夜空に広がる星の位置を確認するのに便利な「星座早見盤」。小学校の学習教材としても使われており、季節によって変化する星の位置を簡単に確認できます。さまざまなアイテムが販売されており、タフな素材でできたアイテムなら、キャンプや天体観測などでも手軽に使用可能です。

今回は、おすすめの星座早見盤をご紹介。星座早見盤を選ぶポイントも解説するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

星座早見盤の選び方

タイプをチェック

初心者や子供におすすめの星座絵タイプ

By: blue-terra.jp

背景に星座の絵が描かれているタイプです。初心者の方や子供が実際の星空を見て想像するのは難しいので、まずは星座絵付きの星座早見盤を使うのがおすすめです。

星座の名前の由来となった神話や逸話を元にしてイラストが描かれているので、より星座の形を覚えやすくなるのもメリット。星座絵と星座線のどちらも描かれているモノなら、星座をまだ覚えていない場合でも、簡単に形を想像できます。

星座絵と星座線には決まった形がなく、各星座早見盤によって異なるので、好みのモノを選ぶのがおすすめです。おしゃれな星座絵を採用している星座早見盤なら、インテリアとしても楽しめます。

星空と比較するなら線画タイプ

By: amazon.co.jp

実際に星空を見上げながら星座が見たい場合は、線画タイプの星座早見盤がおすすめです。学校でも、線画タイプの星座早見盤がよく使われています。

イラストがないので、より実際の星空に近い形で使うことが可能。星空を観察するのが好きな方など、天体観測に慣れている方に適しています。

線画タイプの星座早見盤は、実際の星空とほとんど同じ星図が描かれているので、星が輝いている方角や配置を確かめやすいのがポイント。星雲や星団など、星座以外の天体を掲載していることも多く、星空のことをより深く知りたい方にもおすすめです。

暗闇でも見やすい蓄光タイプ

By: amazon.co.jp

実際の星空を見上げながら、星座早見盤と比較したい方には、暗闇でも光る蓄光タイプのモノがおすすめです。暗闇の中でも星座の方角や配置を確認でき、より星の輝きが見えやすく、天体観測を楽しめます。

暗闇の中で光る部分は星座早見盤によって異なるため、購入前に確認しておきましょう。等級の大きい星の方が目立つように設計されているモノなら、肉眼で星空を見上げたときの配置と同じように見えるのでより便利です。

多くは蓄光塗料などで星座が描かれており、昼間光に当てておくだけで手軽に使えます。暗闇での使用前に準備しておきましょう。

素材と耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

紙を使って作られた星座早見盤は、リーズナブルな価格で手に入れられるのが魅力。しかし、天体観測などで外に持ち出す場合は、水濡れに強い素材を使っているモノがおすすめです。耐久性の高い星座早見盤なら、突然の雨や夜露に濡れても、引き続き使えます。

特にアウトドアで使う機会が多い場合、紙製の星座早見盤はワンシーズンの使い切りアイテムとして考えておくのがおすすめ。長く使いたい場合は、プラスチック製の星座早見盤など、耐久性が高いアイテムを検討しましょう。

水を弾くプラスチック素材を使ったアイテムなら、雨や露に濡れてもそのまま使用できます。曲がりにくいので、持ち運びも簡単です。なかには一部だけプラスチック素材を使った星座早見盤もあるため、選ぶ際はよく確認しておきましょう。

載っている情報をチェック

By: daiwa-e.com

星座早見盤に載っている情報は、各星座早見盤によって異なります。星図の外に太陽や月など、ほかの天体の情報を載せているモノもあるので、天体や星空が好きな方はチェックしてみてください。

星座早見盤の余白部分に載っている情報も見れば、より夜空が楽しめます。月の満ち欠けや日の出などについて載っているモノは、自由研究などにも使いやすく、子供の勉強用にぴったりです。

また、なかには南半球の星座が描かれている星座早見盤もあります。南半球の星座は日本が位置する北半球の星座とは異なっており、新しい見え方があるのもポイント。南半球を旅行するときにもおすすめです。

サイズをチェック

By: hoshinotechou.jp

星座早見盤にはさまざまなサイズのモノがあるので、使用者や使用シーンに合わせて選びましょう。大きめサイズの星座早見盤は見やすいのがメリット。小学生の教育用などとして使う場合にもおすすめです。おしゃれなデザインのモノなら、インテリアとしても役立ちます。

旅行やアウトドアなどで使う場合は、小さめの星座早見盤がぴったり。コンパクトサイズの星座早見盤なら持ち運びやすく、旅先でもカバンからスムーズに取り出して確認できます。

持ち運びを前提としているモノは素材もタフなモノが多く、長く使いやすいのもポイント。ただ、小さいモノは線画のみなどシンプルな設計のアイテムが多いので、星座早見盤に慣れている方向けです。

形状をチェック

By: amazon.co.jp

星座早見盤のなかにはお椀型になっているモノもあります。お椀型の星座早見盤は少し凹み、フチが盛り上がっているため、実際の星の位置に近い形で見られるのがメリットです。

平面の星座早見盤では大きく歪んでしまう南の空が、実際の位置に近い場所へ描かれているので、星空を見上げながら星の位置を探し当てやすいのがポイント。金属製やプラスチック製など、タフな素材を使っているモノが多いため、長く使えます。

お椀型の星座早見盤は平面のモノよりかさばりやすいものの、位置を確認しやすいので、星を見慣れていない子供にもおすすめです。

星座早見盤のおすすめ

新日本通商(SHIN NIHON TSUSHO) 光る! 星座板 星・月の動き 341001

夜でも快適に使える蓄光インク採用

暗闇でも使いやすい、蓄光インクを使った星座早見盤です。星空をよく観察しながら使えるので、天体観測やキャンプなどのアウトドアにもおすすめ。月の満ち欠けや太陽の動きの情報も載っており、天体が好きな方にも向いています。

記録用紙が付いており、自由研究など子供の教育用としてもぴったり。星座早見盤の使い方が書かれているので、たまにしか使わない方にも適しています。

星の手帖社 こども星座早見

星座名がすぐ確認でき覚えるのが楽しくなる

星座名を簡単に確認できる星座早見盤です。星座盤の周囲に星座名が並んでいるので、星の配置を見ながら、見たい星座がいつ現れるかが確認できます。

星は4〜5等星まで描かれており、天の川とともに蓄光インクで印刷されているのもポイント。暗い場所で星空を眺めながら星の位置を確認したいときにも便利です。

星座早見盤の裏面には、西暦1900〜2100年までのカレンダー早見表も付いています。西暦年と月を合わせれば、該当する年の月のカレンダーを簡単に確認できるのも魅力です。

星の手帖社 全国版星座早見

大きくて見やすく使い勝手がよい

蓄光インクを使って、5等星までの星と星雲星団や天の川を描いている星座早見盤です。暗闇でも見やすいので、天体観測にもおすすめ。北緯25〜45°まで5°刻みの地平線と、2°刻みの経度補正目盛が付いており、観測場所に合わせて調節できます。

経緯度を描いた日本地図も載っているので、現在地の大まかな経緯度を素早く確かめられて便利。裏面には月齢早見が載っており、1886〜2113年までの月齢が確認できます。

星の手帖社 星座早見付 天体キーホルダー アンドロメダ座大銀河M31

カバンに付けたりポケットに入れたりして持ち歩きやすい、キーホルダータイプの星座早見盤です。早見盤は直径5cmとコンパクトな円盤型ですが、軽量プラスチックでできているため耐久性が高く、便利に使えます。

表面にはアンドロメダ座大銀河M31の天体画像をレイアウト。蓄光素材で描かれているので、暗闇で光るのもポイントです。

渡辺教具製作所 星座早見 和文

お椀型の星座早見盤です。ベースは金属素材、回転盤はプラスチック素材でできているため、夜露や雨などの水濡れに強く、屋外でもタフに使えます。

学校でも使用されているアイテムなので、子供の教育用としてもおすすめ。直径は約21cm、重量は約100gと比較的大きく、小学生の子供でも見やすい大きさです。

渡辺教具製作所 星座早見盤 スターハーモニー 星座絵入り 1109

南の方角の星座を発見しやすいよう設計された星座早見盤です。一般的な星座早見盤は、南の星座が歪んでしまいがち。本製品は、なるべく肉眼で見た通りの形になるように修正されています。

夏の大三角形や冬の大三角形などを見つけやすく、主な星座の星座絵も掲載。おしゃれなカラーリングでインテリアとしても楽しめます。初めて星座早見盤を使う方にもおすすめのアイテムです。

渡辺教具製作所 小型星座早見盤スターチャート 1108

直径16cmと小さく、持ち歩きに便利な星座早見盤です。星の温度による色分けを表現しているのがポイント。それぞれの星の違いを楽しむきっかけになる、おすすめのアイテムです。

裏面には星座早見盤の使い方が書いてあるので、初めて星座早見盤を使う方にもぴったり。漢字にはひらがなが振られているため、子供でも扱いやすく、教材としても便利に使えます。

渡辺教具製作所 南半球用スターディスク 1103 欧文

南十字星が探しやすいよう工夫された星座早見盤。南十字星が目立つように描かれており、位置を把握しやすいようにデザインされているのがポイントです。

英語表記ではありますが、裏面には主な星座などの日本語対応が載っています。プラスチック製のアイテムで、長く使用しやすいのもメリット。英語表記に慣れるための教材用としてもおすすめです。

大和科学教材研究所(DAIWA) 星・月の動きA型 全天星座板

星座が確認しやすい大型の星座早見盤です。裏面には月の早見盤もあるので、星の動きと月の動きの両方を観察したい方にもおすすめのアイテム。日の出と日の入り時刻も簡単に確認できます。

蓄光インクで印刷されているため、屋外での天体観測にも便利。時刻補正目盛や3地点の地平線も入っており、旅行先などでも役立ちます。記録用紙が付いているので、観察の結果を記録したい方にもぴったりです。

昭和教材 光る星と月の動き 1259

小学生用の教材としても採用されている星座早見盤です。ヘラクレス座やうさぎ座なども掲載されています。表面は全天光る星座盤を採用しているので、暗闇の中で使いたい方にもおすすめ。水濡れに強いプラスチック素材でできており、屋外でもタフに使えます。

裏面には月の早見表が付いており、月の動きに関する学習ができるのもポイント。観測場所の補正に便利なシールや、記録用紙、月形定規が付いているので、自由研究などで夜空の観察をする場合にもおすすめです。

ビクセン(Vixen) 星座早見盤 宙の地図

水濡れに強い、ストーンペーパーを使った星座早見盤です。鉱物由来の素材を使っているので耐水強度が高く、突然の雨・湿気・夜露にも対応できます。破れや折れにも強く、キャンプや天体観測などのアウトドアシーンにもおすすめです。

明るい星には蓄光インクを使っているので、暗闇でも星の位置を簡単に確認できます。1等星や季節の代表的な星が光るよう設計されているため、方角や星の位置を確認しやすく、肉眼での観測にも便利です。

ビクセン(Vixen) 観望グッズ 星座早見盤

1〜4等星までの星や、星雲・星団・銀河系外星雲などを観察しやすい星座早見盤です。シンプルで使いやすい星座早見盤が欲しい方におすすめ。価格が比較的安いので、初めて星座早見盤を使う方にも向いています。

サイズは縦22.5×横21.5cm。裏面には、星座早見盤の使い方がイラスト付きで載っています。そのほか、明るい星や星座の名前、主な流星群が一覧で掲載されているなど、情報量が多いのも魅力です。

ビクセン(Vixen) ステーショナリー MOOMIN ステラメッセージ 84217

アンティーク調のおしゃれな星座早見盤です。メッセージカードとして使える手のひらサイズなので、天体が好きな方へのプレゼントとしてもおすすめ。しっかりとした紙を使っており、油性ペンでもメッセージを書き込めます。

星座早見盤は100年前のモノをモチーフにしているのもポイント。サイドにはムーミンのキャラクターたちがプリントされているのも魅力です。ゴールドのホイル紙をベースにしたおしゃれなカラーリングは、インテリアとしても楽しめます。

ケンコー・トキナー(Kenko Tokina) 星座早見盤 Planisphere II

シンプルな星座早見盤です。1〜4等星まで記載されており、月日と時刻の目盛を合わせることで、星の位置を確認できます。変光星・星雲・星団・銀河なども記載されているのがポイントです。

裏面には星座早見盤の使い方が記載されており、星座早見盤を初めて使う方にもおすすめ。カバーを開けば全天も確認できます。比較的価格が安いので、星座早見盤を試してみたい方はチェックしてみてください。