スマホやタブレット、音楽プレーヤーなど、充電が必要なものが増え、私たちの暮らしに電源タップは欠かせないものとなりました。せっかくなら、インテリアとしても映えるようなおしゃれなものや、使い勝手のいいものを持っていたいもの。そこで、今回はデザインが優れていたり、USBポート付きだったりと、暮らしを彩ってくれるような電源タップをピックアップしました。

USBポート付きのおすすめの電源タップ

Elinker 電源タップ

商品価格 ¥ 2,150

ACコンセントは6ヵ所、さらにそれぞれに対応したスイッチが6ヵ所あります。そのため、冷蔵庫など常につけておく家電や、スマホのようにこまめに消す家電もこの電源タップ一つあればOK。また、コードが2.5mあるので、さまざまなシーンに対応できます。

Te-Rich 電源タップ タワー式 コンセント

商品価格 ¥ 3,980

タワー式の電源タップは、デスクやベッドサイドなどでも使える便利なアイテム。ACコンセントが8ヵ所、USBポートが6ヵ所もついています。スマホやタブレット、パソコン、ゲーム機などの同時充電も可能。USBポートは、接続された機器を識別し、適切な電流で急速に充電できるのが特徴。ACコンセントとUSBポートは個別にスイッチがついています。

スイッチ付きのおすすめの電源タップ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 節電エコタップ TAP-S18-1

商品価格 ¥ 1,196

6ヵ所のACコンセント口のスイッチがそれぞれON・OFFできる個別スイッチと、一括でON・OFFできる集中スイッチがついている電源タップ。スイッチは光らないタイプなので、消費電力を最低限に抑えることができます。

雷サージガードは作動中にランプが点灯する仕様になっています。フック穴がついているので壁に固定することも可能です。「電源タップが部屋にゴロゴロ転がっているのが嫌」という方におすすめです。

ケーブルプラグ CABE PLUG 04 002881

デザイン性が高く、サイズ感もコンパクトな電源タップ。主張が強すぎるわけでもなく、さりげなく部屋をおしゃれに見せてくれる存在感が魅力です。各差込口がそれぞれスイッチでON・OFFできるうえに、コードが3mもあるので使えるシーンの幅が広がります。

デザイン重視派におすすめの電源タップ

W-I-C インテリアナチュラルウッド電源タップ PT337BEWD

商品価格 ¥ 3,090

木目調のおしゃれな電源タップは、北欧系やナチュラルテイストのお部屋にぴったり。インテリアのひとつとしても映えるアイテムです。スイッチ付きで使い勝手がいいのもポイント。 おしゃれなだけだなく、雷から家電を守る雷サージガードや、ホコリ侵入防止シャッターはきちんとついているので安心して使えます。

コンセントを差し込むときにやや固いと感じるかもしれませんが、これは感電防止の安全シャッターがついているため。子どもがいる家庭におすすめです。

エレコム(ELECOM) flecc orbe T-NFL02-2410WH

商品価格 ¥ 1,727

一見シンプルなデザインですが、円筒の形がスタイリッシュさを感じさせてくれるおしゃれな電源タップ。差し込み口の向きが90°ずつずらした放射状になっているので、会議や打ち合わせなど複数人で使うときに便利です。さらに、プラグの抜き差しがスムーズにできるように表面はラウンドフォルムになっています。

複数人で使っていてもテーブルの上で安定するよう低重心に設計されているなど、細かいところまで配慮が行き届いた電源タップです。

家電が多い家におすすめの電源タップ

日商テレコム 可動式電源タップ トリプルノーマル12口 S9PC01RB

商品価格 ¥ 3,816

差し込み口が12ヵ所もあり、そのうち8口はプラグ部分が90°動かせる可動式になっているため、幅をとるアダプタータイプの電源でも差し込めます。差し込み口が多いと容量オーバーによる火災が心配ですが、内蔵ブレーカーが自動的に電源を落とすので過電流の心配はありません。ケーブル押さえもついており、電源タップ周りでケーブルがごちゃごちゃするのを防げます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ACアダプタ対応9口タップ TAP-B40BK

商品価格 ¥ 1,510

9ヵ所の差し込み口を上下・左右に角度をつけデザインされているため、ACアダプタが複数接続できます。9ヵ所のうち3ヵ所は常時通電、6ヵ所はスイッチでON・OFFできるのが特長。常時つけておきたい家電と、こまめに電源を切りたい家電をひとつの電源タップにまとめられます。

また、サーキットブレーカーが内蔵されていて、消費電力が1500Wを超えると自動的に電源が切れる仕組みになっているので、過電流やそれに伴う火災の心配がありません。

電源タップを選ぶときの注意点

さまざまな電源タップが販売されていますが、安全性が保障されていないものがあるのも現実です。それらを選んでしまうと、火災や感電が起こってしまうおそれがあるので、十分に注意して選びましょう。

ほこり防止シャッターがついているか

複数の電源をまとめられる電源タップは便利ですが、周辺の掃除をこまめにしないとホコリがたまってしまいます。湿気や何らかの水分がホコリにつくと、通電して発火することがあり、これをトラッキング現象といいます。トラッキングによる火災を防ぐためにも、ほこり防止シャッターがついているものは要チェックです。

雷サージガード機能があるか

雷サージガードとは、雷が落ちたときにかかる急激な電圧をシャットダウンする機能のこと。万が一のときのためにも雷サージガード機能がついているものを選ぶと安心です。

ACアダプターに対応しているか

パソコンやオーディオの電源が必要な場合は、ACアダプターに対応しているかどうかの確認を忘れずに。ACアダプターに対応していないものを選んでしまうと、ACアダプターの隣の差し込み口は使えなくなり無駄ができてしまいます。

スイッチがついているか

差し込み口ごとにスイッチがついていれば、いちいちプラグを抜く手間が省けます。スイッチを切っておくだけで待機電力もなくなるので、省エネにつながります。