「野球用スパイク」は野球を楽しむには欠かせないアイテム。アシックスやミズノ、ナイキなど、さまざまなメーカーから販売されています。

しかし、モデルによってスタッドの種類や履き口の高さ、留め方が異なるので、初心者の方はモデルを選べばよいか迷ってしまうことも。そこで今回は、野球用スパイクの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

野球用スパイクの選び方

スタッドをチェック

金具

By: amazon.co.jp

足裏のスタッドが金具の野球用スパイクは、グリップ力が強いのが特徴。地面を蹴り出しやすく、特に、土や天然芝で使用するのにおすすめです。

また、あらかじめ金具がソールに埋め込まれているタイプと、ボルトで固定されている取替えタイプの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。埋め込み式のモデルは軽量かつ耐久性に優れており、取替えタイプよりも種類が豊富なのがメリットです。

取替えタイプは金具が劣化した際に交換ができるため、長期間使えるのが魅力。ただし、ボルトで固定する仕様上、重量があるのは懸念点です。

なお、スライディングをする際などに、他人にケガを負わせるおそれもあるので、スタッドが金具のモデルを使用する際は十分に注意しましょう。

ポイント

By: amazon.co.jp

スタッドがポイントのモデルは、大人から子供まで使用できるのが魅力です。ポイントは主にゴムや樹脂でできているので、金具のスパイクよりも軽く、耐久性も良好。これから野球をはじめる方に向いているタイプです。

グリップ力は金具より劣るものの、足や腰への負担が少なく、より安全にプレーできます。土・天然芝・人工芝など、さまざまなグラウンドに対応できるのもメリットです。

ポイントタイプのスパイクは少年野球や草野球で使用するイメージがありました。しかし、最近ではプロ野球選手が使用するケースもあるほど、機能性に優れたモデルが増えてきています。

履き口をチェック

ローカット

By: amazon.co.jp

ローカットタイプの野球用スパイクは、履き口がくるぶしより下に位置しているのが特徴。野球用スパイクのなかでも一般的なタイプで、「レギュラーカット」「ノーマルカット」とも呼ばれます。

また、通常のスニーカーのように履きやすく、ほかのタイプに比べて軽量なのもメリット。足の自由度が高いため、スピードを重視したい方に向いています。一方、スパイクの中に砂が入りやすいのは懸念点。そのほか、スライディングをする際にケガをするリスクもあるので、注意が必要です。

ミドルカット

By: amazon.co.jp

履き口がくるぶしよりもやや上にあるのが、ミドルカットタイプです。足首を覆えるので、動きやすさを重視しつつ、ケガを防ぎたい方におすすめ。初心者にもぴったりのタイプです。ローカットタイプよりも重さはありますが、ハイカットタイプよりも履きやすく、程よいホールド感を得られます。

ローカットタイプではケガが心配な方や、ハイカットタイプでは動きにくい方も、ミドルカットタイプのモデルをチェックしてみてください。

ハイカット

By: amazon.co.jp

ケガをするのが心配な方に向いているのが、ハイカットタイプの野球用スパイク。足首からくるぶしまでを完全に覆えるので、スライディングをはじめとした接触プレーの際に、足を保護することが可能です。また、砂がスパイクに入るのを防げるため、スパイクを脱いで砂を出す手間が省けます。

ただし、ローカットやミドルカットタイプに比べると履きにくいのは懸念点。また、重量があるので動きにくく感じる場合もありますが、ケガを防ぐのにはぴったりのタイプです。

サイズをチェック

野球用スパイクを購入する際は、事前にサイズもチェックしておきましょう。サイズが合わないモデルを選んでしまうと、足腰に余計な負担がかかる場合があります。

サイズを決める際は、足の爪先からかかとの端までの「足長」と、親指の付け根から小指の付け根を巻いた周囲の長さを表す「足囲」を参考にするのがポイント。実際の足長よりも、0.5〜1cm大きいサイズのモノを選ぶのがおすすめです。

また、足囲はJIS規格で自分のサイズを事前に確認しておき、適したモデルを選んでみてください。

軽さをチェック

野球用スパイクを選ぶ際は、重量をチェックしておくのもポイントです。動きやすさを重視したい場合には、軽量なモデルを選びましょう。動きやすいうえ、重めのモデルよりも疲れにくくなります。

特に、素材に人工皮革を採用しているモデルや、アウトソールに樹脂を使用しているモデル、メッシュ素材を使っているモデルがおすすめ。野球用スパイクの重量は300g前後が一般的なので、ひとつの目安にしてみてください。

留め方をチェック

By: amazon.co.jp

野球用スパイクの留め方で一般的なのが、紐タイプ。つま先をきつくしたり、甲部分にゆとりを持たせたりと、紐の締め具合によってフィット感を調節できます。

一方で、締めるのに時間がかかったり、着脱しにくかったりするのが懸念点。一度靴紐が解けたら、結び直す必要がある点にも留意しておきましょう。

マジックテープ

By: amazon.co.jp

マジックテープで留めるタイプの野球用スパイクは、紐タイプとは異なり、着脱をスムーズに行えるのがメリット。中に砂が入った場合でも、素早く取り除けます。野球用スパイクを履き慣れていない方におすすめのタイプです。

ただし、紐タイプに比べてフィット感に劣るのが懸念点。また、マジックテープにゴミが溜まると、粘着力が落ちることもあります。定期的にメンテナンスをして、安全に使用できるよう備えておきましょう。

野球用スパイクのおすすめブランド

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

1949年に創業された「アシックス」は、日本の大手スポーツメーカーです。スポーツシューズをメインに取り扱っており、機能性に優れた製品を世に送り出しています。

アシックスの野球用スパイクは、紐タイプからマジックテープタイプまで、幅広いモデルを展開しているのが特徴。これから野球をはじめる方は、ぜひチェックしてみてください。

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

野球やゴルフアイテムをメインに展開する「ミズノ」。プロ野球選手も使用しているメーカーです。「よりよいスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」を理念に掲げ、数多くの製品をラインナップしています。

ミズノの野球用スパイクは、クオリティを重視したい方におすすめ。比較的高価なモデルが多いので、本格的に野球に取り組みたい方に適しています。

ナイキ(NIKE)

By: nike.com

アメリカに本社を置く「ナイキ」は1968年の設立以来、シューズからアパレルまでさまざまな製品を販売しています。世界中にファンがいる、人気メーカーです。

ナイキの野球用スパイクは、おしゃれなデザインのモデルが多いのが特徴。見た目を重視したい方に支持されています。また、カラーバリエーションも豊富なので、ユニフォームに合うモデルを見つけやすいのもおすすめポイントです。

野球用スパイクのおすすめ|金具

アシックス(Asics) NEOREVIVE 4

足への負担を軽減するよう開発された野球用スパイクです。スタッドには、金具とポイントの両方を使用。地面を蹴り出す際の突き上げ感を軽減します。金具のスタッドは前方に4本、後方に2本配置されており、優れたグリップ力を発揮するのもポイントです。

クッション性に優れたかかと部分を採用しているため、足が疲れにくいのもメリット。スタッドはあらかじめ埋め込まれているので、耐久性が高く長期間使用できます。

アッパーには水や湿気に強い人工皮革が使用されており、汚れても手入れしやすい仕様。サイズは0.5cm刻みで23〜29cmが用意されています。カラーはブラックやホワイトなどの4色展開です。

アシックス(Asics) SPEEDLUSTER

金具を取り替えるタイプの野球用スパイクです。金具が劣化してきた際に交換可能なので、長期間使用できるモデルを探している方に向いています。

ソール部分には樹脂を使用しており、一部分をくり抜くことで軽量化を図っているのもポイント。ローカットタイプのため、動きやすいのもメリットです。また、アッパーには耐久性に優れた人工皮革を使用しています。汚れても簡単に手入れ可能です。

さらに、タン部分には柔軟性・通気性を確保できるようメッシュ素材が使用されています。快適な履き心地を維持できるのも魅力。サイズは、0.5cm刻みで23〜30cmが用意されています。

ミズノ(MIZUNO) グローバルエリート QS

クッション性に優れた野球用スパイクです。全面ミッドソールを採用することで、地面からの衝撃を吸収しやすいのが特徴。重量は27.0cmサイズで約280gと比較的軽いので、動きやすいのも魅力です。

また、アッパー部分が樹脂で補強されているのもポイント。耐久性が高いため、長期間使用可能です。金具を外周近くに配置しているのもメリット。安定感のある履き心地を得られます。

素材には人工皮革を使用。サイズは0.5cm刻みで25〜29cmから選択可能です。足囲は2E相当の方に適しています。

ミズノ(MIZUNO) プライムバディー

アッパーが柔らかいため、足の動きを制限しにくい野球用スパイクです。足の甲部分の幅を広く設計しており、履き心地がよいので野球用スパイクを履き慣れていない方にもおすすめ。重量は、27.0cmサイズで片足約285gと軽量です。

スタッドに金属とポイントの両方を採用しているのも特徴。全方向に強く蹴り出せるうえ、地面からの突き上げを感じにくいのがメリットです。さらに、グリップ力に優れたインソールを採用しているため、瞬発力が必要な場面でも体がブレるのを防げます。

サイズは、23〜29cmの範囲で選択可能です。足囲は、JIS規格3E相当の方に向いています。

ミズノ(MIZUNO) グローバルエリート GEトライブ QS

全方向に柔らかく屈曲する「全方位屈曲ライン」を配置した野球用スパイクです。金具が前方に5つ、後方に3つ配置されていることで、全方向へのダッシュに対して安定的なグリップ力を発揮します。

また、耐久性に優れているのもポイント。スパイクの先端には、宇宙開発機器や掘削機にも使用される超硬合金が溶接されています。本モデルはマジックテープで留めるタイプなので、着脱しやすいのもメリットです。

カラーはホワイトで、シューズ内の温度上昇を防ぎやすいのも魅力。サイズは、25〜29cmで展開されています。

ニューバランス(new balance) AB100

足の速さに自信がある方におすすめの野球用スパイクです。アッパー部分にマイクロファイバーを使用しており、軽量化を図っているのが特徴。耐久性にも優れているため、スライディングをはじめとしたタフなプレーにぴったりです。

「FANTOM FIT」の採用により、足にフィットしやすいのもポイント。野球専用のインソールが備わっており、快適な履き心地を維持できます。タン部分にはメッシュ生地が使用されているので、通気性に優れているのもメリットです。

サイズは、24〜26cmが0.5cm刻みで用意されているほか、28.5cmと29cmサイズもラインナップされています。カラーは、ブラックとホワイト×ネイビーの2色から選択可能です。

ニューバランス(new balance) L3000 TN5

機能性とおしゃれさを兼ね備えたモデルを取り扱う「ニューバランス」の野球用スパイクです。2重構造のインサートと、クッション性の高いミッドソールによって、足が疲れにくい仕様。ヒール部分に安定感のある構造で、履き心地がよいのも魅力です。

アッパー部分にはメッシュが使用されており、窮屈感が少ないのもメリット。紐で留めるタイプのため、締め具合を自由に調節できます。

カラーは、ネイビーやレッドなど多数展開。スニーカーのようにおしゃれなデザインなので、見た目を重視したい方にぴったりです。サイズは24〜30cmが用意されています。

アンダーアーマー(Under Armour) ヤード ミッド

高品質なスポーツアイテムを取り扱う「アンダーアーマー」の野球用スパイク。かかとからつま先にかけてのフルレングスミッドソールを採用することにより、地面からの衝撃を軽減しやすいのが魅力です。

足首を覆えるミドルカットのため、ケガを避けたい方にもおすすめ。また、本モデルは紐で留めるタイプなので、締め具合を自由に調節可能です。さらに、スタッドが足の先端部分に6個、かかと部分に3個配置されており、安定感を得られるのもメリット。サイズは24.5〜30cmが用意されています。

エスエスケー(SSK) proedge MT-V-R

金具を外寄りに配置することで、安定性を高めた野球用スパイクです。野球に特化したインソールを採用しているのも魅力。指が浮きにくく、しっかりと足指を動かすことが可能です。マジックテープで留めるタイプのため、スムーズに着脱できます。

また、立方骨パッドによって土踏まずが圧迫されにくいのもポイント。前傾姿勢を取りやすく、素早い動作をサポートします。さらに、つま先部分にはクッション材を使用。金具だけでなくポイントのスタッドも配置されているので、地面から足にかかる衝撃を和らげやすいのもメリットです。サイズは、25〜30cmが用意されています。

野球用スパイクのおすすめ|ポイント

アシックス(Asics) GOLDSTAGE I-PRO MA-S

アシックスのモデルのなかでも、軽量なソールを使用した野球用スパイクです。重量は27.5cmの場合で約265gと、比較的軽いのが魅力。スタッドは、瞬発力が必要なプレーを考慮したうえで配置されています。また、ローカットタイプなので動きやすく、足の速さを生かしたい方におすすめです。

つま先部分には、耐久性の高いポリウレタン樹脂を使用。アッパー素材には、しなやかなフィット感を得られる素材を採用しており、プレー時のブレを防ぎます。

カラーはブラックとホワイトの2色から選択可能。サイズは0.5cm刻みで25〜30cmが用意されています。

アシックス(Asics) NEOABLAZE 1

軽量化を追求して開発された「アシックス」の野球用スパイク。動きやすさを重視したい方や、足への負担を減らしたい方におすすめのモデルです。

優れたグリップ力を発揮するために、スタッドを小型化しているのも特徴。履き口がローカットタイプなので、履きやすいのも魅力です。素材には、耐久性に優れた人工皮革を使用。つま先部分には補強素材が採用されているため、長期間使用可能です。

ブラックで統一された、シンプルでかっこいいデザインも人気の理由。サイズは、26〜29cmが0.5cm刻みでラインナップされています。

アシックス(Asics) JAPAN SPEED

プロ野球選手のプレー時にかかる足圧を参考に、スタッドを配置した野球用スパイク。スタッドの形が配置される場所によってそれぞれ異なるため、ダッシュや回転動作などを行う際に、グリップがききやすいのが魅力です。

アッパーの素材にはメッシュを採用しており、通気性にも優れています。表面にはTPUコーティングが施されているので、汚れや水に強いのもメリット。履き口にはモノソック構造を採用しており、しっかりとしたフィット感を得られます。

そのほか、クッション性の高いミッドソールを採用していることで、疲れにくいのもポイント。つま先部分は補強されており、耐久性も良好です。

カラーは、ホワイト×ネイビー・ピーコート×レッド・ホワイト×レッドなどから選択可能。サイズは、23〜30cmが0.5cm刻みで用意されています。

ミズノ(MIZUNO) MPドミナント ニット 11GP2000

アッパーの素材にニットを採用した野球用スパイクです。フィットしやすく、シューズ内を快適に保ちやすいのが魅力。履き心地のよさを重視したい方にぴったりです。

本モデルは紐で留めるタイプなので、フィット感を自由に調節可能。また、グリップ性・クッション性・軽量性に優れたインソールを採用しているのもメリットです。シンプルなデザインで、シュータン部分に配置されたミズノのロゴがアクセントになっています。

重量は、27.0cmの場合で片足約270g。サイズは25.5〜29cmで選択でき、足囲はJIS規格で2E相当の方に向いています。

ナイキ(NIKE) アルファ ハラチエリー 3 MID

柔軟性・弾力性に優れたフォームを使用した野球用スパイク。ナイキ独自のフォームクッショニング技術が駆使されています。本モデルは履き口が高めに設定されており、足首をしっかり覆う仕様。ケガのリスクを軽減したい方にぴったりです。

また、おしゃれな配色も魅力。自然からインスピレーションを得たデザインを採用しているほか、底部分にエナメルレザーをあしらっているのもポイントです。サイズは、24〜36cmが用意されています。

ゼット(ZETT) ブロックソール グランドジャックBK BSR4716MB

グリップ力に優れた野球用スパイク。地面を蹴り出しやすいよう、プレー時に高い圧力がかかる位置にスタッドを配置しています。異なる形状のスタッドを採用することで、グラウンドの状況にかかわらず、強いグリップを発揮するのがメリットです。

また、前足の底面の幅を広く、甲の高さを低めに設計しているのもポイント。足囲がJIS規格で3Eの方に適しています。インソールは足裏にフィットしやすい設計で、疲れにくいほか、しっかりと足指を使うことが可能です。

本モデルはマジックテープで留めるタイプなので、スムーズに着脱可能。また、中底にEVAを使用することで地面からの衝撃を軽減しやすいのも魅力です。サイズは0.5cm刻みで、25〜30cmが用意されています。

アディダス(adidas) ADIZERO STABILE POINT MID 60 CLEATS

機能性に優れたアイテムを多数ラインナップしている「アディダス」の野球用スパイクです。サイズは0.5cm刻みで、24.5〜29.5cmが用意されています。足首からくるぶしまでを覆えるハイカットタイプなので、ケガを防ぎたい方におすすめ。また、スピードと安定感を追求して設計されているのも特徴です。

本モデルは紐タイプのため、締め具合を自由に調節可能。さらに、アディダス特有の三本線がおしゃれで、ロゴがデザインのアクセントになっています。

アディダス(adidas) ADIZERO SPEED

シューズ・クリエーターとして世界的に評価の高い、大森敏明氏が開発した野球用スパイク。つま先部分にゆとりがあり、足の指を自由に使えるよう設計されています。足の力をダイレクトにスパイクに伝えやすいのがメリットです。

また、地面からの衝撃を吸収しやすいアウトソールによって、足が疲れにくいのもポイント。さらに、素材には高耐久で軽量な合成皮革を使用しています。ワンピース構造によって足を固定できるので、安定感を得られるのも魅力。カラーは、レッドやネイビーなど、数種類が用意されています。