ステンカラーコートは、オンオフ問わず活躍する汎用性の高いアイテムです。素材や作りによっては秋から春までの3シーズン着回せるため、ぜひワードローブに加えておきたいところ。

そこで今回は、ステンカラーコートのおすすめブランドと人気モデルをピックアップしました。ビジネスシーンでも着用できるモデルが揃っているため、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

ステンカラーコートとは?

By: rakuten.co.jp

ステンカラーコートは、襟腰のある折り立て襟が特徴のアウター。襟の形状は、後ろが高く、前が低く設計されています。「バルマカーンコート」や「スタンドフォールカラー」も同じ衣服を指す言葉です。

クラシックなステンカラーコートは、襟のほかにラグランスリーブ、比翼仕立てといった特徴も見受けられましたが、現在ではこれらの特徴を持たないモノも多くリリースされています。カラーや着丈、素材もさまざまで自分好みの1着を見つけられるアイテムです。

ステンカラーコートの選び方

色や柄で選ぶ

By: amazon.co.jp

ステンカラーコートはビジネスシーンでも着用する機会の多いアウターであることから、全体的に落ち着いたカラーが多め。なかでもブラック・ネイビー・ベージュは汎用性が高くコーディネートしやすいため、ステンカラーコートを初めて着用する方にもおすすめです。

ひねりの効いたビジネススタイルを演出したい方や、カジュアルな着こなしに合わせたい方は、柄物アイテムもチェックしておきましょう。ブラックやグレーをベースとしたチェック柄のアイテムならきちんと感があり、かつ無難な印象を与えないスタイリングが可能です。

季節で選ぶ

By: amazon.co.jp

秋冬春と3シーズン活躍するステンカラーコートは、素材選びも大切なポイント。秋冬メインで着用するならあたたかみのあるウール素材、スプリングコートとして選ぶなら軽快な印象のコットン素材を用いたアイテムがおすすめです。

また、ロングシーズン着回したい場合はインナーの有無をチェックしておきましょう。インナーが取り外しできるアイテムであれば、季節や天候に合わせて着こなしを調節できるほか、より幅広いコーディネートが可能です。

シーンで選ぶ

ビジネス

By: amazon.co.jp

ビジネスシーンで着用するステンカラーコートを選ぶ際に最も気をつけたいポイントは着丈。ジャケットがコートの裾からのぞくような、極端にショート丈のアイテムは避けましょう。また、膝下まであるロング丈もラフすぎる印象を与えかねないため、避けるのが無難。不安な方は、太ももから膝上にかかるくらいのミドル丈アイテムをチョイスするのがおすすめです。

よりかっちりとした印象に仕上げたい場合は、肩周りの作りにも注目しましょう。動きやすいラグランスリーブも魅力ですが、外観はセットインスリーブの方がビジネス向き。スーツのジャケットも基本的にセットインスリーブなので、きれいに収まります。

カジュアル

By: amazon.co.jp

制約の多いビジネスシーンと違い、普段の着こなしに合わせるステンカラーコートは選べるアイテムがグッと広がります。とはいえ、大人らしい着こなしや汎用性を考えると、できるだけシンプルなデザイン、色味のモノを選ぶのがおすすめです。

カジュアルシーンでの着用に絞るならば、オーバーサイズ×ロング丈のアイテムをチョイスするのもおしゃれ。ステンカラーコートが持つきちんと感と新鮮なシルエットが相まって、個性ある着こなしを楽しめます。

ステンカラーコートのおすすめブランド

バーバリー(BURBERRY)

品のよいアイテムが揃うラグジュアリーブランドとして、日本でも高い人気を誇る「バーバリー」。キャメル地に黒、白、赤のラインが入った「バーバリーチェック」は、ブランドを象徴する柄として有名です。2018年8月には新ロゴとモノグラムを発表し、新生バーバリーに注目が集まっています。

バーバリー(BURBERRY) カムデン カーコート

バーバリー(BURBERRY) カムデン カーコート

ステンカラーコートのベースとなる折り立て襟、ラグランスリーブ、比翼仕立てといった仕様をすべて備えたクラシックなモデル。中にスーツを着込んでも窮屈にならないサイズ感と、第一ボタンのみが表に出ているスッキリとしたデザインが魅力です。

上品な雰囲気を醸す表地に採用されているのは、「トロピカルギャバジン」。軽量かつ耐久性、撥水性にも優れた素材です。また、裏地にはバーバリーの象徴であるチェック柄の生地が用いられています。

マッキントッシュ(MACKINTOSH)

「マッキントッシュ」は、創業者であるチャールズ・マッキントッシュの名を冠するイギリスのブランド。創業は1823年と、長い歴史を持つ老舗です。アイテムは代名詞であるゴム引きコートのほか、上質な素材を採用したクラシックなコートが豊富にラインナップ。日本では東京の南青山に旗艦店を構えています。

マッキントッシュ(MACKINTOSH) メンズウールステンカラーコート GENTS

マッキントッシュ(MACKINTOSH) メンズウールステンカラーコート GENTS

シンプルなデザインとスッキリとしたシルエットで、いつものコーディネートを格上げしてくれるおすすめステンカラーコート。装飾を抑えてある分、上質なウールの質感がストレートに伝わります。

ヒップが隠れるほどの短めミドル丈もおすすめポイント。「着られている感」が出にくく、落ち着いた印象を与えられる絶妙な丈感です。ビジネススタイルにはもちろん、普段の着こなしをキリッと引き締めたい時にも重宝します。

ダントン(DANTON)

「ダントン」は、1935年にスタートしたフランスのワークウェアブランド。赤と白で構成されたひし形のブランドロゴは、創業当時に商標登録したモノが今も受け継がれています。現在では、ワークウェアのテイストを取り入れたカジュアルウェアが人気。シンプルかつ洗練されたアイテムは、デイリーな着こなしにぴったりです。

ダントン(DANTON) ウールモッサシングルコート

ダントン(DANTON) ウールモッサシングルコート

ダントンの定番素材である「ウールモッサ」を採用し、あたたかみのある表情に仕上げたおすすめステンカラーコートです。独特の起毛感が特徴のウールモッサは保温性にも優れた素材。コーデに取り入れれば暖かく、季節感のある着こなしが叶います。

やや丸みを帯びたシルエットと、飾らない素朴な雰囲気もダントンらしいポイントです。デザインはシンプルながら、大きなポケットと高級感のある本水牛ボタンがほどよい個性を主張。かしこまりすぎず、普段の着こなしにも取り入れやすいアイテムです。

シップス(SHIPS)

大人の着こなしにマッチするファッションアイテムを豊富に揃えるセレクトショップ「シップス」。国内外から集められたハイセンスなアイテムのほか、高品質なオリジナルアイテムやこだわりの別注アイテムも人気です。コートは実用的なカラーやシルエットのモノが多く、ビジネスシーンでも重宝します。

シップス(SHIPS) LORO PIANA STORMSYSTEM コットン ステンカラーコート

シップス(SHIPS) LORO PIANA STORMSYSTEM コットン ステンカラーコート

イタリアの名門服地ブランドである「ロロピアーナ社」の高機能素材「ストームシステム」を用いたおすすめステンカラーコート。布地の表面には「レインシステム」と呼ばれる撥水加工、裏面には防水透湿性のある膜が施されており、あらゆる天候に対応できるアイテムに仕上がっています。

また、天然素材であるコットンの質感や風合いはそのままに、軽さと柔らかさを損なうことなく、撥水・防水性能がプラスされています。また、コート内側には着脱可能なダウンライナーも付属。嬉しい機能が詰まったおすすめの1着です。

タトラス(TATRAS)

「タトラス」は、2006年にスタートしたアウターウェアブランド。優れた防寒性とスタイリッシュな外観を両立したアイテムが、高感度な大人を中心に注目を集めています。2018年3月には日本で3つめの旗艦店となる東京ミッドタウン日比谷ショップがオープンし、国内での知名度も着実に向上しています。

タトラス(TATRAS) PETRONIO

タトラス(TATRAS) PETRONIO

1着で2タイプの表情が楽しめる、リバーシブルタイプのステンカラーコート。表面は落ち着いた雰囲気のコットン、裏面はアクティブな印象のポリエステル生地です。やや薄手で、肌寒い季節にサッと羽織るコートとして重宝します。

また、膝まであるロング丈と、ざっくりとしたオーバーサイズシルエットも特徴的。ただし、要所を引き締めてバランスのよいフォルムに仕上げているため、だらしない印象とは無縁です。ワードローブに新風を吹き込むアイテムとして、ぜひ取り入れてみてください。

メンズメルローズ(MEN’S MELROSE)

「メンズメルローズ」は、株式会社メルローズが展開するファッションブランドです。きれいめのアイテムが多く、どこかモード感のあるテイストが特徴。美しいシルエットにも定評があります。着回し力があり、使い勝手のよい大人のリアルクローズを探している方はぜひチェックしてみてください。

メンズメルローズ(MEN’S MELROSE) シャンブレーカルゼステンカラーコート

メンズメルローズ(MEN'S MELROSE) シャンブレーカルゼステンカラーコート

優しく、軽快な印象のシャンブレーを採用したおすすめの1着。独特の光沢を持つ生地により、ビジネスとプライベートの両方で新鮮な着こなしが叶います。デザイン性の高いボタンも目を引くポイントです。

また、内側には取り外しできるキルティングライナーが付属。季節や天候に合わせた着こなしが可能なため、秋口から春先までロングシーズンの活躍が期待できます。ウール素材のベーシックなステンカラーコートを既に持っている方の2着目としてもおすすめです。

アスペジ(ASPESI)

「アスペジ」は1969年にシャツメーカーとしてイタリア・ミラノ郊外で創業。クラフトマンシップ溢れるアイテム作りが特徴のブランドです。1970年代に当時はアウトドアのイメージが強かったダウンジャケットを、タウンユースしやすいダークカラーで展開するなど、独自のセンスで人気を博しています。

アスペジ(ASPESI) ステンカラ―コート SINGLE-BREASTED VELVET COAT

アスペジ(ASPESI) ステンカラ―コート SINGLE-BREASTED VELVET COAT

独特な起毛感が目を引くベルベットコーデュロイ生地を使用したステンカラーコート。レギュラーフィットのスッキリとしたシルエット・第1ボタン以外は見えないフライフロントがポイントで、スタイリッシュに着こなせるアイテムです。

同量のダウンに比べて3倍もの保温力を持つとされる高機能中綿を内蔵。ライニングは肌触りのよいナイロン素材で、心地よい着用感が楽しめます。厳寒期用のアウターを探している方におすすめのステンカラーコートです。

アスペジ(ASPESI) ステンカラ―コート RAINCOAT LEMON

アスペジ(ASPESI) ステンカラ―コート RAINCOAT LEMON

ビジネス・カジュアルで両用しやすいヒップオーバーのセミロング丈で仕上げられたステンカラーコート。アタリやシワ感が出るようにガーメント加工を施し、こなれた雰囲気を演出しています。

素材にはポリエステルとポリアミドをミックスしたテクニカルファブリックを選択しており、バッグに丸めて入れて手軽に持ち運べるのが魅力。撥水性・防汚性に優れているため、レインコートとしても重宝します。

ヘルノ(HERNO)

「ヘルノ」は1948年に創業したイタリアのファッションブランドです。イタリアンスタイルを追求した気品のあるコレクションを展開。ラグジュアリーな仕上がりのレインコート・ビキューナやカシミアといった高級素材を使用したアウターなど、ハイクオリティーなアイテムで支持を集めています。

ヘルノ(HERNO) ダウンライナーステンカラーコート Laminar Pl099UL-11121D

ヘルノ(HERNO) ダウンライナーステンカラーコート Laminar Pl099UL-11121D

防水性・防風性・透湿性に加えて耐久性に優れた高機能素材「GORE-TEX」を表地に使用したステンカラーコート。着丈がやや長めに設定されているため、スーツスタイルとの相性がよくビジネスシーンで重宝する1着です。

ライニングにダウンが入っており、保温性は抜群。身頃裏のポケットには止水テープを張りつけ、丁寧に仕上げています。悪天候を気にせず着用できるアウターを探してる方におすすめです。

ヘルノ(HERNO) ステンカラーコート

ヘルノ(HERNO) ステンカラーコート

防水性・撥水性を兼ね備えた悪天候に強いステンカラーコートです。フロントはジップアップとスナップボタンを両用したダブルクロージャー仕様で、風への耐性はバッチリ。シワになりにくい生地を使用しているため、バッグに収納して旅行などに持ち込みやすいアイテムです。

付属のフードはシーンに合わせて取り外しが可能。カラーリングにはベーシックで着まわしやすいネイビーに加えて、カジュアルなコーディネートの主役となってくれるオレンジが用意されています。

アクアスキュータム(Aquascutum)

1851年にイギリス・ロンドンで高級紳士服の仕立て屋として創業してからの長い歴史を持つ「アクアスキュータム」。看板アイテムのトレンチコートを中心に、デザイン性だけでなく機能性を持ち合わせたアイテムで支持を集めています。フォーマルなデザインのジャケットやコートのほか、カジュアルウェアや小物まで幅広く手掛けているブランドです。

アクアスキュータム(Aquascutum) ステンカラーコート BROADGATE

アクアスキュータム(Aquascutum) ステンカラーコート BROADGATE

ウール100%の表地をシンプルなデザインで仕上げ、シックな雰囲気を演出しているステンカラーコート。フロントはボタンが見えない比翼タイプで、スッキリとした印象が特徴です。

英国らしいクラシカルなチェック柄のライナーが付属。襟を立てた際に顔を覗かせ、着こなしにアクセントを加えてくれます。ビジネスシーンで活躍するベーシックなステンカラーコートを探している方におすすめです。

バブアー(Barbour)

「バブアー」は1894年に創業したイギリスのアウトドアブランドです。防水性・耐久性に優れたワックスドクロスを用いたジャケットで地位を確立し、大戦中には英国軍に防水服を提供。ウェアの品質は高く評価されており、イギリス王室御用達の栄誉を授かっています。

バブアー(Barbour) ナイロンコート TRENT

バブアー(Barbour) ナイロンコート TRENT

防水性に優れたポリエステル製の表地を採用したステンカラーコート。フロントボタンをフラップで覆っており、雨風への耐性はバッチリです。

ライニングには防水性・通気性を兼ね備えたメッシュを選択しているため、ムレにくく着心地は快適。内側や襟裏にチェック柄をあしらった遊び心のあるデザインがポイントです。

ラベンハム(LAVENHAM)

「ラベンハム」は1969年にイギリスで設立されたファッションブランドです。ほつれにくく耐久性に優れたダイヤモンドキルトを用いたジャケットが看板アイテム。生地などを厳選した上ですべてのアイテムを自社工場で丁寧に製造しており、品質には定評があります。

ラベンハム(LAVENHAM) ライナー付きフランネルステンカラーコート BOYTON

ラベンハム(LAVENHAM) ライナー付きフランネルステンカラーコート BOYTON

キメ細やかなフランネル素材を用いた高級感のあるステンカラーコート。袖の前立て部をセットインスリーブ・裏をラグランスリーブで仕上げ、デザイン性と動きやすさを両立しています。

取り外し可能な長袖仕様のライナーが付属しているため、防寒性は抜群。ビジネスシーンで映えるフォーマルな佇まいはもちろん着脱がしやすいなど実用性も高く、冬場にはオンオフを問わずに重宝するアイテムです。

トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear)

「トラディショナルウェザーウェア」はマッキントッシュ社が手掛けるファッションレーベルです。英国の伝統的な職人技にモダンな要素を融合したスタイルが特徴。雨風をしのげる実用的なアウターウェアから、デイリーユースしやすいベーシックウェアまでを幅広く展開しています。

トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear) ステンカラーコート SELBY

トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear) ステンカラーコート SELBY

細身でシャープなシルエットに仕立てられているため、スタイリッシュに着用できるステンカラーコート。表地には耐久性に優れ、ハリのあるコットン素材を採用しています。

両脇に設けられたベンチレーションホールが快適な着心地をサポート。取り外し可能なキルティングライナーが付属しており、秋冬はもちろん春にも活躍してくれるアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

「ナノ・ユニバース」は日本全国で店舗を運営する大型セレクトショップです。ヨーロピアントラディショナルにトレンド要素を織り交ぜたスタイルが特徴。選りすぐりのインポートアイテムのほか、洗練されたデザインのオリジナルウェアで人気を博しています。

ナノ・ユニバース(nano・universe) 軽量プリントステンカラーコート

ナノ・ユニバース(nano・universe) 軽量プリントステンカラーコート

千鳥格子のプリントが施されたデザイン性の高い表地を使用したステンカラーコート。裏地にメッシュ生地・ボタンには半透明の軽量ボタンを選択するなど、軽量化にこだわった設計が特徴です。

撥水性に優れているため、レインコートとしても重宝します。コンパクトに持ち運べる収納袋が付属しており、携帯性はバッチリ。価格設定は控えめで、コスパを重視する方におすすめです。着まわしのしやすいグレーとネイビーのベーシックカラー2色で展開されています。

ステンカラーコートのおすすめコーデ

ショート丈のステンカラーコートをカジュアルスタイルで着こなす

By: zozo.jp

ウールメルトン素材のステンカラーコートをケーブル編みのニットと合わせた暖かみのある秋冬コーデ。ショート丈のアウターを選択することで、カジュアルで軽快な着こなしが完成しています。下半身はダークトーンのスラックスとレザーシューズでまとめ、全体の雰囲気を落ち着けているのがポイントです。

オーバーサイズのステンカラーコートを主役にした春コーデ

By: zozo.jp

軽量素材を用いたオーバーサイズのステンカラーコートによる春らしいコーディネート。カーキのアウターは存在感があるため、着こなしの主役として重宝します。インナーにはカットソー・ボトムスにはデニムを選択し、ラフな雰囲気を演出。ブラックのレザーシューズがスタイリングの雰囲気を引き締めています。

ステンカラーコートをトラックパンツと合わせたミックスコーデ

By: zozo.jp

着丈が長めに設定されたクラシカルなステンカラーコートをシャツとレイヤードしたコーディネート。ボトムスに選択したアディダスのトラックパンツや足元のスニーカーがハズシアイテムとして機能し、こなれ感のあるミックススタイルが完成。カラーリングをダークトーンでまとめることで、全体の雰囲気に統一感が生まれています。

ステンカラーコートをラフに羽織ったリラックスコーデ

By: zozo.jp

ドライな素材感が目を引く、インディゴブルーのステンカラーコートをラフに羽織ったコーディネートです。ボーダーTシャツ・チノ風のパンツ・コンバースのスニーカーとベーシックなアイテムをチョイス。全身をゆとりのあるシルエットで統一し、リラックスした雰囲気を演出しています。

ステンカラーコートを用いたフォーマルスタイル

By: zozo.jp

アウターに暖かみのあるキルティング仕様となったラベンハムのステンカラーコートをチョイスしたコーデ。フォーマルな雰囲気のスラックスやレザーシューズとは好相性で、品のある着こなしが完成しています。スタイリングのアクセントとなっているのは、ワインカラーのマフラー。重くなりがちな秋冬のコーデには小物でアクセントを加えるのがおすすめです。