秋冬の定番アウターのひとつとして、高い人気を獲得し続けている「ピーコート」。最近では、クラシックなピーコートのデザインにブランド独自のディテールやシルエットをプラスした新鮮なアイテムも続々と登場しています。

そこで今回は、ピーコートのおすすめブランドと人気モデルをご紹介。おしゃれに着こなすためのメンズコーディネート例も紹介しているので、参考にしてみてください。

ピーコートとは?

By: amazon.co.jp

ピーコートは、もともと英国海軍が艦上用の軍服として着用していたアウターです。フランスの漁師たちも愛用していたといわれています。あらゆる方向から風が吹きすさぶ状況下でも対応できるよう、左右どちらを前にしてもボタンが閉められる「ダブルブレスト」仕様であるのが特徴のひとつです。

また、素材には「メルトン」と呼ばれる厚手のウール生地を採用。その他にも、碇マークをあしらったボタンや手を温めるためのマフポケットなどを備えているのがピーコートの基本的な作りです。ただし、最近ではブランドによって素材やディテールが異なるモノもリリースされています。

ピーコートの選び方

デザインで選ぶ

シングル

By: amazon.co.jp

ピーコートの基本形はダブルですが、ファッションアイテムとして人気が高まるなかでシングルタイプのモノも数多く登場しています。シングルタイプのピーコートは、よりカジュアルに着こなせるのが魅力。コーデをスッキリとまとめたい方にもおすすめです。

ダブル

By: amazon.co.jp

前立てが二重のダブルタイプのピーコートは、強い風に耐えるためにデザインされました。クラシックな雰囲気のため、かっちりとした着こなしにもフィットします。

着丈をチェック

ショート丈

By: amazon.co.jp

カジュアルなコーディネートが多い方には、ショート丈のピーコートがおすすめ。ジャケット感覚で気軽に着こなせます。デニムに合わせやすいのはもちろん、ジョガーパンツなどスポーティなアイテムとも相性がよくおすすめです。

ミドル丈

By: rakuten.co.jp

カジュアル、キレイめのどちらにも対応できる万能さを求めるならミドル丈をチョイスするのがベター。合わせ方次第で幅広い着こなしに使えます。ショート丈に比べ、落ち着いた印象になるため大人らしい雰囲気をまといたい方にもおすすめです。

ロング丈

By: rakuten.co.jp

ロング丈のピーコートはショート、ミドルに比べてアイテム数が少ないため、一目置かれるコーディネートを目指すならチェックしておきたいところ。特にビッグシルエットのアイテムならトレンド感もプラスできておすすめです。

良質なメルトン素材を選ぶ

By: rakuten.co.jp

メルトン素材とは紡毛糸の織物のことで、表面に起毛加工が施されているのが特徴。ピーコートを選ぶ際には、メルトン素材の「ウール混紡率」に注目してみてください。

メルトン素材には、ウール100%のモノもあれば、コットンや化学繊維が混紡されているモノもあります。一般的にウール混紡率が高いほど保温性に優れており、風合いも豊かなのでおすすめ。また、カシミヤ混ならばより高級感が増します。

そして、織り目の密度もチェックしておきたいポイント。密度の高いメルトン素材ほど防寒性に優れ、見た目も滑らかでおすすめです。

ジャストサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

定番アウターであるピーコートは、流行に左右されずに着用できるジャストサイズのモノを選ぶのがおすすめ。すでにジャストサイズのピーコートを持っているという方は、ビッグシルエットのモノなどトレンド感のあるピーコートを選ぶのもアリです。

色で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ピーコートの高い汎用性を活かすためには、カラー選びも重要なポイント。自分の手持ちアイテムとの相性も考慮しつつ、使いやすい色味のモノをチョイスしましょう。

カジュアル、キレイめ問わず幅広いコーディネートに使えるのは、ネイビー・ブラック・グレーといった定番色。また、着回しがしやすく、かつお洒落感を手軽に演出できるキャメルのピーコートもおすすめです。

ピーコートのおすすめブランド

マッキントッシュ(MACKINTOSH)

「マッキントッシュ」は、イギリスで1823年に設立された老舗ブランド。ゴム引きを施した革新的な防水布を開発したことで広く知られています。ブランドのメインアイテムは、スマートかつ機能的なレインコート。その他、上質な素材を用いたクラシックなコートも豊富に揃っています。

マッキントッシュ(MACKINTOSH) ウールカシミヤ ピーコート

クラシックな雰囲気が漂う、王道ピーコートです。着丈はどんなボトムスも合わせやすいヒップ丈。ほどよくコンパクトなシルエットで、キレイめスタイルにも合わせやすいのが魅力です。

また、マッキントッシュらしい贅沢な素材使いもポイントで、メルトン生地の素材はウール90%、カシミヤ10%を採用。高級感を感じられるのはもちろん、保温性もあります。長く愛用できるピーコートを探している方はぜひチェックしてみてください。

ショット(Schott)

メンズのおしゃれ心をくすぐる無骨なデザインと、職人による確かなモノ作りで絶大な支持を集める「ショット」。1913年にニューヨークで設立し、後に伝説のライダースジャケット「ワンスター」をリリースして一躍人気ブランドへと上り詰めました。ミリタリーテイストのジャケット、コートのラインナップも豊富です。

ショット(Schott) ピーコート 24オンス

ショットの定番ピーコートは、使いやすい着丈とシルエットが魅力。日本別注デザインで、全体的にタイトな作りに仕上がっています。最近では主流となりつつある細身パンツとの相性も良好です。

また、従来のアイテムに比べて薄めの24オンス生地を採用しているのも本製品の特徴。秋冬アウターに必要な防寒性を保ちつつ、気軽に着こなせる軽量性も実現しています。碇マークをあしらったボタンなど、クラシックなピーコートのディテールをしっかり備えている点も魅力です。

ショット(Schott) ロング メルトン ピーコート

第二次世界大戦で着用されていたメルトンコートをベースとしつつ、現代的なシルエットに仕上げた1着。膝まであるロング丈で、スマートな縦ラインを演出します。肩周りはややゆとりを持って作られており、中にジャケットを着込んでも窮屈になりません。

メルトン生地は32オンスのモノを採用し、重厚感のある仕様に。また、ポケット内部にコーデュロイ生地を用いるなど、ベースとしたモデルを忠実に再現しているのも魅力的です。

ラルフローレン(Ralph Lauren)

品のよいカジュアルファッションアイテムが揃うブランド「ラルフローレン」。1967年にネクタイを発表したことからスタートしました。徹底したデザイン、クオリティへのこだわりから生み出されるアイテムは、流行り廃りなく着用できるモノばかりです。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren) ラグビー ピーコート

2004年から展開している若者向けライン「ラグビー」のピーコート。ハンドウォーマーポケットに加え、大きなフラップポケットが設けられているのが特徴です。

そして、本製品で最も注目すべきは素材。定番のメルトン素材ではなく、コットン100%のスウェット生地が採用されています。デニム、チノパンなどのボトムスに合わせて着こなしたい、カジュアルな1着です。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

「ナノ・ユニバース」は、国内外から厳選されたファッションアイテムが揃う人気セレクトショップ。オリジナルアイテムの製造、販売にも力を入れているのが大きな特徴で、ECサイトでの展開も積極的に行っています。トレンド感のあるアイテムが手頃な価格で手に入るため、コーデに旬度をプラスしたい方は要チェックです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) テックメルトンフードマリンコート

おしゃれな着こなしをサポートしてくれるディテールが詰まったおすすめピーコートです。フロントの作りは、カジュアルな雰囲気で着こなせるシングルタイプ。ベルトで締める首元のデザインもおしゃれで、前を閉めて着用するのもおすすめです。

メルトン生地に風合いが似ている高機能素材を採用することにより、柔らかな着心地を実現しているのも注目ポイント。厚め生地の重量感が苦手な方でもストレスなく着用できます。フードは取り外し可能で、より幅広い着こなしができるのも魅力的です。

シップス(SHIPS)

国内有名セレクトショップである「シップス」は、コンセプトは「STYLISH STANDARD」。大人の男性の日常に取り入れやすい、落ち着いたデザインと色味のファッションアイテムが揃います。コーデの主軸となる定番アウターもデザイン、カラーともに豊富です。

シップス(SHIPS) スーパー140’S メルトン シングル ピーコート

総じてカジュアルな雰囲気のモノが多いピーコートのなかでも、大人らしい存在感を放つおすすめの1着です。重ね着をしやすいようゆとりを残しつつも、ストンと落ちるキレイなシルエットを実現。首元はホック仕様で、ストラップに比べてスマートな印象です。

また、繊維の細いウール素材を採用しているのも本製品の特徴。柔らかく軽量で、快適な着心地の1着に仕上がっています。カラーラインナップは、グレー・ネイビー・キャメルと使いやすい色味が揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

ザ ショップ ティーケー(THE SHOP TK)

「ザ ショップ ティーケー」は、人気メンズファッションブランド「タケオキクチ」から派生したブランドのひとつ。ファミリー向けの幅広い衣類を取り扱っています。コンセプトは「こだわりと遊び心で、心地よい毎日を」。タケオキクチに比べ、リーズナブルな価格展開を行っているのも特徴です。

ザ ショップ ティーケー(THE SHOP TK) ダウンピーコート

表地と裏地の間にダウンを敷き詰めることで、保温性を飛躍的に高めた機能的なピーコート。更に「バイウォーム」と呼ばれる素材が、温かい空気を内部に留めてくれます。薄手インナーに羽織るだけでも暖かく、重ね着をあまり好まない方にもおすすめです。

絶妙な着丈も使い勝手を向上させているポイント。一般的なジャケットの丈が隠れるよう設計されているため、ジャケパンスタイルのアウターにも最適です。

オーシバル(ORCIVAL)

印象的な蜂のエンブレムで広く知られる「オーシバル」。1939年にフランスで設立され、1947年からはフランス海軍へ生地や制服を供給していた歴史を持つブランドです。代表的なアイテムは、マリンボーダーTシャツ。その他、フレンチマリンの魅力が詰まった上質なアウターも人気の高いアイテムです。

オーシバル(ORCIVAL) ジーロンラムメルトン ダブルピーコート

クラシックなピーコートのディテールを受け継ぎつつ、現代的な着こなしにもフィットするようブラッシュアップされた逸品。オーシバルのなかでも人気の高い定番ピーコートです。左袖には、ブランドを象徴する蜂のロゴがあしらわれています。

本製品に採用されている「ジーロンラム」は、世界最高峰のラムウールとも称される素材。オーストラリアのジーロン市で飼育された羊から採取されます。また、密度の高いメルトン生地は保温性に優れ、型崩れしにくいのがメリットです。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S)

「バズリクソンズ」は、日本の老舗メーカーである東洋エンタープライズが展開するブランド。ブランド名は映画「戦う翼」でスティーブ・マックィーンが演じた役名に由来しています。モノ作りで目指すのは「真のレプリカ」。徹底した分析や研究に基づいて復刻されるアイテムには、クラフトマンシップが詰め込まれています。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) type PEA COAT NAVAL CLOTHING FACTORY

アメリカ海軍が1910年代に採用していたピーコートを忠実に再現した人気モデルです。特徴は、13個の星があしらわれたアンカーボタン。アメリカ合衆国が独立した際の州の数を表しています。

インパクトのある大きな襟もポイント。首周りが華やかな印象にしてくれるため、シンプルなインナーでも寂しい印象になりません。また、高い防寒性を持つ分厚いメルトン生地がミリタリーウェアらしい無骨な雰囲気を際立たせています。

タリアトーレ(TAGLIATORE)

大人の色気を引き出すエレガントなアイテムで、世界中から注目を集める「タリアトーレ」。設立は1998年とまだ歴史は浅いながらも、イタリアを代表するブランドのひとつへと急成長を遂げました。ウエストが絞られたスタイリッシュなジャケットなど、すべてのアイテムに創業者であるピーノ・レラリオのセンスが光ります。

タリアトーレ(TAGLIATORE) CHARLIE

タリアトーレらしい、細身で優美なシルエットが魅力のおすすめピーコートです。肩パッドや芯地を省いているため、肩周りが動かしやすく軽いのが特徴。セミロング丈の設計も、大人らしい雰囲気を漂わせる要素のひとつです。

上品な風合いが伝わる表地には、ヴァージンウール90%、カシミヤ10%の「ウールカシミヤライトメルトン」が採用されています。タリアトーレの優れたテーラリング技術と上質な素材によって作られる逸品をぜひワードローブに加えてみてください。

アヴィレックス(AVIREX)

「アヴィレックス」は、1975年創業のアメリカ発ミリタリーブランド。フライトジャケットを米国空軍に納入してきた歴史を持ち、同ブランドのウェアは多くの映画でも用いられてきました。フライトジャケットをはじめとするミリタリーウェアは、今やおしゃれなファッションアイテムとして多くのメンズの心を掴んでいます。

アヴィレックス(AVIREX) DENIM 3 LAYER PEA-COAT

デニム生地を使い、新鮮な表情に仕上げた個性あふれるピーコートです。軽やかな薄手の生地でありながら、トリコットを採用することで防風性を強化。襟にはコーデュロイを用いており、素材のコントラストを楽しめます。

カジュアルな素材を用いたアイテムですが、美しいシルエットとほどよいサイズ感のおかげで子どもっぽくならないのが魅力。気張らないおしゃれをサポートしてくれます。タートルネックなど、首周りが詰まったインナーと合わせると大人らしくまとまるのでおすすめです。

ヘルノ(HERNO)

1948年、創業者であるジュゼッペ・マレンツィと妻のアレッサンドラ・ダイアナにより設立された「ヘルノ」。激しい雨風にも耐える機能性と、エレガンス漂うデザインを両立させたコートで高い人気を獲得しているイタリアのブランドです。特にダウンジャケットに定評があり、インナーダウンを備えるコートも数多く揃います。

ヘルノ(HERNO) ロロ・ピアーナ ストームシステム ウール ロングピーコート

高機能素材を採用し、実用性を追求したおすすめのピーコートです。表地には、高級服地ブランドとして有名なロロ・ピアーナ社の「ストームシステム」を採用。天然素材と最新テクノロジーの融合により、素材の風合いを活かしつつ、優れた防風性、透湿性を実現しています。

また、取り外しができる「サーモストレッチ」が付いているのもポイント。中綿の素材は、厚みを抑えつつ保温性を確保できる優れモノ。ビジネスシーンにも活用できるピーコートを探している方におすすめです。

ピーコートのメンズおすすめコーデ

ネイビーのピーコートで作る好印象コーデ

By: wear.jp

ネイビーのピーコートは、適度なきちんと感を出せる優秀アイテム。ボトムスに同系色をチョイスし、足元に革靴を合わせることで、より落ち着いた雰囲気にまとまっています。

全体的に暗くなってしまわないよう、インナーと靴下には白を選んで軽さをプラス。アクセントとして投入した柄物マフラーもおしゃれにまとまっています。

こなれ感漂う大人のカジュアルスタイル

By: wear.jp

シングルタイプのピーコートをサラリと着こなしたお手本コーディネートです。ベージュ×ホワイトという優しい色味の組み合わせを、ブラックのピーコートがグッと引き締めています。

アンクル丈のパンツで足元に抜け感を出しているので、秋冬コーデにありがちな重々しさも感じられません。こなれ感のあるカジュアルスタイルを目指している方はぜひトライしてみてください。

シンプルコーデをキャメルカラーでブラッシュアップ

By: wear.jp

キャメルのピーコートは、コーデに1着取り入れるだけでお洒落感が出せるおすすめアイテム。チェックシャツ×デニムのようなシンプルコーディネートも、グッと垢抜けた印象に仕上げることが可能です。

より大人らしさを求めるなら、足元は革靴で引き締めるのがおすすめ。落ち着きと華やかさを兼備した、大人らしいカジュアルコーデが完成します。

ピーコート×パーカーはカジュアル派の鉄板コーデ

By: wear.jp

ピーコートをカジュアル寄りに着こなすなら、パーカーとの組み合わせは押さえておきたいところです。特にネイビーのピーコートとグレーのパーカーはまとまりやすく、ラフすぎない印象に仕上がるのでおすすめ。

また、すべてジャストサイズのアイテムを選んでいる点も、子どもっぽくならずに着こなせるポイントなので参考にしてみてください。

キレイめアイテムとカジュアルアイテムを上手にまとめたコーデ

By: wear.jp

汎用性の高いブラックのピーコートを用いて、キレイめアイテムとカジュアルアイテムを見事に調和させています。インナーは白シャツを選んで大人らしく。そして、ボトムスにはゆるめシルエットのワークパンツを合わせることでキメすぎない雰囲気にまとめています。

ロング丈のピーコートなら新鮮なキレイめスタイルに

By: wear.jp

ロング丈でビッグシルエットのピーコートは存在感抜群で、トレンド感のある着こなしを楽しめます。ピーコート・ボトムス・靴をブラックでまとめて縦のラインを強調し、スタイルアップしているのがポイント。

インナーはほどよく個性のある柄シャツでメリハリ感を出しているのも魅力です。また、スタンドカラー仕様で首元が寂しくならないようバランスよく仕上げています。

スプリングピーコートで軽快さを演出

By: wear.jp

ピーコートは厚手のメルトン生地が主に採用されていますが、薄手のコットン混生地で作られたスプリングピーコートならグッと軽やかな印象に。カーキカラーなら、ほどよい男らしさも主張できます。

また、足首を見せ、インナーをタックインすることで更に軽快さをプラス。少し肌寒い春先におすすめのコーデです。

セットアップスタイルのアウターにも使える

By: wear.jp

シングルタイプのピーコートを、セットアップスタイルに合わせたコーデ。定番のチェスターコートを合わせた場合に比べてかっちりしすぎず、ほどよくカジュアルな雰囲気に仕上がります。

セットアップの上着がきっちりと隠れる丈のモノをチョイスしているのも、全体がバランスよく見えるポイントです。