さまざまな種類が販売されている「メンズコート」。カジュアルシーンで着るのか、ビジネスシーンで着るのかでも選ぶアイテムが変わってきます。デザインや着こなしによって印象が左右されるため、種類選びやコーデを迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、メンズコートの種類と種類別のコーデをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

メンズコートの種類|チェスターコート

By: zozo.jp

19世紀に登場し流行したアイテムであり、メンズコートの種類のなかでも古い歴史のある1着。正式名称はチェスターフィールドコートで、イギリスのチェスターフィールド伯爵がはじめて着用したことが由来といわれています。

基本はシングル仕立てでノッチドカラーやフライフロント、胸ポケットやフラップポケットが付いているのが特徴です。現在では、カジュアルにも使いやすいよう装飾をシンプルにしたモノなど種類が豊富。オンオフ問わず着回せるおすすめのメンズコートです。

秋らしい色使いのきれいめコーデ

By: wear.jp

ダークグリーンのチェスターコートを活用したきれいめコーデ。インナーにはオフホワイトのタートルネックを合わせることで、やわらかい印象に仕上げています。

ボトムスにはダークブラウンのワイドスラックスを合わせ、トレンド感のある着こなしに。足元には黒のスエードブーツで引き締めつつ、こなれ感を出しているのがポイントです。

チェスターコートをパーカーでカジュアルダウン

By: wear.jp

ダークブラウンのチェスターコートをカジュアルダウンしたメンズコーデ。オーバーサイズのチェスターコートを選ぶことでボリュームのあるパーカーとも合わせやすく、程よく肩の力が抜けたコーデが完成します。

ボトムスにはダークグレーのワイドスラックスを合わせることで、こなれ感を出しつつカジュアルになり過ぎない着こなしに。足元には黒スニーカーを合わせて軽快な印象に仕上げています。

チェスターコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ステンカラーコート

By: zozo.jp

チェスターコートと同じく、メンズコートのさまざまな種類のなかでも定番のアイテムです。後ろ襟が高く、前襟が低いデザインが特徴。前ボタンを留めることにより、第一ボタンより下が比翼に隠れて見えなくなるのがポイントです。

すっきりとシンプルな見た目が魅力で、ビジネスシーンに人気のアイテム。日本以外ではバルマカンコートやバルカラーコートという名称で呼ばれています。

ブラックやグレー、ネイビーにベージュなど色の種類も豊富。ビジネスやフォーマルに使える1着目のメンズコートを探している方におすすめです。

ステンカラーコートを活かしたおしゃれ上級者コーデ

By: wear.jp

春や秋におすすめのメンズコーデです。白シャツとブラウンのスラックスに、ベージュのステンカラーコートを羽織った大人っぽい着こなし。ストライプデザインのスカーフをネクタイのように身に着けて、アクセントをプラスしています。

アンクル丈パンツの足元に白ソックスを覗かせつつ、ブラウンのローファーできちんと感を出しているのがポイント。小物を変えればビジネスカジュアルにもおすすめのコーデです。

大人のビジカジスタイル

By: wear.jp

ビジネスカジュアルにおすすめのコーデです。黒のポロシャツを合わせたグレーのジャケパンに、ネイビーのステンカラーコートを羽織った大人の着こなし。ジャケットが隠れる程度のステンカラーコートを選ぶことで軽快な印象に仕上がります。

足元には黒のローファーで抜け感を出しているのがポイント。大人のこなれたビジネススタイルにしたいときにおすすめのコーデです。

ステンカラーコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|トレンチコート

By: zozo.jp

英国軍の防水軍用コートが起源となっているメンズコート。主にハリのあるコットンツイル生地を使用し、ダブルブレスト仕様でウエストベルトが付属しています。

軍用コートのミリタリーテイストを残しており、肩のエポレットや胸元に重ねられたガンパッチ、襟元のチンフラップなどが特徴。かっちりとしたクラシックなルックスで、カジュアルからビジネス、フォーマルまでシーンを問わず使用できます。

トレンチコートはカラーや丈感など種類が豊富なのもおすすめポイントです。

ベージュトレンチコートを今風のメンズコーデに

By: wear.jp

タイムレスなベージュのトレンチコートをトレンド感のある着こなしにしたメンズコーデ。鮮やかなターコイズブルーのパーカーをレイヤードし、コーデをぱっと明るく華やかに見せています。

ボトムスには暗めのグレーのスラックスできれいめにしつつ、足元は白スニーカーで爽やかな印象に。カジュアルときれいめアイテムをうまく取り入れることで、程よいカジュアルさときちんと感もあるバランスの取れた着こなしに仕上がります。

シックな黒トレンチコートを爽やかなカジュアルスタイルに

By: wear.jp

ひざ下丈の大人っぽい黒トレンチコートに、ロイヤルブルーのセーターとグレーチェック柄のテーパードパンツを合わせてスタイリッシュな印象に仕上げています。

トップスの下から白のインナーを覗かせているのがポイント。足元には白ソックスと白スニーカーで爽やかさをプラスしています。落ち着いたトレンチコートを程よくあか抜けさせつつ、軽快な着こなしにしたいときにおすすめのコーデです。

トレンチコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ダッフルコート

By: zozo.jp

元々は北欧の漁師が着ていたモノで、第二次世界大戦中にイギリス海軍が軍用コートとして採用したことから広まったといわれています。フード付きでフロントにトグルと呼ばれる紐付きの留め木ボタンがあしらわれているのが特徴です。

主にウールなどの素材を使用しており、ボリュームのあるデザインで秋冬に活躍するアイテム。メンズコートの種類のなかでもカジュアルなイメージが強く、休日コーデにおすすめです。

色やデザインの種類が豊富なのも魅力。大人っぽくしたい場合はブラックやネイビー、カーキやグレーなど落ち着いたカラーを選びましょう。

ダッフルコートを活かした冬の大人カジュアルコーデ

By: wear.jp

ネイビーのダッフルコートとダークグレーのチェック柄テーパードパンツを合わせた大人の休日コーデ。ダークカラーの組み合わせにピンクのセーターで差し色をプラスすることで、ぱっと明るく華やかな印象に仕上がります。

足元はベージュのスエードブーツでやわらかい雰囲気にしているのがポイント。ダークカラーのダッフルコートを選ぶことで幼くならず、洗練された大人のカジュアルコーデが完成します。

ダッフルコートを軽快に着こなしたメンズコーデ

By: wear.jp

裏地がチェック柄のダッフルコートを活用したメンズコーデ。フードや裏地から見えるベージュのチェック柄がコーデのアクセントになっています。

ストライプシャツを合わせたグレーのセーターに、ベージュのスリムパンツできれいめに仕上げているのがポイントです。足元には白スニーカーで爽やかさをプラス。品と若々しさがあり、年齢を問わずおすすめのコーデです。

ダッフルコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ピーコート

By: zozo.jp

イギリス海軍の船員が着用していたメンズコート。厚手で風を通しにくい生地を採用し、上前を左右で自由に変えられるダブルブレストに大きな襟などが特徴です。

ヒップにかかる程度の丈感でかっちりとしたシルエットがポイント。メンズコートの種類のなかでも汎用性が高いアイテムで、ビジネスやフォーマルにはもちろん、カジュアルにも使用できます。素材やカラー、デザインなど種類が豊富なのも魅力です。

黒のピーコートを活かしたモードなカジュアルコーデ

By: wear.jp

ピーコートをアクティブな印象にしたメンズコーデです。ベージュのハーフジップニットをタートルネックのように着ることで、上品さのある抜け感をプラスしています。

ジョガータイプのパンツと、黒のレザースニーカーでアクティブな雰囲気に。レザースニーカーを選ぶことで軽やかさを出しつつ大人っぽい着こなしに仕上がります。ベーシックなピーコートをひと味ちがった休日コーデにしたいときにおすすめです。

オーバーサイズのピーコートを活かしたトレンドコーデ

By: wear.jp

オリーブのピーコートを活用したカジュアルコーデ。かっちりとした印象のあるピーコートは、オーバーサイズを選ぶことでトレンド感のある着こなしに仕上がります。

グラデーションカラーのセーターに、ボトムスは裾がややフレアの細身のデニムパンツ。足元にはローファーを合わせて上品さをプラスしているのがポイントです。

ピーコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|モッズコート

By: zozo.jp

アメリカ軍の「M-51」と呼ばれたミリタリーコートがベースとなっているメンズコート。モッズコートはうしろの裾が長く、先が割れているのが特徴です。フードと、ウエストには絞りを調節できるドローコードが付いています。

コットン素材を使用しているモノが多く、メンズコートの種類のなかでも長いシーズン着回せるのが魅力です。ゆとりのあるシルエットで、シックなカラーを選べばスーツのアウターにも活用できます。

ブランドによってデザインも異なり、種類が豊富なのもおすすめのポイントです。

モッズコートを活かしたストリートファッション

By: wear.jp

グレーのパーカーとダークカラーのワイドパンツに、黒のモッズコートで武骨さをプラスしているのがポイント。キャップもグレーで揃えることで、大人のストリートスタイルに仕上げています。

足元にはグリーンのスニーカーでさりげなく遊び心をプラス。落ち着いた印象のストリートミックススタイルにしたいときにおすすめのメンズコーデです。

ミリタリーグリーンのモッズコートをおしゃれに着こなす

By: wear.jp

ミリタリーグリーンのモッズコートに、チェック柄のシャツとベージュのチノパンツを合わせて上品さを出したコーデ。チェック柄のシャツをパンツにタックインしてベルトマークし、きちんと感を出しているのがポイントです。

アンクル丈パンツの足元にはチェックボード柄の靴下で遊び心をプラス。足元にはローファーを合わせることで、モッズコートの武骨さが出過ぎずおしゃれにまとまります。

モッズコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ダウンコート

By: zozo.jp

メンズコートの種類のなかでも高い防寒性を持つアイテムです。羽毛入りでキルティングがあしらわれており、高い保温性を持ちつつ軽量で快適な着心地が魅力。秋の終わりから真冬まで活躍します。

スポーティなモノからタウンユース仕様にしたきれいめのデザインなど、種類が豊富なのも人気の理由。色の種類も豊富に揃っています。

ビジネスシーンに着用する場合は、着ぶくれして見えないシルエットや、スーツが裾から見えない丈感を選ぶのがポイントです。

ホワイト×グリーンで揃えた冬のレイヤードスタイル

By: wear.jp

グリーンとホワイトの組み合わせがおしゃれな冬のメンズコーデ。白のダウンジャケットに、薄いグリーンのハーフジップトップスと白のタートルネックをレイヤードし、淡いカラーでまとめています。

キャップとボトムスを濃いグリーンにしてメリハリをプラス。白スニーカーのソールとバッグをキャメルカラーで揃えてアクセントにしつつ、コーデ全体のやわらかさを引き立たせているのがポイントです。

ミリタリーグリーンのダウンコートでつくる冬のきれいめカジュアル

By: wear.jp

カーキのダウンコートを活用した冬のきれいめカジュアル。キルティングデザインのないストレートシルエットのダウンコートを選ぶことでスポーティになり過ぎず、都会的な着こなしを実現しています。

インナーにはマーブルグレーのセーターでアクセントをプラス。ボトムスにはダークグレーのフレアパンツで落ち着いた印象に仕上げています。足元は黒白のスニーカーを合わせ、軽快さを出しているのがポイントです。

ダウンコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|キルティングコート

By: zozo.jp

中綿入りのキルティング生地を使用したメンズコートです。高い保温性を持ちつつ、ボリュームが抑えられているためすっきりとスマートに着こなせるのが特徴。メンズコートの種類のなかでも冬のスーツのアウターとして人気のアイテムです。

襟やパイピングにコーデュロイ生地を用いたデザインが定番ですが、ノーカラータイプなど種類も豊富。軽やかな印象になり、ビジネスカジュアルにも使いやすく重宝します。春や秋、冬と長いシーズン着回せるメンズコートを探している方におすすめです。

大人のビジカジスタイル

By: wear.jp

ビジネスカジュアルにおすすめのコーデ。ネイビーのジャケパンにパープルのセーターで秋らしい差し色をプラスしているのがポイントです。長めのキルティングコートはオリーブを選ぶことで重くならず、軽やかな着こなしが完成します。

足元は黒のブーツで引き締めているのがポイント。落ち着きがありつつ、おしゃれなビジネスカジュアルスタイルにしたいときにおすすめです。

ブラウンのキルティングコートを活用した休日コーデ

By: wear.jp

ピンクのチェックシャツとデニムパンツを合わせたカジュアルコーデのアウターに、ブラウンのキルティングコートを羽織って大人っぽく仕上げています。ヒップを覆う程度の丈のキルティングコートを選ぶことで、軽やかにしているのがポイントです。

足元はアウターのカラーに近いブラウンのローファー。程よくきちんと感のある大人カジュアルコーデにしたいときにおすすめです。

キルティングコートのおすすめはこちら

メンズコートの種類|ポロコート

By: zozo.jp

ポロ競技の待ち時間に着用されていたアイテムであり、アメリカの紳士服ブランド「ブルックスブラザーズ」が名付けたといわれています。

厚手のウール素材を用いたダブルブレストの6つボタン仕様で、幅広のラペルや背中のバックベルト、フラップ付きの腰ポケットが特徴。かっちりとしたルックスながらかしこまり過ぎず、ビジネスからカジュアルまで活用できます。

ブラックやブラウン、グレーなど色の種類が豊富なのもおすすめポイントです。

ガンクラブチェック柄のポロコートをこなれた印象に

By: zozo.jp

ガンクラブチェック柄のポロコートを活かした休日コーデ。グレーのポロコートにダークカラーのパンツを合わせて落ち着いた印象にしつつ、インナーには鮮やかなグリーンのセーターで遊び心をプラスしています。

かっちりとしたポロコートのフロントを開けてインナーを際立たせ、こなれ感を出しているのがポイント。足元には白スニーカーで爽やかさと軽やかさを出しています。大人のスタイリッシュなコーデにおすすめです。

モードなビジネススタイル

By: wear.jp

スーツスタイルにブラウンカラーのポロコートを合わせたフォーマルな着こなし。フロントのボタンを留めることで大きめの襟元からネクタイが際立ち、洗練された着こなしが完成します。

スリムなポロコートには細身のスーツが好相性。ネクタイやレザーグローブ、革靴を黒で揃えて統一感を出しています。ビジネスからフォーマルまで対応でき、かっこいい冬のスーツスタイルにしたいときにおすすめです。

メンズコートの種類|タイロッケンコート

By: zozo.jp

トレンチコートの原型といわれているメンズコート。タイロッケンとは紐で留めるという意味で、フロントをボタンやジップではなく付属のベルトで留めるデザインが特徴です。

ボタンなどがないぶん、すっきりと軽快な印象に仕上がるのが魅力。軽く羽織る感覚で着用できるため、メンズコートの種類のなかでも気軽に使えるアイテムです。シーンや年齢、流行を問わず使用できるため重宝します。

色や素材など種類が豊富なのもポイント。春や秋におすすめのメンズコートです。

シックなタイロッケンコートをカジュアルに着こなす

By: wear.jp

個性のあるカジュアルコーデをタイロッケンコートで大人っぽくした着こなし。パープルのジップスウェットとフリンジデザインのようなデニムパンツ、パステルパープルのスニーカーを合わせたコーデをモードに仕上げています。

オーバーサイズのタイロッケンコートを選ぶことで、トレンド感のあるこなれた着こなしに。ロングのメンズコートは首元や足元で個性を出すのがポイントです。

秋らしさを感じさせる大人っぽいメンズコートスタイル

By: wear.jp

ベージュのタイロッケンコートとオレンジのタートルネックを合わせて秋らしいカラーコーデに。タイロッケンコートのベルトはあえて外してラフに着ることで、程よく肩の力が抜けたトレンド感のある着こなしが完成します。

ボトムスはフレアのデニムパンツできれいめカジュアルにしているのがポイント。黒のブーツで全体を引き締めつつモードなメンズコーデに仕上げています。