お湯を注ぐだけで本格的なうどんが楽しめる「カップうどん」。手軽に食べられ、忙しいときなどにも重宝します。定番の和風味だけでなく、カレーや肉だしなどさまざまなスープを楽しめるのが特徴です。

そこで今回は、カップうどんのおすすめ商品をご紹介します。西日本と東日本で異なるスープの違いや、麺の種類、味や具材の種類も解説。だしやトッピングの違いで風味が大きく異なるので、ぜひ好みのカップうどんを見つけてみてください。

カップうどんのスープの味は東日本と西日本で違う?

By: sugakiya.co.jp

カップうどんのなかには、東日本・西日本でそれぞれの好みに合わせてスープを変えている商品もあり、味わいは企業ごとに異なります。

東日本向けの味付けは、昆布やかつお節をだしベースにしたモノや、本がつおと宗田かつおを用いたモノ。西日本向けの味付けは、昆布やかつお節に加え、煮干しや雑節を使用したモノなどがあります。

東日本向けと西日本向けのカップうどんは、それぞれの地域でしか購入できないのがポイント。通販では地域に特化したカップうどんが手軽に購入できるので、気になる方はそれぞれの風味を試してみてください。

カップうどんの選び方

麺のタイプをチェック

生麺タイプ

By: sugakiya.co.jp

生麺タイプのカップうどんは、本格的な麺の食感を求める方におすすめです。のどごしがよく、つゆともよく絡みます。

原料の小麦粉にこだわった商品も購入可能。お湯を注いだあとに湯切りする商品もあります。鍋などの調理器具を使わず、手軽に本格的な食感を味わいたい方は、生麺タイプを選んでみてください。

フライ麺タイプ

By: amazon.co.jp

フライ麺は名前の通り油で揚げた麺のこと。カップうどんの原材料表示には油揚げ麺と記載されています。140~160℃の揚げ油で1~2分加熱し、水分を飛ばしているのがポイント。風味や食感は商品ごとに異なり、コシやのどごし、なめらかさなどのよさがあります。

ノンフライ麺タイプと異なるのは、水分量が少ない点。100gあたりの水分量はフライ麺が3.0gに対し、ノンフライ麺は10.0gです。カップうどんの多くは、フライ麺が採用されており、種類の豊富さも魅力のひとつ。さまざまな風味のカップうどんを選びたい方はフライ麺タイプがおすすめです。

ノンフライ麺タイプ

ノンフライ麺は油を使わずに、80℃前後の熱風で30分以上乾燥させて水分を飛ばす工程を取り入れています。フライ麺と比べて水分量は多めで、油で揚げていないため脂質が少なめです。100gあたりに含まれる脂質はフライ麺が19.1gに対し、ノンフライ麺は5.2g。カップうどんの脂質が気になる方におすすめです。

味の種類をチェック

By: amazon.co.jp

カップうどんには、醤油味・味噌味・カレー味などさまざまな味があります。商品数が多いのは、醤油を使った和風系のスープ。しつこさを感じさせにくいモノや、食べ応えがあるモノなど種類が豊富です。なかには、かつお節・宗田かつお・昆布など魚介系のだしをよくきかせているモノもあります。

肉のおいしさが魅力の商品は、スープに肉の旨味をきかせているのが特徴。醤油の種類も丸大豆醤油を使ったモノ、淡口醤油を使ったモノなどから選べます。カレーうどんはだしをきかせた奥深い味わいが魅力。濃いめのスープにだしを加えています。ぜひ好みや気分に合わせて選んでみてください。

かやく・トッピングの種類をチェック

By: amazon.co.jp

同じ系統のスープでも、かやくやトッピングによって味わいが大きく異なるのがポイント。油揚げや野菜をふんだんに使ったかき揚げ、杵でついた弾力のある餅など、特別感のあるトッピングが付いているモノもあります。食べ応えのあるカップうどんを選びたい方におすすめです。

ほかにも、ネギ・卵・ワカメ・かまぼこ・揚げ玉など、商品によってさまざまなかやくが付いており、味付けした肉が入っているモノもあります。スープの味だけでなく、かやくやトッピングの種類でカップうどんを選ぶのもおすすめです。

カップうどんのおすすめ

日清食品(NISSIN) 日清のどん兵衛 きつねうどん 東

つゆと油揚げにこだわった東日本向けのカップうどんです。1976年に誕生して以来人気のシリーズ。つゆには、本がつおと宗田かつおのかつおだし2種類に丸大豆醤油を使っています。醤油の甘みと旨味を活かした、コクのある味わいが特徴です。

別添えで入っている赤唐辛子をきかせた彩り七味を加えることで、醤油の風味がより引き立てられるのがポイント。油揚げは丸大豆を100%使い、豆腐屋と同様の製法で仕上げています。低温と高温で2度揚げした油揚げは、芳醇な風味が魅力です。

麺には、特有の弾力となめらかさが感じられるフライ麺を使っています。かやくの具材は油揚げに加え、かまぼことネギの3種類。内容量は96g。油揚げのおいしさを堪能したい方や、食べ応えを求めている方におすすめのカップうどんです。

日清食品(NISSIN) 日清のどん兵衛 肉うどん

肉汁の旨味が引き立つカップうどんです。味付け牛肉の旨味が溶け出した甘めのスープが特徴で、関西風のだしがよくきいた味わい。なめらかで歯応えのある麺は、スープとの相性もぴったりです。フライ麺を採用。ストレートに近い太めの麺で、本物らしいうどんと謳われています。

具材は、味付け牛肉・ネギ・ワカメ・揚げ玉の4種類。具材が目立つようにスープの液面を調節しているのがポイントで、見た目も楽しめる一品です。内容量は87g。厚みのある味わいのスープが好みの方におすすめのカップうどんです。

日清食品(NISSIN) 日清のどん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん

分厚いかき揚げがトッピングされた、食べ応えのあるカップうどんです。リニューアルされ、かき揚げに使う玉ねぎの量を増やし、より香ばしい歯ごたえのあるかき揚げに仕上げています。噛んだ瞬間に広がる玉ねぎの旨味が特徴です。

つゆは、かつおの香りと旨味をきかせています。コシと弾力が強く、のどごしのあるフライ麺を使用。内容量は97g。かき揚げが印刷されたフタのデザインが食欲をそそります。ボリュームのあるカップうどんを選びたい方におすすめです。

日清食品(NISSIN) おだしがおいしいカップヌードル 肉だしうどん

牛肉の旨味がきいたスープが魅力のカップうどんです。スープに牛肉・かつおを使用。少し甘めの味つけで、だしのおいしさが堪能できます。具材は味付け豚ミンチ・卵・ネギの3種類。具材の特徴に合わせて乾燥法を変えることで、食感や色味のよさを引き出しているのがポイントです。

また、お湯を注ぐだけで簡単にもとの状態に戻せる、真空凍結乾燥法を用いています。麺は植物油で揚げて乾燥させたフライ麺を使用。ちぢれ麺なので、のどごしのよさが堪能できます。内容量63g。だしがよくきいた食べ応えのあるカップうどんが食べたい方におすすめです。

日清食品(NISSIN) 日清のどん兵衛 カレーうどん

だしの奥深い味わいが特徴のカップうどんです。かつお節と昆布を使っただしを加えており、深みのある味わい。牛の旨味がきいた、西日本向けのスープです。リニューアルによってさらにスープを濃くしているのが特徴。インスタントスープや味噌汁の代わりに食べるのもおすすめです。

麺は弾力ある食感と、なめらかな舌触りのフライ麺。かやくには、大豆ビーフ・味付油揚げ・ニンジン・ネギなどを使っています。大豆ビーフは本物の牛肉を食べているような、ジューシーな食感と豊かな風味です。内容量は87g。具材にこだわったカップうどんを味わいたい方におすすめです。

日清食品(NISSIN) 日清の京うどん

日清が提供する商品のなかでも、素材にこだわって作ったカップうどんです。丸大豆醤油をベースに、利尻昆布のエキスを加えた関西風のつゆは風味豊かな味わい。山椒が程よいアクセントです。

なめらかなストレートフライ麺を使っています。食べ応えをアップするため、麺を10%増量しているのがポイントです。

具材は、京風きざみ揚げ・花形かまぼこ・ネギの3種類。澄んだスープや白い麺に、ピンク色の色鮮やかな花形かまぼこがよく映えます。内容量69g。こだわりの素材を使った、関西風のカップうどんが食べたい方におすすめです。

日清食品(NISSIN) 日清デカうま きつねうどんだし濃いめ

大盛りで食べ応えがあるカップうどんです。スープは、かつお・昆布・いりこ、3種の具材からだしをとった関西風つゆ。3種のだしが味の決め手です。

麺は、食べ応えを重視してウェーブ麺にリニューアルしているのもポイント。具材は一枚揚げとワカメです。内容量は106g。濃い味わいのカップうどんが好みの方におすすめです。

日清食品(NISSIN) 日清の汁なしどん兵衛 釜たま風うどん

だし醤油とたまごタレの旨味が楽しめる、釜たま風のカップうどんです。甘めの特製だし醤油にたまごタレのまろやかさが絡み合った味わい。だし醤油のタレを30%増量しており、潤沢なつゆが魅力です。うどんには、なめらかなのどごしのあるフライ麺を使っています。

ネギときざみ海苔のかやく入り。お湯を入れて5分待ち、湯きりしてからだし醤油・たまごタレ・きざみ海苔をかけて完成です。汁なしで楽しむタイプのカップうどんで、内容量は106g。釜玉うどんを手軽に楽しみたい方におすすめです。

東洋水産(Toyo Suisan) 赤いきつねうどん 東

風味豊かな東日本向けのカップうどんです。スープはかつお節と昆布のだしがきいた味わい。1975年に発売して以来、時代に合わせてだしの風味を調節しているこだわりが特徴です。だしをふんだんに使っているため、食べ終えるとカップの内側に黒い帯が残ります。

なかでもかつお節にこだわり、華やかな風味のモノと香ばしくアクセントになるモノ、2種類のかつお荒節をブレンドして使用。国産のかつお節を粉砕して加えています。粉末スープに加工する工程でも試行錯誤を重ね、熱処理工程をカットすることで削りたての香りを楽しめるのがポイントです。

麺にはコシが強いフライ麺を使っています。具材は、味付油揚げ・卵・かまぼこの3種類。スープの味が染み込んだ、大きな油揚げが魅力です。内容量は96g。風味豊かなだしの味わいを楽しみたい方におすすめのカップうどんです。

東洋水産(Toyo Suisan) 白い力もちうどん

トッピングに餅が入っているカップうどんです。もちもちの弾力ある食感が魅力の杵つき餅を使用。だしは、かつお・昆布・うるめ・さばだしを合わせたモノを使っています。淡口醤油にだしを加え、風味が引き立ったしつこさを感じさせにくい味わいに仕上げているのが特徴です。

うどんには、なめらかでコシと弾力が強いフライ麺を使用。具材は餅のほかに、味付油揚げ・あおさ揚げ玉・かまぼこの4種類。スープに具材がよく合います。

また、別添えで七味唐辛子が入っているのもポイントです。内容量は109g。餅のトッピングが魅力の力うどんを手軽に食べたい方におすすめのカップうどんです。

東洋水産(Toyo Suisan) 黒い豚カレーうどん

味わい深いカレーうどんが堪能できるカップうどんです。豚の旨味に玉ねぎの甘さが合わさった、とろみのあるつゆが特徴。かつおだしで味をまとめることで、豊かな風味が楽しめます。隠し味として醤油・マグロエキス・ソースを使っており、本格的な味わいにこだわった、カレーつゆがポイントです。

麺にはなめらかでコシが強い太めのフライ麺を使っており、濃厚なつゆとよく合う風味。かやくの味付豚肉・玉ねぎ・ニンジンに加え、スープの具材としてネギを使用しています。内容量は87g。本格的なカレーうどんが食べたい方におすすめのカップうどんです。

寿がきや食品 カップみそ煮込みうどん

名古屋の定番味として発売以来人気のカップうどん。弾力のある食感が特徴のノンフライ麺を採用しています。かやくには、味付鶏肉・味付油揚げ・かまぼこ・卵・ネギを使用。スープは赤味噌・かつお節・ムロ節を使った、名古屋だしのコク深い濃厚な味わいが魅力です。

とろみがある味噌煮込みスープで、硬めの麺や具材とよく絡むように改良されているのがポイント。赤味噌のコク深さが強く感じられます。名古屋ならではの味を自宅で手軽に楽しみたい方におすすめのカップうどんです。

寿がきや食品 カップだし名人 昆布だし関西風うどん

だしにこだわった関西風のカップうどんです。つゆのだし感を楽しむことをコンセプトにしている「だし名人」シリーズの商品。飽きの来ない味わいが魅力です。麺には喉ごしがよい生タイプのモノを使っています。原料に国内産小麦粉を100%使用しており、特有の弾力が特徴です。

淡口醤油に北海道産昆布と、かつお節のだしをきかせたつゆがうどんとよく絡みます。内容量は130g。かやくには、揚げ玉・ワカメ・ネギが入っています。

湯切りしやすいように紙製のフタを採用しており、湯切り口が付いているのもポイント。シンプルでベーシックな味わいを選びたい方におすすめのカップうどんです。

寿がきや食品 カップだし名人 いりこだしわかめうどん

ワカメが主役のカップうどんです。だしがよくきいたつゆの風味が特徴。淡口醤油と国産のカタクチイワシを使い、いりこだしを加えた和風スープです。シンプルな味わいで、飽きのこない和風カップ麺が本商品のコンセプトです。

麺は国内産の小麦粉から作った生タイプで、のどごしがよく、弾力ある食感が魅力。つゆとの一体感が楽しめます。具材はワカメのほかに、卵・ネギ・ゴマの4種類入り。内容量は129gです。湯切りタイプのカップうどん。だしがよくきいたカップうどんを楽しみたい方におすすめです。

寿がきや食品 小さなおうどん お吸いもの

小腹がすいたときにぴったりなミニサイズのカップうどんです。上品なだしの味わいが魅力。高知県産のユズ果汁と愛知県製造の白醤油を使った、ゆずの風味が豊かな和風スープです。

塩分を30%カットしたと謳われている減塩タイプ。日本高血圧学会の減塩・栄養委員会からJSH減塩推進10年アワードを受賞しています。

麺は、国内産の小麦粉から作った生タイプ麺を採用。やわらかい食感が特徴です。かやくは、卵・紅梅花麩・ネギ・ユズの4種類。かやくのユズにも国産のモノを使っています。

内容量は86gで、湯切りするタイプ。1食あたりのカロリーは128kcalです。夜食やスープとして食べられるカップうどんを探している方におすすめです。

明星食品 明星 旨だし屋 きつねうどん 大盛 東向け

豊かな風味が楽しめる東日本タイプのカップうどんです。かつおだしがよくきいた関東風つゆが特徴。粉末スープの中に七味唐辛子を加えています。麺には、歯ごたえある食感のフライ麺を使用。改良によって麺の弾力をアップしているのがポイントです。

具材は、分厚くジューシーな油揚げとネギの2種類が入っています。内容量110gなので、食べ応えを求める方にもおすすめです。塩分をコントロールしやすいように、カップの内側にスープを残す目安の線が引かれています。塩分が気になる方にもおすすめのカップうどんです。

エースコック(ACECOOK) だしの旨みで減塩 鶏炊きうどん

なめらかな舌触りで、喉ごしのよいカップうどんです。スープにGABAが含まれているのがポイント。鶏だしをきかせており、柚子胡椒やかつおだしの豊かな香りが特徴です。塩分控えめでもおいしく味わえる白湯つゆで、塩分が40%カットされていると謳われています。

液体つゆを使っているため、だしの風味がよく上質な仕上がりです。内容量は45g。具材には歯ごたえのよいキャベツや程よい味付けの鶏肉そぼろ、彩りを加えるネギなどを使っています。素材の味が引き立つ、まろやかな味わいのカップうどんが好みの方におすすめです。

ヤマダイ 大盛大阪かすうどん

ご当地シリーズのカップうどんです。大阪グルメのかすうどんを再現した商品。かすうどんとは、油かすと呼ばれる時間をかけて揚げたホルモンを入れたうどんのこと。トッピングには油かすをふんだんに使っており、とろろ昆布とネギを入れて本場の味を再現しているのが特徴です。

大阪の通天閣が描かれた、インパクトのあるパッケージデザインが印象的。油かすから牛肉の旨味が染み出した甘辛いつゆは、クセになる味わいです。和風だしの旨味とコクがきいたスープを楽しめます。

内容量129g。ボリュームがあるカップうどんを堪能したい方にぴったりです。大阪ならではのトッピングを味わいたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ヤマダイ 懐かしのとん汁うどん

田舎で食べるような懐かしい味わいと称されるカップうどんです。豚肉のコクとかつおだしによる、まろやかな味噌味のスープが特徴。具材は豚肉・油揚げ・ニンジン・ネギの4種類です。

なめらかな舌触りとしなやかさを追求したフライ麺を使用。太めの麺でスープとよく絡みます。内容量は80g。味噌味が好みな方や、とん汁が好きな方におすすめのカップうどんです。

ジャルックス(JALUX) うどんですかい

JALの機内食として開発された、食べきりサイズのカップうどんです。低い温度で調理できるように、約85℃の沸点で戻りやすい麺を使っているのが特徴。のびにくい特殊なフライ麺です。スープは利尻昆布のだしをきかせた関西風。だし汁が麺の風味をさらに引き立てます。

合成保存料・着色料は使われていません。具材には、丸大豆を100%使った油揚げとかまぼこ、ネギを使用。かまぼこやパッケージには、機内食らしい飛行機柄がデザインされています。内容量37g。主食に添えたり、夜食にしたりと、程よいサイズのカップうどんを探している方におすすめです。

カップうどんのアレンジレシピ・美味しい食べ方

茶碗蒸し

だしや具材の旨味がきいたカップうどんのスープは、茶碗蒸しにアレンジするのがおすすめ。まずは、カップうどんの麺だけを完食します。具材を少し多めに残すと、茶碗蒸しの食べ応えもアップ。

次に残ったスープに生卵を入れてよくかき混ぜますが、卵が固まってしまうのを避けるためにスープを50℃くらいまで冷ましてから入れるのがポイントです。よりきれいに仕上がります。

最後に、マグカップまたは湯のみなどの耐熱容器に卵液を移し替え、軽くラップをして電子レンジで加熱。加熱時間は、200Wで約2分30秒から3分ほどで、卵が固まったら完成です。まだ卵が固まっていない場合は、様子を見ながら少しずつ加熱してみてください。卵ひとつだけでできる、簡単なレシピです。

炊き込みご飯

カップうどんのだしが活きる、炊き込みご飯のアレンジレシピ。うどんのもちもちした食感もご飯とよく合うのが特徴です。

まずは、カップうどんの麺・かやく・スープを取り出し、袋に入れて砕きます。形が残る程度に潰せたら、白米と水1合分をセットした炊飯器に、砕いた麺・かやく・スープを入れて通常通りにご飯を炊いてみてください。

ご飯が炊けたら完成。付属で七味唐辛子が入っている場合は、香辛料の辛みが程よいアクセントになります。具材やスープの種類によって異なる味わいが楽しめるのがポイント。ぜひ、さまざまなカップうどんで試してみてください。

コロッケうどん

豪華なトッピングが楽しめるカップうどんのレシピです。まずは、説明欄の手順通りにカップうどんを調理します。タッパーに水・砂糖・醤油・みりんを入れてコロッケ・ネギを浸しますが、ネギは太めにカットするのがポイントです。

次に、600Wの電子レンジで3分加熱し、煮汁を切って調理後のカップうどんに盛り付けます。お好みで温泉卵をトッピングするのもおすすめ。斬新なアレンジレシピを試してみたい方にぴったりです。