部屋のゴミやほこりを吸い取り、室内を清潔に保つための必須アイテムである「掃除機」。国内外のさまざまなメーカーが製品を販売しています。しかし、いざ購入するとなるとあまりの選択肢の多さに迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

本記事では、国内の大手家電メーカー「三菱」の掃除機について詳しく解説。自分に合った一台を見つけるためのポイントもご紹介するので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

三菱の掃除機の特徴

By: mitsubishielectric.co.jp

三菱の掃除機の大きな特徴が、高い吸引力と軽量なボディ。女性や子供でも扱いやすい重量ながら、パワフルにゴミやほこりを吸い取ります。

また、ほとんどの掃除機の持ち手やブラシ部分に抗菌加工が施されているのも嬉しい点。衛生面が気になる方やペットのいる家庭でも安心して使用できます。

ほかにも、キレイな排気を放出するためのフィルター機能やゴミが絡まりにくい様式の新開発ヘッドなどを搭載しているのもポイントです。

三菱の掃除機の選び方

本体の種類をチェック

コードレススティックタイプ

By: mitsubishielectric.co.jp

コードレススティックタイプの掃除機は、コンセント不要で持ち運びやすく、狭いスペースでも使用できる便利なモデル。コンパクトな形状で収納場所に困らないため、一人暮らしの方にもおすすめです。

使用時に電源につなげる必要がなく、部屋の外で使える点も魅力のひとつ。砂ぼこりがたまりやすい車の中やベランダの掃除にも向いています。

三菱の掃除機には高性能なバッテリーが採用されているため、コードレスでも吸引力の低下が少ないのも嬉しいポイント。長時間の使用が可能です。

キャニスタータイプに比べてサイズが小さく軽いので、階段やちょっとしたすき間のゴミを取るのにも適しています。気軽に使えて汎用性が高い掃除機です。

キャニスタータイプ

By: mitsubishielectric.co.jp

掃除機本体とヘッド部分が分かれたキャニスタータイプは、安定したパワーと大容量のダストカップを備えたモデルです。

本体を床に置く必要があるので、フローリングや畳への影響が気になるところですが、三菱のキャニスター式掃除機は軽量かつコンパクト。掃除機の重みやキャスターによって床面が劣化する心配を低減できます。

スティックタイプの掃除機よりも一度に集められるゴミの量が多いので、広い室内や一軒家での使用にもぴったり。ゴミ捨ての手間を省いて効率のよい掃除が可能です。

集塵方法をチェック

サイクロン式

By: mitsubishielectric.co.jp

サイクロン式掃除機の大きなメリットが、ゴミ捨てにかかる費用が少ないこと。フィルターを使用せず、吸い取ったゴミだけをダストカップにためる仕組みなので、ランニングコストを抑えられます。

三菱の掃除機にはダストカップやサイクロンボックスを丸洗いできる仕様の製品も。清潔な状態をキープしやすいのが特徴です。

また、吸引時にゴミと空気が素早く分離されるので、紙パック式に比べて排気にほこりが混ざりにくいのもメリット。窓が小さい室内や梅雨時など、換気が難しい場面での使用にも向いています。

紙パック式

By: mitsubishielectric.co.jp

ほこりに敏感な方や掃除機本体の手入れを簡単に済ませたい方には、紙パック式の掃除機がおすすめ。紙パック式では吸い取ったほこりがそのままフィルターに吸着されるため、ゴミ捨て時にほこりが舞い散るリスクを減らせます。

また、ダストカップ内部に直接汚れが付着しない点もメリット。掃除機本体に汚れがこびりつきにくく、お手入れがより楽になります。

紙パックの費用を節約できる大容量のダストカップを搭載する製品もラインナップ。コストを抑えられるだけでなく、交換にかかる時間を短縮して掃除の効率化をサポートします。

シリーズをチェック

iNSTICKシリーズ

By: rakuten.co.jp

iNSTICKシリーズは、スタイリッシュで扱いやすいデザインが特徴のコードレスタイプのスティック掃除機。標準的な機能を備えたスタンダードタイプと、より高性能でアタッチメントも豊富なプレミアムタイプの2種類が販売されています。

スタンドが充電装置の機能も兼ねており、本体をスタンドの上に置くだけで自動で充電がスタート。バッテリー切れの心配が少ないのも嬉しい点です。

スタイリッシュな外観は実用面でのメリットも豊富。本体とパイプが平らにつながる「フラットヘッド」デザインによって、高さ約6cmまでのすき間にスムーズに潜り込みます。

どちらのタイプも吸引部分が長いスティッククリーナー、吸引部分が短いハンディクリーナーの2つの用途で使用が可能。切り替える方法も非常に簡単で、汎用性が高いシリーズです。机の上から戸棚の奥まで、室内のさまざまな場所の掃除に活躍します。

Be-Kシリーズ

By: mitsubishielectric.co.jp

三菱のBe-Kシリーズは、キャニスタータイプには珍しい超軽量ボディが特徴のモデル。集塵方法はサイクロン式・紙パック式の2通りから好みに合わせて選択できます。コンパクトな見た目ながら高い吸引力を備えているのも魅力。三菱独自の技術で、微細なゴミまで逃さず部屋をきれいにします。

掃除機本体に取り付ける排気フィルターには、炭が練りこまれた布地や水洗いできる素材が採用されているので、ほこりやにおいに敏感な方でも安心して使うことが可能。子供やペットがいる家庭にもおすすめのシリーズです。

また、一部の機種には「らくリーニングヘッド」「毛がらみ除去機能」などの優れた工夫も搭載。掃除機本体の手入れを楽にできるため、室内の掃除に集中して取り組めます。

ヘッドをチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

掃除機のヘッドは、ゴミの吸い取りやすさや手入れしやすさに関わる重要な部分。三菱の掃除機には、ヘッド内部にモーターが内蔵されているパワーブラシタイプ、モーターがなく風の力でほこりを吸い取るタービンブラシタイプの2種類が存在します。

パワーブラシタイプは吸引力が高い反面、ヘッド部分の重量が重く腕の負担が大きい点がデメリット。タービンブラシタイプは軽量で安価なものが多いのが特徴です。

ヘッドが入り込める高さもチェックすべきポイント。ヘッドの形状や大きさによってはソファやベッドの下などの狭いすき間に入らないこともあるため、注意が必要です。

三菱の一部の製品に搭載されている「自走式パワーブラシ」は、モーターがブラシ部分を自動で回転させる仕様のため、軽い力で操作が可能。床の上をスムーズに移動できるので、広い室内や長時間の掃除にも重宝します。

重量とサイズをチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

掃除機を選ぶ際には重量とサイズもチェックすべきポイント。三菱の掃除機は重量が軽いのが特徴ですが、なかでも、スティックタイプのクリーナーはキャニスタータイプに比べて軽量です。

サイズが小さいスティックタイプは、狭い収納スペースや部屋の隅に気軽に置いておけるのも嬉しい点。置き場所に悩む時間を短縮できます。

また、本体にたまったゴミを捨てるのが面倒な方は、ダストカップのサイズが大きいキャニスタータイプの掃除機を選択しましょう。一度に多くのゴミを収容できるため、ゴミ捨てにかかる手間を削減できます。

三菱のキャニスタータイプの掃除機は、本体に持ちやすいハンドルが取り付けられているのも特徴。手軽に持ち運べるため、段差や階段が多い家でも快適に使用できます。

吸引力をチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

掃除機の吸引力を表す指標のひとつが、吸込仕事率。数値が大きいほど吸引力が強いことを示します。より強力なパワーを求める方には、吸込仕事率が500Wクラスの製品がおすすめです。

また、吸込仕事率以外にも本体の種類や給電方法が吸引力に影響を及ぼします。モーターが大きいキャニスタータイプの掃除機は、小型のスティックタイプ掃除機に比べて高い吸引力を発揮します。

給電方法では、安定した吸引力を求める方にはコンセント式がとくにおすすめです。常時コンセントから電気が供給されるため、バッテリー式に比べて強い吸引力が持続します。

三菱の掃除機のおすすめ

三菱電機(MITSUBISHI) iNSTICK ZUBAQ HC-JM2A

コードレススティックタイプのスタンダードな掃除機です。ブラシ・パイプ部分を含めた総重量は、約1.9kgと非常に軽量。思いついたときに気軽に掃除を始められます。また、本体の置き場所に困らないのも優れた点。落ち着いたワインレッドの色合いとスマートな外観は、さまざまな部屋の雰囲気に馴染みます。

製品の開発には三菱独自の技術が活用されており、モーター部分の回転数は1分間で最大125000回。モーターが小さいスティックタイプの掃除機にありがちな吸引力不足の心配が軽減できます。

充電時間が短く、バッテリーの持ちがよいのも嬉しいポイント。約70分の充電で最大40分間の連続使用が可能です。リビング・キッチン・廊下など家のさまざまな場所のゴミを一度に回収できます。

三菱電機(MITSUBISHI) iNSTICK ZUBAQ HC-JD2A

シルバーの本体が特徴的なプレミアムタイプのコードレススティック掃除機です。掃除をより快適にするための複数の付属品や機能が備えられています。

とくにおすすめの機能が「パワーシフト(自動運転)モード」です。床の材質を自動で検知し、フローリングやカーペット、畳など素材によって吸引力を最適な強さに調節。自分で掃除機のモードを切り替える必要がないので、掃除の時間を短縮できます。

また、「らくリーニングスタンド」を付属しているのもポイント。掃除中にブラシについたゴミやほこりを自動で除去します。汚れがちな掃除機のヘッド部分を清潔に保ちやすいのが魅力です。

アタッチメントとして付属するふとんクリーンブラシやロングホースも役立つアイテム。本体に取り付けることで寝具やエアコン上部のお手入れにも活躍します。

三菱電機(MITSUBISHI) Be-K TC-ED2B

By: mitsubishielectric.co.jp

軽量ボディが嬉しいキャニスタータイプの掃除機です。サイクロン式なので、吸引力が長時間持続しやすいのもポイント。強力な遠心力を利用して、たくさんのゴミを吸い取ります。ダストカップだけでなくサイクロンボックスまで丸ごと水洗いできるので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

掃除機のヘッド部分には「壁ぎわスッキリバンパー」機能を搭載。ヘッドと壁が密着するので、ゴミを取り残す心配を低減できます。回転ブラシは横に引くだけで取り外せるため、日々のお手入れも簡単です。

排気をきれいにするためのフィルターには、ティッシュペーパーを取り付けることが可能。便利な「ティッシュdeガード」機能によってフィルターのお手入れ回数を削減できます。4層のフィルターのうち3層は水洗いでき、きれいな排気を保ちやすい点も魅力的です。

三菱電機(MITSUBISHI) Be-K TC-FJ2B

By: mitsubishielectric.co.jp

コンパクトなボディの紙パック式キャニスターモデル。最大500Wの強力な吸引仕事率が魅力の掃除機です。ブラシには、空気を吸い込んでゴミを除去するタービンブラシタイプが採用されています。

また、ヘッドの部分には拭き掃除に適した2種類の毛が用いられている点も特徴。雑巾やフローリングワイパーの使用頻度を減らしつつ、きれいな室内をキープできます。

排気に含まれるほこりを取り除くためのフィルターは全部で5つ。一部のフィルターは水洗いも可能です。多くのフィルターを用いることで0.5μm以上のゴミを99%以上吸着できると謳われています。

三菱電機(MITSUBISHI) Be-K TC-FM2B

さわやかなブルーが印象的な紙パック式掃除機です。ヘッド部分には自動走行機能が備わっているため、軽い力で部屋を掃除することが可能。持ちやすく方向転換が容易な「かるスマグリップ」との相乗効果で快適な操作性を実現します。

ハンドルとブラシに抗菌加工が施されているのも嬉しい点です。ブラシの毛には「アレルパンチ植毛」が用いられており、ダニの死骸や花粉、ハウスダストなどを除去する効果が期待できるとされています。

コンパクトな本体ながら、1.5Lの大容量ダストカップを備えている点も魅力。ゴミ交換の回数を削減したい方や、紙パックの費用を節約したい方におすすめの掃除機です。

三菱電機(MITSUBISHI) Be-K TC-FD2B

さまざまな機能が備わった高性能の紙パック式キャニスター掃除機。ゴールドカラーの本体が華やかな雰囲気を演出します。本体質量は約2.4kgと軽量で、力に自信がない方でも使いやすい仕様なのも嬉しいポイントです。

ヘッド部分には「らくリーニングヘッド」という特殊構造を採用。ヘッドの内部に汚れを除去するプレートが取り付けられており、部屋の壁にヘッドが当たることでプレートがブラシに付いたほこりを自動で取り除きます。

また、付属のアタッチメントも非常に便利です。2WAYで使えるロングノズルは、カーテンサッシや壁と家具のすき間など手が届きにくい場所の掃除で活躍。ノズルの角度は簡単に変えられるため、部屋の四隅にたまったほこりまで逃さずきれいに吸い取ります。

三菱の掃除機の売れ筋ランキングをチェック

三菱の掃除機のランキングをチェックしたい方はこちら。