初めて少し高めの腕時計を購入するということが多い20代。社会人として、デザインや機能ともにどのようなモノを選べばよいのか、年代にふさわしいブランドはどこなのかなど悩みがちです。

そこで今回は、20代向けのおすすめ腕時計ブランドと人気モデルをご紹介します。また、選び方のポイントについても解説しているので、参考にしてみてください。

20代向け腕時計の選び方

駆動方式で選ぶ

クォーツ式

By: grand-seiko.com

電池を動力として動く時計を「クォーツ式」と呼びます。クォーツとは水晶のこと。電池から得られるエネルギーで「水晶振動子」を発振させて、精度の高い時間が刻める仕組みです。

クォーツ式のメリットは、正確な時間が分かることと、身に着けず放置していても電池が切れない限り時計が止まらないこと。秒単位での正確さを求める方や、腕時計を身に着ける頻度にムラがある方におすすめです。

逆にデメリットは、定期的に電池交換が必要な点。電池の種類などにもよりますが、2~5年程度で交換が必要になることを留意しておきましょう。

機械式

By: amazon.co.jp

機械式の腕時計には、「手巻き」と「自動巻き」の2種類が存在します。手巻きは、手動でゼンマイを巻いて時計を動かす仕組み。対して自動巻きは、腕時計を身に着けている時の振動により自動的にゼンマイが巻かれます。

機械式に共通するメリットは、なんといっても電池が不要なこと。電池交換の手間がなく、きちんとゼンマイが巻かれていれば電池切れで動かなくなってしまう心配もありません。

しかし、身に着けずに置いておくと時計が止まってしまうのがデメリット。一般的な機械式腕時計の場合、ゼンマイを巻かずに放置するとモノにもよりますが40時間程度で止まってしまいます。また、時間の精度もクォーツ式と比べると低いのが難点です。

ベルトで選ぶ

ステンレスベルト

By: amazon.co.jp

実用性を重視する方には、ステンレスベルトがおすすめ。錆びにくく丈夫なので、あまり神経質にならず使えます。また、スーツスタイルにも、休日のカジュアルな装いにもマッチしやすいため、オンオフ兼用で使いたい20代の方にもぴったりです。

デメリットとしては、他のベルトに比べて重いことや金属アレルギーの方は着けられない点が挙げられます。金属アレルギーが心配な方は「サージカルステンレス」など、アレルギー反応が起こりにくいモノを選ぶのがおすすめです。

革ベルト

By: amazon.co.jp

大人らしく、落ち着いた雰囲気で腕時計を着用したい方には、革ベルトがおすすめです。ビジネスシーンはもちろん、フォーマルな場でも着用できるモノがあります。ベルトの色は、黒か暗めの茶色だと使える幅が広く便利です。

上質な本革のベルトは、使い込むほどに味わい深い色合い、表情へと変化していくのが魅力。ただし、手入れを怠ると劣化しやすいので、こまめなケアが苦手な方には不向きです。

ラバーベルト

By: amazon.co.jp

ラバーベルトは水に強く、耐久性も高いのでタフさを求める方におすすめ。価格もリーズナブルなモノが多く、気軽に着用できます。外観はカジュアルな印象で、普段使いやスポーツ時などにぴったりです。

逆に、ビジネス、フォーマルなどかしこまったシーンでの着用には不向き。また、一度ヒビが入るとどんどん広がり、ちぎれてしまう恐れがあるのもデメリットです。

その他のベルト

By: amazon.co.jp

前述したモノの他にも、チタン、ナイロンなどさまざまな素材のベルトがあります。チタンベルトは金属ですが軽く、金属アレルギーも起こりにくいのが魅力。ただし、ステンレスよりも総じて高価です。

ナイロンベルトは軽量性とタフさが特徴で、価格もリーズナブル。普段使いにはぴったりですがラバーベルト同様、ビジネスやフォーマルといった場面では好まれません。素材ごとの特徴や着用シーンの向き不向きを把握し、生活スタイルに合ったモノを選びましょう。

防水性能の高さで選ぶ

汗や雨、手を洗う際など生活のちょっとした場面で腕時計に水がかかってしまうことがあります。故障を防ぐためにも、購入する際に腕時計がどの程度の防水性能を備えているかを把握しておきましょう。

腕時計の防水性能は、「5気圧防水」「100mm防水」のように表示されます。数値の目安として、3~5気圧防水の腕時計は、日常生活に必要な防水性能を備えたモノ。20気圧防水は、極端に水圧がかからなければ水泳や競泳などの際にも着用できるとされています。本格的なダイビングであれば、30気圧防水以上の腕時計がおすすめです。

非防水の腕時計はとてもデリケートなので、取り扱いには注意が必要。雨の日の着用は避けた方が無難です。また、防水設計であっても大事にしたい時計はできるだけ水に濡らさないように注意しましょう。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

腕時計には、防水機能以外にも便利な機能を有したモデルが数多くリリースされています。例えば、日付を確認できるカレンダー機能。スケジュール管理が必要なビジネスシーンなどで重宝する機能です。

また、「クロノグラフ」も人気の高い腕時計のひとつ。ストップウォッチ機能を備えたモデルのことで、仕事と日常生活の両方で役立ちます。

他にも時間の正確さが魅力の電波腕時計や、日光で充電可能なソーラー腕時計など便利な機能を備えたアイテムが豊富にラインナップ。自分に必要な機能を有したモデルをチェックしてみてください。

予算で選ぶ

腕時計は、数千円で購入できるモノから100万円を超えるモノまであり、価格の幅が広いアイテム。購入の際には、大体の予算を決めて価格から絞り込むのもアリです。

業種などにもよるので一概にはいえませんが、20代の新社会人であれば1~5万円程度の価格帯から選ぶのがおすすめ。ビジネスマンにふさわしいデザインのモデルが豊富に揃っています。

20代向け腕時計のおすすめブランド

セイコー(SEIKO)

日本の人気腕時計ブランド「セイコー」。前身となる「服部時計店」は1881年に創業しました。1969年には世界初のクォーツ式腕時計を発売。革新的な開発を続けてきたセイコーは、世界的にも高い知名度を誇ります。

セイコー(SEIKO) セイコー コレクション

シンプルかつ機能的な腕時計が揃う「セイコーセレクション」の20代向けおすすめモデル。白い文字盤にブルーの針という清潔感溢れるカラーリングで、ビジネスシーンでも好印象を狙えます。日付を表示するカレンダー機能も付いており便利です。

ソーラー電波機能搭載モデルで、フル充電時の駆動期間は約6ヶ月間。手間がかからず、かつ正確な時刻を表示してくれます。ペアとなるレディースウォッチもあるため、恋人や夫婦で揃えるのもおすすめです。

セイコー(SEIKO) プレザージュ

カクテルの色彩を表現した「カクテルタイム」シリーズの腕時計。本製品は「ブルームーン」と呼ばれるカクテルをモチーフとしており、美しいブルーグラデーションの文字盤が採用されています。

機械式の自動巻きタイプで、長く愛用できるのもポイント。日常に必要な防水機能や、カレンダー機能も備えており機能面も十分です。ベルトはステンレス製で、コマが5つ並んだ5連タイプ。エレガントな雰囲気が溢れる20代の方におすすめの腕時計です。

セイコー(SEIKO) プロスペックス

スポーツシーンにぴったりなデジタル式腕時計。アナログ式に比べ、ランニングなどで正確な時間を計れるのがデジタル式のメリットです。さらに、本製品はストップウォッチ・アラーム・タイマーなど日常生活で役立つ機能が豊富に搭載されています。

また、10気圧防水なのでスポーツ時の汗や多少の雨に濡れても安心。ベルトも、水や衝撃に強いウレタン素材を採用しています。スポーティーな外観も魅力的で、普段の着こなしのアクセントとして活用するのにもぴったり。スポーツが趣味の方はぜひチェックしてみてください。

シチズン(CITIZEN)

セイコーと並び、日本を代表する時計ブランドとして厚い支持を得る「シチズン」。ブランド名は、「市民に愛され親しまれるモノづくり」を目指すことに由来しています。メンズ、レディースともに製品ラインナップが豊富で、お気に入りのアイテムが見つけやすいブランドです。ビジネス向きの腕時計も数多く揃っています。

シチズン(CITIZEN) シチズンコレクション

日常生活における快適な使用感が追求された、20代向けおすすめモデルです。シチズン独自の機能である「エコ・ドライブ」を搭載しており、日光や室内の照明で充電が可能。また、フル充電状態であれば光に当てていなくても約2年間動き続けるというタフさを有しています。

ステンレス製のベルトは、コマの付け外しが簡単にできる「シンプルアジャスト」構造。また、プッシュタイプの中留めを採用しているため、着脱もスムーズです。仕事が忙しく、腕時計のこまやかなケアが難しい20代でも無理なく持てる1本です。

シチズン(CITIZEN) シチズンコレクション

秒針のない2針タイプの腕時計です。数字の表記もない、とことんミニマルな設計が特徴。潔いほどのシンプルさが、かえって新鮮な感覚を与えてくれます。ブラック×シルバーのカラーリングもシックでおしゃれです。

エコ・ドライブ機能搭載モデルで、フル充電時の駆動期間は約6ヶ月。厚み4.8mm、重量90gというスリムさも大きなメリットで、衣服への引っかかりや重みを気にすることなく快適に着用できます。

シチズン(CITIZEN) シチズンコレクション

メカニカルな文字盤と、ゴールドメッキのカラーリングがレトロな雰囲気を醸し出す個性的な腕時計。深い色味のカーフレザーベルトを合わせることで、より落ち着いた印象に仕上がっています。

本製品で特筆すべきは、クロノグラフ機能が搭載されていること。1/5秒クロノグラフ秒針が採用されており、より正確な時間計測が可能です。10気圧防水で、日常生活における防水機能も十分。便利な機能に加えて一味違ったおしゃれを楽しめる、20代におすすめのモデルです。

オリエント(ORIENT)

こだわりの機械式時計が人気の日本ブランド「オリエント」。その歴史は1901年、外国時計の輸入販売からスタートしました。「46系」と呼ばれる自社製ムーブメントを多くのモデルに採用しており、安定した精度に定評があります。高い品質を保ちつつ、比較的手の届きやすい価格設定を実現しているのも人気の理由です。

オリエント(ORIENT) ワールドステージコレクション

オリエントが世界に向けて展開する「ワールドステージコレクション」の腕時計です。クセのないデザインと機能性の高さで幅広いユーザーに愛されており、20代の方にもおすすめ。クリーンな印象の白い文字盤に、ブルーの針が映えます。

自動巻きタイプの機械式で、駆動時間は40時間以上。さらに、3気圧防水とカレンダー機能を備えているにも関わらず、手の届きやすい価格設定を実現しています。機能性・デザイン・価格帯のどれをとっても新社会人となる20代にぴったりの腕時計です。

オリエント(ORIENT) クラシック SUN&MOON

ローマ数字表記と「リーフ」と呼ばれる細長い葉のような形をした針の組み合わせがエレガントな腕時計。文字盤には型押し模様が施されており、立体感のある表情に仕上がっています。

また、月と太陽による時間帯の表示も魅力で、広い文字盤には他にも日付と曜日が表示されていて便利。遊び心のあるおすすめの腕時計です。

オリエント(ORIENT) オリエントスター セミスケルトン

オリエントらしい精巧な作りが魅力の機械式腕時計です。セミスケルトンタイプで、文字盤の一部からムーブメントが顔を出す仕組み。また、シースルーバック仕様で腕時計の裏側からも美しいムーブメントを眺められます。

文字盤上部にはパワーリザーブメーターを配置。目視で残りの駆動時間を把握できるため、うっかり時計を止めてしまうミスを防げます。約50時間という駆動時間の長さもメリットです。

ハミルトン(HAMILTON)

「ハミルトン」は、1892年にスタートしたアメリカの時計ブランドです。20世紀前半、正確さが求められる鉄道時計や航空時計において高い評価を獲得。20世紀半ばには、ハリウッド映画に同ブランドの腕時計が多数採用されました。機能性だけでなく、デザインにもこだわりたい方は要チェックしておきたいブランドです。

ハミルトン(HAMILTON) ジャズマスターシンライン スモール セコンド クォーツ

20代のビジネスマンにおすすめしたい、「ジャズマスター」シリーズの定番モデル。モノトーンのシックなカラーリングとクラシカルなデザインは、スーツスタイルにも、休日のおしゃれなコーデにもハマります。秒針が独立した「スモールセコンド」のデザインも特徴的です。

ベルトは、ステンレススチールタイプとレザータイプがあるので、自分に合ったモノを選んでみてください。

ハミルトン(HAMILTON) ジャズマスター ジェントクォーツ

シンプルで控えめなデザインが好印象なクォーツ式腕時計。ビジネス、カジュアルのどちらにも対応できるため、20代で購入する最初の1本としてもおすすめです。ケースのサイズは38mmと大きすぎず、細身の方でもバランスよく着用できます。

5気圧防水で、日常的に身に着ける腕時計としては十分。スッキリとした文字盤には、カレンダー機能も搭載されています。バランスの取れた万能アイテムを、ぜひチェックしてみてください。

ハミルトン(HAMILTON) ジャズマスター オープンハート

大胆なカットを施したオープンスタイルの文字盤が目を引くアイテム。腕時計の心臓部であるムーブメントを覗かせる設計に、おしゃれ心がくすぐられます。ケースは存在感のある42mmサイズで、休日のおしゃれにおすすめです。

駆動方式は、機械式の自動巻きタイプ。ゼンマイが完全に巻かれた状態なら、放置しても約80時間動き続けるタフなアイテムです。20代としてはやや高めの買い物ですが、頑張った自分へのご褒美としてぜひ検討してみてください。

ドゥッファ(DUFA)

「ドゥッファ」は、ドイツ生まれの歴史ある時計ブランド。ブランド名は、「ドイツ時計工房」を意味するドイツ語に由来しています。ドゥッファの腕時計は、無駄のないミニマルな作りが特徴。華美な装飾ではなく、品質を重視した誠実なモノ作りで勝負する姿勢にドイツのクラフトマンシップが感じられます。

ドゥッファ(DUFA) HANNES DAYDATE

ドゥッファのクォーツ式腕時計です。9時位置にあるブランドロゴがデザインのアクセントとして映える、おしゃれなモデル。なめらかな曲線を描く美しいケースからは、丁寧なモノ作りへの姿勢がうかがえます。

ネイビー×シルバーのボディに黒のレザーベルトという落ち着いたカラーリングで、スーツスタイルにも難なくマッチ。真面目ななかにもおしゃれさをアピールできる腕時計に仕上がっています。

ダニエル・ウェリントン(Daniel Wellington)

「ダニエル・ウェリントン」は、スウェーデン生まれの時計ブランド。2011年創設と歴史は浅いものの、既に高い知名度を誇る人気ブランドとして定着しています。最大の特徴は、すべてのアイテムがベルトの付け替えができるよう設計されていること。シンプルな文字盤に、さまざまなベルトを組み合わせて楽しめます。

ダニエル・ウェリントン(Daniel Wellington) クラシック ワーウィック

エレガントな雰囲気が漂う文字盤と、カジュアルな「NATOバンド」の組み合わせが新鮮なアイテムです。NATOバンドはナイロン素材のベルトで、汗や雨に強いのが魅力。ブルー×グリーンの色合いは、大人らしい着こなしのアクセントとしても映えます。

ケースは40mmと、存在感のあるサイズ感。しかし、厚みは6mmととても薄く、エレガントな雰囲気です。手元を飾るおしゃれなアクセサリーとしても活躍してくれるため、カジュアル用の腕時計を探している20代の方はぜひチェックしてみてください。

ダニエル・ウェリントン(Daniel Wellington) ダッパー ブリストル

飽きのこないシンプルかつエレガントなデザインの腕時計。幅広い年齢層の方にフィットするアイテムですが、20代の方が着用すればより大人らしさをアピールできます。合わせる服を選ばない汎用性の高さも魅力です。

ベルトには、イタリア産のレザーを採用。深い色味のブラウンが、手元をキリッと引き締めてくれます。価格も手が届きやすく、おしゃれを楽しみたい20代の大学生にもおすすめです。

ポールスミス(Paul Smith)

「ポールスミス」は、創業者であるデザイナーの名を冠したイギリスのファッションブランドです。スーツや財布などビジネスマンに人気のアイテムを多く扱っており、腕時計もそのひとつ。さりげなく遊び心を忍ばせた、おしゃれなモデルが揃います。オンオフ兼用で使える腕時計を探している方は要チェックです。

ポールスミス(Paul Smith) P10088

スタイリッシュかつユーモアもプラスされた、ポールスミスらしい腕時計です。深みのある美しいブルーカラーの文字盤には、ポールスミスの代名詞「マルチストライプ」を思わせるカラフルなドットが配されています。

ベルトには、高級感のあるステンレスメッシュブレスレットを採用。デザインのスマートさはもちろん、なめらかなフィット感も魅力です。42mmのケースは、日常の着こなしでも存在感抜群。自分用はもちろん、プレゼントにもおすすめのおしゃれアイテムです。