料理にコクや風味をプラスするのに便利な「三温糖」。佃煮や味噌を使った料理をはじめ、お菓子作りやドリンクの甘み付けにも幅広く使用できます。さらに、煮物に使うとテリが生まれ、見た目もワンランク上に仕上がります。

今回はおすすめの三温糖をご紹介。商品によっては、栄養素を加えたり、砂糖の使用量を抑えられたりするように工夫しているモノもあります。ぜひシチュエーションに合わせた商品を選んでみてください。

三温糖とは?

By: yamaguchiseito.co.jp

三温糖は分蜜糖と呼ばれる砂糖の1種です。もともとは、砂糖の汁を3回煮詰めて作ることから、三温糖という名前がついたといわれています。分蜜糖とは、遠心分離操作などで砂糖の結晶と蜜を分離したモノ。上白糖を作る際に出た液をさらに煮詰めていくことで三温糖が生まれます。

不純物を除いた無色透明の糖液は、加熱の過程でカラメル化することによって、褐色味を帯びた色合いに変化していきます。また、微量に含まれるミネラル分により、コクのある甘さと特有の風味を持っているのも特徴です。

用途としては、煮物・漬け物・味噌料理などと相性がよいといわれているほか、お菓子作りやコーヒー・紅茶といったドリンクの甘み付けにも適しています。日々の料理をひと味違った雰囲気に仕上げたい方におすすめの砂糖です。

三温糖と上白糖やグラニュー糖との違い

By: pearlace.co.jp

三温糖・上白糖・グラニュー糖は、いずれもサトウキビやてんさいから作る砂糖です。まず、原料の糖液から不純物を取り除き、煮詰めて濃縮したモノを結晶と蜜に分離します。結晶化したモノから不純物を取り除いて作られるのがグラニュー糖、残った蜜をさらに煮詰めて作られるのが三温糖です。

また、上白糖は途中まではグラニュー糖と同じ工程で製造されますが、乾燥させる際にブドウ糖と果糖を混ぜた転化糖をふりかけることで、湿度を保持したまま仕上がるのが特徴。褐変反応が起きやすく、焼き色が付きやすい性質もあります。

同じ砂糖の仲間でも、それぞれ少しずつ異なる特徴を持っているので、シチュエーションに合わせて使い分けるのもおすすめです。

三温糖の選び方

甘さが気になるなら原材料をチェック

By: rakuten.co.jp

三温糖は商品によって添加物を加えて味を調節しているモノがあります。プラスされる添加物によっては、甘さの感じ方が異なってくることもあるので、購入前に原材料をチェックしてみるのがおすすめです。

また、原料がサトウキビ由来かてんさい由来かでも甘さは異なります。サトウキビはコクのある甘さ、てんさいは上品な甘さが特徴です。商品によって使われている原料が明記されている場合もあるので、確認してみてください。

カラメル色素で着色されていないかチェック

三温糖にはカラメル色素を使用した商品もあります。通常、三温糖は加熱の過程で自然と色付くのが特徴です。

しかし、なかには色付きを均一にするために、カラメル色素を使って品質を安定させているモノも。カラメルは砂糖を原料としたモノですが、添加物が気になる方はカラメル色素無添加を謳っている商品を選ぶのもおすすめです。

三温糖のおすすめ

パールエース(PEARL ACE) 三温糖

何度も加熱して作られた、独特の風味を持つ商品です。強い甘さとコクを楽しめるのが魅力。黄褐色の色合いは、カラメル化によるモノです。

内容量は1kgで、カロリーは100gにつき382kcal。煮物や佃煮のほか、味噌を使った料理などにおすすめです。料理にテリを出す効果も期待できるので、味も見た目もひと味違う仕上がりを目指したい方は試してみてください。

三井製糖(Mitsui Sugar) 三温糖

強い甘みでおいしく仕上げられる「スプーン印」の三温糖です。コクのあるやさしい風味と、食欲をそそる薄茶色が特徴です。

煮物・照り焼き・酢の物・漬物作りにおすすめ。内容量は1kgで、カロリーは100gにつき約380kcalです。

三井製糖(Mitsui Sugar) 1/2三温糖

普段使用する砂糖の半分の使用量で、砂糖のおいしさをそのまま楽しめると謳われている三温糖。三温糖をベースに、甘味料のアセスルファムカリウムとステビアをプラスしているのが特徴です。さらに、甘さの質を高める役割をする「糖転移ビタミンP」も添加。「糖転移ビタミンP」は、みかんの皮などから抽出される成分で作られています。

使用の際は、通常加える量の砂糖に対して半分の量で試してみるのがおすすめ。ただし、焼き菓子の場合、砂糖の量が少なくなることで、生地のふくらみ・成型具合が、通常の砂糖と異なる場合があるので注意が必要です。

内容量は250gで、カロリーは100gにつき396kcal。使いやすいチャック付きで、保存にも便利です。

三井製糖(Mitsui Sugar) かしこいかあさんの三温糖

牛乳生まれの「乳清焼成カルシウム」を豊富に配合した三温糖です。乳清焼成カルシウムは、ミルクを原料に高温で焼成して作られる天然カルシウム。さらに、砂糖を特別な製法で加熱して作ったメーカー独自の素材「焙焼蜜」を加えて、深いコクと香りが生まれているのも特徴です。

内容量は400g。カロリーは100gあたり379kcal、カルシウムは264mgです。なお、砂糖を多めに使う調理では、カルシウム成分が白濁・沈殿することがあるため、あらかじめ留意しておきましょう。
・1袋

・10袋

ムソー(MUSO) 三温糖

なめらかな質感で使いやすく、コクのあるやさしい風味が魅力の三温糖です。おやつをはじめさまざまな料理に使える便利な砂糖。カラメル色素は使用していません。コクと強い甘さを出せるので、煮物や佃煮などに使うのもおすすめです。

内容量は1kg。カロリーは100gあたり390kcalです。原料糖は、サトウキビやてんさい由来のモノを使用しています。
・1袋

・2袋

ムソー(MUSO) 鹿児島県産三温糖

カラメル色素を加えず、昔ながらの独自製法で作られた三温糖。原料糖以外にはなにも加えていない、自然な色合いや風味が特徴です。

内容量は500g。カロリーは100gあたり396kcalです。甘さがまろやかで、コーヒーや紅茶のようなドリンクから、ジャム作り、パン作り、ケーキなどのお菓子作りまで、幅広く使えます。

伊藤忠製糖(ITOCHU SUGAR) 三温糖

サトウキビ本来の風味を残しながら製造している三温糖です。グラニュー糖や上白糖に比べて還元糖と灰分が多く、特有の風味と色を持っているのが特徴。また、カラメル色素は使用していません。コクを出したい煮物や佃煮に適した砂糖です。

カロリーは100gあたり397kcal。天然素材をそのまま活かして作られているので、食品添加物などが気になる方におすすめです。

日新製糖(Nissin Sugar) 三温糖

ティーカップのロゴが印象的な「カップ印」ブランドの三温糖です。カラメル色素によって色づけられています。甘味も強く独特のコクがあるので、料理からお菓子作りなどに幅広くおすすめです。

内容量は1kg。カロリーは100gあたり383kcalです。

山口製糖 料理党

南国の太陽と大地の恵みを受けて育った原料糖の三温糖です。素朴な風味・旨味を含んだ原料糖は、精製をひかえて作られているのが特徴。肉・魚・野菜のくさみをとると謳われており、豊かなコクのある甘さが料理にもぴったりです。食材の冷凍臭を抑える効果も期待できます。

内容量は500g。業務用サイズで20kgの商品も展開されています。また、製造から包装まで、ひとつひとつに人の手を入れてていねいに仕上げているのも魅力です。

・10袋

大東製糖 さとうきび三温糖 家庭用

通常の三温糖とは異なり、サトウキビの蜜分を含ませる製法で作られている商品。ミネラルを含む蜜分を取り除く製法を用いないことで、サトウキビ原料のミネラルと風味を残して仕上げているのが特徴です。素材の味を活かすコクのある甘さを楽しめます。

また、チャックが付いており保存の際便利なのもポイント。素材の味が活きた三温糖を使ってみたい方はぜひチェックしてみてください。

・1袋

・10袋

恒食(KOSHOKU) 種子島産三温糖

鹿児島・種子島産サトウキビを使って作られた三温糖です。風味・旨味・ミネラル分を残すために原料糖の精製を抑え、昔ながらの大釜で炊き上げているのが特徴。色付けをしていない自然な色合いも魅力です。

内容量は500g。コーヒーや紅茶などのドリンクや、煮物・煮豆・ケーキなど幅広い料理に使えます。

・6パック

フジ日本精糖 三温糖

蜜分を多く含んだ特有の風味と強い甘さがある三温糖です。同メーカーは「お砂糖から広がる豊かな暮らしをサポート」を経営理念に掲げています。黄褐色で細かくなめらかな食感も特徴。煮物や佃煮など、強い甘さとコクをつけたい料理にぴったりです。

内容量は1kg入りの家庭用と、30kg入りの業務用が展開されています。カロリーは100gあたり383kcalです。

三温糖の売れ筋ランキングをチェック

三温糖のランキングをチェックしたい方はこちら。