ダッフルコートはもともと、漁師や海軍などが海上で着用する作業着として用いてきた機能性の高いアウターです。ゆったりとしたシルエットのモノからスマートに着こなせるモノまで、丈や素材の種類がさまざまなので自分好みのコーデに仕上げられるのが魅力。そこで今回は、ダッフルコートの選び方やおすすめブランド、コーディネートの例をご紹介します。

ダッフルコートとは?

By: rakuten.co.jp

ダッフルコートは、北欧の漁師たちが仕事着として着用したことが始まりという説があり、その歴史は約200年前まで遡ります。ベルギーにある「デュフェル」という町が生地の原産地で、その英語読みである”ダッフル”からダッフルコートという名前が誕生しました。

第二次世界大戦中のイギリス海軍で防寒着として用いられましたが、終戦後に余剰品が出回ったことで一般的にも普及し、現在に至ります。

ダッフルコートの特徴

大きめのフードとトグル

By: rakuten.co.jp

もともと海軍の防寒着だったことから、海上での強い風や水しぶきなどを防ぐため、帽子の上からでも被れる大きめのフードが付いています。「トグル」と呼ばれる留め具を紐に通すことで、コートの前面を閉じられるのが特徴。トグルの素材は木製や金属製、紐の素材は麻や革などが主流です。

さまざまな素材

By: amazon.co.jp

本来のダッフルコートは起毛仕上げが施された厚手のメルトン素材を採用しており、厳しい条件下でも耐えられる防風性・保温性・耐水性などに優れたつくりが特徴でした。

現在のダッフルコートはメルトン素材に限らず、ポリエステルやフリースなどさまざまな素材を用いて作られており、バリエーション豊かな製品が発売されています。

ダッフルコートの選び方

丈の長さで選ぶ

ロングタイプ

By: rakuten.co.jp

膝丈を超えるロングタイプは、ダッフルコートの定番ともいえるクラシカルな長さです。ダッフルコートらしいゆったりとしたシルエットで存在感があり、足まで暖かいのが特徴。スーツスタイルに合わせると、フォーマルさを失うことなくきちんとした印象に仕上げられます。ただし、足元まで覆われる長さのため、動きが制限されてしまう点には注意が必要です。

ハーフタイプ

By: amazon.co.jp

丈が太ももの上あたりまでのハーフタイプは、日本で発売されているダッフルコートの中ではもっとも一般的な長さです。動きやすさを保ちつつ、カジュアルダウンしすぎないのが魅力。スーツに合わせても違和感がないのはもちろん、普段使いの服装にも合わせやすいので、丈選びに迷ったらハーフタイプを選ぶのがおすすめです。

ショートタイプ

By: rakuten.co.jp

長さが腰までのカジュアルなショートタイプ。「ダッフルコートはボリュームがあって着こなしのバランスが難しい……。」と感じている方におすすめです。ロングタイプやハーフタイプに比べてスッキリと着こなせるので、ラフな印象に仕上がります。また、ショートタイプであれば比較的リーズナブルな価格で入手できるため、初めてダッフルコートに挑戦する方にもおすすめです。

カラーで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ダッフルコートの定番であるキャメルは、優しい色合いで上品さと柔らかさを演出してくれる人気のカラー。そのほかにも、鮮やかなカラーや柄モノのダッフルコートも多く発売されています。ビジネスシーンで着る場合は、ブラックやネイビーなどの落ち着いた色合いがおすすめです。

サイズ感で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ダッフルコートが海軍で用いられていた時代のシルエットは、制服の上から着用することを前提にデザインされていたため、全体的に余裕を持たせた作りでした。

近年発売されているダッフルコートは、伝統的な特徴はそのままにファッション性やトレンドを追求しており、ゆったりしたシルエットのモノはもちろん、スマートなシルエットのモノも展開されているのがポイント。演出したい雰囲気や好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

ダッフルコートのおすすめブランド

グローバーオール(GLOVERALL)

1951年にイギリスで創業されたブランド。第二次世界大戦の後にいらなくなったダッフルコートの委託販売を経て、自社製ダッフルコートの生産を開始しました。ベストセラーモデルである「モンティ(MONTY)」をはじめ、上質な素材を使ったさまざまなモデルが、ダッフルコートの代名詞として世界中から親しまれています。

グローバーオール(GLOVERALL) Uion Jack MONTY 3585/52

創業60周年を記念して作られた海軍仕様のダッフルコート。創業当初のクラシカルなデザインを採用しているのが特徴です。裾のばたつきを防ぐためのレッグストラップを用いていたり、トグルを高めの位置に付けていたりと当時の海軍仕様を忠実に再現しています。

裏地にはイギリスブランドらしくユニオンジャックが使用されており、細部からもグローバーオールのルーツを感じられるのが魅力。色あせることのないデザインで、冬場の定番として長く着用できます。

グローバーオール(GLOVERALL) Duffel Coat 920

グローバーオールの正統派シルエットを、日本人の体型に合わせてアレンジしたモデル。ボディを細身に絞り、スマートなシルエットにすることですっきりとした着こなしができます。中に重ね着をしたい方や、ゆったりと着たい方は大きめのサイズを選ぶのがおすすめ。裏地はチェック柄になっており、さりげない遊び心を感じられるモデルです。

オーシバル(ORCIVAL)

1939年にフランスで生まれたブランド。海軍向けにマリンTシャツを提供していました。フレンチマリンを代表するブランドとして愛され続けている理由は、品質のよさと着心地にあります。オーシバルのダッフルコートは、スッキリしたシルエットと蜂のエンブレムが特徴です。

オーシバル(ORCIVAL) PILE CUT HERRINGBONE ダッフルコート RC-8413NEV

イタリアのLeTinte社のウールを使用しているダッフルコート。ボリュームのある素材感と、凹凸のあるヘリンボーン生地が特徴です。生地とトグルに落ち着いたカラーを採用しており、シンプルな印象を与えます。ポケットについたオーシバルのロゴがアクセントとなっているのも魅力。トラディショナルなコーデに合わせて着用できるダッフルコートです。

オーシバル(ORCIVAL) GEELONG LAMB’S MELTON RC-8359GLM

ダッフルコートに初めて挑戦する方でも着こなしやすいショートタイプのダッフルコート。上質なジーロンラム素材を100%使用しており、厚手でしっかりとした触り心地に仕上がっているのが特徴です。裏地がないため、スマートなシルエットを保てます。フードの内側にあるボタンや、身丈部分に施されたパイピングがさりげないアクセントとなっているのもポイントです。

ロンドントラディション(LONDON TRADITION)

2001年にイギリスでスタートしたブランド。英国製にこだわったモノづくりで、品質の高さを実現しているのが魅力です。ダッフルコートやハリスツイードなどイギリスの伝統的なアイテムを数多く生産。ロンドントラディションのダッフルコートは、重厚感のあるつくりと細部までこだわりが感じられるデザインで人気を集めています。

ロンドントラディション(LONDON TRADITION) MARTIN SLIM NYNF

目の詰まった厚手のメルトンウールを使用した暖かいダッフルコート。柔らかな手触りのハーフ丈で着用したままでも動きやすいのが特徴です。コーディネートがしやすいスリムなシルエットもポイント。木製のトグルと麻で作られた紐がカジュアルで優しい印象を与えてくれます。デニムやセーターなどの軽い着こなしと合わせるのがおすすめです。

ロンドントラディション(LONDON TRADITION) OVER SIZE DFL

定番のシルエットをベースにしながらも、ゆったりとしたサイズ感に仕上げているダッフルコート。ロンドントラディションのこだわりである紐の革づかいや裏地のチェック柄などがしっかりと活かされています。

ゆったりサイズですが、丈が長すぎず短すぎないためコーディネートしやすいのが特徴です。カジュアルなデニムやスラックスに合わせて着るとバランスのよいコーデに仕上がります。

マッキントッシュ(MACKINTOSH)

マッキントッシュは1823年に誕生したファッションブランド。同ブランドが発明した防水布「マッキントッシュクロス」は、当時良質な雨具がなかったイギリスにとって革命的なアイテムとなりました。

マッキントッシュのデザイン性と機能性はダッフルコートにも生かされており、伝統的かつスマートな要素を備えています。

マッキントッシュ(MACKINTOSH) メンズウールダッフルコート GM-013

ウール100%生地の上質な質感が目を引くダッフルコート。丈が長めにできているため、スーツに合わせればスマートかつ上品に着用できるのが魅力です。

首元にあるチンストラップを閉じれば、マフラーがなくても暖かく保てます。革製の紐を採用することで高級感があるのも特徴です。

フィデリティ(FIDELITY)

1941年にアメリカで創業された「フィデリティ」。海軍にウェアを提供していたメーカーとしても知られています。メルトン素材で作られたピーコートが有名ですが、ダッフルコートも人気が高く、高密度かつ保温性に優れたモデルを多く揃えているのが魅力です。

フィデリティ(FIDELITY) ダッフルコート

保温性に優れた密度の高いウール素材を使用しているダッフルコート。丈が短めなので、アクティブで若々しい印象を与えたいときにおすすめです。前面はトグルで開閉ができるほか、ジッパーも付いているのでしっかり防寒できます。内側には小物を入れられる小さなポケットが付いており、収納面も充実しているのが魅力です。

バーバリー(BURBERRY)

「バーバリー」は1856年に生まれたイギリスの代表的ブランド。創業者が考案した「ギャバジン」素材は耐久性・防水性に優れており、従来のレインウェアの常識を大きく変えました。バーバリーのダッフルコートはフードが取り外し可能だったり、裏地にチェック柄があしらわれていたりとさりげないこだわりを感じられるのがポイントです。

バーバリー(BURBERRY) The Greenwich Duffle Coat 8002438

長めの丈でゆったりとしたシルエットのダッフルコート。しっかりとした厚みのあるウール生地は高級感があり、クラシカルなコーデにマッチするモデルです。木製のトグルひとつひとつに施された刻印や、フードの内側に施されたバーバリーを象徴するチェック柄がアクセントとなっています。

トラディッショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear)

1974年創業のアウターウェアブランド。ゴム引きコートの製造販売からスタートしました。英国伝統のスタイルを継承しつつ、現在的な要素も取り入れた製品が魅力。ダッフルコートもデザイン性と機能性に優れたスタイリッシュな製品が揃っています。

トラディッショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear) ROYTON CH0947

ダウン地を使ったダッフルコート。中綿にはダウン90%とフェザー10%を使用しており、軽量ながら保温性に優れているのが特徴です。トグルと紐をブラックで合わせることすっきりとシンプルに着こなせます。トラディショナルな雰囲気を残しながらも、スポーティな要素を入れることでスーツスタイルにもカジュアルな装いにも活躍するモデルです。

インバーティア(INVERTERE)

1904年にイギリスで創業したコートブランド。インバーティアという名前はラテン語で「ぐるりと向きを変える」を意味しており、その名の通りリバーシブルコートを開発しているのが特徴です。主力製品のひとつであるダッフルコートには「Joshua Ellis」という最高品質の生地を使用。長く愛用できる製品を探している方におすすめです。

インバーティア(INVERTERE) NEWTON ABBOT

インバーティアのコートのために織られた素材「Joshua Ellis」を使用しているダッフルコート。しっかりとした厚手のヘリンボーン地を採用していながら、柔らかな着心地を実現しているのが特徴。生地表面の凹凸が独特のあたたかみと風格を感じさせる上質な雰囲気も魅力です。紐には牛革を使用しているため、使い込むほどに味が出てきます。

ビームス(BEAMS)

1976年に誕生したメンズのカジュアルレーベル。ブランドのテーマは”BASIC & EXCITING”です。世界の最新トレンドを取り入れつつ、毎日使える日常着を提供しています。ビームスのダッフルコートはブランドのコンセプト通り、ベーシックで着こなしの幅を広げられるデザインが特徴です。

ビームス(BEAMS) 中綿 テックツイード ダッフルコート 11190452690

ウールのような質感のポリエステルツイード素材を使用したダッフルコート。この生地には軽量でシワになりにくい特徴があります。中綿にはダウンのような暖かさの素材が使われているので、優れた防寒性を発揮するのが特徴です。

大きめのシルエットに仕上げることで現代的な要素を追加。ほかの人と被らない個性派な冬のおしゃれを楽しみたい方におすすめのモデルです。

バーク(Bark)

「バーク」は2011年に生まれたイタリアのニットブランド。特殊な編み方の”バーク編み”を採用したニットアウターを取り扱っているのが特徴です。存在感のある見た目も人気の理由のひとつ。バークが展開するダッフルコートは、トグルやロゴなどの細かいディテールにもこだわっているのがポイントです。

バーク(Bark) ダッフルコート 72B8005

バーク独特の網み目が特徴的なニットタイプのダッフルコート。ニットは風を通すので冬に着るには寒いのではと思う方もいるかもしれませんが、ライニングに防寒性に優れたポリエステルの生地を採用しているので寒さ対策がしっかりできます。

着る人や合わせるアイテムによっても全く違った表情を見せるので、さまざまな着こなしを楽しみたい方におすすめです。

バーク(Bark) ニットダッフルダウンジャケット 72B8043-0261

バーク編みのニットとダウンの異素材をドッキングしたユニークなデザインのダッフルコート。ニットのみ採用した素材よりも、ダウン90%・フェザー10%を中に詰めたダウンを使用することで、より暖かく軽量な点が特徴です。トグルのほかに5つのスナップボタンがついているので、前面を閉じてしっかり保温できます。

モンゴメリー(MONTGOMERY)

「モンゴメリー」は、かつて海軍にアウターウェアを提供していたIDEAL CLOTHINGという会社でした。チベット社に吸収された後、ノルマンディ上陸作戦のモンゴメリー元帥がダッフルコートを使用したことに敬意を表して、社名をモンゴメリーに変更。職人のクラフトマンシップと伝統が感じられるモンゴメリーのダッフルコートは世界中で人気を集めています。

モンゴメリー(MONTGOMERY) SOLID DUFFLE MFL-16008-Solid

程よい丈感で着こなしやすいデザインのダッフルコート。長めに付けられた大きめの紐や首元のチンストラップが特徴です。ウール90%を使用した素材はしっかりとした手触りながら、軽量で薄手にできており、着膨れすることなく着られます。

細部に到るまで第二次世界大戦時に採用されていたモデルを再現しているため、ヴィンテージが好きな方にもおすすめです。

モンゴメリー(MONTGOMERY) CRAZY PATTERN DUFFLE MFL16008-Denim-mix

奇抜な生地づかいが特徴のデザイン性に優れたダッフルコート。着ているうちに体に馴染んでいき、デニム特有の風合いやヴィンテージ感が楽しめるモデルです。

メルトン生地にデニムを打ち込んだ特別な生地を採用し、通常のメルトン生地に比べるとハリがあります。あえて軽めの作りになっているので、秋から春まで長く使えるモデルを探している方におすすめです。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH)

「精神的な美」「永続的な若さ」という2つのコンセプトを軸に、カジュアルからフォーマルまでトータルスタイリングできるアイテムを展開しているブランド。幅広い製品ラインナップを世界中から取り揃えています。同ブランドのダッフルコートは、年齢を問わずに着こなせるデザインが魅力です。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH) カットパイル ダッフルコート

イタリアの伝統的なウールメーカー「Vallombrosa」の生地を使用したダッフルコート。キャメルの優しい色合いと程よい丈感が上品な印象を与えてくれます。トグルを通す紐に牛革を用いることで、高級感を演出しているのも魅力。トラディショナルでコーデに合わせやすいモデルのため、初めてダッフルコートに挑戦する方にもおすすめです。

ダッフルコートの着こなしポイント

シルエット選びに注意

By: amazon.co.jp

ダッフルコートを初めて購入する際は、迷ったらジャストサイズのモデルを選ぶのがおすすめ。シルエットが大きすぎたり、余裕がありすぎたりするとメリハリがない印象に見えてしまいます。

既にジャストサイズのアイテムを持っている方は、大きめなシルエットのダッフルコートに挑戦していろいろな着こなしを楽しむのもおすすめ。スリムなシルエットのモデルをチョイスする場合は、厚手のインナーを着ると窮屈になってしまうため、インナーが薄手でも寒くない素材選びをするのが大事です。

タートルネックやセーターを合わせたトラッドな装いがおすすめ

By: amazon.co.jp

ダッフルコートをスタイリッシュにコーディネートする際のキーワードは”伝統的”を意味する「トラッド」です。例えば、タートルネックにスラックスを合わせると、トラディショナルでクリーンな印象のコーディネートができあがります。

シャツとセーターの組み合わせにジーンズをチョイスして、その上にダッフルコートを羽織ればこなれた印象の大人な着こなしが完成。カジュアルなイメージのあるダッフルコートだからこそ、シンプルなコーディネートがマッチします。

ダッフルコートのメンズコーデ

ロング丈は上品にまとめる

By: wear.jp

膝あたりまでくる長い丈のダッフルコートは、シャツと合わせて上品さを演出するのがおすすめ。シャツやパンツを同系色で合わせると、全体的に重い印象になってしまうので、インナーは柄物などを用いて変化をつけるとメリハリが出ます。

カーキをチョイスして個性的なコーデに

By: zozo.jp

あえて黒やネイビーなどの落ち着いた色ではなく、カーキをチョイスしたコーデ。インナーのセーターに赤をチョイスすることで、カーキのアウターやパンツが際立ちます。インナーを派手にしたり、帽子などの小物を使ったりすれば”こなれ感”が出るのでおすすめです。

ブラックのインナーで引き締め効果を狙う

By: wear.jp

柔らかくてソフトな雰囲気のあるキャメルのダッフルコートは、同系色のアイテムと合わせると膨張して見えたり幼く見えたりすることあるので、黒のアイテムで引き締めるのがおすすめ。アウター以外のアイテムを黒でまとめたり、タートルネックで清潔感を出したりすると大人っぽく仕上がります。

落ち着いた色合いならスーツにもよく合う

By: zozo.jp

スーツにダッフルコートを合わせる際は、細身でスタイリッシュなシルエットのモデルをチョイスするのがおすすめです。スーツの色やTPOに合わせて、ベーシックな色を選ぶとスマートに着こなせます。丈が長すぎると動きづらくなり、短すぎるとカジュアルすぎる印象になるので、程よい丈感のアイテムを探しましょう。

色物のダッフルコートでスタイリッシュにきめる

By: wear.jp

ダッフルコートを選ぶときはベーシックな色をチョイスしがちですが、他と差をつけるなら青やオレンジなど色物のモデルもおすすめです。色物のダッフルコートは、コーディネート次第でスタイリッシュに取り入れられます。

いつも黒・グレー・白などをインナーとして着ることが多い方も、ダッフルコートを明るい色のモノにすることで、バランスのよい着こなしができます。