自宅で読書するひとときは、何にも代えがたい大切な時間。本が好きな方にとって、大事な本を収納する「本棚」は必須アイテムです。せっかく本棚を購入するなら、容量はもちろんのこと、デザインや材質にもこだわって選びたいもの。

しかし、ひと口に本棚といっても、スライド式や扉付き、コーナータイプなど種類はさまざまです。そこで今回は、おすすめの本棚と選び方のポイントをご紹介します。

本棚の選び方

サイズで選ぶ

本棚のサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

本棚を選ぶにあたって、まずチェックしたいのがサイズです。部屋を広く使いたいからといって、小さすぎるサイズを選んでしまうと本が収納しきれず、本棚としての機能を果たせません。

一方、たくさんの本を収納したいからと大きすぎるモノを選ぶと、部屋が狭くなる上、デッドスペースが生まれてしまいます。本棚を購入する前に、まずは収納したい本の量を把握し、その上で本棚のサイズを選びましょう。

置きたい本のサイズをチェック

どのようなサイズの本を収納するかも、本棚を選ぶ際に重要なポイントです。文庫本のような、高さ・奥行ともに小さいサイズの本を収納するなら、スリムサイズの本棚がおすすめ。棚板が細かく仕切れるタイプを選ぶと、収納力がさらにアップします。

雑誌や図鑑などの大きなサイズの本を収納するなら、本を傷めないためにも高さ・奥行ともに余裕のあるサイズの本棚がぴったりです。

また、さまざまなサイズの本を収納したいなら、本のサイズに合わせて棚板が動かせるタイプがおすすめ。デッドスペースが生まれにくく、効率的に収納できます。

材質で選ぶ

リビングなど、人目につきやすい場所に本棚を置きたい場合は、材質もチェックしておきましょう。置く場所のインテリアにマッチするような材質を選ぶと、おしゃれな部屋作りができます。

ナチュラルや、北欧風インテリアが好みの方は、あたたかみが感じられる木製がおすすめ。落ち着きや、重厚感が欲しい場合はダークな色合いのモノ、軽やかな雰囲気が好きなら明るい色合いのモノがぴったりです。また、木製のモノは和室にもよく合います。

モダンでクールなインテリアが好みの方にはスチール製がおすすめ。金属のすっきりした質感が、スタイリッシュな雰囲気のインテリアに馴染みます。

さらに、スチール製の本棚は強度が高く、たくさんの本を収納しても棚板がたわみにくいのがポイント。本がたくさんある方や重みのある本を収納したい方は、スチール製の本棚を選ぶのがおすすめです。

設置場所をチェック

本棚を選ぶ際、どこに設置するかは非常に大事なポイントです。狭い部屋に設置する場合は、部屋の使い勝手が悪くならないよう、大きさを考慮する必要があります。圧迫感を抑えるために、低い本棚を選ぶのもおすすめです。

また、リビングなど人目につきやすい場所に置く場合は、デザインをチェックするのも大事。すっきり見える扉付き本棚や、ディスプレイラックなどはリビングに置いても素敵なインテリアになるのでおすすめです。

組み立て式かをチェック

本棚には、完成品と組み立て式のモノがありますが、リーズナブルに購入したいなら組み立て式の本棚がおすすめ。最近は、簡単に組み立てられる本棚や、工具いらずのはめ込み式の本棚などもあり、家具の組み立てに不慣れな方でも安心です。

組み立てが初めての方は、簡単な形状のフリーラックのような本棚が組み立てやすいのでおすすめ。スライド式のような、部品が多く組み立ての手順が複雑なモノは難しいため、避けた方が無難です。可能なら、2人で組み立てを行うと難しい作業もスムーズに進みます。

本棚の種類

オープンラック

By: amazon.co.jp

扉がないので本の出し入れがしやすく、読みたい本がすぐ手に取れるのがメリットのオープンラック。ひと目で棚全体が見渡せるため、何の本を収納しているかすぐにわかるのも魅力です。

本以外にも、お気に入りの雑貨をディスプレイできるなど、自由度が高いのもポイント。背板がないタイプなら前後どちらからも収納でき、部屋のパーテーションとしても使えます。

扉がないのでホコリがたまったり、本が日焼けしてしまったりする点には注意しましょう。こまめに本のお手入れをしたり、カバーをかけるなど日焼け対策をしたりする必要があります。

扉付きラック

大事な本をホコリや日焼けから守りたい方には、扉付きラックがおすすめ。扉付きラックは高級感があるので、リビングなど人目のつくところに置くのにもぴったりです。

また、扉付きの本棚は扉を閉めてしまえば本が見えなくなるため、すっきりと見せられます。生活感を隠せるので、スタイリッシュなインテリアが好みの方にもおすすめの本棚です。

スライド式ラック

By: amazon.co.jp

たくさんの本を収納したい方におすすめなのが、スライド式本棚です。本を収納する部分が2重になっているため、通常の本棚より多くの本が収納できます。コンパクトながらも収納力のある本棚を探している方にぴったりです。

また、スライド式本棚は前面がスライドするため、目当ての本を探しやすいこともメリット。奥に収納した本も取り出しやすく、使い勝手に優れているのが魅力です。

しかし、2重になっていて奥行が浅いので、大判の本を収納するのには不向き。コミックや文庫本などをたくさん収納したい方におすすめの本棚です。

ディスプレイラック

By: amazon.co.jp

フラップ式の扉が特徴のディスプレイラック。扉部分におしゃれな雑誌などを飾ればインテリアのポイントになるので、おしゃれな方に人気の本棚です。お気に入りの本を扉部分に置けば、すぐ手に取れるのもポイント。

フラップ扉を上部に格納できるタイプならオープンラックのようにも使える上、扉を閉めればすっきりと見せられるので、インテリアや使い勝手に合わせてさまざまな使い方ができるのもメリットです。

文庫本ラック

文庫本のサイズに合わせて、奥行が浅く作られた文庫本ラック。通常の本棚だと、文庫本には奥行が深すぎて収納しづらいですが、文庫本ラックなら効率的に収納できます。

奥行が浅い文庫本ラックは圧迫感が少なく、部屋が広く使えるのも嬉しいポイント。大判の本は奥行が足りず収納できないので注意が必要ですが、文庫本や単行本などをメインに収納したい方におすすめの本棚です。

コーナー式本棚

家の中でデッドスペースになりやすいコーナー付近を有効活用できるのが、コーナー式本棚です。コーナーにぴったりと収まるため場所をとらず、効率的に本を収納できます。

コンパクトなので、狭い部屋に本棚を置きたいと考えている方や、もう少しだけ収納をプラスしたい方におすすめの本棚です。

壁面本棚

本好きの方におすすめの壁面本棚。文字通り、壁一面が本棚になるタイプのアイテムです。たっぷり大容量なので、収納したい本がたくさんあっても安心。奥行などをチェックすれば、大判サイズから文庫本までどんな本も1か所にすっきり収納できます。

しかし、壁面本棚は高さがあるため、万が一倒れてくると非常に危険。突っ張り式など、転倒防止の工夫がされているかどうかを必ずチェックするとともに、正しく設置し安全な使用を心がけましょう。

また、さまざまなサイズの本を収納するなら、棚板が自由に動かせるかどうかをチェックするのも大事なポイントです。棚板が動かせれば、無駄なスペースを作らずに本を収納できるため、より使い勝手がよくなります。

押入れ本棚

By: amazon.co.jp

自宅に押入れがある方におすすめなのが押入れ本棚です。押入れ本棚は、押入れに収納できるのが魅力。キャスターが付いているので、サッと本棚を引っ張るだけで本を取り出せます。

使わないときは押入れに入れておけるため、部屋が有効に使えるのも嬉しいポイント。本をキレイに保管できるのもメリットです。押入れは奥行があるので、収納力も良好。たくさんの本をコンパクトに収納したい方にもぴったりです。

本棚のおすすめブランド

ニトリ

By: nitori-net.jp

1967年に創業した「ニトリ」。「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」ことを企業理念とし、インテリアに関連するさまざまなアイテムを取り扱っています。ベッドのような大きい家具から、カトラリーのような細かいアイテムまで揃う豊富なラインナップも魅力。国内にはおよそ550店舗、海外にも多くの店舗を展開しています。

本棚はさまざまなタイプをラインナップ。ベーシックな色使いのモノが多く、インテリアに合わせやすいのが魅力です。

イケア(IKEA)

By: ikea.com

スウェーデンで創業された「イケア」。北欧ならではのシンプルでスタイリッシュなデザインの家具やインテリアアイテムが、リーズナブルな価格で手に入るのが魅力です。

現在は、日本にもいくつかの店舗があり、多くの人々に利用されています。大きな店舗の中では、ショッピング以外にも食事などができるスペースがあり、家族みんなで楽しめる工夫がなされているのも特徴です。

扉付きの本棚や、オープンタイプの本棚などをラインナップ。北欧風のインテリアが好きな方におすすめのデザインが揃っています。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

1947年創業の「山善」。インテリアからエクステリアまで、生活に関わるさまざまな製品を取り扱っているのが魅力です。消費者のニーズをいち早くキャッチし、使いやすい製品を生み出しています。

シンプルなデザインで、機能的な本棚を多く展開しているのが特徴。価格も比較的安いので、気軽に購入できるのもポイントです。

本棚のおすすめ

ニトリ Nクリック ボックス レギュラー3段

By: nitori-net.jp

ネジや工具を使わず、板を差し込むだけでスピーディに組み立てられるのが特徴の本棚。組み立てが苦手な方にもおすすめです。ネジ穴がないので見た目がすっきりします。

棚板は2枚付いており、収納する本のサイズに合わせて高さ調節が可能。デッドスペースが生まれにくいため、効率よく収納したい方にもおすすめです。

カラーはホワイトウォッシュやミドルブラウンなどをラインナップ。部屋を明るく見せたい場合はホワイトウォッシュ、落ち着いた雰囲気にしたい場合はミドルブラウンなど、イメージに合わせて選ぶのがおすすめです。

イケア(IKEA) ビリー オクスベリ

シンプルななかにも、あたたかみが感じられる本棚です。北欧風の家具や、アンティーク調の上品なインテリアに馴染みます。

本がホコリをかぶりにくいよう、扉が付いているのがポイント。扉の上半分はガラスになっているため、おしゃれな本や雑貨などをディスプレイして楽しむのもおすすめです。

内部は棚が6段になっており、たくさんの本もすっきり収納できます。棚板1枚につき耐荷重は14kgで、重い本も安心して収納できる本棚です。

山善(YAMAZEN) マンガぴったり本棚カラーボックス CDCR-9060

漫画や文庫本のような、背の低い本をすっきり収納したい方におすすめの本棚。奥行が約17cmとスリムで、圧迫感が少なく、狭い部屋にも設置しやすいのが魅力です。

棚の内寸は幅56×奥行15×高さ20cmで、コミックなら約160冊、文庫本なら約112冊収納可能。デッドスペースが生まれにくく、限られたスペースに効率よく収納できるので部屋のスペースを有効活用できます。

山善(YAMAZEN) スライド 本棚 CPB-9090SL

たくさんの本を省スペースで収納できるスライド式の本棚。ラックを左右に動かせるため、後ろに収納した本も探しやすいのがポイントです。

文庫本なら約424冊、コミックなら約368冊収納可能。また、15.5cmの奥行があり、CDやDVDも収納できます。たくさんの本やDVDが1か所にまとめられるので、部屋がすっきり片付くのが魅力です。

棚板は2cm刻みで28段階に調節でき、デッドスペースが生まれにくく、効率よく収納できます。部屋の間取りに合わせて、縦にも横にも連結可能。連結パーツが付属しているため、縦に連結した際にも安心して使用できる本棚です。

山善(YAMAZEN) スライド本棚

幅54cmで、部屋のすき間にすっぽりと収まるスリムな本棚。内部には引き出し式のラックが3台入っており、手前に引き出して使用します。たくさんの本をコンパクトに収納したい方や、部屋が狭い方におすすめの製品です。

本が倒れないよう、棚板にディバイダ―が付属しているのが魅力。また、ラックがズレたり転倒したりしないよう、レールが付いているなど使いやすい工夫がなされているのもポイントです。

本がホコリをかぶったり、日焼けしたりする心配が少ないのも嬉しいところ。引き出し式の本棚を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) 押入れ収納ラック CSR-7520

押入れ下段に収納しやすい便利な本棚。押入れを本の収納スペースとして活用できるため、部屋が狭くならず、スペースを有効活用できるのが利点です。奥行は18cmとスリムで、コミックや文庫本などの収納におすすめ。棚板は3枚付いており、収納する本のサイズに合わせて高さを調節できます。

押入れから引き出す際に便利な取っ手が付いているのも嬉しいポイント。取っ手は左右どちらにも取り付けられます。底部にはキャスターが付いており、スムーズに出し入れできるのも魅力です。

山善(YAMAZEN) 回転本棚 DSRR-5

省スペースでたくさんの本が収納できる回転式の本棚。狭い部屋に本棚を設置したい方におすすめです。クルクル回せるので、少ないアクションでお目当ての本が見つかります。

コミックなら約200冊、文庫本なら約240冊ほどの本が収納可能。棚板1枚につき耐荷重は8kgとなっており、ビッグコミックも収納できます。サイズは5段と8段の2種類があり、収納したい本の量に合わせて選べるのも魅力です。

土台が本体よりやや大きめに作られているため、部屋の角や壁沿いに設置してもスムーズに使用できるのがポイント。部屋のスペースを有効活用したい方にぴったりの本棚です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フラップラック FR-F4

おしゃれに本を飾れるフラップ扉の付いた本棚。フラップ扉を閉めれば中が見えず、見た目がすっきりするため、リビングなどに設置するのもおすすめの製品です。

フラップ扉の収納スペースには約2.1cmの奥行があり、写真集のような厚みのある本も置きやすいのが特徴。フラップ扉はディスプレイしたまま開け閉めできるので、使いやすいのもポイントです。

奥行は約33.7cmとスリムで、狭い部屋に設置しても圧迫感が少ないのが魅力。横長に並べてロースタイルで使用するほか、縦にも重ねられるため省スペースでたくさんの本を収納できます。北欧やナチュラルテイストなど、さまざまなインテリアと相性のよい本棚です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) メタルミニ ブックシェルフ MM-B625

スリムなフレームで圧迫感の少ない本棚。耐久性に優れたニッケルメッキの上に、クロームメッキを重ねてサビにくさを強化してあるため、つややかな美しさが長持ちするのが特徴です。

棚板の奥行は約27.5cmで、A4サイズのファイルを収納することも可能。棚板1枚につき耐荷重は約75kgで、重い本や書類をたくさん収納してもゆがみにくく、安心して使用できます。

棚板の周囲には落下防止ガードが付いているため、収納した本が後ろや横に落下しにくく、快適に使用できるのも嬉しいところ。また、棚板の両端にはガイド、中盤にはブックエンドが付いており、背の高い本もしっかり支えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) カラーボックス CX-3C

室内のコーナー部分にぴったり収まる本棚です。デッドスペースになりがちなコーナーを有効活用できる製品。同社が発売している3段のカラーボックスと組み合わせやすく、部屋の間取りにフィットさせやすいのが魅力です。

ソファの近くに配置して、読みかけの本の一時置き場にするのもおすすめ。90°に広がっているため、中に置いた本が手に取りやすいのが嬉しいポイントです。カラーはオフホワイト・ナチュラル・ブラウンなどを展開。どれもインテリアになじみやすいベーシックな色合いです。

クロシオ(KUROSHIO) 本棚 鉄心

壁面を本棚として使えるのが魅力の突っ張り式本棚。連結に7cmの鉄製芯材を使用しており、優れた強度を備えています。

天井近くまで収納として活用できるため、本や雑誌をはじめ、CDやDVDなどさまざまなモノをすっきりと片づけられるのが魅力。また、雑貨などを飾っておしゃれにディスプレイするのもおすすめです。

棚は収納するモノに合わせて、3cm刻みで高さ調節が可能。デッドスペースが生まれにくく、効率よく収納できるのがポイントです。さらに、落下防止バーが付いているため、地震対策ができます。

東洋事務器工業 クールラック

耐久性に優れたスチール製の本棚。棚板1枚につき耐荷重は15kgで、安心してたくさんの本を収納できるのがポイントです。

本製品は、組み立てが苦手な方でも簡単に作業できるボルトレスタイプ。棚板は4.5cm刻みで高さ調節ができるため、収納する本の高さに合わせることが可能です。カラーはクールな雰囲気のブラックと、明るいアイボリーの2種類から選べます。

ぼん家具 押入れ収納ボックス マックス

部屋が狭く、本棚を設置しにくい方におすすめの本棚。押入れに入れやすいデザインが特徴で、散らかりがちな本もすっきりと片付きます。

棚板は4枚付いており、それぞれ収納する本のサイズに合わせて、約3.2cm間隔で高さの調節が可能。棚板1枚につき耐荷重は約8kgで、たくさんの本を収納しても安心です。

底部にはキャスターが付いており、出し入れがスムーズにできるのもポイント。キャスターは5個配置されており、安定感のある使い心地が味わえます。なお、前輪2個にはロック機能が付いているのも嬉しい点です。

ワイエムワールド 表紙が見える絵本棚 あすなろ 00-165

上部がディスプレイスペース、下部がオープン棚になっているのが特徴の本棚。本の表紙がよく見えるので取り出しやすく、絵本の収納におすすめの製品です。

上部のディスプレイスペースは棚と棚の間が7cmあり、厚みのある本も収納可能。また、下部のオープン棚は、高さ約35.5cmと高めに設計されているため、図鑑のような大きめの本も余裕をもって収納できます。

角には丸みをもたせてあり、ケガをしにくいのも嬉しいところ。棚の裏側も美しく加工されているので、部屋の間仕切りとして部屋の中央に配置するのもおすすめです。

コンフォートスタイル(COMFORT STYLE) キャビネット ぺルル120

美しい木目と、スタイリッシュなスクエアデザインが印象的な本棚。おしゃれで高級感があるので、リビングなどに本棚を設置したい方におすすめです。

天板・前面・側面といった、目につく部分にはすべて天然木のツキ板を使用。また、摩耗しやすいエッジ部分には2mm厚の無垢材をはり、強度をアップしているのも特徴です。

扉の取っ手は、外から見えにくいためすっきり仕上がる掘り込み式。スムーズに開閉できるのも魅力です。カラーは重厚さの感じられるコーヒーブラウンや、明るい木目のオークなどを展開。洋室だけでなく、和室に設置するのもおすすめの本棚です。

エアリゾーム(Air Rhizome Interior) 回転式本棚 グローリー

たくさんの本をコンパクトに収納したい方におすすめの回転式本棚。360°回せるので、自分が動かなくてもお目当ての本を探し出せるのが魅力です。幅・奥行42cmのスリム設計で、狭い部屋にも無理なく設置できます。

コミックであれば、約272冊収納可能。棚板は1cm間隔で自由に高さを調節できるため、無駄な空間が生まれにくく効率的に収納できます。本のほか、DVDやCDなどの収納にもおすすめです。

4面のうち2面はディスプレイラックになっており、お気に入りの雑誌や写真集などを飾れるのもポイント。おしゃれな本をディスプレイすればインテリアのアクセントになります。

ジェイケイ・インテリア 奥深型スライド書棚 slider ハイタイプ

高さ179.5cmのハイタイプで、たくさんの本を収納できる本棚です。前にはスライド式の棚が付いており、前後2列で収納できるため、大量の本をすっきりと片付くのが特徴。文庫本やコミックなら約544冊収納可能です。

スライド棚の下部には、本をたくさん収納して重くなってもスムーズに動かせるよう、ローラーやガイドレールが付いており、快適な使い心地。上部には棚が誤って外れないよう工夫がされており、安心して使用できます。

山惣工業 薄型天井つっぱりブックシェルフ

文庫本やコミックなどを収納したい方におすすめの薄型本棚。奥行17cmとスリムで、省スペースなので狭い部屋にも無理なく設置できます。

棚板は1.5cm間隔で高さを調節できるため、デッドスペースが生まれにくく、効率よく収納できるのがポイント。コミックや文庫本なら、約480冊収納できる大容量が魅力です。

上部に付いているボックス部分は完成品で届くため、本体の組み立てだけで済むのも嬉しいところ。負担が少ないので、組み立てが苦手な方にもおすすめです。

Goothings 本棚 扉付

扉の内側にも棚が付いており、省スペースでたくさんの本が収納できる本棚。扉付きの本棚は、本が日焼けしたり、ホコリをかぶったりするのが気になる方におすすめです。

コミックならおよそ416冊を収納可能。本のほか、CDやDVDも一緒に収納できるため、部屋がすっきりと片付きます。扉内側の収納棚には、扉を開閉した際に本が落ちないよう、ストッパーが付いているのもポイント。扉を閉めればすっきりと見えるシンプルなデザインで、リビングなどに設置するのもおすすめの本棚です。

本棚のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

本棚のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。