自転車に子供用のシートを着けてお出かけに行くママパパ。しかし、移動する際は自転車に乗ったほうが楽で時間も短縮されるけど、いざ目的地に到着したら、子どもはふらふら歩いていってしまってスムーズになすべきことが進められなかったり、抱っこしなくてはいけなかったりと困ったことはありませんか? 目的地にベビーカーがあれば問題ないのですが、自転車での移動でベビーカーを持ち運ぶことはできません。そんな人にお勧めしたいのが、自転車用シート兼ベビーカーの「Påhoj」です。

使い方は至って簡単。自転車用のシートとして取り付けていたイスを、そのまま外すだけでOK。なので、自転車を駐輪場に停めている間に子どもがどこかに行っちゃったと言う事はありません。自転車シートとして使う際にはサドルの下に専用のアタッチメントを取り付けておくだけスムーズにシートとして設置することができます。

体重の制限は15kgまで。シートに空いている穴は、背中部分の通気性をよくするためだけではなく、シートに子どもが座っていない時の空気抵抗を減少させる働きがあるそうです。スーパーと銀行と郵便局と…というようにいろいろな場所をはしごしなければいけない時や、ちょっと遠くの公園にお散歩に行きたい時などには便利ですね。