フォーマル、ビジネス、カジュアルと、あらゆるシーンでの活躍が期待できるストレートチップシューズ。きちんと感を演出したい場面ではこの上なく頼りになるアイテムで、大人の男性なら1足は持っておきたいところです。

今回は、そんなストレートチップシューズのおすすめのブランドと人気アイテムを一挙にご紹介します。着こなしの参考になるコーディネート例もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

ストレートチップシューズとは?

By: rakuten.co.jp

ストレートチップシューズは、革靴の中でも最もフォーマルとされるアイテム。トゥの部分に一文字の切り替えが入っているのが特徴です。ビジネスはもちろん、冠婚葬祭などかしこまったシーンでも重宝します。

また、最近では正統派きれいめコーデに合わせるほか、カジュアルコーデを引き締めるために使われることも多いアイテム。足元にプラスするだけで、コーディネート全体の印象をスッキリさせます。

ストレートチップシューズの選び方

羽根の方式で選ぶ

内羽根式

By: amazon.co.jp

内羽根式とは、紐を通すハトメ部分と足の甲をおおうアッパーの革が一体となった革靴のこと。羽根と呼ばれる部分が閉じているのが特徴です。もともとフォーマルな場面で履く靴として生まれたため、現在も冠婚葬祭などでは内羽根式のモノを選ぶべきとされています。

また、見た目がスッキリとしていて上品なので、相手にきちんとした印象を与えたい就職活動などにもおすすめです。服装のマナーで絶対に失敗したくないシーンでは、ブラックの内羽根式ストレートチップシューズを選びましょう。

外羽根式

By: amazon.co.jp

外羽根式の革靴は、ハトメ部分がアッパーの上部に取り付けられているのが特徴。羽根部分が開くため、内羽根式よりも履きやすいというメリットがあります。軍靴がルーツと言われており、結婚式のようなかしこまった場での着用には不向きです。

着用する場面として好ましいのは、ビジネスシーンやカジュアルシーン。ストレートチップシューズを気軽に取り入れたい方は、外羽根式のモノを選んでみてください。

デザインで選ぶ

By: rakuten.co.jp

定番アイテムであるストレートチップシューズには、木型やカラー、装飾が異なるさまざまなデザインのモノがあります。着こなしのイメージに合わせて、自分にぴったりのアイテムを選びましょう。

冠婚葬祭用としてストレートチップシューズを購入するなら、ベーシックなフォルム、ブラックカラー、装飾なしを条件に選ぶのが無難です。初めてストレートチップシューズを購入するという方も、1足目は極力クセのないアイテムがおすすめ。

逆にビジネスシーンや普段の着こなしに使うなら、少し遊びのあるデザインのモノを選ぶと、こなれ感が出ます。ブラウンカラーのモノや、穴飾りを指すメダリオンの装飾が施されたモノなどもチェックしてみてください。

ソールの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

革靴のソールは、レザーソールとラバーソールに大別されます。フォーマルシーンに適しているのは、見た目がスマートなレザーソール。履き込むほどに足に馴染んでいくのも魅力です。中でも薄く作られたシングルソールが最もフォーマルで、冠婚葬祭にも問題なく使えます。

逆に実用性を重視するなら、ラバーソールがおすすめ。滑りにくく、防水性にも優れているため雨の日でも安心です。特にビジネスで外出する機会が多い方は、ラバーソールの方が使い勝手がよく重宝します。

ストレートチップシューズのおすすめブランド

リーガル(REGAL)

紳士靴の定番として、多くのビジネスマンから支持されている日本の革靴ブランド「リーガル」。素材の選定から製造、最終チェックに至るまで職人の手によって行われるリーガルのシューズは、高品質かつ手の出しやすい価格帯なのが魅力。社会人になったばかりの方にもおすすめです。

リーガル(REGAL) ストレートチップ スクラッチタフレザー 25ARBE

スマートなスーツスタイルを演出してくれる、細身シルエットのストレートチップシューズです。トゥの形は、スッと伸びる「チゼルトゥ」。定番のラウンドトゥに比べて、シャープな印象を纏えます。

そして、本製品で特筆すべきは使われている素材。「スクラッチタフレザー」と呼ばれるキズに強い革を採用しており、あまり神経質にならずガシガシ履けます。お手入れも楽なので、ビジネスで毎日革靴を履く方や、まだ革靴の扱いに慣れていない新社会人の方にもおすすめです。

リーガル(REGAL) ストレートチップ 315RBE

革のツヤ感、質感にとことんこだわった1足。ごくシンプルなデザインながら、足元で特別な存在感を発揮します。また、リーガルの一般的なモデルに比べて5mm高く設計されたヒールも本製品の特徴。スーツ姿のスタイルアップに効果的です。

靴底は滑りにくいラバーソール。通勤、外回りなど、雨に遭遇する可能性の高い場面でも安心です。更に「プラスクッションインソール」を採用することで、かかとの負担を軽減することができ、快適性もアップしています。デザイン性と機能性のバランスが取れたおすすめアイテムです。

リーガル(REGAL) ストレートチップ 革底 01DRCD

シャープなフォルムで、ドレススタイルを格上げしてくれるおすすめの1足。靴底はレザーソールで、冠婚葬祭用ストレートチップシューズに最適です。アッパーには、フランスの有名タンナーである「アノネイ社」のカーフレザーを採用しています。

また、細部に宿るリーガルらしい工夫も注目ポイント。「ヤハズコバ」と呼ばれる日本靴特有の仕上げで、ソールを実際よりも薄く見せています。他にも、洗練された印象を与える細やかなステッチング、グッドイヤーウェルト製法ならではの履き心地など、魅力満載のアイテムです。

オールデン(ALDEN)

「オールデン」は、1884年に創業したアメリカのシューメーカー。現在もメイドインUSAへのこだわりを貫いているのが特徴で、グッドイヤーウェルト製法で作られる紳士靴は約200もの工程を経て完成します。

美しい外観と快適な使用感を兼ね備えるストレートチップシューズを、ぜひチェックしてみてください。

オールデン(ALDEN) 56610

オールデンが2018年秋冬モデルとしてリリースした注目の新作です。アッパーには、牛革の中で最も上質な素材とされるカーフスキンを採用。シンプルなデザインゆえに、革の風合いがよく感じられます。

本製品の木型「モディファイドラスト」は、足を包み込むような優しい形状が印象的。足の均衡回復を目的とした「フットバランスシステム」が採用されている木型としても有名です。靴底はレザーのシングルソールで、外羽根式ながらドレス感漂う1足に仕上がっています。

オールデン(ALDEN) 9016

オールデンを象徴する素材ともいえる「コードバン」を使った贅沢な逸品です。コードバンは馬の臀部から取れる革で、1頭からわずかな量しか取れない希少な素材。きめ細やかで、驚くほど美しい光沢を持つ銀面が魅力です。

採用されている木型は、やや細めの「ハンプトンラスト」。緩やかなラウンドトゥが、クラシックな雰囲気を醸し出します。また、一本線の切り替え部分に施された細かい飾り穴の装飾も目を引くポイント。足元に取り入れれば、スーツスタイルがグッとおしゃれにキマリます。

キャサリンハムネットロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON)

イギリスの人気ファッションブランド「キャサリンハムネット」のメインラインである「キャサリンハムネットロンドン」。エレガントで華やか、そして強いメッセージ性を持つアイテムが多数揃っています。

革靴も、他ブランドとは一線を画す斬新なフォルムのモノが豊富。ファッション性を重視する方におすすめです。

キャサリンハムネットロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON) ストレートチップ 31505

ファッションブランドらしいデザイン性へのこだわりが感じられる1足。ロングノーズのスラリとしたラスト、そしてサイドの個性的なステッチが目を引きます。また、足のラインをキレイに見せてくれる、約3.5cmのヒールも本製品の特徴です。

アッパーに採用されている革は「バッファローキップ」。柔らかさとタフさを兼ね備える素材です。そして、マッケイ製法で作られているため軽く、靴底の反りがよいのも魅力的。カジュアルなファッションでは細身パンツに合わせ、スタイリッシュにコーディネートしてみてください。

キャサリンハムネットロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON) ダブルモンクストレート 31585

華やかな外観が特徴のダブルモンクストラップシューズの中でも、特に個性の光る1足です。モンクストラップシューズとは、紐ではなくベルトで足を固定するタイプのシューズのことを指します。

最も特徴的なのは、ざっくりと施されたステッチ。上品なストレートチップシューズにカジュアルな雰囲気がプラスされ、普段の着こなしに取り入れやすいデザインに仕上がっています。

靴底のラバーソールは薄くスマートな作りで、本体のシャープな印象を損なうことなく実用性をアップ。ヒールは約3cmで、カジュアルな着こなしもドレッシーな表情に変えてくれます。おしゃれ靴として活用できるアイテムを探している方には特におすすめです。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)

スコッチグレインは、妥協のないモノづくりで信頼を獲得してきた日本のシューメーカー。東京・墨田の工場にて、手練れの職人が日々靴と向き合っています。世界各国の厳選素材、日本人の足にフィットする木型、そして職人の確かな技術。これらが組み合わさることで生まれる高品質な革靴は、多くのビジネスマンを魅了しています。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) アシュランス 3526

スコッチグレインの入門靴としてもおすすめしたい、ロングセラーシリーズ「アシュランス」のストレートチップシューズ。バランスの取れた木型が、嫌味のない正統派スーツスタイルを演出してくれます。

ベーシックなデザインゆえに、汎用性は抜群。結婚式などのフォーマルな場面や、きちんと見せたい就活にも最適です。アッパーの素材には国産カーフを採用しており、上質な素材感が味わえます。あらゆるシーンに対応できる万能靴として、ぜひワードローブに加えてみてください。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) ベルオム 756

ライン状に並んだ穴飾りが、ほどよい華やかさを出している内羽根式ストレートチップシューズ。余計な装飾を省くことで、主張しすぎないデザインに仕上がっています。木型はつま先からかかとまでのラインが美しく、全体的にスタイリッシュな作りです。

靴底には「トップゴムレザーソール」を採用。レザーソールながら、すり減りやすいつま先部分にゴムを配することで耐久性がアップしています。スマートな外観とガシガシ履ける実用性を兼ね備えたおすすめの1足です。

チャーチ(CHURCH’S)

名門シューメーカーの工場が立ち並ぶ、イギリス・ノーザンプトンで生まれた「チャーチ」。1873年に創業した、世界的にも有名な老舗ブランドです。チャーチの革靴は映画「007」のジェームス・ボンドが長年に渡って着用したことでも広く知られており、現在でも多くのメンズの憧れの的となっています。

チャーチ(CHURCH’S) DIPLOMAT ディプロマット 7814/11

チャーチのクラシックモデルの中でも、特に高い人気を誇る「ディプロマット」。木型には、シャープさと丸みのバランスが絶妙な「173」が採用されています。

また、上品で華やかな装飾もチャーチならでは。メダリオンとパーフォレーションが施されたアッパーが、着こなしを格上げしてくれます。スーツはもちろん、私服に合わせてもおしゃれな1足です。

チャーチ(CHURCH’S) CONSUL コンサル 7811/11

いつの時代でも輝きを失わない、チャーチの定番ドレスシューズです。シンプルを極めたデザインが、上品さを際立たせます。「ディプロマット」と同じ「173」の木型を使っており、装飾がない分、フォルムの美しさを最大限に味わえます。

アッパーには美しい質感を持つカーフスキンを採用。チャーチオリジナルのワックスで仕上げられています。身だしなみで絶対に失敗したくないビジネスシーン、フォーマルシーンではこの上なく頼りになる1足なので、本格的なアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

ジャラン スリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA)

「ジャラン スリウァヤ」は2003年にスタートしたインドネシア発のブランド。グッドイヤーウェルト製法の原型ともいわれる「ハンドソーンウェルテッド製法」を採用しており、ほとんどの工程はハンドメイドで行われています。また、良心的な価格設定も魅力で、コスパに優れたアイテムを探している方には特におすすめです。

ジャラン スリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98321

厳選した素材を採用しつつも、手の出しやすい価格設定を実現した優秀アイテムです。アッパーには、世界的にも有名なタンナーである「デュプイ社」のカーフレザーを採用。外観からも、上質な革の風合いが感じられます。

また、幅をやや細めに設計したスリムなフォルムも魅力的です。細身スーツに合わせれば、よりスタイリッシュな着こなしに。そして、靴底には優れたグリップ力を持つ「ダイナイトソール」を採用しているため、雨の日用のビジネスシューズとしてもおすすめです。

ジャラン スリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98845

ビジネスシーンで求められるかっちり感と、こなれた着こなしを実現する洒落感を兼ね備えたおすすめの1足です。採用されているラストは「EDWARD」。自然な丸みを帯びたトゥを持つクラシックな木型です。

シングルモンクストラップシューズは、スッキリとした外観と着脱のしやすさが魅力。特に本製品は細めストラップでエレガントな印象です。3万円台で手に入るので、定番ストレートチップシューズに次ぐ2足目候補としてぜひチェックしてみてください。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)

「クロケット&ジョーンズ」は、紳士靴の聖地と呼ばれるイギリス・ノーザンプトンで誕生した有名老舗ブランドの1つで、1879年に設立されました。靴作りにおける高い技術もさることながら、最大の強みは世界で一番多くの木型を持っていること。自分の足にしっくりと来る革靴が見つけられないという方は要チェックです。

クロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES) AUDLEY

クロケット&ジョーンズを代表する人気モデル。ブランドの高級ラインである「ハンドグレードコレクション」のアイテムで、厳選された素材を採用するとともに、手間を惜しまず細部まで丁寧に仕上げられています。

木型は、「パリラスト」の通称でも知られる「337」。エレガントな印象のスクエアトゥを持つ、バランスの取れたラストです。そして、上質なカーフレザーは履き込むにつれて足に馴染み、愛着が湧きます。どこに履いて行っても恥ずかしくない、おすすめの逸品です。

クロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES) HARROGATE

男らしさと上品さを兼備した、大人の男性にこそおすすめしたい1足。採用されている「341」の木型はややシャープな外観ながら、甲の高さ、幅の広さを十分に取っているため窮屈感がありません。着脱もしやすく、実用面の優秀さが光ります。

また、本製品の特徴として挙げられるのが、革の風合いを活かしつつ透明感のある発色を実現できる「アニリン仕上げ」が採用されている点。繊細な革の仕上げに、技術の丁寧さが感じられます。

ジョンロブ(John Lobb)

「革靴の王様」として知られる名門ブランド「ジョンロブ」。靴職人であるジョン・ロブ氏がロンドンに第1号店をオープンさせたのは、1866年のことです。当初はオーダーメイドの一種であるビスポークシューズの受注のみでしたが、1982年には既成靴のコレクションを発表。数々の名作は、現在でも世界中のファンを魅了し続けています。

ジョンロブ(John Lobb) CITY II

ジョンロブが生み出した名作の1つである「CITY II」。端正なフォルムに、繊細なツインステッチが映えます。靴底はフォーマル度の高いシングルレザーソール。スマートなアッパーと見事に調和しています。

採用されている木型は「7000」。美しい楕円を描くつま先を備え、ファンの間でも絶大な人気を誇る木型です。モダンな細身スーツとの相性もよく、スタイリッシュな着こなしをサポートしてくれます。まさに一生モノともいえるストレートチップシューズの名作を、ぜひチェックしてみてください。

ストレートチップシューズのおすすめコーデ

ストレートチップシューズでスーツスタイルを格上げ

By: wear.jp

ネイビーでまとめたスーツスタイルの足元に、クロケット&ジョーンズの内羽根式ストレートチップシューズ「ケント」をチョイス。シャープなフォルムが全体の印象をグッと引き締めています。カシミヤウールを使った高級感溢れるチェスターコートとの相性もぴったり。

ビジネスシーンの着こなしで差をつけたい方におすすめのコーディネートです。

華やかな結婚式スタイルの引き締め役に

By: wear.jp

結婚式での服装は、お祝いする相手への気持ちを表す上でとても重要。絶対に外したくない場面では、ブラックの内羽根式ストレートチップシューズを選ぶのがおすすめです。

グレースーツに蝶ネクタイを合わせた華やかなパーティスタイルも、よりきちんとした雰囲気へと導いてくれます。結婚式で持つことの多いブラックのクラッチバッグとの相性も抜群です。

モンクストラップならかしこまりすぎない印象に

By: wear.jp

個性的なジャケット、ネクタイにチノパンを合わせたラフなジャケパンスタイルです。足元にはブラウンのストレートチップシューズをチョイスして、ダンディな雰囲気に。

モンクストラップのアイテムはフォーマルすぎない印象で、普段使いしやすくおすすめです。ボトムスにアンクル丈のモノを選ぶことで、シューズのキレイなフォルムがしっかり見えるよう工夫されています。

きれいめ要素をプラスするアイテムとしても優秀

By: wear.jp

カジュアルアイテムときれいめアイテムを絶妙にMIXしたおしゃれなコーディネート。ジョガーパンツ×ストレートチップシューズという組み合わせが新鮮です。

完全なカジュアルスタイルにストレートチップシューズを合わせるのは難度が高いので、取り入れるカジュアルアイテムは1点に絞るのがおすすめ。色味もシックなモノで揃えるとまとまりのあるコーデに仕上がります。

大人の魅力が詰まった好感度高めコーデ

By: wear.jp

ベーシックなアイテムの組み合わせながら、品のよさがにじみ出ている大人らしいスタイリングです。

アウター以外はタートルネックニット、スラックスときれいめアイテムでまとめているため、フォーマルなシューズも難なく調和。さらに、ストレートチップシューズはやや厚めソールのモノを選ぶことで、キメすぎていない自然なコーディネートに仕上がっています。

きちんと見せたい時のきれいめカジュアルスタイル

By: wear.jp

同窓会や大事なデートなど、きちんと感とおしゃれさを両立したい時にぴったりのコーデ。無地アイテムでシンプルにまとめつつ、首元のマフラーの柄がアクセントです。そして、足元のストレートチップシューズできちんと感を演出しています。

ユニクロなどリーズナブルなアイテムを上手に使いながらコーディネートしているのもおすすめポイントです。