「ダクトレール(ライティングレール)」は、スポットやペンダントライトなどを設置できるアイテムです。レール上の好きな所に照明を付けられるので、部屋をおしゃれに演出できます。

しかし、さまざまな製品が販売されており、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで本記事では、ダクトレールの選び方からおすすめのアイテムまでをご紹介します。

ダクトレールの選び方

取り付け方で選ぶ

工事不要で取り付けられる「引っ掛けシーリングタイプ」

By: amazon.co.jp

ダクトレールを選ぶ際は、まず取り付け方をチェックしておきましょう。引っ掛けシーリングタイプは、工事を必要とせずに取り付けられるのがメリット。天井に穴を開ける必要がないので、賃貸でも気軽に使用できます。

また、シーリング部分を起点に回転可能なのもおすすめポイントです。照明が必要な場所にピンポイントに光を当てられます。昼は作業用に、夜は間接照明用にと使い分けできるのが魅力です。

一方で、自宅の天井に引っ掛けシーリングボディがない場合は取り付けができません。さらに、重量制限があるのも注意が必要です。購入前に必ずチェックしておきましょう。

しっかりと固定したいなら「直付けタイプ」

By: amazon.co.jp

ダクトレールをしっかりと固定したい場合には、直付けタイプの製品を選ぶのがおすすめです。天井に穴を空けて固定するので安定感があり、大きくて重量のある照明でも取り付けられます。また、綺麗に仕上がるのもメリット。本格的にダクトレールを取り入れたい方に向いています。

一方で、賃貸の場合には向いていません。さらに、工事費がかかるため、引っ掛けシーリングタイプと比べると費用がかかるのがデメリットです。

見た目をすっきりさせたいなら「埋め込みタイプ」

By: panasonic.biz

埋め込みタイプのダクトレールは、見た目をすっきりとさせたい方に向いています。天井の一部に切れ込みを入れてダクトレールを埋め込むので、レールが目立ちにくいのがメリット。吊り下げる照明も、長いモノから短いモノまで部屋の雰囲気や好みに合わせて選べます。

一方で、ほかのタイプに比べて工事が大掛かりなのがデメリット。また、賃貸物件では基本的に取り付けができません。費用もかかるため予算に収まるかどうかチェックしておく必要があります。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ダクトレールを選ぶ際はサイズもチェックしておきましょう。大きすぎる製品を選ぶと設置ができない場合があるため、注意が必要です。また、大きすぎて圧迫感があると、部屋の雰囲気を壊す恐れもあります。

すでに置いてある家具とのバランスを見ながら、部屋の広さに適したサイズの製品を選ぶのがおすすめです。ダクトレールは設置すると想像よりも大きく感じる傾向があります。段ボールや発泡スチロールなどで模型を作り、理想のサイズ感を知っておきましょう。

高さをチェック

By: amazon.co.jp

ダクトレールそのものの高さをチェックしておくのも重要なポイントです。特に、引っ掛けシーリングタイプのダクトレールは天井から突き出す形になるため、高さがありすぎると圧迫感が出る可能性があります。

また、ペンダントタイプの照明を吊り下げたい場合には、ダクトレールと天井までの長さを見誤ると、想定よりも高い位置に照明が吊り下げることになるため注意が必要です。実際に取り付けた際に、天井からレールまでどれくらいの高さがあるのか、事前にチェックしておきましょう。

雰囲気に合わせたデザイン・カラーを選ぶ

By: amazon.co.jp

ダクトレールは、取り付ける空間に雰囲気に合うデザインやカラーの製品を選びましょう。シンプルな雰囲気にしたい方は、ホワイトやブラックのモノがおすすめ。一方、素材に木が使用されているモノなら、ナチュラルな空間にぴったりです。

置いている家具の色合いとのバランスも確認し、自分の目指す空間に適したモノを選びましょう。

リモコン付きのモノが便利

By: amazon.co.jp

ダクトレールのなかには、リモコン付きのモノもあります。リモコンで消灯ができるので、立ち上がってスイッチを切る必要がないのがメリット。特に、寝室や子供の部屋にダクトレールを付けたい方におすすめです。

デザイン性だけでなく利便性を求めたい方は、リモコン付きの製品も検討してみてください。

ダクトレールのおすすめ

山田照明(Yamada Shomei) ダクトレール Lighting Duct TG-367

高品質な照明器具を提供する「山田照明」のダクトレールです。全長110cmのレールをスライドできるのが特徴。天井取り付け位置を中央とした場合、左右に30cmまでスライドできます。梁や障害物があっても取り付けられるのがメリットです。

また、45°の範囲で回転するため、家具や利用シーンに合わせて照明位置を調節できます。引っ掛けシーリングタイプなので、取り付けが簡単なのも魅力です。重量は約2kg。シンプルなデザインを採用し高さを抑えているため、圧迫感が少ないのもポイントです。

共同照明 配線ダクトレール GT-DJ-GD

シンプルなデザインのダクトレール。圧迫感の少ない製品を探している方におすすめです。長さは150cmで、重量は1.35kgあります。耐荷重は5kgです。引っ掛けシーリングタイプのため、初心者でも簡単に取り付けできます。賃貸物件での使用にぴったりです。

また、可動範囲が350°なので、照明の位置を調節できるのもメリット。電球は、6A・600Wまでのモノが使用できます。カラーはホワイト・ブラックの2色から選択可能です。

共同照明 コンセント式ダクトレール GT-DJ-1MGDT

コンセントから電気が給電されるダクトレールです。長さ300cmのコードが付属しており、天井の電気工事なしで使えるのがメリット。直付けタイプなので、ダクトレールをしっかりと固定したい方に向いています。耐荷重は5kgです。

また、見た目がスリムなので、取り付け後もすっきりとした空間を演出できます。全長は約100cm。カラーはホワイトなので、シンプルなコーディネートが好みの方におすすめです。

コンフィホーム ダクトレール CH-DR-1000-01

レールの有効範囲をギリギリまで広げているのが特徴のダクトレールです。端まで照明を取り付けられる上に、見栄えもよいのがメリット。360°回転するので、自由にライティングの位置を調節できます。

引っ掛けシーリングタイプのため、初心者でも簡単に取り付け可能です。賃貸物件の方にも向いています。また、アジャスターが付いているので、安定感があるのもおすすめポイント。サイズは100cmで、カラーはホワイトとブラックの2種類がラインナップされています。

大光電機 簡易取付式ダクトレール DP-35830

さまざまな照明器具をラインナップしている「大光電機」のダクトレールです。サイズは長さ160.5×高さ6.9cm。引っ掛けシーリングタイプのため、賃貸物件でも使用可能です。また、両側に各30cmまでスライドできるので、梁や障害物があっても取り付けできます。

さらに、30°回転するため、家具の配置変更にも柔軟に対応可能です。取付可能器具重量は5kgまで。電気容量は6Aです。

VENTOTA ダクトレール Allos

デザイン性と機能性に優れた製品を開発する「VENTOTA」のダクトレールです。 金属のフレームに無垢材でできた木製カバーを取り付けているのが特徴。おしゃれな見た目の製品を探している方に向いています。重量は1.8kgです。引っ掛けシーリングタイプのため、初心者でも簡単に取り付けられます。

また、回転するので、光の当たり具合を調節できるのもおすすめポイント。両サイドには、固定用アジャスターボルトが付いており、ダクトレールの傾きを少なくできます。さらに、シーリングカバーの回転用溝は木製カバーで覆われているため、傷が付きにくいのもポイントです。

そのほか、変換プラグが4つ付属しているのも魅力。カラーは、ウォルナット・ナチュラルウッドの2色がラインナップされています。部屋の雰囲気に合わせてカラーを選べるのもメリットです。

コイズミ照明 取付簡易型スライドコンセント AE42172E

照明専門メーカー「コイズミ照明」が提供するダクトレールです。高さ6.8cmとスリムな見た目が特徴。空間のアクセントにもなり、スタイリッシュな雰囲気を演出したい方に向いています。また、取り付け器具を中心に左右に30cmずつスライドできるのも魅力です。

取り付け方向は0〜90°の範囲で回転可能。昼は作業用に、夜は間接照明用にと使い分けしたい方にもぴったりです。長さは152.5cm。重量は1.8kgあります。適合重量は5kgまでですが、片側のみ取付けの場合は2kgまでです。

BEAULIGHT ダクトレール

ほかの製品に比べて強度に優れているダクトレールです。適合重量は、器具中央より左右にそれぞれ合計3.3kgまでで、計約6kg。レールの長さは約110cmで、高さは約8.5cmあります。また、スポットライトが2個付いており、コストパフォーマンスが高いのもおすすめポイントです。

引っ掛けシーリングタイプなので、初めてダクトレールを扱う方でも簡単に取り付けられます。本体を取り付けた後でも350°の範囲で回転が可能なため、利用シーンや家具に合わせて細かい調節ができます。

オーデリック(ODELIC) 簡易取付ライティングダクトレール OA253363

大手照明メーカー「オーデリック」が提供するダクトレールです。天井に梁など、障害物がある場合でも設置できるのがポイント。取り付け後でも180°回転する上に、左右それぞれ20cm幅のスライドが可能です。

また、引っ掛けシーリングタイプなので、ダクトレールの取り扱いに慣れていない方でも、取り付けやすいのがメリット。サイズは、長さ160.5×高さ6.8cmです。見た目がシンプルなので、空間に馴染みやすい製品を探している方も、ぜひチェックしてみてください。

リュウド(REUDO) 引っ掛けシーリング用ライティングダクトレール RE-HKCDR-102W

付属の赤外線リモコンで消灯ができるのが魅力のダクトレールです。寝室や子供部屋にダクトレールを取り付けたい方に向いています。装着できる照明器具の重量は5kgまで。引っ掛けシーリングタイプなので、賃貸物件でも使用可能です。

サイズは長さ100×高さ12cm。また、角度を最大約45°まで調節できるのもおすすめのポイントです。好みの場所に照明を当てられます。

ヤザワ(YAZAWA) ライティングダクトレール LR1001

引っ掛けシーリングタイプながら、コンセントからの給電にも対応しているダクトレールです。コードの長さは約60cm。600Wまでの照明器具に対応可能です。

また、照明器具を好みの位置にスライドできるので、任意の場所に光を当てやすいのもメリット。本体重量は約800gで、長さは約107.5cmです。取り扱いやすい長さで、初心者の方にも適しています。

パナソニック(Panasonic) インテリアダクトスライド回転タイプ LK04083BZ

高品質の製品を世に送り出す「パナソニック」のダクトレールです。直付けタイプなので、安定感のある製品を探している方に向いています。また、スタイリッシュな見た目のため、綺麗な仕上がりを求めたい方にもおすすめです。

さらに、左右それぞれ3kg、ダクトレール全体で計6kgまでの重さに対応しています。90°の範囲で回転するため、障害物や梁などにも干渉しないように調節が可能です。長さは144.8cmで、高さは8cm。30cmまでスライドも可能なので、照明の当たる場所を細かく変えたい方にもぴったりです。

東芝ライテック ライティングレール NDR0213

全長300cmとロングタイプで、店舗や広い部屋に向いているダクトレールです。素材には軽量なアルミを使用しており、取り扱いやすいのがメリット。レールの表面にはアルマイト加工が施されているため、見た目が美しい上に、塗装の色ムラやほこりの付着による不具合を予防できます。

また、直付け用なので、安定感のあるダクトレールを探している方にもおすすめです。カラーはブラックで見た目がシンプルなため、照明のデザインが際立ちます。

sumairu光源 配線ダクトレール1m KST-100CM-BY

天井にネジで簡単に取り付けられる、直付けタイプのダクトレールです。素材にはアルミを使用。サイズはレール全長100cmで、重さは約550gあります。

カラーはホワイトとブラックの2種類から選択可能です。シンプルな見た目なのでさまざまな照明と相性がよく、自分好みの雰囲気を演出できます。また、価格が安いのもメリットです。コストパフォーマンスに優れたダクトレールを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) アース付配線ダクト DH0223

100V電源を供給できるダクトレール。直付けタイプなので、仕上がりの綺麗さにこだわりたい方におすすめです。300cmと長さがあるため、店舗や広い空間に取り付けられる製品を探している方にも適しています。

付属のタッピングネジで設置可能。また、空間に合わせて器具の移動や変更など、自由度の高い照明演出ができるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 照明用ダクトレール イージーアップ配線ダクト DH02300

埋め込みタイプのダクトレールです。ベースライトの埋め込み穴と配線を活用すれば天井を張り替える必要がなく、低コストかつ短工期で取り付けができます。

埋め込み穴の長さは123.5cm。埋め込み高は4cmです。レールを目立たせずに見た目をすっきりとさせたい方に向いています。最大15kgまで照明を取り付け可能。大きめのライトを複数設置したい方もおすすめです。

ダクトレールの売れ筋ランキングをチェック

ダクトレールのランキングをチェックしたい方はこちら。