよいモノを選ぶのがポイント。耳に合わないイヤホンでは、本来の音質を楽しめないだけでなく、耳が痛くなるなどの原因になることも。

イヤホンには、耳栓のようにぴったりフィットするカナル型、耳の内側のくぼみに掛けるインナーイヤー型、耳の外側にフックを掛ける耳掛け型などがあります。

最もモデル数が多いカナル型は、遮音性が高く音楽に集中したい方に人気です。音漏れも少なく、人の多い場所で使いやすいのもメリット。装着部のイヤーピースのサイズを選べば、装着感も調節できます。

インナーイヤー型は、サイズ調節はできませんが、開放感のある軽い着け心地が魅力。耳掛け型は、身体が揺れても外れにくくジョギングなどスポーツを楽しみながら使用したい方に最適です。

ワイヤレスモデルはこちらもチェック

Bluetoothバージョン

By: yamaha.com

Bluetoothを介して、デバイスの音データを電波に乗せてイヤホンに伝えるワイヤレスイヤホン。Bluetoothには、1.1〜5.0のバージョンと1〜3の「Class」と呼ばれる規格があります。

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は、4.1より数の大きなバージョンがおすすめです。転送速度が速く、電波干渉も抑えることが可能。音の遅延や音切れを予防し、より快適に音楽・動画鑑賞を楽しめます。

デバイスから離れた場所でイヤホンを使用する場合は、Class規格をチェックするのもポイントてす。データを転送できる最大距離を規定しており、数が小さいほどより遠くまで電波を飛ばせます。

5000円以下のモデルでは、最大転送距離が10mのClass2が主流。なお、音質を保証する規格ではないことは留意しておきましょう。

対応コーデック

By: rakuten.co.jp

音楽のように容量が非常に大きなデータは、そのままではBluetoothで送信できず、デバイスで小さく圧縮されます。イヤホンで受信した圧縮データは、もとに戻され再生される仕組みです。

コーデックとは、Bluetoothでの送受信時にデータを圧縮・解凍する方式をさします。Bluetoothデバイスに標準で搭載されるのが「SBC」。圧縮率が高く音データが失われやすいのが難点です。

より高音質で音楽を楽しみたい方は、SBC以外のコーデックに対応したイヤホンがおすすめ。iPhoneなどで使われる「AAC」や、Androidスマホなどで採用される「AptX」が存在します。音質劣化が少なく、音の遅延も軽減できるのが魅力です。

なお、イヤホンとデバイスのコーデックが一致しなければ、すべてSBC方式で再生されます。音にこだわりたい方は、デバイスのコーデックに合わせて選んでみてください。

連続使用時間

By: yamaha.com

ワイヤレスイヤホンは、電力を供給するために小型の充電式バッテリーを内蔵しています。バッテリーが切れると使用できなくなるので注意が必要です。通勤・通学や旅行など、連続して使用したい時間を考慮し、連続使用時間が十分足りるモノを選びましょう。

ワイヤレスイヤホンには、イヤホン同士がケーブルでつながっている「左右一体型」と、ケーブルを一切使用しない「完全ワイヤレス型」があります。連続使用時間が長い方は、比較的バッテリーもちのよい左右一体型がおすすめです。15時間程度使用できるモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

完全ワイヤレス型は、4時間前後と使用時間は短めですが、充電ケースを使ってこまめに充電することが可能。連続ではありませんが、20時間以上使用できるモノもあります。旅行やアウトドアなど、屋外で使用したい方などに最適です。

5000円以下の有線イヤホンのおすすめランキング

第1位 ファイナル(final) E3000 FI-E3DSS

ファイナル(final) E3000 FI-E3DSS

低音から高音まで解像度が高く、ホールで聴いているような自然な音の響きを楽しめるハイレゾ対応のカナル型イヤホン。クラシックやジャズなどをより原音に近いサウンドで聴きたい方にもおすすめです。

高精度な直径6.4mmのダイナミック型ドライバーと、不要な振動を低減するステンレス製ハウジングを搭載。背面に小さな穴を空けることで、より広帯域な低音再生を実現しています。

イヤーピースは、左右に動かすことで耳道の傾きにフィットする「スウィングフィット機構」を搭載。イヤホンの音をよりダイレクトに楽しめるのがメリットです。やわらかいシリコン製で着け心地も良好。5サイズから選択でき、耳に合わせて装着感を調節できます。

イヤーフックも付属。ケーブルをイヤーフックに通し、耳の上から後ろにまわして装着することで、ケーブルを触れる際に発生するタッチノイズを軽減できるのもポイントです。

第2位 アンティーム(intime) 碧 -SORA Light- 2019Edition

アンティーム(intime) 碧-SORA Light-2019Edition SORA-LIGHT-2019ED

ダイナミック式ウーハーとセラミック式ツイーターのハイブリッド型ドライバーを搭載した、ハイレゾ音源対応のカナル型イヤホン。広帯域で解像度が高く、ハイレゾ音源の繊細な音のニュアンスもより原音に近い音で再生できます。

フラットで着色しない自然な音にこだわっているのもポイントです。キレのある低音、表現豊かな中音、澄み切った高音など、それぞれが耳あたりよく大音量でも耳を疲れさせないのも魅力。長時間音楽を楽しみたい方にも適しています。

おしゃれな本革製のコードリールを付属。ケーブルをまとめられ、カバンに入れるなど持ち運びにも便利です。

第3位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ZERO BASS-03 ZB-03

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ZERO BASS-03 ZB-03

「バスブーストポート」を搭載し、パワフルな低音サウンドを楽しめるハイレゾ音源対応のカナル型イヤホンです。

独自のダイナミック型「ファインチューンド・ドライバー」を搭載。低音から高音までバランスがよく、クリアで表現豊かなハイレゾ音楽を楽しめます。ベースの効いたダンス・ロック系ミュージックを高音質で聴きたい方は、ぜひチェックしてみてください。

高級感のあるデザインが魅力的なアルミニウム製ハウジングを搭載。制振性も高く、よりクリアな音を再生することが可能です。ケーブルをまとめやすい便利なスライダーも搭載。ケーブルの動きを抑えることで、タッチノイズを軽減できるうえ、絡まりを予防しながらコンパクトに持ち運べます。

第4位 パイオニア(Pioneer) SE-CH5T

パイオニア(Pioneer) SE-CH5T

低域感度の高い直径9.7mmダイナミック型ドライバーを搭載し、再生可能帯域が8~45000Hzと豊かな低音を再生できるハイレゾ対応のカナル型イヤホンです。ドーム部の形状を高域再生に最適化することで、より伸びのある高音サウンドも楽しめます。

ケーブルを耳の上から後ろにまわして装着する「オーバーイヤーフィットスタイル」により、タッチノイズを軽減。ランニングや散歩をしながらでも、ノイズを気にせず高音質な音楽を聴けるのもメリットです。

3サイズのシリコン製イヤーチップも付属し、耳に合わせてフィット感も調節できます。持ち運びに便利なポーチが付いているのもポイントです。

第5位 ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB510AS

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB510AS

IPX5/7相当の防水仕様で汗や雨に強く、アウトドアやスポーツにおすすめのカナル型イヤホンです。

耳との接触面積が広い「ハイブリッドイヤーピースロング」と「アークサポーター」を付属し、しっかり装着できるのもポイント。揺れてもイヤホンが落ちにくく、ジョギング時なども快適に使用できます。

直径12mmのダイナミック型ドライバーを搭載。量感のある低音が魅力で、ビート感のある音楽を楽しみたい方にも最適です。

ケーブルのリモコンにはマイクを搭載し、ハンズフリー通話も可能。リモコンを使えば、デバイスに触れなくても受話・終話できるほか、音楽再生も操作できます。

第6位 JVCケンウッド(KENWOOD) HA-EXC25

JVCケンウッド(KENWOOD) HA-EXC25

可動式のイヤーフックにより、耳のサイズや形状に合わせてしっかり装着できる耳掛け型イヤホン。3サイズのイヤーピースも付属しています。揺さぶっても落ちにくく、ジムなどスポーツをしながら使用したい方におすすめです。さらに、IPX2相当の防滴仕様で、汗をかいても安心して音楽を楽しめます。

高磁力ネオジウムを使用したダイナミック型ドライバーユニットを搭載。高音質なサウンドも魅力です。ケーブルを固定できるクリップも付属。ケーブルが服などにこすれる際に発生するタッチノイズも軽減し、快適に使用できます。

第7位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) CARBO BASSO ZH-DX210

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) CARBO BASSO ZH-DX210

軽量ながら、クリアで豊かな重低音が楽しめるカナル型イヤホンです。直径8.5mmのダイナミック型ドライバーに加え、カーボン・アルミニウム製のハウジングを搭載。不要な共鳴振動を軽減し、よりクリアで臨場感のある音楽を再生できます。

ケーブルの導体には無酸素銅を使用。伝送時の音データの劣化を予防できるのがメリットです。「からみ防止スライダー」も搭載。上下に動かすことにより、ケーブルのまとまり感を調節できます。

収納時に便利なうえ、ケーブルの動きを抑えることでタッチノイズを軽減できるのもポイントです。

第8位 エレコム(ELECOM )USB Type-C用ステレオヘッドホン EHP-UC100M

エレコム(ELECOM )USB Type-C用ステレオヘッドホン EHP-UC100M

ケーブルにUSB Type-Cプラグを搭載したカナル型イヤホン。デバイスにイヤホンジャックがない場合でも、USB Type-Cポートに直接差し込んで使用できます。プラグはL型を採用。ケーブルをデバイスに添わせてコンパクトに接続できるのもポイントです。

低音から高音まで広帯域を高音質で楽しめる直径9.2mmのダイナミック型ドライバーを搭載。ドライバーユニットの前後にあるダクトにより通気抵抗が最適化され、抜けのよいクリアな音を再生できます。

耳にぴったりと装着できるよう、挿入角度とケーブルの向きを設計。4サイズのイヤーキャップも付属し、装着感を調節しやすいのもメリットです。リモコンにはマイクを搭載し、ハンズフリー通話も楽しめます。

第9位 ナガオカ(NAGAOKA) アルミニウムハウジング ハイレゾイヤホン P908

ナガオカ(NAGAOKA) アルミニウムハウジング ハイレゾイヤホン P908

低価格ながら、ハイレゾ音源に対応したカナル型イヤホンです。高磁力マグネットを使用した直径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載。5〜80000Hzと低音域はもちろん、高音域も幅広く高音質で再生できます。ハウジングにはアルミニウムを採用し、音漏れを予防することが可能です。

カラーラインナップも豊富に展開されており、ファッションスタイルに合わせてイヤホンを選びたい方にもぴったり。また、コスパ重視の方や、なるべく安いイヤホンを探している方におすすめです。

第10位 アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

iOS端末のLightningポートにそのまま差し込んで使えるインナーイヤー型イヤホン。iPod touchやiPad、iPhoneなどで使用したい方におすすめです。丸みのある装着部分は、耳の形状に合わせて設計。装着感も良好で、快適に音楽などを楽しめます。

音の出力を最大にし、音の劣化を軽減できるスピーカーを搭載。高音質なサウンドを実現できるのもポイントです。ケーブルに付いたリモコンにはハンズフリー通話が可能なマイクも搭載。音量の調節や再生をはじめ、電話の受話・終話はリモコンをつまむだけで簡単に操作できます。

5000円以下のワイヤレスイヤホンのおすすめランキング

第1位 ソニー(SONY) WI-C310

ソニー(SONY) WI-C310

最新のBluetooth5.0と高音質コーデックAACに対応した、カナル型の左右一体型ワイヤレスイヤホン。同規格のデバイスと接続すれば音切れや遅延が気になりにくいのが魅力です。iPhoneやiPadなどAppleデバイスで使用したい方におすすめ。

高磁力ネオジウムマグネットを使用したドライバーを搭載。パワフルな低音とクリアな中高音を再生できます。通気を調節する穴を小さく設計し、音漏れを軽減。耳にフィットするハウジング形状で着け心地もよく、快適に音楽を楽しめます。

フル充電で、約15時間の連続使用が可能。高速充電にも対応しており、10分の充電で約1時間使用できます。充電をし忘れても、外出前にサッと充電できて便利。通勤・通学用のイヤホンを探している方にもおすすめです。

第2位 アンカー(Anker) Soundcore Liberty Neo A3911

アンカー(Anker) Soundcore Liberty Neo A3911

IPX7の防水仕様で、雨はもちろん、万が一の水没による故障を予防できるカナル型完全ワイヤレスイヤホン。ひねりながら耳にしっかり装着できる「GripFitテクノロジー」を採用し、激しい運動時も落としにくくアウトドアにも最適です。マイクも搭載しており、イヤホンで受話・終話の操作もできます。

硬く、軽量な「グラフェン」を使用したドライバーを搭載。広帯域で正確な音を再生できるのも魅力です。Bluetooth5.0と高音質コーデックAACにも対応。iPhoneなど同規格のデバイスと接続すれば、音切れや遅延も気になりにくく高音質な音楽を楽しめます。

イヤホン本体のみなら、フル充電で最大5時間の連続使用が可能。充電ケースを活用すれば、最大20時間まで音楽を楽しめます。一日中外出する際でも充電を気にせず使用できるのもメリットです。

第3位 アンカー(Anker) SoundBuds Slim A3410

アンカー(Anker) SoundBuds Slim A3410

最大10時間のバッテリーもちのよさが魅力の、カナル型の左右一体型ワイヤレスイヤホン。突然の雨でも故障の心配が少なく、安心して使用できます。

約15gと軽量。使用しないときは、マグネットを内蔵したイヤホン同士をくっつけて、ケーブルの絡まりを予防しながらコンパクトに持ち運べるのもポイントです。

耳に合わせてサイズを調節できるイヤーチップとイヤーフックも付属し、しっかり装着することが可能。ケーブルの長さを調節できる「フィットクリップ」や、服にケーブルを留めておける「シャツクリップ」を使用すればより快適に装着できます。

力強いサウンドが魅力の直径6mmのドライバーを搭載。Bluetooth5に対応し、デバイスから数メートル離れた場所でイヤホンを接続できるうえ、音飛びを予防できるのもメリットです。

第4位 QCY QCY-T5

QCY QCY-T5

収納ケースからイヤホンを出し入れするだけで、電源とBluetooth接続のオン・オフを自動で切り替えられるカナル型完全ワイヤレスイヤホン。初回のペアリングは必要ですが、2回目からは取り出すだけでサッと使用できます。

片耳のみの使用も可能。周囲の音にも気を配りたい場合に便利です。複雑な設定も必要なく、初心者の方でも簡単に操作できます。

Bluetooth5.0に加え、高音質コーデックAACに対応。音飛びや遅延を軽減し、iPhoneなどに接続すれば高音質な音楽を聴くことが可能です。さらに、ゲームや動画視聴をタイムラグなく楽しめる「超低遅延モード」も人気があります。

IP65と防塵・防水性が高いのもメリット。汗や雨に強く、アウトドアでの使用にも最適です。

第5位 サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueFree+

サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueFree+

充電ケースと合わせて使用することで、最大35時間も音楽を再生できるカナル型完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホン単体なら、フル充電で最大4時間の連続使用が可能。通勤・通学はもちろん、出張や旅行先での使用にも適しています。

充電ケースのふたを開けるだけで電源・Bluetooth接続のオン・オフを自動で切り替える「自動ペアリング」を搭載。片耳のみの使用も可能です。複雑な設定もなく、よりスムーズにイヤホンを使用できます。

臨場感あふれる音を再生できる「REALTEK」チップセットを搭載。Bluetooth5.0と高音質コーデックAACにも対応し、iPhoneなどに接続すれば、遅延・音切れを気にせず高音質な音楽を楽しめるのも魅力です。

第6位 ヤマハ(YAMAHA) EP-E30A

ヤマハ(YAMAHA) EP-E30A

どの音量でも、低音から高音までバランスよく自然で高音質に再生できる、カナル型の左右一体型ワイヤレスイヤホンです。オン・オフを切り替えられる「リスニングケア」機能を搭載。音量に合わせて音のバランスを最適化します。大音量で高音質な音楽を楽しみたい場合にも最適です。

Bluetooth5.0に加え、高音質コーデックAACに対応。同規格のiPhoneなどに接続すれば、より高音質な音楽を楽しめます。イヤホンの簡単なボタン操作で、接続デバイスのSiriやGoogle Assistantなどのボイスアシスタント機能を起動させることも可能です。

約2時間の充電で、最大14時間も連続した音楽を再生できるのもポイント。短時間でフル充電でき、毎日イヤホンを使用したい方にもおすすめです。

第7位 エレコム(ELECOM) LBT-RH1000

エレコム(ELECOM) LBT-RH1000

Android・iOSデバイスに接続して高音質な音楽を楽しめるワイヤレスイヤホンです。Bluetooth5.0に加え、aptX・aptX LL・AACのコーデックに対応。直径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載。クリアで透明度の高い中高音と豊かな低音サウンドを楽しめます。

「BASSブースト機能」を搭載し、迫力のある低音再生も可能。オン・オフを切り替えられ、音楽や好みに合わせて使い分けられるのもメリットです。「シェアリング機能」も搭載。2台のイヤホンを同じデバイスに同時接続でき、友達と一緒に同じ音楽を楽しめます。

ケーブルのリモコンには、スマホのカメラを使い写真撮影ができる「カメラシャッター機能」も搭載。カメラを固定して撮影したい場合に便利に使えます。多機能なイヤホンを探している方にもおすすめです。

第8位 マクセル(maxell) Graphene MXH-BTGD50

マクセル(maxell) Graphene MXH-BTGD50

グラフェンコート振動板を使用した高精度ダイナミック型ドライバーを搭載し、高音質な音楽再生が可能なカナル型左右一体型ワイヤレスイヤホン。2つのバスポートも搭載し、引き締まった低音サウンドも魅力です。

Bluetooth5.0に加え、高音質コーデックaptX・AACにも対応。同規格のAndroid・iOSデバイスに接続すれば、より高音質な音楽を楽しめます。

フル充電で、最大8時間の連続再生が可能なうえに、約1.5時間と短時間で充電できるのもポイント。また、ハンドフリー通話ができるマイクを搭載しており、持ち運びに便利なポーチも付属しています。

第9位 オウルテック(Owltech) OWL-BTEP13

オウルテック(Owltech) OWL-BTEP13

「ノイズリダクション機能」を搭載し、通話中に相手の声を聞き取りやすいカナル型の左右一体型ワイヤレスイヤホン。ハンズフリー通話をより快適に楽しめます。ケーブルのリモコンを使用すれば、音楽はもちろん、受話・終話の操作も可能です。

Bluetooth4.1に加え、AptX・AACコーデックに対応。同規格のAndroid・iOSデバイスに接続すれば、高音質な音楽を再生できます。IPX4の防水性があり、汗や小雨に強くランニング時にテンポのよい音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

第10位 JVCケンウッド(KENWOOD) HA-AL102BT

JVCケンウッド(KENWOOD) HA-AL102BT

スタイリッシュなデザインが魅力の耳掛け型の左右一体型ワイヤレスイヤホン。ファッションと合わせてアクセサリー感覚で楽しみたい方にもおすすめです。イヤーフックを耳の外側に掛けることで、耳にやさしくフィットします。開放感のある着け心地も魅力です。

高磁力ネオジウムを使用したドライバーユニットを搭載。音楽を高音質で再生できます。マイクも搭載し、スマホに接続すればハンズフリー通話も可能です。