厳しい寒さから身を守ってくれる「コート」。秋から冬にかけて着ている人の印象を大きく左右する、重要なファッションアイテムのひとつです。

とはいえ、コートと言っても種類はさまざま。また、シーンや用途によって適したコートも変わるため、アイテムセレクトはしっかりしたいところです。そこで、今回はビジネスとカジュアル、それぞれのシーンに合ったおすすめのメンズコートをご紹介。コートの種類やコーデについても解説するので、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

ビジネスにおすすめのコートの種類

チェスターコート

By: amazon.co.jp

チェスターコートはメンズコートの中で最も品格のあるタイプです。正式名称はチェスターフィールドコート。ビジネスシーンはもちろん、フォーマルシーンなどでも着用できます。チェスターコートは細身のすっきりとしたシルエットで、丈は膝丈程度のものが一般的。現在の日本ではシングルもダブルも打ち抜きのボタンタイプがほとんどです。

チェスターコート特長は、クラシックなデザイン。古くから続く伝統のスタイルのため、年ごとのデザインがほとんど変わりません。一着あれば着まわせるので、汎用性の高いスーツを探している方におすすめです。数多くのブランドからリリースされているのもポイント。カシミヤを使用したチェスターコートはフォーマルやビジネスにピッタリ。ビジネスとカジュアルどちらでも着る場合はウール素材のものがおすすめです。

ステンカラーコート

By: amazon.co.jp

メンズのビジネスコートで最もスタンダードなのがステンカラーコート。特長は、後ろ襟が高く、前襟が低くなっているところです。また、襟を折り返しているのもポイント。ラグラン袖でゆったりとしたシルエットが一般的で、スーツの上から着用しても着心地が損なわれません。外からボタンが見えない比翼仕立てが正式なデザインだと言われていますが、最近では比翼仕立て・打ち抜き仕立てどちらも人気があります。

ウールやカシミアはもちろんのこと、保温性・透湿性・撥水性の高い高機能ポリエステル素材を使用したステンカラーコートもビジネス用として人気。シンプルなデザインなので幅広い年代の方から愛用されているメンズコートです。

スタンドカラーコート

By: amazon.co.jp

スタンドカラーコートは、ステンカラーコートに次いで多くのビジネスマンが愛用する人気の高いメンズコート。その名の通り立ち襟のデザインが特徴で、全体的にすっきりとしたシルエットが魅力です。立ち襟は顔まわりがシャープに見える効果があり、とてもスタイリッシュ。大人の魅力をアピールできるメンズコートです。

トレンチコート

By: amazon.co.jp

メンズコートの中でも長い歴史を持つトレンチコート。第1次世界大戦の際、イギリス兵が塹壕(トレンチ)で着用していたことが由来です。最大の特長は、風雨をしのげる高い機能性。襟元や袖口にベルトを配置することで防風性を高めています。最近ではナイロンやポリエステルを使用したトレンチコートも多く、そのデザインも多岐に渡ります。

クラシカルなトレンチコートは、防水加工を施した綿素材やウールを使用するのが一般的。ウエスト部分のベルトは防寒性をより高めるとともに、シルエットを美しくする効果も期待できます。クラシックな雰囲気を好む方にはトレンチコートがおすすめです。

キルティングコート

By: amazon.co.jp

キルティングコートというとカジュアルなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、最近ではビジネス用としても高い人気を誇っています。キルティングコートの大きな特徴は、中綿入りで防寒性が高いこと。ダウンコートとは違いすっきりとしたシルエットを保てるため、スタイリッシュに着こなすことが可能です。オン・オフどちらでも着回せるのもキルティングコートの魅力。スポーティーな雰囲気を好むメンズにおすすめです。

カジュアルにおすすめのコートの種類

ダッフルコート

By: amazon.co.jp

ダッフルコートは、もともと北欧の労働者が着用していたコートなのですが、第二次世界大戦時にイギリス軍が防寒具として採用。終戦後にたくさんのダッフルコートが市場に出回ったことから一般化されました。

フード付きの防寒コートで、正式な仕様では厚手のメルトン素材を使用しています。耐久性が高く、保温性・防風性にも優れている作りが特長。また、前面部分に浮き型の留め具・トッグルを使用しているのがダッフルコートの一番のポイント。手袋でも簡単に着脱することができます。

昨今のダッフルコートは軽量のウール素材を使用し、着心地を高めたものも多くなっています。ショートからロングまで種類も豊富で幅広い年代の方に人気のメンズコートです。

Pコート

By: amazon.co.jp

Pコートは、もともと船乗りが着用していたコート。海上の厳しい寒さから守るため、保温性や防風性、防水性という機能を備えているのが特長です。素材には厚手のウールメルトン素材を使用。重く水に強い素材で、多少の雨でも問題なく着用できるのが魅力です。

いかりがあしらわれた多めのボタンや手を暖めるためのマフ・ポケットもピーコートの特徴。広い肩幅とシェイプされたウエストが、男性らしいシルエットを演出しています。スッキリとした着丈でシンプルな作りなので、さまざまなカジュアルコーディネートにマッチするメンズコートです。

モッズコート

By: amazon.co.jp

今やメンズファッションの定番アイテムとして定着しているモッズコート。アメリカ軍が着用したことからその歴史が始まります。モッズコートの大きな特徴は「フィッシュテール」です。裾の中央部分が長くなっており、魚のしっぽのように左右二枚に分かれています。

また、裾・ウエスト部分のしぼり紐、ファーをあしらったフードなども特徴。フロント部分はボタンが隠れた比翼仕立てになっており、防寒性にも優れています。ミリタリーなデザインからイギリスの若者を中心に人気を博したモッズコート。最近はスリムなシルエットでスタイリッシュに着こなせるモッズコートも多く展開されています。

ダウンコート

By: amazon.co.jp

ダウンコートとは、水鳥の羽毛や綿毛などを詰め物にしたコートです。防寒性に優れており、保温力も抜群です。近年は蓄熱や保温性に優れた高機能素材を使用したダウンコートが増えているため、比較的少量のダウンでも十分な暖かさをキープできます。

一昔前のダウンコートはモコモコとしていて体が太目に見えてしまっていたのですが、現在スッキリとしたシルエットのダウンコートが一般的。スポーティーなトレンドの流れを受けて、ビジネスでも使えるコートとして人気です。

ビジネスにおすすめのコートブランド

バーバリー(BURBERRY)

バーバリーは、1856年にイギリスで創業した長い歴史を持つ老舗ファッションブランド。上質でクオリティの高い物づくりから世界中に多くのファンを持っています。ラグジュアリーウェア、レザーバッグ、カシミアスカーフなどで有名ですが、最も有名なのが「トレンチコート」。バーバリーの代名詞ともいえる製品で、デザインが洗練されているのはもちろん、撥水性・防風性も良好です。

ポールスミス(Paul Smith)

1970年にイギリスで生まれたファッションブランド・ポールスミス。日本でも幅広い年代から人気のブランドです。ドレスからカジュアルまで多くの商品を展開していますが、スーツやコートなどのドレス系アイテムの展開が多く、そのクオリティの高さには定評があります。ブリティッシュなクラシカルさとトレンドをミックスさせた雰囲気が魅力的です。

マッキントッシュ(MACKINTOSH)

1830年にイギリスで誕生したファッションブランド。化学者チャールズ・マッキントッシュが「マッキントッシュ・クロス」を開発したことが切っ掛けとなって誕生しました。2枚の布生地の間に天然ゴムを挟み、圧着して作られた防水布のことで、高い防水性を持っています。イギリスではレインコートのことを総称して「マッキントッシュ」と呼ぶほど有名。クオリティの高さと信頼性が伺えるブランドです。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)

1910年に誕生したイタリアを代表するファッションブランド「エルメネジルド・ゼニア」。もともとはウール工場として始まったのですが、1972年にはオーダーメイドサービスをスタート。1980年のパリ店舗オープンをきっかけに、ロンドン、ミラノというように海外展開をはじめました。エルメネジルド・ゼニアは高級カシミアコートが有名。その品質の良さは世界中から認められています。

カジュアルにおすすめのコートブランド

マーガレットハウエル(MARGARET HOWELL)

イギリスのファッションデザイナー・マーガレットハウエルによって立ち上げられたブランド。1970年にシンプルかつ機能的なメンズシャツをデザインして話題を呼び、77年に初店舗をオープンしました。現在ではメンズ・レディース共にカジュアルウェアを中心に展開。ゆるいめのシルエットと、ナチュラルで優しい色使いが魅力です。1981年に日本に進出。今もなお幅広い年代から愛され続けているブランドです。

バブアー(Barbour)

1894年にイギリスで生まれたバブアー。アウトドアブランドとしてスタートしたバブアーですが、現在ではファッションブランドとして大人の男性を中心に人気を博しています。バブアーといえばオイルド加工を施したアイテムが有名。真摯なモノづくりの姿勢が認められ、1987年にはイギリス王室御用達ブランドとなりました。

グローバーオール(GLOVERALL)

1951年にイギリスでスタートしたファッションブランド。グローバオールといえばダッフルコートが有名です。海軍の防寒衣料であったダッフルコートにファッション性を取り入れた先駆け的ブランドとして今もなお高い人気を博しています。

ビジネスにおすすめのコート

バーバリー(BURBERRY) ロングヘリテージ トレンチコート

トレンチコートといえばバーバリー。防風性や防水性の高いコットンギャバジン素材を使用しているのが特長です。内側のバーバリーチェックがアクセントになっています。トレンチコートの王道であり原点であるバーバリーのメンズコートは、本物志向の方におすすめです。

ポールスミス(Paul Smith) ステンカラーコート

ポリエステル素材を使用したステンカラーコート。軽くてすっきりとしたデザインが魅力です。比翼仕立てなので、防寒性・防風性も良好。スタイリッシュに着こなせるデザインです。ブラックとネイビーの二色展開で、スーツに合わせやすいのもポイントです。

マッキントッシュ(MACKINTOSH) ロングトレンチコート

バーバリーと同じく、トレンチコートが有名なマッキントッシュ。ウール100%で保温力も高いため、真冬の通勤などにもぴったりのメンズコートです。肩にエポレットはなく、すっきりとした印象。クラシカルなデザインの中にもモダンさを感じる一着です。ビジネスはもちろん、カジュアルシーンにもおすすめです。

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna) チェスターコート

エルメネジルド・ゼニアを代表するメンズコート。カシミヤ100%で作られた上質なチェスターコートで、細かなところまで丁寧に縫い込まれているのが特長。こだわりを持つ大人の男性を中心に人気です。また、日本人の体形に合わせて製法されているため、フィット感も良好。大人の色気を感じる魅力的なコートです。

カジュアルにおすすめのコート

マーガレットハウエル(MARGARET HOWELL) 中綿ライナー付き フード モッズコート

マーガレットハウエルのモッズコートは、伝統的な素材感とモダンなデザインを上手に融合させたデザインが魅力的。内側には中綿入りのライナーを配置し、防寒性をアップさせています。ゆったりめのアームホールなど着心地も追求しており、ジャケットなどの上から羽織っても着心地を損なわないよう配慮された作りがポイントです。

バブアー(Barbour) BEDALE SL

バブアーらしいオイルド加工を施した素材を使用したメンズコート。耐久性・防風性・撥水性が良好で、効果が落ちてきたら専用の油を塗ることで復活します。ファスナーとスナップボタンのダブル使いによって、冷たい風をシャットアウト。シンプルな作りですが、独特の素材感がカジュアルコーディネートにアクセントを与えます。

グローバーオール(GLOVERALL) ダッフルコート クラシックモデル

グローバーオールのダッフルコートは、クラシックモデルで本来の基本に忠実な作りが魅力的。表地はシックなカラーですが、インサイドはチェック柄で程よいアクセントがあります。トッグルには本水牛角、紐には革紐を使用するなど、パーツひとつにもこだわりを感じる作りが特長です。

ビジネス×コートのメンズコーデ

トレンチコート×ネイビースーツ

By: zozo.jp

ネイビーのトレンチコートに、ネイビースーツを合せたコーディネート。ビジネスマンにはスタンダードなコーディネートで、必ず押さえておきたいポイントです。ジャケットの着丈が出ないすっきりとした着丈が、アクティブな印象を持たせます。

ステンカラーコート×グレースーツ×イエローネクタイ

By: zozo.jp

ウール素材のステンカラーコートにチャコルグレーのスーツを合せたコーディネート。黄色のネクタイがVゾーンを華やかに彩ります。こちらもビジネスコーディデートとしては王道。ステンカラーのシンプルなデザインは幅広い年代の方におすすめです。

カジュアル×コートのメンズコーデ

モッズコート×ジーンズ×ホワイトスニーカー

By: zozo.jp

モッズコートとジーンズを合せたシンプルなコーディネートです。モッズコートにボリューム感があり、デザイン性も高いためボトムはシンプルにするのがおすすめ。足元はホワイトスニーカーで明るさをプラスするのがポイントです。

ダッフルコート×グリーンニット×チノパン

By: zozo.jp

チャコールグレーのダッフルコートにグリーンのネクタイ、チノパンを合せたコーディネート。カジュアルで優しい雰囲気が魅力的です。トップスは落ち着いたグリーンで華やかさと取り入れつつ、ボトムのチノパンでナチュラルさを演出しています。