野球を楽しむには欠かせない「野球用スパイク」。アシックスやミズノなど、さまざまなメーカーから販売されています。ただし、モデルによってスタッドの種類や履き口の高さ、留め方が異なるため、初心者の方はどの製品を選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、野球用スパイクのおすすめモデルをご紹介します。選び方も解説するので参考にしてみてください。

野球用スパイクの種類

金具スパイク

By: amazon.co.jp

スタッドが金具の野球用スパイクは、グリップ性に優れているのが特徴です。地面をしっかりと掴めるので、走塁や守備での一歩目が力強く蹴り出せます。天然芝や土のグラウンドでの着用におすすめです。

金具スパイクには「埋め込み式」と「取り換え式」の2種類があります。埋め込み式のモデルは金具のつなぎ部分がなく、耐久性に優れているのがポイント。また、突き上げ感が少なく疲れを覚えにくいので、長時間の着用にもおすすめです。ただし、金具が摩耗するとスパイク自体を買い替える必要があります。

一方、取り換え式モデルは、すり減った場合に交換できるのが特徴です。好みに合わせて選んでみてください。

ポイントスパイク

By: amazon.co.jp

スタッドがポイントの野球用スパイクは、素材にゴムや樹脂が採用されているのが特徴。金具スパイクよりも軽量性に優れているのが魅力です。少年野球などで使用する小学生は、ポイントスパイクを使用します。

また、突き上げ感がなく、クッション性が高いのもポイント。天然芝・人工芝問わず、さまざまなグラウンドで着用できます。

野球用スパイクの選び方

履き口をチェック

ローカット

By: asics.com

ローカットタイプの野球用スパイクは、履き口がくるぶしより下に位置しているのが特徴。野球用スパイクのなかでも一般的なタイプで、「レギュラーカット」「ノーマルカット」とも呼ばれます。

また、通常のスニーカーのように履きやすく、ほかのタイプと比べて軽量なのもメリット。足の自由度が高いため、スピードを重視したい方に向いています。一方、スパイクの中に砂が入りやすいのは懸念点です。

ミドルカット

By: rakuten.co.jp

履き口がくるぶしよりもやや上にあるのが、ミドルカットタイプです。足首を覆えるので、動きやすさを重視したい方におすすめ。初心者の方にもぴったりのタイプです。ローカットタイプよりも重さはありますが、程よいホールド感が得られます。

安全性と動きやすさのバランスに優れたモデルが欲しい方は、ミドルカットタイプのモデルをチェックしてみてください。

ハイカット

By: rakuten.co.jp

足首周りを保護できるように設計されているのが、ハイカットタイプ。足首からくるぶしまでを覆えるので、スライディングをはじめとした接触プレーの際に、足首を保護可能です。また、砂がスパイクに入るのを防ぎやすく、スパイクを脱いで砂を出す手間が省けます。

ただし、ローカットやミドルカットタイプと比べて履きにくいのが懸念点。さらに、足首が覆われているため、ほかのタイプよりも動きにくい点は留意しておきましょう。

サイズをチェック

野球用スパイクを購入する際は、事前にサイズもチェックしておきましょう。サイズが合わないモデルを選んでしまうと、足腰に余計な負担がかかる場合があります。

サイズを決める際は、足の爪先からかかとの端までの「足長」と、親指の付け根から小指の付け根を巻いた周囲の長さを表す「足囲」を参考にするのがポイント。実際の足長よりも、0.5〜1cm大きいサイズのモノを選ぶのがおすすめです。

また、足囲はJIS規格で自分のサイズを事前に確認しておき、適したモデルを選んでみてください。

軽さをチェック

By: zett-baseball.jp

野球用スパイクを選ぶ際は、重量をチェックしておくのもポイントです。動きやすさを重視したい場合には、軽量なモノを選びましょう。動きやすいうえ、重めのモノよりも負担を軽減できます。

特に、素材に人工皮革を採用しているモデルや、アウトソールに樹脂を使用しているモデル、メッシュ素材を使っているモデルがおすすめ。野球用スパイクの重量は300g前後が一般的なので、軽さをチェックするための目安にしてみてください。

留め方をチェック

By: newbalance.jp

野球用スパイクの留め方で一般的なのが、紐タイプ。つま先をきつくしたり、甲部分にゆとりを持たせたりと、紐の締め具合によってフィット感を調節できます。

一方で、締めるのに時間がかかったり、着脱しにくかったりするのが懸念点。一度靴紐が解けたら、結び直す必要がある点にも留意しておきましょう。

面ファスナー

By: amazon.co.jp

面ファスナーはベロクロのこと。ベロクロで留めるタイプの野球用スパイクは、紐タイプとは異なり、着脱をスムーズに行えるのがメリット。中に砂が入った場合でも、素早く取り除けます。野球用スパイクを履き慣れていない方におすすめのタイプです。

ただし、紐タイプに比べてフィット感に劣るのが懸念点。また、ベロクロにゴミが溜まると、粘着力が落ちることもあります。定期的にメンテナンスをして、安全に使用できるよう備えておきましょう。

高校野球は高野連の規定に注意

By: amazon.co.jp

高校野球で野球用スパイクを着用する場合は、高野連(日本高等学校野球連盟)の規定を事前にチェックしておきましょう。「スパイクの表面は黒または白一色でなければならない」「エナメルは使用できない」などと、細かな決まりがあります。

高野連の規定に則っていないスパイクは、甲子園をはじめ国民体育大会や明治神宮野球大会といった公式戦で着用できない場合があるため注意が必要です。

野球用スパイクのおすすめメーカー

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

野球やゴルフアイテムをメインに展開する「ミズノ」。プロ野球選手も愛用しているメーカーです。「よりよいスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」を理念に掲げ、数多くの製品をラインナップしています。

ミズノの野球用スパイクは、クオリティを重視したい方におすすめ。比較的高価なモデルが多いので、本格的に野球に取り組みたい方に適しています。

アシックス(Asics)

By: rakuten.co.jp

1949年に創業された「アシックス」は、日本の大手スポーツメーカーです。スポーツシューズをメインに取り扱っており、機能性に優れた製品を世に送り出しています。

アシックスの野球用スパイクは、紐タイプからベロクロタイプまで、幅広いモデルを展開しているのが特徴。これから野球をはじめる方は、ぜひチェックしてみてください。

エスエスケイ(SSK)

By: amazon.co.jp

「エスエスケイ」は、1946年に設立された日本のスポーツ用品メーカーです。「モノからコトへ」をキーワードに、野球やヒュンメルを中心としたオリジナル製品を多数展開しています。

エスエスケイは、レースアップやベロクロをはじめ、さまざまな野球用スパイクを扱っているのが特徴です。また、価格帯もモデルによって異なるので、レベルや予算に応じてアイテムが選択できます。

アンダーアーマー(Under Armour)

By: amazon.co.jp

1996年に設立された「アンダーアーマー」は、アメリカ・メリーランド州に本社を置くスポーツ用品メーカーです。当初はコンプレッションウェアの製造を行っており、現在はスパイクやバックパックなどのアイテムも手掛けています。

アンダーアーマーの野球用スパイクは、性能の高さが特徴です。「アジャスタブル機能」や「UA HOVRテクノロジー」など、さまざまな機能性が備わっています。また、フィット感の高い野球用スパイクを探している方にもおすすめです。

野球用スパイクのおすすめ|金具

ミズノ(MIZUNO) ライトレボエリート 11GM2111

「GOOD DESIGN AWARD」の受賞経験があるミズノ史上軽量性に優れた野球用スパイク。27cmの1足分の質量は約235gと、履いていることを忘れるほど軽く作られているのが特徴です。

雨の日の練習でも使える樹脂製のアウトソールには「D-FLEX GROOVE」を採用。反発力を活かすことで自然な蹴り出しをサポートし、プレーの機敏さを高められます。また、アッパーには一枚革を使用し、縫製をなくしたことでフィット感を向上させているのも魅力です。

シューズ幅はフィット感に優れている2E相当を採用。普段履きのシューズと同じサイズで使用可能と謳われています。幅広や甲高の方はハーフ〜ワンサイズ大きいモデルを選びましょう。

ミズノ(MIZUNO) ライトレボバディーBLT 11GM2120

初めてのスパイク選びにおすすめの野球用スパイク。軽量でゆったりとした履き心地が特徴です。ベルト部分は自分の足の幅に合わせて切り取ることができ、プレー中の引っかかりを防ぎます。

ベルト式なので、頻繁にスパイクを脱着しなければならないシーンにもおすすめ。緩めたり締めたりなどの動作をスムーズに行えます。

また、EVAスポンジを使用した「GCLインソール」が採用されているのも魅力。グリップ性やクッション性、軽量性に優れており、足への負担を軽減可能です。初心者や入門者の方はチェックしてみてください。

アシックス(Asics) GOLDSTAGE MG 1123A030

推進力の高い金具配置の野球用スパイク。力がかかる親指側に金具を集中させることで、スピード感あふれるプレーが可能です。前方への推進力も高められるように作られています。

また、シューズの大部分がメッシュ構造で、フィット感が高く通気性に優れているのも特徴。互い違いに締め込むベルトで締め付け具合を調節することによって、足をしっかりと固定して踏ん張れます。

ベロ部分には「キモノフィットタン」を採用し、足首のフィット感を高めてアーチ部のサポートできるのも魅力。炎天下でもスパイク内を快適な状態に保ちたいときに便利なスパイクです。

アシックス(Asics) NEOREVIVE 4 1123A022

金具とスタッドを組み合わせたハイブリッドな野球用スパイク。スタッドを搭載することで、地面からダイレクトに伝わる衝撃を軽減可能です。そのため、毎日練習に取り組む学生にも適しています。

また、前足部4本、かかと部2本の金具を配置し、硬いグラウンドでしっかりと地面をグリップできるのも魅力。ミッドソールにはクッション性の高いモノを使用しており、長時間の練習でも負担を軽減できます。

高校野球に対応するブラック×ブラックのほか、社会人野球にもおすすめの白をベースにしたカラーリングの3種類をラインナップ。年齢層問わずに使える万能スパイクのうえ、価格が手頃なのもポイントです。

エスエスケイ(SSK) グローロードTT-V SSF3007

安定性に優れた野球用スパイクです。特徴は金具とブロックを組み合わせた「TRYTEC V2ソール」。拇指球にV字の金具・かかとに2点の金具とブロック1点を配置し、安定性とグリップ力を向上させ、地面を掴んで快適に走れます。

また、ブロックを採用したことで地面からの突き上げを緩和し、足へのダメージを軽減することが可能。金具単体と比較して長時間の使用でも負担を軽減できます。

白いスパイクは汚れやすい印象ですが、本製品は汚れの落ちやすい素材を採用しているのも魅力。練習用としても重宝する入門者〜中級者向けのスパイクです。

アンダーアーマー(Under Armour) UAヤード ミッド ST 3022130

着地の衝撃を推進力に変えられる野球用スパイク。カーボン混プレートを埋め込んで推進力を高める「UA HOVRテクノロジー」を採用し、「無重力空間にいるような履き心地」をコンセプトにしているのが特徴です。

また、外側寄りに配置されたスパイク金具は、しっかり地面を掴めます。走塁や攻撃、守備において安定感があり、力強い動きをサポート。さらに、ミッドソールが衝撃を吸収し、足への負担を軽減できるのも魅力です。

カラーは単色のブラックを採用しているため、高校野球でも使用可能。クッション性が高いスパイクなので、足への負担を減らしたい方におすすめです。

ゼット(ZETT) スーパーグランドジャック BSR2716

紐とベルトの両方で足を固定できる野球用スパイク。好みに応じて紐でフィット感の微調整ができ、ベルトを留めることで足首までスパイクを密着させられます。

遮熱性の高いPUレザーを使用しているため、熱を反射させシューズ内を快適に保ちやすいのも特徴。また、レギュラーカップインソールによって足裏のアーチを立体的に支えることで、負担を軽減することが可能です。スパイクの歯には「ArkFive」を搭載して、軽量でグリップ力の高いスパイクに仕上げています。

足囲は幅広の方でも対応可能な3E相当タイプを採用し、ゆったりとしたフィット感で使えるため、練習用としてもおすすめのスパイクです。

ニューバランス(new balance) FuelCell 4040 v6 Metal L4040TR6

加速力と安定感に定評のある「4040メタルクリートシリーズ」の野球用スパイク。学生向けにオールホワイトとオールブラックの2種類が追加され、機能面もアップデートされました。

後方から押し出すような高反発を生み出せる「FuelCellミッドソール」を搭載。地面からの反発力を生かして1歩ずつ加速していくような使用感を得られます。

また、耐久性とサポート性に優れた「FITWAVEアッパー」が足全体を包み込むことで、快適なフィット感を実現。グリップした際の足のズレを抑制して、クイックな動作に繋げられます。足囲はスタンダードな2E相当。幅広や甲高の方は、やや大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。

久保田スラッガー(KUBOTA SLUGGER) アグレッシブ HF1-K D-321

速く走るための4本歯を採用した野球用スパイク。親指の先端部分に2枚の歯を備えることで、力強く地面をグリップし、素早いベースランニングが可能です。

また、カンガルー革をアウトソールに使用し、軽量に作られているのも魅力。革底のスパイクは使用していくうち足に馴染むため、自分に適した形へと変化していくのも楽しみのひとつです。

革底スパイクはグラウンドの感触をダイレクトに感じられるのもメリット。一方、雨のグラウンドなどで使うと、水を吸い込んで重くなってしまう可能性もあります。そのため、天候によって樹脂製の革製を使い分けするのがおすすめです。

玉澤(TAMAZAWA) TKW-TA7L

珍しいホワイトカンガルー革を使用した野球用スパイク。素材にエクセーヌとカンガルー革を採用しているため、放熱性に優れているうえに、足のムレを防ぎやすい特徴があります。

カンガルーレザーは柔らかくて頑丈なのもポイント。軽量性にも優れています。さらに、カンガルー革は使い込むうち足に馴染み、自分だけの形へと変化していくのも樹脂製スパイクにはないメリットです。

一方、馴染むまではしっかり使い込まなければならない点には注意が必要。試合で使用する際は、事前にスパイクを慣らしておくようにしましょう。

ハタケヤマ(HATAKEYAMA) 足袋型スパイク TA-BIB

野球業界初の足袋型を採用した珍しい形の野球用スパイク。力のかかり具合によって、選手の足の指が最大で1cmほど広がることに着目し、つま先部分を広めに設計しているのが特徴です。

特に、前傾姿勢やしゃがんだ体制で捕球動作を行うキャッチャーは、足袋型スパイクの恩恵を得やすいポジション。通常のスパイクでは発揮できないポテンシャルを引き出せる可能性を秘めたスパイクです。

なお、足袋型スパイクを使用する際には、足先が別れたソックスの着用が必要。指が分かれることで、踏み込んだ時に地面を掴むことができ、捕球や投球に力を込められる点もおすすめのポイントです。

野球用スパイクのおすすめ|ポイント

ミズノ(MIZUNO) ウェーブセレクトナイン 11GP1922

グリップ性やクッション性の高い野球用スパイク。スタッド形状を配置場所によって変更し、地面を強くグリップするように工夫されており、野球に必要な加速・停止・踏ん張りの動作をスムーズに行えます。

また、「WAVE構造」のソールを採用し、クッション性と安定性を両立しているのも特徴。体力や筋力に自信がない方でも、地面から伝わる衝撃を吸収できます。

価格が手頃で入手しやすいのもポイント。P革を取り付けられるため、長く愛用可能です。ピッチャーはもちろん、さまざまなポジションで活躍します。

ミズノ(MIZUNO) ウェーブセレクトナイン ジュニア 11GP1925

幅広で甲高の子供におすすめの野球用スパイクです。18〜24cmをラインナップし、未就学児から小学生まで対応。3E相当でやや幅広に作られています。

ベルト式とゴム紐を組み合わせた固定方法で、靴紐が結べない子供でも履き直しやすい点も嬉しいポイント。砂がスパイク内に侵入しても簡単に脱着できるため、試合や練習中でも素早く履き直せます。

本製品は、弾力性が高く衝撃吸収力のあるラバーソールを採用。新設計スタッドにより、グリップ力とフィット感を兼ね備えたジュニア用スパイクです。

ミズノ(MIZUNO) ドミナント 3TPU 11GP2022

金属スパイクのように土に刺さって強力にグリップできる野球用スパイクです。スタッド部分は硬い樹脂と摩耗しにくい樹脂の2種類を組み合わせたモノを採用。スタッドの土台にはたわみに強いティアドロップ形状を使い、金属スパイクと変わらないプレーができるように作られています。

また、従来の人工皮革に比べて耐久力が6.6倍も向上したパーツを採用。P革の取り付けができない構造ですが、内野手やピッチャーなどのつま先を擦って投球するポジションでも、スパイクが破損するリスクを軽減できます。

衝撃を吸収するフルレングスのアウトソールや「GCLインソール」を採用し、クッション性やグリップ性が向上。試合用として中級者や上級者にもおすすめです。

アシックス(Asics) NEOABLAZE 1 1123A031

練習用にぴったりの野球用スパイク。金具スパイクよりも接地面積の大きな合成樹脂製スタッドを採用しており、突き上げ感など足への負担を軽減できます。

また、グリップ力を損なわないようにスタッドを小型化し、金具にも劣らないグリップ力を実現。軽量化されている点も魅力です。さらに、つま先部分が補強されているため、P革加工をすることなく快適に使えます。

軽くて頑丈なので、スタッドスパイクシューズのエントリーモデルとしてもおすすめの製品です。

アシックス(Asics) GOLDSTAGE i-Pro SM-S 1121A059

試合用としておすすめのハイエンドモデル。より力が加わる拇指球周辺やソールの端にスタッドを配置し、グリップ力を向上させることで、走・攻・守で踏ん張れるのが特徴です。また、幅広い足囲に対応できる独自構造と、足の軸を締め上げて固定する構造を採用し、フィット感を高めています。

連日続くトーナメントやダブルヘッダーの試合などでは、ポイントタイプのスパイクを使用することで負担を軽減可能。そのため、連日激しい試合を行わなければならない高校野球や社会人野球におすすめの製品です。

アシックス(Asics) JAPAN SPEED 1121A015

手頃な価格と機能性を兼ね備えた野球用スパイク。母指球周りを中心に配置されたスタッドによって踏ん張りを効かせ、力強い動きをサポートします。前方向の動きだけではなく、横の動きや回転動作でもしっかりとグリップ可能です。

また、衝撃吸収性の高い「SpevaFoam」をソールに採用し、接地時の足への衝撃を軽減できるのもポイント。クッション性に優れているので、社会人草野球など体作りを行うことなく野球を楽しむ方にもぴったりです。

スタンダードなサイズでフィット感に優れているため、甲高の方や幅広の方にはやや大きめサイズがおすすめ。カラーリングも3種類を展開しており、デザイン性が高い点も魅力です。

エスエスケイ(SSK) スターランナーMC SSF4100VC

スタッドの位置を工夫して安定感を高めた野球用スパイク。ソール幅よりも外側に配置されたスタッドによって強力なグリップ力を発揮するので、力強い走りが可能です。

また、前足部に設置されたスタッドは地面からの突き上げ感を軽減できるため、筋力が発達していない子供用にもぴったり。小さいモノで19cmからラインナップされており、未就学児や小学校の低学年から使えるサイズがあるのも魅力です。

締め付け方法はスムーズに脱着できるベルト式を採用。交互締めのため、足がしっかり固定されてスパイクが不意に脱げるのを防止できます。これから少年野球をはじめる方におすすめです。

ゼット(ZETT) セロワンステージ BSR4297A

ゼットのポイントスパイク史上軽量性に優れた野球用スパイク。26.0cmの重量が280gと比較的軽量に設計されており、軽い動きで1歩目を踏み出せるのが特徴です。

推進力を高めるため、進行方向に対して垂直にレイアウトしたスタッドと、高反発ミッドソール「ZiRETURN」を搭載。接地のたわみを反発力に変え、加速力をアップさせることが可能です。

幅広の方にもぴったりの足囲3E相当タイプの「SPWラスト」を採用。快適な足入れ感と安定感が得られます。草野球や練習用スパイクを探している方におすすめの製品です。

アディダス(adidas) アフターバーナー7 TD APAC TPU

フィット感が高く思い通りのスピードを生み出せる野球用スパイクです。足全体を包み込むように配置された「ワイドレーシングシステム」を採用。前足部をしっかりとサポートし、ぶれない踏み出しが可能です。

また、「ライトストライクEVAミッドソール」をつま先に至るまで全面に使用しており、突き上げ感による足への負担を軽減できるのも特徴。アッパーは耐久力の高い「Sprintskinアッパー」を採用しています。

軽量性とデザイン性を両立しているもポイント。高校野球のルールにも対応しているため、幅広いプレイヤーにおすすめのアイテムです。

野球用スパイクの売れ筋ランキングをチェック

野球用スパイクのランキングをチェックしたい方はこちら。