秋になると気になり始めるビジネスコート。防寒着としての機能はもちろん、ビジネススタイルの印象を左右するアイテムなので、デザインも慎重に選びたいところです。

そこで今回は、ビジネスコートを選ぶ際にチェックしておきたい人気メンズブランドを紹介します。おすすめモデルのほか、定番ビジネスコートの種類など、選び方についても詳しくまとめているのでぜひチェックしてみてください。

スーツに適しているのはどんなコート?

By: amazon.co.jp

ビジネススーツには、かっちりとした雰囲気のコートを合わせるのが一般的。華美な装飾が施されていたり、奇をてらったデザインを採用したりと個性が前面に出るモノよりも、清潔感のあるスッキリとしたデザインのアイテムが好まれます。

カラーも、落ち着いた色味を選ぶのがベター。定番のブラック、ネイビー、ベージュなどのカラーであれば、フォーマルシーンにも対応できるためおすすめです。

ビジネスコートの選び方

種類で選ぶ

ビジネスシーンで着用するコートを選ぶ際に気になるのが、マナーの問題。「きれいめのデザインだから大丈夫」と選んではみたものの、実はビジネス向きのコートではなかったという結果は避けたいものです。そこで、ビジネスコートの購入を検討する際に、まずチェックしておきたい鉄板の4種類をご紹介します。

チェスターフィールドコート

By: amazon.co.jp

ビジネスコートの王道ともいえるチェスターフィールドコート。「チェスターコート」と略して呼ばれることもあります。フォーマルなデザインながら普段の着こなしにも合わせやすく、オンオフ両方で使えるコートを探している方におすすめです。

形状の特徴として挙げられるのは、ノッチドカラーと呼ばれる刻みが入った襟と両脇に配置されたフラップ付きのポケット。また、クラシックなチェスターフィールドコートはフロントが比翼仕立てになっているモノが一般的ですが、最近ではデザインが多様化し、ボタンが見えるアイテムも増えています。

ステンカラーコート

By: amazon.co.jp

ステンカラーコートも、ビジネスシーンで着用されることの多い定番アウター。「ステンカラー」と呼ばれる、立ち上がった襟が途中で折り返している形が特徴です。呼称には種類があり、「バルカラーコート」「バルマカーンコート」「スタンドフォールカラーコート」も同じ種類のコートを指します。

ボタンが見えない比翼仕立てで、かつデザインもシンプルなモノが多いためスッキリと着こなせるのが魅力。肩周りの作りは、紳士服に多いセットインスリーブのほか、肩から袖にかけての生地が一体となっているラグランスリーブのアイテムもあるので、選ぶ際には注目してみてください。

トレンチコート

By: amazon.co.jp

スマートなビジネススタイルを叶えてくれるトレンチコート。ミリタリーコートを起源としているため、肩章やガンフラップのようなデザインがその名残として取り入れられています。また、ウエスト部分のベルトも大きな特徴。着こなしのアクセントとして活躍してくれます。

春、秋用アウターとして着用されることが多く、軽快な印象を与えられるのもトレンチコートのメリット。特に定番のベージュはコーデに明るさを与えてくれる優秀カラーで、アイテム数も多いためお気に入りのモノが見つかりやすくおすすめです。

キルティングコート

By: amazon.co.jp

防寒面を重視するなら、キルティングコートも検討してみましょう。中綿の詰まったキルティング生地が、冬でも暖かいビジネススタイルを可能にしてくれます。また、しっかりと暖かいのに軽量なアイテムが多いのも魅力です。

スーツに合わせるコートのなかではややカジュアルに見られる印象があるため、大人らしく着こなすにはきれいなシルエットのアイテムを選ぶのが重要。チェスターフィールドコートやステンカラーコートを既に持っている方の2着目候補としてもおすすめです。

サイズや丈の長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

スーツの上に着用するビジネスコートにおいて、サイズ選びはとても大切なポイント。タイトすぎると不格好に見え、逆にルーズすぎてもビジネスシーンにふさわしくありません。ジャストサイズで、肩周りにほどよく余裕のあるモノを選びましょう。

また、丈はスーツの上着の裾が隠れるモノを選ぶのが基本。ショート丈のコートはカジュアルな印象が強いため、避けた方が無難です。膝下まであるロングコートはおしゃれですが、「着られている感」が出やすいので着こなしの難易度は高め。汎用性を考えると、膝上あたりにコートの裾が来るミドル丈のアイテムがおすすめです。

ビジネスコートのおすすめブランド

シップス(SHIPS)

By: amazon.co.jp

「シップス」は、株式会社シップスが運営する日本のメンズファッションブランド。カジュアルアイテムのほか、ジャケットやビジネスコートなども豊富に揃い、大人のドレスアップをサポートしてくれます。より若い世代をターゲットにした派生ブランド「シップス ジェットブルー」にも注目です。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH)

By: amazon.co.jp

ベーシックかつハイセンスなアイテムが揃うセレクトショップ「ビューティアンドユース」。国内外から厳選して集められたこだわりアイテムのほか、ブランドのオリジナルアイテムにも力を入れています。オンオフ問わず活用できるビジネスコートを探すなら、チェックしておきたいブランドです。

マッキントッシュ(MACKINTOSH)

By: amazon.co.jp

「マッキントッシュ」は、1823年に設立されたイギリスの老舗ブランドです。創業者のチャールズ・マッキントッシュが「マッキントッシュクロス」と呼ばれる革新的な防水布を開発したことから、ブランドの歴史がスタート。同素材を使用したコートは機能性に優れ、現在も世界中に多くのファンを抱えています。

バブアー(Barbour)

By: amazon.co.jp

「バブアー」は、イギリス生まれのアウトドア・ライフスタイルブランド。革新的な防水ジャケットの開発で知名度を上げ、第二次世界大戦では英国軍に防水服を供給していました。カジュアルなアイテムから、ビジネスシーンで使えるきちんと感のあるアイテムまで、幅広く取り扱っています。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

By: amazon.co.jp

色気と遊び心のあるアイテムで、おしゃれなメンズファッションをサポートしてくれる「タケオキクチ」。日本の有名デザイナーである菊池武夫氏の感性が詰め込まれています。派生ブランドである「ティーケー タケオキクチ」も人気が高く、よりリーズナブルにビジネスコートを購入したいと考えている方は要チェックです。

バーバリー(BURBERRY)

By: amazon.co.jp

上品なアイテムが揃う高級ブランドとして、日本でも広く認知されている「バーバリー」。イギリスの元首相であるウィンストン・チャーチルをはじめ、多くの著名人がバーバリーのコートを愛用してきました。特にブランドの代名詞であるトレンチコートは、ビジネスコートの定番中の定番として根強い人気を誇ります。

ラベンハム(LAVENHAM)

By: amazon.co.jp

キルティングジャケットといえばこのブランドと挙げられるほどの知名度を持つ「ラベンハム」。設立当時、キルティング生地で馬が着用するホース・ブランケットを製造したところ、瞬く間に人気を集め、その後乗馬愛好家が着用する衣服にも採用されるようになりました。軽く、暖かいキルティングコートは要チェックです。

ヘルノ(HERNO)

By: amazon.co.jp

「ヘルノ」は、イタリア発のファッションブランド。高品質な素材を用い、イタリアブランドらしい洗練されたデザインのアイテムを製造しています。同ブランドで注目したいのが、ライナーを備えたビジネスコート。厳寒期でも暖かく着用できるビジネスコートを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アクアスキュータム(Aquascutum)

By: amazon.co.jp

創業者ジョン・エマリーが、ロンドンに構えた紳士服店から歴史をスタートさせた「アクアスキュータム」。1851年創業のイギリスが誇る老舗ブランドです。エマリーが防水加工を施したウールを開発したことから、「水の盾」を意味するブランド名が付きました。シックなトレンチコートが同ブランドのメインアイテムです。

ラルディーニ(LARDINI)

By: amazon.co.jp

「ラルディーニ」は、イタリアを代表するファクトリーブランド。卓越した縫製技術を持ち、これまでにプラダ、バーバリーなど高級ブランドのアイテム製造をいくつも請け負ってきました。自社ブランドのアイテムも多数展開しており、メイド・イン・イタリーにこだわった製品は世界的にも高い評価を得ています。

ビジネスコートのおすすめモデル|チェスターフィールドコート

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH) BY ソリッド メルトン チェスターコート

メルトン素材のソリッドチェスターフィールドコート。比較的メンズのコートのなかでは安い価格帯で、価格重視の方におすすめのアイテムです。少し丸みを帯びたシルエットが特徴で、柔らかく温かみのある印象を与えてくれます。

ノッチドラペルはシャープに仕上げており、きれいなVラインが顔まわりをすっきり見せてくれるビューティアンドユースのチェスターフィールドコート。裾には深いセンターベントを採用し、動きやすさも担保。腰回りのシェイプも強くなく、普段使いとビジネスの両方で活躍してくれること間違いなしです。

ヘルノ(HERNO) ウールダイアゴナルレイヤードチェスターコート

着脱式のダウンライナーがついた珍しいチェスターコート。ヘルノのダウンは非常に人気で、保温性などクオリティには定評があります。そのダウンライナーには「ALTERNATIVE DOWN」という特殊なポリエステル素材を採用。ダウンに劣らないほどの保温性を誇っています。男性心をくすぐる機能性です。

ライナー装着の状態で着用しても、着膨れせずにスマートな印象。オフの日にシャツの上からそのまま羽織るのもよし、外してジャケットの上から羽織るもよし、と幅広く活躍出来るアイテムです。

ラルディーニ(LARDINI) 定番 フランネル スポルベリーノ チェスターコート

ラルディーニの定番チェスターコート。柔らかくて暖かさが特徴の、毛の長いフラノウールを生地に使用しており、温かみのある印象的なコートです。シルエットは少しタイトな作りになっており、着る人のスタイルをスマートに演出してくれます。作りは、肩パットなどを取り除いたスポルベリーノで、フォーマルになり過ぎない点もおすすめです。

ジャケットの上からはもちろんのこと、ジャケットの代わりにニットやシャツの上から着ても、まとまりのよい作りになっています。落ち着いた大人の服装が好き、という方におすすめのアイテムです。

ビジネスコートのおすすめモデル|ステンカラーコート

マッキントッシュ(MACKINTOSH) ゴム引きコート ダヌーン ブラック

マッキントッシュを代表する防水布のマッキントッシュクロス。マッキントッシュクロスを使った商品のなかでも人気のアイテムが、ステンカラーコートです。スマートなシルエットが特徴的で、ハリ感のある生地がよりスッキリした印象を強調してくれます。

また、ゴム素材でなかがムレてしまう点も、脇に通気口があるというベンチレーション機能で解決。機能性とシルエットの美しさを兼ね備えたおすすめのアイテムです。

ヘルノ(HERNO) ヘルノテック 中綿入り ストレッチ 2WAY ステンカラーコート

ヘルノの中綿ダウンのライナーを採用したステンカラーコート。防寒性は申し分なく、シェイプをさりげなく絞ったシルエットは見る人を魅了します。表地にはイタリアのロロビアーナのスポーツファブリックである、「グリーンストームシステム」を使用。植物資源からつくられた天然素材で、高い防水性と防風性を誇っており、さらにその見た目や感触にはとても高級感があります。

「グリーンストームシステム」を採用し、機能美を追い求めたアイテムです。ウールのコートはすでに持っていて、一味違ったコートを探している方は是非チェックしてください。

アクアスキュータム(Aquascutum) ライナー付き 無地 ステンカラー コート

ライナー付きのアクアスキュータムのステンカラーコート。裏衿のチェック柄が可愛く、チラ見せしてもおしゃれです。表地は撥水加工を施し、機能性も充実しています。

ライナーはウール100%と保温性が高く、冬場にヘビーローテーションを組みたくなるアイテム。また、ライナーにもチェック柄を採用しているため、さりげなく柄が見えるよう、前開けで着用するのもおすすめです。

また、比翼タイプでシンプルな見た目なので、トレンドに左右されず、毎年着ることができるのも人気の理由。迷った時におすすめのステンカラーコートです。

ビジネスコートのおすすめモデル|トレンチコート

バーバリー(BURBERRY) トレンチコート “THE KENSINGTON ケンジントン ロング”

バーバリーのなかで人気のトレンチコート。本製品は、ロングレンジのおしゃれなアイテムです。

襟の裏地のヴィンテージチェックがアクセントで、襟を立てて着ることも可能。単調になりがちなIラインのスタイルに、チェック柄が変化を加えてくれます。

アクアスキュータム(Aquascutum) 襟裏チェック ウエストベルト ロング ダブルトレンチ

アクアスキュータムのロングトレンチコートです。膝下までの丈が、スーツスタイルをおしゃれに仕上げてくれます。肩のエポーレットの存在感が程よく、男らしい印象に。衿裏にはチェック柄を採用し、ちらっと見える柄が甘さを加えます。

シンプルながらもスタンダードとは少し違ったデザインがポイント。派手なのは苦手だけど、デザイン性のあるものにチャレンジしたい方におすすめのアイテムです。

バブアー(Barbour) WHITLEY トレンチコート 2LAYER

少しゆったりしたシルエットに、膝までの丈感が特徴のトレンチコート。昨今ではバブアーといえばワックスドコットンのイメージですが、本製品は撥水素材を用いたコートです。ポリエステルとコットンの生地にポリウレタンコートをラミネートし、2レイヤー素材にすることで高い撥水性を誇ります。

バブアーらしい無骨な印象を残しつつも、光沢感がありきれいな仕上がりが魅力。普通のビジネスコートではなく、ちょっと印象を変えたいと考えている方にはぴったりのアイテムです。

ビジネスコートのおすすめモデル|キルティングコート

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) バーズアイキルティングブルゾン

光沢感を抑えた、ウール素材のような表地が特徴的なタケオキクチのキルティングジャケット。素材はポエリエステルですが、ウールに限りなく近い高級感のある生地に仕上がっています。ストレッチ性があり、着用時の圧迫感もなく、気軽に羽織れるアイテムです。撥水機能も備わっているので、雨の日も気にせず使用可能。

フードは着脱可能で、ビジネスシーンやオフシーンも両方活躍出来るデザインです。腰回りは自然なラインでシェイプがかかっており、スタイルをきれいに見せてくれるおすすめのキルティングジャケットです。

ラベンハム(LAVENHAM) DENSTON 2S/デンストン 2S

本製品は、ジャケットスタイルに合うビジネスコートです。アームホールやチェストにはしっかり余裕を持たせてあり、ストレスフリーで着用可能。さらに、ウエストにはシェイプがかかっており、締まった印象をキープ。スマートな印象を崩さず、楽に着用できます。

また、表地の素材は「ラブンスター」というポリエステル生地を採用。撥水性と機能性に優れているため、天候関係なく気軽に使えるおすすめのアイテムです。

ラベンハム(LAVENHAM) RAYDON MENS

ラベンハムの定番モデルで、全体的にタイトめであるのが特徴。ラベンハムの王道でもある、スナップボタンとコーデュロイのカラーは、上品さを強調してくれます。

レイドンはボックス型で、比較的さまざまな服装に合わせやすいのがメリット。オフの日のカジュアルシーンにも多用出来る、着回しのきくアイテムです。