タートルネックニットやスラックスなど、キレイめアイテムとの相性がよい「チェスターコート」。大人っぽい着こなしを目指すなら、秋冬の定番アウターとして1枚は持っておきたいアイテムです。

そこで今回は、各ブランドからリリースされているチェスターコートのなかからおすすめモデルを厳選してピックアップ。おしゃれなコーディネート例もあわせてご紹介するので、着こなしの参考にしてみてください。

チェスターコートとは?

By: rakuten.co.jp

チェスターコートは、テーラードジャケットの丈を伸ばしたようなかっちりとしたフォルム、デザインが特徴のアウターです。「チェスターフィールドコート」と呼ばれることもあります。普段の着こなしからビジネス、フォーマルまで幅広いシーンで活躍するアイテムです。

今では秋冬アウターの定番といえるまでに定着し、各ブランドから素材や丈感の異なるさまざまなアイテムがリリースされています。なかには、薄手生地で春先まで着用できるモノもあるのでぜひチェックしてみてください。

チェスターコートの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

総じてシンプルなデザインのモノが多いチェスターコート。その分、素材感がコーデに与える影響は大きくなるため、素材の質にこだわってアイテムをチョイスしましょう。

チェスターコートに使われることの多い素材はウール。あたたかみがあり、保温性にも優れているため人気があります。各ブランドが産地や特徴の異なるこだわりのウール素材を採用しているため、選ぶ際にはぜひその点にも注目してみてください。

また、少し奮発してよいモノをと考えている方にはカシミヤ素材を使ったチェスターコートがおすすめ。肌触りのよさ、保温性、上品な光沢が魅力です。

丈の長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

チェスターコートは膝上丈のモノが一般的。アイテム数が多く、かつコーデのバランスも取りやすいので、強いこだわりがない限りは膝上丈のアイテムを選ぶことをおすすめします。

逆に、周りと差をつけたい方は最近になって人気を伸ばしているロング丈のアイテムも検討してみましょう。ただし、「着られている感」が出やすいので、上手にコーディネートのバランスを取ることが重要です。

サイズ感で選ぶ

By: amazon.co.jp

チェスターコートを購入する際に、必ずチェックしておきたいのが肩周りのサイズ感です。秋冬は厚手インナーの着用や重ね着をすることが考えられるため、タイトなフォルムのモノだと肩や腕がパンパンになってしまうことも。表記サイズは同じでも、アイテムによって肩周りの構造が異なるため慎重に選びましょう。

チェスターコートのおすすめブランド

ラルディーニ(LARDINI)

1978年、イタリアのアドリア海に面する港町アンコーナにて創業されたラルディーニ。30年以上に渡ってスーツファクトリーとして世界の名だたるメゾンブランドの製品を作り続けてきました。常に新しい要求をクリアし、プラダやグッチなど有名ブランドのニーズに応えるための技術を磨き続けてきたブランドです。

現在では日々400人体制で手作業の生産を行い、伝統と技術を守り続けています。ラルディーニは、イタリア屈指の一大ファクトリーブランドとしてその名前を知らしめてきました。

そして、1993年からはその高い縫製技術を生かしてオリジナルブランドの製造も行っています。ラルディーニが培ってきた仕立ての経験と技術を活かした上質な製品は、こだわりの強い大人のメンズたちから人気。完全なイタリアンメイドだからこその優雅さと厳格さを実感できるブランドです。

ラルディーニ(LARDINI) シングルチェスターコート

ラルディーニ(LARDINI) シングルチェスターコート

細かい縫製の丁寧さなど、ラルディーニならではの仕立てのよさが光る高級感溢れるチェスターコート。ウールを使ったメルトン生地でソフトな質感で気持ちよく着用できます。また、起毛素材の温かみのある見た目も印象的です。

胸元にあしらわれたブランドアイコンでもある「ブートニエール」によって、一目でラルディーニであることを認識できます。着脱も可能なので、あえてラルディーニであることを主張しないというシックなスタイルもおすすめ。

ビジネスシーンにスーツの上から羽織れば、一気に大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出することができます。また、カジュアルなスタイルなら、色っぽく小慣れた印象を与えることが可能。

すべてにおいて高級感溢れるチェスターコートは、30代以上の大人のメンズにおすすめです。

マッキントッシュ(MACKINTOSH)

1823年にイギリスのグラスゴーでチャールズ・マッキントッシュ氏によって設立されたブランドです。設立年数を見てもわかる通り、圧倒的な歴史の長さを持つ老舗ブランド。現在では「バーバリー」「アクアスキュータム」と並ぶ3大コートブランドのひとつとしての世界中で知られています。

マッキントッシュといえば、2枚の生地の間に天然ゴムを塗り圧着させた防水布を使用したゴム引きコート。その歴史的な素材の発明により、ゴム引コートは現在でもマッキントッシュの代名詞として愛され続けています。

マッキントッシュの製品の特徴は、高品質であること。すべてのコートで品質の高さを実感できます。また、イギリスらしい紳士的でよい意味で派手すぎないスタイルは、おしゃれなメンズたちの定番のコートとして人気です。

マッキントッシュ(MACKINTOSH) STORM SYSTEM ウール チェスターコート

マッキントッシュ(MACKINTOSH) STORM SYSTEM ウール チェスターコート

コートブランドとして世界中から人気のマッキントッシュが作るシンプルでハイクオリティなチェスターコートです。高級感が美しいメルトン生地は、ふんわりソフトな質感で着心地のよさが大きな特徴。表面にはしっかり水をはじいてくれるレインシステムが施されているため、雨の日でも安心です。

イタリアで名門として知られるロロピアーナ社という生地ファクトリーのストームシステムを採用した布を使用しており、内側の湿気は逃がしつつも雨や風は通さない構造。ボタンには主張しすぎない程度に「MACKINTOSH」のロゴ文字がしっかりと刻まれています。見る人が見ればわかるロゴも嬉しいポイントです。

マッキントッシュらしい美しいシルエットは、まさにモダンな英国紳士。イージーなスラックスとレザーシューズを簡単に合わせるだけでも、おしゃれに見せることができます。1着持っているだけで、おしゃれのグレードを上げることができるチェスターコートです。ふた付きのフラップポケットでフォーマルな印象を与えることができるため、ビジネスシーンでも大活躍します。

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

ユナイテッドアローズは、1989年にビームスから独立した重松理氏らによって設立されたセレクトショップ兼ブランドです。現在ではビームスと並び日本のセレクトショップを代表する存在であり、おしゃれ好きなら知らない方はいないと言っても過言ではありません。

そして、数あるユナイテッドアローズのブランドラインの中でも主要ラインとして特に人気を集めるのが、ビューティ&ユース。「精神的な美しさ」と「若さの永続」をテーマに掲げ、カジュアルからフォーマルまで幅広いファッションアイテムを取り揃えています。

現在では、本家ブランドのユナイテッドアローズを超えるほどの人気です。価格帯が安めで、特に20代〜30代半ばにかけてのメンズから絶大な支持を得ています。その時代の流行を常にうまく取り入れているので、ファッション初心者のメンズにもおすすめです。

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) チェック メルトン チェスター コート

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) チェック メルトン チェスター コート

グレーカラーとチェック柄によってシックで上品な雰囲気に仕上がっています。無地のコートに飽きたというおしゃれなメンズに是非着こなして欲しい1着です。また、主張の強過ぎないチェック柄なので、派手になりすぎず大人のメンズでも安心して着用できます。

後ろ裾には深めのセンターベントを施し、着こなしやすい工夫も施されているのが魅力。どんなスタイルにも対応できるシルエットで、チェスターコート初心者にもおすすめです。

ヒューゴボス(HUGO BOSS)

1923年ドイツのメッツィンゲンでフーゴ・フェルディナント・ボス氏によって設立されたブランド。1950年代以降に開始したスーツ作りが評判となり、現在はドイツを代表する国際的なスーツブランドにまで成長しています。

今ではラグジュアリーなスーツブランドとして世界中でその地位を確立していますが、設立当初はレインコート、オーバーオールなど作業着を製造するブランドでした。ヒトラーの有名な黒や茶の制服の製造を手がけたことでも知られています。

一説では、世界のメンズスーツの6着に1着は「ヒューゴボス」と言われており、日本でも「大人の憧れのスーツブランド」としておなじみです。品格と男らしさを感じるデザインは、着用するだけでワンランク上の大人へ引き上げてくれます。

ヒューゴボスは、スーツだけでなくコート作りにも非常に定評があり、特にチェスターコートは豊富な種類を製造していることでも有名です。

ヒューゴボス(HUGO BOSS) カシミヤ混 無地 シングル チェスターコート

ヒューゴボス(HUGO BOSS) カシミヤ混 無地 シングル チェスターコート

ラグジュアリーなスーツブランドとして知られるヒューゴボスらしいクラシックなチェスターコートです。高級感のあるカシミヤ混素材を使用しているので、肌触りと保温性は抜群。無地でシンプルなデザインですが、カシミヤ混の上品な素材はそれだけで十分上品さを演出できます。

必要以上にタイト過ぎない自然なシルエットは、おしゃれを狙い過ぎていない落ち着いた印象。スーツとの着用は特におすすめで、渋さと男らしさをグッと際立たせられます。

30代以上のメンズにおすすめできることはもちろん、20代半ばから後半のメンズにもおすすめです。

タトラス(TATRAS)

2006年にミラノを拠点にイタリア、ポーランド、日本とのコーポレートブランドとしてスタートしました。比較的歴史の浅いブランドですが、セレブが着用していることなどから急激に人気を集めています。

「機能的」「洗練された」「唯一無二」というブランドコンセプトと、素材への強いこだわりを持つことが大きな特徴です。タトラスを象徴するアイコンである3つのクロスは、ブランドコンセプトの3つを表現しています。

タトラスといえばダウンジャケットが有名で、日本でも年々その人気は増幅しています。ダウンジャケット以外の製品も素材にこだわることによって高い品質を保たれており、大人のおしゃれなメンズたちから人気。また、フリーランスやプロが入り混じるデザイナーチームの感性よって生み出される唯一無二のデザインも人気の理由です。

タトラス(TATRAS) チェスターコート

タトラス(TATRAS) チェスターコート

一般的なチェスターコートよりも短めのショート丈が大きな特徴のチェスターコート。ショート丈ですが、お尻がちょうど隠れる丈なので防寒性も十分実感できます。

表地にはポリエステル生地を使用しているので、防水・防風に非常に優れた1着です。Tシャツの上からさっと羽織るだけでもおしゃれな雰囲気が出るので、春や秋頃に活躍します。

薄手で軽い作りは手軽に持ち運べるため、昼と夜で気温の変化が激しい時期にもぴったりです。また、密に仕上げられたポリエステル生地の程よい光沢は、色艶がよくタトラスらしい高級感を感じます。

チェスターコートはすでに1着持っているというおしゃれ慣れしたメンズにおすすめです。

シップス(SHIPS)

シップスは、日本を代表する大手老舗セレクトショップ兼ブランド。1975年に、アメ横で三浦商店というお店を創業したことが始まりで1977年からブランド名をシップスとしてスタートしました。ブランド名は、社長が大の海好きであったことから命名されています。

流行を取り入れつつも流行に流されないトラディショナルなスタイルが評判です。また、日本を代表するセレクトショップ兼ブランドのビームスがライフスタイル全般商品を扱うことに対し、シップスはあくまでファッションアイテムを中心に扱い続けることにこだわっています。

安価なアイテムから少し高価なアイテムまで取り揃えており、若者から中年まで常におしゃれなメンズたちに愛され続けているブランドです。

シップス(SHIPS) CASHMERE SHORTCHESTER

シップス(SHIPS) CASHMERE SHORTCHESTER

柔らかく肌触りのよいカシミヤ混生地を使用。表地に10%カシミヤを混ぜることで、肌触りと見た目を上品に仕上げています。

残りの90%は、ビーバーの毛皮に毛羽の感じや手触りが似ていることから命名された、ウールビーバー生地を使用。ウールビーバー生地は毛羽が長くしなやかなことが特徴で、品のよい光沢感を放ちます。

無駄を削ぎ落としたようなシンプルな造りは、シップスらしいドレッシーな雰囲気。スーツスタイルで着用すれば、エレガントで大人っぽく見せることが可能です。カジュアルシーンなら、ニットの上に羽織ることでより上品でまとまりのあるスタイルに仕上がります。

タイトめなサイズ感のため、普段からキレイ目なスタイルが好みの男性におすすめのチェスターコートです。

ヘルノ(HERNO)

1949年ジョゼッペ・マレンツィ氏が、イタリアにある人口数千人のレーザという村から創業したファッションブランド。富裕層やセレブから愛用される高級ファッションブランドとして支持を集めています。

特にラグジュアリーに着られるダウンジャケットが有名。日本での人気を確立したのは、2008年に発表された「ニールバレット」とのコラボによるダウンジャケットです。

ヘルノはアウター作りに定評があり、チェスターコートはおしゃれなメンズからも人気。イタリアンスタイルならではのエレガントで洗練されたデザインが、ヘルノの特徴として挙げられます。また、高級素材を使用することによって溢れ出る気品と機能性の高さも、セレブたちから愛され続ける理由です。

ヘルノ(HERNO) 中綿入りメルトンチェスターコート

ヘルノ(HERNO) 中綿入りメルトンチェスターコート

見た目は一般的なメルトン生地のチェスターコートですが、内側にはナイロン素材が施されています。ヘルノではおなじみの定番モデルとして人気。

メルトン生地とナイロン素材という異素材の組み合わせが斬新なデザインです。内側のナイロンには、高機能なポリエステル中綿が入っているため、まるでダウンジャケットのような保温性を実現しています。

また、胸から首までを覆う襟元のナイロン部分は、取り外しが可能。襟元を取り外せば、ドレッシーなチェスターコートとして着用できます。

スーツスタイルの場合は、襟元のナイロン素材を外しての着用がおすすめ。他のチェスターコートにはない襟元のナイロン素材は、個性的な雰囲気を演出してくれるので、休日のカジュアルスタイルと相性抜群です。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

1999年に渋谷の1号店からスタートしたセレクトショップ兼ファッションブランド。「トレンドとクラシックを併せ持つ提案」をコンセプトにしている通り、程よいトレンド感のあるスタイルが人気です。

ビームスやユナイテッドアローズなど、その他のセレクトショップ兼ファッションブランドと比べ、よりキレイ目なカジュアルというスタイルで知られています。

価格は比較的安価なため、20〜30代を中心に支持されています。必要以上にこだわりがないけどトレンドは抑えておきたいというメンズにおすすめです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) タスマニアブレンド MELTON チェスターコート

ナノ・ユニバース(nano・universe) タスマニアブレンド MELTON チェスターコート

ナノ・ユニバースらしい流行を程よく取り入れたお手軽なチェスターコートです。キレイなシルエットと高級感のある生地が、落ち着いた大人の印象を与えます。

左胸のポケット内側には迷彩柄が施されており、上へ引き出すことでチーフとして活用が可能。シンプルなデザインの中にも遊び心が伺えるおしゃれな1着です。

価格が非常にお手頃なため、20代の前半で初めてチェスターコートを買うメンズにおすすめ。また、価格が安いことで、冬場のスーツスタイルでも毎日遠慮なく着用できるのもメリットです。

インナーにニットはもちろん、Tシャツ1枚の上から羽織っても様になります。ショート丈のデニムジャケットを合わせれば、大人のカジュアルスタイルを楽しむことも可能です。

ボリオリ(BOGLIOLI)

1890年に職人であるピエロ・ボリオリ氏がイタリアにて創業した100年以上も続く老舗ブランド。以降、息子、孫とファクトリーを引き継ぎながら、世界的にボリオリの名を広めていきました。

特に、現在の社長であるマリオ・ボリオリ氏の代では、裏地、芯地、肩パットなどを極力使わないことが特徴の「アンコンジャケット」や、ウールのジャケットに洗い染め加工を施すという革新的な手法を取り入れた「Kジャケット」など、数々の名作を残してきました。

仕立屋として「モダンとクラシック」をコンセプトに掲げていることから、クラシックで質のよい服にこだわりを持つ大人のメンズから人気。元々はスーツ、ジャケットが中心でしたが、現在はコートやシャツなどさまざまな製品を展開しており、どれも洗練された高品質な製品ばかりです。

ボリオリ(BOGLIOLI) チェスターコート

ボリオリ(BOGLIOLI) チェスターコート

クラシックなチェック柄とボタンが2列のダブルタイプが魅力的なモデル。シングルと比べ、ダブルタイプのコートはより大人で色気のある雰囲気を醸し出します。

アンゴラ混の上質なウール素材を使用しており、快適に着用できる高級感のある肌触りが特徴。また、アンゴラ素材は保温性が高いことも魅力のひとつです。 

クラシックなチェック柄は、上品で紳士的なイメージを引き立たせています。タートルネックの上から羽織れば、品格のある大人の着こなしが可能です。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

1974年に大阪府門真市で創業したジーンズショップを起源とし、1997年にスタートしたセレクトショップ兼ファッションブランド。現在の本拠地は大阪市西区で、1999年にはアメリカにも出店されています。

カジュアルな商品を中心に、トレンドをしっかり意識したアイテムを低価格で販売していることで評判です。よい意味で定番なスタイルを常に提案してくれる、親しみやすいブランドとして日本で愛されています。シンプルなデザインは20代の前半の若者はもちろん、30代後半の大人のメンズからも人気です。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) ウール/カシミヤ チェスターコート

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) ウール/カシミヤ チェスターコート

上質な素材を使用した、アーバンリサーチのなかでも上級ラインに位置する高品質なモデルです。素材は、カシミヤ混のウールカシミヤビーバー生地。しなやかな肌触りと高級感のある光沢が魅力的です。

保温機能を持った小松精練社製の「KOMA THERMO」という素材が表地と裏地の間に施されており、保温性も抜群。また、水牛の角を原料にした高級感のある水牛ボタンを使用するなど、細かいところにもこだわりが見られます。

お手頃な価格で人気のアーバンリサーチがあえて高級に仕上げた、デザインと高い機能性を兼ね備えたチェスターコートです。カジュアルになり過ぎないようクラシックなシルエットに仕上げており、若者はもちろん大人のメンズでもカッコよく着こなせます。

チェスターコートのおすすめコーデ

黒系で紳士的にキメる定番キレイめコーデ

By: wear.jp

誰でも簡単に参考にできる、チェスターコートの存在感を活かしたコーデです。使用するアイテムはチェスターコートとニットと細めのパンツとブーツのみ。無駄に着飾らずシンプルに留めておくことで、落ち着いた紳士的な雰囲気を演出できます。

カラーも黒系に統一するだけで大人の雰囲気を出せるので簡単です。カラーやニットは黒でもネイビーでもグレー系でもマッチします。

ニットはクルーネックならよりカジュアルに、ハイネックならよりキレイめに見せることができるので、気分によって雰囲気を変えてみてください。

セットアップとチェスターコートでビジネスカジュアルコーデ

By: wear.jp

ジャケットとスラックスのセットアップの上からさっと羽織るおしゃれなコーデ。インナーにハイネックのニットを合わせることで、セットアップをカジュアルなスタイルに見せられます。

ラフなビジネスシーン、軽めのパーティなどで小慣れた雰囲気を出すことができておすすめです。キレイめスタイルが好みなら、チェスターコートは細めのシルエットを選びましょう。逆にカジュアルなスタイルが好みの方は、細すぎない自然なシルエットのものを選んでください。

ボリュームのあるパーカーを合わせるストリートスタイル

By: wear.jp

キレイめな印象が強いチェスターコートをラフなストリートスタイルに見せられる代表的なコーデ。首もとが寂しくなるチェスターコートと首元にボリュームを出せるパーカーの愛称は抜群です。堅苦しくないコーデなので、休日のお買い物など簡単なお出かけの際におすすめ。

ゆったり目のパンツ、レザーシューズ、ニット帽をすべて黒で合わせることで、カジュアルになり過ぎずシックな印象に見せる効果があります。ニット帽かパーカーを明るめのカラーにして、差し色として使用するのもおしゃれ。

若いメンズはもちろん、40代以上の大人のメンズでも遊び心のあるスタイルとして楽しめるコーデです。

デニムとブーツでカジュアルな外しを効かせる

By: wear.jp

チェスターコートをカジュアルに着こなしたいメンズは、デニムと合わせるコーデがおすすめ。濃いめのインディゴデニムなら、清潔感をしっかり保つことが可能です。

チェスターコートはチェック柄を合わせることで地味になり過ぎず、コートの存在感がしっかりと際立っています。存在感のあるコートと対照的に、ニットやインナーのシャツ、ブーツはシンプルなカラーで統一。チェスターコートを際立たせつつも、落ち着いたおしゃれな大人の雰囲気にまとまります。

帽子やメガネ、カバンなどの小物でより個性をプラスすることもおすすめです。

アメカジアイテムと合わせればワイルドさをプラス

By: wear.jp

一見相性が悪そうなチェスターコートとアメカジスタイルですが、カラーを選べばおしゃれなコーデが可能。特に、アメカジアイテムの代表である赤黒のチェックシャツと茶系のチェスターコートの愛称は抜群です。アメカジテイストなチェックシャツによって、チェスターコートもカジュアルな雰囲気に見せられます。

さらに、デニムとブーツ合わせて、一気にワイルドさと男っぽさをプラス。デニムは太くなりすぎるとバランスが悪くなるので、程よい太さのものを選ぶことが重要です。

アメカジテイストをプラスするために、大きめのハットを合わせればよりおしゃれなコーデに仕上がります。