革靴は男性の魅力を引き立てるアイテム。なかでもストレートチップシューズは、落ち着いたデザインで幅広く活躍します。ファッションに伝統的な要素を取り入れることで、大人の余裕やかっこよさを演出。手軽に品のあるコーディネートを作れるアイテムです。

この記事では、上質なストレートチップシューズをピックアップし、革靴の選び方と一緒におすすめの製品をご紹介します。カジュアル・ビジネス向けに分けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ストレートチップシューズとは?

By: crockettandjones.com

ストレートチップシューズは、つま先の部分に1本のまっすぐな横線が入っているデザインの革靴を指します。ベーシックで落ち着いた印象を与え、フォーマルからカジュアルまであらゆる場面で活躍。足元を引き締め、簡単に洗練されたファッションを作れるおすすめのアイテムです。

内羽根式と外羽根式

By: amazon.co.jp

革靴は、紐を通す羽根部分が甲と一体化しているか独立しているかによって「内羽根式」と「外羽根式」の2種類に分けられます。

羽根部分が甲と一体化しており、履き口がⅤ字型に開くモノが「内羽根式」。フォーマルな印象を与え、冠婚葬祭やビジネスなど幅広いシーンに適しています。一方、羽根部分が甲から独立しており、履き口が外に開くモノが「外羽根式」。内羽根式より可動域が広く、長時間歩く場合に適しています。

初めてストレートチップシューズを購入するのであれば、活用できる場面の多い「内羽根式」のモデルを選べば失敗がありません。トレンドに左右されないので、長く愛用できる1足になります。

ストレートチップシューズの選び方

シーンに応じたデザイン

By: amazon.co.jp

黒いシンプルなストレートチップシューズはあらゆるシーンで活用できますが、装飾の施されているモノや黒以外のモノは、用途に応じて使い分ける必要があります。

例えばブローグ(穴飾り)のデザインが華美なモノや、カラーが茶色の革靴は冠婚葬祭には適していません。ビジネスシーンや就職活動なども黒いシンプルなストレートチップが望ましいです。

一方、カジュアルシーンでストレートチップの革靴を取り入れる場合は、華美な装飾が施されているモノや黒以外のカラーがおすすめ。服装によってはシンプルなタイプより、効果的におしゃれを演出できます。それぞれのシーンに合う革靴を選ぶことで、男性の魅力を存分に引き立ててくれるでしょう。

ソールの種類と履き心地

By: amazon.co.jp

革靴にはさまざまな種類のソール(靴底)があります。ストレートチップの革靴は「レザーソール」や「ラバーソール」が一般的。レザーソールは高級感があり、他のソールと比べて最もフォーマルです。長時間履いても蒸れないので快適ですが、ラバーソールのような溝がないため滑りやすいのが難点。晴れている日の営業や、オフィスワークが中心のビジネスマンにおすすめです。

ラバーソールは実用性に優れており、多くのビジネスシューズに採用されています。レザーソールが苦手とする雨や悪路の問題を克服。通気性の面では劣るものの、手入れが容易で耐久性に優れているので、長距離を歩く営業中心のビジネスマンにおすすめです。

ソールにはそれぞれ長所と短所があり、どれを選べばよいか迷いがち。初めてのストレートチップシューズには、革靴のケアに慣れていない方でも扱いやすいラバーソールが最適でしょう。

さまざまな靴底の製法と特徴

By: trickers.com

靴底の付け方はいくつかの種類に分かれており、革靴の機能面やコストに影響します。ストレートチップを始め、革靴の製法としては「グッド・イヤー・ウェルト製法」か「マッケイ製法」が代表的です。

グッド・イヤー・ウェルト製法は、細い帯状の革「ウェルト」とアウトソールを縫い付ける製法。手間がかかるため大量生産には向かず、価格はそれほど抑えられません。甲革とアウトソールが直接縫い付けられていないためソールの交換がしやすく寿命が長いことから、お気に入りの1足を使い続けたい人におすすめ。

マッケイ製法は、中底とアウトソールを縫い付ける製法です。構造が単純で大量生産できるため、価格を安く抑えることが可能。ソールの交換には向かないことから、グッド・イヤー・ウェルト製法より寿命が短くなるケースがほとんどです。低価格なモノが多いので、ファッションに合わせて何足も用意したい人におすすめします。

ストレートチップシューズのおすすめブランドランキング|カジュアル編

第1位 クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)

1879年に創業された「クロケット&ジョーンズ」は、英国を代表する革靴ブランド。自社工場で厳しい管理のもと、1足あたり約8週間かけて高品質な靴を生産しています。世界で最も多くの木型を揃えており、オリジナル製品のラインナップは多彩。優雅なデザインと最高峰の技術により、世界中の幅広い層から人気を集めています。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) レースアップシューズ WESTFIELD

上品な丸みのあるシルエットが特徴的なストレートチップシューズ。艶のあるカーフレザーは、身に着けた男性の魅力を引き立てます。全体に穴飾りが施され、カジュアルやパーティースタイルなど幅広く対応できるデザイン。伝統的なグッド・イヤー・ウェルト製法を採用しており、ソールの交換修理をしながら長く使える1足です。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) NORTHCOTE

つま先が長めの「ロングノーズ」が特徴的なストレートチップブーツ。蜜蝋を浸透させたワックスカーフは摩擦で磨かれ、時間とともに艶やかな光沢があらわれます。映画「007 SPECTRE」に登場し、ジェームズ・ボンドが使用したモデルとして有名です。

滑りにくさと丈夫さを備えた「ダイナイトソール」を採用しており、中板と呼ばれるレザーを1枚入れる事でクッション性を高めています。英国ブランドでありながらどこかパリを連想させるデザインで、コーディネートにクラシカルな雰囲気を与えてくれる1足です。

第2位 ドクターマーチン(Dr.Martens)

ブランド名は、ドクターマーチンの靴に採用されている「バウジングソール」を開発したクラウス・マーチン氏の名前に由来しています。優れたクッション性を持つバウジングソールは、ドクターマーチンの代名詞。バウジングソールは耐久性も高く、肉厚なレザーと組み合わせることで長く愛用できる仕立てになっています。

ドクターマーチン(Dr.Martens) レースアップシューズ HENLEY MORRIS 16774

スリムなシルエットに施された、華やかな穴飾りが特徴的なシューズ。内羽根式のストレートチップでありながら、カジュアルに履きこなせるデザインになっています。

ドクターマーチンの特徴とも言える「バウジングソール」を採用しているため、長時間歩いても疲れにくい1足。グッド・イヤー・ウェルト製法で頑丈に仕上げられているので、革靴でどこまでも行きたい方におすすめです。

第3位 トリッカーズ(Tricker’s)

トリッカーズは1829年に創業されたイギリスのシューズブランド。靴作りで知られるノーサンプトンに現存する最も古い靴のメーカーと言われ、映画の舞台としても登場しました。

ロンドン直営店には、優れた品質であることを証明するチャールズ皇太子御用達の紋章が与えられるほど。また、多くのブランドと積極的にコラボレーションしており、それらの商品も高く評価されています。

トリッカーズ(Tricker’s) M798 RICHORD

暖かみのあるスエード生地で、カントリースタイルを楽しめる1足。程よいフィット感のある柔らかい履き心地で、普段使いにおすすめのモデルです。通気性や軽量感に優れており、カラーは使い勝手のよいブラウンで幅広いシーンに対応。

トリッカーズのシューズは重い印象がありますが、レザーソールを採用することで歩きやすさを追求しています。スエード生地は薄いモノが使用されているので、オールシーズン使用できるおすすめのストレートチップシューズです。

第4位 オールデン(ALDEN)

1884年にアメリカのマサチューセッツ州で創業したオールデン。伝統を追い求めるだけでなく、快適な履き心地と実用性を提供するオールデンは、今では「アメリカ靴の王様」と呼ばれています。

「フットバランス」という足の問題を解決する独自の矯正技術を採用しており、足に吸い付くようなホールド感が特徴。イギリス製の革靴にはない独特の感覚が、オールデン愛好家を生み出しています。

オールデン(ALDEN) STRAIGHT TIP BLUCHER

艶のあるきめの細かいカーフレザーが目を引く外羽根式ストレートチップシューズ。ハトメ金具や馬蹄をモチーフにしたオリジナルソールなど、細かな部分に手間とこだわりが詰まっています。

「包み込まれるような履き心地」と称される秘密は、足の形に沿って作られたアウトソールと厚みのある中物のコルク。蝋引きのコットンシューレースが質のよいアンティークシューズを連想させ、カジュアルなファッションを上品に演出します。

第5位 パラブーツ(Paraboot)

1908年にフランスで登山者用の靴を作る工房から始まったシューズメーカー。自社でソールを製造する唯一のシューズメーカーとして広く知られています。

ほとんどのモデルに「ノルヴェイジャン製法」を採用。防水・防寒性が高く、群を抜く優れた堅牢性が特徴です。良質な素材と手間のかかるこだわりの製法で、高い機能性と履き心地を実現しています。

パラブーツ(Paraboot) Azay

シンプルなデザインで耐久性の高いパラブーツの人気モデル。耐水性に優れたリス・レザーを使用し、高い堅牢性をもつノルヴェイジャン製法で仕上げられています。クッション性に優れたオリジナルのラバーソール「GLIFF2」は、濡れた路面でも滑らず擦り減りにくいのが特徴です。

水の侵入を防ぐL字型のウェルトは、他には見られない特殊なデザイン。流行に左右されないデザインで、あらゆるシーンで活躍します。

第6位 フットザコーチャー(foot the coacher)

2000年に竹ヶ原敏之介が設立したメンズ専門シューズブランド。有名セレクトショップに中心に展開しており、シューズ以外にもアパレルやアクセサリーも販売しています。履き心地と耐久性に強くこだわり、履き手を最優先に考えたデザインを発信するブランドです。

フットザコーチャー(foot the coacher) MENDELL FTC1334010

日本人の骨格に合わせた設計で、足に馴染みやすく履きやすい1足。1900年代前半に履かれていたシューズを現代風にアレンジしたデザインで、選りすぐりの素材が惜しみなく使用されています。

特徴である肉厚なオイルドステアレザーはダブルステッチで丁寧に仕上げられ、非常に重厚で丈夫。ドレスコードに合わせやすいデザインになっており、つま先にあしらわれた上品な穴飾りが目を引きます。

フットザコーチャー(foot the coacher) SEMI BROGUE SHOES FTC1434012

1900年代初めのドレスシューズをモチーフに、細部まで華やかなデザインが施されたモデルです。全体にあしらわれた穴飾りが高級感を演出。足を包み込むようなシャープで美しいラインは、ドレスからカジュアルまでさまざまなシーンで活躍します。

ストレートチップシューズのおすすめブランドランキング|ビジネス編

第1位 ジョンロブ(John Lobb)

1866年に創業されたジョンロブは、オーダーメイド靴を専門とする工房からスタートしたブランド。1980年代から優れた既製靴を世に出し続け、のちに「キング・オブ・シューズ」と呼ばれる地位を確立しました。

多くのモデルに採用されている「フルグレインレザー」は、ほとんど加工されていない丈夫でナチュラルな素材。足を包み込むように馴染む特性があり、50時間以上の製造工程を経て革靴として生まれ変わります。

老舗英国ブランドの多くは時代に左右されないディティールの靴を作り続けていますが、ジョンロブは常に柔軟で流行に敏感。伝統を重んじながら、新しさを感じるデザインを発信し続けています。

ジョンロブ(John Lobb) CITY2

2007年に登場した、ジョンロブのストレートチップシューズとして高い人気を誇るモデル。英国靴の伝統的なシルエットである、少しふくらみを帯びたつま先が特徴的です。

ジョンロブの木型の中でもスタイリッシュな印象のある7000番を使用することで、トラディショナルとモダンがかけ合わされた美しい1足。「キング・オブ・シューズ」の名にふさわしい逸品で、最高峰の革靴を求める方におすすめです。

第2位 チャーチ(CHURCH’S)

チャーチは1873年に英国・ノーサンプトンで創業された名門ブランド。1足あたり8週間の時間をかけ、250の工程を経た製品はどれも最高品質です。1966年には産業界最高の名誉とされるクイーンズ・アワードを授与されました。王室からの評価も高い伝統あるブランドです。

チャーチ(CHURCH’S) consul

ややロングノーズなデザインが特徴的な、チャーチのストレートチップモデル。つま先は少しだけスクエアになっていますが、冠婚葬祭やビジネスシーンにも使用できるフォーマルなスタイルです。革質は固くて丈夫な作りで、長く付き合える万能な革靴としておすすめします。

第3位 スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)

「スコッチグレイン」は1978年に始動した日本の革靴ブランドです。日本人の足にフィットする木型作りと、高い技術による「グッド・イヤー・ウェルト製法」が評価されて多くのファンを獲得してきました。

コンマ数ミリの調整を重ねた「日本人のための木型」により生み出される革靴は、絶妙なフィット感が特徴です。同クラスのモデルと比べて価格設定は抑えられており、上質な革靴を安価で手に入れることができます。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) ストレートチップ レザーソール OP0656

厳選した皮革を使った定番のストレートチップシューズ。シンプルで落ち着いたモデルですが、丁寧に仕上げられたレザーの光沢やつま先のシャープなデザインが印象的です。ビジネス・フォーマルと場面を問わず活躍します。

通気性のよいレザーソールながら、つま先をゴムで補強するなど使用感にも配慮。グッド・イヤー・ウェルト製法で丁寧に作り上げられており、長く付き合える1足としておすすめします。

第4位 リーガル(REGAL)

アメリカのシューズメーカーであるブラウン社が、1961年に日本製靴株式会社と提携。リーガルのシューズが日本に上陸し、日本での販売を開始しました。

職人による手作業にこだわり、高品質な革靴を生み出しています。さまざまな製法を駆使することで、幅広い層に履き心地のよい製品を提供。日本人にぴったりと合うフィット感と、安定感のあるデザインが人気の理由です。

リーガル(REGAL) 725R

強度のあるキップレザーを採用した、リーガルのストレートチップシューズです。かかと部分に接着剤を使用した「セミマッケイ製法」を採用。軽量で長時間の歩行でも負担が少ない1足です。

鏡面加工が施されているため高級感があり、あらゆるシーンに対応できる革靴としておすすめ。価格設定も抑えられており、1足目のストレートチップシューズとしてもおすすめします。

第5位 ニューヨーカー(NEWYORKER)

ニューヨーカーは、時代のニーズやトレンドを追ったアイテムを生み出すビジネスウェアブランド。ハイエンドな1級品を世に送り続け、個々に合った革靴は世界各国のビジネスマンに愛用されています。テリー伊藤が銀座のフラッグシップショップで1日店長をしたことでも話題なりました。

ニューヨーカー(NEWYORKER) NY005

オーソドックスな英国スタイルのストレートチップシューズですが、日本人の足に合わせた木型で設計されています。都会的なイメージの細身なディティールで、スーツ姿をよりスタイリッシュに演出。

内部に敷かれたコルクは厚いモノが採用されており、履くほどにユーザーの足の形へ馴染んでいきます。クッション性に優れており長距離の歩行に適しているので、営業でよく歩くビジネスマンなどにおすすめです。

第6位 ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

ジャランスリワヤは、2003年に立ち上げられたインドネシアのブランドです。オーナーであるルディ・スパーマン氏は革靴の町である英・ノーサンプトンで技術を習得。シューズは最終工程以外を全て手作業で行う「ハンドソーンウェルテッド製法」で作られており、返りのよい快適な履き心地が魅力です。

本場の製法を駆使しながらインドネシアで生産しているため、リーズナブルで高い品質の製品を提供。英国ブランドに引けを取らない丁寧な作りで注目を集めています。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98321

98321は「ジャランスリワヤ」のベストセラーモデル。底面に凹凸のあるラバー製の「ダイナイトソール」を使用した、実用性の高い革靴です。有名ブランドに劣らない品質でありながら低価格に抑えられ、由緒正しいデザインはどのような場面でも使用可能。スタンダードなストレートチップのデザインと機能性が魅力で、コストパフォーマンスを重視する人におすすめです。

ストレートチップシューズのAmazonランキングをチェック

ストレートチップシューズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ストレートチップシューズのメンズコーデ|カジュアル編

ラフなファッションを引き締める

By: wear.jp

ゆとりのある涼しげな服装にストレートチップシューズを取り入れることで、全体をグッと引き締める効果があります。カジュアルなテイストが強いファッションは子供っぽく見えやすいですが、バランスを簡単に調節できるのでおすすめです。

ブラウンを取り入れた英国風コーディネート

By: wear.jp

トラッドな服装にはブラウンのストレートチップシューズが合います。靴と同系色のグローブを着用することで、縦方向に統一感が感じられます。プライベートで使用する場合、どのようなファッションでも取り入れやすいのが、茶系のストレートチップシューズのメリットです。

ブラウンのストレートチップシューズは、英国紳士のような伝統的なテイストや、遊び心のある大人の男性を演出できる万能なアイテム。黒のストレートチップシューズが手元にあるなら、2足目はブラウンを選ぶと幅広く革靴を楽しめます。

ストレートチップシューズのメンズコーデ|ビジネス編

季節やシーンを選ばない汎用性の高いアイテム

By: wear.jp

ストレートチップシューズは最もフォーマルな革靴なので、取引相手や場所を気にすることなく使用できます。靴に合わせて黒のベルトを使用しているのがポイントです。

ラバーソールを採用したモデルは雨でも滑りにくく耐久性も高いので、長時間歩き続ける営業マンにとってのマストアイテム。ラバーソールのストレートチップシューズは必ず持っておきたい1足です。

グレースーツと合わせて誠実な印象に

By: wear.jp

明るめのグレースーツや色味の強いネクタイを使う際は、黒いストレートチップシューズを取り入れることで誠実な印象になります。足元がブラウンだとカジュアルに寄ってしまいそうな場合、黒で引き締めた印象を与えると失敗がありません。黒いストレートチップシューズは、手軽にフォーマルな雰囲気を作れるアイテムとしておすすめです。