さまざまなデザインがある「フロアライト」は、部屋の雰囲気やインテリアに合わせて選びたいところ。間接照明か直接照明かによっても部屋の雰囲気が大きく変わるので、どんなシーンで使うのかを想像して選ぶことも重要です。

また、遠隔操作できるモノや明るさを調節できるモノなど、便利なフロアライトも人気。今回は、フロアライトの選び方とともに形状別のおすすめフロアライトをご紹介します。

おしゃれなフロアライトの選び方

形状の種類をチェック

シェード型

By: rakuten.co.jp

シェードとは照明器具のかさを意味し、下向きに開いたかさで電球が覆われているタイプをシェード型と呼びます。シェードの素材やデザインで部屋の雰囲気が大きく変わるのが特徴です。

シェードにはさまざまな素材のモノがあります。布や和紙のような透過性のある素材は、シェードを通した柔らかい灯りで部屋を照らすのが魅力です。

木や金属など光を通さない素材であれば、灯りが下方向に集まるので手元を明るくする目的でも使用できます。用途に合わせてシェードの素材を選ぶことが大切です。

トーチ型

By: amazon.co.jp

トーチ型は、シェード型とは反対にシェードが上に向かって開いた形をしているタイプ。天井を照らすような構造をしており、アッパーライトと呼ばれることもあります。

同タイプは灯りが直接目に入らないので、まぶしさを感じにくいのが特徴です。天井に当てた光の反射で部屋を照らすため、周囲が優しい灯りで包まれるのが魅力。間接照明として使われることも多く、部屋におくだけでグッとおしゃれな雰囲気になります。

暗すぎると感じる場合は、設置場所や電球のワット数を変えることで明るさを調節できます。照明を落としてリラックスできる空間で過ごしたい方や、柔らかい灯りが好みの方におすすめです。

スポットライト型

By: rakuten.co.jp

電球が下向きのシェードで覆われており、支柱や電球部分の角度を変えられるのがスポットライト型です。シェードの角度を調節して特定の場所を照らせるため、部屋全体よりもどこか一ヶ所を明るくするのに向いています。

複数の電球がついたタイプもあり、それぞれの光が当たる場所を調節して部屋をおしゃれに演出することも可能。シェードの可動範囲が広いほど使い方や部屋の見せ方にも幅が出るので、角度や可動領域も確認してみてください。

灯りが一点に集中しやすいように、ほとんどの製品で金属や木材など光を通さない素材でシェードが作られています。硬い素材を使用するためスタイリッシュなデザインのモノが多く、大人っぽい雰囲気の部屋におすすめ。デザイン性の高いモノが多くあるので、インテリアにこだわりがある方も要チェックです。

グローブ型

By: rakuten.co.jp

グローブ型は、電球全体がカバーで覆われたフロアライト。カバーは透過性のある素材でできており、あたりを柔らかい灯りで照らすのが特徴です。

カバーの素材はさまざまですが、なかにはシリコン素材で作られているモノもあります。シリコンは熱くなりにくく子供が触っても安心なので、子供部屋で使用するのにもぴったりです。

スタンドタイプではなく床や棚に直接おける形のモノも多いため、いろいろな場所で使用できるのもおすすめポイント。星型や筒状などユニークなデザインが多いので、照明としてだけでなくおしゃれなインテリアとしても活躍します。部屋のワンポイントとなる照明を探している方におすすめです。

用途に合ったタイプをチェック

直接照明タイプ

By: amazon.co.jp

特定の場所を明るく照らしたい場合にぴったりなのが直接照明です。一般的には、ソファやベッドの脇において、読書をしたりパソコン作業などをしたりするために使います。

直接照明として使いたい場合は、手元に向かって直接灯りが届くシェード型やスポットライト型がぴったり。シェード型の場合は、素材によっては間接照明のような効果がでるため、非透過性の素材でできているモノがおすすめです。

間接照明タイプ

By: amazon.co.jp

透過性のあるシェードやカバーを通した灯りで周囲を照らすのが間接照明タイプ。壁や天井に光を当て、反射した光で部屋を明るくするタイプの間接照明もあります。

直接照明とは反対に、柔らかい灯りで部屋を包むのが間接照明の特徴。部屋をおしゃれに見せたり空間を演出したりする目的で使われる場合が多いのがポイントです。

間接照明に向いているのは、グローブ型やトーチ型です。さらに、透過性の高い素材でできたシェード型も間接照明の役割を果たします。スポットライト型も、光を天井に向けるなどすれば間接照明として使用可能。いろいろなタイプの間接照明があるので、デザインの選択肢が広がります。

明るさや色温度を調節できると便利

By: amazon.co.jp

フロアライトのなかには、調光調色機能のついたモノもあります。間接照明や読書灯など、複数の用途での使用を考えている方におすすめ。寝る前に読書などの習慣がある方なら、まぶしすぎないよう暗めの灯りに調節して使うことも可能です。

明るさの感じ方は、時間帯や体のコンディションによって差がでる場合も。明るさや色温度が調節できれば、そのときの状態や気分にあわせて使い分けられます。さらに、家族で暮らしている場合は、それぞれの好みに合わせて明るさを変えられるのもうれしいポイントです。

本体の重さをチェック

By: muji.com

本体の重さは、生活スタイルに合わせて選択したいところです。小さい子供がいる家庭なら、倒れにくいよう重心が低く重量のあるモノがおすすめ。しかし、あまりに重いと掃除の際などに動かすのが大変です。安全面と利便性のバランスを考えて選択する必要があります。

頻繁に掃除をする方やインテリアの配置をよく変更する方には、移動させやすい軽量のフロアライトがおすすめです。素材に布や麻、アクリルなどを使用しているモノは、比較的軽く楽に動かせます。

リモコンやスマホで遠隔操作できると便利

By: amazon.co.jp

遠隔操作できるタイプだと、ソファでくつろいだまま明るさや色温度を調節できて便利。寝室で使用する場合は、ベッドから起き上がらず消灯できるのもメリットです。

無線式のリモコンなら障害物がある場所やほかの部屋からも操作でき、利便性がアップします。さらに、Bluetoothでつないでスマートフォンで操作できるタイプもおすすめ。ほかの部屋から操作可能なうえ、リモコンを探す手間が省けて便利です。

おしゃれなフロアライトのおすすめ|シェード型

Tochic company フロアライト

テーブルと一体型で便利かつおしゃれなフロアライトです。本や飲み物をおいてサイドテーブルとしても使用できるので、ソファなどの横におくのがおすすめ。テーブルの上にはUSBポートが2つついており、スマートフォンなどを直接充電できます。

シェードは透過性のある布でできているため、間接照明として使うのにぴったりです。シェード部分は左右に約30°まで可動するので、手元が明るくなるよう角度調節できるのもうれしいポイント。スイッチは紐を引っ張るプルタイプです。

テーブルは天然木を使用した木製で、北欧風のテイスト。支柱はマットな質感で落ち着いた印象を与えます。すっきりとした見た目ですが、重量は7.2kgと比較的重く安定したつくりです。

SJJD 三脚スタンドライト

リモコンで明るさや色温度を調節できるフロアライトです。色温度は暖色系から青みがかった白色まで自由に調節可能。明るさも5段階に変えられ、自分好みの灯りにアレンジできます。設定した時間が経過したら自動で消灯するタイミング機能を搭載しているので、寝室での利用にもおすすめです。

三脚のパーツを増減することで高さを調節できるため、いろいろな場所に設置できるのが魅力。高さは74~152cmまで調節できるので、書斎机やサイドテーブルなどでも使えます。

シェードの素材は透過性のある布とアクリル板を使用しており、優しい灯りを放つ間接照明として利用可能。一見すると洋風のデザインですが、和室にも違和感なく馴染みます。ナチュラルでおしゃれなフロアライトを探している方におすすめです。

YAMAGIWA ヤコブソンランプ 323S7338

スウェーデンのデザイナーがデザインしたヤコブソンランプは、デザイナーズライトとして人気の製品です。北欧風のナチュラルモダンな雰囲気が魅力。シェードの素材は木材ですが、薄くスライスしたパイン材を使用しているので透過性があり、間接照明として使用可能です。

重さは1.9kgと軽量設計のため、軽いフロアランプを探している方におすすめ。スイッチは足元で簡単に操作できるフットスイッチを採用しています。立ったままで電源のオンオフが可能です。

天然素材を使用しているため個体差があり、使うほどに味わいがでるのがヤコブソンランプの特徴。材質の風合いを活かすことで無駄を減らして環境に配慮しています。サステナビリティが求められる現代のスタイルにもマッチしたフロアライトです。

Nilight フロアライト EORYNOL

アンティーク調の雰囲気がおしゃれなフロアライトです。ゴールドの支柱とレースをあしらったシェードからは、レトロさも感じられます。凝ったデザインなので、部屋の中でも十分な存在感を発揮。インテリアの主役となるようなフロアライトを探している方におすすめです。

支柱は鉄を使用しているため、6.55kgと比較的重く安定感のあるつくり。防腐防錆処理と色あせしにくい塗装がされているので、比較的きれいなまま長持ちします。

さらに、支柱部分は伸ばしたり縮めたりできる構造で、約40cmの高さ調節が可能です。シェード部分も角度を変えられるので、角度や高さを変えて思い通りの場所を照らせます。

Nilight フロアスタンド DYD-ZJ002

白色・暖白色・暖色の3段階に調光可能なアーチ型フロアライトです。シェード部分は360°可動式のため、さまざまな角度で使用できて便利。アーチ部分も長さを変えられ、最大で185cmまで伸ばせます。

手元を直接照らしたり、壁に向けて間接照明の度合いを強めたりと、いろいろな方法で使用可能。シーンに合わせて使い方を変えたい方におすすめです。

ベースは大理石で作られており、重厚感のあるデザインが魅力。高さのあるデザインですが、ベースの重量があるため安定感があり倒れにくいつくりです。底面には滑り止め付きで、フロアに傷をつけないよう配慮されています。

おしゃれなフロアライトのおすすめ|トーチ型

LIGHTACCENTS フロアライト 6280

トップライトはトーチ型をしており、サイドライトにはスポットライトがついた2ウェイタイプです。直接照明と間接照明、両方の機能を備えています。それぞれのライトにスイッチがついているので、両方つけたり片方だけをつけたりと使い分けが可能。いろいろな用途で使用したい方におすすめです。

トップライトの淡い灯りは、落ち着いた空間を演出するのにぴったり。テーブルで作業したり読書したりするときには、サイドのスポットライトを使用すれば手元を明るく照らせます。

電球は付属していませんが、トップライトは調光可能な電球を使用すれば明るさを3段階に調節可能。一台でさまざまなシーンに対応でき、設置場所も取らないので一人暮らしの部屋やワンルームにぴったりです。

ボーベル(BeauBelle) レダアッパー

ウッドリングを重ねたデザインが大人っぽい「ボーベル」のレダシリーズのフロアライトです。サイドには同じくウッドリングを使用したスポットライトがついています。それぞれにスイッチがあるので使い分けが可能です。

トップライトをつけるとウッドリングの隙間から灯りがこぼれて壁に影を作り、おしゃれな部屋を演出。落ち着いた雰囲気の部屋にぴったりです。

手元や特定の場所を明るくしたいときはスポットライトが活躍。読書やパソコン作業などをするときにも役立ちます。用途によってトップライトとスポットライトを使い分けられるので、さまざまなシーンで使用したい方におすすめです。

カラーは、大人っぽいブラウン×ブラックと、明るい色味のナチュラル×ホワイトの2パターンから選択可能。色で雰囲気がガラッと変わるので、インテリアに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

オーム電機(OHM) フロアスタンド TF-YN10CW

シンプルでさまざまな部屋にも馴染むフロアライトです。シェードの素材はプラスチックで透過性があり、柔らかい灯りで部屋を照らします。電球は付属していないので、好みの色の電球を取り付け、部屋の雰囲気を変えることが可能です。

スイッチは、足元でつけたり消したりできるフットスイッチを採用。腰をかがめず立ったまま操作できて便利です。

支柱部分はスチール製で、重さは約3.2kgと比較的軽いため楽に移動させられます。こまめに掃除をしたり模様替えを頻繁にしたりする方におすすめ。省スペース設計なので、場所を取らないフロアライトを探している方にもぴったりです。

おしゃれなフロアライトのおすすめ|スポットライト型

エアコルノ(Air Corno) フロアライト Aircorno024

コロンとした形のシェードが特徴のフロアライトです。シェード部分はかわいらしい形ですが、ベースと支柱はシルバーのアイアン素材のため甘すぎずおしゃれなデザイン。さまざまな雰囲気の部屋にマッチするのが魅力です。

重さは約8.2kgと重量があり、安定感のあるつくり。足で踏んで操作できるフットスイッチがついているので、しゃがんでスイッチを押す必要がないのもおすすめポイントです。

シェードは透過性がないので直接照明としての使用に向いていますが、シェードの角度を変えれば間接照明としても利用できます。インテリアに光を当てておしゃれに演出したり読書灯として利用したりと、複数の使い方が可能。照明で部屋の雰囲気を変えたい方におすすめです。

アートワークスタジオ(ARTWORKSTUDIO) Panama-floor lamp AW-0530

シンプルで洗練されたデザインがおしゃれなフロアライト。ベースは大理石、支柱も真鍮製と高級感のある素材を使用しています。エレガントなフロアライトを探している方におすすめです。大理石の色は白と黒を展開。どちらも落ち着いた色合わせです。

シェードは透過性のない素材なので、直接照明としての使用がメイン。角度調節も可能なため、光を壁などに向ければ間接照明にもなります。スイッチは足で操作できるフットスイッチを採用。腰を曲げずにつけたり消したりできるのが便利です。

アルネ・ヤコブセン AJ フロアライト

デザイナーズライトとして人気の高い「アルネ・ヤコブセン」のAJ フロアライトのリプロダクト品です。AJ フロアライトは、丸と直線を組み合わせた幾何学的なフォルムが特徴。表面はマットな質感で高級感があります。先端は上下約80°ずつ可動するため、光を壁に向けて間接照明としても使用可能です。

付属のLED電球は、電球色と昼白色を展開。部屋の雰囲気や好みに合わせて選べるのがうれしいポイントです。また、本体カラーは全7色。レッドやライトグリーンなど鮮やかな色が揃っています。部屋のアクセントとなるようなフロアライトを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フロアライト PFL-3S

シェードの可動範囲が広く、さまざまな角度で使用できる「アイリスオーヤマ」のフロアライト。透過性のない素材のため直接照明としての使用がメインですが、光を天井や壁へ向ければ間接照明にもなります。

3灯シェードなので、光の当て方で部屋をおしゃれに演出することも可能。それぞれのシェードにスイッチがついており、個別につけたり消したりして使い分けできます。灯りで空間演出をしたい方におすすめです。

カラーは白と黒をラインナップ。部屋の雰囲気に合わせて選べるのがうれしいところです。シンプルなデザインで、さまざまな部屋に馴染みます。

おしゃれなフロアライトのおすすめ|グローブ型

マークスインターナショナル Mr Maria FIRST LIGHT miffy and friends HMM-007M

かわいいミッフィー型で、子供部屋などにおすすめのフロアライト。小さな子供が触っても危なくないようシリコン素材でできています。

明るさは6段階で調節可能。夜中に子供の目が覚めたときに怖くないよう、一番弱い灯りにして枕元においておくなどの使い方ができます。コードレスなので、部屋から部屋への持ち運びも楽。充電にはUSBケーブルを使用します。

ミッフィー以外のキャラクターも展開。子供の好きなモデルを選べます。キャラクターのデザインですがモノトーンでシンプルなつくりのため、リビングなどにおいてインテリアとして使ってもおしゃれです。

イケア(IKEA) HOLMO 50184172

シェードが和紙でできており、和風な空間にも馴染む「イケア」のフロアライトです。和紙から柔らかい灯りが溢れ、周囲を優しく照らすのが魅力。電球は付属していないので、好きな明るさの電球を選ぶことで自分好みの灯りに変えられます。

電源はフットスイッチを採用しており、立ったまま簡単に電源のオンオフが可能です。重さは1.7kgと軽量で簡単に持ち運びできます。シェード部分は蛇腹構造をしており使わないときは畳んで収納できるなど、イケアらしい工夫がみられるおすすめの製品です。

YAMAGIWA FLOS GLO-BALL F2 756GLOBALL-F2-LED-BLK

丸いグローブ部分はガラス製で高級感のあるフロアライトです。シンプルなデザインですが、洗練された形で存在感があります。落ち着いたインテリアに合うフロアライトを探している方におすすめです。部屋におくだけでワンランク上の空間へと変わります。

本体重量は12.5kgと非常に重量があり、ベースも直径33cmと大きく安定感のあるつくり。フットスイッチには調光器が組み込まれており、足元で簡単に明るさの調節ができて便利です。

無印良品 LEDシリコーンタイマーライト MTL‐11

タイマー機能がついており、寝室での使用におすすめの「無印良品」のフロアライト。タイマー機能は30分と60分から選択できます。時間がくるとパッと消えるのではなく、徐々に暗くなって消灯するのもうれしいポイントです。明るさは底面についたボタンで2段階調節できます。

シリコン素材でできており熱くなりにくいため、子供部屋で使用するのもおすすめです。高さ11.2cm、重さ138gとコンパクトで軽量。昼間はリビングに置いて、夜は子供部屋で使用するなど、気軽に部屋から部屋へと持ち運びできます。

無印良品ならではのシンプルで無駄のないデザインも魅力です。インテリアの邪魔をしないので、さまざまな部屋に合います。

CHIPHY フロアライト

アレクサ対応のスマート電球と互換性があり、スマートフォンで操作できるのが魅力のフロアライトです。足元で明るさを調節できる調光フットスイッチもついており、スマートフォンが使用できない状況でも明るさを変えられます。

シェードには、表面に和紙のような加工を施したポリエチレン繊維不織布を使用。耐久性が高く破れにくいのが特徴です。紙のように軽い素材なので、本体重量1.93kgと軽量で楽に動かせます。

点灯するとシェードに和紙のような模様が浮かび上がってとてもおしゃれ。電球は2か所にあるので、シェード全体から光が溢れ柔らかい灯りであたりを包みます。和モダンなデザインのため、和室はもちろん、モダンな雰囲気の部屋にもおすすめです。

ニトリ ナイトライト モテナシノアカリ HLH-1201

人感センサー機能がついた便利な「ニトリ」のフロアライト。階段や段差において、夜間の移動時に足元を照らすナイトライトとしても使用できます。防雨構造のため屋外への設置も可能。玄関周りやポーチにおけば、防犯アイテムとしても役立ちます。

本体底面にはフックがついているので、床置きだけでなく吊り下げても使用可能。コードではなく乾電池式のため、さまざまな場所で使いたい方におすすめです。

点灯モードが選べるので、常灯としての使用ももちろん可能。明るさは2段階から選択できます。ニトリらしいシンプルなデザインで、機能面にも配慮の行き届いたフロアライトです。

おしゃれなフロアライトのおすすめ|その他

VENTOTA フロアライト Liio

付属のリモコンで調光・調色できるフロアライト。無段階調光なので、自由に好みの明るさに調節できるのがおすすめポイントです。

無線式のリモコンを採用しており、障害物がある場所やほかの部屋からも操作できて便利。フロアライトの先端にもスイッチがあり、電源のオンオフと調光ができます。また、フットスイッチもついているので、3つの方法で電源のオンオフが可能です。

ベースに乗せて横置きにしても使えるため、ソファやベッドの下において光源だけを見せるなど使い方の幅が広がります。重さは約1.5kgと軽量なので、設置場所を変えるのも簡単。フロアライトの置き方を変えるだけで部屋の雰囲気が大きく変わるため、照明でおしゃれな空間を演出したい方におすすめです。

ANZENSHI フロアライト

無機質でインダストリアルな雰囲気が特徴のフロアライト。モダンなインテリアやかっこいい雰囲気の部屋によく合います。シンプルで場所を取らないフロアライトを探している方におすすめです。

照明管部分は可動領域が広いため、好きな方向に灯りを向けられます。壁や天井に光を当てることで間接照明として使用でき、おしゃれな空間演出が可能。ベースには鉄を使用しており、重心が低いため倒れにくいつくりです。

また、照明管の先端についたスイッチで簡単に調光調色できるのも魅力。色温度は3段階に変えられ、明るさは無段階で調節できるので、自分好みの灯りを見つけられます。

hofphd フロアライト ltp2901

リングをくっつけたようなユニークなデザインが目を引くフロアライトです。部屋におくだけでおしゃれな空間に変わるデザイン性の高さが魅力。カラーは白と黒の2つを展開しています。インテリアのアクセントになるようなフロアライトを探している方におすすめです。

一番上のリングにタッチ式のスイッチがついており、3段階に調光可能。気分や時間帯に合わせて明るさを変えられます。光源はカバーなどで覆われていませんが、消費電力は36Wと低めのためまぶしすぎません。

フロアライトの売れ筋ランキングをチェック

フロアライトのランキングをチェックしたい方はこちら。