自宅で読書するひとときは、何にも代えがたい大切な時間。本が好きな方にとって、大事な本を収納する「本棚」は必須アイテムです。せっかく本棚を購入するなら、容量はもちろんのこと、デザインや材質にもこだわって選びたいもの。

しかし、ひと口に本棚といっても、スライド式や扉付き、コーナータイプなど種類はさまざまです。そこで今回は、おすすめの本棚と選び方のポイントをご紹介します。

本棚の選び方

サイズで選ぶ

本棚のサイズで選ぶ

By: low-ya.com

本棚を選ぶにあたって、まずチェックしたいのがサイズです。部屋を広く使いたいからといって、小さすぎるサイズを選んでしまうと本が収納しきれず、本棚としての機能を果たせません。

一方、たくさんの本を収納したいからと大きすぎるモノを選ぶと、部屋が狭くなる上デッドスペースが生まれてしまいます。本棚を購入する前に、まずは収納したい本の量を把握し、その上で本棚のサイズを選ぶようにするとよいでしょう。

置きたい本のサイズをチェック

どのようなサイズの本を収納するかも、本棚を選ぶ際に重要なポイントです。文庫本のような、高さ・奥行きともに小さいサイズの本を収納するなら、スリムサイズの本棚がおすすめ。棚板が細かく仕切れるタイプを選ぶと、収納力がさらにアップします。

雑誌や図鑑などの大きなサイズの本を収納するなら、本を傷めないためにも高さ・奥行きともに余裕のあるサイズの本棚が最適です。

また、さまざまなサイズの本を収納したいなら、本のサイズに合わせて棚板が動かせるタイプがおすすめ。デッドスペースが生まれにくく、効率的に収納できます。

材質で選ぶ

By: rakuten.co.jp

リビングなど、人目につきやすい場所に本棚を置きたい場合は、材質にもこだわりたいものです。置く場所のインテリアにマッチするような材質を選ぶと、おしゃれな部屋作りができます。

ナチュラルや、北欧風インテリアが好みの方は、あたたかみが感じられる木製がおすすめ。落ち着きや、重厚感が欲しい場合はダークな色合いのモノ、軽やかな雰囲気が好きなら明るい色合いのモノがぴったりです。また、木製のモノは和室にもよく合います。

モダンでクールなインテリアが好みの方にはスチール製がおすすめ。金属のすっきりした質感が、スタイリッシュな雰囲気のインテリアによく合います。

また、スチール製の本棚は強度が高く、たくさんの本を収納しても棚板がたわみにくいのがポイント。本がたくさんある方や重みのある本を収納したい方は、スチール製の本棚を選ぶのがおすすめです。

設置場所をチェック

By: rakuten.co.jp

本棚を選ぶ際、どこに設置するかは非常に大事なポイントです。狭い部屋に設置する場合、あまり大きな本棚を選ぶのは考えもの。部屋の使い勝手が悪くならないよう、大きさを考慮する必要があります。圧迫感を感じさせないために、低い本棚を選ぶのもひとつの手です。

また、リビングなど人目につきやすい場所に置く場合はデザインをチェックするのも大事。インテリアになじむデザインや、アクセントになるデザインを選ぶとおしゃれな空間を演出できます。すっきり見える扉付き本棚や、ディスプレイラックなどはリビングに置いても素敵なインテリアになるのでおすすめです。

組み立て式かをチェック

By: rakuten.co.jp

本棚には、完成品と組み立て式のモノがありますが、リーズナブルに購入したいなら組み立て式の本棚がおすすめ。最近は、ドライバー1本で簡単に組み立てられる本棚や、工具いらずのはめ込み式の本棚などもあるので、家具の組み立てに不慣れな方でも安心です。

組み立てが初めての方は、簡単な形状のフリーラックのような本棚が組み立てやすいのでおすすめ。スライド式のような、部品が多く組み立ての手順が複雑なモノは難しいので避けた方が無難です。可能なら、2人で組み立てを行うと難しい作業もスムーズに進みます。

本棚の種類

オープンラック

By: low-ya.com

扉がないので本の出し入れがしやすく、読みたい本がすぐ手に取れるのがメリットのオープンラック。ひと目で棚全体が見渡せるため、何の本を収納しているかすぐにわかるのも魅力です。

本以外にも、お気に入りの雑貨をディスプレイするなど自由度が高いのもポイント。背板がないタイプなら前後どちらからも収納でき、部屋のパーテーションとしても使えます。

しかし、扉がないのでホコリがたまったり、本が日焼けしてしまったりする点には注意しましょう。こまめに本のお手入れをしたり、カバーをかけるなど日焼け対策をしたりする必要があります。

扉付きラック

By: rakuten.co.jp

大事な本をホコリや日焼けから守りたい方は扉付きラックがおすすめ。扉付きラックは高級感があるので、リビングなど人目のつくところに置くのにもぴったりです。

また、扉付きの本棚は扉を閉めてしまえば本が見えなくなるためすっきりと見せられます。生活感を隠せるので、スタイリッシュなインテリアが好みの方にもおすすめの本棚です。

スライド式ラック

By: amazon.co.jp

たくさんの本を収納したい方におすすめなのがスライド式本棚です。本を収納する部分が2重になっているため、通常の本棚より多くの本が収納できます。コンパクトながらも収納力のある本棚を探している方にぴったりです。

また、スライド式本棚は前面がスライドするため目当ての本を探しやすいこともメリット。奥に収納した本も取り出しやすく、使い勝手に優れているのが魅力です。

しかし、2重になっていて奥行きが浅いため、大判の本を収納するのには不向き。コミックや文庫本などをたくさん収納したい方におすすめの本棚です。

ディスプレイラック

By: rakuten.co.jp

フラップ式の扉が特徴のディスプレイラック。扉部分におしゃれな雑誌などを飾ればインテリアのポイントになるので、おしゃれな方に人気の本棚です。お気に入りの本を扉部分に置けば、すぐ手に取れるのもポイント。

フラップ扉を上部に格納できるタイプならオープンラックのようにも使える上、扉を閉めればすっきりと見せられるので、インテリアや使い勝手に合わせてさまざまな使い方ができるのもメリットです。

文庫本ラック

By: amazon.co.jp

文庫本のサイズに合わせて、奥行きが浅く作られた文庫本ラック。通常の本棚だと、文庫本には奥行きが深すぎて収納しづらいですが、文庫本ラックなら効率的に収納できます。

奥行きが浅い文庫本ラックは圧迫感が少なく、部屋が広く使えるのも嬉しいポイント。大判の本には奥行きが足りず収納できないので注意が必要ですが、文庫本や単行本などをメインに収納したい方におすすめの本棚です。

コーナー式本棚

By: rakuten.co.jp

家の中でデッドスペースになりやすいコーナー付近を有効活用できるのが、コーナー式本棚です。コーナーにぴったりと収まるので場所をとらず、効率的に本を収納できます。

コンパクトなので、狭い部屋に本棚を置きたいと考えている方や、もう少しだけ収納をプラスしたい方におすすめの本棚です。

壁面本棚

By: rakuten.co.jp

本好きの方なら誰もが憧れる壁面本棚。文字通り、壁一面が本棚になるタイプのアイテムです。たっぷり大容量なので、収納したい本がたくさんあっても安心。奥行きなどをチェックすれば、大判サイズから文庫本までどんな本も1か所にすっきり収納できます。

しかし、壁面本棚は高さがあるため、万が一倒れてくると非常に危険。突っ張り式など、転倒防止の工夫がされているかどうか必ずチェックするとともに、正しく設置し安全な使用を心がけましょう。

また、さまざまなサイズの本を収納するなら、棚板が自由に動かせるかどうかをチェックするのも大事なポイントです。棚板が動かせれば、無駄なスペースを作らずに本を収納できるため、より使い勝手がよくなります。

押入れ本棚

By: amazon.co.jp

自宅に押入れがある方におすすめなのが押入れ本棚です。押入れ本棚は、押入れ下段の高さぴったりに収納できるのが魅力。キャスターがついているので、サッと本棚を引っ張るだけで本を取り出せます。

使わない際は押入れに入れておけるので、部屋が有効に使えるのも嬉しいポイント。日焼けやホコリの心配もなく、本をキレイに保管できるのもメリットです。

押入れは奥行きがあるので、収納力も良好。たくさんの本をコンパクトに収納したい方にもぴったりです。

本棚のおすすめブランド

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

昭和22年に大阪で創業された山善。おもに、工作機械や機械工具などを取り扱う事業と、暮らしに役立つ日用品を取り扱う事業との2つを軸とし、さまざまな分野で役立つ製品を開発・製造しています。

顧客のニーズや時代の変化にいち早く反応し、使いやすく便利な製品を作り続けることで、暮らしをよりよくしようと努力しているのが特徴です。

マルゲリータ(MARGHERITA)

By: rakuten.co.jp

マルゲリータは、建築設計事務所が開発・デザインをするインテリアブランド。壁面本棚やスタッキングシェルフなど、収納家具を中心に約500アイテムが揃っています。

すっきりとした無駄のないデザインと、確かな収納力、使い勝手のよさは建築のプロならでは。一度使えば手離せなくなる、その品質のよさが魅力のブランドです。

ニトリ

By: rakuten.co.jp

ソファやベッドといった大型家具から、キッチンアイテムなどの小物までインテリアに関するさまざまなアイテムを取り扱うニトリ。お客様のニーズをとらえながら、工夫を凝らした製品を次々に開発しています。

リーズナブルな価格で高品質なアイテムが手に入るため、多くの方から愛されている企業です。

イケア(IKEA)

By: amazon.co.jp

スウェーデンで設立された家具量販店、イケア。北欧ならではの洗練されたおしゃれなデザインのアイテムを多数取り扱っています。リーズナブルにおしゃれなアイテムが手に入るため、若い人を中心に人気のある企業です。

日本はもちろん、ヨーロッパやアメリカ、アジアなど、世界中のさまざまな国で展開されています。

本棚のおすすめ

山善(YAMAZEN) スライド本棚 CPB-9012SL

山善(YAMAZEN) スライド本棚 CPB-9012SL

前後に本などが収納できるスライド式の本棚。前に3列、後ろに4列の収納棚があり、小さなスペースにたくさんの本を入れられる収納力が魅力です。奥行きが約15.5cmあり、CDやDVDも収納できます。

前にあるスライド棚は左右どちらにも動かせるので、後ろにある本を探すのも簡単。棚の上部には固定ピン、下部にはローラーがついており、ストレスフリーな使い心地もポイントです。

棚板は収納するモノの大きさに合わせて、前後ともすべて2cm刻みで動かせるのでデッドスペースが生まれにくいのも嬉しいところ。ワンルームなど、収納に多くのスペースをとられたくない方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 押入れ収納ワゴン CSR-7520

山善(YAMAZEN) 押入れ収納ワゴン CSR-7520

押入れを本の収納として利用したい方におすすめの本棚。高さ約65cmで、押入れの下段にぴったり収納可能。押入れに本を収納できる分、部屋のスペースを有効に活用できます。

キャスターがついているので、本を探したいときにはサッとひっぱるだけでスムーズに引き出せます。また、本棚ごとリビングに移動させれば、じっくり本を読みたいときにも便利。組み立ても簡単なので、不慣れな方でも安心です。

棚板は、収納する本の大きさに合わせて3段階で高さ調節が可能。奥行約20cmで、コミック・文庫本・CDなどの収納にぴったりの本棚です。

マルゲリータ(MARGHERITA) Cavalletto 壁に立て掛ける本棚 ハイタイプ BSL-01-H

マルゲリータ(MARGHERITA) Cavalletto 壁に立て掛ける本棚 ハイタイプ BSL-01-H

はしごのようなデザインで、壁に立てかけて使用するユニークな本棚。スリムで持ち運びしやすいので、模様替えもスムーズにできます。本棚としてだけでなく、シューズやバッグなどを収納したりディスプレイしたりするのもおすすめです。

耐荷重は棚板1枚あたり約5kg。荷物の重さが壁にかかるような設計になっていて安定感があるため、グラつかず快適に使用できます。フレームには木目の美しいウォールナット材を使用。さりげない高級感があり、部屋をグッとおしゃれにしてくれる本棚です。

ニトリ ガラス扉つき本棚

ニトリ ガラス扉つき本棚

高級感のあるガラス扉付きの本棚は、落ち着いた雰囲気でリビングに置くのもおすすめ。奥行約29cmとスリムなので狭い部屋に置いても圧迫感が少ないのもポイントです。

棚板は収納するモノの高さに合わせて、26段階で高さが調節可能なので、文庫本などの小さな本から図鑑やアルバムのような大きな本まで、すっきりと収納できるのが嬉しいところ。A4ファイルがすっぽり収まる奥行で、書類などもスムーズに収納できます。

扉は割れにくい上、万が一割れても鋭い破片ができにくい強化ガラスを使用。圧迫感の少ないクリアなガラスで中がよく見えるので、お気に入りの本の表紙を見せたり雑貨を飾ったりするのもおすすめです。

イケア(IKEA) カラックス(KALLAX) シェルフユニット 204.099.41

イケア(IKEA) カラックス(KALLAX) シェルフユニット 204.099.41

シンプルなスクエアデザインがおしゃれな本棚。棚板がなく、前後どちらからでも使用できるため、本棚としてだけでなくディスプレイラックにしたり、部屋の間仕切りにしたりするのもおすすめです。

棚板の耐荷重は1枚あたり約13kgで、重い本も載せられます。カラーはホワイトステインオークで、北欧メーカーらしいスタイリッシュな色合い。北欧テイストやナチュラルなインテリアとの相性がよいのはもちろんのこと、和室にもマッチするのでおすすめです。

ロウヤ(LOWYA) マンガ収納ラック A128

ロウヤ(LOWYA) マンガ収納ラック A128

コミック・文庫本など、どんなサイズの漫画本もすっきりと収納できるスリムな本棚。およそ199cmと高さがあるので、たくさんの漫画本が収納できます。棚の下部は奥行を広く持たせてあるので、安定感があるのもポイントです。

収納した本が倒れないよう、ブックエンドがついているのも本製品の大きな特徴。ブックエンドはスライド式になっており、倒れたりズレたりしにくいので快適に使用できます。また、斜めになっているのでお気に入りの本をディスプレイすることも可能です。

カラーはホワイト・ナチュラル・ヴィンテージナチュラル・ウォルナットの4種類。なかでもヴィンテージナチュラルはおしゃれな色合いで、部屋をグッとおしゃれに見せてくれるおすすめのカラーです。

ロウヤ(LOWYA) コミック収納本棚 F506_G1011

ロウヤ(LOWYA) コミック収納本棚 F506_G1011

奥行約17cm、高さ約180cmのスリムな本棚。コミックや文庫本などの小さな本を効率よく収納できます。奥行の小さい薄型タイプなので狭い部屋に設置しても圧迫感が少なく、スペースを有効活用できるのが特徴です。

コミックならおよそ448冊分が収納できる大容量が魅力。7段の棚板のうち4段は、3.2cm間隔で7段階の高さ調節ができます。収納するモノの高さに合わせられるので、デッドスペースが生まれにくいのが嬉しいところです。

本棚と壁を固定する転倒防止金具つきで、安全にも配慮しています。カラーは、落ち着いた雰囲気のウォルナットとナチュラルな雰囲気のオーク、明るい印象のホワイトの3種類です。

ワイエムワールド(Ymworld) ディスプレイラック B-AB-0009

ワイエムワールド(Ymworld) ディスプレイラック B-AB-0009

お気に入りの本をディスプレイできるフラップ扉がついた本棚。おしゃれな表紙の本を飾れば素敵なインテリアになるので、リビングなど人目につく場所におすすめです。

全面フラップ扉つきのタイプと、上半分がオープン棚になっているタイプの2種類がセットになっており、横に並べたり、縦に積んだりとレイアウトは自由自在。部屋の間取りに合わせてフレキシブルに設置できます。

オープン棚の棚板は、収納するモノに合わせて5段階で高さ調節が可能。本などを収納できるほか、おしゃれな雑貨などをディスプレイできるのも魅力。フラップ扉の内部は高さ約36cmとなっており、かさばりがちな大型の本もすっぽり収まります。

カラーは単色タイプのウォールナット・オーク・ブラウン・ホワイトと、ツートンカラータイプのブラウン×ウォールナット・ブラウン×オークの6種類です。

純木の本だな

純木の本だな

円筒形のデザインが個性的な本棚。回転式になっているのでスムーズに本を探せます。直径約39cmとコンパクトなスペースにたくさんの本を収納できるのも魅力。高さは4種類あり、収納したい本の量に合わせて選べます。

ハーフパネルがついているので、回転させている間にも本が落下せず、快適に使用できるのもポイント。素材は耐腐食性に優れたマツ材を使用しており、硬くて傷がつきにくく、丈夫なので長く愛用できます。

木目が美しく、明るい色合いなのでナチュラルな雰囲気のインテリアとの相性は良好。本だけでなく、雑貨やグリーンなどを飾ってもおしゃれに決まる本棚です。

SYQS コーナーラック

SYQS コーナーラック

デッドスペースになりがちなコーナーを有効活用できる本棚。おしゃれな雰囲気で、リビングなどの目立つ場所に、読みかけの本やお気に入りの本を置いておく場所を作りたい方におすすめの製品です。

落ち着いた色味の木製で、ナチュラルなインテリアはもちろん、和風テイストのインテリアにもよく合います。上に向かって細くなるフォルムや、背板がなく抜け感のあるデザインのおかげで圧迫感が少ないのもポイントです。

棚板の奥行は下にいくにつれて深くなるため、上段には文庫本などの小さい本、下段には大判の本が置けます。本だけでなく、一緒にグリーンやかわいらしい雑貨をディスプレイするのもおすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) デスクサイドラック ISB6012-4

ドウシシャ(DOSHISHA) デスクサイドラック ISB6012-4

ブルックリンスタイルや、スタイリッシュなインテリアが好きな方におすすめのアイアン風本棚。黒いスチールフレームと、古材風の棚板との組み合わせがおしゃれで、部屋をグッとクールな雰囲気にしてくれます。

棚板は古材風のPVCシートを使用しているため水にも強く、汚れてもサッと拭くだけとお手入れ簡単。耐荷重は棚板1枚あたり約10kgで、たくさんの本を収納できます。

フレームは耐久性に優れたスチール製。脚もとにはガタつき防止のアジャスターがついていたり、背面とサイドには落下防止のバーがついていたりと、細かいところにまで使いやすい工夫されています。

背板がないため、部屋の間仕切りとして使用するのにも最適。本と一緒に、雑貨やグリーンなどをディスプレイしてもおしゃれに決まるおすすめの製品です。

白井産業(Shirai) ディスプレイラック KI2-1460

白井産業(Shirai) ディスプレイラック KI2-1460

個性的なデザインがスタイリッシュな雰囲気の本棚。モダンなインテリアや、モノトーンのインテリアによく合います。落ち着いた色味で、意外と和風なインテリアとも相性がよいので和室に設置するのもおすすめです。

大きな収納スペースがあり、たくさんの本を収納できるのでリビングにおしゃれな本棚を置きたい方に最適。背板がなく、前後どちらからでも本を手に取れるので部屋の間仕切りとしても使用できます。

縦でも横でも使えるので、置きたい場所や収納するモノに合わせてフレキシブルに使い方を変えられるのも嬉しいところ。ホワイトのバックボードがついているので、雑貨などをディスプレイしてもよく映えます。カラーはブラックオーク・ダークブラウン・ホワイトの3種類です。

インテローグ(INTELOGUE) スリム引き戸収納

インテローグ(INTELOGUE) スリム引き戸収納

狭い場所でもスムーズに使用できる引き戸タイプの本棚。扉を閉めれば見た目がすっきりするので、リビングやダイニングなどの目を引く場所に置くのもおすすめです。

奥行は3種類あり、コミックや文庫本などの小さな本を収納するなら16cm、大きめの本も収納したいなら21cmや30cmがおすすめ。収納したい本の種類に合わせて選びましょう。

表面にはメラミン加工が施されており、水や汚れに強くお手入れも簡単。傷がつきにくいためキレイが長持ちするのも嬉しいところです。カラーはウォルナットブラウンとホワイトの2種類から選べます。3枚の棚板のうち2枚は4段階で高さ調節が可能。デッドスペースが生まれにくく、効率よく収納できる本棚です。

ボルケーノ(VOLCANO) ディスプレイラック

ボルケーノ(VOLCANO) ディスプレイラック

前面にディスプレイスペースがついており、おしゃれなインテリアにもなる本棚。裏側にある本棚は見えないようになっているため、部屋をすっきりと見せられます。本以外にも、なくしがちなリモコンや小物の収納にもぴったりです。

約幅35×奥行29cmと、ちょっとしたスペースにも無理なく置けるコンパクト設計も魅力のひとつ。リビングや寝室など、狭い場所にも気軽に設置できます。

両サイドから本の出し入れができるので使いやすいのもポイントです。ソファやダイニングの近くに置くと、読みたい本をサッと手に取れます。ベッドサイドに置いて、子供の絵本収納として使うのもおすすめ。表面には傷や汚れに強く、耐久性に優れたメラミン加工が施されており、長く愛用できる本棚です。