いつでもどこでもスマホを充電できる「モバイルバッテリー」。通勤・通学での持ち運びに便利なコンパクトタイプから長期の出張や旅行にも対応できる大型バッテリーまで、さまざまな製品がリリースされています。

一方、国内のスマホ市場に関してはAppleのiPhoneが業界を牽引。2017年9月にiPhone8が、同年11月にiPhoneXが発売され、所有している方も多いかと思います。

そこで、今回はiPhone8とiPhoneXにおすすめのモバイルバッテリーをご紹介。これから機種変更を考えている方はぜひモバイルバッテリーの購入も検討してみてください。

iPhone 8/Xに向いているモバイルバッテリーの選び方

バッテリー容量

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーで特に重要したいのがバッテリーの容量です。単位は「mAh(ミリアンペアアワー)」。前に付く数字が大きいほど、充電可能な回数が多くなります。特に、長期の旅行や出張でモバイルバッテリーを使用するという方は、大容量タイプがおすすめです。

自宅や学校などの普段使いをメインで考えている方や、いざというときに充電できれば十分という方は、容量の小さいタイプでも問題ありません。

重さ

By: rakuten.co.jp

携帯性を重視するならば、できるだけ軽量なモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。なお、見た目がコンパクトであっても、実際には重たいモデルもあるので、製品スペックはしっかりチェックしておきましょう。

大きさ

By: rakuten.co.jp

モバイルバッテリーを選ぶ上では、コンパクトさも重要です。携帯性を重視するならば、できるだけ小さく、かさばらないモノを選ぶのがおすすめ。スマホと重ねてもスマートに持ち歩けるか、カバンの中に入れてもストレスはないかなどは、購入前に確認しておきましょう。

同時接続可能台数

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーによっては、同時に数台のデバイスを充電できるモノもあります。普段使うのがスマホだけであれば、特に気にならないかもしれませんが、タブレットなども使っている方は接続ポートが2つ以上あると同時に充電できるのでおすすめです。

価格

また、有名メーカーのモバイルバッテリーであれば、同程度のスペックであっても値は張ります。最近は海外メーカーからも安価で高品質なモデルが登場しているので、ブランドにこだわりがない方は価格で決めるのもひとつの方法です。

iPhone 8/Xにおすすめのモバイルバッテリー

アンカー(ANKER) PowerCore II 10000

バッテリー容量が10000mAhの大容量モバイルバッテリーです。iPhone 8であれば約5回、iPhone Xなら約3回のフル充電が可能です。接続した機器を自動検知して電流を調整してくれるPowerIQ 2.0を搭載。4時間ほどあれば本体の充電も完了できるので、急ぎの時も助かります。

バッテリー残量を8段階で表示してくれるLED Wheel搭載。デバイスを保護するショート防止機能もついているため安心して使用できます。サイズは96×62×22mm、重量は195gと軽量コンパクトなので持ち運びにも便利です。高性能ながらリーズナブルなのもポイント。初めてモバイルバッテリーの購入を検討している方にもおすすめです。

アンカー(ANKER) PowerCore 5000

アンカーのスティック型モバイルバッテリー。長さ10cm、幅3cmとペンケースなどにもすっぽりとおさまるサイズにまとまっているのが特徴です。バッテリー容量は5000mAh。iPhone 8ならば約2回、iPhone Xならば約1回のフル充電が可能です。

最大2Aの急速充電に対応しているのもポイント。ショート機能が備わっているので、耐久性も良好です。カラーはブラック・ブルー・レッドの3色をラインナップ。価格も2000円前後とリーズナブルなのも魅力的です。

オウルテック(Owltech) モバイルバッテリー OWL-LPB10006

10000mAhの大容量モバイルバッテリー。出力用のmicroUSBポートと2口のUSBポートに加え、USB Type-Cのポートも搭載しています。最大3Aの急速充電にも対応。iPhone 8やiPhone Xを素早く充電したい方におすすめです。

また、「SmartIC」を搭載しており、内蔵されたスマートチップが接続された機器を感知するのもポイント。過充電を防いで、適切な給電を行います。本体の薄さは1.6mmと持ち歩きやすさも魅力。4つのLEDライトで充電の残量が見えるので、充電のし忘れを防いでくれます。

ラブパワー(RAVPower) モバイルバッテリー RP-PB125JP

重さわずか195gと持ち運びやすいモバイルバッテリー。「iSmart」機能により、デバイスに応じて適切な電流で充電可能です。各ポートの最大出力は2.4A。2口のUSBポートを搭載しており、1度に2つのデバイスを充電できます。バッテリーは6700mAh。iPhone 8であれば約2.2回、iPhone Xなら約1.5回の充電が可能です。

本体はmicroUSBもしくはAC電源のコンセントで充電可能。前者の場合は約4.5時間、後者の場合は約3.5時間で満充電が完了します。LEDインジケーターでバッテリー残量が分かる上に、加熱やショートを防ぐ保護機能がついていることも魅力。多機能で安全に使える製品を探している方におすすめです。

チーロ(cheero) Power Plus 3 CHE-059

スマホはもちろん、タブレットや携帯ゲーム機などのUSB充電ができるデバイスに広く使えるアイテムです。バッテリー容量は13400mAh。2つのUSBポートはそれぞれ最大3.4Aの急速充電に対応しており、2つのデバイスを同時に充電できます。

「Auto-IC」機能を搭載しており、デバイスを感知して適切な電流で充電できるのも魅力。本体の大きさは9.2×8cm、重量は245gと持ち歩きやすく便利です。長時間の外出が多く、さらに複数のデバイスを持ち歩く方はぜひチェックしておきましょう。t

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー DE-M05-N3015

ちょっとした外出に便利な容量3000mAhのモバイルバッテリーです。本体の大きさは5.9×10.1×1.1cmと薄いので、カバンやリュックにも収納しやすく便利です。

USBポート1口を搭載しており、最大1.5Aの出力が可能。本体の充電はmicroUSBケーブルを使用し、およそ2時間40分で完了します。また、落ち着いてたデザインとカラーを採用しているのもポイント。持ち歩きやすく、おしゃれなデザインのアイテムを探している方におすすめです。

チーロ(cheero) Power Plus Danboard Version CHE-096

高速充電に対応する「Power Delivery 3.0」を搭載したモバイルバッテリーです。本体の充電は約2.5時間で完了。バッテリーの容量は10050mAhの大容量で、2つのデバイスを同時充電することも可能です。

USBポートに加え、USB Type-Cポートも搭載。USBポートを使用した際は「AUTO-IC機能」でデバイスを感知し、最適な電流で充電することが可能です。また、Type-CからType-C/Type-Aに接続できるケーブルや収納ポーチを付属しているのもポイント。デザイン性とパワーを兼ね備えた製品を探している方におすすめです。

ライターからヒトコト

iPhone 8やiPhone Xの電池を気にせずに、動画・アプリ・SNSを楽しみたいという方は、モバイルバッテリーがおすすめ。最近はマイナーなブランドからも高品質な製品が登場しています。ぜひお気に入りを見つけてみてください。

記事内容について連絡
  • キヤノンのプリンター「PIXUS TS8330」の魅力を深掘り。スマホから簡単プリント

関連ブランド

アンカー(ANKER)