パソコンを使いながら、携帯のデータを転送しようと思いUSBを探すと、あれ? 差し込み口が足りないということはありませんか? 特に最近は、様々なものをUSBでつなげることができるので、あっという間にいっぱいになるようです。ノートやモバイルパソコンはUSB端子が少ないので、なおのことそうでしょう。そんな時にはUSBハブで、回線の量を増やしちゃいましょう。今回は、PCなどから電源を共有するタイプのバスパワーUSBハブのおすすめを選んでみました。

iBUFFALO BSH4U06BK

とりあえずUSBハブを使いたいという方々がリーズナブルに使うことができる商品です。もちろん、安くても十分に使うことができます。カラーも選ぶことができますので、USBハブ入門者におすすめと言えるでしょう。

エレコム(ELECOM) U3H-T405BBK

こちらもUSB3.0対応の商品です。特にマグネット付きなのがうれしいですね。デバイスを取り付けると不安定になりがちですが、強力マグネットのおかげで倒れることなく安定します。スチールのデスクでしたら横にも付けられるので、デスクスペースがすっきりしていいですね。サイドのポートは孤立しているので、異形のUSBも取り付け可能です。

エレコム(ELECOM) U2HS-MB02-4BBK

お手持ちのタブレットで複数のデバイスと接続したい方にはおすすめです。しかも、各ポートに接続確認のランプもついていますので、一目で通電状態を確認できるのもうれしい設計ですね。まず、お手持ちのタブレットがUSBホストの機能が付いているかを確認してから購入されることをおすすめします。もちろん、通常のUSBハブとしても使用可能です。

iBUFFALO BSH5U03BK

バスパワーで4ポートタイプはよく見かけますが、なんとこちらは5ポートタイプとなっています。あと一つポートが欲しいということって結構あるんですね。そのためにさらにハブを購入するなんて必要はありません。始めから多いほうが、何かと便利でしょう。

エレコム(ELECOM) U2H-PP3BBK

こちらは、小型でスリムなタイプのハブとなります。パソコンの周りをスッキリさせたい方などにおすすめの商品となっています。外出時にノートパソコンを使っても、邪魔にならずにセットできますね。中にはカーステレオのUSBに差し込んで複数の機器と接続している方もいるようですよ。

アンカー(Anker) 高速4ポートハブ

機能も大切ですが、デスクに置いた時のカッコよさを求めたい方には、こちらの商品です。USBハブと言えば四角いのが主流ですが、この形なら、長く使っていても飽きることはないでしょう。重量もしっかりしており、沢山のデバイスを接続しても安定感バッチリです。

プラネックス(PLANEX) ダンボーUSBハブ DB-HUB01

おやおや、これはなんなんだと一瞬思ってしまう商品です。海洋堂『リボルテックダンボー』の頭がそのままUSBハブになりました。もちろん単品でも使用可能ですが、ダンボーの本体と合体すれば、何ともカワイイUSBハブを作ることができます。