登山をする際、天候が変わりやすい山において欠かせない「登山用レインウェア」。防水透湿性に優れたモノや持ち運びに便利な軽量モデルなど、ラインナップが豊富なので、どれを選べばよいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、登山用レインウェアのおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントもあわせて解説するので、お気に入りの1着を見つけてみてください。

登山用レインウェアの選び方

上下が分かれたセパレートタイプを選ぶ

By: amazon.co.jp

登山用レインウェアは、ジャケットとパンツが上下セットのセパレートタイプがおすすめ。裾の長いコートタイプやポンチョタイプといった登山用レインウェアもありますが、動きにくかったりすき間から雨風が浸入したりするのが難点です。

上下が分かれたセパレートタイプなら動きやすく、使い勝手に優れているのがメリット。小雨程度ならジャケットのみ、本降りの際はパンツを穿くなど、天候やシーンに応じて使い分けられます。

また、袖や裾から雨風が入りにくい設計を施したモデルが多いのもポイントです。なお、上下セットではなくジャケットのみを販売しているモデルもあるため、事前に確認しておきましょう。

素材の防水性・透湿性で選ぶ

By: amazon.co.jp

登山では、雨のなかを長時間歩くケースもあります。その際に重要なのが防水性と透湿性です。

防水性に優れていれば、生地に水が付着しても内部への浸透をガード。服や体が濡れて、体が冷えるのを予防できます。防水性は、耐水圧を基準に選ぶのがポイント。登山で使用するには耐水圧20000mm以上が必要といわれています。

透湿性とは、汗などで発生したレインウェア内部の湿気を外に逃がす機能のこと。透湿性が低いと雨をガードしても蒸れやすく、体温を奪う要因につながります。選ぶ際は、透湿度が10000g/m²・24hrs以上を目安にしてみてください。

なお、防水透湿性に優れた代表的な素材に、「ゴアテックス」があります。防風性も備えており、寒さの要因を防いでくれるのが魅力。ほかにも、メーカーによっては独自の素材を採用したモデルもあるため、チェックしてみてください。

素材の撥水性で選ぶ

撥水性とは水を弾く機能のこと。防水性を備えていても、撥水性が低いと生地の表面に水分が浸み込んでしまいます。撥水性に優れていれば、衣類に水が付着したり熱を奪ったりするのを予防できるのがメリットです。

また、撥水性が低くて表面を水が覆ってしまうと、レインウェア内部の蒸気を逃がせずに透湿性も低下。さらに、水を弾かずレインウェアが重たくなる原因にもつながります。

なお、多くの登山用レインウェアには撥水加工が施してありますが、使用しているうちに加工が取れてしまう場合もあるので、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

視認性の高い色を選ぶ

By: workman.jp

登山用レインウェアはモノトーンからカラフルなモノまで、さまざまなカラーが展開されています。選ぶ際は視認性のよさも要チェックです。

雨天時は、暗くなったり霧が発生したりして視界が悪化します。暗い色の登山用レインウェアは目立ちにくく、事故や遭難などの万が一の場合に発見されにくいので留意しておきましょう。

視認性が高くて遠くからでも見やすいといわれているのが青・赤・黄色などの色カラーです。また、反射材が付いていればライトの光に反射するので、さらに視認性を高められます。

上下別で揃える場合は、ジャケットは視認性の高い色、パンツは汚れが目立ちにくい色のように組み合わせるのがおすすめです。

軽量性で選ぶ

By: amazon.co.jp

登山用レインウェアは悪天候時以外、ほとんどバックパックの中に収納したままのアイテム。できるだけ軽量でコンパクトに収納できると、持ち運びに便利です。

ただし、軽量コンパクトなモデルは耐久性や防水性などの性能が劣る傾向にあるといわれています。使用シーンに合わせて、携行性と機能性のバランスを考慮することが大切です。

ポケットやファスナーの位置など仕様で選ぶ

By: full-marks.com

登山用レインウェアを選ぶ際は、素材の性能以外の仕様もチェックしましょう。たとえば、ジャケットのポケットであれば、バックパックのショルダーハーネスやテープが干渉しにくい位置に配置されていると、使い勝手が向上します。

また、熱がこもりやすい脇から肘にかけてファスナーが付属していれば、ベンチレーターとして活躍。さらに、パンツの裾にファスナーが付いていると着脱しやすくなります。

そのほか、袖口などに水が浸入しにくい設計のモノや、フードのフィット感を調節できるモノも。自分に合った仕様の登山用レインウェアを探してみてください。

登山用レインウェアのおすすめ

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クラウドジャケット NP12102

シーズンやシーンを問わず使えるレインウエア

「ゴアテックス Paclite2.5層構造」を採用した、軽さと強さが特徴の登山用レインウェアです。登山シーンだけでなく、アウトドアや普段使いもしやすいデザイン。スタッフサックが付属しているため、持ち運びに便利です。

腕を上げやすい肩周りの設計もポイント。また、フロントはダブルフラップ仕様なので、優れた防水性を発揮します。さらに、フードはヘルメットの上から被れるサイズ感で、ワンハンドアジャスターでフィット感を調節可能です。

ゆとりのあるシルエットで、重ね着しやすいのがメリット。シーズンやシーンを問わず使いやすいモノを探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ベンチャージャケット NP12006

日常使いも可能な登山用レインウエア

防水シェル以外に、ウインドシェルとしても活躍する登山用レインウェアです。2.5層構造の防水透湿素材である「HYVENT Clear D」を採用。ビーズ加工を施しており、肌触りがよいのが魅力です。

フロントには止水ファスナーを採用。雨の侵入を予防しながら、軽量性も実現しています。また、フードにはアジャスターコードが付いており、視界の確保・調節がしやすい設計もポイントです。

おしゃれでベーシックなデザインは、さまざまなシーンで使用可能。日常使いもしやすい登山用レインウェアを探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) ストームクルーザー ジャケット Men’s 1128615

防水性・透湿性に優れたレインウエア

ゴアテックスを採用した登山用レインウェアです。耐水圧50000mm以上、透湿度35000g/m²・24hrsと、優れた防水性・透湿性が魅力。さらに、軽量性も兼ね備え、快適な登山をサポートします。

生地表面には、耐久撥水加工を施しているのがポイント。また、縫製箇所を減らすことで、防水性と動きやすさを実現する「K-Mono カット」を採用しているのも特徴です。

表に縫い糸が露出しないため強度が高く、シームテープ処理を施して防水性を維持。そのほか、優れた止水性を有するアクアテクトジッパーを使用し、すき間から雨が浸入するのをガードします。

調節しやすいフードは、好みのフィット感や視野の確保に活躍。ウインドブレーカーや防寒着としても使えるモデルを探している方におすすめです。

マムート(MAMMUT) CLIMATE Rain –Suit AF Men 1010-26551

優れた防水性と通気性でさまざまな天候に対応

「ゴアテックスパックライトプラス」を採用した、上下セットの登山用レインウェアです。優れた防水性や通気性を有しており、さまざまな天候に対応可能。適度なゆとりを持たせながらすっきりとしたシルエットなので、動きやすいのが魅力です。

フードは3点調節式で、心地よいフィット感を得やすいのがポイント。また、袖口には細い幅の綿テープを採用しています。ほかにも、首回りの冷えにくく高さのある衿元も特徴です。

フロントにはポケットを2つ搭載して高めに配置。バックパック装着時でも、スムーズに使用可能です。軽量で圧縮性に優れているので、携行しやすいのがメリット。普段使いもできる、おしゃれなデザイン性を求めている方におすすめです。

ミレー(Millet) テイフォン50000ストレッチ ジャケット MIV01479

山でも街でも使えるおしゃれで高機能なモデル

独自に開発した防水透湿素材「DRYEDGE TYPHON 50000」を採用した登山用レインウェア。耐水圧が20000mm、透湿度が50000g/m²・24hrsと優れた性能を兼備しており、さまざまな天候下で衣服内をドライに保つのが魅力です。

裏地には15Dのニット素材を配置。肌触りはしなやかで、適度なストレッチ性も備えているため心地よい着用感を得られます。また、細身のすっきりしたシルエットがおしゃれで、カラーバリエーションも豊富です。

ジップポケットはベンチレーターとしても活躍。さらに、フードはサイズ調節が可能で、ジャケットを内側に収納できるのがポイントです。ほかにも、袖にベルクロアジャスターを搭載するなど、優れた機能性が特徴。山でも街でも使える、高機能モデルを探している方におすすめです。

ノローナ(NORRONA) ロフォテン ハイロフレックス200フード

By: full-marks.com

幅広い使い方ができるレインウエア

ソフトシェルとフリースをあわせた登山用レインウェアです。撥水性・防風性・保温性・通気性を備えているのがポイント。アウターとしてはもちろん、寒冷地ではミドルレイヤーとしても活躍します。

フード内部には、フェイスマスクが内蔵。ヘルメットを被る際など、薄いビーニーとしても役立ちます。また、腹部にはハンドウォーミングポケット、袖口にはサムホールを搭載。幅広い使い方ができる製品を探している方はチェックしてみてください。

ミズノ(MIZUNO) ベルグテックEX ストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01

上下セットの登山用レインウェアです。「ベルグテックEX」を採用し、雨や水滴をシャットアウトしながらレインウェア内の湿気を放出。防水性・透湿性に優れているのが魅力です。

環境に配慮した撥水剤を使用。100回洗濯しても水を弾くと謳う、耐久撥水加工を施しているのもポイントです。また、フード内に折りたたんで収納できるなど、コンパクトにまとめることが可能。さらに、収納袋が付属しているので持ち運びに便利です。

3層構造により、強度が高いのがメリット。コスパのよい高性能な登山用レインウェアを探している方におすすめです。

ワークマン(WORKMAN) レインスーツ STRETCH Perfect R600

軽量でストレッチ性に優れた登山用レインウェアです。縦・横・斜めへ自由に伸び縮みする生地を採用し、動きやすいのが特徴。また、背中には滑り止めが付いており、めくり上がりにくい仕様です。

耐水圧は10000mm、透湿度は8000g/m²・24hrsを有しているのがポイント。さらに、フロントには止水ファスナーを採用しているほか、ポケットはフラップが付いたファスナータイプで、雨の侵入をガードします。

反射プリントを搭載しているため、視認性が向上。カラーバリエーションも豊富です。収納袋が付属しているので、手軽に持ち運びできます。コスパに優れた登山用レインウェアを探している方におすすめです。

ワークマン(WORKMAN) 3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ R1300

3層構造の生地を使った、本格的なアウトドア仕様の登山用レインウェアです。裏地にはトリコットを採用。ストレッチ性があるため、腕の上げ下げなどがしやすいのが特徴です。

また、ジャケットの右肩後ろには反射プリントが施してあり、視認性が向上します。さらに、背面はサイクルカット仕様で、背中が出にくいのがポイントです。

パンツの裾幅はボタンで調節可能。そのほか、収納袋が付属しているため、持ち運びに便利です。上下セットながら価格が安いのが魅力。登山初心者やコスパ重視の方におすすめです。

コロンビア(Columbia) シンプソンサンクチュアリ II レインスーツ PM0126

上下セットの登山用レインウェアです。雨をガードしながら、内部を快適な状態に保ちやすい「オムニテック」を採用。縫い目すべてに防水テープを貼っているため、優れた防水性を発揮します。

蒸れを放出する透湿機能に加えて、ベンチレーションチェストポケットを搭載。胸ポケットの開閉により、レインウェア内の換気を行えます。また、肩・肘・膝部分は立体裁断をしているので、スムーズな動きをサポートしやすいのが特徴です。

フードは衿に収納可能。防水ハットなどを被っているときなど、フード内に雨が溜まるのを予防できて便利です。さらに、持ち運びや収納に役立つ、スタッフバッグが付属しています。

トレッキングやハイキング、作業用など、さまざまなシーンで使いやすいモデルを探している方におすすめです。

ネームレスエイジ(namelessage) レインウェア 中綿ジャケット上下セット NASR-250

中綿入りで保温性に優れた登山用レインウェアです。ジャケットには中空タイプの化織綿を採用し、ダウンのようなあたたかさを実現。普段使いや旅行でも活躍します。

優れた防水性を発揮し、撥水加工も施しているのがポイント。雨が強い日でもしっかり衣服や体をガードします。また、ストレッチ素材を採用しており、動きやすいのも特徴。軽量なので、体への負担を軽減できます。

フードや袖口のサイズ調節がしやすく、すき間から雨風の侵入を予防。ワンポイントにあしらったブランドロゴは、リフレクタープリント仕様で視認性が向上します。防寒着としても役立つ登山用レインウェアを探している方におすすめです。

プロモンテ(PUROMONTE) ゴアテックスパックライトプラスレインスーツ SR139M

上下セットの登山用レインウェアです。防水耐久性・透湿性・防風性に優れたゴアテックスを採用。厳しい基準のレインテストをクリアしており、劣化に強くて機能性を長く維持できるのが魅力です。

「パックライトプラス」を採用し、裏面はベタつきにくいのが特徴。また、シンプルでスタイリッシュなデザインで、3種類のカラーがラインナップされています。見た目も機能性もこだわりたい方におすすめです。

テスラ(TESLA) レインウェア 上下セット

独自開発した防水透湿素材「ブリーテックス」を採用した登山用レインウェアです。3レイヤー構造により、雨の侵入を防ぎながら内部の湿気を逃がせるのが特徴。また、縫い目にシームコーティングを施し、防水性を高めています。

フードはカラー内に収納でき、フードなしでも着用可能。フードの後ろにはベルクロが付いており、長さ調節が行えます。さらに、パンツの裾にはジッパーを搭載。靴を履いたままでも着脱できて便利です。

ポケット内部がメッシュ仕様なのもポイント。軽量コンパクトに持ち運びできて手軽に使えるモデルなので、初心者の方におすすめです。

マック(Makku) アジャストマック ライト AS-7100

生地の表面に、長持ちする撥水加工を施した登山用レインウェアです。水洗いを20回繰り返しても撥水力が持続すると謳われており、長く愛用しやすいのがポイント。耐水圧は10000mm、透湿度は5000g/m²・24hrs。雨天時でも快適な状態をサポートします。

パンツは脚丈に合わせて、最大約10cmの調節が可能。ボタンで簡単に調節でき、身長や靴底の高さなどに合わせやすいのがメリットです。さらに、フードフィットコードや、腕まくりを調節できるボタンを搭載するなど、使い勝手に優れています。

背面には、夜間の視認性が向上する反射パイピングを採用。ベンチレーション機能も備えているので、背面の蒸れを軽減できます。低価格ながら上下セットの製品なので、コストを抑えたい方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) バックパックレインスーツ アディ 28734150

サイズ調節しやすい登山用レインウェアです。ファスナーを開けると、隠れていたマチが展開して胴回りが広がるのがポイント。背負っている荷物も雨からガードできます。

360°クリアフードが付属しており、視界を確保しやすいのがメリット。視界を広げ、死角をつくりにくくします。また、パンツの裾は、かかと部分だけを上下方向に高さ調節することも可能。引きずりによる擦り減りを予防できるのが特徴です。

顔・手・腰・足などの箇所を個別に調節可能。すき間からの雨や風の侵入をガードしつつ、体型や服装にも合わせやすいのが魅力です。さらに、安い価格ながらも防水・防風性能を搭載。裏地の広範囲にメッシュを採用して蒸れを軽減します。

ジャケットにはベルクロ式ポケットやリフレクターを搭載。登山だけでなく、通勤通学などの日常使いしたい方にもおすすめです。