「硬式野球用グローブ」には、ポジション別に適した形状や機能があるのが特徴。幅広いポジションに活用できる、オールラウンドタイプもあります。さらに、デザインや素材、メーカーごとの違いもさまざま。自分に合うサイズを選ぶことも大切です。

そこで今回は、硬式野球用グローブのおすすめモデルをご紹介。選び方から、おすすめメーカーについても解説します。自分に合う硬式野球用グローブ選びの参考にしてみてください。

硬式野球用と軟式野球用の違い

By: rakuten.co.jp

硬式野球用グローブと軟式野球用グローブで、大きな違いのひとつが「柔らかさ」。軟式野球は、ゴムなどの軽く柔らかい素材のボールを使うため、グローブも薄く柔らかいのが特徴です。

硬いグローブでは軟式用のボールを跳ね返してしまうので、しなやかで柔軟性に富んでいることが重要視されます。

一方、硬式野球はコルクなど重く硬い素材のボールを使うため、グローブも硬く丈夫に作られているのが特徴。しっかりと厚みがあり、耐久性に優れていることが重要です。

さらに、「ウェブ」と呼ばれる網部分が、ボールにあわせて大きめに設計されているのもポイント。軟式野球用と硬式野球用、それぞれの特徴を活かして使い分けることがおすすめです。

硬式野球用グローブの選び方

利き手に合ったモノをチェック

By: atoms-inc.com

硬式野球用グローブには、「右投げ用」と「左投げ用」があります。利き手が右で、右手でボールを投げる場合、グローブは左手に装着します。左手でボールをキャッチし、スムーズに右手でボールを投げるためです。

一方、左手でボールを投げる場合は、右手にグローブを装着します。一般的には右投げの割合が高いので、左投げ用のグローブは数が少なく、比較的入手しにくいのが難点。なかには、左投げ専用のモノを開発しているメーカーもありますので、気になる方はチェックしてみてください。

ポジションに合ったグローブをチェック

ピッチャー

By: amazon.co.jp

ピッチャー用の硬式野球用グローブは、大きく2タイプに分かれます。ひとつめは、スピードとパワーのある球を投げる「剛腕投手」向けのグローブ。バランスを取るための道具として、重さのあるグローブがおすすめです。

ふたつめは、テクニックを駆使して変化球を投げる「コントロール型」の投手向けのグローブ。細やかな手先の感触を重要視する方は、比較的小さく軽いグローブが便利です。

また、打球がピッチャーに向かって打ち込まれてしまう「ピッチャー返し」から身を守れるよう、硬く大きめのグローブを使う選手もいます。もしボールをキャッチできなくても、叩き落とすこともできるためです。

さらに、ピッチャー用のグローブは、ウェブ部分がほぼ隙間なく作られていることが特徴。握り方などで、投げる球種が見破られてしまうのを防ぐのに役立ちます。また、人差し指カバーが付いていることもポイントです。

キャッチャー

By: amazon.co.jp

キャッチャーはルール上、「キャッチャーミット」を使います。親指以外の4本の指が分かれていない「ミトン型」であるのが特徴です。

ピッチャーが的として狙いやすいよう、丸い形状をしているのがポイント。また、ほかのポジションに比べて捕球の回数が多いため、ボールをキャッチする「ポケット」が広く、小指と親指の部分が分厚く作られています。

一般的には、ポケットの中心部でしっかりキャッチするタイプがメイン。そのほか、親指の先端部から寄せてキャッチするような、テクニックを必要とするタイプもあります。

さらに、キャッチャーミットには縦型と横型があります。ミットを構えたとき、縦に構えるか横に構えるかを確認しておくことがおすすめです。

内野手

By: amazon.co.jp

一塁手は、キャッチすることが非常に重要なため、ファーストミットを使います。さまざまな送球に対応できるよう、捕球面が大きく長いことが特徴です。

二塁手の硬式野球用グローブは、すばやく送球できることが重要視されます。ボールをキャッチしてから握り直す動作がしやすいよう、ポケットは浅く、操作性に優れているのがポイントです。

三塁手は、一塁手と同様にバッターとの距離が近いので、しっかり捕球できることが大切。特に、ライナーのような鋭く速い打球もキャッチできるための工夫がされています。ポケットも大きく、また、グローブ本体のサイズも内野手のなかでも大きく設計されているのが魅力です。

遊撃手は、二塁と三塁の間を守るポジション。ショートとも呼ばれます。内野手としてはもちろん、外野手のカバーも行う守備範囲の広いポジションです。操作性とキャッチ力、どちらに重きを置くかにより、グローブの形も変わります。

外野手

By: amazon.co.jp

外野手向けの硬式野球用グローブは、フライもゴロしっかり捕球できる、縦長の形状をしています。フェンス際など、上下の動きにも対応しやすいことが特徴。ウェブが紐で網状に編まれたモノは、軽さや操作性の向上も期待できます。

ただし、縦長にサイズが大きいほど、重量も重い傾向にあります。グローブを持ったまま走る距離が長い外野手は、重さも重要なポイント。キャッチしやすい形状であることはもちろん、走る際に負担になりにくい重さのモノを選ぶことがおすすめです。

ポジションが決まってないなら「オールラウンドタイプ」も

By: amazon.co.jp

ポジションが不確定な場合、「オールラウンドタイプ」の硬式野球用グローブを選ぶのもひとつの手段。オールラウンドタイプは内野手用の操作性と、外野手用の捕球性能を併せ持っているのがポイントです。

内野手用グローブのような形で、比較的大きめなのが特徴。ウェブは隙間がないよう編みこまれているため、ピッチャーも使えます。

オールラウンドタイプは、軟式野球から硬式野球に転向したばかりの部活生はもちろん、さまざまなポジションを受け持つ野球サークルを始めた方にも便利。メインとして使うのはもちろん、キャッチボール用などのサブとして、ひとつ持っておくのもおすすめです。

公式試合で使用するなら規則に準じたモノを

公式戦で硬式野球用グローブを使用する場合、野球用具のルールを守ったモノを選択する必要があります。中学生や高校生、社会人野球など、それぞれに用具のルールがあるため注意が必要です。

しかし、中学生・社会人野球でも高校野球のルールに準じていることが多いので、高校野球で使えるかどうかを基準に選ぶことがおすすめ。なかでも注意したいのは、本体カラーです。ブラウン系・オレンジ系・ブラックが、規則に準じた本体カラー。公式戦で使用するなら、色にも注目して選択しましょう。

さらに、革の断面をつなぐ「ハミダシ」と呼ばれるラインにも注意。規則に準じるなら、グローブと同系色で目立たないモノか、革の自然色を選ぶことが重要です。そのほかにも規則があるため、しっかりと確認したうえで選んでみてください。

サイズをチェック

スムーズでミスの少ないプレーをするためには、自分の手のサイズに合った硬式野球用グローブを選ぶことが大切。大きさだけでなく、捕球部であるポケットのサイズも違います。

ただし、同じサイズであっても、メーカーによって装着感などに違いが出ることがあるので注意が必要。サイズ表記も、メ―カーごとに異なります。

さらに、ポジションによっても、コンパクトで操作性のよいモノを使うのか、大きくて捕球性能の高いモノを使うのかで適した製品が分かれるのが特徴。手のサイズに合うことはもちろん、ポジション別のプレーにも役立つサイズのグローブを選択してみてください。

素材をチェック

By: zett-baseball.jp

硬式野球用グローブで主に使われている素材は、牛革です。ほかの動物の皮に比べ、丈夫で耐久性に優れているのがポイント。さらに、牛革にも大きく分けて2つの種類があり、それぞれに特徴があります。

ひとつめは「キップ」と呼ばれる、生後6ヶ月~2年未満の牛革。子牛から成牛の間の牛の革です。年齢が若いためつるつるとしてしなやかな肌触りで、薄いのに丈夫。成牛の革と比べ、価格が高い傾向にあります。

ふたつめは「ステア」。生後2年以上の、去勢された成牛の牛革です。キップほどではないものの表面はきめ細やかで、キップに比べ耐久性に優れています。革に適度な厚みがあるだけでなく、厚みが均一であることも魅力です。

それぞれに弾力性・耐久性・柔軟性があり、硬式野球用グローブに適した革といえます。価格には違いがありますが、高級なほどよいというわけではないので、重視したいポイントに注目して選んでみてください。

硬式野球用グローブのおすすめメーカー

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

硬式野球用グローブだけでなく、野球用品も幅広く扱っている日本メーカー「ミズノ」。日本国内でのシェア率も高く、非常に知名度の高いスポーツメーカーです。

ミズノの大きな特徴のひとつが、「ミズノプロ」と呼ばれるシリーズがあること。「CRAFTED EDITION」は、トッププレーヤーが、実際にグローブに施したこだわりが再現されています。プロのプレーを追い求める方にもおすすめです。

また、「ミズノプロ」と並んで人気があるのが「グローバルエリート」シリーズ。軽量感にこだわって作られているため、はじめて硬式野球用グローブを使う方にもおすすめです。

エスエスケイ(SSK)

By: amazon.co.jp

野球用品をメインに展開する日本のスポーツメーカー「SSK」。こだわりの品質は、日本国内のみならずメジャーリーガーにも愛用されています。

なかでも注目したいのは、、ハイパフォーマンスモデルである「プロエッジ」シリーズです。質が高いだけでなく、ウェブの種類やバックスタイルの種類が非常に豊富。好みのスタイルを選びやすいのが魅力です。

ウィルソン(Wilson)

By: rakuten.co.jp

球技を中心とした、幅広いスポーツ用品を展開するメーカー「ウィルソン」。日本のプロ野球界はもちろん、メジャーリーガーにも多くの愛用者がいます。

アメリカ発のメーカーではありますが、最上位グラブシリーズ「Wilson Staff」は、日本製なのがポイント。ウィルソンの最上位グラブシリーズです。ゲーム用グローブのコンディションを維持するのに役立つ、トレーニング用グローブも展開しています。

「Wilson Staff」は、ポジション別に要求されるグローブの動きに注目し、適した革を適した場所に使う適材適所の設計を採用。プロの選手と同じ素材や工程で、職人により、ひとつずつ丁寧に仕上げられています。

ゼット(ZETT)

By: amazon.co.jp

「ゼット」は、ゼット株式会社の野球・ソフトボール製品専用ブランド。職人が素材を厳選し、ノウハウを活かして丁寧に作り上げているのが特徴です。

注目は、「プロステイタス」シリーズ。ハイパフォーマンスな硬式野球用グローブモデルで、牛革の種類はもちろん、設計・加工にいたるまでこだわりぬいて作られています。

さらに、比較的安価な「ネオステイタス」シリーズもラインナップ。手に入れやすいモデルがあるのも、ゼットの魅力のひとつです。

硬式野球用グローブのおすすめ|ピッチャー向け

ミズノ(MIZUNO) 硬式用 ミズノプロ CRAFTED EDITION 前田型5mm小 1AJGH26001

ミズノが誇る上級モデル「ミズノプロ」のグローブです。ゴールドの刺繍でラベルが施してあるのがポイント。ミズノのクラフトマンの洗練された技術を体験できる、「CRAFTED EDITION」です。素材には、プレキシーキップレザーを使用しています。

本製品は、メジャーリーグでも活躍しているピッチャー、前田健太選手モデル。スタンダードな投手用サイズ「12」で、右投げ用です。

硬式野球用グローブのなかでも人気色である、オレンジ系のスプレンディッドオレンジを採用しているのも魅力。スタイリッシュな配色で、ピッチャーマウンドでも人目を惹く華やかさがあります。

ゼット(ZETT) 硬式グラブ プロステイタス SE 投手用 BPROG21S

スタイリッシュな印象のパラレルウェブを採用した投手用グローブ。きめ細やかでしっとりとした質感の、上質なヨーロッパ産キップレザーを使用しているのが特徴です。

表はもちろん平裏にもキップレザーを配し、補強しているのが魅力。捕球面にハリとしっかり感を持たせるよう工夫されています。

カラーは、ブラック・パステルブラウン・オレンジ・ディープオレンジの4色がラインナップ。どの色も高校野球対応なのもポイントです。投手用としては小ぶりのサイズ「4」なので、スピーディーなプレーをしたい方に向いています。

久保田スラッガー(Slugger) 硬式グローブ ピッチャー用 KSG-K65

野球用品を専門に扱う「久保田運動具店」が展開するブランド「久保田スラッガー」の硬式野球用グローブ。グローブの開発に重きを置いているのがポイントです。

久保田スラッガーのグローブは、お湯で揉んでから叩いて形を調節する「湯もみ型付け」との相性がよいのが特徴。新品でも手になじみやすいグローブに整えられます。

手袋サイズで24~25cm向きのアイテムです。また、「サムホールド」機能を搭載しているのも魅力。親指のハミダシ部分をなくし、補強することで指入れ感が向上しています。

ローリングス(Rawlings) 硬式 プロプリファード ウィザード #01 GH1PWA15MG

捕球からの素早い送球を叶える、切り返しに役立つ硬式野球用グローブ。素材は、表革にしなやかなカナディアンキップレザー、裏革には耐久性に優れたディアタンドカウハイドを使用しています。

さらに、グローブが稼働する角度に合わせて、関節構造を背面に設定。無駄なくスピーディーな投球につなげられます。カラー展開は、Rオレンジ・ブラック・Gキャメルの3色。サイズは11.75です。左投げ用もラインナップされています。

アシックス(Asics) GOLDSTAGE UT 投手×外野手兼用(タテ)3121A871

技術を追求することで生まれた「ゴールドステージ」シリーズの硬式野球用グローブ。投手と外野手を兼用できる、特殊なウェブを採用しています。ポジションが定まっていない方はもちろん、攻守どちらにも全力を尽くしたい方にもピッタリです。

また、革にはタッチのよさが魅力のグランドレザーを採用しています。色はブラックとBゴールドをラインナップ。アシックスのグローブにおけるサイズは10です。タテ型の握りをするピッチャーに適しています。

チアキ(CHIAKI) 硬式グラブ 投手用 FKI-01

左投げ専門の製品を開発しているメーカー「チアキ」の投手用グローブ。野球経験のある職人が細部までこだわりぬいて作っています。

本製品は、オーソドックスな投手用グローブ。ポケットは深めに設定されており、横振りに使えるよう設計しています。初めて硬式野球用グローブを購入する左利きの方はもちろん、左利き用グローブを新調したい方にもおすすめです。

硬式野球用グローブのおすすめ|キャッチャー向け

ミズノ(MIZUNO) 硬式用 グローバルエリート HSelection インフィニティ 捕手用 炭谷型 1AJCH25410

軽量さを重視した、「グローバルエリート」シリーズの硬式野球用グローブです。受球面・背面にセルレンシャスエリートレザーを採用し、軽量感・操作性をアップさせているのが特徴。また、手になじみやすいのもポイントです。

本製品は、炭谷銀仁朗選手モデル。プロとして長年活躍している、炭谷選手のプレイを追い求める方にもおすすめです。平裏部に「Global Elite」の刺繍が施してあるのも魅力。収納に便利な専用袋付きのアイテムです。

ハタケヤマ(HATAKEYAMA) 久硬式シリーズ 硬式用 捕手用 Q-OK

革製品を数多く手掛けるメーカー「ハタケヤマ」のキャッチャーミット。グローブも数多く展開しており人気がありますが、特にミット類が支持されています。

なかでも「久」シリーズは、“職人が手にピッタリくる感覚”を想定して設計。革はしっとりとして粘り気のある和牛革を採用しており、手になじみます。より一体感を極め、ひとりひとりの理想の形へ導きやすい柔らかさが魅力です。

本製品は、「久」シリーズの基本モデル「OK型」。ミットの又部分をケブラーで補強し、耐久性を追求しています。さらに、芯の一部に純毛フェルトを使用し、全体を弓なりの形状に仕上げているのもポイント。捕球のためのポケットを作りやすいよう、工夫されています。

ローリングス(Rawlings) 硬式 GAMER MIT キャッチャー用 GH9GJ2F

バックスタイルをセパレート構造にし、開閉のしやすさを追求したキャッチャー用ミットです。購入しやすいコストパフォーマンスに優れたモデルながら、日本製なのが特徴。複数ポジションを兼任する方や、初めて捕手をする方にもおすすめです。

表革・裏革ともにUSステアレザ―を使用しています。サイズは33インチ。色はブラックとディープオレンジの2色をラインナップしています。

ジームス(Zeems) 硬式 キャッチャーミット 捕手用 SV-400CM

実践向けにこだわりながら、コストパフォーマンスに優れた「ジームス」のキャッチャーミット。手を入れたときのなじみのよさや、素手でつかむような操作性が魅力の硬式野球用グローブです。

比較的安価で購入しやすいモデルのため、キャッチャー初心者に適しています。本体カラーは、イエロー・ブラック・Rオレンジの3色を展開しています。

素材は表にはステアレザー、内裏にはソフトステアを使用。革表面のキメ細かさ、革としての強度を重視し、「湯もみ加工」に適したモノを厳選しています。

さらに、注目は職人が丹精込めて作りあげた、こだわりの日本製であること。奈良県の工房で裁断から縫製、紐通しまですべての工程を一貫して行う、完全国内生産のグローブです。

硬式野球用グローブのおすすめ|内野手向け

ウィルソン(Wilson) 硬式用 Wilson Staff 一塁手用 36 ファーストグラブ WTAHWS36D

ポジションに適した素材を製品に使用した「ウィルソンスタッフ」のファーストグラブ。親指の力が伝わりやすく、しっかりとつかめるよう設計されているのが特徴です。

素材は、耐久性に優れたプロストックステアレザーを採用。軽量なため軽快に守備ができ、使うほど手になじんでいきます。カラーは、Eオレンジ・ブラックの2色展開。右投げ用と左投げ用の両方をラインナップしています。

ゼット(ZETT) 硬式グラブ プロステイタス 二塁手・遊撃手用 BPROG361

「つかみ捕り」のパターン設計を施した、セカンド・ショート向け硬式野球用グローブ。5本の指全体でしっかりとつかむ捕球スタイルに適しており、ボールのキャッチ性能を重視したい方におすすめです。

また、グローブ本体表平パーツの裏にレザーで補強を施すことで、手のひらにピッタリとくるハリ感を実現。素手感覚でキャッチしたい方に向いています。

革は、耐久性としなやかさを併せ持つ、北米原皮を厳選して採用。日本のタンナーによって加工されたプロステイタスレザーを使用しています。

ドナイヤ(Donaiya) 硬式グラブ 右投げ 山田哲人モデル DJIM

山田哲人選手が愛用するグローブと同品質の硬式野球用グローブ。内野手用としてはやや大きめのモデルながら、ボールをキャッチしやすいよう設計されているのがポイントです。

広く大きなポケットはボールのおさまりがよく、初心者でも捕球しやすいのが魅力。また、表革に丈夫なステアハイドを使用しているのも特徴です。第一線で活躍するプロ野球選手が使っているモデルを探している方はチェックしてみてください。

アイピーセレクト(Ip Select) Excellent Collection 内野手用 Alivio Ip.058-Ec

ミットとグローブを中心に展開しているブランド「アイピーセレクト」の内野手用グローブ。スタイリッシュな見た目に加え、設計・素材・製造にいたるまで優れた技術を用いているのが特徴です

サイズは29.5cmで、内野はもちろん幅広いポジションに対応が可能。モデル名「Alivio」は、「安心」を意味し、さまざまなシチュエーションにも対応が可能な硬式野球用グローブです。

硬式野球用グローブのおすすめ|外野手向け

エスエスケイ(SSK) 硬式プロエッジアドヴァンスド外野手用 PEAKL3457S22

軽量化を実現した、外野手向け硬式野球用グローブ。ハイパフォーマンスモデル「プロエッジ」のなかでは、比較的安価でコスパに優れているのが特徴です。

カラーはBオレンジを用意。右投げと左投げの両方をラインナップしています。素材にはY18ステアレザーを採用し、蒸れを軽減するための通気孔が空いているのも魅力です。

ウィルソン(Wilson) 硬式用 Wilson Staff デュアル 外野手用 D8 WTAHWTD8G

ウィルソンの「デュアルテクノロジー」を採用した硬式野球用グローブ。一般的なグローブにはひとつしかないハミダシが、2本あることが名前の由来です。

通常のグローブは、1枚の革で指を覆うように設計されています。しかし、「デュアルテクノロジー」は、3枚の革を使って立体的に縫製されているのがポイント。ボールをつかむ力を、指先にまでしっかり伝えられるようサポートします。

さらに、「デュアルテクノロジー」により指先の強度を高めているため、球際などの捕球に強いことも魅力です。サイズは12.5。大きくしっかり開き、深いポケットでしっかりとボールをキャッチできます。守備率をもっと高めたい方におすすめのグローブです。

アシックス(Asics) GOLDSTAGE I-PRO外野手用 3121A857

捕球力の高さを追求した、外野手向け硬式野球用グローブです。高校野球対応モデル。ウェブ先での捕球もしやすい設計なのが魅力です。

素材は、上質なスペシャルオーバーキップレザーを採用。キメが細かく、使うほどに手になじむことが特徴です。グローブ寸法は14で、サイズは大きく、ポケットも深いタイプ。ゴールドカラーでアシックスのラベルを施しています。

スポーツ玉澤 硬式グローブ 外野用 TMZW-K3SW

コストパフォーマンスに優れた、外野手向け硬式野球用グローブです。スポーツ玉澤特有のカンタマと呼ばれるロゴが入っています。珍しい和風テイストなのが特徴です。

また、ポケットにしっかりとした深さがあるサイズであることもポイント。ウェブは、開閉のしやすさに優れているレースラップ型を採用しています。安価なモデルながら、外野手に必要な基本的性能を備えたモデルです。

硬式野球用グローブのおすすめ|オールラウンド

ミズノ(MIZUNO) 硬式用 グローバルエリート HSelection02+ オールラウンド用 1AJGH22410

耐久性に優れた、オールラウンド向け硬式野球用グローブ。「NEWパワーレイヤー構造」を採用し、打球をポケットで抑え込むよう工夫されています。また、ウェブ下の特殊な構造により、長期間の使用でも裂けにくいのが魅力です。

素材には、しなやかでハリのあるマデレンダーレザーを採用。サイズは10で、左投げ用もラインナップされています。

アトムズ(ATOMS) 硬式グローブ グローバルライン オールラウンド用 AGL-105

北海道産和牛を素材に使用した、オールラウンド向け硬式野球用グローブ。奈良県桜井市に本社工場を持つグローブ専用メーカー「アトムズ」の製品です。

国内大手が所有することの多い自動裁断機を導入し、品質の安定化に努めているのが特徴。素材には、USブランドの厳しい基準をクリアした寺田製革所の革を採用し、こだわって仕上げられています。長さは29cm。オールラウンドタイプで、投手用としても使えるモデルです。

久保田スラッガー(Slugger) 硬式グローブ オールポジション用 KSG-L7

オールラウンド向けの、硬式野球用グローブです。同社のなかでは唯一のオールポジションタイプ。手袋サイズで、25~27cm向きなので、手が大きい方におすすめです。カラーは、オレンジとブラックの2色を展開しています。

ポジションがまだ決まっていない場合にもピッタリ。右利き用と左利き用の両方をラインナップしています。

硬式野球用グローブの売れ筋ランキングをチェック

硬式野球用グローブのランキングをチェックしたい方はこちら。