ダウンライトは、部屋の印象をすっきりさせたり、おしゃれに見せたりするのに便利なアイテムです。天井がフラットになるので、空間が広く見えやすく、掃除しやすいなどのメリットがあります。

ただし、ダウンライトは、製品選びの際に見るべきポイントが多く、どれを選べばよいのか分からない方も多いはずです。そこで今回は、ダウンライトの選び方とおすすめ製品についてご紹介します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ダウンライトとは?

ダウンライトとは、天井に埋め込むタイプの照明器具のことを指します。シーリングライトとの違いは、シーリングライトが天井から出っ張った状態で設置するのに対して、ダウンライトは照明が天井に埋め込まれており、空間にすっきりとした印象を与えられるのが特徴です。

ダウンライトは、天井がフラットになるぶん、ホコリが溜まらずに掃除がしやすいのもメリット。ただし、シーリングライトに比べて、空間全体を照らすのには不向き。複数のライトを設置する際は、配置する場所をよく考える必要があります。

また、ダウンライトは製品により配光の仕方や光束、色味などが異なるため、演出したい空間に合わせたモデルを選ぶことが大切です。

ダウンライトの選び方

ダウンライトの種類をチェック

ラインナップが豊富な「ベースタイプ」

ベースタイプは、ダウンライトのなかでもオーソドックスな形状をしたタイプ。天井から出っ張らずに設置できるので、部屋をすっきりと見せたいときや、圧迫感を低減したいときにおすすめです。

真下方向をしっかりと照らせます。ただし、模様替えをしたときなどに、ライトの下に机などの障害物がある状態だと光が遮られ、暗く感じる場合もある点には注意が必要です。

部屋をおしゃれに仕上げたいなら「ユニバーサルタイプ」

By: rakuten.co.jp

ユニバーサルタイプは、スポットライトのように自由に角度調節ができるタイプ。特定の場所を明るく照らせるので、絵画やオブジェなどをおしゃれに演出したいときにおすすめです。

この特性から、ユニバーサルタイプは住宅だけでなく、ホテル・ショップ・ギャラリーなどの場所でも多く採用されています。

また、模様替えをする予定がある部屋に使うのもおすすめ。家具やインテリアの位置が変わっても、ライトの向きを変えて対応が可能です。

作業部屋に設置するなら「ピンホールタイプ」

By: rakuten.co.jp

ピンホールタイプは、ダウンライトの下面を覆い、光の出る箇所だけに小さな穴を設けたタイプ。ほかのタイプに比べてピンポイントで明かりを照らせるため、作業部屋で手元を明るくしたいときなどにおすすめです。

また、比較的小さめのインテリアを照らしたいときにもおすすめ。限られた箇所のみを照らせるので、おしゃれな空間を演出できます。ただし、ベースタイプほどの広い範囲は照らせないため、部屋全体の照明として使うには不向きです。

ライトの色味をチェック

ライトの色味は、代表的なモノとして、電球色・温白色・昼白色・昼光色の4種類が挙げられます。色味によって、快適に過ごせるシーンや場所が変わるので、目的に応じたタイプを選ぶようにしましょう。

電球色は、あたたかさを感じるような赤みがかった色で、くつろぎたいシーンにおすすめ。寝室などでの利用にぴったりです。温白色は、あたたかさと明るさを兼ね備えた色合いが特徴。リビングやダイニングなどのような、団らんを楽しむ場所での使用に適しています。

昼白色は、自然光に近い色で、キッチンやダイニングのほかに、洗面台にもおすすめです。昼光色は、青みがかった色の光で、勉強部屋やリビングでの使用にぴったり。在宅ワークに使う部屋の利用にも適しています。

光の種類をチェック

広い範囲を照らせる「拡散タイプ」

ダウンライトは、広い範囲を照らすのにおすすめの「拡散タイプ」と、スポットライトのように使える「集光タイプ」の2種類があります。製品選びの際は、それぞれの用途に合ったタイプを選びましょう。

拡散タイプは、広い範囲を明るく照らせるタイプで、リビングやダイニングなどの広い空間に使用するのがおすすめ。インテリアの位置を変えたときでも、光が届きやすく、部屋のイメージを損ないにくいメリットがあります。

スポットライトのように使える「集光タイプ」

集光タイプのダウンライトは、拡散タイプに比べて、狭い範囲を照らすのに適したタイプ。光が当たる範囲が限られているので、特定のインテリアをおしゃれに見せる用途に適しています。

ダウンライトは、拡散タイプと集光タイプのどちらか一方のみを使うのではなく、両方を組み合わせて、互いのメリットを活かすこともできます。部屋のイメージやインテリアに合わせて、ダウンライトの種類や配置を検討してみてください。

ライトの交換方法をチェック

ダウンライトは、電球を自身で交換できるタイプと、交換できないタイプがあるので、仕様をよく確認して選びましょう。

ダウンライトは、主に「一体型」と「交換型」のタイプに分かれています。一体型は、ダウンライト本体と電球が一体になったタイプで、電気工事士の資格がないと、自身での交換はできません。

一方で、交換型はダウンライト本体と電球が別になっており、電球が切れたときは、自身でも簡単に交換が可能です。

一体型は初期費用が比較的にお手頃、対して交換型はダウンライト本体の値段が高く、導入コストがかかりやすい傾向があります。製品の比較・検討の際は、注意して選びましょう。

サイズをチェック

ダウンライトは、取り付け用の穴径に合うモノを選びましょう。サイズが合っていないと、ダウンライトの取り付けはできません。リフォームでダウンライトを入れ替えるときは、以前施工していたモノと同じサイズを選んでください。

ダウンライトのサイズは、直径75・100・125mmが一般的。一部のモデルだと、直径150mmや四角形状のモノもあります。ただし、必ずしも設置場所の穴径が、各寸法にぴったりと当てはまるとは限らないため、事前に取り付け部のサイズを測るようにしましょう。

また、ダウンライトを施工する際に、天井裏の深さを十分確保できるかを事前に確認しておくことも大切です。ダウンライトの仕様欄には、必要な埋め込み高さの数値も表記されているので、忘れずにチェックしましょう。

機能性をチェック

調光機能

By: amazon.co.jp

調光機能とは、ダウンライトの明るさを複数の段階に分けて調節できる機能のことです。調光機能があると、明るさを落としたときに節電効果が期待できるほか、部屋の雰囲気や気分に合わせた明るさに変更もできます。

ただし、調光機能を利用するには、別売の調光器を導入しなければならない場合があるので、注意しましょう。

調色機能

By: amazon.co.jp

調色機能とは、ひとつのライトで自在に光の色味を変えられる機能のこと。住宅の照明で活用されている代表的な光の色は、電球色・温白色・昼白色・昼光色の4種類があり、調色機能では、これらをシーンに応じて切り替えできます。

例えば、リラックス空間を演出したいときはあたたかみのある電球色や温白色を使用。勉強や読書などの細かい作業をするときは、自然な光やさわやかな色味のある昼白色や昼光色を使うなど、用途に応じて部屋のイメージを変更できるようになります。

調光機能は、製品によって対応できる色味の種類が異なるので、仕様をよく確認して選ぶのが大切です。

人感センサー機能

By: rakuten.co.jp

人感センサー機能は、人がいるときのみライトが点灯する機能のこと。玄関や庭などの、人がいる時間が少ない場所での利用におすすめのタイプです。必要なときだけライトが点灯するため、常時ライトを点灯させる必要のない場所や、エコにライトを使いたい場合に適しています。

人感センサー機能付きのダウンライトは、製品によって、人が離れてから消灯するまでの時間が30秒や1分と異なるので、ほかの仕様と合わせてチェックしておきましょう。

スピーカー機能

By: amazon.co.jp

ダウンライトには、スピーカー機能の搭載により、音楽やテレビの音声を楽しめるモデルもラインナップされています。音楽を流すには、一般的にBluetoothを用いてスマホやタブレットから接続するだけなので簡単です。

スピーカー機能を搭載したダウンライトは、部屋にスピーカーを設置する必要がなくなるため、空間をすっきりさせたい方におすすめ。スピーカー付きのダウンライトは、親器のほかに子器を配置することで、空間全体を使った、迫力のあるサウンドを楽しめます。

ダウンライトのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、日本を代表する大手の家電・電気設備メーカーです。多様な空間に対応することで、人々のくらしの質を豊かにすることを目的としています。また、パナソニックは、社会活動を維持・向上する、安心・安全な「くらしインフラ」を提供しており、社会の発展にも貢献しています。

パナソニックのダウンライトは、角度調節が可能な「ユニバーサルダウンライト」や、スポット光を照射できる「ダウンスポットライト」などの幅広いタイプを展開。住宅用のおすすめとして、断熱施工とランプ交換に対応したダウンライトなどもラインナップされています。

オーデリック(ODELIC)

By: rakuten.co.jp

オーデリックは、東京都に本社を構える照明器具メーカーです。創業した1946年から、住宅や商業施設などのシーンに合った照明器具を開発しており、安心・安全なくらしをサポート。山形県と東京都にある製造子会社により、高品質な照明を生産しています。

オーデリックのダウンライトは、ベーシックなベースダウンライトのほかに、住宅用非常灯付ベースダウンライト・ユニバーサルダウンライト・傾斜対応ダウンライト・準耐火構造対応ベースダウンライトと幅広い種類を展開。細かなニーズにも対応できる、豊富な製品ラインナップが魅力です。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.co.jp

コイズミは、大阪に本社を構える照明器具メーカーです。創業は1716年と、古くから続いているメーカーで、高品質な照明器具を提供。どの時代においても「あかりのありかを求めて」をモットーとし、国内外問わず活動を広げています。

コイズミのダウンライトは、まぶしさを抑えた、目にやさしい設計が特徴。一部のモデルは、光源が直接目に入らない角度の「グレアカットアングル」を深めに設けており、快適な光環境を実現しています。

ダウンライトのおすすめ

ダウンライトのおすすめ|ベースタイプ

パナソニック(Panasonic) LED ダウンライト 天井埋込型 60形 125径電球色 LSEB5125 LE1

パナソニック(Panasonic) LED ダウンライト 天井埋込型 60形 125径電球色 LSEB5125 LE1

断熱施工天井専用に作られた、ベースタイプダウンライトです。本体は、ブローイング工法とマット敷工法に対応したモデル。気密パッキン付きで、優れた断熱遮音効果を発揮します。

埋め込み穴は直径125mm、埋め込み高さは80mm。浅型のタイプで、天井のふところが浅い場合におすすめです。本体はLED一体型の拡散タイプで、壁面上部まで光が届きやすい設計。発光部が直接目に入らないよう、乳白カバーを搭載しています。

ライトの色味は、2700Kの電球色を採用。あたたかみのある空間を演出できる色味で、リビングでの使用におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 小口径ダウンライト 温白色 拡散マイルド 調光 φ75 60形 LGD1000V LB1

パナソニック(Panasonic) 小口径ダウンライト 温白色 拡散マイルド 調光 φ75 60形 LGD1000V LB1

すっきりとした外観と、調光機能が特徴のベースタイプダウンライトです。本体は、埋め込み穴のサイズが直径75mm、埋め込み高さが80mm。サイズがコンパクトで、広々とした空間を演出したいときや、ライトの存在感を抑えたいときにおすすめです。

調光機能は、別売のライコンを用いることで、1~100%の調光が可能です。光源のLEDは、色温度3500Kの温白色仕様。マイルド配光の拡散タイプで、広い範囲をカバーできます。

また、フラットな天井に対しての取り付け以外に、55°までの傾斜天井の取り付けに対応しているのもうれしいポイントです。

パナソニック(Panasonic) 天井埋込型 φ150 LED電球ダウンライト NNN61514WZ

パナソニック(Panasonic) 天井埋込型 φ150 LED電球ダウンライト NNN61514WZ

別途で用意したLED電球を搭載できるベースタイプダウンライト。本体は、埋め込み穴のサイズが直径150mm、埋め込み高さが158mm、口金サイズがE26です。

本体には軽量性に優れたアルミダイカストを採用。質量が0.6kgと軽量で、高い防錆効果も期待できます。また、ホワイトつや消し仕上げで、白色の壁やインテリアになじみやすいのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 天井埋込型 LED ダウンライト 浅型7H・高気密SB形 埋込穴φ100 LGD9100K

パナソニック(Panasonic) 天井埋込型 LED ダウンライト 浅型7H・高気密SB形 埋込穴φ100 LGD9100K

LEDライトの交換に対応したダウンライト。本製品は、ダウンライト単体のみのモデルです。別途で用意したライトをカチッとはめてまわすだけなので、ライトの装着が簡単。ライトの取り換えは、工具も電機工事士の資格も不要で行えます。

本体は、埋め込み高さが70mmと浅く、さまざまな環境に対応。埋め込み穴のサイズは、直径100mmです。

パナソニック(Panasonic) スピーカー付調光ダウンライト XAD3116LLB1

パナソニック(Panasonic) スピーカー付調光ダウンライト XAD3116LLB1

スピーカー機能付きで、臨場感のあるテレビ音声や音楽を楽しめるベースタイプダウンライトです。本製品は、スピーカー付きダウンライトの親器と子器、ワイヤレス送信機がセットになったモデル。ワイヤレス送信機とテレビなどを接続することで、スピーカーから音声を出力できます。

音声の出力は「ダウンライトのみ」と「ダウンライトとテレビの両方」を選択可能。パナソニックの技術で、優れた音質と明るさを両立して提供します。また、Bluetooth通信により、手持ちのスマホから音楽の再生が可能です。

ライトは明るさフリータイプで、別売のライコンと組み合わせることで約1~100%の調光に対応。利用シーンに合わせた明るさに調節できるため、より豊かな空間を演出できます。

ライトは拡散タイプで、広い範囲を明るく照らすことが可能。ライトの色味は、電球色・温白色・昼白色をラインナップしています。

オーデリック(ODELIC) ダウンライト 人感センサー付 OD261742R

オーデリック(ODELIC) ダウンライト 人感センサー付 OD261742R

蛍光体技術による「R15」の光で、肌を美しく見せられるベースタイプダウンライトです。本製品は、肌の色の再現性が高い、オーデリックの高演色LED「R15」を採用したモデル。日本人特有の肌の色が特に美しく見える設計で、コミュニケーションを重要視する場や、サービスを提供する場におすすめです。

本体は、人感センサーが付いているのも特徴。必要なときだけライトが自動で点灯する仕組みで、玄関や廊下などの利用にもぴったりです。ライトの色味は電球色で、あたたかみのある雰囲気を演出します。

オーデリック(ODELIC) LEDダウンライト OD361204BN

オーデリック(ODELIC) LEDダウンライト OD361204BN

Bluetooth接続による調光が可能な、ベースタイプダウンライトです。本体は、自身が所持しているスマホや、別売のリモコン、タブレットから照明の操作が可能。天井の必要な深さは75mmです。

搭載しているLED電球は、寿命が40000時間と長いのもうれしいポイント。照明の色味は自然光に近い昼白色で、リビングのほかに、キッチンやダイニングでの利用にもおすすめです。

ダウンライトの取り付けは、傾斜55°までの天井にも対応しています。

コイズミ(KOIZUMI) LED ダウンライト 埋込穴 BD190009B

コイズミ(KOIZUMI) LED ダウンライト 埋込穴 BD190009B

優れたコストパフォーマンスと省エネ性を備えた、ベースタイプダウンライトです。本体は拡散タイプのライトで、部屋中にやわらかい光を照射。消費電力4.1W、光源寿命40000時間のLEDを搭載し、省エネかつ長期間の利用が可能です。

ライトの色味は、自然光に近い昼白色で、リビングやダイニング、洗面所などのさまざまな部屋におすすめです。明るさは、白熱球60W相当。埋め込み穴のサイズは約直径100mm、取り付け必要高さは約68mmと浅型の設計です。

コイズミ(KOIZUMI) グレアレス ダウンライト AD92099L

コイズミ(KOIZUMI) グレアレス ダウンライト AD92099L

離れた位置から光源が見えにくく、まぶしさを低減したベースタイプダウンライトです。本製品は、グレアカットアングルを深めに設けることで、光源から距離が離れるほど、まぶしさを低減できるモデル。目にやさしく、空間の印象やグレードを高めたい方におすすめです。

さらに、窓ガラスへの光源の映り込みを抑える効果も期待できます。反射板は樹脂素材に鏡面仕上げを施した、高級感のある外観です。枠はアルミダイカストにマットブラックの塗装を施しています。

別売の調光器を用いれば、5~100%の明るさ変更も可能。埋め込み穴のサイズは約直径75mmです。

東芝(TOSHIBA) 光源一体型高気密SB形LEDダウンライト LEDD87040N(W)-LS

東芝(TOSHIBA) 光源一体型高気密SB形LEDダウンライト LEDD87040N(W)-LS

高い防湿性を求める方におすすめの、高気密SB形ダウンライト。本体は、保護等級が枠側でIP43、天井裏側でIP30のスペックを有したモデルです。

ライトは、白熱灯器具60Wクラスの明るさ。5000Kの昼白色を採用し、自然光に近い色味で部屋を照らします。本体はLED電球とダウンライトの一体型で、ローコストでの導入が可能です。

取り付けは、傾斜天井55°までに対応。埋め込み穴は直径100mmのサイズ、埋め込みに必要な深さは75mmと浅型のため、幅広い場所での設置に対応します。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 高気密SB形 LED ダウンライト 人感センサー付 LSB100-0650MSCAW-V4

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 高気密SB形 LED ダウンライト 人感センサー付 LSB100-0650MSCAW-V4

高気密SB形かつ人感センサー付きで、廊下などの取り付けにぴったりなベースタイプダウンライト。本製品は、ブローイング工法やマット敷工法の天井にも使用できるモデルです。

人感センサー機能は、周囲が明るいときや、人がいないときは消灯。周囲が暗いときに人が近づくと点灯する仕組みです。人がいなくなったときは、約30秒後に消灯する設計で、エコに使えます。

照明の色味は、電球色・温白色・昼白色の3種類をラインナップ。ダウンライトを設置する部屋の雰囲気に合わせたタイプを選ぶのもおすすめです。

ポーペ(POOPEE) 高気密SB形 屋内用LEDダウンライト

ポーペ(POOPEE) 高気密SB形 屋内用LEDダウンライト

3段階の調色変更機能を搭載したベースタイプダウンライトです。本製品は、あたたかみのある電球色、自然光に近い昼白色、青みがかった昼光色の3種類に変更できるモデル。リビングやキッチン、洗面所などの幅広い場所におすすめです。

本体に搭載されたLEDは、全光束500ルーメンと明るいほか、消費電力がわずか5Wとエコ。PSE認証を取得した高品質設計で、40000時間の長寿命が期待できます。また、メモリー機能付きで、消灯前に調節された色温度を記憶。再度電源を入れたときに、わざわざ色を調節する必要がありません。

本体は、高気密SB形で、パッキンによる高い気密性を有しているのも特徴。ブローイング工法やマット敷工法の天井にも設置が可能です。

ホタルクス(HotaluX) LEDダウンライト SB形 埋込穴 100φ 電球色 MRD06013(RP)BW1/L-1

ホタルクス(HotaluX) LEDダウンライト SB形 埋込穴 100φ 電球色 MRD06013(RP)BW1/L-1

SB形断熱材施工に対応した、ベースタイプダウンライトです。本体はLED電球と一体型のモデル。設置後の凹凸が少なく、ホコリの付着や、ライトの落下を避けたい方におすすめです。

また、建物の天井に断熱材を敷き詰める「マット敷工法」や、天井に断熱材を吹き込む「ブローイング工法」にも使えるタイプで、さまざまな設置場所に対応します。

埋め込み穴の寸法は直径100mm、埋め込み高さは76mmです。照明の色味は、あたたかみのある電球色や、自然な色味の昼白色をラインナップ。配光角は100°。また、0~55°までの斜め天井にも取り付けが可能です。

ダウンライトのおすすめ|ユニバーサルタイプ

パナソニック(Panasonic) 天井埋込型 LED 電球色 ユニバーサルダウンライト LGD1423L LB1

パナソニック(Panasonic) 天井埋込型 LED 電球色 ユニバーサルダウンライト LGD1423L LB1

明るさフリーかつ、自由にライトの向きを変更できるユニバーサルダウンライトです。本体はビーム角24°の集光タイプで、首振りに対応。首振り可能な範囲は30°。また、30°までの傾斜天井にも取り付けが可能です。

ライトの明るさは、2700Kの電球色を採用しています。別売のライコンと組み合わせると、1~100%の調光が可能。時間帯や利用シーンに合わせて、明るさを変えたい場合におすすめです。また、高気密SB形を採用しているのも特徴。断熱性や防音性を高めたいときに便利です。

本体は、アルミダイカスト枠につや消しのブラックカラーを採用しており、おしゃれな外観。内蔵されたLEDの寿命は40000時間で、長く使えます。

ダウンライトのおすすめ|ピンホールタイプ

コイズミ(KOIZUMI) 高気密SBダウンライト AD40455L

コイズミ(KOIZUMI) 高気密SBダウンライト AD40455L

光源の主張を抑えたい方におすすめの、ピンホールタイプダウンライトです。本体は、ライトの開口部が小さく、レンズ制御の光によりメリハリの付いた空間を演出。フレームは、アルミ素材をブラック塗装した、おしゃれな外観なのも特徴です。

色温度は2700Kで、電球色のあたたかさを感じられる色味。本体に搭載されたLEDは、調光が可能で、時間帯などに合わせて明るさをコントロールできます。また、手持ちのスマホから、専用のアプリでライトの操作ができるのもうれしいポイントです。

本体は防雨・防湿型のほか、55°までの傾斜天井の配置にも対応。光源の寿命は40000時間と長く使えます。

ダウンライトの売れ筋ランキングをチェック

ダウンライトのランキングをチェックしたい方はこちら。