雨風を防ぐのはもちろん、汗による蒸れについても品質が問われる「登山向けレインウェア」。最近はデザイン性や機能性に優れたアイテムが数多くリリースされていますが、それでも耐久性を重視するか、それとも軽量性を重視するかによって、製品選びは分かれていきます。

そこで今回は登山向けレインウェアのおすすめモデルをご紹介。特に登山初心者で、これからレインウェアの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

登山向けレインウェアの選び方

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

登山における防水性能の優劣は基本的に製品スペックの数値での比較がベースとなります。もちろん数値が高ければ高いほど防水性は優れていますが、登山で使用する場合の目安となる数値としては、最低でも20000mm以上の登山ウェアを選ぶことが重要です。

撥水性能をチェック

撥水性能とは、ウェアについた水をはじく機能。この性能が低いと水が内側に染み込んでくる可能性があります。なお、製品によっては長年使用していると徐々に撥水性能が落ちてくることもありますが、その際は市販のスプレーなどで定期的にメンテナンスを行うのがおすすめです。

透湿性能をチェック

By: amazon.co.jp

透湿性能が優れているかどうかもしっかりチェックすべきポイント。この部分が粗悪な場合、内側の蒸気を外側に逃がすことができないのでウェアの内側に汗が溜まり、不快感が増します。

なお、さらにそのままの状態で体が冷やされると、体調悪化の原因ともなり得るので注意しましょう。なお、安価なレインウェアであればあるほど、それと比例する形で透湿性能も低い傾向にあります。

ゴアテックス素材のものを選ぼう

By: amazon.co.jp

レインウェアに関する知識がない、登山をするのは初めてという方はゴアテックス素材のモノを選ぶのが無難。ゴアテックス素材とは、高温多湿な日本の気候に合わせて設計された防水性能、撥水性脳、透湿性能の3つが優れた素材です。

また、耐久性も高く劣化もしにくいので長年使用することができます。ただ、ゴアテックス素材のレインウェアは価格が高いのが唯一の難点です。しかし、価格以上の性能は備わっているので予算に合わせてお気に入りの一着を選んでください。

上下分かれているものを選ぼう

By: amazon.co.jp

登山用レインウェアにはセパレートタイプとポンチョタイプの2種類があります。ポンチョタイプは上から被って使用できますが動きにくく、風の影響を受けやすく登山には向いていません。選ぶときはジャケットとパンツが別々になっているセパレートタイプを選ぶようにしましょう。上下それぞれの異なったサイズを選べるので動きやすくカスタマイズすることが可能です。

登山向けレインウェアのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

モンベルは1975年に設立された日本の総合アウトドアブランドです。創業者の辰野勇氏は日本のトップクライマーとして1970年には日本初のクライミングスクールを開校しています。”Function is Beauty (機能美)”をコンセプトとする日本を代表するブランドです。

商品のバリエーションが広く、海外メーカーに比べてリーズナブルな価格設定も魅力。日本の気候や風土に配慮しているメーカーだけに、初心者にも安心しておすすめできる登山ウェアのブランドです。

マムート(MAMMUT)

By: amazon.co.jp

マムートは1862年にロープ作りのために創業されたスイスのクライミング用品メーカー。信頼性の高い用品を取り揃えているブランドとして知られており、登山ウェアにおいても、ハイクオリティで機能性があるグッズがラインアップしています。また、ヨーロッパのブランドらしく洗練されたデザインも人気の理由です。

パタゴニア(patagonia)

By: amazon.co.jp

パタゴニアは1965年にアメリカで創業されたアウトドアメーカー。登山用品やサーフィン用品を製造しています。環境活動に熱心であることでも知られており、パタゴニアのフリースにはペットボトル再生品が使われています。

同メーカーはモルデン・ミルズ社(現在のポーラテック社)が1979年に開発したフリース素材に注目し、登山ウェアにいち早く取り入れたのがことでも有名。フリース素材の登山ウェアを豊富に取り揃えています。

また、それまでグリーンやタンなどのアースカラーが主流であった登山ウェアにコバルトブルーやレッドなどの鮮やかな色を採用。登山ウェアのデザイン性が高いことでも定評がある、アウトドアメーカーです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

ザ・ノース・フェイスは1968年にアメリカ・サンフランシスコで創業された総合アウトドア用品メーカー。名前は、山の北面(ノース・フェイス)に由来しています。それだけに、厳しい条件下での使用に耐える登山ウェアや寝袋・テントなど信頼性の高いマウンテンギアを取り揃えており、人気のブランドです。

登山ウェアも多くの商品がラインアップしています。機能性はもちろん、デザインやカラーバリエーションが豊富なのが魅力です。タウンユースしてもファッション性が高いのがメリット。メンズはもちろん、レディースやキッズ向け登山ウェアも幅広く展開しているので、家族で登山やアウトドアアクティビティを楽しむ方にもおすすめのブランドです。

登山向けレインウェアのおすすめ人気モデル

モンベル(mont-bell) トレントフライヤー ジャケット

モンベルの代表的な登山用レインウェア。本製品は215gの軽量設計で作られているため、ストレスなく体を動かせるのが特徴です。

素材には高品質のゴアテックスを採用。細部にまで防水・撥水処理が施されているほか、透湿性も良好なため衣服内の蒸れを素早く放出してくれます。

ポケットが胸部のみという点で使い勝手にはやや難はありますが、価格のわりに性能は高く、トータルバランスは良好。登山用レインウェアのなかでも、お得感の高いモデルを探している方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) アウトドア ベルグテック EX ストームセイバーV レインスーツ

日本を代表するスポーツブランドであるミズノ。本製品は同社が開発した透湿防水素材「ベルグテックEX」を採用しているのが特徴の登山用ウェアです。

耐水圧は30000mmを超え、豪雨であっても水が入ってくるのを防ぐのがポイント。ファスナーやポケット口には雨返しがついていたり、ウェアの内側に熱がこもらないようにベンチレーションポケットがついていたり、大きなポケットが左右についていたりと、機能面も充実しています。

また、価格帯がリーズナブルなのもポイント。アウターとしてはもちろん、上下セットで登山ウェアを購入したいと考えている方におすすめです。

ミレー(Millet) TYPHON 50000 ST JKT

軽さとしなやかさを両立した登山用レインウェア。メーカー独自の「ドライエッジティフォン50000」という素材を採用しており、24時間あたり約50000gという抜群の透湿性と優れたストレッチ性を兼ね備えているのが特徴です。

裏地にはニットを使い、肌触りはとてもなめらか。メインのジッパーは首元までしっかりカバーできるので、フードを被った状態であれば、さらに強固な雨風対策が可能です。

製品ラインナップとしてはシンプルなデザインのアイテムが揃っているので、アウトドアシーンはもちろん、タウンユースにも活用できる便利な1枚です。

マムート(MAMMUT) アウトドア ジャケット マイクロレイヤー ジャケット

速乾性に優れた登山用レインウェア。メーカー独自の「DRY technology」という素材を採用しており、撥水性が高いのが特徴です。

左右には大きなポケットがついており収納性は良好。シッパーの上げ下げもスムーズで、シンプルに見えながらも細部にまで配慮が行き届いています。

やや細身ではありますが、着心地は軽くて動きやすいモデルなので、登山だけでなくサイクリングやフィッシングなどのさまざまなアクティビティにも対応できるおすすめの1着です。

マムート(MAMMUT) アウトドア ジャケット アルパイン ガイド HS ジャケット

40デニールのゴアテックスCニット3レイヤーを採用した登山用レインウェア。年間を通じて活用できる汎用性の高さが特徴です。

各パーツにも配慮が施されており、立体構造のフードやリュックサックを背負ったときでもベルトで被らないような作りをしている前ポケットやイヤホンなどのコードを通すことが可能な内ポケット、止水仕様のジッパーなど、機能面が充実しています。

製品としては高価格帯のアイテムですが、登山用レインウェアのなかでも防風性や断熱性を重視したい方におすすめのモデルです。

パタゴニア(Patagonia) M’s Cloud Ridge Jacket メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット

リサイクル・ポリエステルを使用した同社独自の「H2No パフォーマンス・スタンダード」という素材を採用した3レイヤーの登山用レインウェア。肌触りが快適なのが特徴です。

本製品は高温多湿なアジアの自然をテーマに、日本チームが開発。生地はパリッとしていて多少カサつきは気になるものの、裏地の肌離れが良好なため、半袖シャツの上に着ても不快感がないのがポイントです。

フロントジッパーは水分の侵入を防ぐコーティング加工済み。スタンダードな登山用レインウェアを求めている方におすすめの1着です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) エイペックスGTXトレイルフーディ APEX GTX Trail Hoodie

ゴアテックスの「C-Knit Backer」を採用することによって肌触りがよい登山用レインウェア。軽量化による動きやすさはもちろん、脇に施されたストレッチパネルが効果的に作用し、しなやかさや耐久性も兼ね備えているのが特徴です。

水が玉になって落ちていくほど撥水性が優秀なのもポイント。なお、デザインとしては全体的にタイトめに仕上がっているので、体温調節をする際は中に着込むのではなく、機能性の高いインナーをチョイスするのがおすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムライトジャケット Climb Light Jacket

ゴアテックスの「マイクログリットパッカー」を採用したことで軽量化と防水性が優れている登山用レインウェア。デザイン性も高いため、登山用に限らず普段のファッションとしても活用することが可能です。

ウエストと腕の部分は体格に合わせて調整できる機能が搭載されており、さまざまな体型に合わせて着用できます。風の抵抗を減らすシルエットやリュックサックを背負っていても、しなやかに動ける柔軟性を兼ね備えているのもポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムベリーライトジャケット Climb Very Light Jacket

コンパクトで動きやすい登山用レインウェア。表素材に13デニールリプストップナイロン、裏地にゴアテックスのC-Knitパッカーを採用しており、軽さと強さを併せ持っているのが特徴です。

また、止水ファスナーなどのパーツにも軽量化とコンパクト性を追求。ヘルメット対応のフードなども備わっているので、さまざまなフィールドで活用できるのもポイントです。

なお、仕上がりとしては全体的にスリムなシルエット。重ね着をする場合は、ワンサイズアップのアイテムを選ぶのがおすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) レインテックスプラズマ RAINTEX Plasma

ザ・ノース・フェイスを代表する登山用レインウェア。肩口に施されたツートンカラーはもちろん、フードを丸めて収納できる「ビルトインフード仕様」やフロント部に設けられたファスナーつきのダブルポケット、袖口のフィット感を調節できるベルクロ、裾部分を締め上げるアジャスタードローコードなど、スタンダードな機能が備わっている定番のアイテムです。

採用されているゴアテックス3レイヤーは裏地にグリッドバッカーを貼り、軽さとしなやかさを両立。首まわりがしっかりと保温できるのもポイント。フードを活用するのはもちろん、レインハットと組み合わせて着こなすのもおすすめです。

マウンテンハードウェア(MOUNTAIN HARDWEAR) クエーサーライトIIジャケット

通気性重視の登山用レインウェアを求めている方におすすめのモデル。同社のオリジナル素材「Dry.Q Elite」はインナー部分の湿度を上昇させないのが特徴で、湿気をしっかりと逃し、汗によるベトつきを抑え、しっかりと透湿性を保ってくれます。

生地はとてもしなやかなので、着心地も良好。収納性も高いため、登山用のレインウェアとしてだけではなく、タウンユースでもアフターとしても活躍してくれます。

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear) コヒージョンジャケットV.6

山岳ガイドと共同開発した登山用レインウェア。防水透湿素材「ドライQ」を使った40デニールを生地に採用しており、かなりしっかりしたモノに仕上がっているのが特徴です。

ベンチレーションを脇腹と腕下の2ヵ所に分割して取りつけることで、ジッパーによる脇の下のゴワつきを解消しているのもポイント。小雨のなかで激しく動いても着心地は良好なので、タフなシーンでも安心して着られる1着です。

アークテリクス(ARC’TERYX) Beta SL Jacket Men’s ベータ SL ジャケット

軽量でコンパクトに収納できる「バックライトテクノロジー」を採用した登山用レインウェア。高い耐久性や耐摩耗性は維持しつつも、動きやすいのが特徴です。

ゴアテックス3レイヤーの防水透湿シェルにより雨風にはしっかり対応。フードは調節がしやすいワンハンドアジャスター仕様で、細部の使い勝手にも配慮がされています。

シンプルなデザインながらも強度と軽さを両立したモデルなので、本格的な登山用レインウェアを求めている方におすすめの1着です。