文庫本やコミックなど多くの本を1カ所にまとめてスッキリ収納できる「本棚」。一人暮らしの部屋では、大きすぎるモノは居住スペースを狭くしたり圧迫感を与えたりするので、部屋に適したサイズの本棚を選ぶことが大切です。

そこで今回は、スペースが限られた一人暮らしの部屋にも設置しやすいおすすめの本棚をご紹介。選び方についても解説するので、ぜひ本棚選びの参考にしてみてください。

一人暮らし向け本棚の選び方

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

一人暮らしの方の本棚選びで重要なポイントとなるのがサイズ。収納性を重視して大きすぎる本棚を選ぶと、部屋が狭くなるうえ、圧迫感が出てしまいます。設置スペースや部屋のレイアウト、収納したい本の量を考慮し、適した本棚を選ぶことが大切です。

横幅のあるワイドな本棚は上にモノを置けて便利。薄型タイプであれば圧迫感が少なく、狭い部屋にもスッキリ設置できます。高さのあるハイタイプの本棚は部屋上部のデッドスペースが有効活用でき、ワンルームなど一人暮らしの部屋を広く使うことが可能。収納力も高いので、本の置き場所が足りない方におすすめです。

収納できる本のサイズや冊数をチェック

By: amazon.co.jp

本棚のサイズだけでなく、収納したい本のサイズや冊数もチェックしておきましょう。文庫本など小さいサイズの本を収納するなら、奥行の浅い薄型タイプの本棚がおすすめ。場所を選ばず設置しやすいのが魅力です。

雑誌や図鑑など大きなサイズの本を収納するなら、高さ・奥行に余裕のある本棚が適しています。文庫本や雑誌などサイズの違う本を1カ所にまとめるなら、棚の高さが変えられる可動棚を搭載した本棚が便利。

下段は大きい本、上段は小さい本とサイズごと分けて収納できるので、スッキリ片付き見た目もキレイです。

本棚によって収納できる冊数が表記されていますが、あくまで目安なので本の厚さなども考慮して選びましょう。また、本をよく購入する方は、冊数が増えることを想定して余裕のある本棚を選ぶのがおすすめです。

奥行があるスライド式なら大量の本を収納できる

By: irisplaza.co.jp

たくさん本を収納したい一人暮らしの方には、奥行のあるスライド式の本棚がおすすめです。本を収納する棚が二重になっているため、コンパクトながら通常の本棚に比べて大量の本を収納できると人気。前面の棚が左右にスライドするため、奥に収納した本が確認しやすく、出し入れも容易です。

ただし、棚板の可動範囲が狭く、各棚の奥行も浅いため、雑誌や図鑑など大判サイズの本の収納には向きません。文庫本やコミック、新書など小さいサイズの本をたくさん収納したい方に適しています。

一人暮らしにおすすめの本棚

ワイエムワールド(YM WORLD) スリム ブックシェルフ シグニット 00-242

インテリアにこだわる方におすすめのおしゃれな本棚です。あたたかみのある木目調の棚板にブラックのスチールフレームを組み合わせたモダンなデザインが魅力。部屋のスタイルや好みに合わせて、オーク・ブラウン・ホワイト・大理石の4色から選べます。

奥行約25cmと薄型のため、スペースが限られた一人暮らしの部屋に設置してもスッキリ見せることが可能です。高さ約101cmと低めの設計であるのに加え、背面と側板のないオープンタイプの本棚で圧迫感が少ないのもポイント。高さやフレームの幅も変えられるので、自由にアレンジしてディスプレイも楽しめます。

各棚板の耐荷重約15kgと頑丈さも備えているので重いものを置いても安心。アジャスター付きで高さが微調整できるため、凹凸のある場所でも安定して設置できます。

白井産業(SHIRAI) アクシアーノ ビンテージ 本棚 AXA-9055

レトロな雰囲気漂うおしゃれな本棚です。本体幅56.3×奥行29.0×高さ89.6cmとコンパクトで、一人暮らしの狭い部屋にも設置しやすいのがポイント。上部に空間が確保できる低めの設計で、圧迫感が少ないのも魅力です。

天板は高さのある側板と背板により、モノを置いても落下しにくい仕様。天板耐荷重15kgと頑丈なので、重量のあるものを置いても安心です。上下で奥行の異なる可動棚を3枚搭載。3cm間隔で高さが調節できるので、文庫本・コミックなどの小さい本から雑誌・図鑑などの大きな本まで、1カ所にまとめてスッキリ収納することが可能です。

可動棚と地板の耐荷重7kgと強度も良好。長く使える頑丈な作りながら手ごろな価格で購入しやすいので、コスパ重視の方におすすめの本棚です。

ジェイケイ・プラン(JK-PLAN) キャスター付き クローゼットラック SGT-0128

設置スペースが限られている方におすすめの押入れ用本棚です。取手とキャスターが付いたワゴンタイプの本棚2個セットで、1台あたりの収納冊数は文庫本・コミックなら約102冊。幅19.5×奥行58.5×高さ65.5cmとコンパクトで、押入れやクローゼットのデッドスペースを有効活用できるのが魅力です。

2段目は可動棚を採用しており、本の大きさに合わせて3.2cm間隔で5段階の高さ調節が可能。最上段に本の落下を防止する専用バーが付いているほか、2個のキャスターにストッパーが付いているなど安全面に配慮された設計です。本棚としてはもちろん、日用品などのストック棚としても活用できます。

ニトリ 本棚 サラ 1940 8843031

スペースが限られた一人暮らしの部屋に設置しやすいスリムな本棚です。本体幅39.2×奥行29cmの省スペース設計で、本棚を設置しても部屋を広く使えるのが魅力。189cmと高さがあるので、部屋上部のデッドスペースを有効活用できます。

側板下部は切り込みが入った巾木よけ仕様のため、本棚と壁の間に無駄な隙間を作らずにぴったり付けて設置できる作りです。

中央は固定棚ですが、上2枚・下2枚は可動式の棚板を採用。上段・下段ともに本のサイズに合わせて、3cm間隔・26段階と細かく高さが調節できます。可動棚のダボに下方から支える受け型タイプを採用しているほか、各棚の耐荷重が約10kgと頑丈なので、図鑑や辞書など重い書籍を収納しても安心。

シンプルでインテリア問わず設置しやすいのもおすすめのポイントです。

山善(YAMAZEN) コミックラック 回転 8段 DSRR-8

デッドスペースになりがちな部屋のコーナーにも設置できる360°回転式の本棚です。回転時に本体が土台からはみ出さないように設計されているため、部屋の角にぴったり設置しても回転させることが可能。本体外寸幅45×奥行45×高さ182.5cmとスリムで省スペースに設置でき、部屋を広く使えるのが魅力です。

雑誌や図鑑など大きな本は収納できませんが、青年漫画などB6判までの本に対応しています。収納スペース4面8段の大容量タイプで、文庫本なら約384冊、コミックなら約320冊まで収納可能。各棚板の耐荷重8kgと十分な強度も備えています。

たくさんの本が収納できるスリムな本棚を探している一人暮らしの方におすすめです。

アーネ(arne) 本棚 ロータイプ スリム H-001

正方形の形がおしゃれな本棚。オープンラックなので本を並べるだけでなく、観葉植物や時計などの小物を置くことで見せる収納としても利用可能。均等に配置された縦板に加え、可動式の8枚の棚板は3.2cmずつ細かく高さの調節ができるので、自分の好みの収納ができます。

全体のサイズは幅98.2×奥行22×高さ98cmなので、一人暮らしの部屋でも省スペースで設置が可能。形もシンプルなので、部屋のインテリアにもマッチしやすいのでおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コミックラック スライドダブル CSD-9090

省スペースに多くの本を収納できる一人暮らしにおすすめのスライド式本棚。棚が二重になっており、本体約幅90×奥行29.1×高さ92.2cmとコンパクトながら収納力に優れているのが特徴です。前面2つの棚は左右に動かせるため奥に収納した本が確認しやすく、出し入れしやすいのがポイント。

文庫本・コミックの1段あたりの収納冊数は、奥の棚約60冊、スライド棚約17冊とたっぷり収納することが可能です。各棚の中央は固定棚ですが、上下には可動棚を採用。本のサイズに合わせて約3cm間隔と細かく高さが調節できます。

スライド棚の下部に2つのキャスター、上部には脱線を防ぐ固定ピンを搭載。多くの本を収納して重量がかさんでも、スムーズにスライドできます。インテリアを損なわずに設置できるシンプルなデザインも魅力。

1台では足りないという方は、2台の本棚を連結して使うのもおすすめです。

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) つっぱり式 本棚 カレブ air-ar-sbr02

背の高いハイタイプながら背板・側板がなく、開放的な壁面収納ができる本棚。本体約幅60.5×奥行24.5cmとコンパクトで、壁際のちょっとしたスペースに設置できます。天井の高さに合わせて210〜260cmの間で調節が可能。

横揺れや転倒を防ぐ突っ張り式のため、地震対策にも役立ちます。傷や水に強く汚れが付きにくい仕様で、長くキレイに使えるのもポイントです。

文庫本約240冊、コミック約176冊、ハードカバー約96冊まで収納可能。設置スペースを抑えながら、大量に本を置けるのでおすすめです。可動式の棚板が8枚付いており、本の大きさに合わせて10cm間隔で16段階に調節できます。

あたたかみのある木目模様にホワイトフレームを組み合わせた清潔感のあるデザインも魅力です。

ロウヤ(LOWYA) ブックシェルフ F506-G1011-100

インテリアに調和しやすい、シンプルかつナチュラルなデザインが魅力の本棚です。本体幅60×奥行22×高さ180cmと使いやすい適度なサイズで、一人暮らしの部屋にも設置しやすいのがポイント。

収納したものが確認しやすいオープンシェルフタイプで、見せる収納として観葉植物やお気に入りの小物などを飾るのもおすすめです。

棚板は全て可動式のため、収納したい本のサイズに合わせて、3.2cm間隔で高さの調節が可能。文庫本などの小さい本から雑誌などの大判サイズの本までまとめて収納できます。耐荷重は天板約5kg、棚板約5kgと頑丈さも備えているので、本をたくさん収納して重量がかさんでも安心です。

ぼん家具 伸縮式 本棚 LRA001188

天井までたっぷり収納できる突っ張り式の本棚です。天井の高さに合わせて約189~289.5cmの範囲で調節でき、本体の収納部分も約183.3〜260cmに変わります。約189cmで設置した場合は7段、約289.5cm時は9段になり、コミックなら最大約307冊まで収納可能です。

幅60×奥行19cmで一人暮らしの狭い部屋にも設置しやすく、オープンタイプなので開放感が生まれるのも魅力。各棚板には蜂の巣のように六角形が繋がった「ハニカム構造」を採用しています。約2cmと厚みがあり、耐荷重10kgと強度を備えているのがポイントです。

可動棚が5枚付いており、本のサイズに合わせて約3.2cm間隔で高さが調節できます。巾木よけ仕様のため壁との間に無駄なスペースを作らずに、ぴったりと設置が可能。デッドスペースが有効活用できる一人暮らしにおすすめの本棚です。

本棚のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

本棚のAmazonと楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。