f手指の消毒をスムーズに行える「アルコールディスペンサー」。アルコールディスペンサーがあれば、帰宅してすぐに消毒ができて便利です。

そこで今回は、おすすめのアルコールディスペンサーをご紹介。あわせて、さまざまなバリエーションがあるなかから、使いやすいアルコールディスペンサーを選ぶためにチェックするポイントもお伝えします。

アルコールディスペンサーとは?

By: amazon.co.jp

アルコールディスペンサーとは、アルコールを入れておく容器のこと。シャンプーやハンドソープのポンプのように、アルコールを一定量ずつ出せるのが特徴です。

手でポンプを押すタイプのほか、自動でアルコールが出るタイプなどさまざまな製品があります。コロナ禍でこまめな手指の消毒が欠かせない昨今、家庭にもひとつあると便利なアイテムです。

アルコールディスペンサーの選び方

自動か手動かで選ぶ

手を触れずに使える「自動タイプ」

By: kingjim.co.jp

自動タイプは、手をかざすとセンサーが反応して自動的にアルコールが噴霧されます。本体に触れなくてもよいので、雑菌が付着したりほかの方に雑菌が移ったりすることが少ないのがメリットです。

また、アルコールディスペンサー本体に触れない分、汚れにくいのでお手入れが簡単なのも嬉しい点。しかし、定期的に充電や乾電池の交換が必要です。

自動タイプのアルコールディスペンサーを選ぶ際には、センサー感度をチェックしましょう。センサー感度のよい製品なら、手をかざせばすかさずアルコールが噴霧されるため、スムーズに使えます。

リーズナブルな「手動タイプ」

By: amazon.co.jp

手動タイプは、ポンプ部分を手や足で押してアルコールを噴霧します。手軽に手に入るうえ、電気代がかからないのでリーズナブルなのがメリットです。

しかし、直接手で触れることもあるため、手の雑菌が付着したりほかの方へ雑菌が移ったりする可能性があるのがデメリット。衛生的に使用したいなら、本体のお手入れをこまめにする必要があります。

給電方法を確認する

電池交換ですぐに使える「乾電池式」

By: kingjim.co.jp

乾電池式のアルコールディスペンサーは、市販の乾電池を使用するため機械が苦手な方にも使用しやすいのがメリットです。充電時間がかかったり、ケーブル端子が合わなかったりといったトラブルもありません。

ただし、電池が切れたときのために、常に乾電池をストックしておかなければならないのがデメリット。また、充電式に比べてコスパはやや低めです。

コスパのよい「充電式」

充電式のアルコールディスペンサーは、付属のケーブルを使用して充電すれば繰り返し使えるのがメリット。自宅で充電できるので、コスパが高いのが嬉しい点です。

充電ケーブルはUSB式のモノだと、コンセントだけでなくPCなどでも充電できるので便利。なお、購入の際はケーブル端子が自宅の機器に対応しているか確認しましょう。対応していない場合は、別にアダプターが必要になることもあります。

容量と噴霧量をチェック

By: kingjim.co.jp

アルコールディスペンサーを選ぶ際には、容量をチェックしておくのがおすすめ。たくさんのアルコールを入れられる大容量タイプなら、頻繁に詰め替えなくて済むので手間がかかりません。

家族で使用する方におすすめなのが噴霧量を調節できるタイプ。大人が使うときには多めに、子供が使うときには少なめにと、使用する方によって使い分ければより快適に使えます。

お手入れのしやすいモノがおすすめ

By: kingjim.co.jp

アルコールディスペンサーを衛生的に使用するためにも、お手入れしやすいデザインのモノがおすすめ。凹凸が少なく、シンプルな形状のモノなら気軽にお手入れができます。

また、分解できるタイプなら奥のほうに入り込んでしまった汚れもお手入れできて便利。分解や組み立てが簡単にできるよう、パーツが少ないモノを選ぶとよりスムーズです。

直接手で触る手動タイプはもちろん、自動タイプも日常的に使用しているとホコリなどの汚れがたまってくるため、定期的にお手入れを欠かさないようにしましょう。

必要な機能を備えたモノを選ぶ

By: kingjim.co.jp

アルコールディスペンサーのなかには、便利な機能が備わっているモノもあります。たとえば、下にトレイがついているモノはアルコールがこぼれても周囲が汚れにくいため便利です。

また、手をかざすと自動的に体温を計測する「検温機能」つきのモノもあります。簡易的なモノですが、毎日の体調管理の目安として活用できるので、気になる方はチェックしてみてください。

おしゃれなデザインのモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

せっかくアルコールディスペンサーを購入するなら、おしゃれなデザインのモノを選びたいところ。特に、玄関など人目に付くところに設置したい方は、インテリアになじむデザインのモノを選びましょう。

ナチュラルな雰囲気が好みの方は、ぽってりとしたフォルムのモノやホワイト系の明るい色合いのモノがおすすめ。モダンな雰囲気が好みの方は、スクエアなどかっちりしたフォルムのモノや落ち着いた色合いのモノがおすすめです。

アルコールディスペンサーのおすすめモデル

キングジム(Kingjim) アルコールディスペンサー テッテ TE500

ぽってりと丸みのあるフォルムがかわいいアルコールディスペンサー。優しいテイストのインテリアとの相性がよく、玄関など人目につく場所に設置したい方にもおすすめです。

スプレー式ノズルでまんべんなく消毒できるため、快適な使い心地が味わえるのが魅力。下部にはトレイがついており、周囲が汚れにくいのもポイントです。

コンパクトな500mlと大容量の1000ml、2サイズから選べます。狭い場所に設置するなら500mlタイプ、頻繁な補充が面倒なら1000mlがおすすめ。ボトルは透明なので、消毒液の残量が一目でわかります。

電源は置き場所を選ばない乾電池式。電池残量が少なくなったらLEDが点灯して知らせます。電池交換も工具いらずで簡単にでき、使い勝手のよいアルコールディスペンサーです。

IVSO アルコール消毒噴霧器

六角形のデザインが特徴的なアルコールディスペンサー。スタイリッシュな雰囲気で、モダンテイストのインテリアが好きな方におすすめの製品です。

本体に手を触れなくても、手をかざすだけで自動的にアルコールが噴霧されるので衛生的。噴霧量は2段階で調節できるので、消毒する方に合わせて使い分けられます。

容量は360mlで、ボトルの下部は透明。残量がよく見えるため、補充のタイミングがわかりやすく便利です。底部にはすべり止めのゴムがついており、安定して使えます。

Umimile アルコールディスペンサー

シンプルなカラーリングと優しいフォルムで、さまざまなインテリアになじみやすいアルコールディスペンサー。コンパクトサイズで洗面所などの狭いスペースにも設置しやすいのが魅力です。

高感度センサーを搭載しており、手をかざすとわずか0.3秒でアルコールが噴霧されます。噴霧量は0.5gと0.8gの2段階で調節できるため、使用するシーンや人に合わせて使い分けられるのがポイントです。

電源はUSB充電式。電池交換の必要がなく、繰り返し使用できるため経済的です。電池切れの際には、LEDがオレンジ色に点灯して知らせます。

使用時にアルコールがこぼれても周囲が汚れにくいトレイ付き。棚やテーブルの上に設置するほか、壁掛けにもできる便利なアルコールディスペンサーです。

NICEM アルコールディスペンサー

デッドスペースを有効活用できる、壁掛けタイプのアルコールディスペンサー。場所を取らないので、玄関や洗面所などの狭いスペースにも設置しやすいのが魅力です。

高感度のセンサーを搭載しているため、手をかざせば0.25秒でアルコールが噴霧されるのが特徴。待ち時間が発生しにくく、スムーズに消毒が行えます。

インテリアになじみやすい、シンプルで清潔感のあるデザインもポイント。中央には透明窓があり、残量が把握できるため補充のタイミングがひと目でわかります。

電源は乾電池式。コンセントを使用しないため、好きな場所に設置できるアルコールディスペンサーです。

エムール 非接触・赤外線測定&消毒 オートディスペンサー

本製品1台で、消毒と検温の両方が行える便利なアルコールディスペンサー。来客の多い店舗や家庭にもおすすめの製品です。

検温を行う赤外線センサーと、アルコールを噴霧する噴射センサーがついており、順番に手をかざすだけでスムーズに検温と消毒が可能。直接手を触れなくてもよいので衛生的に使用できます。

背面には480mlのアルコールを入れられるタンク付き。タンクは透明で残量が見えやすく、補充のタイミングがひと目でわかります。補充の際は、上部のキャップを開けて注ぐだけと簡単です。

噴霧量は9段階で調節可能。使う方によって切り替えられるので快適に使用できるうえ、アルコールの節約にもなります。電源はコードなどが邪魔にならない乾電池式のため、使う場所を選ばないアルコールディスペンサーです。

MSOVA アルコール消毒噴霧器

洗面所や玄関などの狭い場所にも設置しやすい、スリムなアルコールディスペンサー。清潔感のあるホワイトカラーとシンプルなデザインで、さまざまなインテリアになじみます。

アルコールの噴霧量を2段階で調節可能。大人と子供で使い分ければ、ちょうどよい量のアルコールを使用できるため、快適なうえアルコールの節約にもなります。

電源は乾電池式で、コンセントを使用しないためさまざまな場所で使えるのがメリット。電池は背面に設置されているので、洗面所などでも水に濡れにくく、安心して使用できるアルコールディスペンサーです。

TISOU アルコール消毒噴霧器

なめらかなカーブを描くデザインがスタイリッシュな雰囲気のアルコールディスペンサー。狭いスペースに置いても場所を取りにくいスリムなフォルムが魅力です。

スリムながらも450mlと大きめサイズ。タンクは透明で中がよく見えるため、アルコールの残量を把握しやすいのがポイントです。噴霧量は2段階で調節でき、噴霧量に合わせて違う色のLEDライトが点灯します。

電源は使用する場所を選ばない乾電池式。底部にはすべり止めゴムがついているので、安定感があります。

プラスマイナスゼロ(±0) アルコールディスペンサー ZBD-E010

スタイリッシュなデザインが魅力のアルコールディスペンサー。モダンや北欧テイストのインテリアが好きな方におすすめの製品です。

電源は設置する場所を選ばない乾電池式。コードレスなので見た目もスマートです。防水タイプのため、キッチンや洗面所などの水回りでも安心して使用できます。

噴霧量はボタン1つで2段階に調節が可能。また、タンク容量は250mlで、タンク・フタは丸洗いできます。パーツが少なくシンプルなのでお手入れしやすく、衛生的に使用できるのがポイントです。

カラーはホワイト・ディープブルー・ブラウンの3種類。おしゃれでプレゼントにもおすすめのアルコールディスペンサーです。

RABLISS アルコールディスペンサー

なめらかなフォルムが優しい雰囲気のアルコールディスペンサー。液体タイプだけでなく、ジェルタイプの消毒液にも対応しているのが特徴です。

噴霧量は3段階で調節が可能。使用後にも液漏れしにくいゴムノズルを搭載したり、アルコールが本体につかないよう傾斜をつけたりと使用しやすいように工夫されています。

IPX4レベルの生活防水仕様で、キッチンや洗面所などの水がはねる場所でも使用可能。ボトルは透明で、残量が把握しやすく補充のタイミングがひと目でわかります。

電源は好きな場所に設置可能な乾電池式。電池残量が少なくなると、LEDライトが赤く光って知らせる機能がついているなど、便利に使えるアルコールディスペンサーです。

スワイライフ(swailife) アルコールディスペンサー

U字に曲がった噴霧口が特徴的なアルコールディスペンサー。シンプルながらも個性的なデザインで、インテリアのさりげないアクセントになります。

手を出している間、ミストが噴霧される仕様。自分の好みの量のアルコールを手に取れるので無駄がなく、快適に使用できます。底部に、周囲の汚れを軽減するトレイがついているのもポイントです。

電源は設置場所を選ばない乾電池式。コードレスなので見た目がスマートなうえ、お手入れしやすいのも嬉しい点です。使用しないときには電源をOFFにしておけます。

清潔感のあるホワイトカラーで、設置した場所が明るい雰囲気になるのもポイント。底部の直径約8.1cmとスリムで、ちょっとしたスペースに置けるアルコールディスペンサーです。

ライソン(LITHON) オートミストディスペンサー KSZ-004

モノトーンカラーでシックな印象のアルコールディスペンサー。上部がタンクになっており、消毒液の補充の際はキャップを外して注ぐだけと簡単なのが嬉しいポイントです。

アルコール消毒液のほか、次亜塩素酸ナトリウム液にも対応可能。テーブルやドアノブの消毒用にも活用できます。

細かいミスト状に噴霧されるので、均等にいきわたりやすいのもポイント。噴霧量は0.3mlと0.6mlの2段階で調節できます。

ボトルは白色で遮光性に優れているのも本製品の特徴のひとつ。紫外線による消毒液の劣化を軽減します。防水規格IPX2と、キッチンや洗面所など水がはねる場所でも安心して使用できるアルコールディスペンサーです。

RARE count 足踏み式消毒液ポンプスタンド

立った状態でもスムーズに使用できるスタンドタイプのアルコールディスペンサー。直接手でポンプを押さずに済む足踏み式で、衛生的に使用できるのが魅力です。

スタンドは耐久性に優れたスチール製。底面を広く、厚く設計してあるためペダルを踏んでもぐらつきにくく、安定感のある使い心地が味わえるアルコールディスペンサーです。