メンズコートは寒さの厳しい冬はもちろん、春や秋にも活躍するファッションアイテム。カジュアルなデザインのモノからフォーマルなデザインのモノまで、豊富なバリエーションが取り揃えられているアウターです。そのため、どのモデルを選べばよいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、主要なメンズコートの種類をご紹介。おすすめのコーディネートも併せて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

メンズコートの種類|チェスターコート

By: zozo.jp

フォーマルなファッションにも馴染みやすい上品さが魅力のチェスターコート。正式名称は「チェスターフィールドコート」で、19世紀にイギリスのチェスターフィールド伯爵が着用していたことが名前の由来とされています。

テーラードジャケットの着丈を長めに設定したようなデザインで、胸元のラペルがポイント。シンプルなルックスにより着回しやすく、スーツスタイルからカジュアルコーデまでの幅広い着こなしで重宝するメンズコートです。

チェスターコートをパーカーとレイヤードしてカジュアルダウン

By: wear.jp

パーカーの上からチェスターコートを羽織ったレイヤードスタイル。アウターやトップスのカラーリングをダークトーンで統一することで、カジュアルながらも大人っぽいコーディネートに仕上げています。

ゆったりとしたシルエットのボトムスを選択して、リラックス感を演出。鮮やかなブルーのマフラーで着こなしにアクセントをプラスしています。

スウェットのセットアップにチェスターコートを合わせたスポーツミックスコーデ

By: wear.jp

発色のよさが目を引くチェスターコートを主役にしたコーディネート。トップス・ボトムス・シューズには主張の強くないグレーを配して、カラーリングにコントラストを効かせています。

スウェット生地で仕立てられたパーカーとジョガーパンツをセットアップで着用しており、リラックスした雰囲気がポイント。着丈の長いアウターを合わせることで、かっちり感を加えたスタイリングに仕上げています。

チェスターコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ステンカラーコート

By: zozo.jp

シンプルなデザインにより、ビジネスシーンでも着用されることが多いステンカラーコート。「ステンカラー」は和製英語で、別名としてバルマカーンコートやバルカラーコート、スタンドフォールカラーコートなどとも呼ばれています。

フロントボタンが隠れる比翼仕立てと、ゆったりとしたラグランスリーブを採用しているのが一般的。襟元は前側を低く、後ろ側を高く設定しています。きれいめなファッションを好む方におすすめのメンズコートです。

ステンカラーコートを軸にした落ち着きのあるカジュアルコーデ

By: wear.jp

ネイビーのステンカラーコートを軸にした品のよいカジュアルスタイル。クルーネックニットやウールパンツを合わせて、あたたかみのあるコーディネートを完成させています。

着こなしの雰囲気が重すぎないように、シューズには抜け感のあるホワイトのスニーカーを選択。柄入りのマフラーを巻いて首元にアクセントをプラスしています。

ステンカラーコートとスラックスによるエレガントスタイル

By: wear.jp

ステンカラーコートをスラックスと合わせたエレガントなコーディネート。ウェアのカラーリングをグレーでまとめる一方で、アウターにチェック柄、ボトムスにストライプ柄を配して遊び心を加えています。

着丈の長いステンカラーコートとのバランスを考慮し、巻き物には大振りのストールを選択。ブラックのレザーシューズで、着こなしの雰囲気を引き締めているのもポイントです。

ステンカラーコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|トレンチコート

By: zozo.jp

ダブルブレスト仕様のフロントや、ウエスト部分に付いたベルトといったディテールが目を引くトレントコート。第一次世界大戦におけるイギリス陸軍の軍服がルーツで、塹壕戦での活躍から塹壕を意味する「トレンチ」と名付けられています。

防水性に優れたコットンギャバジン生地を使用しているモデルが主流。ミリタリーウェアならではの無骨さが特徴で、男らしい雰囲気の着こなしを楽しみたい方におすすめのメンズコートです。存在感があるため、コーディネートの主役として活躍します。

トレンチコートをラフに羽織ったリラックススタイル

By: wear.jp

オーバーサイズのトレンチコートをラフに羽織ったリラックス感のあるコーディネート。アウターとボトムスのカラーリングをダークトーンで統一することで、カジュアルながらも落ち着いた印象の着こなしに仕上がっています。

鮮やかなライムグリーンのインナーがアクセント。足元にはブラックのレザーシューズを選択して、スタイリングの雰囲気を引き締めています。

メンズコートの種類|ダッフルコート

By: zozo.jp

ボリューム感のあるフードが目を引くカジュアルなデザインのダッフルコート。北欧の漁師が着用していたワークウェアを起源としており、フロントにはグローブを装着した状態でも扱いやすいトグルボタンがあしらわれています。

ベルギーのアントワープ近郊の都市「デュフェル」を英語読みした「ダッフル」が名称の由来。起毛感のある厚手のウール生地を採用していることが多く、防寒性を重視する方におすすめのメンズコートです。

ダッフルコートを軸にしたあたたかみのある秋冬スタイル

By: wear.jp

ダッフルコートをウールパンツやデザートブーツなどのあたたかみのあるアイテムと合わせた秋冬スタイル。インナーにはシンプルなデザインのクルーネックニットを選択しています。

全身をグレーやブラウンといった落ち着いたトーンのカラーリングでまとめることで、上品さを演出。ラフに垂らした柄入りのマフラーがコーディネートのアクセントとして効いています。

ダッフルコートをコンバットパンツと合わせたミリタリーコーデ

By: wear.jp

M-65のディテールを取り入れたユニークなデザインのダッフルコートを主役にしたコーディネート。カモフラージュ柄のコンバットパンツを合わせて、全身をミリタリーテイストのアイテムでまとめています。

ブラックのレザーシューズで着こなしの雰囲気を引き締めているのもポイント。主張の強いボトムスを大人っぽく着こなしたい方におすすめのスタイリングです。

ダッフルコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ピーコート

By: zozo.jp

イギリス海軍が採用していた艦上用コートが起源で、フロントボタンにあしらわれた碇マークが印象的なピーコート。ダブルブレスト仕様のフロントは、風向きに合わせて左前・右前のどちらでも留められます。

サイドにハンドウォーマーポケットを付けるなど、防寒性を意識した作りが特徴。目の詰まった厚手のメルトン生地を使用しているため、風を通しにくく保温力に優れています。着丈を短めに設定しているモノが多く、さまざまなボトムスと合わせやすいメンズコートです。

ピーコートをワイドパンツと合わせたリラックスコーデ

By: wear.jp

ゆったりとしたシルエットのピーコートとワイドパンツを合わせた、リラックス感のあるコーディネート。アウターとボトムスのカラーリングのコントラストによって、メリハリの効いたスタイリングに仕上がっています。

特徴的なディテールが目を引くピーコートは、1枚でシンプルに着てもおしゃれなのがポイント。バッグにはリュックを選択して、アクティブさを演出しています。

オールブラックコーデでピーコートをスタイリッシュに着こなす

By: wear.jp

ウェアやシューズのカラーリングをオールブラックで統一したスタイリッシュなコーディネート。ピーコートをハイネックニットとレイヤードして首元に立体感を出しています。

ゆったりとしたシルエットのアウターとのバランスを考慮し、スキニーデニムを合わせているのがポイント。足元にはボリューム感のあるレザーシューズを選択しています。

ピーコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|モッズコート

By: zozo.jp

フィールドジャケットの上からでも羽織れるミリタリーウェアとして開発されたモッズコート。ロンドンで「モッズ」スタイルが流行した際に注目され始めました。無骨なデザインを好む方におすすめです。

「フィッシュテール」と呼ばれる独特な形状の裾、シルエットを調節できるドローコードといったディテールが特徴。取り外し可能なライナーが付いているモデルも多く、ロングシーズンにわたって着回せるメンズコートです。

配色の工夫によってモッズコートの無骨さを軽減

By: wear.jp

モッズコートをボーダーニットとレイヤードしたカジュアルスタイル。ホワイトやベージュといった柔らかな印象のカラーリングをベースにすることで、モッズコートの無骨さを軽減させています。

ウェアのサイズ感はゆったりめで統一しており、リラックスした雰囲気が魅力。すっきりとしたフォルムのスニーカーを合わせて、全体のバランスを整えています。

シルエットで個性を主張したオールブラックコーデ

By: wear.jp

首元がすっきりとしたスタンドカラータイプのモッズコートを軸にしたコーディネート。ウェアやバッグ、帽子などをオールブラックで統一することで、モード感のある着こなしを完成させています。

ボトムスには裾に向かって広がっていくシューカットパンツを選択。カラーリングを黒のみで絞った一方で、シルエットで遊び心を加えています。

モッズコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ポロコート

By: amazon.co.jp

馬に乗って行われるポロ競技の待ち時間に着られていたのがポロコート。チェスターコートと似たデザインながらも、細部の作りが異なっています。

ダブルブレストのフロントをはじめ、袖を折り返してもおしゃれなターンナップカフ、背面に配したベルト、フラップ付きの腰ポケットなどのディテールが特徴。ラペルの幅は広めに設定しており、ラグジュアリーな雰囲気を好む方におすすめです。

ポロコートをタートルネックニットとレイヤードしたクラシックスタイル

By: wear.jp

ポロコートをタートルネックニットとレイヤードしたあたたかみのあるコーディネート。アウターにボリューム感があるため、ボトムスにはすっきりとしたシルエットのチノパンを選択しています。

落ち着いたトーンのネイビーを軸にした配色により、クラシカルな雰囲気の着こなしに仕上げているのがポイント。わずかに見えるホワイトのソックスがスタイリングのアクセントとして効いています。

メンズコートの種類|タイロッケンコート

By: zozo.jp

ウエスト部分に付いたベルトが特徴で、トレンチコートの原型としても知られているのがタイロッケンコート。ベルトを直接結ぶ仕様の「ラップコート」に対して、タイロッケンコートにはベルトを固定するための留め具が付いています。

トレンド感のあるオーバーシルエットのモデルが多く、ラフに羽織れるのがポイント。デザインに品があるため、きれいめなコーディネートを好む方におすすめです。

タイロッケンコートをチェック柄のロングシャツと合わせる

By: wear.jp

オーバーサイズシルエットのタイロッケンコートを主役にしたコーディネート。アウターやボトムスのカラーリングをダークトーンで統一して、チェック柄のロングシャツを引き立てています。

ブラックのタートルネックニットを着込むことで、スタイリングに上品さをプラス。足元に厚底仕様のチェルシーブーツを採用するのも、上品さを演出するポイントです。

タイロッケンコートとミリタリーパンツを合わせたラギッドスタイル

By: wear.jp

タイロッケンコートをミリタリーパンツと合わせた無骨な印象のコーディネート。インナーに着用したモックネックニットにより、スタイリングが品よくまとまっています。

アウターやボトムスのシルエットはゆったりとしており、ほどよいリラックス感を演出。着こなしの雰囲気を引き締めるため、足元にはブラックのレザーシューズを選択しています。

メンズコートの種類|ダウンコート

By: zozo.jp

中綿を2枚の生地で挟んだキルティング仕様で、保温力に優れているダウンコート。寒冷地で着用されていた防寒着がルーツのメンズコートです。現在はタウンウェアとして定着しており、有名ブランドが手掛ける高級モデルの人気が高まっています。

ステッチの入った表地や悪天候の際に重宝するフードといったディテールが特徴で、スポーティーなデザインを好む方におすすめ。ステッチを見せずにドレス度を高めたモデルが展開されているため、ビジネスシーンでも活躍します。

あたたかみのあるファー付きのダウンコートで季節感を演出

By: wear.jp

ゆったりとしたシルエットのダウンコートをラフに羽織った秋冬スタイル。鮮やかなオレンジのニットを合わせて、こなれ感のあるコーディネートを完成させています。

ビビッドな色のトップスとメリハリを効かせるため、ボトムスやシューズのカラーリングはブラックで統一。アウターのフードに付いたあたたかなファーで季節感を演出しています。

メンズコートの種類|キルティングコート

By: zozo.jp

軽量性と優れた保温力を兼ね備えたキルティング素材を使用しているキルティングコート。襟やパイピング部分の素材をコーデュロイで切り替えて、デザインにアクセントを加えたモデルが主流です。

ボリューム感を抑えてすっきりとしたシルエットに仕上げていることが多く、ビジネススタイルと好相性。スーツの上から羽織ってもおしゃれなメンズコートを探している方におすすめです。

ダウンコートをチェック柄のスラックスと合わせてドレッシーに着こなす

By: wear.jp

存在感のあるロング丈のダウンコートを軸にしたコーディネート。インナーとして落ち着いた色味のモックネックニットを着用して、品のよいスタイリングを完成させています。

チェック柄の入ったスラックスで着こなしにアクセントをプラス。ボトムスの主張が強いため、足元にはシンプルなデザインのローファーを選択してバランスを考慮しているのがポイントです。