寝転がりながらパソコンを操作するためのガジェット、Lazy Desk

ベッドから起き上がるのは、おっくうですよね。誰でも、できることならばずっと寝ていたい、と思ったことがあるのではないでしょうか?Lazy Deskは、そんな想いをかなえてくれるガジェットです。なんと、寝ながらにして仕事ができてしまうんです。

Lazy Deskは、ベッドに横になりながら、パソコンを操作することができるガジェットです。機能は多くありませんが、Lazy Deskは細部までこだわりを持って設計・製造されている珠玉のガジェットなんです。

なお、Lazy Deskは日本でデザインされているので、品質面ではあまり心配しなくても良いかもしれません。

Lazy Deskの機能をご紹介

それでは、Lazy Deskの機能をご紹介していきますね。

Lazy Deskは、上の写真のように左右のアームでベッドに設置します。ユーザーは、そのアームの間に寝転んで、パソコンを操作することができ、ディスプレイの角度を調整することも可能です。

Lazy Deskには空冷ファンも設置されているので、長時間の使用や夏期でも、快適にパソコンを使用することができます。

またこういった製品では、うっかりパソコンが落下しないか気になりますが、ご心配なく。Lazy Deskにはストラップとラバーフックが備えられているので、安心ですね。ただし、本体ごと倒したり落下させないよう、注意は必要です。

ソファやイスでも使用可能

Lazy Deskはベッドで使用する意外にも、様々な用途があるでしょう。写真のようにソファで使用してもいいですね。体調がすぐれない時でもベッドの上でパソコンで作業ができます。(体調のすぐれない時には休むことが一番ですが。。)また、ケガやリハビリ中の方にも、活用してもらえそうですね。

こういった製品は他にもあるのですが、Lazy Deskは日本でデザインされた製品なので信頼できます。また必要な機能は備わっているにも関わらず、Lazy Deskの価格は9千円ほど。リーズナブルですね。