タートルネックニットやスラックスなど、キレイめアイテムとの相性がよい「チェスターコート」。大人っぽい着こなしを目指すなら、秋冬の定番アウターとして1枚は持っておきたいアイテムです。

そこで今回は、各ブランドからリリースされているチェスターコートのなかから、おすすめモデルを厳選してピックアップ。おしゃれなコーディネート例もあわせてご紹介するので、着こなしの参考にしてみてください。

チェスターコートとは?

By: amazon.co.jp

チェスターコートは、テーラードジャケットの丈を伸ばしたようなかっちりとしたフォルム、デザインが特徴のアウターです。「チェスターフィールドコート」と呼ばれることもあります。普段の着こなしからビジネス、フォーマルまで幅広いシーンで活躍するアイテムです。

今では秋冬アウターの定番といえるまでに定着し、各ブランドから素材や丈感の異なるさまざまなアイテムがリリースされています。なかには、薄手生地で春先まで着用できるモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

チェスターコートの選び方

サイズ感で選ぶ

By: rakuten.co.jp

チェスターコートをスマートに着用したい場合は、肩幅・身幅・袖丈が身体に合ったジャストサイズを選んでみてください。ただし、ジャケットや厚手のニットとレイヤードすることを想定して、肩や腕周りに若干の余裕を持たせるのがおすすめです。

対して、トレンド感のあるオーバーサイズのチェスターコートは、ラフな着こなしを楽しみたい場合に重宝します。

素材で選ぶ

By: rakuten.co.jp

総じてシンプルなデザインのモノが多いチェスターコート。その分、素材感がコーデに与える影響は大きくなるため、素材にこだわってアイテムをチョイスしましょう。

チェスターコートに使われることの多い素材はウール。あたたかみがあり、保温性にも優れているので人気があります。各ブランドが産地や特徴の異なるこだわりのウール素材を採用しているため、選ぶ際にはぜひその点にも注目してみてください。

また、少し奮発してよいモノを購入したい方には、カシミヤ素材を使ったチェスターコートがおすすめ。肌触りのよさ、保温性や上品な光沢が魅力です。

丈の長さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

チェスターコートは膝上丈のモノが一般的。アイテム数が多く、かつコーデのバランスも取りやすいので、強いこだわりがない限りは膝上丈のアイテムを選ぶのがおすすめです。

逆に、周りと差をつけたい方は最近人気を伸ばしているロング丈のアイテムも検討してみましょう。ただし、「着られている感」が出やすいので、上手にコーディネートのバランスを取ることが重要です。

チェスターコートのおすすめブランド

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)

ハイクオリティなアウターで有名なイギリスのファッションブランド「マッキントッシュ」のセカンドラインです。クラフトマンシップ溢れるアイテム作りの精神と、クラシカルさ、時代性を兼ね備えたスタイルを継承。手の届きやすいリーズナブルな価格設定が魅力です。

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY) ショートビーバーチェスターフィールドコート

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY) ショートビーバーチェスターフィールドコート

ウールにカシミヤを混紡した高級感のある生地で仕立てられたチェスターコート。裏面には蓄熱・透湿防水・防風機能のあるフィルムをあしらい、抜群の保温性と適度なハリ感を両立しています。

広めにとられたラペル幅や低めな設定のゴージラインがクラシカルな雰囲気を演出。表地のカラーリングに合わせた染めボタンを使用するなど、細部にまでこだわり抜かれたデザインが魅力です。

ラルディーニ(LARDINI)

「ラルディーニ」は30年以上にもわたってビッグメゾンの製品を作り続けてきたファクトリーブランドです。”テーラード市場のデザインをリードする”という野望のもと、製品洗いやハンドペインティングなどの技術を駆使した新しい表情のコレクションを展開しています。

ラルディーニ(LARDINI) チェスターコート SPEC

ラルディーニ(LARDINI) チェスターコート SPEC

フロントがダブルブレスト仕様となった重厚な雰囲気のチェスターコート。襟周りはゴージラインの高いピークドラペル、後身頃はセンターベントでシャープに仕上げています。

計算尽くのパターンワークにより、ジャケットだけでなくシャツやカットソーの上から羽織っても様になるのがポイント。左のラペルにあしらわれたブートニエールがデザインのアクセントになっています。

ラルディーニ(LARDINI) ツイードチェスターコート

ラルディーニ(LARDINI) ツイードチェスターコート

ラナウール製のツイード生地で仕立てられたチェスターコート。バーズアイを彷彿とさせる織り目と多色使いによる表情豊かな風合いが特徴で、秋冬のコーディネートの主役となるアイテムです。

ゴージラインを高めにとったセミワイドラペルを深いVゾーンで重ねることで、モダンな印象を与えます。シャツとレイヤードして軽やかに着こなすのがおすすめです。

ヘルノ(HERNO)

「ヘルノ」は1949年に創業したイタリアのファッションブランドです。看板アイテムであるカシミヤコートをはじめとする紳士服はもちろん、レディースウェアにも積極的にアプローチして地位を確立。最近はハイテク素材を伝統の製造技術で仕上げた革新的なクリエイションが注目を集めています。

ヘルノ(HERNO) ライナー付きチェスターコート

ヘルノ(HERNO) ライナー付きチェスターコート

首元から顔を覗かせるキルティングファブリック仕様のライニングが目を引くチェスターコート。マフラーなしでも厳寒期をしのげる防寒性抜群のアウターです。

ウールとポリアミドをミックスした表地はメルトン風の微起毛に仕上げ、フォーマルな雰囲気を演出。抜群の存在感でビジネス・カジュアルを問わずにコーディネートの主役となります。

パルト(PALTO)

「パルト」は2013年にスタートしたイタリアの新鋭ファッションブランド。”伝統と革新の融合”をコンセプトに、クラシックスタイルを踏襲しつつも、幅広い年代が着用しやすいスタイリッシュなコレクションを展開しています。テーラリング技術を活かしたエレガントなコートが看板アイテムです。

パルト(PALTO) チェスターコート AGOSTINO FELT

パルト(PALTO) チェスターコート AGOSTINO FELT

上質なウールをメインに、ポリアミドやカシミヤをミックスした生地を使用したチェスターコート。保温性が高く、寒さの厳しい季節でも快適な着心地を楽しめます。

短めなノッチドラペルやフロントのフラットポケットといった、シンプルでクラシカルなディテールがポイント。ライニングにジャカード織りでブランドロゴをあしらうなど、目に見えにくい部分までこだわって仕立てられています。

パルト(PALTO) チェスターコート GERALDO

パルト(PALTO) チェスターコート GERALDO

縮絨ウールを用いた千鳥格子柄のツイード生地で仕立てられたレトロな雰囲気のチェスターコート。内側にはキルティングファブリックのライニングをあしらっており、保温性はバッチリです。

スッキリとしたシルエットとヒップオーバーの絶妙な着丈によって、スタイリッシュに着こなせるのがポイント。手袋をしたままでも扱えるよう大きめに設定されたボタンが、デザインのアクセントになっています。

ティージャケット(T-JACKET)

テーラーとしての腕と伝統を活かしたアイテムで人気を博しているイタリアの重衣料ブランド「トネッロ」が手掛けるカジュアルライン。Tシャツ感覚で手軽に着用できるテーラードジャケットを中心に、モードとクラシックを融合させた新しいコレクションを展開しています。

ティージャケット(T-JACKET) チェスターコート

ティージャケット(T-JACKET) チェスターコート

暗めのトーンで落ち着きのあるチェック柄があしらわれたチェスターコート。バージンウールとポリアミドを混紡したツイル生地を使用しており、あたたかで素朴な風合いが魅力です。

英国風の佇まいを感じさせるスッキリとした細身のシルエットがポイント。ニットやウールパンツを用いたカジュアルスタイルで重宝するアイテムです。

ヒューゴボス(HUGO BOSS)

「ヒューゴボス」は1923年に設立されたドイツのラグジュアリーブランドです。身体のラインにフィットするしっかりとした作りのスーツで有名。メンズウェアだけでなくレディース・キッズウェア・アクセサリー・バッグ・香水など、幅広いアイテムを手掛けています。

ボスヒューゴボス(BOSS HUGO BOSS) フロントライナー付きチェスターコート BLACK NADIM

ボスヒューゴボス(BOSS HUGO BOSS) フロントライナー付きチェスターコート BLACK NADIM

ウールとナイロンをミックスした、グレンチェック柄のチェスターコート。ビジネスはもちろんプライベートでも使いやすい落ち着きのあるデザインが特徴です。

フロントライナーには中綿の入ったキルティングファブリックを採用。ジッパーを閉じれば首元を覆えるため、抜群の保温力で厳寒期のアウターとして重宝します。クラシックな着こなしが好みの方におすすめです。

タリアトーレ(TAGLIATORE)

1960年から存続する「レラリオ」社が母体となってスタートしたイタリアのファッションブランドです。優れたカッティング技術をもつ職人が揃っており、両脇からウエストを絞った立体的なパターンワークが特徴。厳選した素材を貫禄のあるクラシックスタイルに仕立てています。

タリアトーレ(TAGLIATORE) ツイードチェスターコート

タリアトーレ(TAGLIATORE) ツイードチェスターコート

コットン・ウール・ポリアミドを混紡したツイード生地のチェスターコート。英国テイストを感じさせるグレンチェック柄が、クラシカルな印象を与えています。

インパクトがあるデザインなので、シンプルなデザインのスーツやシャツと合わせて、コーディネートの主役にするのがおすすめ。ブランドのアイコンモチーフによるラペルボタンがアクセントとなっています。

ラブレス(LOVELESS)

「ラブレス」は東京を中心に店舗を展開しているセレクトショップです。感度の高いハイブランドだけでなく、新進デザイナーのウェアまでを幅広く扱っているのが特徴。2008年からはオリジナルブランドを手掛けており、素材や縫製にこだわったアイテム作りで人気を博しています。

ラブレス(LOVELESS) チェスターフィールドコート

ラブレス(LOVELESS) チェスターフィールドコート

上質なメルトン素材を使用したチェスターコート。高めに設定されたウエストや裾にかけての緩やかなAラインが特徴です。

ラグジュアリーブランドを手掛けるレベルの高い工場で製作されているため、ラペルや袖口の仕様は本格的。グレー・ブラック・ベージュの定番カラー3色が揃っています。

ロベルトコリーナ(Roberto Collina)

「ロベルトコリーナ」はイタリアのニットウェアブランドです。ウールを筆頭に、カシミヤ・アンゴラ・コットン・リネンといった多彩な素材使いが特徴。デザインセンスと技術力に定評があり、クラシックなモノからモダンなモノまで幅広いスタイルのアイテムを手掛けています。

ロベルトコリーナ(Roberto Collina) ニットチェスターコート

ロベルトコリーナ(Roberto Collina) ニットチェスターコート

ウール・モヘア・ナイロンをミックスしたこだわりのニット生地で仕立てられたチェスターコート。身体にフィットする細身のシルエットながらも、着丈はやや長めにとられており、絶妙なバランスが完成しています。

カジュアルな佇まいが特徴で、ニットやスウェットとのレイヤードでラフに着こなすのがおすすめ。落ち着きのあるネイビーとブラックの2色が用意されています。

リングヂャケット(RINGJACKET)

「リングヂャケット」は1954年に大阪で設立された国内屈指のスーツファクトリー。”注文服のような着心地の既製服”というコンセプトのもと、熟練の職人技と最新の機材、厳選を重ねた良質な素材を駆使してハイクオリティなスーツを生産し続けています。

リングヂャケット(RINGJACKET) チェスターコート New Ballon

リングヂャケット(RINGJACKET) チェスターコート New Ballon

やや厚手ながらも伸縮性に優れたオリジナルのウール生地を使用したチェスターコート。日本人の体型に合ったサイズで仕立てられているのが魅力です。

フラップ付きのパッチポケットや、後身頃のウエストベルトといったカジュアルなディテールを採用。アームホールをはじめとする縫製には熟練の職人技が活かされており、抜群のクオリティを誇っています。

アクアスキュータム(Aquascutum)

「アクアスキュータム」は19世紀のロンドンで高級服仕立屋としてスタートした、長い歴史をもつ老舗ファッションブランド。ラテン語の”水”と”盾”を組み合わせた造語をブランド名に冠しており、同名の防水コートがビクトリア朝時代に評価されて以来、クオリティの高いアウターで支持を集めています。

アクアスキュータム(Aquascutum) カシミヤ混ウールチェスターコート

アクアスキュータム(Aquascutum) カシミヤ混ウールチェスターコート

シングルブレストによるスマートな佇まいが目を引くチェスターコート。ウールにカシミヤを混紡したイタリア「ロロピアーナ」社製の生地を使用しており、品のある光沢がラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

耐水性に優れているため、悪天候時にも着用しやすいのがポイント。タイドアップしたシャツと合わせるなど、フォーマルに着こなすのがおすすめです。

カズユキクマガイ(KAZUYUKI KUMAGAI)

人気ドメスティックブランド「アタッチメント」のデザイナーが自身の名を冠した海外向けのコレクションライン。糸からこだわり抜いた上質な生地を、スッキリとしたシルエットで仕上げたクリーンな雰囲気のウェアを展開しています。シャープでミニマムなデザインが特徴です。

カズユキクマガイ(KAZUYUKI KUMAGAI) モッサカモフラージュプリント チェスターコート

カズユキクマガイ(KAZUYUKI KUMAGAI) モッサカモフラージュプリント チェスターコート

ウールヘンプ糸で織り上げた保温力の高いモッサ地を使用したチェスターコート。全面にカモフラージュ柄があしらわれているためインパクトは抜群。秋冬のコーディネートの主役となるアイテムです。

ラペルの上部にホック、襟裏にはカラークロスを装備しており、襟を立てて着こなすのもおすすめ。細身のボトムスを用いたモード風のスタイリングと好相性です。

アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI Alexandre Mattiussi)

「ディオール」などでキャリアを積んだデザイナーが、2011年に立ち上げたフランスのファッションブランドです。クールなデザインながらもリラックスして着用できるリアルクローズを提案。ハイクオリティなコレクションをリーズナブルな価格で展開しているのが魅力です。

アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI Alexandre Mattiussi) ヘリンボーンチェスターコート

アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI Alexandre Mattiussi) ヘリンボーンチェスターコート

正統派ながらもカッチリしすぎないヘリンボーン柄が印象的なチェスターコート。内側はフルライニング、袖口は本切羽で仕上げるなど、本格的なディテールが魅力です。

大きめのフロントボタンや襟と立てた際に顔を覗かせるホワイトカラーがデザインのアクセント。絶妙な着丈に設定されているため、キレイめからカジュアルまでの幅広いコーディネートで重宝するアイテムです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

「タケオキクチ」は1984年にスタートした日本のファッションブランドです。色気と遊び心のあるコレクションに、時代性をさり気なく反映させているのが特徴。日本ならではの技術力と30年を超えるブランドの歴史に裏打ちされた、確かなクオリティのウェアを展開しています。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ウールカシミアヘリンボーンチェスターコート

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ウールカシミアヘリンボーンチェスターコート

Vゾーンが広く美しい段返り3つボタン仕様のチェスターコート。肩周りや胸周りは立体的に仕立てられており、スーツの上から羽織るのにピッタリなアイテムです。

ウールとカシミヤを混紡した表地を丹念に起毛させることで、滑らかな手触りと柔らかい風合いを実現。胴裏にはブランドアイコンのボーラーハットを織り交ぜた遊び心のあるデザインの裏地を採用しています。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

「ユナイテッドアローズ」は日本全国に店舗を展開する大手セレクトショップ。”豊かさ・上質感”をコンセプトに国内外からセレクトした選りすぐりのブランド品と、豊富なオリジナルウェアが揃うメインラインを筆頭に、テイストの異なるさまざまなレーベルを手掛けています。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) チェスターフィールドコート

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) チェスターフィールドコート

ゆとりのあるリラックスしたシルエットと、コンパクトに設定されたテーラードカラーのバランスが美しいチェスターコート。ウールにナイロンやポリエステルを混紡した表地は、手触りがよく繊細な表情が魅力です。

カラーリングは着まわしやすいダークグレーとネイビーの2色。上質な素材感を引き立たせるシンプルなデザインに仕上げられているため、流行に左右されずに長く着用できます。

ビームス(BEAMS)

「ビームス」は1976年にスタートした日本のセレクトショップです。コンセプトは着心地のよいデイリーウェア。旅をテーマにした「ビームスライツ」や幅広い世代に向けた「ビーミングバイビームス」など、テイストの異なるさまざまなオリジナルレーベルを展開しています。

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) ハリスツイードチェスターコート

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) ハリスツイードチェスターコート

「ハリスツイード」社製のあたたかみのある雰囲気が魅力の生地を使用したチェスターコート。スッキリとした細身のシルエットに仕立てられているため、スタイリッシュに着こなせます。

内側は使い勝手のよいポケット付きの総裏仕様。オンオフで両用できる万能アイテムで、シャツやタートルネックといった首元の詰まったトップスと好相性です。

ビーミングバイビームス(B:MING by BEAMS) タスマニアチェスターコート

ビーミングバイビームス(B:MING by BEAMS) タスマニアチェスターコート

スーツや厚手のニットとレイヤードしやすい、ややゆとりのあるシルエットで仕上げられたチェスターコート。膝上までの短めな着丈に設定されているため、トレンド感のある着こなしが楽しめます。

トラディショナルな雰囲気が目を引くチェック柄の生地を採用。味わい深いオリーブとネイビーのカラーリングが用意されており、カジュアルスタイルで重宝する1着です。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

「アーバンリサーチ」はカルチャーを交えながら”都市に生きる自分らしい人々”に向けたライフスタイルを提案するセレクトショップ。カジュアルテイストをベースにしたスタイリッシュなデザインのウェアから、生活を鮮やかに彩る雑貨までを幅広く取り揃えています。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) NOBILIAチェスターコート

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) NOBILIAチェスターコート

イタリアのテキスタイルメーカーにオーダーしたオリジナル生地を使用したチェスターコート。定番のネイビー・キャメルに加えて、グレーベースのスモーキーカラーやチェック柄といった豊富なバリエーションが用意されています。

ジャストフィットながらも、ややゆとりのあるシルエットに仕上げられており、スーツと合わせたフォーマルな着こなしから、パーカーとのラフなレイヤードスタイルまでの幅広いコーディネートで活躍するアイテムです。

ナノユニバース(nano・universe)

1999年に渋谷で1号店をオープンした「ナノユニバース」は、現在日本全国で店舗を運営するなど成長を続けているセレクトショップ。選りすぐりのインポートアイテムに加えて、ヨーロピアントラディショナルをベースにトレンド要素を加えたオリジナルウェアを展開しています。

ナノユニバース(nano・universe) メルトンチェスターコート

ナノユニバース(nano・universe) メルトンチェスターコート

柔らかな風合いのメルトン生地で仕立てられたチェスターコート。シャープな印象を与えるピークドラペルを採用するなど、スタイリッシュなデザインが特徴です。

高機能素材、サーモライト製の中綿が入っているため、保温力はバッチリ。スラックスはもちろん、デニムやチノパンといったカジュアルなボトムスとも相性のよい、汎用性抜群のアイテムです。

チェスターコートのおすすめコーデ

ボルドーのチェスターコートを主役にした秋冬コーデ

By: wear.jp

ボルドーのチェスターコートを主役にしたコーディネートです。ビッグシルエットのアウターに対して、ボトムスにはスキニーパンツを選択して、シルエットにメリハリを効かせているのがポイント。存在感のあるカラーリングのチェスターコートを着用する際は、ほかのアイテムをダークトーンでまとめると、スタイリングがシックに決まります。

秋らしいカラーリングを組み合わせたレイヤードスタイル

By: wear.jp

ブラウンのチェスターコートとライトグリーンのニットによるレイヤードスタイルです。秋らしいカラーリングの組み合わせであたたかみのある雰囲気を演出。ニットキャップとトートバッグにはホワイト、レザーシューズにはブラックとモノトーンを選択し、コーディネートに落ち着きを与えています。

カジュアルなアイテムでチェスターコートをカジュアルダウン

By: wear.jp

シックなデザインのチェスターコートを、スウェットシャツやコーデュロイクライミングパンツと合わせて、うまくカジュアルダウンしたコーディネート。トップスやボトムスに用いたグレーとブラウンの中間色を、アウターとシューズのブラックで挟み込むことで、全身の雰囲気にまとまりが生まれています。

モノトーンで着こなすカジュアルスタイル

By: wear.jp

チェスターコートをパーカーとのレイヤードで軽やかに着こなしたコーディネートです。細身のアウターやボトムスに、カジュアルなキャップとスニーカーを合わせることで、こなれ感のあるミックススタイルが完成。統一感のある雰囲気を演出するため、全身のカラーリングをモノトーンでまとめています。

ショート丈のチェスターコートをタックアウトしたシャツとレイヤード

By: wear.jp

ショート丈のチェスターコートを、Vネックニットやシャツとレイヤード。タックアウトで着用したシャツとアウターの着丈が揃っており、コーディネートの完成度を高めています。コンパクトにまとまった上半身に対して、ボトムスにはゆったりとしたシルエットのスラックスを選択することで、バランスをとっているのがポイントです。

ブラックのチェスターコートをモード風に着こなす

By: wear.jp

アウターを筆頭にボトムス・シューズ・帽子・バッグをブラックでまとめたモード風のコーディネート。チェスターコートをスタイリッシュに着こなしたい場合におすすめです。ビビッドなイエローが目を引くインナーや、アンクルパンツから顔を覗かせるホワイトのソックスがスタイリングのアクセントとなっています。

グレーのチェスターコートを同色のアイテムと合わせて着こなす

By: wear.jp

アウターのチェスターコート、トップスのタートルネックニット、ボトムスをグレーでまとめたミニマムなコーディネートです。同色ながらも生地感やトーンの異なるアイテムを組み合わせることで、表情豊かな佇まいが完成。足元にはブラックのレザーシューズを選択し、スタイリングを落ち着かせています。