バッティンググローブは、野球の練習や試合で欠かせないアイテムです。バットをスイングする際、バッティンググローブを装着することで、高いグリップ力が得られます。しかし、バッティンググローブを検討するにも、さまざまなメーカーやモデルがあるため、どれを選べばよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バッティンググローブのおすすめ品と選び方についてご紹介します。

バッティンググローブを使うメリット

By: amazon.co.jp

バッティンググローブを使うメリットは、滑り止め効果と手を保護できる点です。バットをスイングする際に手が滑ってしまうと力が逃げてしまい、思うようにボールを打てません。

特に木製のバットはグリップテープがなくて滑りやすいので、バッティンググローブを装着する方も多い傾向。金属バットはグリップテープが巻かれているので、バッティンググローブを用いることで二重の滑り止め効果が得られます。

また、バットを繰り返しスイングしていると、手とグリップの摩擦から手にマメができてしまうもの。最大限のパフォーマンスを発揮するためにも、バッティンググローブを装着して摩擦を軽減するのがおすすめです。

ほかにも、デッドボールやバッティングの芯を外したときの、手の痛みを和らげる効果も期待できます。

バッティンググローブの選び方

両手用か片手用かで選ぶ

By: amazon.co.jp

バッティンググローブは、両手用と片手用をラインナップしています。両手用は左右のグローブがセットになっているので、両手でグローブを装着したい方におすすめ。左右ともにバッティンググローブを装着することで、両手の保護ができるほか、しっかりとグリップできるようになります。

片手用は、バットを左右どちらかの手が素手の状態で握るため、手の感覚を重視したい方におすすめです。片手で装着する場合は、基本的に右バッターなら左手、左バッターなら右手に装着します。

素材で選ぶ

合成皮革

By: amazon.co.jp

バッティンググローブの素材は、合成皮革と天然皮革の2種類があります。合成皮革のバッティンググローブは、本物の革製品ではなく、ポリエステルやナイロンに、ポリウレタン樹脂などの表面コーティングを施したモノです。合成皮革は耐久性に優れているほか、水洗いできるモノもあり、長期間愛用できます。

また、メッシュ素材で夏場も快適なモデルや、伸縮素材を用いてフィット感を高めているモデルなど、あらゆる機能を備えたバッティンググローブを多くラインナップしているのも特徴です。

コストパフォーマンスもよく、部活動で頻繁に練習を行う方だけでなく、カジュアルに野球やソフトボールを楽しみたい方にも適しています。

天然皮革

By: amazon.co.jp

天然皮革のバッティンググローブは、主に羊革を用いて作られたモノで、吸い付くようなフィット感を得られるのが特徴。高いグリップ力を備えながらも、素手に近い感覚が得られるので、繊細なバットコントロールを重視する方におすすめです。

ただし、天然皮革は汗や水に弱く、合成皮革に比べて耐久性とコストパフォーマンスも劣る場合がある点には注意が必要。予算があり、なおかつ高いフィット感を重視したい方は、ぜひ検討してみてください。

自分に適したサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

バッティンググローブのサイズは、大きすぎない、ぴったりのモデルを選ぶようにしましょう。バッティンググローブを装着した際、手を開いたときと握ったときで軽くつっぱり感があるのが目安です。

しっかりとグリップするには、バットとバッティンググローブだけでなく、バッティンググローブと手のひらも密着していなければなりません。サイズが大きすぎると、バッティンググローブと手のひらが密着しにくく、スイングの際に余計な力が入ってしまいます。

中学生・高校生はカラーに注意

By: rakuten.co.jp

中学生、または高校生は、バッティンググローブのカラーに注意してください。日本高等学校野球連盟では、「色は黒もしくは白とする。商標は手袋の素材と同色のものを表面の1箇所のみに表示することとし、その大きさは7平方センチ以下とする」との規約があります。

日本リトルシニア中学硬式野球用具の規約においても、バッティンググローブのカラーは、「色は、黒、白、紺もしくは赤をベースに2色までのものとする」と記載。公式戦でバッティンググローブを使用したい方は、事前に規約を確認してから選ぶようにしましょう。

バッティンググローブのおすすめメーカー

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

ミズノは、大阪と東京に本社を構えている日本のスポーツ用品メーカーです。野球に関する製品は、グローブやバット、シューズなど豊富な種類をラインナップしています。

ミズノのバッティンググローブは、スイングのパワーロスを抑えた「パワーアーク」、素手の感覚に近い状態でスイングできる「モーションアーク」をラインナップ。ジュニア向けや高校野球対応モデルも多く取り扱っています。

アンダーアーマー(Under Armour)

By: amazon.co.jp

アンダーアーマーは、アメリカのボルチモアに本社を構えるスポーツ用品メーカー。コンプレッションウェアをはじめとした、高機能なウェアを多くラインナップしています。

アンダーアーマーのバッティンググローブは質感がよく、快適な付け心地が魅力。ストレッチ性があるので、動きやすさも良好です。プロ仕様のモデルから初心者向けのモデルまでラインナップしており、それぞれの環境に応じたタイプを選べます。

フランクリン(Franklin)

By: amazon.co.jp

フランクリンは、多くのプロ野球選手が愛用するスポーツ用品ブランドです。フランクリンのプロクラシックモデルは、メジャーリーグの公式バッティンググローブとされており、高い品質から人気があります。

種類こそ少ないものの、どのモデルも機能性に優れているのが特徴。快適な付け心地でトレーニングに集中しやすいのが魅力です。

バッティンググローブのおすすめモデル|一般用

ミズノ(Mizuno) ミズノプロ シリコンパワーアークLI 両手用 1EJEA096

スイング時のパワーロスを最小限に抑えられるバッティンググローブ。グリップを握るときに重要な中指・薬指・小指をサポートする「シリコンパワーアークライン」を配置しているのが特徴です。

手のひら部分には、ウォッシャブル加工を施した「ダイヤエンボスシープレザー」を採用。さらに、ロジンテック加工を加え、雨天時のウェットな環境や汗による滑りにも負けない優れたグリップ力を発揮します。

手首部分には、専用のワイドロングベルトを採用。手首をしっかりとガードします。

ミズノ(Mizuno) ミズノプロ モーションアークSF 両手用 1EJEA097

素手感覚に近いバッティング用グローブ。グリップを握る際の皮膚の変形に対応するカッティングと、伸縮素材の配置によって快適な着用感を実現しています。

手のひらや指マチ部分には、柔らかくて軽い羊革を採用。包まれるような感覚を得られます。

また、立体的な形状を採用し、手のひら部分のシワを軽減させることで、手と手袋の一体感を高めているのもポイント。フィット感に優れたモノを探している方におすすめです。

アンダーアーマー(Under Armour) UAハーパー プロ バッティンググローブ

良質な羊革「カブレッタレザー」を採用したバッティンググローブです。エンボス加工を施した手の甲部分は4方向へ伸縮するため、動きやすさも良好。手の違和感を軽減し、快適な使い心地を得られる製品です。

また、手首部分はネオプレーン素材を使用し、手首を快適に動かしやすいのもポイント。着用感に優れたバッティンググローブを探している方におすすめです。

アンダーアーマー(UNDER ARMOR) UAアンディナイアブル プロ バッティンググローブ 1364494

手の構造に沿って立体成型されたバッティンググローブです。フィット感の高さが特徴。また、「ドラゴンエンボスレザー」を採用し、グリップ力に優れているのも魅力です。

手の甲には伸縮素材を使用。着用時に手を動かしやすいのもメリットです。

アンダーアーマーのワンポイントと金色の装飾を施したデザインもポイント。目立つデザインが好みの方におすすめのバッティンググローブです。

フランクリン(Franklin) パワーストラップ クローム

プレミアムなシープスキンレザーを採用したバッティンググローブ。柔らかさやしなやかさに優れているのが特徴です。

手首をサポートする「パワーストラップテクノロジー」を搭載しているのも魅力。グローブがズレにくく、フィット感も良好です。

また、手のひらに継ぎ目のない1枚構造を採用しているため、破れに強く、耐久性が高いのもポイント。デザイン性にも優れており、見た目を重視する方にもおすすめです。

フランクリン(Franklin) Shok-Sorb X

手のひら部分に「Shok-Sorb」パッドを配置したバッティンググローブ。ボールを打ったときの手に伝わる衝撃を緩和しやすいのが特徴です。特に、冬の練習におすすめ。また、さまざまな天候でグリップ力を維持しやすいのもポイントです。

手の甲側にはメッシュを採用。通気性に優れているのも魅力です。練習から試合まで幅広く使えるモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アディダス(addidas) バッティンググラブ TOP1 LBG002

破れにくいスーパーソフトシープレザーを使用したバッティンググローブ。摩耗しやすい部分は、耐久性とグリップ力に優れた「KOMA TOUGH」素材で補強しています。

小指も握りやすいように、「マイクロフィット3D構造」を採用しているのが特徴。手の甲部分に、アディダス特有の3本線のロゴマークをあしらっているのもポイントです。

エスエスケイ(SSK) プロエッジ 一般用シングルバンド手袋 両手 EBG5002W

滑りにくいバッティンググローブ。手のひら側に、ハイグリップタイヤをモチーフとしたエンボスパターンを採用しているのが特徴。さらに、裏面に滑り止め加工を施し、バットと手の一体感を高めています。

また、水洗い可能で、衛生的に使い続けられるのもポイント。カラーラインナップも豊富なので、気になる方はチェックしてみてください。

ゼット(ZETT) プロステイタス一般用 両手 BG355

ダブルベルト構造でホールド力の高いバッティンググローブ。素材には良質なシープレザーを使用しています。ベルト部にはスウェード生地を採用し、手首へのフィット感も良好です。

擦れることが多い親指部分は、生地を二重にして補強しています。手のひら側にエンボス加工を施し、滑りにくいのも魅力です。

アシックス(ASICS) GOLDSTAGE バッティンググローブ 3121A950

グリップ力に優れたバッティンググローブ。手のひら側のバットと接する部分にパッドを配置しているのが特徴。バッドと手の接地面積が増え、より力強くスイングしやすいのが魅力です。

また、指部分は縫い目の少ないガンカット製法で、フィット感を高めているのもポイント。合成皮革のグローブなので耐久性に優れており、雨の日も使いやすい製品です。

アシックス(ASICS) GOLDSTAGE バッティンググローブ 3121A953

タイトなフィット感を求める方におすすめのバッティンググローブ。合成皮革をより広範囲に配置し、ニット素材を屈曲位置に採用することで、タイトながらきつすぎない着用感を実現しています。

手のひら部分には天然皮革を使用。より手に馴染みやすく、素手に近い感覚で使えます。かっこいいデザインもポイントです。

アシックス(ASICS) GOLDSTAGE バッティング用手袋

プロも愛用するバッティンググローブです。手のひら側にはシープスキンの天然皮革、手の甲側には合成皮革・ポリエステル・ナイロン素材を採用しています。

「逆巻きベルト」を採用し、フィット感に優れているのが特徴。手の甲側の皮余りや小指付近のごわつきを軽減できるため、よりバッドをコントロールしやすい製品です。

ローリングス(Rawlings) バッティンググラブ USA MODEL WH950BGJP2

手のひら部分にダブルオイル加工のゴートスキンを使用したバッティンググローブ。指部分にはスパンデックスを使用し、指先までの力の伝達をサポートします。

また、バットエンドで擦れる部分にパッド加工を施しているのも魅力です。USAモデルらしく、ローリングスマークを手の甲中央部に配置した大胆なデザインを採用しています。

ローリングス(Rawlings) パッチロゴ バッティンググラブ WH22BG

耐久性に優れたバッティンググローブです。手のひら部分に厚めのゴートレザーを採用。使い込むうちに自分の手にフィットし、よりよいグリップ力を得られます。

擦れやすいパーム部分にパッド加工を施しているのも魅力。ノック用にもおすすめです。

また、ワイドストラップにはネオプレン素材を採用し、伸縮性も良好。適度な締め付けもあるので、手首をしっかりとホールドします。

カッターズ(CUTTERS) プライムヒーロー2.0 ソリッド

雨でも滑りにくい全天候対応のバッティンググローブ。独自のグリップ素材「C-TACK」を適所に配置し、握りやすさと耐久性を高めています。

親指まで合成皮革でカバーすることにより、長く使いやすいのもメリット。使い込んで汚れたときには、丸洗いできるのも魅力です。

手の甲側に配置されたCロゴラインが印象的な、かっこいいデザインもポイント。Cロゴラインには、適度に伸縮を抑え、サポート感を高める効果も期待できます。

カッターズ(CUTTERS) パワーコントロール3.0 B442

全天候で高いグリップ力を発揮するバッティンググローブです。手のひら側の広範囲と、中指・薬指・小指に独自のグリップ素材「C-TACK」を配置。汚れても、湿らせた布や水で汚れを落とせば、グリップ力が何度でも復活するといわれています。

丸洗いもできるため、衛生的に使えるのも嬉しいポイントです。また、手の甲には伸縮性に優れているライクラ素材を適所に使用。フィット感も良好です。

バッティンググローブのおすすめモデル|高校野球対応

ミズノ(Mizuno) ガチグラブ 両手用 1EJEH155

中高校生の打撃練習にぴったりのバッティンググローブ。手のひら側のベース素材には、耐久性に優れた専用素材「ガチスエード」を採用しています。

さらに、シリコン加工を施すことで、高いグリップ力を実現。バットをしっかりと握り込みやすいのが魅力です。

単独での水洗いも可能。比較的リーズナブルながら、長く使い続けやすいアイテムです。

アンダーアーマー(Under Armour) UAクリーンアップ バッティンググローブ ノンカラー 1371973

グリップ力の高いバッティンググローブ。手のひら側にダイヤモンド型のエンボスレザーを採用しています。また、手の構造に合わせた立体成型のためフィット感が高く、グリップを握ったときの違和感を感じにくいのも特徴です。

汚れたら洗うことができるウォッシャブルタイプのため、衛生的に使いやすいのも魅力。コスパに優れたおすすめのアイテムです。

フランクリン(Franklin) CFX HIGH SCHOOL MODEL

バットを握ったときのフィット感が良好なバッティンググローブ。手のひらに折り目線を入れる「QUAD-FLEX TECHNOLOGY」を採用しているのが特徴です。

また、天然素材の羊革を使用しているため、使い込むうちに自分の手の形にフィットしやすいのもポイント。手の甲部分には「TECTONIC FIT INSERTS」技術を採用し、馴染みがよいのも魅力です。

エスエスケイ(SSK) プロエッジ 高校野球対応シングルバンド手袋 両手 EBG3002W

高機能な高校野球対応のバッティンググローブ。合成皮革を使用しているため、雨の日の練習や試合にも使いやすい製品です。丸洗いも対応しています。

また、手のひら側にはハイグリップタイヤのエンボスパターンを採用し、グリップ力も良好。バットとの密着力が高く、スイングしたときのズレを防ぎやすいのが魅力です。

コスパに優れているのもポイント。買い替えや買い足しにもおすすめのバッティンググローブです。

ウィルソン(Wilson) ディマリニ バッティンググラブ WTABG1201

合成皮革を使用した両手用バッティンググローブです。手のひら側の両面に滑りにくい素材を採用しているのが特徴。バットのグリップをしっかりと掴みやすい製品です。

甲側にはパンチング加工を施しているため、通気性と伸縮性も良好。比較的リーズナブルなので、消耗の激しい打ち込み練習にも適しています。ニオイや汚れが付いても洗濯可能なウォッシャブルタイプなのも嬉しいポイントです。

ミズノ(Mizuno) セレクトナイン バッティンググローブ 1EJEH143

左打ち専用の右手用バッティンググローブ。手の形に合わせた3Dカットにより、手の動きによりフィットしやすく、自然な使い心地を味わえます。

素材には合成皮革を採用。さまざまな天候でグリップ力をより発揮できます。擦れやすい部分には当て革補強が施されているため、耐久性も良好。練習用としてもおすすめです。

水洗い可能なのもポイント。衛生的に使えるおすすめの製品です。

バッティンググローブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バッティンググローブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。