雨風を防ぐのはもちろん、汗による蒸れを逃す機能にも注目したい「登山向けレインウェア」。最近はデザイン性や機能性に優れたアイテムが数多くリリースされていますが、そのなかでも耐久性を重視するか、軽量性を重視するかによって、製品選びは変わります。

そこで今回は、登山向けレインウェアのおすすめモデルをご紹介。特に登山初心者で、これからレインウェアの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

登山向けレインウェアの選び方

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

登山における防水性能は基本的に製品スペックの数値で比較します。もちろん数値が高ければ高いほど防水性は優れていますが、登山で使用する場合の登山ウェアであれば、最低でも20000mm以上の防水性能を有したモノを選びましょう。

撥水性能をチェック

撥水性能とは、ウェアについた水をはじく機能です。この性能が低いと水が内側に染み込んでくる可能性があります。なお、製品によっては長年使用していると徐々に撥水性能が落ちてくることもあるため、その際は市販のスプレーなどで定期的にメンテナンスを行うのがおすすめです。

By: amazon.co.jp

透湿性能が優れているかどうかもしっかりチェックすべきポイント。この部分が粗悪な場合、内側の蒸気を外側に逃がすことができないのでウェアの内側に汗が溜まり、不快感が増します。

さらに、そのままの状態で体が冷やされると体調悪化の原因ともなり得るので注意しましょう。なお、安価なレインウェアであればあるほど、それと比例する形で透湿性能も低い傾向にあります。

ゴアテックス素材のものを選ぼう

By: amazon.co.jp

登山をするのが初めてでレインウェアに関する知識がないという方は、ゴアテックス素材のモノを選ぶのが無難。ゴアテックス素材とは、高温多湿な日本の気候に合わせて設計された防水性能・撥水性能・透湿性能の3つが優れた素材です。

また、耐久性も高く劣化もしにくいので長年使用することができます。ただ、ゴアテックス素材のレインウェアは価格が高いのが唯一の難点です。しかし、価格以上の性能は備わっているので予算に合わせてお気に入りの一着を選んでみてください。

上下分かれているものを選ぼう

By: amazon.co.jp

登山用レインウェアにはセパレートタイプとポンチョタイプの2種類があります。ポンチョタイプは上から被って使用できますが、動きにくく、風の影響を受けやすく登山には向いていません。選ぶときはジャケットとパンツが別々になっているセパレートタイプを選ぶようにしましょう。上下それぞれの異なったサイズを選べるので動きやすくカスタマイズすることが可能です。

登山向けレインウェアのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

モンベルは1975年に設立された日本の総合アウトドアブランドです。創業者の辰野勇氏は日本のトップクライマーとして1970年には日本初のクライミングスクールを開校しています。また、”Function is Beauty (機能美)”をコンセプトとする日本を代表するブランドです。

商品のバリエーションが広く、海外メーカーに比べてリーズナブルな価格設定も魅力。日本の気候や風土に配慮しているメーカーだけに、初心者にも安心しておすすめできる登山ウェアのブランドです。

マムート(MAMMUT)

By: amazon.co.jp

マムートは1862年にロープ作りのために創業されたスイスのクライミング用品メーカー。信頼性の高い用品を取り揃えているブランドとして知られており、登山ウェアにおいても、ハイクオリティで機能性があるグッズがラインナップしています。また、ヨーロッパのブランドらしく洗練されたデザインも人気の理由です。

パタゴニア(patagonia)

By: amazon.co.jp

パタゴニアは1965年にアメリカで創業された、登山用品やサーフィン用品を展開するアウトドアメーカーです。環境活動に熱心であることでも知られており、パタゴニアのフリースにはペットボトル再生品が使われています。

同メーカーはモルデン・ミルズ社(現在のポーラテック社)が1979年に開発したフリース素材に注目し、登山ウェアにいち早く取り入れたのがことでも有名。フリース素材の登山ウェアを豊富に取り揃えています。

また、それまでグリーンやタンなどのアースカラーが主流であった登山ウェアにコバルトブルーやレッドなどの鮮やかな色を採用。登山ウェアのデザイン性が高いことでも定評があるアウトドアメーカーです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

ザ・ノース・フェイスは1968年にアメリカ・サンフランシスコで創業された総合アウトドア用品メーカー。名前は、山の北面(ノース・フェイス)に由来しています。それだけに、厳しい条件下での使用に耐える登山ウェアや寝袋・テントなど信頼性の高いマウンテンギアを取り揃えており、人気のブランドです。

登山ウェアも多くの商品をラインナップしています。機能性はもちろん、デザインやカラーバリエーションが豊富なのが魅力です。タウンユースしてもファッション性が高いのがメリット。メンズはもちろん、レディースやキッズ向け登山ウェアも幅広く展開しているので、家族で登山やアウトドアアクティビティを楽しむ方にもおすすめのブランドです。

登山用レインウェアのおすすめ人気モデル

モンベル(mont-bell) レインダンサー ジャケット

モンベル(mont-bell) レインダンサー ジャケット
「ゴアテックスファブリクス3レイヤー」を採用した、人気の登山用レインウェアです。薄い・軽い・丈夫という、登山に重要な要素を踏まえつつ、ゴアテックスファブリクスを使用した製品のなかでもリーズナブルなのが特徴。発色のよい5色のカラーバリエーションと美しいシルエットも魅力です。

付属のスタッフバックに収納すれば、8×8×16cmというコンパクトなサイズに収まるので携帯に便利。摩擦や引き裂きに強いため、藪や草が生い茂った場所などを歩く登山に適しています。特に気候が不安定な春先や晩秋におすすめの、防水耐久性に優れたモデルです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) レインテックスクラウド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) レインテックスクラウド
「ゴアテックスパックライト2.5層構造」を採用した上下セットのレインウェア。軽さと丈夫さを兼ね備えている上に、ゆとりを持たせたシルエットのため、重ね着もできるのが特徴です。豊富なカラー展開もポイント。

ジャケットは、冷気の侵入を防ぎ、風によるバタつきを抑えるドローコードを設け、フードは頭の形状にフィットするよう丸みを持たせてあります。パンツには、脚をあげても裾があがりにくい加工が施されており、歩行の妨げになりません。

また、裾のオープンファスナーが着脱を容易にし、微調節ができるアジャスターも付属しています。スタッフサックに収納することでコンパクトにまとまるおすすめのレインウェアです。

マムート(MAMMUT) クライメート レインスーツ

マムート(MAMMUT) クライメート レインスーツ
「ゴアテックス2.5レイヤー」を使用した軽量なレインウェア。軽さと耐久性に優れ、柔らかく着心地がよいのが特徴です。ジャケットはトラブルが発生した際にも発見しやすい発色のよい赤と黄色を、汚れやすいパンツには黒色を採用し、全体的にスッキリとしたおしゃれな印象に仕上がっています。サイズが豊富なことに加え、カラーも3色展開。

ジャケットは、フードに付いたコードでフィット感を調節可能です。サイドポケットはリュックを背負っていても邪魔になりにくい位置に配置し、雨の侵入を防ぐ止水ファスナーを設けています。

パンツは内部の摩耗性を向上させることで、メンブレンと呼ばれる防水の膜を保護する設計に。ジャケットとパンツを付属のスタッフサックに収納すればコンパクトに収まるので、荷物を軽くしたい登山におすすめのレインウェアです。

パタゴニア(patagonia) トリオレット・ジャケット

パタゴニア(patagonia) トリオレット・ジャケット
本製品は、3層構造のゴアテックスファブリクスを採用し、吹雪・豪雨・強風などの悪天候にも耐える高い防水性と透湿性を備えているのが魅力。

DWRと呼ばれる耐久性撥水加工を施しているうえに、フードにはヘルメット着用時でも視界を確保できる仕様になっています。防水性・透湿性・撥水性に加え機能性にも優れた、天候が変わりやすい登山に最適なレインウェアです。

パタゴニア(patagonia) ストレッチ・レインシャドー・ジャケット

パタゴニア(patagonia) ストレッチ・レインシャドー・ジャケット
2.5層構造の生地を使用することで、防水性・透湿性を備え、穏やかな霧雨から豪雨までしっかりと体を守ってくれるモデル。伸縮性に優れ、登山の悪路でも動きやすいのが特徴です。

ポケットやジッパーには、DWR(耐久性撥水)加工済みのジッパーを採用し、水の浸入を防止。裾は2箇所で調節可能なドローコードにより、外気の浸入を防ぎます。カラビナ用ループが付いたチェストポケットに収納すればコンパクトになるのもポイントです。

モンベル(mont-bell) ドライテック レインウエア

モンベル(mont-bell) ドライテック レインウエア
上下セットでリーズナブルに購入できるドライテックレインウェア。モンベル独自開発の防水透湿性素材「ドライテック」を採用し、耐水圧20000mmを維持しつつも、透湿性15,000gを実現しているのが魅力です。また、洗濯を20回以上行っても損なわれないと言われている超耐久撥水性も備えています。

フードは襟元に収納可能。パンツはひざ下にロングフロントジッパーが付いており、休憩や着脱の際に役立ちます。平均重量は約474gと非常に軽量。収納サイズも9×9×19cmとコンパクトで、荷物を軽くしたい登山にピッタリです。

ロゴス(LOGOS) 透湿 LVSレインスーツ

ロゴス(LOGOS) 透湿 LVSレインスーツ
耐水圧20000mm、浸透度10,000gを誇る3レイヤー仕様のレインウェア。レインウェア特有の蒸れを解決するため、蒸れた空気を逃す透湿素材を採用し、LVSと呼ばれるベンチレーションを背面に2つ施しています。

フードは襟裏に収納でき、汗をかいても蒸れにくいよう総裏メッシュになっているのもポイント。引き裂きに強いリップストップを採用するなど、アウトドアでアクティブに動くことを考慮した工夫が施されています。

ミズノ(MIZUNO) ベルグテックEXストームセイバ-VIレインスーツ

ミズノ(MIZUNO) ベルグテックEXストームセイバ-VIレインスーツ
4年ぶりにリニューアルされた本製品は、従来モデルよりも約20g軽量化されたのが特徴。また、防水透湿素材「ベルグテックEX」を採用し、耐水圧30000mm以上、透湿性約16,000gを実現。多湿な日本の風土に適した作りがポイントです。

さらに、撥水性は100回の洗濯に耐えられると謳われており、高い性能を誇ります。引き裂き強度にも優れ、肌へのベタつきを抑えた着心地のよい製品です。

フォックスファイヤー(Foxfire) ミズリープジャケット

フォックスファイヤー(Foxfire) ミズリープジャケット
ゴアテックスのなかでも透湿性が高い、「パックライトファブリクス」を使用したアイテム。生地の表面は滑らかで、見た目も着心地もよいのが特徴です。

立体裁断加工やセミフーデットを採用することで、快適かつアクティブに動けるのもポイント。汗をかくような激しい動きでも内部はドライで涼しく、クールダウン時は体温を適切に維持できる工夫が施されています。レインウェアとしてだけでなく、ウィンドブレーカーとしても活用できるモデルです。

ネームレスエイジ(namelessage) 超撥水 レインジャケット レインパンツ

ネームレスエイジ(namelessage) 超撥水 レインジャケット レインパンツ
スノーボードプレイヤーのアドバイスを元に作られた高品質なウェアです。ゴアテックスの素材感を活かしたデザインが特徴。サイズ・カラー展開も豊富なので、アウトドアでもおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

豪雨にも対応できる耐水圧30000mmの素材を使用している上に、ファスナー部分は内側から水の浸入を防ぐ特殊なテープを採用。伸縮性があるため動きやすく、サラッとした肌触りでベタつきにくいのもポイントです。

コンパクトに持ち運べる収納袋も付属。高品質ながらリーズナブルに購入できる、登山初心者の方にもおすすめのモデルです。

ワークマン(WORKMAN) アイトス ディアプレックス全天候型ジャケット

ワークマン(WORKMAN) アイトス ディアプレックス全天候型ジャケット
耐水圧30000mm、透湿度16,000gを誇る全天候型の製品。豪雨にも耐えられる耐水性を持っているため、登山にもおすすめです。

素材は独自開発の「ディアプレックス」素材を採用。ディアプレックスは「知性を持つ素材」と呼ばれている環境適応機能素材です。防水性はそのままに、暑い時は不快な蒸れを逃がし、寒い時は冷気を防ぎ、結露しにくい仕様になっています。同素材を用いたパンツも別売りで販売されているので、上下で揃えるのもおすすめです。

ゴールドウイン(GOLDWIN) GWM Gベクター3 コンパクトレインスーツ

ゴールドウイン(GOLDWIN) GWM Gベクター3 コンパクトレインスーツ
耐水圧20000mm、透湿性8,000gを持つ、従来のモデルよりも蒸れを排出する効果を高めたレインウェア。ユニセックスモデルで、サイズはS~XXLのほかに、ウィメンズ用のWM・WLと、ウエストにゆとりを持たせたBMサイズが揃っています。カラーも7色展開と豊富。体型や好みに合わせて選べます。

本製品は、豪雨や風の強い日などの過酷な環境にも対応でき、バタつき防止、蒸れを防ぐベンチレーション、ウエストの調節機能、フードは着脱可能など、快適に着用できる工夫が随所に施されているのがポイント。

付属のスタッフサックに収納すれば非常にコンパクトになるので、持ち運びにも便利なレインウェアです。

カッターアンドバック(CUTTER & BUCK) レインウェア

カッターアンドバック(CUTTER & BUCK) レインウェア
耐水圧20000mm、透湿性30,000gのストレッチ性のある2.5層素材を使用した軽量レインウェア。カッターアンドバックはアメリカの本格ゴルフウェアのブランドで、雨天や蒸し暑いなかでも快適に動けるようなレインウェアを開発しており、アクティブに動く登山にも適しています。

肩口やパンツはシームレスで雨が染み込まない仕様。半袖シャツで着用したときでもベタつかないよう、袖裏はメッシュを用いています。また、取り外しができるディタッチャブルを採用しているため、半袖にすることも可能。

パンツ丈は2パターンの調節が可能で、ウエストは3段階調節ができます。各部にベンチレーション機能を有するなど、機能性に優れたレインウェアです。