漁師や海軍などが海上で着用する作業着として用いてきた、機能性の高いアウターである「ダッフルコート」。ゆったりとしたシルエットからスマートに着こなせるモノまで、丈や素材の種類がさまざまなので自分好みのコーデに仕上げられるのが魅力です。

そこで今回は、ダッフルコートの選び方やおすすめブランド、コーディネートの例をご紹介します。ぜひ本記事を参考にして、自分好みの1着を見つけてみてください。

ダッフルコートとは?

By: amazon.co.jp

ダッフルコートは、北欧の漁師たちが仕事着として着用したことが始まりという説があり、その歴史は約200年前まで遡ります。ベルギーにある「デュフェル」という町が生地の原産地で、英語読みである”ダッフル”からダッフルコートと呼ばれるようになりました。

第二次世界大戦中のイギリス海軍で防寒着として用いられましたが、終戦後に余剰品が出回ったことで一般的にも普及し、現在に至ります。

ダッフルコートの特徴

大きめのフードとトグル

By: rakuten.co.jp

もともと海軍の防寒着だったことから、海上での強い風や水しぶきなどを防ぐため、帽子の上からでも被れる大きめのフードが付いています。「トグル」と呼ばれる留め具を紐に通すことで、コートの前面を閉じられるのが特徴。トグルの素材は木製や金属製、紐の素材は麻や革などが主流です。

さまざまな素材

By: rakuten.co.jp

本来のダッフルコートは起毛仕上げが施された厚手のメルトン素材を採用しており、厳しい条件下でも耐えられる防風性・保温性・耐水性などに優れた作りが特徴でした。

現在のダッフルコートはメルトン素材に限らず、ポリエステルやフリースなどさまざまな素材を用いて作られており、バリエーション豊かな製品がラインナップされています。

ダッフルコートの選び方

丈の長さで選ぶ

ロングタイプ

By: rakuten.co.jp

膝丈を超えるロングタイプは、ダッフルコートの定番ともいえるクラシカルな長さです。ダッフルコートらしいゆったりとしたシルエットで存在感があり、足まであたたかいのが特徴。スーツスタイルに合わせると、フォーマルさを失うことなくきちんとした印象に仕上げられます。

ただし、膝を覆う長さのため、動きが制限されてしまう点には注意が必要です。

ハーフタイプ

By: amazon.co.jp

丈が太ももの上あたりまでのハーフタイプは、日本で発売されているダッフルコートのなかでは最も一般的な長さです。動きやすさを保ちつつ、カジュアルダウンしすぎないのが魅力。

スーツに合わせても違和感がないのはもちろん、普段使いの服装にも合わせやすいので、丈選びに迷ったらハーフタイプを選ぶのがおすすめです。

ショートタイプ

By: rakuten.co.jp

長さが腰までのカジュアルなショートタイプ。「ダッフルコートはボリュームがあって着こなしのバランスが難しい」と感じている方におすすめです。ロングタイプやハーフタイプに比べてスッキリと着こなせるので、ラフな印象に仕上がります。

また、ショートタイプは比較的リーズナブルな価格で入手できるため、初めてダッフルコートに挑戦する方にもおすすめです。

カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

ダッフルコートの定番であるキャメルは、優しい色合いで上品さと柔らかさを演出する人気のカラー。そのほかにも、鮮やかなカラーや柄モノのダッフルコートも多く発売されています。ビジネスシーンで着る場合は、ブラックやネイビーなどの落ち着いた色合いがおすすめです。

サイズ感で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ダッフルコートが海軍で用いられていた時代のシルエットは、制服の上から着用することを前提にデザインされていたため、全体的に余裕を持たせた作りでした。

最近のダッフルコートは、伝統的な特徴はそのままにファッション性やトレンドを追求しており、ゆったりしたシルエットのモノはもちろん、スリムなシルエットのモノも展開されているのがポイント。演出したい雰囲気や好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

ダッフルコートのおすすめブランド

グローバーオール(GLOVERALL)

「グローバーオール」はイギリスを代表するアウターウェアブランドです。英国海軍に採用されていたダッフルコートを、タウンユースしやすいデザインやシルエットに改良したことで有名。素材へのこだわりは創業当初から一貫しており、ファッション性と優れた品質を兼ね備えたアイテムで人気を博しています。

グローバーオール(GLOVERALL) メルトンウールロングダッフルコート エリザダッフル MS5263MM

ウールにポリエステルを混紡した、肌触りの柔らかな生地で仕立てられたダッフルコート。袖裏には袖通しをスムーズにするため裏地をあしらうなど、目に見えにくい部分までこだわっているのが魅力です。

フロントの留め具に選択したのは高級感のある水牛トグル。レザー製のループを合わせ、スタイリッシュなデザインに仕上げています。フードは着脱式で、取り外せばステンカラーコート風に着用可能です。

オーシバル(ORCIVAL)

「オーシバル」は1950~60年代にフランス海軍へ制服を提供していた由緒あるマリンウェアブランドです。現在ではフランスに数台しか残っていない縦編み機で作られる、ラッセル生地を使用したマリンTシャツが定番アイテム。オーセンティックなデザインが好きな方におすすめします。

オーシバル(ORCIVAL) ロングダッフルコート RC-8925NGL

高級ウールとして知られるジーロンラムを使用したロング丈のダッフルコート。厚手のしっかりとした生地に仕上げているため、型崩れしにくく保温性に優れています。

流行に左右されることなく長く着用できるベーシックなデザインがポイント。左側のポケットにはブランドのトレードマークであるミツバチのワッペンがあしらわれています。

ロンドントラディション(LONDON TRADITION)

イギリスの老舗衣料品メーカー出身の創業者が2001年にロンドンでスタートしたファッションブランド「ロンドントラディション」。熟練の職人の手で仕上げられたハイクオリティなアウターをリーズナブルな価格で展開しています。防寒性に優れた実用的なダッフルコートを探している方におすすめのブランドです。

ロンドントラディション(LONDON TRADITION) ダッフルコート マーティンショート

動きやすく、軽やかに着こなせるショート丈のダッフルコート。風を通しにくい厚手のウール生地を使用しており、首元のチンストラップを閉じれば防寒性がよりいっそう高まります。

裏生地はタータンチェック柄で、英国らしさを感じさせるデザインがポイント。さまざまなコーディネートで活躍する、汎用性に優れたアウターを探している方におすすめします。

ロンドントラディション(LONDON TRADITION) ダッフルコート モンティ

目の詰まったウール素材を使用した、保温性に優れたダッフルコート。フードサイズを調節できるスナップボタン、フロントにあしらわれた縄紐ループと木製トグルなど、クラシカルな雰囲気のディテールが目を引きます。

裏側に大きなインナーポケットをあしらってしており、収納力はバッチリ。カラーリングにはベーシックで使いやすいネイビー、カジュアルな印象を与えるカーキが用意されています。

マッキントッシュ(MACKINTOSH)

「マッキントッシュ」は1823年に設立されたイギリスの老舗アウターウェアブランド。天然ゴムを2枚の生地で挟んで圧着させた防水布を開発するなど、革新的なモノ作りで支持を集めています。品質のよさはもちろん、シンプルで洗練されたデザインが魅力です。

マッキントッシュ(MACKINTOSH) WEIR SHORT GM-013

滑らかな肌触りのウール生地で仕立てられたダッフルコート。着丈は膝上までのバランスのよい長さで、スーツの上から羽織ってもおしゃれに着こなせるアイテムです。

チンストラップで風が首元へ入ってしまうのを防げるため、防寒性はバッチリ。さまざまなコーディネートで使いやすいブラック・ネイビーといった定番色が揃っています。

フィデリティ(FIDELITY)

「フィデリティ」は1941年にアメリカ・ボストンで生まれたファッションブランドです。厳選された素材を使用したこだわりのアイテム作りが特徴。かつてはアメリカ海軍にウェアを供給していたことで有名です。看板アイテムのピーコートを筆頭に、ミリタリーテイストのアウターで人気を博しています。

フィデリティ(FIDELITY) ダッフルコート 24019-R-3-A

襟元が深めのフードがポイントとなったダッフルコート。フロントには木製のトグルと縄状のループを採用し、カジュアルなデザインに仕上がっています。

ループの裏側にチノクロスを貼り付けて補強するなど、頑丈な作りが特徴。着丈が短めでさまざまなボトムスと合わせやすく、気軽にデイリーユースできるアウターを探している方におすすめします。

インバーティア(INVERTERE)

「インバーティア」は1904年にイギリスで創業した老舗コートブランド。世界で初めてリバーシブルコートを開発するなど、革新的なアイテム作りが特徴です。看板アイテムのダッフルコートを中心にさまざまなタイプのアウターを展開しています。クラシカルなデザインで多くの人に愛されているブランドです。

インバーティア(INVERTERE) ニュートンアボットダッフルコート

ヘリンボーン模様のクラシカルな雰囲気の生地が目を引くダッフルコート。コート用に開発された上質なウール素材を使用しており、軽やかな着心地が楽しめます。

着丈をバランスのよい膝丈に仕上げているため、オンオフを問わずに幅広いコーディネートで活躍するのがポイント。長く着用できるとっておきのアウターを探している方におすすめします。

アーノルドブルック(HARNOLD BROOK)

「アーノルドブルック」は1940年に創業したイギリスのファッションブランド。ウール製品で有名なマンチェスターを拠点に、伝統的な仕立てでコートを生産しています。素材やカラーで遊び心をプラスした、ユニークなデザインのダッフルコートが看板アイテムです。

アーノルドブルック(HARNOLD BROOK) ダッフル スポーティ パッチワーク

袖やフードをチェック柄で大胆に切り替えた、個性的なデザインのダッフルコート。良質なウールに化学繊維をバランスよくミックスした素材を使用しており、軽やかな着心地が魅力です。

フードは取り外せるため、2通りの着こなしを楽しめるのがポイント。秋から冬にかけてコーディネートの主役として活躍する、存在感のあるアイテムです。

バーク(Bark)

「バーク」は2011年にイタリアで設立されたニットブランド。シンプルで力強いデザインと現代的なシルエットを兼ね備えたウェアを展開しています。看板アイテムはダッフルコートをはじめとするニットアウターで、あたたかさが人気の理由です。

バーク(Bark) FADE DYED SHORT DUFFLE COAT

あたたかみのある風合いが目を引くニット生地で仕立てられたダッフルコート。裏地があしらわれているため、型崩れしにくく長く着用できるアイテムです。

ブランドロゴを刻印したボタン付きのフラップポケットや、一部に金具を使用したフロントの留め具がデザインのアクセント。デニムやチノパンと合わせてラフに着こなすのがおすすめです。

モンゴメリー(MONTGOMERY)

ダッフルコートの起源となるアウターウェアをイギリス海軍に提供していた「IDEAL CLOTHING」社が改名して誕生したブランドです。ブランドネームの由来は、英国海軍に所属しておりダッフルコートの愛用者だったモンゴメリー元帥。優れた職人技によってハイクオリティなアイテムを生産しています。

モンゴメリーxビームス(MONTGOMERYxBEAMS) 別注ダッフルコート

着丈を長めに設定した、ビッグシルエットのダッフルコート。装飾を控えたオーセンティックなデザインに仕上げており、大人っぽい着こなしを楽しみたい方におすすめします。

フォーマルなコーディネートで活躍するのはもちろん、ストリート風のアイテムとも好相性。カラーリングにはブラックとキャメルの2パターンが用意されています。

モンゴメリー×ビームス(MONTGOMERY×BEAMS) 別注ボアダッフルコート

トレンドのボアファブリックで仕立てられたダッフルコート。保温性と軽やかな着心地を兼ね備えた、秋冬のコーディネートで重宝するアイテムです。

トラディショナルなデザインとボアならではのカジュアル感をミックスしているのがポイント。柔らかな雰囲気のナチュラルと着回しのしやすいネイビーの2色で展開されています。

ビームス(BEAMS)

「ビームス」は日本を代表するセレクトショップです。「スポーツ」「ワーク」「ミリタリー」といった要素をベースにトレンドをミックスしたカジュアルスタイルを提案。インポート品はもちろん、オリジナルウェアや雑貨など幅広いアイテムを取り揃えています。

ビームス(BEAMS) 中綿テックツイードダッフルコート

軽量でシワになりにくいポリエステルでウールのような質感を再現したダッフルコート。機能素材を用いた中綿入りで、保温力に優れています。

オーバーシルエットで仕上げているため、トラディショナルなデザインながらもトレンド感のある着こなしを楽しめるのがポイント。実用性の高いアウターを探している方におすすめします。

パルト(PALTO)

2013年にスタートしたイタリアの新進アウターブランド「パルト」。熟練の職人によって製作されるウェアは、クラシックとモダンをバランスよくミックスしたスタイルが特徴です。世代を問わずに着用できるスタイリッシュなデザインで人気を博しています。

パルト(PALTO) ダッフルコート CALRO FELT

肩回りをコーデュロイ生地で切り替えた、さりげない装飾が目を引くダッフルコート。カシミヤをミックスしたウール素材を使用しており、防寒性が高く快適な着心地を楽しめます。

縄紐のループや大ぶりなフラップポケットがデザインのアクセント。ダークトーンのアイテムと合わせて、大人っぽく着こなすのがおすすめです。

グレンフェル(Grenfell)

「グレンフェル」はイギリスの老舗アウターウェアブランドです。探検家が求める高い品質に応えるため、防水性・防風性に加えて透湿性を備えた生地を開発したことで知られるようになりました。流行に左右されにくいトラディショナルなデザインのウェアは、現在も自社工場にて熟練の職人が製造しています。

グレンフェル(Grenfell) ウールナイロンヘリンボーンダッフルコート BAKER LONG

長めに設定された着丈がポイントとなったクラシカルなデザインのダッフルコート。フロントには水牛トグルや牛革ループといった上質なパーツを採用しています。

素材は立体的な生地感が目を引くヘリンボーンファブリックで、重厚感のある佇まいが魅力。スーツやジャケットに合わせやすいダッフルコートを探している方におすすめします。

シップス(SHIPS)

「シップス」は銀座の1号店をはじめとして、日本全国に店舗を展開する大手セレクトショップ。”STYLISH STANDARD”をコンセプトに、トラディショナルな要素とトレンドをミックスしたスタイルを提案しています。キレイめなデザインを好む方におすすめのブランドです。

シップス(SHIPS) Vallombrosa ビッグシルエットダッフルコート

イタリア製の上質なウール生地で仕立てられたダッフルコート。3重の構造によって生地に膨らみを持たせ、軽やかで柔らかい風合いです。

身幅とアームホールにゆとりを設けているため、リラックスした雰囲気で着用できるのがポイント。カジュアルなボトムスと合わせてもコーディネートがうまくまとまるアイテムです。

アーバンリサーチ サニーレーベル(URBAN RESEARCH Sonny Label)

セレクトショップ「アーバンリサーチ」が手掛けるオリジナルレーベルです。アメリカ西海岸の空気感を取り入れた、ゆったりとしたテイストが特徴。トレンド・ベーシック・リラックスといった要素をコンセプトに、デイリーユースしやすいカジュアルウェアを展開しています。

ロンドントラディション×アーバンリサーチ サニーレーベル(LONDON TRADITION×URBAN RESEARCH Sonny Label) 別注ロングダッフルコート

ロンドントラディションに別注をかけて誕生したダッフルコート。長めに設定された着丈によるクラシカルなデザインが特徴で、オンオフを問わずさまざまなコーディネートに馴染みやすいアイテムです。

フロントのループはカジュアルな雰囲気が目を引く縄紐。素材には厚手のウールを使用しているため、防寒性が高く真冬にも重宝します。

サイ(Scye)

「サイ」は2000年にスタートした日本のファッションブランドです。イギリスのクラシックスタイルに現代的な要素をミックスした、新しいスタイルを提案。表面的なデザインだけでなく、内部構造にもこだわった服作りで支持を集めています。上質なベーシックウェアを探している方におすすめです。

サイ(Scye) 別注ダッフルコート

カシミヤを混紡した、しなやかな肌触りのウール生地で仕立てられたダッフルコート。細身のストレートシルエットを採用しており、すっきりとした印象で着用できるアイテムです。

フロントにジップファスナー、フードの内側にリブ仕様の襟を採用することで、防寒性を高めているのがポイント。要所にあしらわれたシルバーの金具がデザインのアクセントになっています。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

日本人として初めてパリにメンズの店を構えたことで知られる、菊池武夫氏が設立したファッションブランドです。日本の優れたモノ作りの技術に支えられた確かな品質に加えて、遊び心のあるデザインが人気。ウェアはもちろんアクセサリーやバッグなど、幅広いアイテムを取り揃えています。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ダブルフェイスベロアダッフルコート

イタリア産の高品質なウール素材を使用したダッフルコート。フロントは比翼仕立てで防寒性が高く、トグルの主張を抑えてスタイリッシュなデザインに仕上げています。

裏地に選択したのは起毛感のあるチェック柄で、あたたかな風合いがポイント。袖通しを考慮し、袖裏は滑りのよい別素材で切り替えています。細身のボトムスと合わせた品のよいコーディネートがおすすめです。

コーエン(coen)

日本を代表するセレクトショップである「ユナイテッドアローズ」が手掛けるカジュアルブランド。気軽に楽しめるおしゃれをコンセプトに、程よくトレンドを取り入れたベーシックウェアを取り揃えています。手頃な価格設定が特徴で、コスパを重視する方にもおすすめです。

コーエン(coen) ニットメルトンダッフルコート

品のよい起毛感が目を引く、ウールライクのポリエステル生地を使用したダッフルコート。フロントは水牛調のトグルとフェイクレザーで仕上げ、シックな雰囲気を演出しています。

短めの着丈は、ニットとラフにレイヤードすればアクティブなコーディネートが完成。さまざまなアイテムと合わせやすいブラックと秋冬らしいベージュの2種類が用意されています。

ダッフルコートのメンズコーデ

ロング丈は上品にまとめる

By: wear.jp

ダッフルコートをシャツと合わせて上品さを演出したコーデ。シャツやパンツを同系色で合わせると全体的に重い印象になってしまうので、インナーは柄物などを用いて変化を付けるとメリハリが出ます。暗くなりすぎない大人っぽいシンプルな雰囲気を演出したい方におすすめのコーデです。

カーキをチョイスして個性的なコーデに

By: zozo.jp

黒やネイビーなどの定番カラーではなく、カーキをチョイスしたコーデ。インナーのセーターに差し色として赤を入れることで、全体が際立ちます。インナーを派手にしたり、帽子などの小物を使ったりすれば”こなれ感”が出るのでおすすめです。

ブラックのインナーで引き締め効果を狙う

By: wear.jp

コーデの引き締め役として黒いアイテムを取り入れたコーデ。アウター以外のアイテムを黒でまとめたり、タートルネックで清潔感を出したりすることで大人っぽい雰囲気を演出しています。

場所を選ばず着られるので、旅行やデートにもおすすめ。どれを着ればよいか迷った時にもおすすめのコーデです。

落ち着いた色合いならスーツにもよく合う

By: zozo.jp

細身でスタイリッシュなスーツコーデです。スーツの色やTPOに合わせて、ベーシックな色を選ぶとスマートに着こなせます。丈が長すぎると動きにくくなり、短すぎるとカジュアルな印象になるので、程よい丈感のアイテムを探しましょう。

色物のダッフルコートでスタイリッシュにきめる

By: wear.jp

ダッフルコートを選ぶときはベーシックな色をチョイスしがちですが、周りの人と差を付けるなら青やオレンジなど色物のコートがおすすめです。冬はコートがコーデの面積の大半を占めるため、個性を出せるのが魅力。

いつも黒・グレー・白などをインナーとして着ることが多い方も、ダッフルコートを明るい色のモノにすればバランスのよい着こなしが可能です。