360度カメラ撮影もココまできてる。

YouTubeにおいて視聴可能になるなど360度カメラ映像が賑わいを見せています。専用のカメラセットも多数ありますが、今回ご紹介するのは映像の没入感がスゴいことになっている、VR(バーチャルリアリティー)対応の4K360度カメラ Sphericam 2です。

テニスボールサイズのすごいやつ

360度カメラはものによっては複数のアクションカメラの組み合わせでコンパクトとは言い難いことも。でもSphericam 2はテニスボールサイズで本当に小さい。

そのアルミニウムボディに6つのカメラレンズ、4つのマイク、GPS、バッテリーなど必要なものがすべて詰め込まれています。手に持ったり、バッグパックに、犬にも!取り付けOK。

性能がプロ級

またSphericam 2が優れているのは、驚異の4K映像で360度全方位が撮れ、高速移動するものを見たままに撮影できるローリングシャッターを採用しているところ。プロ級です。

360度パノラマカメラによっては映像のアングルによっては物が歪んだり大きくカーブを描いたり、見たままにならないことも。

下のサンプル映像のとおり、前後左右上下に視点を移動するとほとんど見たまんま!本当にそこにいるかのようです。でもOculus RiftなどのVRヘッドセットで視聴すると超絶没入感間違いなし!

※視聴には、パソコン用 Chrome、Android または iOS 用 YouTube アプリの最新バージョンが必要です。

360度映像は撮影後に視聴できるレベルに仕上げる作業が大変でしたが、Sphericam 2は撮影すると自動で6つのカメラ映像を自然に合成。しかも繰り返しますが超高精細4K映像で!

YouTubeでチェックするときっと360度カメラ映像の虜になります。Kickstarterで現在1399ドルからのSphericam 2。始めてみますか!?