コールドブリューを始めよう。

アメリカ合衆国のコーヒー専門店で生まれたとも言われる、話題沸騰の抽出法「コールドブリュー」。水に浸して抽出するため、同じ豆でもお湯とはまったく異なるテイストに仕上がるのがその特徴です。なんだか難しそう? そんな心配は、専用コーヒーピッチャーArcticがあるならご無用です! ではコールドブリューの極め方、見てみましょう!

あらためて、コールドブリューとは?

そもそも、水で抽出するコールドブリューとお湯で抽出するコーヒーにはどんな違いがあるのでしょうか? 一般的に、コールドブリューではカフェインやタンニンが出にくく、雑味や渋みが抑えられると言われています。また酸味が少なくなるとも。

そのおかげで、なめらかでまろやかな味に仕上がり、「これがあの豆?」「コーヒーってこんなテイストだった?」なんてことになるのです。

作り方は簡単!

ではその作り方。密閉できるビンに規定量の挽いた豆と常温の水を入れ、混ぜてから冷蔵庫でゆっくり抽出した後、茶こし、ドリップペーパーでろ過したら、できあがり…。やっぱり面倒?

でも、Arcticなら大丈夫! レーザーで200ミクロンの穴を開けられた、ステンレス製のフィルターに挽いた豆を入れます。そしてフィルターが浸かるようにピッチャーに水を注いでいきます。

それから冷蔵庫に入れて12-24時間待ちましょう。抽出のための時間や水と豆の割合は、好みのテイストになるまで調節することが大切。あとはろ過せずに、そのままピッチャーからグラスに注ぐだけです! 少しだけ手間が省けますね。

「美味しい!」のための逸品

気になるのはArcticの品質。ハイクオリティな耐熱ガラス製のピッチャー容量は1.5L。パッキン付きのフタにより、冷蔵庫保存で2週間はフレッシュなコーヒーを楽しめるというから素晴らしい!

また、フタやフィルターを除くピッチャーだけなら電子レンジOK。そしてすべてのパーツは分解でき、食器洗い乾燥機に対応しているので安心ですね。使い終わったらすぐに洗うことが推奨されています。

楽しみ方イロイロ

できあがったコールドブリューのコーヒーの楽しみ方はじつに多彩。まずは氷に注いでアイスコーヒー。そして濃く抽出されているので、お湯とコーヒー、2:1の割合で混ぜホットで楽しむことも。

それにウィスキー×コーヒーのおしゃれな飲み方もOK!「コールドブリュー」のレシピで検索すると「こんな飲み方があったの!?」と、その先に広がる奥の深い世界に驚かされること間違いありません。ぜひお楽しみください!

自分好みのテイストのために、コールドブリューを極める旅に出たくなるArcticはKickstarterで49ドル! コーヒー苦手な人も、「激うま!」となること間違いなし!