フォーマル・ビジネス・カジュアルと、あらゆるシーンでの活躍が期待できる「ストレートチップシューズ」。きちんと感を演出したい場面で頼りになるアイテムで、大人の男性なら1足は持っておきたいところです。

今回は、ストレートチップシューズのおすすめのブランドと人気アイテムを一挙にご紹介します。着こなしの参考になるコーディネート例もピックアップするので、ぜひチェックしてみてください。

ストレートチップシューズとは?

By: rakuten.co.jp

ストレートチップシューズは、革靴のなかでもっともフォーマルとされるアイテム。トゥの部分に一文字の切り替えが入っているのが特徴です。ビジネスはもちろん、冠婚葬祭などかしこまったシーンでも重宝します。

また、最近では正統派きれいめコーデに合わせるほか、カジュアルコーデを引き締めるために使われることも多いアイテム。足元にプラスするだけで、コーディネート全体の印象をスッキリさせます。

ストレートチップシューズの選び方

羽根の方式で選ぶ

内羽根式

By: amazon.co.jp

内羽根式とは、紐を通すハトメ部分と足の甲をおおうアッパーの革が一体となった革靴のこと。羽根と呼ばれる部分が閉じているのが特徴です。もともとフォーマルな場面で履く靴として生まれたため、現在も冠婚葬祭などでは内羽根式のモノを選ぶべきとされています。

また、見た目がスッキリとして上品なので、相手にきちんとした印象を与えたい就職活動などにもおすすめです。服装のマナーで絶対に失敗したくないシーンでは、ブラックの内羽根式ストレートチップシューズを選びましょう。

外羽根式

By: amazon.co.jp

外羽根式の革靴は、ハトメ部分がアッパーの上部に取り付けられているのが特徴。羽根部分が開くため、内羽根式よりも履きやすいメリットがあります。軍靴がルーツといわれており、結婚式のようなかしこまった場での着用には不向きです。

着用する場面として好ましいのは、ビジネスシーンやカジュアルシーン。ストレートチップシューズを気軽に取り入れたい方は、外羽根式のモノを選んでみてください。

デザインで選ぶ

By: church-footwear.com

定番アイテムであるストレートチップシューズには、木型やカラー、装飾が異なるさまざまなデザインのモノがあります。着こなしのイメージに合わせて、自分にぴったりのアイテムを選びましょう。

冠婚葬祭用としてストレートチップシューズを購入するなら、ベーシックなフォルム、ブラックカラー、装飾なしを条件に選ぶのが無難です。初めてストレートチップシューズを購入する方も、1足目は極力クセのないアイテムがおすすめ。

逆にビジネスシーンや普段の着こなしに使うなら、少し遊びのあるデザインのモノを選ぶと、こなれ感が出ます。ブラウンカラーのモノや、穴飾りを指すメダリオンの装飾が施されたモノなどもチェックしてみてください。

ソールの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

革靴のソールは、レザーソールとラバーソールに大別されます。フォーマルシーンに適しているのは、見た目がスマートなレザーソール。履き込むほどに足になじんでいくのも魅力です。なかでも薄く作られたシングルソールがもっともフォーマルで、冠婚葬祭にも問題なく使えます。

逆に実用性を重視するなら、ラバーソールがおすすめ。滑りにくく、防水性にも優れているため雨の日でも安心です。特にビジネスで外出する機会が多い方は、ラバーソールの方が使い勝手がよく重宝します。

ストレートチップシューズのおすすめブランド

リーガル(REGAL)

100年以上の歴史をもち、紳士靴ブランドとして日本国内で高い人気を獲得している「リーガル」。コストパフォーマンスの高さ・品質・機能性を兼ね備えた革靴として、特にビジネスパーソンに愛されています。

素材選びから製造までを職人の手で行うなど、徹底した品質管理が特徴。ベーシックなデザインが多いため、革靴初心者の方にもおすすめです。

リーガル(REGAL) レザーストレートチップシューズ 811R

クセのないベーシックなデザインで、年齢やスタイルを問わず気軽に履きこなせるストレートチップシューズ。内羽式を採用したシンプルなデザインに仕上がっているため、幅広いスタイルにコーディネートできることが魅力です。

イタリア性のレザーを使用しており、落ち着いた質感が上品な雰囲気を演出しています。程よい光沢感は、ドレスシューズとしておしゃれに履くことが可能です。

カラーはダークブラウンとブラックの2色展開。革靴初心者の方にはブラック、カジュアルシーンを中心にコーディネートしたい方はダークブラウンがおすすめです。

リーガル(REGAL) ビジネスシューズ ストレートチップ 122R AL

シャープなフォルムと随所に施されたパーフォレーションがおしゃれなストレートチップシューズ。嫌味がなく品のよいメダリオンは、シンプルなデザインに程よいカジュアルさとデザイン性を加えています。内羽式を採用しているため、ビジネスシーンで履くことも可能。スマートなフォルムは落ち着いた雰囲気をプラスします。

アッパーには牛革、ソールには合成ラバーソールを採用。程よい重厚感と、歩きやすさを兼ね備えています。また、ソールの返りがよいセミマッケイ式の製法を採用していることも特徴のひとつです。

オールデン(ALDEN)

1884年にアメリカで創業し、アメリカの紳士靴のなかでは最高級のブランドとして知られています。日本でも革靴好きの男性からの人気が高く、男性なら一度は憧れるブランドです。

メイドインUSAへのこだわりと、約200もの工程を経て製造される品質の高さが特徴。美しさとアメリカのブランドらしいガッチリとしたフォルムやデザインが魅力です。

オールデン(ALDEN) 971 STRAIGHT TIP BLUCHER ブラック

外羽根式による程よく丸みのある見た目が魅力的なストレートチップシューズ。無駄のないシンプルなデザインですが、上質なレザーの重厚感により上品で男らしい雰囲気に仕上がっています。

アッパーの素材にはグレインカーフレザーを採用。丈夫で汚れや雨に強いことが特徴です。また、磨くほどに光沢が増すため、履き込みながら丁寧に手入れすることで、味のある質感に仕上がります。

ソールは天然ゴムを使用したクレープソールの先端にレザーソールを組み合わせた「プランテンションソール」を使用。足になじんでいくレザーソールの魅力と、クッション性の高さを兼ね備えています。

オールデン(ALDEN) 920 ストレートチップ

内羽式によるシャープなデザインと、オールデンらしいレザーアッパーの重厚感のバランスが印象的なストレートチップシューズ。深みのあるバーガンディカラーは、カジュアルさと上品さを兼ね備えた美しさが魅力です。

アッパーの素材は、キメの細かさと柔らかさが特徴のカーフスキンを使用。希少価値が高く牛革のなかでも最高といわれるレザーで、独特のツヤから伝わる上質感が魅力です。

ラストから中間にかけてシャープになり、足先にかけて再び丸みを出したフォルムも特徴のひとつ。カジュアルコーデに合わせることで、コーディネートにシックで上品な雰囲気を加えられます。

オールデン(ALDEN) 901 ストレートチップ シューズ

ビジネスコーデを格上げする、上品でシックなデザインのストレートチップシューズです。シャープなフォルムとは対照的に、アッパーは無骨で男らしい雰囲気。柔らかくきめ細かいカーフレザーを使用しており、深みと光沢感のバランスが魅力です。

メダリオンが施されたストレートチップも大きな特徴で、足先に華やかさが加わることにより小慣れた印象を与えられます。コーディネートしやすいブラックのストレートチップは、ビジネスシーンだけでなくカジュアルシーンでもおすすめです。

キャサリンハムネットロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON)

イギリスで高い人気を集めるファッションブランド「キャサリンハムネット」を代表するライン。革靴から財布などの小物まで、幅広いアイテムを展開しています。

伝統的なイギリスのイメージと、デザイナーの革新的な感性がミックスしたデザイン性が特徴。品質の高さや華やかなイメージだけでなく、メッセージ性のあるデザインも魅力です。

キャサリンハムネットロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON) ビジネスシューズ 外羽根 ストレートチップ 3980

ノーズの長いシャープなフォルムと、スクエアになったトゥが特徴的なストレートチップシューズ。細身のパンツとの相性がよく、キレイめカジュアルを好む方におすすめです。

ストレートチップとサイドからヒールにかけて施されたパーフォレーションが、デザインにアクセントを加えています。滑らかな質感と厚みのある牛革を使用したアッパーも魅力です。

キレイめな印象のフォルムとは対照的に、外羽根式のカジュアルなアッパーもポイント。フォーマルシーンにもおすすめのブラックと、よりカジュアルな印象を与えられるブラウンの2色展開です。

キャサリンハムネットロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON) ビジネス カジュアルシューズ 本革 内羽根 ストレートチップ

軽量EVAを採用したソールと、フォーマルな印象のアッパーが特徴のストレートチップシューズ。内羽式のシャープなフォルムと、牛革を使用したアッパーはビジネスシーンにも最適です。弾力性があり長時間歩いても疲れにくいソールも魅力のひとつ。通勤時でも快適な履き心地を実現します。

カラーはブラック・ネイビー・レッドの3色展開。通勤時にはブラック、カジュアルシーンにはネイビーかレッドがおすすめです。デニムとの相性のよいレッドは、コーディネートに程よいアクセントを加えられます。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)

高品質な革靴作りとコストパフォーマンスの高さで、日本の革靴好きから高い評価を集めるブランド。世界の一流タンナーから厳選したレザーを使用した美しい革靴は、日本でもトップクラスの品質を誇ります。

上質な素材選び、グッドイヤーウェルト製法へのこだわり、熟練の職人による手作業の縫合が魅力。日本人の足形にフィットする木型が多いことも人気の理由です。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) 内羽根5アイレットストレートチップ

すっきりとした木型による美しいフォルムが特徴のストレートチップシューズ。スーツやスラックスとの相性のよさはもちろん、細身のチノパンやデニムと合わせてもスタイリッシュに履きこなせます。アッパーには上質な牛革を使用。高級感のある光沢が上品な雰囲気を演出し、パーティシーンでも映える1足です。

グッドイヤーウェルト製法を採用しており、履き込むほどに足になじむ履き心地のよさが魅力。ラバーソールを使用しているため、耐久性に優れていることもポイントです。高いデザイン性や上品な雰囲気、機能性を兼ね備えた革靴に仕上がっています。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) セミブローグ 05T0010

随所に施されたパーフォレーションにより、華やかで上品な印象を与えるストレートチップシューズ。トゥにも華やかなメダリオンが施され、品のよいデザインに仕上がっています。

カラーはブラックとブラウンの2色展開。どちらも一流タンナー「アノネイ社」のレザーを使用しています。ブラックのアッパーには「ボカルー」、ブラウンには「ベガノ」というレザーを使用しており、どちらも磨いたときの光沢感や上品な質感が特徴です。

レザーソールを採用しているため、結婚式やパーティなど社交場にも映えるデザインで足元を彩ります。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) 内羽根ストレートパーフォレーション

控えめで品のよいパーフォレーションが、シックで落ち着いた雰囲気を演出するストレートチップシューズ。ビジネスからカジュアル、パーティにまでおすすめです。アッパーには国産牛革を使用。深みのあるブラックと落ち着いた光沢感が魅力で、履き込むことで独特な風合いと質感に仕上がっていきます。

グッドイヤーウェルト製法と、ラバーソールによる履き心地と機能性の高さも魅力。中底にオリジナルスポンジを使用し、クッション性を高めていることもポイントです。ブラックとブラウンの2色から選択できます。

チャーチ(CHURCH’S)

英国靴の聖地として知られるイギリス・ノーザンプトンで、1873年に創業した老舗ブランド。自社工場で8週間、約250もの工程を経て製造されるなど、創業当時からこだわり抜かれた品質が評判です。

日本でも英国靴を好む男性にとっては憧れのブランド。チャーチの革靴以外は履かないほどの熱心なファンが多いブランドとしても知られています。

チャーチ(CHURCH’S) コンサル

チャーチのなかでも定番として人気を集め続けているストレートチップシューズ。「コンサル=領事」というモデル名の通り、紳士靴らしいたたずまいが魅力です。

シンプルながら完成された美しいフォルムは、スマートさとスタイリッシュさを兼ね備えています。チャーチを代表する木型、ラスト173を使用。丸みとシャープさのバランスが素晴らしく、幅広いスタイルにコーディネート可能です。

キメの細かいカーフレザーを使用した深みと重みのあるアッパーは、上品さと高級感を演出しています。内羽式のシンプルなデザインは、シーンを選ばないことも魅力のひとつです。

チャーチ(CHURCH’S) ディプロマット

チャーチ定番の「コンサル」をベースに上品なパーフォレーションを加えた、デザイン性の高さが魅力のストレートチップシューズ。トゥに施されたメダリオンなど華やかな雰囲気を演出できるため、パーティシーンにおすすめです。チャーチを代表する木型、ラスト173を使用しているため、スマートでスタイリッシュなフォルムを形成。たたずまいを美しく見せてくれます。

通気性や吸湿性に優れたレザーソールを使用し、季節を問わず履き続けられます。インソールと中底の間に施されたクッション層により、履き心地が高まっていることも嬉しいポイントです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

2003年に創業したインドネシアのブランド。有名ブランドにも負けない品質の革靴を、比較的安価で手に入れられることで年々人気を増しています。

ほぼすべての工程を手作業で行う「ハンドソーンウェルテッド製法」を採用していることが特徴。シンプルなデザイン性と実用性、耐久性を兼ね備えていることが魅力です。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) ストレートチップ 98321

シンプルさを追求した無駄のない美しさが魅力的な、内羽式のストレートチップシューズ。シーンを選ばないデザインのため、1足あればビジネス・カジュアル・冠婚葬祭とさまざまなシーンで履き回せます。

アッパーにはフランスの名タンナー「デュプイ社」のカーフレザーを使用。世界でもトップクラスの品質を誇り、上品な質感と光沢感が魅力です。

また、ラテックススポンジを中敷き裏に入れることで、クッション性の高さを向上。老舗高級ブランドに一切引けを取らない品質の革靴を、お手頃な価格で手に入れられます。黒色・茶色・焦げ茶色の3色展開のため、色違いで2足購入するのもおすすめです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) ダブルモンク ブラック ダイナイトソール 98374

ダブルモンクによるデザイン性と、スマートなフォルムが魅力的なストレートチップシューズ。存在感のあるストラップは、コーディネートにアクセントを加えます。足先に少し丸みのあるフォルムにより、知的で落ち着いた印象を与えることも特徴。「ハンドソーンウェルテッド製法」により、フィット感に優れた履き心地も魅力です。

また、アウトソールにはラバー素材の「ダイナイトソール」を採用。耐久性の高さ、雨の日の滑りにくさ、反り返りのよさを兼ね備えています。存在感のあるデザインと高い機能性を両立しながらも、非常にコスパのよい1足です。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)

有名靴メーカーが集まるイギリス・ノーサンプトンで、1879年に創業した老舗ブランド。 130年以上変わらない伝統と哲学を継承し続ける最高級のブランドとして、世界中の紳士たちから愛されています。

世界でもっとも多くの木型の有するメーカーといわれており、さまざまなデザインとバリエーションの革靴を作れることが特徴。グッドイヤーウェルト製法を用い200以上の工程を経て作られる革靴は、世界でもトップクラスの品質を誇ります。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) ハンドグレード ストレートチップ オードリー ブラック

クロケット&ジョーンズの看板モデルとして高い人気を集め続けるストレートチップシューズ。熟練の職人が手作業で製作する「ハンドグレード」と呼ばれる上位モデルで、通常のモデル以上に製造に手間がかけられています。

シンプルながら気品やエレガントさを感じるデザインが最大の魅力。美しいフォルムはスマートな印象を与えます。ビジネスからカジュアルまで幅広いスタイルにマッチすることもポイントです。

厳選されたカーフレザーを使用しているのが特徴で、外観から上品な質感が伝わってきます。縫製などディテールひとつひとつにこだわりを感じられる1足です。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) ハンドグレード クォーターブローグ ベルグレイブ チェスナット

ドレッシーさとカジュアルさを兼ね備えたストレートチップシューズ。クロケット&ジョーンズのなかでも名作と呼ばれる「337ラスト」を使用しており、程よいノーズの長さとスマートなフォルムが魅力的です。

シンプルなストレートチップですが、パーフォレーションが施されているため程よい華やかさがあります。カジュアルなシーンはもちろん、ビジネスシーンやパーティシーンでもおしゃれに履きこなすことが可能です。

上質な素材を使用し、手作業で丁寧に仕上げられた革靴のため、履き込むことで自分だけの風合いが増していきます。

ジョンロブ(John Lobb)

1866年に創業「革靴の王様」として知られる名門で、革靴好きなら誰もが憧れるブランド。ジョンロブだけが持つ美しいシルエットと品質の高い素材を使用した、高級感のあるたたずまいが魅力です。

徹底したこだわりからオーダーメイドによる受注生産のみ行ってきましたが、1981年から既製靴ラインの製造販売を開始しています。

ジョンロブ(John Lobb) シティ2

ジョンロブ不朽の名作として知られる内羽式のストレートチップシューズ。美しさや気品のよさを感じるフォルムが最大の魅力で、シンプルながら高級感があります。「7000」の木型を使用したトゥの丸みも特徴です。

上質なカーフレザーを使用しているため、エレガントな光沢感と上品な質感を持つことが魅力。繊細なツインステッチの存在感も大きく、ひとつひとつのディテールに高級感が詰め込まれています。

年齢やスタイル、シーンを問わず着用できる普遍的なデザインのアイテムです。

ジョンロブ(John Lobb) ウィリアム 2

ラグジュアリーな雰囲気のストラップが存在感を放つストレートチップシューズ。現在では定番となったダブルモンクの原点であり、不朽の名作として愛され続けています。

アッパーの素材にはカーフレザーを使用。高品質なレザーを独特のムラができるように染めていることが魅力です。鞣し工場にて手作業で施されているため、独特の表情に仕上がっています。

上品で高級感のあるバックルは、腐食や酸化への耐性が高いことが特徴。半永久的に美しい輝きを放つため、長年履き続けてもエレガントな雰囲気を保ちます。

ジョンロブ(John Lobb) フィリップ2

控えめながら上品さを感じるパーフォレーションがアクセントになったストレートチップシューズ。どんなコーディネートにも品のよさとエレガントさを加えられる大人のための1足です。

「7000」の木型を使用した流れるような美しいフォルムが魅力。つま先からかかとまで一切無駄のないフォルムにより、一目で高級感が伝わってきます。また、かかとに縫い目のないシームレスバックは、後ろ姿にエレガントな印象を与えることが可能です。

最高級の牛革とされるフルグレインレザーを使用したアッパーは、存在感を放ちながらも落ち着いた雰囲気。すべてにおいてこだわり抜かれた逸品です。

コールハーン(Cole Haan)

シカゴで1928年に創業し、現在はニューヨークを拠点としているブランド。革靴だけでなく総合的なファッションブランドとして幅広いアパレルアイテムを展開しています。

一般的な革靴とは違ったデザイン性が魅力。また、革靴にスニーカーのような高い機能性を備えたモデルも多く製造していることも特徴で、常に先進的な技術とデザイン性を追求しています。

コールハーン(Cole Haan) ジェファーソン グランド 2.0 キャップ オックスフォード

華やかなパーフォレーションが印象的な外羽根式のストレートチップシューズ。スタイリングしやすいシンプルさと、程よくカジュアルな雰囲気を兼ね備えています。

中敷に低反発性の高いクッションが施されているため、長時間の歩行でも疲れにくいことが特徴。革靴とは思えない快適な歩行を実現します。

カラーはベーシックでフォーマルスタイルに合うブラック、カジュアルな印象が強い茶色、シーンを選ばない焦げ茶色の3色展開です。

コールハーン(Cole Haan) ワーナー グランド モンク

ドレッシーかつスマートな印象を持つダブルモンクのストレートチップシューズ。コールハーンのオリジナルテクノロジー「グランド.OS」採用したことによる履き心地のよさが特徴です。

前方に特殊なラバー素材を装着することで耐久性、グリップ力と柔軟性を高めたレザーソールも魅力のひとつ。見た目の高級感からは想像できない機能性が備わっています。

また、履き口に縁取りがされていることも特徴。レザーと同色の留め具など、細かいディテールにもこだわりとデザイン性が詰まっています。カラーはブラックとブラウンの2色展開です。

グレンソン(Grenson)

1866年イギリス創業の老舗ブランド。有名革靴ブランドの多くが採用していることで知られる、グッドイヤーウェルト製法を世界で初めて本格的に取り入れたといわれています。

あえて流行を取り入れない無骨で誠実なスタイルとイメージを貫いていることが特徴。8週間もの時間をかけて製造されるなど、常にクオリティの向上に努める姿勢から、熱狂的なファンを抱えています。

グレンソン(Grenson) LONDONストレートチップ

グレンソンのなかでも長年人気を集め続けている王道のストレートチップシューズ。英国紳士たちからの人気はもちろん、日本でも本物志向な革靴好きから高い評価を集めています。フランスの一流タンナー「アノネイ社」のカーフレザーを使用したアッパーは、上品で落ち着いた表情が魅力です。

少し丸みがあり高さが印象的なトゥもポイント。イギリス靴らしいクラシックなフォルムとたたずまいが魅力です。デザイン自体はシンプルため、年齢やスタイル、シーンを問わずコーディネートできます。

パラブーツ(Paraboot)

創業100年を超えるフランスの老舗ブランド。もともとは登山靴を製造していたこともあり、重厚感や屈強さを感じるデザインの革靴を製造しています。

世界で唯一ラバーソールを自社生産していることが特徴で、耐久性が高く機能性に優れた製品作りが評判です。日本でもカジュアルスタイルやアウトドアスタイルを好む方から人気を集めています。

パラブーツ(Paraboot) アゼイ

パラブーツの特徴であるボリュームのあるフォルムが印象的なストレートチップシューズ。シャープにまとめられたトゥも特徴で、カジュアルながらスマートな雰囲気も兼ね備えています。

アッパーの素材にはパラブーツでは定番のリスレザーを使用。オイルをしっかり染み込ませているのが特徴で、撥水性と耐久性の高さが魅力です。また、手入れすることで増す深みのある光沢感に仕上がっていきます。

耐久性とグリップに優れたラバーソールによる履き心地のよさも人気の理由。カジュアルスタイルはもちろん、ジャケパンスタイルなど、ラフなビジネススタイルにもおすすめです。

パラブーツ(Paraboot) ダブルモンク ウィリアム グレインレザー

ダブルモンクの上品さとパラブーツ独特のボリューム感のバランスが印象的なストレートチップシューズ。ジョンロブの定番モデル「ウィリアム」のカジュアルラインとして生産されたことが始まりです。

アッパーに使用したグレインレザーにより、カジュアルさのなかに重厚で男らしい雰囲気を感じます。また、ソールに施されたステッチなど、ディテールにまでこだわりが見られる1足です。

ラバーソールによる快適な履き心地も大きな魅力。一般的なダブルモンクにはない堅牢感やボリューム感は、アウトドアスタイルに合わせることで全体を小慣れた印象にまとめてくれます。

ヤンコ(YANKO)

たくさんの革靴ブランドが集まることで知られる、スペインマ・ヨルカ島で1961年に創業したブランド。グッドイヤーウェルト製法を採用した丁寧な靴作りで知られています。

クルマのタイヤにも使われる天然ゴム「カウチョ」を使用した、耐久性の高いラバーソールが特徴。所持するラストの種類も豊富なため、幅広いフォルムの革靴を製造しています。

ヤンコ(YANKO) 外羽根セミブローグ

スマートなフォルムと外羽根式によるカジュアルなアッパーが印象的なストレートチップシューズ。使用するラスト「777」の特徴である洗練されたシルエットが魅力です。

トゥをはじめ随所に施されたパーフォレーションも魅力のひとつ。カジュアルなデザインに華やかさや上品な雰囲気をプラスしています。カラーは2色展開。ブラックならよりスマートな印象を、ブラウンならよりカジュアルな印象を与えることが可能です。

アッパーに使用した牛革には、1足ずつ職人がクリーム仕上げを施していることが特徴。存在感を放ちながらも主張しすぎない絶妙な光沢感が魅力です。

ヤンコ(YANKO) ダブルモンク ダークブラウンスエード

ストラップが印象的なダブルモンクとアッパーに使用したスエード素材が特徴のストレートチップシューズ。濃いブラウンのスエード素材は、シックで落ち着いた雰囲気を演出できます。あたたかみのあるデザインのため、秋冬に特におすすめです。

ノーズが少し長めのシルエットも特徴のひとつ。スマートで小綺麗な印象を与えられるフォルムで、コーディネートに品のよさを加えられます。

ソールには「ヨーク」と呼ばれるラバーソールを採用。グリップ力と耐久性が高く、雨の日でも安心して歩けます。見た目のエレガントさだけでなく高い機能性も兼ね備えた1足です。

ストレートチップシューズのおすすめコーデ

清潔感と男らしさを両立させた黒系スーツコーデ

By: wear.jp

黒のセットアップスーツに白のシャツ、黒いストレートチップシューズという定番のコーディネート。シンプルながらスコッチグレインのストレートチップシューズの程よい光沢感や上品な雰囲気から、男らしさやスマートな印象を与えられます。

シルバーのネクタイと同色のチーフもシックな印象で、コーディネートの邪魔をせず清潔感をプラス。全体を黒系で統一しているため、ビジネスシーンやフォーマルシーンはもちろん、結婚式など華やかなパーティにもおすすめです。

カジュアルさとフォーマルさを兼ね備えた真冬の通勤スタイル

By: wear.jp

ビジネスカジュアルスタイルと大ぶりなダウンジャケットを合わせた、寒い時期におすすめのコーディネート。グレーのジャケットとネイビーのパンツを合わせたスーツスタイルを、ダブルモンクのストレートチップシューズが程よくカジュアルにまとめています。

ブルー系のパンツやダウンジャケットと、ブラウンのストレートチップシューズとの相性のよさもポイント。カジュアルさとフォーマルな印象を兼ね備えているため、幅広いスタイルに合わせられます。

濃紺デニムとチップシューズで魅せるスマートカジュアルコーデ

By: wear.jp

全体的にシンプルなアイテムでまとめたスマートなカジュアルコーデ。セーター・デニム・ストレートチップシューズという扱いやすいアイテムのため、誰でも真似しやすいコーデです。

シンプルななかにも、大きめにロールアップしたデニムとストレートチップシューズでしっかり個性を出しています。デニム、白いソックス、黒いストレートチップシューズの色合いは、清潔感と小慣れた印象を与えることが可能です。細めのデニムと少し大きめのニットとのバランスもコーディネートのポイントです。

無骨なアイテムでまとめ上げた大人ストリートスタイル

By: wear.jp

個性が強いアイテムを集めながらも、全体的にすっきりとまとまったストリートスタイル。シングルライダースの上からコーチジャケットを羽織る個性的な合わせ方が大きなポイントです。

デニムは個性が光るカットオフデニムを着用していますが、シンプルなブラックのストレートチップシューズを合わせることで、無骨ですっきりした印象に。程よく履き込まれたレザーの質感は、男っぽさと小慣れた雰囲気を演出しています。